都議会選当選の木下議員 初公判で懲役10カ月求刑

東京都議会選挙に当選したものの、選挙期間中に無免許運転がバレて大騒ぎになった木下富美子被告の裁判があり、検察側は懲役10カ月を求刑しています。無検挙運転を7回繰り返したとして道路交通法違反に問われているわけですが、実際には無免許のまま毎日のように車を運転していたものと推測され、規範意識の乏しさには吐き気すら覚えます
それでも、「無免許運転はそんなに悪いことではない」と開き直り、議員辞職に応じようとしなかったのはご承知のとおりです


昨年7月の東京都議選の期間中などに無免許運転を7回したとして道路交通法違反の罪で在宅起訴された元都議・木下富美子被告(55)の初公判が25日、東京地裁(平出喜一裁判官)であった。検察側は木下元都議が2017~21年の4年間で交通違反を12回繰り返し、免許停止処分も過去に4回受けていた点を指摘し、「極めて悪質で法令順守の意識が欠落している」として懲役10カ月を求刑した。判決は2月15日に言い渡される。
起訴内容を認めた木下元都議が被告人質問で語った主な内容は以下の通り。
■無免許運転で都議会に 選挙活動も
《検察側の質問》
――無免許の状態で、昨年4月から原付きに乗り、5月からは車にも乗った。どうしてですか
「6月末に選挙があり、ポスターの貼り替えは車でしかできませんでした」
――6月に車で都議会に行っていたのはなぜですか
「議会出席のための資料を運ぶこともあり、あれもこれもやらなくちゃというなかで運転しました」
――結局、車を使ったほうが便利という気持ちがあったのでは
「分かりません」
――車に乗る必要があるのに交通違反を重ねたのはどうして
「おっしゃるほどたくさんでしょうか。でもやはり私が認識せず乗り始めたのがいけなかった。1回でも違反すれば罰金がつく認識がありましたが、免許停止につながるところまで理解せず安易にやってしまいました」
《弁護側の質問》
――なぜ無免許運転をしたのですか
「再選を目指す選挙が近づき、プレッシャーが相当大きかった。コロナ下で手伝いを集めるのが難しいなか、街頭活動やポスターを貼る活動で運転しました。規範意識が欠けていました」
(朝日新聞の記事から引用)


4年間に交通違反を12回繰り返しているのに、検事の質問には「たくさん違反をしたわけではない」と開き直っているのですから唖然とします
無免許運転常習の悪質な運転者として、是非とも実刑を科してもらいたいものです
これでも、3年半先に予定されている次の都議会議員選挙に立候補するつもりなのでしょうか?
懲役10カ月ですから服役して出所すれば、次の選挙には間に合います。まあ、そのときには木下被告に支援を約束した小池都知事はいなくなっていると予想しますが
そもそも「選挙のプレッシャー」など、無免許運転のいいわけにはなりません。ポスターを貼る作業で車が必要ならタクシーを使えばよいわけで
裁判を迎えてもなお、この人の感覚はズレたままだと分かります。治らないのでは?

(関連記事)
木下元都議に執行猶予付き有罪判決
https://05448081.at.webry.info/202202/article_28.html
都議会選当選の木下議員 「批判はいじめ」と開き直り
都議会選当選の木下議員 ようやく辞意表明
都議会選当選の木下議員 無免許運転で起訴
都議会選当選の木下議員 免停中に運転し事故
小池都知事 カタカナ語連発
都知事選候補者は菊池桃子?石原良純?
小池都知事 韓国人学校問題に都有地貸与せず
都知事選 鳥越俊太郎落選の弁
都知事選 「病み上がり」発言に激怒する鳥越俊太郎
小池百合子元防衛大臣 都知事選へ名乗り
舛添知事辞意を固める 涙の釈明も無駄に
舛添都知事 議会で釈明も四面楚歌
舛添都知事 政治資金疑惑まだまだ噴出
舛添知事 政治資金で家族旅行疑惑
猪瀬都知事 徳洲会から借りた5000万円
東京都知事選 後出しジャンケン大会
石原慎太郎「太陽の党」結成も、選挙後は解党か?
都知事選 細川候補敗戦の弁
都知事選 支持されない細川候補の「脱原発」

栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 原因は何だったのか?

千葉県野田市で当時小学4年生だった栗原心愛さんが父親の虐待を受け死亡した事件が3年前にありました。この事件について当ブログでは何度も取り上げたところです。しかし、こどもへの虐待事件は次から次へと発覚し、死亡するケースは減りそうにありません
そして児童虐待に立ち向かうべき児童相談所でも、職員が保護した少年少女に性的暴行を加えて逮捕者が出る始末です
さて、心愛さん殺害事件から3年という機会で書かれた時事通信の記事に対し、ヤフーニュースのコメント欄に書き込まれた「経済的な理由、貧困を口実にするな」との意見がひっかかりましたので、取り上げます
まず時事通信の記事を貼り、次にヤフーニュースのコメントを引用します


千葉県野田市で小学4年の栗原心愛さん=当時(10)=が父親の勇一郎受刑者(44)から虐待を受け死亡した事件から、24日で3年となる。
心愛さんの祖母はNPO法人「ワールドオープンハート」(仙台市)を通じ、「心愛ちゃんを忘れた日はなく、毎日手を合わせてきた」とのコメントを発表した。
コメントでは「助けてあげられなかった後悔の念が消えることはない」「多くの方に心愛ちゃんの死を悲しんでいただいていることに、家族一同、感謝しています」と思いをつづった。
加害者家族を支援し、勇一郎受刑者と手紙のやりとりをしている同法人理事長の阿部恭子さんによると、同受刑者は父親は無条件に尊敬されるものだと思い込み、自らの虐待を「厳しいしつけ」と考えていた。最近では児童虐待に関する書物に目を通すなどし、問題に向き合い始めたという。
阿部さんは「彼も児童相談所などに相談していたが、経済的困窮などから支配欲が強くなった。精神的な余裕の無さを改善すれば防ぐことができたのでは」と話す。
確定判決によると、心愛さんは2019年1月22~24日、顔に冷水シャワーを浴びせられるなどの暴行を繰り返し受けて衰弱死した。勇一郎受刑者は傷害致死罪などに問われ、21年に懲役16年の実刑が確定した。
(時事通信の記事から引用)


どんなに困窮しようと虐待しない人の方が圧倒的に多いと思いますけど…
母親すら助けませんでしたよね?
で、学校も配慮なし。悪化させて死亡する原因となった 
それなのに経済的な理由を上げるの?
元々間違っ出た思想が暴走したきっかけでしかないのにその庇い方っていうか理解の仕方はどうなんだ


コメントを書かれた方の鋭い見識には敬服します
NPO法人「ワールドオープンハート」の阿部さんは取材に応じてもっと多くを語っていたはずですが、記事で取り上げられたのはほんの一部だけでしょう。栗原勇一郎受刑者をかばうために上記のような発言をしたのではなく、現在家庭において虐待をしている父親や母親、虐待しそうになっている父親や母親に少しでも自身の行動を見つめ直してもらいたいとの意図で発言しているのだと推測します
ただし、NPO法人「ワールドオープンハート」の阿部恭子氏は当ブログでも以前取り上げたように(下記のブログ「栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待は経済格差のせい?」で引用した週刊女性の記事で)、経済格差こそが問題の根源であるかのような考えを示しており、そこを言い訳に使われてしまうようでは問題の解決につながりません
栗原勇一郎受刑者の場合、正規労働者でしかるべき収入を得ていたとしても、虐待を繰り返すだけの資質や人格の偏りがあったと推測されます
彼の抱えている劣等感を補うため、妻や子に対し高圧的な言動を繰り返し、支配し、抑圧していたとも考えられます。さらにこどもの虐待時の反応を性的な快楽として受け止める、認知機能の歪みを感じます。一般論的なアプローチだけで問題が解決できるとは思えないのであり、より内面に踏み込んだ心理療法が必要なのでは?

(関連記事)
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 栗原被告の控訴棄却
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待は経済格差のせい?
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 判決不服で控訴
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役16年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役18年求刑
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 公判で虐待認める
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告初公判
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 母親の初公判
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
目黒女児虐待死事件を考える 雄大被告を苦しめた実の両親
目黒女児虐待死事件を考える 義父に懲役13年の判決
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
岡山女児虐待死を考える 殺意はなかった?
https://05448081.at.webry.info/202203/article_2.html
岡山女児虐待死を考える 布団巻にして脳死状態に
https://05448081.at.webry.info/202202/article_26.html
岡山女児虐待死を考える 全裸でいたぶり続ける
https://05448081.at.webry.info/202202/article_18.html
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
暴力夫に尽くす妻 共依存
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
児童養護施設職員が男児に強制性交で懲役8年
児童養護施設職員が強制性交容疑で逮捕 福岡
和歌山児童相談所職員 保護少女わいせつで起訴

大分女性転落死 現場にいた男に1億円の賠償命令

2017年7月、大分市内のビル屋上から女性が転落し、その後死亡する事件がありました。当時、女性と一緒にいた柴田裕司容疑者が転落死に関与していたものと見られ取り調べを受けたものの、突き落としたという証拠もなく、被害者の靴やバッグを隠した罪に問われ罰金刑で終わっています
被害者の両親は刑事罰を問えないのであれば民事で、と柴田元容疑者を相手取り損害賠償請求の訴訟を提起していました。大分地裁は両親の請求を認め、柴田元容疑者に対して1億円の賠償を命じる判決を言い渡しています
裏付けが取れていない情報ですが、柴田元容疑者は大分市内のホストクラブ「S某」のホストだったという話があります。被害者女性はこのホストに惚れ込み、足繁く通っていたのでしょうか?
2017年の転落死に関する記事と、賠償を命じる記事を貼ります


転落死の知人女性を置き去り、26歳男再逮捕 直前まで一緒にいて転落後バッグ盗む?
大分県警は10日、大分市で7月、ビル屋上から転落死した女性会社員(31)を置き去りにしたとして保護責任者遺棄致死の疑いで、直前まで一緒にいた飲食店従業員、柴田裕司容疑者(26)を再逮捕した。
県警によると、女性は柴田容疑者が勤務する店の客だった。県警は女性が屋上に行き、転落した経緯を調べる。
再逮捕容疑は、7月29日午前9時ごろ、大分市都町2丁目のビル屋上で三宮万葉さんが何らかの原因で地上に転落したのに放置した疑い。三宮さんは外傷性ショックで死亡した。
柴田容疑者は9月14日、現場周辺にあった三宮さんのバッグを盗んだ疑いで逮捕。その後、バッグをビルの階段下に隠して放置し、壊したとして器物損壊罪で起訴された。
(産経新聞の記事から引用)


大分市の繁華街で会社員の女性が転落死したことをめぐって、直前まで一緒にいた男性に対して女性の両親が損害賠償を求めた裁判で、大分地方裁判所は救護義務を怠ったことが死亡につながったなどとして、ほぼ請求通りの賠償を命じました。
5年前、大分市の会社員、三宮万葉さん(当時31)が大分市都町の雑居ビルから転落して亡くなり、両親は、直前まで一緒にいた30歳の男性が、何らかの関与をしたなどとして損害賠償を求める訴えを起こしていました。
この男性は、三宮さんの靴などを転落現場の近くに隠した罪で罰金刑を受けていて、捜査や裁判では黙秘を続けていました。
20日の判決で大分地方裁判所の府内覚裁判長は「転落への関与は認められない」とした一方で、「女性の生命に重大な危険が迫っていたことを認識しながら119番通報をするなどの救護義務を怠ったことが死亡につながった」などと指摘し、ほぼ請求通りの賠償を命じました。
この判決について三宮さんの父親は、「ずっと苦しい思いをしてきたが、きょうの判決で少し心が救われた気がします。ただ、被告からは何があったのか聞くことができず、残念です」と話していました。
また、母親は「これまで支えてくれた多くの人に感謝したいです」と話していました。
(NHKの記事から引用)


これだけでは何がどうなっているのか、分かり辛い事件です。転落死に関与している(突き落としてのではないか?)と疑われた柴田元容疑者ですが、黙秘を貫いたようで、検察も殺害容疑では立件できなかったのでしょう。結局、被害者女性の所持品を隠した行為が器物損壊に当たるとして罰金刑で刑事手続は決着しています
民事訴訟の方も損害賠償を請求されたのですが応訴しなかったようで、弁明もしなかったようです。損害賠償請求を認める判決が出たところで、賠償するだけの財力・資産がないとの理由だったのでしょう
民事訴訟で損害賠償請求をされた場合、弁明書を出して損害は与えていないとか、事実に誤認があるとか、請求額が不当だとか主張し、そこから裁判が始まります。しかし、柴田元容疑者が弁明書を出さず、事件当日被害者との間に何があったのか明らかにしないのですから、裁判所は原告の請求通り賠償を命じたものと考えられます
報道する側はもう少し丁寧に記事をもらいたいところです。でないと、何がどうなったのか読者には伝わりません
被害者女性がホストの手口にはめられ、多額の飲食代その他を貢がされていた(そのため、借金までしていたとか)事情があるならば、損害賠償請求額が1億円、というのも理解できますが、事情が分からなければ「???」でしょう

(関連記事)
福岡女性転落殺人を考える6 控訴審でも懲役22年
https://05448081.at.webry.info/202109/article_5.html
福岡女性転落殺人を考える5 懲役22年の判決
福岡女性転落殺人を考える4 人格障害を疑う
福岡女性転落殺人を考える3 解離性同一性障害
福岡女性転落殺人を考える2 復讐に執着
福岡女性転落殺人を考える1 懲役25年求刑