ヤマト運輸男女殺傷事件 初公判で「うそつくな、おらー」

神戸市北区のヤマト運輸の集配センターで男女の従業員に刃物を振るい、1人を殺害し1人を負傷させたとして逮捕されていた筧真一被告の裁判が始まりました
起訴事実を認めた筧被告ですが、裁判長の人定質問で氏名や生年月日を訊ねられても「知らない」と言い捨てるなど、ふてぶてしい態度に終始したようです。これは裁判員裁判ですから、この時点で裁判員は筧被告に反省の欠片もないと判断したのではないでしょうか?
法廷で悪ぶったり、開き直ったり、裁判官に食ってかかるのは被告人の勝手ですが、そうした振る舞いは判決に結びつくのであり、自分の首を絞めるだけです


2020年10月、神戸市北区のヤマト運輸集配所で、従業員の男女2人が死傷した事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われた同社の元パート従業員、筧真一被告(47)に対する裁判員裁判の初公判が21日、神戸地裁(野口卓志裁判長)であった。筧被告は「俺がやったの間違いないだろ」と起訴内容を認めた。
公判で筧被告は、裁判長に氏名や生年月日を尋ねられた際に「知らない」と繰り返したほか、冒頭陳述を朗読する検察官に「うそをつくんじゃねーよ、おらあ」と声を荒らげる場面もあった。
起訴状によると、筧被告は20年10月6日未明、同市北区山田町小部の同集配所駐車場で、従業員の女性=当時(47)=を包丁で複数回刺して殺害し、建物にいた男性従業員(61)も殺害しようとして軽傷を負わせたとされる。さらに、集配所の敷地で車を運転し、周辺の車14台や建物の壁に衝突。近くの路上で、駆け付けたパトカーに運転する車をぶつけたとして器物損壊などの罪にも問われている。
検察側は冒頭陳述で、筧被告は事件前日、男性従業員ともめごとを起こし、仲裁した女性に軽いけがをさせたため、同社を退職したと指摘。事件に至る経緯や動機について「退職の原因が被害者の2人にあると邪推した」とした上で「女性への恋愛感情が満たされなかったことや同僚男性への怒り」と述べた。
一方、弁護側は、同被告は上司から十分な説明がないまま、一方的に解雇を通告されたと強調。動機の核心は「(同社の)不当な退職勧奨で抱いた激情と落胆」や、上司に対する恨みだったと主張した。
(神戸新聞の記事から引用)


2020年10月、神戸市北区のヤマト運輸集配所で殺害された女性=当時(47)=の遺族が21日、殺人罪などに問われた筧真一被告(47)の裁判員裁判初公判に合わせ、弁護士を通じて報道各社にコメントを出した。「遺族一同」の言葉として「愛する家族を失った悲しみが和らぐことはありません」とつづった。
殺害された女性に対して「自分のことは後回しで家族のことを大切にし、いつも明るく、みんなに慕われ好かれていた母であり、妻であり、娘であり、姉でした」としのび、「そんな彼女のいた当たり前の日常が、理不尽に奪われました」と怒りをにじませた。
筧真一被告は逮捕後、神戸地検に送検される際、捜査車両の後部座席で、取材する報道陣に笑顔でピースサインを見せた。女性の遺族はコメントで「にやついていた」とし、「反省しているとは思えません」と記した。
また、筧被告には「どう向き合えばよいか、不安な思いもある」とし「無念にも命を奪われた本人のためにも、しっかりと裁判の経過を見届けたい」と結んだ。
(神戸新聞の記事から引用)


記事から想像がつくように、筧被告はヤマト運輸にもおそらくは被害者にも、検察官、裁判官にもケンカを売る気満々のようです
いかに凶悪犯でも法廷でこれだけ怒りや憎悪をむき出しにするのは珍しいのであり、無期懲役が求刑されるのかもしれません
公判前には筧被告の弁護人が犯行は被害妄想が昂じた結果だとして、減刑を求めるなり情状酌量を求める戦術を選ぶのかな、とも思ったのですが、違いました
弁護人は被告の求める方向で弁護活動をしますので、これは筧被告の選択なのでしょう。法廷で罵詈雑言を吐き、検事にもヤマト運輸にもケンカを吹っかけ、情状酌量など求めず言いたい放題を貫く構えのようです
被害者遺族は、「こんな狂犬のような男に殺されたのか」と知り、落胆したに違いありません
なお、検察の冒頭陳述で筧真一被告は「うそつくな、おらー」と怒声を発したようですが、陳述のどの内容に反応したのか上記の記事だけでは分かりません。おそらく殺害された女性従業員に筧被告が横恋慕していた、と述べた部分ではないかと推測するのですが

(関連記事)
ヤマト運輸男女殺傷事件 懲役27年判決
https://05448081.at.webry.info/202202/article_7.html
ヤマト運輸男女殺傷事件 懲役28年求刑
https://05448081.at.webry.info/202201/article_50.html
ヤマト運輸男女殺傷事件 筧被告の公判は1月21日
ヤマト運輸男女殺傷事件 筧真一容疑者逮捕
チェーンソーでヤマト運輸を脅し逮捕  ユーチューバー
大阪心斎橋殺人を考える1 身勝手な動機
大阪心斎橋殺人事件を考える2 礒飛容疑者
大阪心斎橋殺人を考える3 ようやく初公判
大阪心斎橋殺人を考える4 死刑求刑
大阪心斎橋殺人を考える5 礒飛被告に死刑判決
大阪心斎橋殺人を考える6 高裁で無期懲役に減刑
大阪心斎橋殺人を考える7 検察は上告へ
釧路イオンモールで無差別殺人 犯人を取り押さえる
釧路イオンモール無差別殺人 松橋伸幸容疑者の素顔
イオンモール釧路4人殺傷 松橋被告に2審も無期懲役
川崎トンネル殺人事件 犯行を認め謝罪
川崎トンネル殺人事件 懲役28年の判決
レッサーパンダ帽男殺人を考える1 発達障害
レッサーパンダ帽男殺人を考える2 不幸な誤解
羽曳野会社員殺害 4年を経て容疑者逮捕

東大試験会場で刺傷事件 みじめな犯行失敗

「有名進学校の生徒が東大の試験会場前で受験生を刺す」との外見から、受験社会の歪みと形容されそうな事件ですが、あまり受験云々に目を奪われると事件の本質を読み誤るのではないか、と自分は思います
高校生の生活範囲は大変に狭いのであり、学校と家と学習塾くらいしかないのでしょう。部活などやっている人間にはそれも加わります
報道では学校と受験の話ばかり登場し、彼の家庭がどのようなものであったのか触れられていません。インターネット上の噂では、父親はは名古屋市立大医学部を出た医師である、とされます。なので、彼の医学部志望を応援し、期待をかけていたのかもしれません
別の報道では、彼が「医師になってアフリカへ行き、医療活動をしたい」と抱負を語っていたと書いています。ただし、これもどこまで本気であったのか不明であり、シュバイツァー博士に伝記に感化されたとか、アフリカで医療活動に励む医師という名声に酔ったものなのか、はっきりしません
それにアフリカで医療活動するなら東大医学部に執着する必要はなかったはずで、他大学の医学部でもよかったのでは?
しかし、彼は東大医学部に並々ならぬ執着を示しており、「エリートである自分の存在証明」のようにのめり込んでいた節があります
今回は「FRIDAY」の記事から引用します


東大前刺傷 秀才少年が1年前に計画した「無差別殺害」戦慄の中身
「1年ほど前から誰かに危害を加えたいという気持ちがあった」
1月15日の大学入学共通テスト初日に、東京大学の農学部前(東京都文京区)で3人を刺傷した高校2年の少年A(17)は、警察の調べに対しこう話しているという。
(中略)
門の左側にある守衛室の前にうずくまっていたのは、上下黒い服にメガネをかけたヤセ型の少年です。表情はなかったですね。駆けつけた警察官の問いにも、放心したように一切答えません。
5分から10分ぐらい、そんな状態が続いたでしょうか。痺れを切らした警察官の、『どこから来たんだ!』という大きなが聞こえました。それでも少年は返答しない。仕方なく警官たちは少年の両脇を抱え、近くの交番へ引きずるように連れて行きました」
Aは犯行動機について、こう供述しているという。
「医者になるために東大を目指したが、1年くらい前から自信をなくした。人を殺害して罪悪感を背負って切腹しようと思った」
(中略)
この前後から、Aは無差別の殺害事件を計画し始めたようだ。内容はすさまじい。
「犯行当時Aが持っていたのは、数多くの凶器です。被害者3人を切りつけた刃渡り12cmの包丁や小型のツールナイフ、20cmほどの折り畳み式ノコギリ。バッグの中には、可燃性の液体をつめたペットボトルや瓶11本が入っていました。事件現場から見つかったのは、可燃性の液体が入れられ着火剤を差し込んだ栄養ドリンクの筒。つまり火炎瓶です。
実際、Aは地下鉄・南北線『東大前』駅の改札口前など、数ヵ所で液体をまき放火しています。警察の調べに対しては『(電車内に)液体をまいて火をつけようとしたが、うまくいかなかった』と話している。受験生を切りつけるだけでなく、車内で爆発を起こし、多くの人を殺害しようとしていたんです」(同前)
全国有数の進学校に通う秀才は、なぜ大量殺害を計画するほど絶望したのか。警察は詳しい動機を調べている。
(FRIDAYの記事から引用)


前回も書いたように、大量殺人計画と呼ぶにはあまりに杜撰です。それでも裁判となれば「計画的な犯行」と認定するはずですが
「罪悪感を背負って切腹しようと思った」と発言してはいるものの、台所用の包丁で何人も刺せるはずがありません。受験生は皆、冬物の分厚いコートを着ているのですから。そして切腹するのに折りたたみのノコギリでも使うつもりだったのでしょうか?
小型の作業用ナイフでは切腹など無理です
なので、まったくちぐはぐな行動であり、頭の中の妄想のように人を殺すなど、最初から無理な話だったのです
電車の中で放火にも失敗し、大学前で受験生を刺殺もできず(負傷させたのは事実です)、腹を切ることもできなかったのが結果であり、現実です
もちろん、受験生たちにとっては迷惑な限りであり、厳罰をもって処すべき事件として扱うのが相当です。が、あまりにしょぼい、というのが自分の感じるところです。暴走族の若者が無人の交番に生卵を投げつけ、自分がとんでもなく大胆な犯罪をなしたがごとく自慢しているのと大差ありません
事を起こす前に彼は何人もの受験生を殺害し、高校生が大人でもできない大胆かつ凶悪な犯行をあっさりしてのけた、と悪名を得る気満々だったのでしょう。が、門前でヘタリ込んで放心状態のまま警察官に連れて行かれるしかなかったのであり、己の無力さを噛み締めたに違い有りません
別段、凶悪犯罪を煽っているわけではなく、やはり身の程を知るのが大事、という話です
学校の成績、模擬試験の成績を誇示したところで、実社会では何の役にも立ちませんし、そんなものに執着していると笑われるだけです

(関連記事)
東大試験会場で刺傷事件 弁護士が黙秘を勧める?
https://05448081.at.webry.info/202202/article_42.html
東大試験会場で刺傷事件 思春期挫折症候群?
https://05448081.at.webry.info/202202/article_14.html
東大試験会場で刺傷事件 私製火炎瓶など多数用意
東大試験会場で刺傷事件 「俺は東大を受験する」
東大試験会場で刺傷事件 17歳高校生逮捕
「3月のライオン」より 森安九段殺人事件を考える
玉川徹「社会に牙をむく若者が増えるのは当然」
甲府放火殺人 少年A(19歳)の生き様
甲府放火殺人 犯人は19歳の生徒会長
甲府放火殺人 交際拒否で逆恨み
甲府放火殺人 19歳少年を逮捕
神戸弘陵高生徒殺し 異様な素顔と書く「AERA」
神戸弘陵高生徒殺し 10年越しに犯人逮捕
白金高輪駅硫酸男 ストーカー行為と大失恋
白金高輪駅硫酸男 妄想性人格障害か?
小田急切りつけ男 懲役5年から7年という説
小田急切りつけ男 非モテによる無差別殺人?
小田急切りつけ男 勝ち組女子大生を狙った
相次ぐ列車内殺傷事件は承認欲求の産物?
京王線刺傷事件を考える 精神鑑定実施へ
京王線刺傷事件を考える 死にたがり男の凶行
京王線刺傷事件を考える ジョーカー男の心理
京王線刺傷事件を考える ジョーカーのコスプレ
「無敵の人」 ジョーカー男の無差別殺人への一考