飲酒運転事故の梅沢被告 15年前から飲酒運転

千葉県八街市で小学生の児童が飲酒運転をしていた梅沢洋被告のトラックにはねられ死亡する事故を受け、千葉県警は飲酒運転の取締を実施し、毎月60人前後を検挙しているのだとか。それだけのドライバーが当たり前のように酒を飲んで運転している実態に、頭がクラクラします
見つからなければいい、捕まらなければいい、との感覚なのでしょう
これでは飲酒運転による死亡事故が繰り返されるのは当然、と言えます
さて、公判が続いていた梅沢洋被告ですが、次回1月17日で論告求刑と最終弁論があり、結審します
12月1日に行われた第3回公判の模様を伝える記事がありますので以下、引用させてもらいます


八街市で6月、下校中の市立朝陽小児童5人が飲酒運転の大型トラックにはねられ死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪に問われた運転手、梅沢洋被告(61)の第3回公判が1日、千葉地裁(金子大作裁判長)であり、検察側の被告人質問が行われた。被告は昨年2月ごろから飲酒運転をするようになったと供述。飲酒運転の認識については「悪いとは分かっていたが、自分は大丈夫って気持ちがあった思う」と述べた。次回は1月17日で、検察側の論告求刑などがあり結審する予定。
飲酒運転を始めた理由を問われた被告は「最初は友だちともめて夜通し飲み、そのまま仕事にいったことがきっかけ」と説明。昨年2月ごろには仕事中にも飲酒するようになり「(仕事の)相手先にイライラがあり、酒に逃げた。飲むと落ち着き、イライラしなくなった」と述べた。
事故当日に飲酒したとされる幕張パーキングエリア(PA)では「それまでも週1、2回酒を飲んでいた。(トラックの)外から見られないよう、隠れるように飲んでいた」と供述。「(当日も)軽く考えていた。ストレスがない訳ではなかったが、封を開けてしまったので飲みたかった」とした。検察側の「日常的だったのでは」との指摘は否定した。
飲酒運転について問われると「凶器が走っているのを同じ。甘っちょろい考えでやってしまった」と答えた。「子どもたちや家族の夢を全部奪い去った。被害者の母親は体の半分を取られた気持ちでいるだろう。『許してください』と言っても許されるものでは絶対にない」と謝罪した。
(千葉日報の記事から引用)


朝日新聞の記事では、「被告は約15年前から3~4カ月に1回の頻度で飲酒運転をしており、昨年2月ごろ以降は週2~3回に増えていたと(検察の質問に対して)認めた」と書かれています
検事の「日常的に飲酒し、運転していたのではないか」との指摘は否定しているのですが、実際は毎日飲酒し、運転していたのでは?
ストレスがあったとかなかったではなく、アルコール依存症であり、飲酒せずにはいられない状態だったのではないかと推測します
公判でのやりとりを記事にしていただけるのは有り難いのですが、公判以外の部分はどうなっているのか、伝えてもらいたいものです。前回も書いたのですが、梅沢被告を雇用していた会社は事故の責任をどう受け止め、対応しているのか?
勤務時間中の事故であり、会社側も梅沢被告が飲酒運転を繰り返していると承知していたのですから、「知らなかった」では済まされません
論告求刑で検察がどれくらいの量刑を考えているのか、予想するのは困難です。被害者の数、常習を疑われる飲酒運転の態度など、勘案して求刑するのでしょう。17日の公判に注目です

(関連記事)
飲酒運転事故の梅沢被告 懲役14年判決
https://05448081.at.webry.info/202203/article_50.html
飲酒運転事故の梅沢被告 懲役15年求刑
飲酒運転事故の梅沢被告 仕事中の飲酒認める
飲酒運転事故の梅沢被告 初公判
飲酒運転事故で児童死傷梅沢被告起訴 千葉
飲酒運転事故の梅沢容疑者 トラックに箱買いのビール
飲酒運転トラックが小学生の列に突っ込む 千葉
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
クレーン車事故 6人殺害して懲役7年の求刑
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
祇園暴走事故 損害賠償請求裁判
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後

大阪偕星学園野球部監督とコーチ 補助金詐欺で逮捕

大阪偕成学園高校の野球部コーチだった水落雄基容疑者が、野球部員にわいせつ行為を繰り返していた件で逮捕されている話は何度か、当ブログで取り上げました
今度はその水落雄基容疑者と、同校野球部の元監督が「GoToトラベル」の補助金を騙し取っていた疑いで再逮捕された、と報じられています
野球部の元監督、コーチらが結託し、合宿を行ったように装う手口です。2人はこれまでにも野球部の活動費を私物化して横領していたのでしょう。まだ、余罪があるのかも知れません


高校の野球部の合宿で使った旅館の宿泊代を偽り、国から観光支援事業「Go To トラベル」の給付金をだまし取ったとして、詐欺容疑で逮捕された元監督らが、合宿の開催を学校に届けず、会計も元監督らのみで管理していたことが13日、大阪府警などへの取材で分かった。府警は会計を私物化し不正を重ねていたとみて調べている。
逮捕されたのは大阪偕星学園高(大阪市生野区)の野球部元監督山本セキ容疑者(53)=岡山市南区=と元コーチ水落雄基容疑者(31)=福岡県春日市、旅館経営者吉間俊典容疑者(54)=岡山県津山市。府警は13日、山本容疑者を送検した。
(共同通信の記事から引用)


倉敷市の倉敷高校野球部の監督の男ら3人が、政府の観光支援事業、「GoToトラベル」キャンペーンの給付金、約80万円をだまし取ったとして詐欺の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、倉敷市の倉敷高校野球部監督の山本セキ容疑者(53)ら3人です。
警察の調べによりますと、山本容疑者らは2020年、野球部の合宿で利用した1泊7000円の岡山県内の旅館に1泊2万円で宿泊したと虚偽の申請をし、国から給付金合わせて約80万円をだまし取った疑いです。
警察は、山本容疑者ら3人の認否を明らかにしていません。
山本容疑者は、2021年4月から倉敷高校野球部の監督に就任していて、過去には大阪府の高校を率いて甲子園にも出場していました。
倉敷高校によりますと、山本容疑者は野球に真摯に取り組む熱心な監督だったということで、事実関係を確認して今後の対応を検討したいとしています。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)


指導熱心な監督、コーチといえども雲や霞を食べて生きているわけではなく、しかるべき給与が支払われていなければ不正に手を染めるのでしょう
スポーツ活動に熱心な私立高校は実績のある監督、コーチを招聘しようと大金を積むのかもしれませんが、その辺りが公にされたりしません
他方で教員としての給与の他、手当が若干支給されるだけというのが公立高校の教師兼顧問の立場です
その昔、自分は甲子園の常連校である公立高校の近くに住んでいたことがあり、毎日夜の10時前に選手たちが掛け声をかけてグラウンドをランニングし、1日の練習を終えるのが常でした。監督やコーチに残業手当が支払われていたのかどうか、わかりません。野球部OBを臨時コーチというか、無償のボランティアとして参加してもらっていたのかもしれません
話を戻して、部費の管理をどうしているのかは各学校任せであり、監査がきちんと行われていない学校もあるのでしょう
野球部員である生徒が合宿費用など負担していたのかどうか、上記の記事だけでは分かりません。が、部費などが適切に使われていたかどうかなど、部員やその保護者にきちんと開示されていなかったものと推測されます
大阪偕星学園を悪く言うつもりはないものの、監査を怠っていた責任は避けられないのであり、監督やコーチ任せにしたままだった点は猛省するべきでしょう
さて、水落容疑者は強制わいせつだけでなく、補助金詐欺にも手を染めていたと発覚したわけで、実刑は免れられないものと予想します

(関連記事)
高校野球コーチ 男子部員強姦で懲役10年
https://05448081.at.webry.info/202203/article_46.html
GoTo補助金詐欺で再逮捕 高校野球部監督
阿武町給付金4630万円着服男の行方
https://05448081.at.webry.info/202205/article_25.html
高校野球部コーチがわいせつ 学校の隠蔽体質も問題
高校野球部コーチがわいせつ 被害者は50人?
高校野球部コーチがわいせつで再逮捕 10年前から
高校野球部コーチが部員にわいせつ逮捕 大阪
甲子園優勝の千丸被告 控訴審でも懲役5年
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将が強盗 駒大野球部のしごきを暴露
甲子園優勝校主将の転落人生
100メートル走120回、野球部員熱中症で倒れる
慶応大野球部鶴岡嵩大の給付金詐欺はどうなった?
慶応大野球部員詐欺で逮捕 故鶴岡監督の孫
東海大学野球部 大麻使用で活動停止
青森山田高野球部員、寮で殴られ殺害される
青森山田高暴行死事件 犯人を家裁送致
元プロ野球選手の転落 カード詐欺で逮捕
元プロ野球選手奥浪鏡 特殊詐欺と児童買春で実刑判決
元プロ野球選手 被災地で電線泥棒・逮捕
米メジャーに挑む日本のベテラン野球選手
西武・大久保コーチ解任 「陽気な兄貴」と擁護するコラム
解任されたデーブ大久保への奇妙な同情論

男目線だけの夫婦映画「なん・なんだ」 主演女優が猛批判

昨日に続いて映画の話です
烏丸せつこの名前を憶えている方がいるとすれば、自分と同世代か、あるいは上の世代の方かもしれません。烏丸せつこが66歳になっているとニュースで知り、「ああ、もうそんな年齢なんだ」と思った次第です
その烏丸せつこが主演を努めた映画「なん・なんだ」について、猛批判をぶちかましている記事がデイリー新潮にありましたので取り上げます
映画「なん・なんだ」は、文部科学省で2000年代に官房審議官を務め、いわゆる「ゆとり教育」政策実現を主導した寺脇研がプロデューサーをした作品です。なぜ寺脇がこの映画を作ることになったのか、その経緯は脇に置いて、烏丸せつこは寺脇による映画作りと脚本を徹底的に批判しています
高齢夫婦の悲哀を描くと題されているものの、その殆どが男性側の目線だけで語られており、烏丸せつこ演じる妻は添え物扱いされているというのが理由です。結局、男性プロデューサーが男目線でしか夫婦関係を理解していないという、皮肉な現実を暴露した映画になったわけです
以下、デイリー新潮掲載の記事から一部を引用します


烏丸せつこが主演作のプロデューサーに手厳しい批判 「この映画には気持ち悪いところがいっぱい」
(前略)
決定的に間違い
烏丸の厳しい指摘はほぼ全編に及ぶが、とくに矛先が向けられたのは、後半のワンシーン。過去に夫婦生活を求めて拒絶された美智子が、当時の三郎の冷たい振る舞いをなじる場面だ。
「押し入れに隠してあった夫のエッチな本を盗み見していたとか、それで覚悟を決めて誘ったのに応えてくれなかった、だから死のうと思ったとか。そんな女、いるかっての。だから監督に“仮にそういうことがあるとしても、もうちょっとセリフを何とかしようよ”って言ったんだけど、向こうは“はい、考えておきます”って言ったきり。どうせ寺脇に“烏丸さんがこんなことを言ってますけど”って知らせに行って、寺脇が“いやいや”とか“まあまあ”って宥(なだ)めていたんでしょ。そうやって、なし崩し的におかしなセリフを押し付けて来るんだから」
怒りの直言はなおも続く。
「本来なら、ラスト近くで家路についた美智子と三郎が、長い道のりをトボトボと歩いていくシーンが入るはずだった。情感と余韻に富んでいる本当に素晴らしい場面だったのに、なぜだかこれも全部カットされちゃったのよ」
烏丸の映画作りにかける思いはことのほか強い。
「作品の解釈は、お客さんの性別や年齢によって変わるもの。それぞれが余韻に浸りながら“この夫婦はどうなるんだろう?”って考えるの。それこそがこの作品がタイトルに掲げた問いかけなわけでしょ? それを“こんな結末になっちゃった”って見せるのは決定的に間違いなのよ。だから寺脇には聞いてみたい。あまりに映画的ではない演出じゃないの? これで本当にいいの?って」
ベテラン女優が振るう愛のムチを一身に受けた、当の寺脇氏は何と答えるか。
「500万円に満たない低予算映画なので、至らない点が多かったことは事実なんです。実際、撮影中に笑いながらでしたが“あんたでしょ、一番悪いのは”とか“あたし、怒ってんのよ”と言われましたからね。でも、烏丸さんは若い頃からずけずけと物を言うタイプで、一時は毒舌女優なんて呼ばれていましたよね。だから、今回もシャレの部分があると思う。だって、初日の舞台挨拶にも“もちろん、出るわよ”と快諾して下さったんですから」
そう言いつつも、「近いうちに烏丸さんと一席設けて“あなたは一体、なんなんだ?”って叱られてきます」と、頭を掻くのだった。


まるで妻の愚痴に付き合ってやるのが夫の役目、だと言わんばかりの態度です。烏丸せつこは当然、この寺脇の言い分を読んで激怒するでしょうし、「ああ、この人はやっぱり分かっていないんだ」と思うに違いありません
すべての男性がそうだとは言いませんが、長年共に暮らしてきた夫婦であっても、男は男目線でしか物事を理解できない面があるのでしょう
まさに夫と妻のそうした受け止め方の違いこそが描くべき主題であると思うのですが…
「低予算映画だから仕方がない」ではなく、撮影に入る前に寺脇と監督、烏丸せつこで話し合い、修正すべき点は修正し、脚本や演出プランに手を加えて取りかかれば、もっとまともな映画になったのではないか、という気がします
「なん・なんだ」の公式ページにある「ストーリー」は以下のようになっています。脚本は寺脇研ではなく、別人の手によるものです


結婚してもうすぐ40年になる三郎と美智子。三郎は大工を引退してやることもないまま、海が見える古い団地で一日を過ごす。妻の美智子は出かけるための準備に余念がない。「どこ行くんだよ」「化粧濃いんじゃないか」。そうしたやり取りのうちに、美智子は家を出る。美智子に届け物を頼まれたが、どこに届けるのかを失念したまま三郎は戻ってきてしまう。帰りを待ちながらビールを飲んでいると三郎の携帯が鳴る。
京都府警からだった。美智子がひき逃げに遭って意識不明だとの連絡。なぜ、京都に? 取るものも取り敢えず、娘の知美に電話をかけて三郎は京都へ向かう。病室で眠ったままの美智子の荷物を開けてみると、古いアルバムとカメラがあった。若いころ写真家を目指していた美智子が愛用していたカメラだ。
意識が戻らないまま1週間。三郎は現像を頼んでいた町のカメラ屋に写真を取りに行く。そこに写っていたのは、知らない男の姿だった。誰だ? この男は。自分の知らない美智子の世界がある。京都でこの男と会っていたのか。次々にわいてくる疑惑に押されるように、三郎は美智子の実家がある奈良へ。追ってきた娘の知美とともに、美智子の浮気相手探しの旅を始める。
自分が知らない少女時代の美智子。自分に黙って男と逢引していた美智子。夫婦の40年間はなんだったのか。美智子と重ねた思い出が一枚一枚と抜け落ちていく――。

映画『なん・なんだ』予告編

(関連記事)
映画「蜜月」が女優へのセクハラで公開中止
https://05448081.at.webry.info/202203/article_21.html
「日本映画はなぜ韓国映画に勝てないのか」という記事
アカデミー賞「パラサイト」の一方で日本映画没落?
村上春樹「ハナレイ・ベイ」 深い余韻と波
映画「十二単を着た悪魔」公開
脚本家落合雪恵 AV女優からの転進
カンヌ審査員賞 是枝監督「そして父になる」
是枝監督のパルムドール受賞を羨む中国
海老蔵主演「利休にたずねよ」 モントリオール映画祭で受賞
カンヌ映画祭参加の韓国アニメ「豚の王」 大コケ
カンヌ映画祭(2015) 日本映画の評価は
「萌の朱雀」
祝 河瀬直美監督 カンヌ映画祭カロスドール受賞
2004年カンヌ 映画「イノセンス」の話