東大試験会場で刺傷事件 私製火炎瓶など多数用意

試験会場前で3人を刺傷させた高校生は、以前から犯行計画を立て、準備していたと報じられています
が、結果として地下鉄の車内に放火する企てには失敗し、試験会場前で刃物を振るい3人を刺す犯行にとどまりました
被害に遭われた方々にとっては迷惑な限りですし、当日事件を知り、心情が乱れた受験生もいたはずです
産経新聞の記事を読むと、可燃性の液体を入れた私製の火炎瓶などいくつもの道具を用意してのが分かります。が、計画はそこまでであり、実際に火炎瓶がどれだけ燃え上がるか、テストはしていなかったのかもしれません。抜かりなく計画したようで、実際は杜撰であったわけです


大学入学共通テスト初日に試験会場の東京大(東京都文京区)の前で、受験生ら3人が包丁で刺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された名古屋市の私立高2年の少年(17)が、直前に東京メトロの車内や駅で9回程度にわたり、放火を試みていたことが16日、分かった。その後、駅を出て最初に目にした男性(72)を刺したことも判明。3本の刃物や大量の可燃性液体を持っており、警視庁少年事件課は、複数の犯行形態を想定するなど大量殺害を入念に計画したとみている。同課は同日、少年の自宅を家宅捜索した。
捜査関係者によると、少年は15日朝、高速バスで名古屋から東京に到着。東京メトロで東大前駅に向かう途中の南北線の車内で、可燃性の液体をしみこませた自らのバッグに火を付けようとしたが、少年は「うまく火が付かなかった」などと話しているという。
到着した東大前駅構内では、火を付けた着火剤を複数回投げたが、同様に火の手は上がらず、午前8時半ごろ、駅構内を出て最初に目に入った男性を自宅から持参した包丁(刃渡り約12センチ)で刺し、受験生の女子生徒(17)と男子生徒(18)も刺した。男性は重傷だが、3人は命に別条はないという。
少年はすぐに身柄を確保されたが、その際、ナイフ(同約6センチ)や折り畳み式のこぎり(同約21センチ)を所持。栄養ドリンクの瓶などで自作した可燃性液体を入れた火炎瓶のようなものなども約20本持っていた。
少年事件課は、車両や駅で火を付けようとしたが計画通りに進まず、刃物で襲う方法に切り替えた可能性があるとして、詳しい状況を調べている。
(産経新聞の記事から引用)


犯行に踏み切る場面を少年はあれこれ想像していたのでしょうが(シミュレーションした、と言ってもよいのでしょう)、可燃性の液体(何かは不明です)を染み込ませたカバンには火がつかきませんでした。頭の中だけで練り上げた計画などこんなものであり、経験不足はいかんともしがたいものがあります
刃物を向けで突き出せば人を刺すのは可能ですが、そう簡単には殺害できません。刑事ドラマでは玩具みたいな小さなナイフを1回刺すだけで殺人が起こります。が、あれはリアルさを追求したのではなく、殺害の残虐な場面をお茶の間に向けて発信するのは控えようという、テレビ局の自主規制の上での演出です
今回も3人を刺してはいますが、冬物の分厚いコートを着込んだ人間を1回の刺突で殺害するなど困難であり、未経験の少年にはできません。結果として少年は殺人犯にならずに済んだのです
メディアはもっぱら少年の東大受験願望とその挫折にばかり注目しているわけですが、それもやむを得ないのでしょう。事件の本質とは別の次元であり、事件の意味を読み解く上ではあまり関係のない話だと自分は思うのですが
例えば、この少年は東大医学部へ進む願望を持っていたようですが、本当に医師になりたかったのでしょうか?
病気に苦しむ人たちを支えたいとか、そんな真摯な気持ちから医師を志したとは思えません。東大医学部がエリートの集まる場だから、東大出の医者というステータスを手にしたくて、東大医学部教授になって権勢をふるいたくて、医学部受験に執着したのではないか、という気がします
権力指向の若者が、己に権勢欲、支配欲を満たそうと自我をパンパンに膨らませたものの、そこに辿り着けないと知って引っ込みがつかなくなった結果、暴発するしかなかったのかもしれません
医師になりたいなら、他にも医学部あるのですから東大に執着する必要などありません

(関連記事)
東大試験会場で刺傷事件 弁護士が黙秘を勧める?
https://05448081.at.webry.info/202202/article_42.html
東大試験会場で刺傷事件 思春期挫折症候群?
https://05448081.at.webry.info/202202/article_14.html
東大試験会場で刺傷事件 みじめな犯行失敗
https://05448081.at.webry.info/202201/article_37.html
東大試験会場で刺傷事件 「俺は東大を受験する」
東大試験会場で刺傷事件 17歳高校生逮捕
「3月のライオン」より 森安九段殺人事件を考える
玉川徹「社会に牙をむく若者が増えるのは当然」
甲府放火殺人 少年A(19歳)の生き様
甲府放火殺人 犯人は19歳の生徒会長
甲府放火殺人 交際拒否で逆恨み
甲府放火殺人 19歳少年を逮捕
神戸弘陵高生徒殺し 事件を小説に書いていた
神戸弘陵高生徒殺し 異様な素顔と書く「AERA」
神戸弘陵高生徒殺し 10年越しに犯人逮捕
白金高輪駅硫酸男 沖縄で逮捕される
白金高輪駅硫酸男 ストーカー行為と大失恋
白金高輪駅硫酸男 妄想性人格障害か?
小田急切りつけ男 懲役5年から7年という説
小田急切りつけ男 非モテによる無差別殺人?
小田急切りつけ男 勝ち組女子大生を狙った
相次ぐ列車内殺傷事件は承認欲求の産物?
京王線刺傷事件を考える 精神鑑定実施へ
京王線刺傷事件を考える 死にたがり男の凶行
京王線刺傷事件を考える ジョーカー男の心理
京王線刺傷事件を考える ジョーカーのコスプレ
「無敵の人」 ジョーカー男の無差別殺人への一考