静岡養女強姦事件 懲役7年判決

この種の性犯罪事件は被害者の名前も加害者の名前も伏せられて報じられますので、ブログで取り上げるには他の類似した事件と区別できるようにする必要があります。当ブログではその辺りの工夫が足りず、どれも似たような記事のタイトルになってしまったと痛感していています
なので、今回は記事のタイトルに地名を加えました
本件は結婚相手の女性の連れ子を養子縁組して養女とした後、強引に性交を繰り返した件です
ただ、検察側の立件と公判での冒頭陳述に不備があったと裁判官が注文をつけたため、一旦公判を中断し、検察側が再捜査をした上で冒頭陳述(起訴状朗読)をやり直す展開になりました
初公判が2018年8月で、今回の判決言い渡しが2021年9月ですから、随分と時間がかかった裁判です
裁判官が検察の冒頭陳述やり直しを求めたとの記事と、判決を伝える記事の2本を貼ります


14歳の養女に性的暴行したとして、2019年5月15日にあった監護者性交等罪に問われた元養父(38歳)の第7回公判で、「被害者の供述の信用性に重大な疑問が生じている」と、伊東顕裁判長は指摘し、検察に冒頭陳述のやり直しと追加証拠の提出を求めた。
元養父は2018年5月、静岡県焼津市の自宅で、同居する養女と性行為などをしたとされる。養女は、男が2016年に結婚した女性の実の子で、事件当時は3人暮らしだった。その後、男は離婚し、現在は養女ではない。元養父は否認し、無罪を主張。弁護側によると、起訴内容は客観証拠に乏しく、元養女の証言の信用性が最大の争点となっている。
公判で弁護側は被告の陰部は湿疹がひどく「(性行為の過程で)一見して分かる」と主張した。湿疹の存在を認めた元妻に対し、元養女は週1、2度性的な行為をしたと証言したが、被告の陰部の特徴を「特にない」と答えた。この証人尋問を受け、伊東裁判長は「(被害者証言の)疑いが解消されない限り、裁判は進められない」と述べ、冒頭陳述のやり直しを求めた。2018年8月の冒頭陳述では検察は湿疹に触れていない。
伊東裁判長は三月、長女に乱暴したとして強姦(ごうかん)罪(現・強制性交)などに問われた別の被告に「被害者の証言は信用できない」として強姦罪では無罪を言い渡している。
(中日新聞の記事から引用)


養子の10代女性に性行為をしたなどとして監護者性交等罪に問われた40代の男性被告の裁判で、静岡地裁(伊東顕裁判長)は10日、懲役7年(求刑・懲役8年)の実刑判決を言い渡した。弁護側は無罪を主張。被害者の供述の信用性を巡り、地裁が検察側に冒頭陳述のやり直しを求める異例の展開をたどった。性犯罪は被害者の証言以外での立証が難しいことが多く、公判で主張が対立するケースが少なくない。
判決によると、被告は2018年5月上旬ごろ、静岡県内の自宅で同居する元妻の子どもの女性に性交などをした。被告は16年4月に元妻と結婚し、女性と養子縁組した。
18年8月に始まった裁判は被害女性と元妻の証人尋問で性行為の有無について証言が食い違った。地裁は19年5月、「(被害)女性の供述に合理的な疑いが生じている」と検察側に冒頭陳述のやり直しと追加立証を求めた。弁護側は「(被害)女性の証言は虚偽」と性行為がないとの見解を示していた。
検察側の追加立証を経た10日の判決は、被害女性の証言について「十分な具体性、迫真性を備えている」などと認定。弁護側の主張を退けた。弁護側は即日控訴した。
(毎日新聞の記事から引用)


被告の性器が湿疹によってひどい状態であったにもかかわらず、起訴状の中でそれについて触れていなかった(被害者なら当然気がついたはず)ため、性行為があったという被告の供述そのものも信用できないと弁護人が噛み付いたのでしょう
やり直しとなった公判で被害者があらためて被害を受けた当時の模様を証言し、裁判官も「十分な具体性、迫真性を備えている」と認めたわけです
ただし、控訴しているところからすれば被告である養父は反省などなく、有罪判決に不満たらたらの心境なのでしょう。養女といっても養父の姓処理の道具ではありませんし、そうした扱いを繰り返したのも大間違いです
被害届が出され、逮捕・起訴されたのがさほどまでに不満なのでしょうか?
人の道を外れた行為をして断罪されたのですから、刑罰を受けるのは当たり前です。いったいどこに不満があるのか、聞いてみたいものです
「やっていない」と主張するだけでなく、「十分な具体性、迫真性を備えた」申し開きをしなければ裁判では通用しません。おそらく、「いつ、どこで、どのように性交したか、証拠など残っておらず、目撃者もいないから有罪判決はありえない」とたかをくくっていたのではないか、と推察します
勇気をふりしぼり、精一杯の証言をした被害者の勝ちです。その勇気に敬意を表します

(関連記事)
義理の娘(女児)に猥褻行為 元校長に懲役4年6月判決
義理に娘(女児)に猥褻行為 兵庫の元校長に懲役6年求刑
「14歳と性交で逮捕は不当」 性犯罪オヤジの言い分
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
知人の娘(小学生)に性暴行 荒木容疑者を再逮捕
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
女子中学生にわいせつ行為で里親起訴 高知
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
大阪小学校講師 児童12人にわいせつ行為で懲役5年6月
わいせつ教師に懲役30年の判決

就活生を強姦 リクルート子会社社員の公判始まる

マッチングアプリを使って知り合った女性に睡眠導入剤を飲ませ、強姦する手口で逮捕されている丸田憲司朗容疑者(31)の再逮捕の話題は何度か取り上げてきたところです
9月に入って9度目の逮捕となっているわけですが、被害者はおよそ40人いるとされますので、まだまだ立件の途中なのでしょう
しかし、週刊誌「FRIDAY」の記事によると、8月31日に丸田被告の初公判が開かれた、と書かれています。通常はすべての事件を立件して上で起訴するわけですが、丸田被告の場合は件数が多すぎて取り調べがいつ終わるか見通しがつかないため、立件が済んだ6つの事件で起訴に踏み切ったようです
なかなか容疑を認めようとしない丸田被告を法廷に立たせ、プレッシャーをかけようという検察側の狙いがあるのかもしれません


性的暴行で逮捕歴9回…リクルート子会社元社員の「ヤバイ裏の顔」
丸田被告は同様の手口で犯行を重ねており、起訴状は6通あったが、この日はその一部である『会社員Aさん』『大学生Bさん』『大学生Cさん』に関わる3事件についての起訴状読み上げや証拠書類の取調べが行われた。
起訴状などによれば、リクルートコミュニケーションズの社員だった被告は2020年6月、Aさんと飲食中、隙を見てAさんの飲み物に睡眠作用のある薬物を混入させた。それを知らずに飲み、抗拒不能状態になったAさんに対し、自宅で性交したという。
さらに同年7月と10月には、就活マッチングアプリを介して知り合った大学生のBさん、Cさんに対してもそれぞれ、同様の手口で抗拒不能状態に陥らせたうえ性交したとされている。また犯行時は、その様子をスマホなどで撮影していた。
スーツに坊主頭で法廷に現れた丸田被告は、マスクで口元は隠れているものの、濃い眉毛と切れ長の目元が印象的だ。傍聴人の顔ぶれを気にしているのか、たびたび傍聴席に視線を向けていた。罪状認否では「……間違いない……」など、消え入りそうな囁き声で答えるため、裁判長からたびたび「え!?」「聞こえない!」「もうちょっと大きな声で」と、注意を受けていた。
かつて、就活生に就職活動のコツを個人指導していたというが、彼らの手本となるようなハキハキした対応とはいえなかった。『大学生Cさん』の事件についてのみ「記憶がなく……意図して薬物を摂取させたことはない」と小声で否認していた。
法廷での様子は弱気に見えたが、冒頭陳述や証拠からは、異なる一面が垣間見える。就活マッチングアプリで丸田被告と知り合ったBさんには「課題手伝おうか?」と声をかけ、都内のホテルで飲食したのち、予約していた客室に連れ込み「資料のアドバイス」をした。こうして頼れる社会人を装いながらも、客室でBさんの飲み物に睡眠作用のある薬物を混ぜ、意識を朦朧とさせた上で性的暴行を加えたとされている。
同様にアプリで知り合ったCさんにも「そろそろ本格的な就活対策しようか」とアドバイスを行う名目で食事に誘い、その後「バーテンやってたから、甘いカクテルとか作れるよ、眠くなったら寝ちゃっていいから」などと声をかけ、Cさんを自宅に誘い込んだという。
「被告人は自宅で自らカクテルを作るなどして飲酒する中、Cさんに悟られないよう睡眠作用のある薬物を飲み物に入れ摂取させた。その後突然Cさんに近づき『この後絶対記憶なくすから、キスしとこう』と言い、キスをした。その直後にCさんは熟睡した……」(冒頭陳述より)
(中略)
「私の気持ちを考えずに一方的に性交したことは許せない。知らなければいいというものではない。警察に被害を教えられてから次第に実感が出てきて、夜道が怖くなったり、蕁麻疹が出るようになった」(Bさんの調書)
「学生は縋るような気持ちでOB訪問をしている。それなのに知らない間に睡眠薬を飲ませて性交するなんて、馬鹿にされているようで悔しい。一体大学生をなんだと思っているのか。両親に一生言えない秘密ができて心苦しい。就活生をおもちゃのように扱う被告人は許せないし気持ち悪い」(Cさんの調書)
(以下、略)


別の報道で丸田被告の父親が取材に応じ、母親ですでに亡くなっていてそれが丸田被告の成長を歪める結果になったのではないか、などなど語っています。が、犯行に及んだ時点で丸田被告は大人ですから「母親の死が原因」と述べたところで始まりません。被害者たちにすれば、「何を言ってるんだ」という反応が返ってくるでしょう
さて、公判の場に立たされた丸田被告はしきりに周囲を気にしていたようですから、自分が性犯罪事件の被告という立場にあるのを受け入れがたいものがあったのでしょう。つまり、事件と向き合っておらず、どうにかして罪を軽くすること、短い刑罰で済ませることばかり頭にあるのではないか、と想像します。事件を否認し続ければ、証拠不十分で無罪判決が出る…などと夢みたいな考えにしがみついているのかもしれません
この先、立件された事件も追起訴されるわけで、丸田被告の裁判は当分続きはずです
何度も書きますが、事実を事実として認め、受け入れた方が精神的には楽になるのであり、否認し続けるのはなかなか大変です

(関連記事)
就活生を強姦 リクルート子会社元社員9度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社元社員7度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社元社員5度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社社員逮捕
三菱UFJ銀行員 薬物レイプで懲役22年判決
就活女子大生レイプの住友商事社員はどうなったか?
住友商事元社員(慶大出)を就活生への強制わいせつで再逮捕
住友商事社員(慶大出)が就活生を強姦
「ミスター慶応」渡辺陽太 6度目逮捕も不起訴
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦で6度目の逮捕
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦や強盗の余罪
イケメン慶大生の強姦事件 家族の素性も暴露
イケメン慶大生を強姦で逮捕 ミスター慶応候補
また慶大生 強制わいせつで逮捕
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミス慶応中止 レイプ動画を拡散させる学生たち
電通女性新人社員、100時間残業で自殺の波紋
共同通信人事部長 女子大生に手を出しクビに
連続強姦魔 原田義人に無期懲役判決
強姦の元NHK記者に懲役24年求刑
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(3)
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(2)
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(1)
福岡強姦事件 キスマークつけ懲役17年

わいせつ教師中村洋一郎 児童ポルノ交換も

私立大阪明星学園中学校の教師だった中村羊一郎は、修学旅行時に男子生徒にわいせつ行為をした容疑で逮捕され、その後辞職しています
ただ、取り調べに対してはいまだに認否を保留しているのだとか。随分と往生際が悪いのであり、他にも何かやましいところがあるのでしょうか?
本人が同性愛者であるのはともかく、未成年者(特に自分に生徒)にわいせつ行為をする犯罪であり、厳しく罰する必要があります
その中村洋一郎容疑者の名前が、別の事件でも登場したので取り上げます
滋賀県内の公立小学校に勤務する教師と、男の子の裸の画像を交換していたと報じられています


男子高校生に自身のわいせつな動画を撮影・送信させたとして、大阪府警は9日、滋賀県内の公立小学校の男性教諭(32)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで書類送検したと発表した。男性教諭は7年前から、SNS(ネット交流サービス)上で知り合った400人超の男子中高生から裸の動画や画像を集めていたとされる。一部の児童ポルノは大阪府内の私立中学校に勤めていた元教諭と交換していた疑いもあり、府警は実態解明を進めている。
送検容疑は2020年6月と21年5月、高校生だった少年2人に「自撮り」させた裸の動画や画像を送らせ、自身の携帯電話に保存したとしている。「やめられなかった」と容疑を認めているという。府警は検察に起訴を求める「厳重処分」の意見を付けた。
府警刑事特別捜査隊によると、男性教諭はツイッター上で自らを「22歳のOL」と称して女性になりすまし、多数の中高生にわいせつ動画などの送信を要求していたとみられる。
教諭間で交換の疑いも
男性教諭が入手したわいせつ動画を所持していた元教諭は、教え子だった男子中学生への強制わいせつ容疑などで逮捕されていた中村洋一郎容疑者(37)=依願退職。中村容疑者への捜査過程で、パソコンや携帯電話に保管していたことが分かった。
一方、男性教諭の自宅からも中村容疑者が撮影したとされる少年のわいせつ画像が発見された。2人は面識がないといい、府警はネット上のサイトなどを介して児童ポルノを交換していたとみて詳しい経緯を調べている。
府警は9日、中村容疑者を別の教え子に対する準強制わいせつ容疑で逮捕したことも発表した。東京都内の私立高校に勤務していた14年10月、男子生徒を何らかの方法で意識障害にさせてわいせつ行為をした疑いがある。中村容疑者は認否を留保しているという。
(毎日新聞の記事から引用)


教育現場に性犯罪者、児童ポルノ愛好者が入り込んでいたわけで、これを「一人の教師の不祥事」で片付けるのは大間違いでしょう
教育委員会が責任を問われるのを恐れ、生徒間のいじめや教師によるわいせつ事案も「不祥事」扱いに矮小化し、軽微な懲戒処分でお茶を濁そうとするわけですが、本件は紛れもなく犯罪です
大阪府警が摘発したので逮捕に至っていますが、もしも滋賀県の教員が児童ポルノを所持していると保護者が教育委員会に通報したなら、教育委員会はこれを警察に届け出ようとはせず内々で処理していたかもしれません(しかも、校長からの口頭での注意、などという間抜けな処分で)
その結果、性犯罪者にして児童ポルノ愛好者である教師がそのまま教壇に立ち続けるのでしょう
教育委員会には強制捜査の権限がないので任意での事情聴取しかできないのだ、などと釈明するわけですが、それならばなおのこと警察に通報するべきです
こうした背景には教育関係者の保身だけでなく、一部には「学校現場のことに警察の介入を許すべきではない」との頑固な考えが残っており、学校内外の事案はすべて学校と教育委員会が対処するのが当たり前、と思いこんでいるからです
さて、中村羊一郎は逮捕されてから随分と経ちますが、いまだに容疑の認否を明らかにしていないのはなぜでしょう?
この期に及んでいったい何を守ろうとしているのか、不可解です

(関連記事)
中学生にわいせつ 大阪明星学園元教師を再逮捕
高校野球部コーチがわいせつ 被害者は50人?
https://05448081.at.webry.info/202109/article_31.html
高校野球部コーチが部員にわいせつ逮捕 大阪
男子高校生を買春 神奈川県教育委員会主事を逮捕
わいせつ教師 「懲戒免職不服で退職金払え」と訴訟
大阪小学校講師 児童12人にわいせつ行為で懲役5年6月
立命館付属高校で教師が生徒にわいせつ行為
男子高校生を買春で校長が懲戒免職
静岡湖西市議を少年買春で逮捕
児童ポルノで停職男を小学校講師に採用
子供を守るコンサルタントが買春 懲役10月の実刑判決
高校教諭 AV見せて男子生徒の股間を触り懲戒処分
小学校長がトイレ、更衣室盗撮 懲戒免職に
女教師宅に侵入繰り返した中学教頭 懲戒免職
香川の高校教師が強制わいせつ 被害者は自殺
懲戒免職のわいせつ教師 熊本市復職認める
1万2千人買春の高島雄平 現実は微罪処分か?
1万2千人を買春 元校長逮捕
修学旅行で盗撮の教諭 懲戒免職に
修学旅行で盗撮 高校教諭逮捕
教師の性犯罪が相次ぐ現状を考える
わいせつ教師に懲役30年の判決
7人の女児にわいせつ 元教師八木航の手口
7人の女児にわいせつ 元教師八木航に懲役14年判決

未解決 上智大女子学生殺害事件(平成8年)

毎日さまざまな事件、事故、トラブルが発生しています。解決したり決着するものあれば、未解決のままという事件もあります。特に殺人事件の場合、犯人はこの世のどこかで平然と暮らしているのであり、遺族の無念はいかばかりかと思います
平成8年(1996年)の今日、9月9日に起きた東京・葛飾の上智大学に通う女子学生が殺害され、家に火が放たれた事件もいまだに解決しないままです。事件から25年ということもあり、各メディアが一斉にこの事件を振り返る記事を掲載しています


上智大生殺害事件から25年 「今ならば間違いなく逮捕できた」捜査員が嘆息
「八王子スーパー強盗殺人」(平成7年7月)、「世田谷一家4人強盗殺人」(平成12年12月)、そしてこの「柴又・上智大生殺人放火事件」を合わせて、平成の「三大コールド・ケース(未解決凶悪事件)」と巷では総称する。いずれも物証に乏しく、犯人像にすら遠く及ばない。それぞれ、600万円、2千万円、800万円の懸賞金が付き情報提供を呼びかけるも、犯人逮捕に結び付く新たな情報は、残念ながら皆無といってもいいだろう。
柴又の事件で殺害されたのは、上智大学外国語学部の4年生(21)だった。米国留学を2日後に控え、自宅で一人、荷造りをしていたところ、凶行に襲われた。粘着テープで口を塞がれ両手両足を縛られた遺体は、頸部右側に集中して数カ所の切創があった。凶器は残されていなかったが、傷痕の形状から、刃渡り8センチ程度の小型ナイフ(果物ナイフかペティナイフ)と特定されている。
遺留品は二つ
当時、取材した記者が、メモを片手にこう語る。
「両手には刃物傷が複数残されていました。これを防御痕(ぼうぎょこん)といい、つまり被害者はナイフで襲われた際、激しく抵抗したことがわかる。火は殺害後につけられ、被害者は下半身に火傷を負っていた。私が当時、引っかかったのは、犯人はどうして被害者が横たわる2階6畳間からもっとも離れた1階の和室に火を放ったかという点。証拠を消すための放火ならば、殺害現場に火をつけるはず」
遺留品は二つあった。一つは拘束に使用された布製ガムテープだ。静岡県内の工場において製造されたことまで判明しているが、全国に広く流通している商品で、犯人を絞り込める物証にはならなかった。大量物流時代の罪(ざい)、どこにでもある製品はもはや「犯人像」を語らない。以前は商品の流通範囲は小さく、偏っていた。たとえば「ゲソ(足跡)」の紋様から靴製品の製造工場、製造年を割り出し、販売店舗を絞り込み、地域から犯人を炙り出すという時代は終わったのである。
さて、もう一つの遺留品は「A型の血液」だった。「それは犯人逮捕の決め手になる物証ではないのか」と色めき立つ読者がいるやもしれないが、血液や体液、あるいは毛髪など、それだけでは捜査上何の役にも立ちはしない。DNA鑑定の上、同一人物だと判定される際には決定的な証拠となりえるが、その容疑者が不在とあってはまったくの無価値と言わざるをえない。
(中略)
捜査は当初から、怨恨説と行きずり説とに二分された。前出の元記者が解説する。
「が、被害者には暴行の跡もなく、現金も手付かず。同居家族も含め恨まれるような人たちではなかった。今ならばストーカーということになるのでしょうが、その線も早々に消えた。つまり動機すらわからない。犯人がどのような人物なのか、その像が皆目、浮かばなかったのです」
この事件ではいくつかの目撃情報が得られている。(1)出火直前、傘もささず柴又駅方向に走り去った20~30代の白いシャツの男、(2)午前中から現場付近をうろついていた中年の男、(3)昼ごろ、現場付近で使い捨てライターをいじっていた40歳前後の男……といった具合だが、冷静になって見つめ直せば、「よくある町の一コマ」にしか過ぎない。だが、「これが現在だったら」と嘆くのは、当時の捜査関係者だ。


記事のタイトル、「今ならば間違いなく逮捕できた」というのは、現代であれば街中の至るところに防犯カメラがあり、通りがかるだけでセンサーが反応し録画する仕組みであるため犯人の姿をとらえていたに違いない、との思いによるものです
女子学生が被害者、となれば男女交際のもつれが頭に浮かぶわけで、警察は被害者の友人・知人を徹底的に調べたのでしょう。それで容疑者が浮かばないのなら、流しによる犯行と疑います
たまたま1996年9月9日、被害者宅から主婦がパート勤めに行くため外出した(玄関に施錠せず)のを犯人が目撃し、侵入盗目的で入り込んだ…可能性です
留守だと思って侵入したら2階に被害者がいて鉢合わせなったのでしょうか?
しかし、被害者を紐と粘着テープでわざわざ拘束した後に、首を刺して殺害しているのですから、単純に窃盗狙いとは断定できません
ナイフで刺し殺害した後、1階の和室に放火して逃げたと考えられます。2階ではなく1階に火をつけたのは畳敷きの和室の方が燃えやすいと判断したためでしょう。1階で火が広がれば2階も焼け落ち、犯行の痕跡を消せる、との考えです
犯行に使われた凶器が刃渡り8センチほどの小型のナイフですから、最初から強盗殺人や強姦殺人狙いではなかったと推測できます。強姦狙いで脅すにしても、もう少し長目の刃物を使うのでは?
ただ、被害者の下半身が燃えていた、という記述はひっかかります。強姦の痕跡・精液が検出されないようにするため、下半身に灯油などかけて焼くケースは珍しくありません。被害者の下半身だけ焼けていたという表現だけでは状況が把握できません(住宅は放火により全焼していますので)
なお、上記の記事では触れていませんが、被害者の両脚を紐で縛った方法が「からげ結び」という特殊なやり方だと判明しています。「からげ結び」は造園業者が生け垣を組み上げる際に用いる方法で、他にも電気工事やトビ(足場組立)、着物の着付けで用いられるのだとか
可能性としては犯人は男性で、造園業やトビのような建築関係に従事した経験のある人物であり、職業経験のない学生は除外されると推測されます
なお、粘着テープは被害者宅にはないもので、犯人が持ち込んだと考えられ、3種類の犬の毛が付着していました
警察としては捜査上の秘密、と判断してこれ以上、現場の状況や遺体の状況を明かすつもりはないのでしょう
最近では10年以上の未解決事件でも思いがけず犯人逮捕に至るケースもあります。この事件も犯人が検挙され、解決に結びついてほしいものです

(関連記事)
未解決の誘拐・失踪事件 庄山仁君失踪(昭和44年)
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)
吉川友梨ちゃん誘拐事件(2003年)は未解決のまま
八王子スーパー強盗殺人事件 17年たっても未解決のまま
1995年「ナンペイ事件」で容疑者特定か?
2009年愛知の強盗殺人事件、中国人の関与が浮上
世田谷一家殺害事件から15年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察
世田谷一家殺害事件 メディアの功罪
世田谷一家殺害事件 未解決のまま20年
未解決 名古屋主婦殺害事件の現在
未解決 愛知美浜町女児襲撃事件を考える

「海辺のカフカ」 エディプスコンプレックスを巡って

秋めいてきましたのでじっくり読書、と言いたいところですがなかなか思うようには読めません
未読の村上春樹の長編小説と短編小説集を買って、ポツポツと読み始めたところです。ブログで取り上げるのはまだ先になります
今回は「海辺のカフカ」についての柴田勝二東京外語大教授の論文を取り上げます
気になっていた、「海辺のカフカ」におけるオイディプス神話とフロイトのエディプス・コンプレックスとの関係を考察したものです

殺し、交わる相手ー「海辺のカフカ」における過去ー

(論文1ページ)
もっとも吉田敦彦によれば、本来の神話においてはライオスに与えられた神託は、息子によって命を奪われるという部分だけであり、息子が妻と交わるという部分は、帰結から遡及的に導かれて元の神話に付加された側面が大きいようである。そしてこの神話を素材としてソフォクレスが悲劇を書き、フロイトが青年期の男子の内的な傾斜を追求する言説を生み出すことによって、ギリシャ神話のなかでもっともよく知られたものとして流通することになった。
(中略)
それを聞かされた大島さんが、「それはオイディプス王が受けた予言とまったく同じだ」という感想をもらすことで、この作品の世界が古代ギリシャの神話、悲劇の主題を取り込みつつ構築されていることが明確化される。その場合重要なのは、この神話的世界との連関が派生させる、フロイトの言説との類縁をこの作品がむしろ回避していることで、オイディプス神話への親しさが明示されるのはそのための戦略であるともいえる。村上自身、この作品の着想がオイディプス神話にあって、フロイト的なオイディプス・コンプレックスにないことを明言している。

フランスの精神分析家ジャック・ラカンの考え方を用いると、村上春樹自身が「エディプスコンプレックス」との関係を否定しているからこそ、「フロイト的なもの」が村上春樹に深く影響を及ぼしていると見て間違いない、と推定されます
そもそも、オイディプス神話とエディプス・コンプレックスの学説はメビウスの輪のようなものです。表面を辿り続けていくといつのまにか裏面へ入り込んでしまうアレです
エディプス・コンプレックスはオイディプス神話誕生以前から心の内奥に刻み込まれた欲動であり、その欲動の上に形作られ、語られたのがオイディプス神話だと考えるのが妥当です。なので、「エディプス・コンプレックス」の概念や言説を意図的に回避するとの設定はもとより不可能です。ただ、意図的に回避したというのは村上春樹が物語作成上、そのように心がけたという意味だと解釈します

(論文3ページ)
村上が「オイディプス伝説」と「オイディプス・コンプレックス」を峻別するのは、前者が「物語」の型であるのに対して、校舎は近代の「理論」にすぎないからという理由によっているが、村上自身の言葉とは別個に、客観的な地平で両者を比較すれば、その主たる差異は「父を殺し、母と交わる」という行為に対する主体の意識性の有無に見られる。つまりオイディプスは、青年期に至っても自分の故郷はコリントであると信じていたために、故郷に足を踏み入れてはならぬという神託の命じるままコリントを離れ、テーバイに向かうことになる。この時点でオイディプスは自分の本当の親が別にいることを知っていたが、当然ながら未知の父親に対する憎悪も未知の母親に対する性的欲求も不在であり、あくまでも状況に強いられた結果として、父を殺し、母と交わることになったのだ。

繰り返しになりますが、オイディプス神話を物語とするなら、エディプス・コンプレックスは人間の根源に脈打つ原初的な欲動です。神託とは芝居の脚本のト書きのようなものかもしれませんし、経済学者アダム・スミスの唱える「神の見えざる手」や、名探偵がくどくどと披露する推理のようなものでしょうか。人の運命を神の意志が操っているように映るのですが、それはあくまで人の無意識による行動選択の結果、です
オイディプスがコリントを離れ、テーバイへ向かったのも神託によるものではなく、彼の意識あるいは無意識による行動選択の結果でしょう

(論文4ページ)
さらにここでは「もうひとつおまけがある。『僕』には6歳年上の姉もいるんだけど、その姉ともいつか交わることになるだろうと父は言った」(第21章)とカフカ少年が明かすように、オイディプス神話にはない〈姉と交わる〉という一項が加わっている。そしてこの一項についても、カフカ少年は四国に向かうバスのなかで知り合ったさくらという年上の女性と、想像的な形であるにしても性関係をもつことによって現実化するのである。
この付加された一項も含めて、『海辺のカフカ』で示された予言とその成就には、それぞれ村上春樹の文学表現の系譜と緊密に呼応する意味が見いだされる。〈母〉と〈姉〉にともに交わることの意味については論の公判に言及することにして、まず主人公の現実の父である田村浩一が、その直接的な現場の描写を回避する形で殺害され、しかもそれがカフカ少年の代理的な存在によって遂行されることについて考えたい。村上が自身の着想をフロイトの言説から差別化しようとするのも、カフカ少年と父との関係にたいする把握から来ているといえるからである。

田村浩一の「お前はいつかその手で父親を殺し、いつか母親と交わることになる」との予言(さらに姉とも交わるだろう発言)にはさまざまな解釈があるわけですが、自分はこれを「父親の元を離れて、母と姉に会いに行け」という意味だと解釈します
理由は極めて単純で、15歳や16歳になると親から「ああしろ。こうしろ」と言われても反発し、逆の行動に走りだち、だからです
それを見越して、「母親や姉に会うな」と田村浩一が言っているのであり、真意は「会いに行け」だと自分は解釈します
主人公カフカ少年と父親田村浩一の関係は、小説ではっきりくっきり描かれてはいません。上記のように村上春樹が意図的にエディプス・コンプレックスの言説を回避しとうとしたため、父子関係は曖昧な形で提示するにとどめたのでしょう
ちなみにカフカ少年が四国へ向かったのは、四国=死国であり、いわゆる死の国で地獄めぐりをし、そこからの帰還するという、古より繰り返し語られてきた物語の原型を踏襲したからだと考えられます
論文の8ページから9ページにかけて、小森陽一著「村上春樹論ー『海辺のカフカ』を精読する」(平凡社選書)についての言及があり、小森による読み間違いを鋭く指摘しています(この本については当ブログでも取り上げましたが、おそろしく粗末な内容で読み間違いのオンパレードです)

村上春樹論
http://05448081.at.webry.info/200903/article_5.html

では柴田論文に戻ります

(論文9ページ)
したがってこの場面においては、主体の比喩的な転移が起こっていることが分かる。つまり暴力を振るわれている中田少年とは、顕在化された性欲を否認されている〈岡持先生〉にほかならず、そのためこの場面の延長線上で五十年以上生きてきたナカタさんは、現在に至るまで性欲を知らず、異性に触れたこともないのである。そして「そこにいるのは私ではありませんでした」という自己の他者化とともに暴力の主体となった岡持先生は、「夫婦愛」を「国家愛」に優先させてはならないとする戦時下の価値観の具現化であり、象徴的にはその価値観の中心をなす軍の統率者としての〈天皇〉と等価である。ちなみに小森陽一もこの場面の背後に〈天皇〉が存在することを指摘し、「岡持先生の夫がフィリピン戦で死んだ本来の責任は、大元帥ヒロヒトにあるはずなのに、岡持先生が「中田君を叩」いたことに、その責任が帰せられているのですから、岡持先生の言説の内部においては、ナカタさんの位置は、昭和天皇ヒロヒトの位置と重ねられていることになります」と述べている。しかしこれは転倒した論理であるといわざるをえない。この場面とそれ以降の展開においてもっとも犠牲を強いられているのは中田少年ーナカタさんである以上、戦死した岡持先生の夫という犠牲者に比されるのは、当然ナカタさんでなくてはならない。(中略)
皮肉なことに『海辺のカフカ』は小森陽一がここに欠落していると見なしている主題の上に展開する作品であり、戦争とその責任者を告発する眼差しにおいては、村上はむしろ小森と〈同じ側〉に立っているのである。

小森陽一が読み違えたのは、彼が「自分の読みたいように読み解釈したため」でしょう
「海辺のカフカ」という世上で人気の小説をまな板に載せ、最初から切りまくってやろう(徹底的に批判してやろう)と取り組んだからではないか、と推測します
そのため天皇の戦争責任を告発する村上の仕掛けに気づかず、「母とセックスしようとする不道徳な駄作」と決めつけ、戦争の責任者を取り違えているなどなど、トンチンカンな指摘が「村上春樹論ー『海辺のカフカ』を精読する」の中で羅列されています
さて、長くなりましたのでここで一旦区切りとします
柴田論文は「ノルウェイの森」の直子、緑、レイコというヒロインの系列に「海辺のカフカ」の佐伯さんを加えようとする試みがあったりと、示唆に富んだ考察がなされています
なので、論文の後半部分については次の機会に言及するつもりです

(関連記事)
「海辺のカフカ」 迷宮としての物語
「海辺のカフカ」 自己愛の行方
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として(2)
「海辺のカフカ」を巡る冒険 性と暴力の神話として
村上春樹論
村上春樹「ハナレイ・ベイ」 深い余韻と波
村上春樹とレイモンド・カーヴァー 救済の不在
村上春樹「踊る小人」と南米文学の影響
村上春樹「踊る小人」と魔術的リアリズム
「風の歌を聴け」 デレク・ハートフィールド讃
村上春樹「アイロンのある風景」と「焚き火」
村上春樹「アイロンのある風景」を眺めて
村上春樹が世界の読者に刺さる理由
村上春樹 井戸と異界の物語
「風の歌を聴け」 回想あるいは追憶、創作
「ノルウェイの森」 直子の人物像について
村上春樹「風の歌を聴け」 自我の語りと沈黙
村上春樹「一九七三年のピンボール」 不在という存在
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究Ⅲ
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究Ⅱ
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究
「風の歌を聴け」 鼠は主人公の影
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか
中国は「ノルウェイの森」をどう読んだのか2
「村上春樹ブーム」は虚構であり幻想と書く評論家
「ノルウェイの森」をセカイ系だと批評する東浩紀

村上春樹に言及した記事は本文右のテーマ別記事から「村上春樹」をクリックすると表示されます

中国がK-POP規制を開始 文化大革命の再来?

中国共産党の最高指導者のポストは10年ごとに交代、というのが従来の取り決めでした。しかし、習近平はこれを白紙化し自身が期限なく最高指導者の地位に居座れるよう、改悪しています。それにともない、小中学校では習近平思想の学習が義務付けられ、風俗の乱れを取り締まるべくテレビ番組への規制が強化されました。外国メディアはこれを、「文化大革命」の再来ではないかと見ています
かつて毛沢東が学生らを扇動して思想純化のための闘争を遂行し、共産党内の政敵に片っ端から「反革命分子」だの「修正主義者」だのとレッテルを貼って失脚させたのが「文化大革命」です。その矛先は文化人、映画界などにも及び、多くの映画人が人民裁判にかけられ反革命分子として糾弾され、中には自殺に追い込まれる監督、俳優が続出しました。さらに学校の教師、商工業者といった人たちまで犯罪者扱いされるなど、粛清の嵐が吹き荒れ、死者(自殺に追い込まれた者、処刑された者)40万人、何からの被害を被った者1億人ともいわれます
この悪夢の如き思想統制(実は政敵排除)のための革命、「文化大革命」を習近平がやろうとしているのではないか、との懸念があるわけです
そんな折、槍玉に挙げられているのがK-POPです


「これまでの『限韓令』とは違う次元の圧迫が始まるのではないだろうか」
7日、韓国のある大型芸能企画事務所の関係者は心配そうにこう話した。最近中国当局が芸能界に対して大々的な捜査政局を作りながらK-POPまで狙うようになると、韓国芸能企画事務所はその「火の粉」がどこまで及ぶのかを考えて悩みが深くなっている。
最近、中国の雰囲気が尋常ではない。最初は自国芸能人の脱税や高額出演料、二重国籍などに対する取締り程度に思っていたが、次第にその範囲がK-POPまで拡大している。
5日、中国ソーシャルメディアの微博で韓国ボーイズグループBTS(防弾少年団)のメンバーJIMINの中国ファンがお金を集めて彼の写真でラッピングしたチェジュ航空の飛行機を飛ばそうとしたが、フォロワー116万人に達するファンアカウントは60日間の停止処分を食らった。微博側は「社会公約に違反したので一時的に活動が中断された」と明らかにした。続いてBTSのRM・J-HOPE・JIN、BLACKPINK(ブラックピンク)のリサ・ロゼ、IU、EXO(エクソ)、少女時代のテヨンらのファンアカウントが次々と30日間の停止処分措置が取られた。
これに先立ち今月3日、香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は中国当局が「娘炮などの歪んだ美的基準を断固根絶する」という方針を打ち出したと伝えた。「娘炮」とは姿や行動が女っぽい男性を意味する。
それだけでなくアイドルのサバイバルオーディション番組やファンがスターのために募金をするなどのファンダム文化もすべて禁止した。あわせてこのような文化の根源にK-POPなど韓流があると認識している。
2016年THAAD(高高度ミサイル防衛システム)配備後、長期間にわたって持続した「限韓令」の手綱を一層固く握ろうとしているといえる。では中国のこのような圧迫はいつまで続くだろうか。専門家は「本当の意味での『限韓令』はこれから」と口をそろえた。
『現代重国の帝国夢』を執筆した西江(ソガン)大学史学科のチョン・インガプ教授は「現在の中国の動きを見ると単発性のイベントではなく、過度に肥大化した民間領域に対する統制強化を決意して乗り出した」としながら「このような規制は民間領域が自分たちが思う方向に管理できるようになるまで長期間続く可能性が高い」と予想した。
(中略)
キム博士は「太陽が2つとして存在しないように、中国で英雄は共産党、特に習近平主席がならなくてはならないだが、多くの中国若者がアイドルに熱を上げていることに対して中国政府が深刻な危機意識を感じ始めた」と話した。キム博士は「特にK-POPの歌詞や文化は自由と個性と開放を重視して隠然と民主主義に触れている。中国当局としては自国の若年層がこのような文化に染まるのが体制基盤を揺さぶりかねないと考えて緊張している」と説明した。これに伴い、中国は最近教育過程で伝統文化と革命文化に対する強化を指示したという。
ではBTSなどに心酔した中国の若者世代はこのような規制に対抗する「Army」になってくれるだろうか。キム博士は「ノー」と断言した。キム博士は「天安門事件の時の有名な話がある。『その日夜は曇り、月も浮かばなかった。私は窓を閉じてカーテンを下ろし、外でどんなことがあったのか知らない』。どういう意味かというと、自分たちは天安門事件について何も見なかったし、知りもしなかったということだ。中国人はある理想や理念のために抵抗するという意志はない。BTSファンも抵抗しないだろう」と見通した。
(中央日報日本語版の記事から引用)


思想統制の強化は共産党政権にとって日常的な活動ともいえます。つまりは自分たちの提唱する思想以外は一切認めない立場なのですから、常に異なる意見に規制をかけ取り締まりを続けなければならないのです
それは政治思想だけでなく、社会の風俗・流行も例外ではありません
以前にも書きましたが、中国はアニメーションでも風紀紊乱を取り締まっており、少年少女の恋愛も描くのも禁止です。BL小説をネットに掲載していた女性作家は逮捕され、刑務所に送られました。中国の規制は実力行使が伴うのであり、疑いがあれば逮捕し、事実関係の確認やら公正な裁判などなしに当局の意向で有罪判決を下す仕組みです。これは「中国共産党は常に正しい。党に誤りはない」との考えによるもので、党の方針を貫くことこそ正義、なのです
そのためには天安門広場で座り込みを続ける学生らを戦車で轢き殺すくらい、平気でやってのけます
さて、話を戻してK-POPの規制です。中国ではコンサートを開催するにも、各都市の共産党委員会の許可が必要とされ、自由に興行はできません。上記の記事にもあるように2016年の中国・韓国の政治的な緊張により、K-POPの歌手・グループも中国での活動を控えており、今回の規制強化がただちに影響するとは考えられていません。が、長期的にはダメージがあるでしょう
さらに韓国ドラマ、韓国映画もなにがしかの規制を受けると予想され、K-カルチャー輸出で儲けようとする思惑が外れてしまいます
韓国国内の音楽市場も映画やドラマの市場も小さいので、輸出して儲けなければコンテンツ産業を維持できないのであり、中国市場を失うダメージは決して小さくないはずです

(関連記事)
中国がアイドル番組禁止 退屈な国を目指す
中国共産党のアイドルグループ「56輪の花」爆死か?
「文化大国」中国にアイドルが生まれない理由?
「中国が文化大国になれない理由」を読めない中国メディア
中国のパクリ文化 AKB48を真似たAK98登場
AKB48をパクった中国のAK98 解散状態
上海万博テーマ曲は「岡本真夜 そのままの君でいて」の盗作
台湾のボーカロイド「心華」が中国大陸に攻め込む
中国のボーカロイドアニメ化 その後進展なし?
韓国ボーカロイドはバーチャルアイドル?
韓国のボーカロイドはその後、どうなったのか?
米CBS「初音ミクは世界で最も偽物のポップスター」報道
初音ミクのアメリカ公演決定に狂喜する海外の反応
「教訓」重視の中国アニメ ストーリーは後回し
文化強国目指す中国 実態はコンテンツの墓場
中国のネット規制 BL小説同人小説も摘発
K-POPは卑猥なダンスが売りなのか?
「J-POPはなぜK-POPに完敗したのか」という記事
「韓流が日本精神を揺さぶっている」と書く韓国メディア

性犯罪支援団体代表強姦 被害者は200人?

性犯罪者支援団体「さなぎの樹」代表である松本学被告が、マッチングアプリで知り合った女性の裸の写真や個人情報をネタに脅し、強姦を繰り返し逮捕された事件の続報です。別の女性を脅し、性交を強要したとして再逮捕されています
この事件については当ブログで2度言及してきましので、今回が3度目になります
被害者の数は200人近いと推測されるだけに、松本被告はこれから何度も再逮捕され、取り調べを受け続けるのでしょう


マッチングアプリで知り合った女性を脅し、わいせつな行為をしたとして、大阪府警は7日、性犯罪加害者の更生支援をうたう一般社団法人「さなぎの樹」(大阪市北区)の代表理事、松本学容疑者(48)=大阪市旭区=を強制わいせつと強要などの疑いで再逮捕した。「何も申し上げることはない」と供述しているという。
府警刑事特別捜査隊によると、松本容疑者はアプリ上で「うずしお先生」と名乗り、「50万~800万円を援助する」との趣旨のメッセージを複数の女性に送信。2021年1月以降は約850人に交際を持ちかけ、うち200人以上に裸の動画などを送らせていたとみられる。
再逮捕容疑は19年9~10月、アプリで知り合った10代後半だった女性に対し、「裸の動画をばらまく」などと脅して大阪市内のホテルでわいせつな行為をしたほか、携帯電話の位置情報の共有を強要したとされる。
松本容疑者は21年7~8月、別の女性2人に対する強制性交等容疑で2回逮捕され、大阪地検はうち1件について同罪で起訴している。
(毎日新聞の記事から引用)


昨日取り上げた元リクルートコミュニケーションズ社員の丸田憲史朗容疑者と似たパターンで、大阪府警もとことん立件できるものは立件する方針なのかもしれません。さすがに200人近い被害者に被害届を提出させ、立件するのは無理だとしても
前回取り上げた際に引用させてもらった月刊誌「創」の篠田編集長は、「性犯罪防止を唱えてきた彼がなぜ再び性犯罪で逮捕されるという事態にいたってしまったのか。その解明は社会全体にとってとても大事なことだし、それを社会に提起していくためにジャーナリズムに期待される役割はとても大きいと思う」と述べています
自分はジャーナリストではなく一介の野次馬みたいなものですが、篠田編集長の問題意識について思うところを書きます
松本被告(既に起訴されていますので、容疑者と表現せず被告と書きます)は刑務所を出所後、性犯罪者支援のための団体を立ち上げており、その時点では社会復帰した性犯罪者の支援を目指すという意志があったのでしょう。刑務所の中で受講した性犯罪者向け更生プログラムに触発され、その考えや手法を社会復帰後の元受刑者や性犯罪から抜け出したいと考えている人向けに活かそうと
ただ、彼自身が上記の記事にあるとおり、性犯罪を繰り返すに至ってしまい、すべてを台無しにした格好です
性的な快楽の欲求に負けてしまったから、と書けばそれまでです。薬物依存者が薬の快楽を忘れられず、また手を出してしまうように
しかし、自分が思うのは松本被告が更生プログラムに触発され、認知の歪みなど自身への洞察を深めた上で新たな発見をし、更生プログラムに魅せられてしまったところにも原因はあると考えます
当ブログではたびたび精神分析で言うところの「転移」に言及してきました
松本被告と更生プログラムの関係を見ると、これも「転移」の一種だろうと思います
精神分析でなくとも例えばカウンセリングを受けた女性が、その中でさまざまな問題に気づいたり、新たな発見をし、人間関係への見方ががらりと変わる体験をした場合、彼女はその感動や体験に魅せられ、あたかも自身がカウンセラーになったがごとく振る舞い始める…というケースがあります
そうと気がつかないまま、真似し始めると表現した方がよいのかもしれません
スパルタ訓練で有名になった戸塚ヨットスクールの元訓練生たちが、同じようなスパルタ訓練施設を全国各地に設立させ、体罰を繰り返したため刑事事件になった例もあります
おそらく松本被告の場合も同様で、更生プログラムを受講した感動や体験に魅せられ、影響され、プログラムの考え方や手法を世に広めようとしたのでしょう。ただし、松本被告は臨床家としての訓練を受けていませんし、素養も身につけてはおらず、実践できなかったと思われます
見様見真似で心理療法や行動療法はできないのであり、そのための教育・訓練を受ける必要があります。座学だけでなく、スーパーバイザーの指導を受けながら実地で取り組み、己のやり方を見直し磨きをかける、というプロセスも経る必要があります。カルチャーセンターの講座を週に1回、3ヶ月受講すればOKというものではありません

(関連記事)
性犯罪支援団体代表強姦で逮捕 妻と涙の面会
性犯罪支援団体代表 強姦容疑で逮捕
ヒステリックブルーのナオキ 再犯に至る事情
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつ未遂で起訴
ヒステリックブルーのナオキ 法廷で検察官と激しい応酬
SMプレイにはまり4人殺傷の中国人留学生に懲役28年判決
カリフォルニア少女監禁事件 禁固431年の刑
女児86人をレイプした小児科医 アメリカ
南カリフォルニア大学校医 性暴行で1100億円の賠償
男性190人をレイプで終身刑 英国
英刑務所 小児性愛者が受刑者に刺殺される
米体操界元医師による性的虐待 禁固175年
10歳女児2人に手錠をかけ暴行 懲役11年
小4女児誘拐で懲役15年求刑
埼玉失踪少女事件を考える1 2年間も監禁状態
埼玉少女失踪事件を考える13 控訴審は懲役12年の判決
静岡の中学教頭 山本英仁の鬼畜な犯行
静岡の中学教頭 少女2人へのわいせつで懲役12年
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
わいせつ教師に懲役30年の判決
小学生に覚醒剤を打ち淫行、懲役23年の判決
強姦・強盗の今泉成博被告 懲役40年求刑
三菱UFJ銀行員 薬物レイプで懲役22年判決
就活生を強姦 リクルート子会社元社員9度目の逮捕

就活生を強姦 リクルート子会社元社員9度目の逮捕

リクルートの子会社に勤務していた丸田憲司朗容疑者が、マッチングアプリなど使って女性を飲食に誘い、飲み物に睡眠導入剤を混入させて意識を奪った後、強姦する手口を繰り返していたとして捜査が進められています。8月には8度目の逮捕となり、今月に入って9度目の逮捕です
丸田容疑者は意識を失って昏睡している女性を裸にし、運転免許証や社員証など身許がわかるものを並べてスマートフォンで撮影していたのですから、被害者の特定は容易だったのでしょう
被害者はおよそ40人とされますので、丸田容疑者の再逮捕はまだまだ繰り返されると思われます。が、いずれの件も「思い出してから話す」の一点張りで、犯行を認めてはいないようです。実にしぶとい
しかし、取り調べてそれほどまでに突っ張って、丸田容疑者は何を守っているつもりなのでしょうか?


マッチングアプリで知り合った20代の女性に睡眠作用のある薬を飲ませ、性的暴行を加えたとして、リクルート子会社の元社員の男が再逮捕されました。逮捕は去年から続いて9度目です。
警視庁によりますと、リクルート子会社の元社員・丸田憲司朗容疑者は2017年、20代の会社員の女性に睡眠作用のある薬を混ぜた飲み物を飲ませて意識をもうろうとさせ、自宅に連れ込んで性的暴行を加えた疑いが持たれています。
丸田容疑者は女性とマッチングアプリで知り合い、この日初めて銀座のバーで会った際に、女性のカクテルに薬を混ぜたとみられています。
丸田容疑者は同様の事件でこれまでに8度逮捕されていて、調べに対し、「よく思い出してから話します」と認否を留保しているということです。
(NNNの記事から引用)


被害女性の年齢にはある程度幅があり、就職活動中の女子学生ばかりを狙っていたわけではないようです
つまりは薬で意識を奪ってセックスできれば、相手は誰でもよかったのかもしれません。ただ、そうやって収集した写真は丸田容疑者にとって戦利品であり、他人に譲渡したり販売はしていなかった、と今のところは考えられています
警視庁としては立件できるものはすべて立件し、丸田容疑者に突きつける狙いなのでしょう。被害者を説得し、被害届を出してもらい、犯行の日時と場所を確認して事件化する、という手続きを淡々とこなし、それが丸田容疑者を追い詰めることに結びつくと信じて
丸田容疑者にすれば、裸にして写真を撮影したのは認めざるをえないとして、薬物投与はとことん否認を貫けば罪が軽くなのではないか、などと考えているはずです。あるいはマッチングアプルで誘って食事に応じたのだから、セックスについても暗黙の合意があったと主張すれば無罪判決が出るのではないか、などと考えたりもしているのでしょう
または弁護人が、「警察の立件が全部終わるまで認否を明らかにするな。余計なことはしゃべるな」と口止めをしていたりするのでしょうか?
被害者が40人近いとなれば、1人につき100万円払って示談にするとしても4000万円必要になります。中には100万円では示談に応じない被害者もいるわけで、被害者全員と示談を成立させ、被害届を取り下げてもらうのは非現実的です
この先も再逮捕が繰り返されるのでしょうから、追及を受ける丸田容疑者には大変です(同情はしませんが)
すべて認める姿勢に転換した方が、精神的には楽でしょう

(関連記事)
就活生を強姦 リクルート子会社社員の公判始まる
https://05448081.at.webry.info/202109/article_19.html
就活生を強姦 リクルート子会社元社員7度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社元社員5度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社社員逮捕
三菱UFJ銀行員 薬物レイプで懲役22年判決
就活女子大生レイプの住友商事社員はどうなったか?
住友商事元社員(慶大出)を就活生への強制わいせつで再逮捕
住友商事社員(慶大出)が就活生を強姦
「ミスター慶応」渡辺陽太 6度目逮捕も不起訴
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦で6度目の逮捕
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦や強盗の余罪
イケメン慶大生の強姦事件 家族の素性も暴露
イケメン慶大生を強姦で逮捕 ミスター慶応候補
また慶大生 強制わいせつで逮捕
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミス慶応中止 レイプ動画を拡散させる学生たち
電通女性新人社員、100時間残業で自殺の波紋
共同通信人事部長 女子大生に手を出しクビに
連続強姦魔 原田義人に無期懲役判決
強姦の元NHK記者に懲役24年求刑
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(3)
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(2)
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(1)
福岡強姦事件 キスマークつけ懲役17年

茨城一家殺害事件を考える 精神鑑定終え起訴

茨城県の民家に侵入し、小林さん夫妻を殺害した上にこどもたちまで殺害しようとした岡庭由征容疑者は鑑定留置を終え、水戸地検は起訴に踏み切りました。これから刑事被告人という身分になります
岡庭被告は目下のところ容疑を否認しているとされます。動機についても供述を拒否しているのでしょう。ただ、動機を語らないとしても無罪判決をえられる可能性は皆無であり、死刑を求刑される事案です


おととし茨城県境町の住宅で家族4人が殺傷された事件で、逮捕された26歳の容疑者の刑事責任能力を調べる精神鑑定が6日、終わりました。
検察は鑑定結果などをふまえて、今後、起訴するかどうか判断することにしています。
おととし9月、茨城県境町の住宅で会社員の小林光則さん(当時48)と妻でパート従業員の美和さん(当時50)が殺害され、長男と次女も重軽傷を負った事件では、ことし5月、埼玉県三郷市に住む無職、岡庭由征容疑者(26)が殺人や殺人未遂などの疑いで逮捕されました。
水戸地方検察庁は岡庭容疑者の刑事責任能力を調べるため、6月から専門家による精神鑑定を行っていましたが、3か月間にわたった鑑定は6日で終わり、昼前、容疑者の身柄が捜査本部が置かれている境警察署に移送されました。
警察は認否を明らかにしていませんが、捜査関係者によりますと、逮捕後の調べに対し容疑を否認しているということです。
検察は鑑定結果などをふまえて、今後、起訴するかどうか判断することにしています。
(NHKの記事から引用)


さて、岡庭被告の事件では各メディアがさまざまな報道を繰り広げており、当ブログでもその中からいくつか取り上げてきたところです
今回は「日刊SPA!」掲載の記事を取り上げます
少年院勤務を経験した者として、思うところを書かせてもらいます

知られざる少年院生活の実態「幼稚園児レベルの告げ口されるから、誰も信用できない」

以前も書いたように、少年院での教育や生活を役立つものにするか、しないかは少年次第です。少年院といえど洗脳教育を実施しているわけではありませんから、頭の中に手を突っ込んで考え方や性格を変えたりはできません
もちろん少年院に否定的な感情を抱く少年は少なくないのであり、全否定したくなるのも理解できます
ただ、少年院に勤務する法務教官の側からすれば、別の見方もできるわけです
自分はいわゆるG2と分類される性格に偏りがあり、知能レベルが低い少年(概ねIQ80以下)の少年を扱っていました。小学校・中学校で落ちこぼれ、高校にも進学できず、不良グループでもパシリ扱いで、シンナーなど薬物に耽溺して現実逃避に走るような少年たちです。暴力団に加入して入れ墨を自慢してはいますが、組でも底辺扱いされるのは変わりありません
ですから漢字の読み書きもできず、掛け算や割り算もできない少年も珍しくないのであり、彼らに漢字の読み書きを教え、分数の足し算や引き算を教えます(分数の概念が理解できない少年がほとんどです)
一般社会から見れば何をやっているのか、と思われるのでしょうが、人前で漢字が書けなかったり、暗算ができないことがどれだけコンプレックスになっているか、想像してください。少年院に面会に来る親の中には、面会申し込み票に自分の名前やこどもの名前を書けない人もいたりします
また、運動時間には徹底的に走らせることでストレスを解消させ、体力の向上を図ります。体育の授業をさぼり、部活もしていない彼らは威勢だけはよいものの体力的に劣っており、走るごとにタイムを縮められる喜びを肌で知るわけです
少年院での職業訓練はあまりに初歩的すぎるレベルですが、道具の扱い方から始めて作品つくりまで手掛けることで、自分でもやれるという実感を与えることに重点を置いています
建築系の現場で、「役立たず」、「のろい」、「バカ」、「何度言ったらわかるんだ」と怒鳴られ、自信喪失と屈辱感から長続きしなかった彼らに、何か一つでも「自分でもやれる」という実感を身につけさせる意味は、決して小さいものではありません
あるいは徹底的に文章を書かせ、物事を考えて表現する訓練というのも意義があり、意味があると自分は思っています
自身の内面を見つめ、考え、それを文章に表現するという、一般的な高校生なら当たり前にできる行為も、彼ら非行少年には経験のない行為であり、少年院だからできる訓練です
なので、こうした地道が訓練をする場が少年院であり、洗脳教育を実施しているわけではありません
ちなみに上記の「SPA!」の記事の文末に元法務教官のジャーナリスト草薙厚子が登場してコメントしているわけですが、彼女は東京少年鑑別八王子支所に数年勤務しただけで転職しており、少年院での勤務経験はなかったと思います

(関連記事)
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は反社会パーソナリティ障害か
茨城一家殺害事件を考える 酒鬼薔薇事件と似てる?
茨城一家殺害事件を考える 動機なき殺人?
茨城一家殺害事件を考える 治療の対象か否か
茨城一家殺害事件を考える 医療少年院送致から事件まで
茨城一家殺害事件を考える 容疑を否認
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者は異常者なのか
茨城一家殺害事件を考える 岡庭容疑者の変貌と殺意
茨城一家殺害事件を考える 逮捕状請求
茨城一家殺害事件を考える 行動裏付けの困難
茨城一家殺害事件を考える 容疑者は10年前のナイフ少年か
茨城一家殺害事件を考える 容疑者特定か?
茨城一家殺害事件を考える 一か月経っても捜査進展なく
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える1 犯行の目的
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える2 16歳の少年逮捕
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える3 ナイフ収集と動物虐待
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える4 ナイフを収集した意味
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える5 ナイフを買い与えた親
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える6 刑事事件として起訴
埼玉・千葉刃物襲撃事件を考える7 保護処分を求め家裁に送致
「14歳のエヴァは終っていない」 酒鬼薔薇聖斗のエヴァンゲリオン
神戸連続児童殺傷事件から20年 「心の闇」を読む
神戸事件元少年Aは「絶歌」で何をしたかったのか?
元少年A「絶歌」を批判する適菜収(哲学者)
酒鬼薔薇聖斗の言い分 「絶歌」を巡って
神戸連続児童殺傷事件 少年Aの手記出版
「人を殺す経験がしたかった」 豊川事件を考える 1
「人を殺す経験がしたかった」 豊川事件を考える 2
「人を殺す経験がしたかった」 豊川事件を考える 5
「人を殺す経験がしたかった」 豊川事件を考える 6

小4女児誘拐で懲役10年の判決

1年前、横浜に住む小学4年生の女児が連れ去られる事件があり、東京葛飾区の無職大竹晃史被告が逮捕されました。その後、大竹被告が以前勤務していた保育園の女児にわいせつ行為をしていたのが明らかになり、未成年者略取と強制わいせつの罪で起訴されました
横浜地裁は大竹被告に対し、懲役10年(求刑は懲役15年)の判決を言い渡しています
ともかく、この手の事件が多すぎる気がします。これまで何度取り上げたことか、とボヤきたくなります


小学生の女子児童を連れ去ったほか、勤務先の保育園の女子児童らにわいせつな行為をしたなどとして、未成年者略取や強制わいせつなどの罪に問われた東京都葛飾区の無職、大竹晃史被告(39)の判決公判が6日、横浜地裁で開かれ、青沼潔裁判官は懲役10年(求刑懲役15年)を言い渡した。
青沼裁判官は判決理由で、一連の犯行について「根深い犯罪傾向に基づいて敢行されたものであることがうかがえる」と指摘。一方、大竹被告が今後、医療機関で小児性愛の治療を受けると述べていることなどを考慮した。
判決などによると、大竹被告は昨年9月2日、オンラインゲームで知り合った横浜市内に住む当時小学4年で9歳だった女子児童を車で連れ去り、同5日まで支配下に置いたほか、平成26年8月から31年4月までの間、自身が保育士として勤務していた保育園に通う、もしくは通っていた当時3歳から6歳の女子児童3人にわいせつな行為をするなどした。
(産経新聞の記事から引用)


医療機関で小児性愛の治療を受けると口にしているだけで、裁判官が懲役15年の求刑から気前よく割引いて懲役10年にしたのか、と怪訝に感じます。本人あるいは弁護人がそう言っているだけで、実効性があるわけもなく
そもそも治療を受けるなら犯行に及ぶ前に受けておけよ、と言いたくなります
大竹晃史被告については文春オンラインがまとまった記事を掲載していますので、そちらを参照してください。さすがに関東圏で起きた事件については取材がしやすいのか、情報量が豊富です


園児に「うるせえ!」女児誘拐犯(38)が保育士時代に起こした“裸放置”事件《元同僚が告白》
「一緒に働いていた頃よりも随分痩せたように見えました。逮捕されたときの服装を見て、保育園のときの服装と『同じだ』と思いました。彼は毎日保育園に同じ服で来るんです。保育士は清潔でなければならないので、30分前に出勤して仕事用の洋服に着替えて働くのがルールなんですけど、彼はそのルールが守れなかった」


いくつかの大竹被告を語るエピソードからして、おそらく注意欠陥多動障害(ADHD)を抱えていたのではないか、という気がします
親も学校の教師も、生来の障害を抱えているとは考えなかったのでしょう。その意味では気の毒なケースだと思います
なので、「小児性愛だからけしからん。刑務所にずっと入ってろ」とばかりは言えない部分があります。大竹被告は小学生の頃から学校に適応できず、生き辛さを感じていたのでしょう。小学生のうちにADHDだとの診断を得ていたのなら、また違う生き方もあったのでは?
ただし、発達障害だから犯罪が許されるはずもなく、相応の刑罰を受けなければなりません。被害を受けたこどもたちにとって、大竹被告がどのような障害を抱えていようと関係ないのであり、気持ち悪い男に嫌なことをされた、という記憶が残るだけです

(関連記事)
小4女児誘拐で懲役15年求刑
倉敷女児行方不明事件 懲役6年6月の判決
倉敷女児行方不明事件 「自分好みに育てたかった」
倉敷女児行方不明事件 犯人を岡山で確保
倉敷女児行方不明事件 公開捜査も手がかりなし
埼玉失踪少女事件を考える1 2年間も監禁状態
埼玉失踪少女事件を考える2 犯行計画
埼玉失踪少女事件を考える3 寺内容疑者の父が謝罪
埼玉失踪少女事件を考える4 「なぜ逃げ出さなかったのか」という疑問
埼玉少女失踪事件を考える5 量刑は懲役3年?
埼玉失踪少女事件を考える6 寺内被告初公判
埼玉少女失踪事件を考える7 誘拐の目的
埼玉少女失踪事件を考える8 単なる同棲だとする説
埼玉少女失踪事件を考える9 「何が悪かったのか?」
埼玉少女失踪事件を考える10 懲役15年求刑
埼玉少女失踪事件を考える13 控訴審は懲役12年の判決
10歳女児2人に手錠をかけ暴行 懲役11年
女生徒監禁の教師 内田慎也被告に懲役8年の判決
中学教師が生徒を監禁・暴行し逮捕
静岡の中学教頭 少女2人へのわいせつで懲役12年
静岡の中学教頭 少女誘拐監禁で懲役16年求刑
静岡の中学教頭 少女誘拐で起訴
静岡の中学教頭が少女を誘拐し逮捕

中国がアイドル番組禁止 退屈な国を目指す

いささか煽り気味のタイトルにしました
中国ではK-POPの影響で中性的な男性アイドルが人気を集めており、加熱気味であるのを懸念した国家ラジオ・テレビ総局がこれを規制する通達を出したと報じられています。中身はなかなか辛辣な表現が連なっており、中国共産党のお偉いさんたちが中性的男性アイドルに露骨な嫌悪感を示したもの、と推察されます
いわば防弾少年団のような路線を禁止する措置です
アイドルの登場する番組は止めにして、習近平が共産主義の未来を演説する番組を朝から晩まで流すのでしょうか?


中国当局は2日、タレント発掘型リアリティー番組の放送を禁じ、男性をもっと男性的に見せる番組を制作するよう放送局に命じた。中国政府は、「不道徳な」ポップカルチャーが若者を堕落させているとして取り締まりを強めている。
芸能人を目指す若者を大勢集めて厳しい育成コースに参加させ、視聴者の人気投票にかけるスター発掘番組は、中国で大人気を博している一方、ファンの過熱ぶりや人々の模範となるタレントの不在をめぐって批判も招いている。
国家ラジオテレビ総局(NRTA)は、数々の新たな規制と共に「放送局やテレビ会社は、アイドル育成番組やバラエティー番組、リアリティー番組を放送してはならない」と発表。さらに、「なよなよした」男性や「低俗なインフルエンサー」、スターへの高額なギャラ、「堕落したモラル」を持つタレントといった「異常な感性」に抵抗するよう放送局に命じた。
出生率の低下に直面する中国当局は、体育の授業を増やしたり、Kポップアイドルの見た目をまねする男性芸能人を女々しいと批判したりすることで、中国の若者に伝統的な男性的価値観を定着させようとしている。
こうした中で、テレビ局にも「優れた中国の伝統文化と(中略)先進的な社会主義文化を強く推進する」ことが求められている。
(AFPの記事から引用)


中国で放送局を管轄する当局が「低俗で下品な娯楽作品を排除する」として、アイドルのオーディション番組を禁止するなどの通知を出しました。
「国家ラジオテレビ総局」は2日、放送番組や出演者について、「低俗で下品な娯楽作品を排除する」として、さらなる管理強化を図る通知を発表。▼政治的に正しくない人、共産党や国から心が離れている人は断固として拒絶する、▼アイドルのオーディション番組の放送をやめ、ファンが消費などによって投票するよう誘導することを禁じる、としています。
また、通知では、▼「出演者の衣装やメイクを厳しく管理し、女々しい男性のような奇抜な美意識に終止符を打つ」としていて、先月、中国共産党のメディアが「中国の一部のスターは、日本や韓国のスターの“美少年”のイメージにあこがれている」「青少年の美意識に悪い影響を与えている」と指摘した内容を受けた形です。
また、同じく先月には、インターネットを管轄する当局がアイドルなどの人気ランキングを禁止し、特に応援しているアイドル=いわゆる「推し」のランキングをあげるためにファンが金を使おうとする行動を禁じるなど、政府が芸能の分野でも統制を強めています。
(JNNの記事から引用)


この措置に先立って、韓国政府は中国政府との間で文化コンテンツの交流を活発化させる協定締結に務める、と発表していました。何かと中国国内で規制を受けるK-POPや韓国ドラマをもっと売り込み、中国国内で自由に興行できるようにしたいとの思惑があったのでしょう
しかし、中国政府は政治主導でポップミュージックもテレビうドラマも規制しようとする意向なのですから、韓国のコンテンツだけに自由を与えるはずなどありません。むしろK-POP排除の方針が明確になったと解釈できます
中国を「コンテンツの墓場」だと表現したメディアがありましたが、言い得て妙です。ますますつまらない、退屈な国になるわけで
先には中国の女性BL作家が風俗を乱したとの理由で逮捕され、実刑判決を受ける事態もありました
してみると、日本というのはいかに自由な国であるかが分かります。もちろん、自分も日本に生まれ自由を享受できているのを感謝しています
さて、上記の記事で槍玉に挙がっているのが、アイドルを目指して切磋琢磨するオーディション番組「創造営」です。男性アイドルグループの
メンバーの座をめぐり、練習生たちがさまざまな試練に立ち向かう様子を映したテレビ番組のようです
You Tubeにこの番組を解説している動画がありましたので、興味ある方は御覧ください


17名の日本人が参戦中の中国大人気アイドル番組【創造営】を中国人が徹底解説!!中国での反応は⁈


(関連記事)
中国がK-POP規制を開始 文化大革命の再来?
https://05448081.at.webry.info/202109/article_16.html
中国共産党のアイドルグループ「56輪の花」爆死か?
「文化大国」中国にアイドルが生まれない理由?
「中国が文化大国になれない理由」を読めない中国メディア
中国のパクリ文化 AKB48を真似たAK98登場
AKB48をパクった中国のAK98 解散状態
上海万博テーマ曲は「岡本真夜 そのままの君でいて」の盗作
台湾のボーカロイド「心華」が中国大陸に攻め込む
中国のボーカロイドアニメ化 その後進展なし?
韓国ボーカロイドはバーチャルアイドル?
韓国のボーカロイドはその後、どうなったのか?
米CBS「初音ミクは世界で最も偽物のポップスター」報道
初音ミクのアメリカ公演決定に狂喜する海外の反応
「教訓」重視の中国アニメ ストーリーは後回し
文化強国目指す中国 実態はコンテンツの墓場
中国のネット規制 BL小説同人小説も摘発
https://05448081.at.webry.info/201405/article_11.html
K-POPは卑猥なダンスが売りなのか?
「J-POPはなぜK-POPに完敗したのか」という記事
「韓流が日本精神を揺さぶっている」と書く韓国メディア

食事を強要し暴言を吐く 保育士2人退職の保育園

福岡県の保育園で送迎用バスに園児を閉じ込めたまま放置し、死亡させる事件があったわけですが、問題のある保育園は他にもまだまだあるようです。先日は岐阜県内の保育園で、保育士の指導に従わず騒いでいた園児数人をエアコンのない部屋に閉じ込めていた事案が報じられています
保育士は「15分くらいだった」と釈明していますが、園児は「1時間くらい」と答えています。保護者は当然ながら我が子の言い分を信用し、保育士に不信感を抱くはずです。さらに「部屋に閉じ込める」という懲罰的な扱いが日常的に繰り返されていたのではないか、との疑いを招きます
そして愛知県大府市にある私立保育園では、保育士が園児に昼食を無理やり食べさせたり、暴言を吐くといった事案が明らかになったと報道されていますので、取り上げます


愛知県大府市の私立かんだ保育園(園児86人)で、園児に対し不適切な言動などがあったとして、保育士2人が諭旨退職となっていたことがわかった。園ではほかに11人の保育士が退職し、このうち複数の保育士が園長の言動を理由とした体調不良を訴え、園長は降格となった。市は混乱の収拾を園側に求めている。
かんだ保育園は、社会福祉法人「みのむし学園」(長野県塩尻市)が昨年4月に開設。園側によると、今年1月ごろから、「園児が無理に食事をさせられた」「園児に暴言を吐いた」などの訴えが保護者から相次いだ。
8月6日に内部調査を始め、30代の保育士について「園児への厳しい言動や、無理に食べさせる不適切な行為があった」と判断。50代の主任保育士については土曜保育を勝手に断っていたことがわかり、「保育の否定は重大で、30代保育士への指導も十分だったと言えない」と指摘。ともに30日付で諭旨退職とした。
■保育士11人が退職 園長を降格
園長の50代女性については7月、「過度に厳しい言動があり、複数の職員が体調不良を理由に欠勤、退職した」などとして、文書で注意していた。園では昨年4月~今年8月に保育士11人が退職。内部調査では「職場環境の悪化につながる多くの問題が生じていた」と指摘し、園長を30日付で主任に降格させた。
園側は8月31日の保護者会でこうした調査結果と処分を説明した。ただ、保護者側の訴えと一致しない部分もあり、第三者機関を置いてさらに調査し、改善策をとる方針を示した。
大府市と愛知県は5月に監査を実施。市は不適切保育や保育士の大量退職を「今後の運営上、見過ごせない」とし、早期の改善を求めている。
後任の園長に就いたみのむし学園の御子柴匡章理事は取材に「今後、職員間の十分な意思疎通を図り、園内研修や保護者参観を積極的に実施する。休園は何としても避け、園児の保育に影響がないよう最善を尽くす」と話した。
(朝日新聞の記事から引用)


過去にも保育士が待遇改善を求めたり、園の方針を問題視するなどの理由から集団で離職する事態が各地で起きています
上記のかんだ保育園は園児が86人規模とされますので、11人も保育士が抜ければ(中途採用で補っているのでしょうが)運営に支障をきたすのでは?
あるいは保育園として認可を維持するには規定された数の保育士を配置しているのが条件ですから、認可取り消しの可能性もあるはずです
記事にあるとおり2人の保育士は退職し、園長を降格させたとはいえ、元園長が職場にボスとして居座っているのですから、若い保育士は仕事がやり辛くて辞めていくと考えられます
保育士の待遇改善の問題は以前から言われていたのですが、中高年の男性国会議員にすれば「保育など所詮は子守と一緒」であり、「子守女に高い給料を払う必要などない」との感覚がまだ根強く残っているのでしょう
なので、小学校の教員に比べれば給与も低く抑えられており、社会的な立場としても軽視されがちです
保育士の待遇が改善され、質の高い人材が集まるようにしなければ保育施設は荒廃し、こどもたちを安心して預けられない社会になってしまうのであり、深刻な問題になるでしょう
とはいえ、保育=単なる子守と理解している頭の古い国会議員や地方議会議員が大勢いるのであり、彼らの認識を変えるのはなかなか困難です

(関連記事)
保育園バス置き去り 浦上園長による虐待
保育園バスで置き去り 男児死亡
福岡5歳児餓死事件 ママ友による洗脳か
福岡5歳児餓死事件 児童相談所は容態を確認せず
福岡5歳児餓死事件 虚言癖の赤堀容疑者
福岡5歳児餓死事件 借金まみれの赤堀容疑者
園児にわいせつ行為 保育士に懲役10年判決
保育園児にわいせつ 千葉の保育士に懲役6年
男児に猥褻の保育士橋本晃典 8回目の逮捕
男児に猥褻のベビーシッター橋本晃典 7回目の逮捕
男性保育士が働ける環境を考える
性犯罪の温床 キッズラインは改革できるか?
中国人妻による長浜園児殺害事件を考える

白金高輪駅硫酸男 妄想性人格障害か?

花森容疑者の過去の特異な行動が、周囲にいた人たちの証言で浮かび上がっているわけですが、異常な行動が過去にあったから異常な犯罪に踏み切ると単純に決めつけるわけにはいきません
花森容疑者の過去の異常な行動は何らかの病理による症状の発現、と考え、その病理がさらには知人の勤務先を突き止め、待ち伏せして硫酸をかける行為に至らしめた、と考えるのが妥当です
片田珠美医師は花森容疑者を妄想性人格障害、とする仮説を書いています


硫酸事件:花森容疑者、妄想性パーソナリティ障害・統合失調症の可能性…些細な言動に恨み抱く
(前略:大学の後輩からタメ口で話しかけられたのを長年恨みに思っている異常性の説明)
このように自分が受けたと感じる侮辱に過敏で、攻撃的になりやすいうえ、その恨みが長期間にわたって持続する人は、アメリカ精神医学会が作成した診断基準DSM-5に従えば、「妄想性パーソナリティ障害(Paranoid Personality Disorder)」と診断される。花森容疑者も、この診断基準に該当するように見える。
花森容疑者は、琉球大学在学中は周囲と距離を置いて行動していたし、静岡大学に編入後も、実家で1人暮らしで、いつも1人で行動していたという。両親とも他界した影響もあるとは思うが、孤独を深めていた印象を受ける。こうした傾向は、「妄想性パーソナリティ障害」の人にしばしば認められる。
なぜかといえば、猜疑心と警戒心が強く、友人や仲間の誠実さを不当に疑うため、なかなか、うちとけられないからだ。おまけに、十分な根拠もないのに、他人が自分を利用するのではないか、危害を加えるのではないか、あるいはだますのではないかという疑惑にさいなまれていることも少なくない。
「妄想性パーソナリティ障害」の人は、他人が悪意を持って自分を迫害してくるように感じる傾向が強いため、危険が差し迫っているという不合理な恐怖を抱きやすい。そのうえ、屈辱や侮辱を受けたと本人が思い込んでいる過去の体験を繰り返し思い返しては憤慨するので、年月を経ても燃えたぎるような怒りと恨みがまったく衰えない。むしろ増幅される。その結果、他人に対する激しい憎悪と復讐願望が醸成されるが、「やられたのだから、やり返してもいい」と自らの復讐を正当化しがちである。
ちなみに、2001年に大阪教育大池田小事件を起こした宅間守元死刑囚(2004年死刑執行)も、精神鑑定で「妄想性パーソナリティ障害」と診断されている。検察側の冒頭陳述で、「自らは被害者的に物事を考え、都合の悪いことは他人のせいにし、かつ、過去の物事に対して後悔を繰り返しては憤まんを募らせ、これを他人に転嫁する傾向を有していた」と指摘されたのは、「妄想性パーソナリティ障害」の人が他責的になりやすいからだろう。
(以下、略)


「妄想型人格障害」との推論を述べつつ、省略部分では統合失調症の可能性にも言及しています
もう40年くらい前ですが、刑事裁判では統合失調症=刑事責任を問えない、との図式があり、統合失調症だから不起訴だの、統合失調症だから無罪だのという事件処理があった気がします。統計に基づく指摘ではなく、あくまでも事件報道をウォッチしていた自分の感想です
ただ、現在では統合失調症であっても刑事責任能力が失われていないのであれば、有罪判決を下す…というのが裁判の傾向です
そうした事情を考えない人は、不起訴となった事件の報道を見てヤフーニュースのコメント欄に「なぜ起訴しないんだ。犯罪者を野放しにするな」などと書き込んだりします
何度も書いていますが、不起訴処分=野放しではなく、精神保健福祉法により措置入院(いわゆる強制入院)の手続きがとられるのが一般的です
措置入院には一般人による通報(精神保健福祉法23条)、警察官による通報(同法24条)、検察官による通報(同法25条)があり、「精神疾患があって、そのために自傷行為や他害行為をしてしまったか、あるいは今後する危険がかなり高い」と都道府県の指定医2人が診察し、判断した上で行われるものです
一般の方はこうした実務に関わる機会はまずないので(たとえば家族が深刻な精神障害を抱え、なおかつ入院に本人が同意しない場合に措置入院の手続きをとる場合があります)、「強制入院」という文言は耳にしたことがあっても、実態はわからないと思います
自分は少年鑑別所勤務時代、被収容少年が深刻な精神障害の症状を呈していたため、家庭裁判所と連携して措置入院の手続きに関与した経験が数回あります
花森容疑者については、起訴前に精神鑑定が実施されるはずで、そこで何らかの判断が示されるのでしょう
ただ、犯行の前後を見ても新幹線を利用したり、飛行機で沖縄へ飛んだりと、支離滅裂で見当識が失われているようには感じられませんので、精神障害を抱えてはいても責任能力が失われていたとは考えにくいわけです

(関連記事)
白金高輪駅硫酸男 ストーカー行為と大失恋
白金高輪駅硫酸男 沖縄で逮捕される
大阪交番襲撃 飯森被告に懲役12年判決
大阪交番襲撃 飯森被告の責任能力
大阪交番襲撃 飯森被告に懲役13年求刑
大阪交番襲撃 飯森被告の初公判
大阪交番襲撃 飯森被告の初公判は7月19日
大阪交番襲撃 飯森裕次郎容疑者を起訴
大阪交番襲撃 同級生への執着はなぜ?
大阪交番襲撃 異常な言動
大阪交番襲撃 容疑者確保し拳銃発見
大阪交番襲撃 拳銃強奪狙い
福岡女子予備校生殺害 甲斐被告に懲役20年の判決
福岡女子予備生校殺害 懲役22年求刑
福岡女子予備校生殺害 公判は始まらないまま
福岡女子予備校生殺害 鑑定留置後、起訴へ
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える1 幼なじみ
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える2 どこまでが発達傷害なのか

福山強盗事件 SNSで誘われ加担した大学生

犯罪の形態が時代とともに変化し、いまではSNSで強盗役を勧誘し、面識のない者同士が徒党を組んで犯行に至るケースも珍しくなくなってきました。その上、勧誘方法も巧みになり、黒幕は背後に隠れたまま捕まらない仕組みを作り上げたり、多額の現金を持っているであろう家の情報が売買されたりと、我々の想像力が追いつかない事態が進行中です
先に、青梅市でアルミケースに多額の現金を入れて持ち歩いていると噂された男性が殺害された強盗殺人事件を取り上げました。今回は広島県福山市での強盗事件を取り上げます。本件は2020年2月に起きたものです


福山市の民家で2月、室内の金庫から多額の現金が奪われた強盗致傷事件を巡り、福山東署と広島県警捜査1課は21日、同市、身野康信容疑者(48)を強盗致傷と住居侵入の疑いで、大阪府豊中市、無職岩田孝太容疑者(22)を盗品等運搬の疑いで逮捕した。県警は、犯罪に関する情報などをやりとりする「闇サイト」を介した計画的な犯行で、他に指示役がいたとみている。
身野容疑者の逮捕容疑は、名前不詳の人物たちと共謀。2月6日正午から午後1時ごろまでの間、福山市の介護士女性(50)宅に侵入して刃物を突きつけ、両手を縛るなどした上、顔面を数回蹴るなどして金庫内の約2903万円を奪い、女性に顔面打撲などを負わせた疑い。
岩田容疑者の逮捕容疑は、名前不詳の人物から指示を受け、同日午後5時45分ごろ、兵庫県明石市の雑居ビル敷地内で、強盗で奪い取ったと知りながら約2903万円を受け取り、JR新大阪駅まで運んだ疑い。「身に覚えがない」と供述しているという。
犯行グループの他のメンバーとして、広島地検は3月5日、実行役とみられる愛知県岡崎市、無職鈴木駿太被告(23)を強盗致傷と住居侵入の罪で起訴。7月31日、鈴木被告を実行役に勧誘したとみられる東京都北区、無職渡口大輔被告(28)を強盗致傷ほう助と住居侵入ほう助の罪で起訴した
同署によると、4人は会員制交流サイト(SNS)の闇サイトを通じて、名前不詳の指示役からの募集に応じた。身野容疑者は女性の知人で、資産に関する情報をSNSで提供したとみられる。
捜査関係者によると、使ったSNSのアプリはメッセージが自動的に消滅する機能を備える。特殊詐欺や麻薬密売などでの連絡手段として知られ、端末にたどりつくのが困難という。
(中国新聞の記事から引用)


SNSと書かれていますが、使っていたのは「テレグラム」で、一定時間後にやりとりしたメッセージが消去される機能があります
さて、被害者宅に多額の現金があると知った身野被告がその情報を提供し、逮捕されていない指示役が差配した事件です
当時大学生だった鈴木駿太被告が、闇バイトで短時間にまとまった金を稼ぎたいという気軽な思いからSNSの交流サイトに入り込み、強盗計画に誘われます。その時点で鈴木被告は自身の運転免許証を撮影した写真を渡口大輔被告に送信していたため、身許がバレた状態で抜けられなかった、と説明しています
鈴木被告が闇バイトに加担して逮捕、起訴されるまでの経緯をNHK記者がまとめた記事がありますので、関心のある方は一読ください

大学生はなぜ、強盗犯になったのか

鈴木駿太被告は懲役4年6月(求刑は懲役6年)、渡口大輔被告は懲役3年6月(求刑は懲役4年)の判決を受けています。残る2人の判決については検索したものの、突き止められませんでした
強盗事件に加担した以上、実刑判決は避けられないのであり、被害者が無事であったゆえ短い刑期で済んだと言えます。強盗殺人なら無期懲役もあります。いくら「誘われたから」と釈明しても通用しません
また、強盗事件を計画した主犯格は未だ特定できず、逮捕もされないままのようです

(関連記事)
青梅強盗殺人 懲役24年と20年の判決
青梅強盗殺人 アタッシュケースに多額の現金
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将が強盗 駒大野球部のしごきを暴露
甲子園優勝校主将が強盗 公判で犯行認める
甲子園優勝校主将の転落人生
甲子園優勝校主将が強盗で逮捕
茂原強盗殺人事件を考える 主犯は無期懲役、従犯は?
茂原強盗殺人事件を考える 少年3人を逮捕
千葉印西市放火殺人 判決はどうなったか?
千葉印西市放火殺人 3人のうち2人が無罪主張
千葉印西市放火殺人 男女4人逮捕
ビットコイン強盗殺人事件 主犯は無期懲役
ビットコイン殺人 共犯少年に懲役18年の判決
アポ電強盗殺人 懲役28年から27年の刑

中国人姉妹殺害事件 無期懲役判決

夏休み明けのこの時期、裁判所では判決公判が相次ぎます。毎日、注目していた事件の判決が下されるので、ブログで取り上げる方は大変です
一審の裁判員裁判で懲役23年の判決が出ていた横浜の中国人姉妹殺害事件で、東京高裁はその判決を厳しく批判し、差し戻しの決定を下していました
2人を殺害し、遺体を遺棄したにもかかわらず懲役23年というのは随分と軽い判決です。一審の判断の根拠は犯行に凶器が使われておらず、被告が手で絞殺したので残虐な犯行であるとは言えず、凶器を準備していなかったのだから咄嗟に思いついて殺害したもの、と判決の中で述べられています
また、「過去の類似事件の裁判員裁判でも、死刑や無期懲役が選択された例はない」としているのですが、これは誤りでした
なので東京高裁は、過去の判例を誤って解釈したもの、と批判したわけです(が、これも過去の判例ばかり重視する裁判所の旧態依然たる考え方であり、どうかと思ってしまいます)


知人の中国人姉妹を殺害して遺体を山中に遺棄したとして、殺人や死体遺棄などの罪に問われた無職、岩崎竜也被告(43)に対する差し戻し裁判員裁判で、横浜地裁は3日、求刑通り無期懲役を言い渡した。
差し戻し審では量刑が争点となった。景山太郎裁判長は、被告が2人の首を5分程度圧迫したことについて「危険性が高く、凶器を使用した際と大きく異ならない」と指摘し「強固な殺意に基づく執拗(しつよう)な犯行」と非難。単独犯で、親族以外の複数人を殺害した事件の裁判員裁判での量刑は全て無期懲役以上であることを踏まえ、無期懲役を選択した。
最後に景山裁判長が「2人の命を奪った重大さを一生かけて見つめ、償いをしていただきたい」と語りかけると、岩崎被告は「分かりました」と応じた。
判決などによると、岩崎被告は2017年7月、横浜市中区のマンションに侵入し、無職の陳宝蘭さん(当時25歳)と妹で専門学校生の宝珍さん(同22歳)の首を絞めて殺害し、遺体を神奈川県秦野市の山林に遺棄した。
18年7月の1審・横浜地裁判決は、被告が凶器を使っていない点を重視し、懲役23年の判決を言い渡した。しかし、東京高裁は19年4月、1審が量刑の根拠にした過去の事件はいずれも親族間だったことから「全く類型が異なる」として1審判決を破棄。審理を地裁に差し戻していた。
(毎日新聞の記事から引用)


この事件は中国でも注目されており、中国の新聞やテレビ局も取り上げています。「中国なら当然死刑」、「なぜ懲役23年?」などの意見が多数寄せられ、日本の裁判は不公平だとの不満が示されていました
ただ、この事件の背景には姉妹のオーバースティが原因としてあるわけですが、中国メディアは触れようとしません。殺害された被害者は日本での在留資格を得るため、岩崎被告に偽装結婚をもちかけています。陳宝蘭さんにベタぼれし、彼女のいる飲食店に通い詰めていた岩崎被告ですが、偽装結婚の相手(都合の良い男)としか見られていなかったことに激怒し、殺害を思い立ったというのがそもそもです
もちろん、どのような理由があろうと殺人は殺人であり、偽装結婚が岩崎被告の罪一等を減じる理由にはなりません
裁判の争点とはならなかったため公判では取り上げられていない、岩崎被告と被害者姉妹のきなくさい噂も出回ったのですが、それもいまさら取り上げるべきではないのでしょう

(関連記事)
中国人姉妹殺害事件で高裁は差戻判決
中国人姉妹殺害事件 差し戻し審で無期懲役求刑
SMプレイにはまり4人殺傷の中国人留学生に懲役28年判決
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始
2009年愛知の強盗殺人事件、中国人の関与が浮上
江田島9人殺傷事件 中国人に無期懲役判決
「無期懲役でも15年で仮釈放」とデマを流す弁護士
新潟連続強姦殺人事件を考える1 初公判で否認
新潟連続強姦殺人事件を考える2 無期懲役求刑
松戸女子大生殺人事件を考える5 高裁では無期懲役
千葉女子大生遺棄事件を考える7 無期懲役判決
目黒夫婦殺傷事件を考える5 殺意を認め無期懲役判決

福岡女性転落殺人を考える6 控訴審でも懲役22年

すでに福岡地裁で懲役22年の有罪判決が下された佐久田なつき被告ですが、これを不服として福岡高裁に控訴していました
が、福岡高裁も「1審の判決に誤りがあるとは言えない」との判断で、佐久田被告に懲役22年を言い渡しています
控訴審の模様を伝える報道が見当たらないため、佐久田被告と弁護人がどのような主張を展開したのか不明です。が、逆転無罪を勝ち取れるような新たな証拠、証言を提示できなかったものと考えられます
弁護士ドラマでは若手イケメン俳優演じる弁護士が駆け回り、新たな目撃証言を掘り起こしたり、警察の捜査ミスを発見して裁判で大逆転を演じるわけですが、現実はそのような展開になりません
事件の経緯はこれまでにも書きましたので省略させてもらいます


6年前、八女市の山の中で当時25歳の女性を橋の上から転落させ殺害した罪などに問われた被告の裁判で、2審の福岡高等裁判所は「被害者が死亡する直前に一緒にいたのは被告以外に考えられず、1審判決に誤りがあるとは言えない」として1審に続き懲役22年を言い渡しました。
住所不定・無職の佐久田なつき被告(34)は6年前、以前同居していた池田麻里さん(当時25)に睡眠薬を飲ませて八女市の山の中に連れて行き、高さおよそ55メートルの橋の上から転落させ殺害した罪などに問われました。
1審の福岡地方裁判所は佐久田被告が殺害したと認定して懲役22年を言い渡し、被告側が控訴していました。
きょうの2審の判決で福岡高等裁判所の半田靖史裁判長は「意識がもうろうとしていた被害者は他人の介助なしに橋の欄干を乗り越えられなかった。被害者が死亡する直前に一緒にいたのは被告以外に考えられず、1審判決に誤りがあるとは言えない」などとして1審に続き懲役22年を言い渡しました。
(NHKの記事から引用)


前回も書いたように、佐久田被告はテレビドラマで見たのか、解離性同一性障害との診断書を絶対的な切り札のように思い込み、人格の交代によって別人格がやった犯行だと主張すれば無罪判決が出る、と信じていたのでしょう
もちろん、実際の刑事裁判で解離性同一性障害が認定された判例、否定された判例など読んでいないと思われます
ですから1審判決で、「解離性同一性傷害であると被告人は主張するが、犯行への影響はほぼ認められない」と裁判官からばっさりと切り捨てられてしまい、なおかつ「犯行の動機は不明だが被害者に落ち度はなく、被告には人の命を奪ったことへの反省が認められない」と厳しく批判されてしまいました
「解離性同一性障害だから」、「別人格による犯行だから」という佐久田被告の主張が、かえって裁判官に不快感と不信感を与えてしまったのでしょう
控訴審でも同様の主張を繰り返したとすれば、まさに地雷を踏みに行ったようなものです
そして佐久田被告は、解離性同一性障害による人格交代の様を証言してくれる友人、知人を証人として立てられなかったのかもしれません
まあ、友人・知人の前で別人格と入れ替わったような演技を披露していなかった、と言い換えた方がよいのでしょう
いずれにせよ、テレビドラマのようにはいかなかった、と
解離性同一性障害を巡る刑事裁判の判例研究としては、以下のようなものがあります
被告にはこどもの頃からアスペルガー障害とされ、特異な精神状態にあったと認められているわけですが、それでも「解離性同一性障害による別人格による殺人、遺体損壊であるから無罪」とする弁護人の主張は退けられ、懲役12年の判決が下されています
ゆえに、日本の司法では解離性同一性障害による減刑の判断はあっても、無罪にするのは非常にまれ、だと知る必要があります

判例研究「解離性同一性障害と刑事責任能力」

(関連記事)
福岡女性転落殺人を考える5 懲役22年の判決
福岡女性転落殺人を考える4 人格障害を疑う
福岡女性転落殺人を考える3 解離性同一性障害
福岡女性転落殺人を考える2 復讐に執着
福岡女性転落殺人を考える1 懲役25年求刑
木嶋佳苗事件をドラマ化したら フジテレビ「鬼女」
結婚詐欺師木嶋佳苗 ブログ荒らしや自作自演
結婚詐欺師木嶋佳苗 虚飾と過食の人生
結婚詐欺師木嶋佳苗 メンズキャバクラで豪遊
結婚詐欺師木嶋佳苗 祖父殺しの衝動
結婚詐欺連続殺人 木嶋佳苗被告の裁判始まる
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その1
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その2
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その3
警察官が留置場内でセックスし有罪判決
再婚相手が次々と不審死 連続殺人か
京都連続不審死事件 青酸を処分せず保管
西成准看護師殺害事件を考える 解離性同一性障害
二重人格をめぐる冒険
大阪多重人格殺人で懲役16年の判決1 6つの人格
大阪多重人格殺人で懲役16年の判決2 人格障害認めるも有罪
渋谷短大生バラバラ殺人(平成18年) 発達障害をどう裁くか

池袋暴走事故 実刑判決でも謝罪拒否

池袋の暴走事故で飯塚幸三被告に禁錮5年の実刑判決が言い渡されました
法廷で裁判官は飯塚被告に話しかけ、「判決を受け入れるのなら被害者、遺族に真摯に謝ってほしい」と諭したのですが、飯塚被告は無言のまま法廷を後にしたと報じられています
被害者や遺族のことより、自分への実刑判決が不満であり、納得できなかったのでしょう。控訴するに違いありません。高等裁判所で争い、最高裁まで争うものと思われます


東京・池袋で2019年4月、暴走した乗用車で母子が死亡するなどした事故で、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(90)に対し、東京地裁は2日、禁錮7年の求刑に対して禁錮5年の実刑判決を言い渡した。
黒いスーツ姿の飯塚被告は、車いすで入廷。下津健司裁判長が判決の理由を読み上げた約1時間、飯塚被告はほとんどうつむいたままだった。
判決は「ブレーキと間違えてアクセルを踏み込んだ過失がある。アクセルペダルを最大限まで踏み込み続けた」と述べた。
事故では、横断歩道を自転車で渡っていた松永真菜さん(当時31)と長女莉子ちゃん(同3)が亡くなり、9人が重軽傷を負った。
被害者参加制度を使って公判を傍聴した真菜さんの夫の拓也さん(35)は、下津裁判長が「2人は事故で突如として将来への希望や期待を断たれ、愛する家族と永遠に別れなければならなかった」と述べると、こらえきれずにハンカチで目元をぬぐった。
下津裁判長が判決後、「あなたの過失は明白と判断しました」と語りかけると、飯塚被告は静かにうなずいた。
さらに「判決に納得できるのなら、自らの過失を認めて真摯(しんし)に謝っていただきたい。それが遺族や被害者がまず求めていることなので実践していただきたい」と続け、不服があれば控訴ができることを告げた。
これに対し飯塚被告は、沈黙のまま一礼し法廷をあとにした。
(朝日新聞の記事から引用)


飯塚被告は池袋での事故の前に、5度も物損事故を起こしていると法廷で明かされています。つまり、2019年4月の事故の前の段階で、まともに運転できる状態ではなかったと考えられるのです
それでも自分は脚が悪いので車で移動する必要があると主張し、運転を止めませんでした。経済的に困窮していたわけではないのですから、車を手放し、月に数度の外出はタクシーを利用する選択肢があったわけです
維持なのかプライドなのか、飯塚被告は運転を続け、2人の命を奪い、なおかつ多くの人に怪我を負わせる事故を起こしてしまいました。そして一審で有罪判決を受けてもなお、自分の責任を認める気はないのでしょう
飯塚被告を逮捕しなかった警察、勾留しなかった検察の対応が適切だったのかと、いまさらながら思います
早い段階で身柄を拘束し、留置場なり拘置所に入れたなら、少しはことの重大さを理解してのではないか、という気がします
「逮捕も勾留もされない。つまり自分を訴追するだけの十分な証拠がないのだ」と飯塚被告が思い込んでしまった可能性は数%はあるはずです
最高裁まで争い、有罪判決が確定するまであと2年はかかるでしょう
飯塚被告は92歳になります。それまで生きていれば、ですが

(関連記事)
池袋暴走事故 被告は控訴せず実刑確定
https://05448081.at.webry.info/202109/article_28.html
池袋暴走事故 飯塚被告の判決はどうなるか
池袋暴走事故 飯塚被告「刑務所に入る覚悟ある」
池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三は
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
前橋女子高生死亡事故 控訴審で禁錮3年の判決
前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う
前橋女子高生死亡事故 禁固4年6月を求刑
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故

池袋暴走事故 飯塚被告の判決はどうなるか

本日、午後から飯塚幸三被告の判決公判が予定されています。その直前というタイミングですが、判決を予想する記事を各メディアが掲載していますので、読みながら有罪判決の根拠となる要旨を考えてみます
文春オンラインの記事は以下のように書いています


“池袋暴走”飯塚幸三被告に禁錮7年 90歳でも“実刑判決”が濃厚な3つの理由
東京・池袋で2019年4月、母子2人が死亡した乗用車の暴走事故。検察側は7月15日、過失運転致死傷罪に問われた飯塚幸三被告(90)に対し、同罪の法定刑の上限に当たる禁錮7年を求刑した。過失犯の交通事故では異例の重い求刑だが、遺族の強い処罰感情にも配慮した格好だ。
禁錮刑は主として政治犯を想定した刑罰で、法定刑として定められているのは公職選挙法に関する違反行為が約50件と群を抜いて多い。一方で刑法では懲役刑よりも軽い刑罰と位置づけられ、収監されても刑務作業に従事する義務はない。ただ、令和2年版犯罪白書によると、禁錮受刑者の80.2%が自ら希望して作業に従事しているという。
判決期日は9月2日だが、俄かに注目を集めているのが、6月に卒寿を迎えた飯塚被告に実刑判決が言い渡されるかどうか。だが、その可能性は高いと見られる。
第一に、一般に裁判官の量刑判断の相場は「求刑の7~8掛け」。禁錮7年の求刑で仮に有罪となれば、執行猶予(上限5年)が付く公算は極めて低い。
第二に、検察側は冒頭陳述で01年に同種の前科一犯(自転車との接触事故、略式処分)があると明らかにしたほか、論告でも10年頃から今回の事故までに計5回の物損事故を起こしたと指摘。飯塚被告は情状面でも劣勢に立たされている。
第三の理由は?
奇しくも6月29日には、高知地裁の裁判員裁判で、検察庁舎で放火未遂事件を起こした男(97)に懲役5年の実刑判決が言い渡され、“最高齢記録”が更新されたばかり。実刑か否かは事案の重大性や犯行の悪質性による面が大きく、被告の年齢が過度に考慮されることはないというのが、第三の理由だ。
刑事訴訟法では、実刑判決を言い渡されても、「刑の執行で著しく健康を害するおそれがある」「70歳以上である」などの理由があれば、執行を停止できるとも定められている。ただ、刑務所長や被告本人から上申を受けて審査するのは検察官。社会的な反響が大きく、遺族の処罰感情も強い本件では、執行停止のハードルはより高くなりそうだ。
飯塚被告はこれまでの公判にすべて車いすで出廷し、被告人質問では「足のふらつきがあり、パーキンソン症候群の可能性があると診断された」と説明。しかし、7月15日の公判では証言台につかまるようにして自力で立ち上がり、「アクセルとブレーキを踏み間違えた記憶はまったくない」とはっきりとした口調で話すなど、健康状態に大きな問題は見られない。


論点がきちんと整理されていおり、これまでの裁判の経緯などチェックしていない人にもすんなりと理解できる内容だと思います
ヤフーニュースのコメント欄を読むと、「80歳以上の高齢者は刑務所に入らない(と決まっている)ので、無罪判決が出る」などと書き込んでいる人がいたりします。が、こうした人は司法の実務を知らない方でしょう
80歳を超えていようと有罪判決はでます。高齢のためアルツハイマー型痴呆症で善悪の判断ができない被告は別ですが
また、有罪判決を下すのと、刑務所に収監する・しないの判断は別立てになっているのを知らない人もいるようです
高齢者で有罪判決が下された場合でも、刑務所に収監しないという判断を下す(執行停止)のは、上記の記事にあるとおり検察官です
余命幾ばくもない重病であるとか、重度の精神障害のあり刑務所(医療刑務所)より精神科の専門病院の方が処遇に適していると判断される場合などがあります
飯塚幸三被告は逮捕から裁判に至るまでの間、90歳に達したのですが、刑務所に入ったらすぐに死んでしまう健康状態ではないと思われますので、執行停止はないと考えます
もちろん、禁錮6年の判決が遭ったとして6年間服役するとは思えないのであり、数年後には仮釈放されるのでしょう。それでも実刑を科し、収監する意味はあります
ただし有罪判決が出た場合、飯塚被告は控訴し、最高裁まで争って時間稼ぎをするのではないかという気がします。

(関連記事)
池袋暴走事故 被告は控訴せず実刑確定
https://05448081.at.webry.info/202109/article_28.html
池袋暴走事故 実刑判決でも謝罪拒否
https://05448081.at.webry.info/202109/article_4.html
池袋暴走事故 飯塚被告「刑務所に入る覚悟ある」
池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
前橋女子高生死亡事故 控訴審で禁錮3年の判決
前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う
前橋女子高生死亡事故 禁固4年6月を求刑
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故

眞子さま結婚問題 年内結婚へ

各メディアが一斉に眞子内親王と小室圭氏が年内に結婚する、と報じています
「関係者への取材で分かった」という書き方が多く、具体的に誰が情報ソースなのかは不明です。ただ、決定事項であるというなら、誰がソースでも同じでしょう
さまざまな問題が噴出した結婚問題ですが、何一つ解決しないまま結婚に踏み切るという見切り発車です。結婚後はニューヨークで暮らすとの話ですから、日本から駆け落ちのごとく去っていくと表現してもよい事態です


秋篠宮家の長女眞子さま(29)が結婚に伴って皇室を離れる際に支給される一時金の受け取りを辞退する意向を示されていることが関係者への取材でわかった。眞子さまは婚約が内定している小室圭さん(29)と年内に結婚される予定で、法的に辞退が可能かどうか政府内で議論される見通しだ。
関係者によると、眞子さまは小室家を巡る「金銭トラブル」に対する批判を踏まえ、周囲に一時金の受け取りを辞退する意向を漏らされているという。
皇室経済法は、皇室を離れる皇族に対し、元皇族としての品位を保つため一時金を支給すると規定している。戦後、結婚に伴って皇籍離脱した皇族女子には全員に一時金が支給されてきた。前例に従えば、眞子さまには約1億3700万円の支給が見込まれる。
支給に当たっては、首相や衆参両院議長ら8人で構成する皇室経済会議が支給額を決めてきたが、支給の可否を議論したことはない。ある宮内庁幹部は「一時金を辞退した前例がなく、場合によっては皇室経済法の解釈を変える必要がある」としている。
お二人の結婚に当たっては、一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」や結婚式などの関連儀式は行わない方向で検討されている。儀式を行わずに結婚されれば、戦後の皇室で初めてとなる。
婚約の儀式について、秋篠宮さまは2018年11月の記者会見で、小室家を巡る金銭トラブルを念頭に、「多くの人が納得し、喜んでくれる状況」にならなければ行えないとの考えを示された。これを受け、小室さんは2回にわたってトラブルの経緯などを説明する文書を公表したが、必ずしも多くの国民が結婚を祝福する状況になっていない。
小室さんは今年5月に米ニューヨーク州のフォーダム大ロースクールを修了し、現在は弁護士資格の試験結果の公表を待っている。関係者によると、すでに合格を見込んで現地の法律事務所に就職する方向で準備が進んでおり、経済的な生活基盤を含めて結婚の条件が整いつつあると判断したとみられる。
お二人は年内に婚姻届を出し、結婚が成立した時点で眞子さまは皇室を離れられる。結婚後は米国で新生活を始められる見通しだという。
(読売新聞の記事から引用)


見切り発車というのは弁護士らしからぬ選択のように思います。きちんとすべてを解決してから結婚する気はない、という意思表示であり、それで構わないとの判断なのでしょう
母親佳代さん元婚約者との金銭問題も未解決のままであり、佳代さんもアメリカへ付いていくのなら、金銭問題はこのまま解決する気がないと解釈するしかありません。それも、「元婚約者が話し合いに応じなかった」とか、責任を押し付けると思われます
小室氏は自分たちの結婚問題と佳代さんの金銭問題を切り離し、あくまで別件だとして処理する選択肢もあったわけです
しかし、あの釈明文からすればすべて一体と考えており、なおかつ解決金を支払う用意があると表明したものの、何も着手しないまま結婚だけを既成事実化するわけです
「国民の理解を得られるように」と再三、秋篠宮殿下から忠告されたものの、従う気はなかったと言わざるを得ません
なぜ、そうまで頑ななのか不思議です。おそらくメディアを含め、周囲すべてを「結婚を邪魔する者」と敵視せずにはいられない精神状態にあったのかな、と推測します
彼自身、母親の問題も含めて理路整然と説明したつもりの釈明文がああも酷評されたわけですから。プライドが高いゆえ傷つけられたと思い込み、「国民の理解が得られるよう説明」などこれ以上は無理だと開き直ったのかもしれません
それが一時金の辞退、という形で現れているように思います。日本国民の理解など不要で一時金も断り、アメリカで生きていくと
どうにも面倒くさい人物です

(関連記事)
小室圭母 労災で洋菓子店とトラブル
小室圭母「自分はアダルトチルドレン」発言を考える
眞子さま結婚問題 小室殿下を国民は受け入れるか
眞子さま結婚問題 小室圭の憂鬱
小室圭釈明文から見る小室家の流儀
小室圭に母親の元婚約者が反論
小室圭の方針転換 宮内庁のお膳立てか
小室圭 解決金支払うと方針転換
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える3
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える2
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える
眞子様結婚問題 小室母「天皇陛下に会わせろ」要求
眞子様結婚問題 小室「解決済み」発言で波乱
眞子様結婚問題 小室圭留学決意
眞子さま結婚延期問題 小室母の元婚約者を批判する記事
眞子様結婚延期問題 小室氏借金はどうする?
眞子様ご結婚の障害 小室母が皇室に金銭求める
眞子様ご結婚延期を考える
秋篠宮家眞子さま婚約と女性宮家問題
女性宮家創設へ動く政府 皇室典範改正

墨田区女子高生殺害 殺害を計画して呼び出しか

昨日取り上げた、東京墨田区の女子高生鷲野花夏さん殺害事件の続きです
逮捕された小森章平・和美夫婦の情報が少しづつ明らかになってきました。小森夫婦が結婚する前から、章平容疑者はツイッターで鷲野さんと知り合っていた、という話です
が、章平容疑者は仕事をしていなかったようで、和美容疑者がコンビニエンスストアで働いて家計を支えていたと考えられます。それもあって主導権は和美容疑者が握っていたのでしょう
警察の取り調べに対し、「最初は鷲野さんを呼び出し話し合うつもりだった。気持ちが抑えられなくて殺してしまった」と和美容疑者は供述しているのですが、実際には殺害に使用した刃物やロープを車に積んで出かけており、最初から殺害する意図があったと見られます


捜査本部によると、遺体で見つかったのは、私立高3年の鷲野花夏(わしのかな)さん。山梨県早川町内の山林の物置小屋の中で壁に背中をつけ、座った状態で亡くなっていた。背中には4カ所刺し傷があり、首にもひものようなもので絞められた痕があった。小屋からはロープが見つかった。
捜査関係者によると、死体遺棄容疑で逮捕された群馬県渋川市のいずれも職業不詳、小森章平容疑者(27)と妻の和美(いずみ)容疑者(28)は「小屋の中で殺した」と供述。遺体には目立った防御創が確認されないことなどから、夫婦が小屋の中で背後から女子生徒の首をロープで絞め、抵抗できない状態で刃物で背中を刺した可能性がある。
小森容疑者は女子生徒について「2年ほど前にツイッターで知り合った」と説明。定期的に連絡を取っていたことなどから、和美容疑者に「関係を疑われ、嫉妬された」という。2人は数カ月前に結婚したばかりだった。
女子生徒は28日午後3時半ごろ、母親に「友達に会いに行く。すぐ戻る」などと話して外出した後、行方が分からなくなった。2人と待ち合わせたとみられ、墨田区内の駐車場の防犯カメラに女子生徒が小森容疑者らの乗用車に自ら乗り込む様子が確認された。
夫婦は「話し合いの場を持った」などと供述。女子生徒を乗せた後、渋川市の自宅に向かった。話し合いは進まなかったとみられ、和美容疑者は「気持ちの整理がつかなくなった」などとする供述をしている。29日夜に女子生徒を連れ出して、山梨県に向かった。
殺害は夫婦が身柄を確保された当日の30日とみられる。夫婦は、首を締めた際に使ったとみられるロープや刃物を事前に準備。また女子生徒の携帯電話は見つかっておらず、取り上げていたとみられる。こうした状況から、捜査本部は夫婦が自宅を出た段階で女子生徒の殺害を計画していた可能性も高いとみている。
(産経新聞の記事から引用)


和美容疑者は殺害を計画し実行したとは認めていないようですが、警察は計画的な殺人として立件すると思います。後は和美容疑者と章平容疑者の間で、殺害について合意があったかどうか、です
和美容疑者は「話し合うつもりだった」と供述しているものの、事実上は鷲野さんをなじり、糾弾し、制裁を科すつもりだったのでしょう。場合によってはそのまま殺しても構わないと考え、そうなったのだと思います
章平容疑者は妻が鷲野さんに危害を加える可能性があると最初から承知していたものと考えられますが、殺害まで承知し協力するつもりがあったのかどうか、微妙な気がします(2人がどのような役割をしたのか、によって判断するのでしょう)
想像すれば、和美容疑者の命令で章平容疑者が鷲野さんの首をロープで絞めたところを、背後から和美容疑者が刃物で複数回刺した…という展開が考えられます
夫を奪おうとした女子高生を、和美容疑者は許す気になれなかった(殺してやろうと思った)という流れです
検察官の立場なら、2人の役割でどちらが主導し、どちらが従属したか、はっきりと色分けして立件しようとするのかもしれません。もちろん、主導した方が刑が重くなり、従属した方は罪が軽くなります
それにしても、と思います
ツイッターやLINEで章平容疑者と鷲野さんがやり取りをしていただけなら、殺害するまでもなかったのでは?
実際に2人が和美容疑者に隠れて密会を繰り返していたのであれば、「殺してやる」と激高したのも理解できますが、どうだったのでしょう?

(関連記事)
墨田区女子高生殺害 20代の夫婦を逮捕
恵庭女性殺人を考える 冤罪とされる根拠
恵庭女性殺人を考える 再審請求を最高裁は棄却
恵庭女性殺人を考える 大越受刑者が刑期満了で釈放
女児2人殺害の飯塚事件(1992年) 再審認めず
女児2人殺害の飯塚事件(1992年)再審なるか?
住友家令嬢誘拐事件(昭和21年)
未解決の誘拐・失踪事件 庄山仁君失踪(昭和44年)
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)
少年誘拐ホルマリン漬け事件(昭和32年)
三鷹女子高生殺害を考える6 懲役22年の判決
静岡女子大生殺害 懲役20年の判決は妥当か?
静岡女子大生殺害 無期懲役求刑
静岡女子大生殺害 ストーカーの言い分
静岡女子大生殺害 初公判で容疑を認める