岡山女児殺害事件を考える 無期懲役判決

未解決の事件は沢山あるわけですが、長年犯人が特定できないままだった事件の決着というのは感慨深いものがあります。当ブログで取り上げた今市女児殺害事件や、廿日市女子高生殺害事件、そして本件である津山市の女児殺害事件も長年捜査が続いた結果、ようやく容疑者を特定し逮捕し、起訴して公判に持ち込んだものです
起訴されていた勝田州彦被告は公判で無罪を主張し、最終陳述でも「冤罪だ」と訴えていましたが、岡山地裁は無期懲役の判決を言い渡しています


2004年、岡山県津山市で当時小学3年生の女の子が殺害された事件の裁判員裁判です。殺人などの罪に問われ、無罪を主張していた男に、岡山地方裁判所は求刑通り無期懲役を言い渡しました。
殺人と強制わいせつ致死、住居侵入の罪で判決を受けたのは無職の勝田州彦被告(43)です。
起訴状などによると、勝田被告は2004年9月、岡山県津山市で下校中だった当時小学3年生の女の子にわいせつな行為をしようと考えて後をつけ、家に侵入。
女の子の首を絞めた上、腹や胸などを刃物で複数回刺して殺害した罪に問われていました。
勝田被告は、2018年、別の事件で刑務所に服役中、警察の任意の取り調べに対し女の子の殺害をほのめかしたことなどから岡山県警に逮捕されました。
逮捕後、勝田被告はいったん女の子の殺害を認める供述をしましたが、その後否認に転じ、裁判では「事件当日、現場にも津山市にも行っていない」と無罪を主張。
検察側は「捜査段階での自白の内容は現場の客観的状況と整合していて信用性が高い」などとした上で、「反省の情がなく、再犯に及ぶ恐れが強い」として無期懲役を求刑していました。
一方、弁護側は「勝田受刑者と犯行を結び付ける客観的な証拠はない」、「捜査段階の自白は事件を取り上げた新聞報道やテレビの特番の記憶を参考にストーリーを考えたもので、犯人しか知り得ないいわゆる秘密の暴露はなく、客観的事実と矛盾する内容もある」などとして無罪を主張していました。
判決では勝田被告が取り調べの際に「女の子を左手で1回、右手で3回刺した」と供述し、実際の傷の状況と整合していたことを挙げ、「たまたま回数が当たったとしても、刺し傷の割り振りまでは偶然に偶然が重ならないと当たらず、実際にやったからこそ分かることだ」などとして「有力な客観的証拠はないが自白は信用できる」と有罪を認定しました。
その上で、岡山地方裁判所の倉成章裁判長は「見知らぬ男に刺された女の子の恐怖や遺族の悲しみは計り知れない」などとして、検察側の求刑通り無期懲役の判決を言い渡しました。
(KBS瀬戸内海放送の記事から引用)


自白が信用できるかどうか、という点にメディアは注目し記事にしているところが多いのですが、自分はこれまで述べてきたように無罪を立証できる根拠、証拠、証人を勝田被告が示せなかったという事由が有罪判決に影響したのだろうと考えます
犯行のあった日、勝田被告は津山市に行ってないと主張したわけですが、ならば当日どこに居て誰と会っていたのか立証できませんでした
もちろん、勝田被告が犯人ならば彼は津山市に居たのであり、それ以外の場所に居たと証明できるはずがありません
上記の記事では弁護側が、当初の自白はテレビの事件特番の内容や新聞報道を記憶した上で、勝田被告が考えたストーリーを語ったにすぎないと主張したわけですが、大阪刑務所に服役していた勝田被告の手元に新聞記事の切り抜きはなかったはずです。犯行の細部まで読んだり見たりしたものを記憶していたとの主張は無理筋でしょう
新聞記事を一度か二度読んだだけで細部まで記憶しているというなら、なぜ犯行同日どこに居て、誰と会っていたのか忘れてしまうのか、と言いたくなります
判決が出た後で言うのもあれですが、勝田被告は最初から犯行を認め反省の態度を示し、遺族に謝罪するなど真摯な姿勢を示していれば、無期懲役の求刑に対して懲役28年とか、情状を汲んでいくらかの割引を受けられたのではないでしょうか?

(関連記事)
岡山女児殺害事件を考える 精神鑑定で語った事実
https://05448081.at.webry.info/202201/article_40.html
岡山女児殺害事件を考える 判決前に争点確認
岡山女児殺害事件を考える 無期懲役を求刑
岡山女児殺害事件を考える 勝田被告が公判で黙秘
岡山女児殺害事件を考える 自供内容は全部ウソと主張
岡山女児殺害事件を考える 自白のビデオ画像
岡山女児殺害事件を考える 手紙に「女の子の首を絞めた」
岡山女児殺害事件を考える 初公判で否認
岡山女児殺害事件を考える 初公判は10月6日
岡山少女殺害事件を考える 自供の真偽でモメる
岡山少女殺害事件を考える 父親は警察官
岡山少女殺害事件を考える 公判前争点整理でも全面否認
岡山女児殺害事件を考える 一転して殺害否認
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 岡山、兵庫県警で連携なし
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
廿日市女子高生殺害事件 初公判で犯行を認める
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
広島女児殺害事件を高裁に差し戻し 最高裁判決
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半

韓国メディア「日本の伊藤博文礼賛は歴史を知らないから」

韓国のローカル新聞の東京特派員が、「日本人が伊藤博文を偉人として称賛するのは歴史を知らないからだ」との内容の記事を書いていますので取り上げます
韓国側の言うところの「正しい歴史認識」がたびたび問題になるわけですが、これは韓国に都合よく歴史を解釈した決めつけであり、事実に反した内容も少なくありません。例えば、従軍慰安婦は14歳~18歳の少女が日本軍によって強制的に連れ去られ、慰安婦にされたと韓国は主張しています。が、実際は貧しさにあえぐ父母が自分の娘を朝鮮人の女衒に売り渡したのであり(戦前の日本でも自分の娘を酌婦という名目の売春婦として売っていた事実があります)、軍が銃剣で脅して連れ去ったわけではありません
「貧しさ故に娘を売った」事実を隠蔽し、「すべては日本が悪い」と責任を転嫁するのが韓国の言う「正しい歴史認識」なのです
以下、東京特派員は伊藤博文を偉人として扱う日本のテレビ番組、日本の歴史教育に悪態をついています


昨年末、日本の地上波放送のある芸能番組を見ている時だった。背景のごとく、つけっぱなしにしていたテレビを見た理由は、『伊藤博文』の名前が出たからだった。(日本)全国の大学生1万人が挙げた『幕府・明治時代の凄い人物ベスト25』アンケート調査を受け、芸能人が大学生の最近の傾向を当てるクイズ番組だったのだが、そのアンケート調査で伊藤博文は4位を記録した。これに先立ち、その大学生が伊藤博文を明治時代の尊敬する人物として挙げて称賛すると、すぐさま芸能人は共感するというように頷いた。
14位に挙げられた人物は『吉田松陰』だった。韓国で吉田松陰は伊藤博文ほど有名でないが、日本の韓国侵奪の元凶がまさに彼である。吉田松陰は日本の武士政権である幕府時代、要人の暗殺を試みて失敗し、29歳で処刑された。彼が育てた門弟の一人が伊藤博文である。吉田松陰が日帝強占期を作った人物であるという理由は、西欧列強がアジアを侵略する時、日本が生き延びるためには朝鮮を植民地にすべきという『征韓論』を主張したからである。
日本のゴールデンタイムにあたる午後8時頃、数多くの人々が見ている芸能番組で、伊藤博文と吉田松陰を尊敬する人物と言いながら放送するのは衝撃的だった。さらに驚くべきことは、知性の象徴である大学生が挙げた尊敬する人物が彼らだったという点である。韓国で伊藤博文といえば知らない者いないくらい、日帝強占期を代表する人物である。だがしかし、彼が生まれた国では尊敬される人物だった。そして数多くの人々が共感した。このギャップについて、何と説明すれば良いのだろうか。
日本の『歴史隠滅』は現在進行形である。日本政府は新潟県にある日帝強占期の朝鮮人強制労働現場である『佐渡鉱山』を、ユネスコの世界文化遺産推薦候補の選定を検討している 新潟県は、佐渡鉱山が17世紀の世界最大の金算出量を誇示し、金の採取から精錬まで手作業で行った世界的に例のない鉱山と言いながら称賛している。だがしかし、太平洋戦争時の佐渡鉱山を戦争物資確保のための鉱山として活用し、不足する労働力を補うために朝鮮人労働者を大挙動員し、月給すら十分に与えなかった否定的な過去については言及しなかった。
伊藤博文を尊敬し、佐渡鉱山を応援するこの全てのことは、十分に学んでいないことから始まっている。日本の文部科学省が集計した高等学校2022年度の教科書の需要によれば、右翼志向の教科書はほぼ採択されなかった。明成社の『私たちの歴史総合』は、A級戦犯の東条英機元総理の演説を批判せずに掲載したが、シェアは0.5%で最も低かった。その一方、日本軍慰安婦動員などを比較的に十分に記述した山川出版社の教科書は、合計シェアが41.7%となった。それでも良心的な教科書のシェアが高いことは歓迎すべきことである。だがしかし、このシェアも50%も満たないうえに、日本が間違った部分について十分に説明しない教科書のほうが多いのが問題である。
新たな一年が始まったのだが、韓日関係改善の兆しは依然として見えない。その根底に歴史問題があることは、誰もが知っている事実である。過去を反省しない日本について批判だけをするよりも、彼らがどうすれば歴史を正しく知ることができるのか、そのほうが重要ではないだろうか。
(ソウル新聞の記事から引用)


伊藤博文が朝鮮併合に反対していた事実は認めたくないのでしょう。そして日本政府が朝鮮併合のため、李氏朝鮮の抱えていた莫大な借金を肩代わりしてロシアへ返済した事実も認めたくないのでしょう。李朝の王妃は国政を顧みず、贅沢な暮らしをするためロシアから多額の借金をしていました。ロシアは借金返済の代わりに朝鮮の港湾を差し出させる腹積もりだったわけです
上記の記事を読めば、歴史を知らないのは韓国人記者の方だと分かります
伊藤博文が100%善人であったとは思いませんが、単純に悪の親玉と決めつけるだけでは歴史など学べません
佐渡金山の労働者として、朝鮮人を強制的に徴用し、奴隷のように酷使したというのが韓国人の主張です。しかし、端島炭鉱(軍艦島)で働いていた朝鮮人労働者の場合、厚生年金に加入していた記録が残されており、宿舎完備で社会保険ありの奴隷労働者など世界のどこを探してもいません。佐渡金山の場合はどうであったか未確認ですが、韓国側の主張のような奴隷労働ではなかった可能性が大です。実際、日本での炭鉱労働は給料が高いため、朝鮮半島での労働者募集には希望する者が殺到した、という話もあります
日韓併合後も、朝鮮人は自由に日本へは渡航できず、日本への進学や就労のための渡航は厳しく管理されていたのも事実です。そのため、出稼ぎ目的で日本へ密航する朝鮮人が絶えませんでした

(関連記事)
「安重根は犯罪者」発言にブチ切れる韓国政府
伊藤博文暗殺犯である安重根を聖人にしようとする韓国
韓国政府が安重根死刑囚の情報提供を日本に要求
伊藤博文暗殺犯安重根を英雄に祀り上げる韓国
韓国メディア「日本で歴史小説が売れるワケ」
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
「日本の鎖国主義を罰せよ」と書く韓国メディア
朝鮮日報「日本は戦争被害国に国土を割譲し毎年謝罪せよ」
「原爆投下は神の懲罰」と書く韓国メディア
日本の制韓論を警戒する韓国
日本の新紙幣 渋沢日栄一を猛批判する韓国
「文明開化に失敗した李氏朝鮮」を認めない韓国史観
韓国の大学教授 「日本人には共感と普遍的世界観が足りない」
「日韓関係悪化は日本の歴史修正主義のせい」と主張する青木理