旭川いじめ凍死事件6 遺族の手記から見えるもの

旭川市でいじめを受けた女子中学生が、真冬の公園で凍死状態で発見された事件について6度目の言及になります
死亡した爽彩さんの母が手記を発表していますので、取り上げます
すでに各メディアで報じられているのと、手記自体長文なので引用は一部にとどめます
それにしてもいじめを隠蔽した中学校の校長や教頭の言動、旭川市教育委員会には怒りが湧きます
特に教頭の、「加害者にも未来があるんです。10人の加害者の未来と、1人の被害者の未来、どっちが大切ですか。10人ですよ。1人のために10人の未来をつぶしていいんですか。どっちが将来の日本のためになりますか。もう一度、冷静に考えてみてください」は、横断幕にして教頭の名前を添え旭川の中学校の校舎正面に100年くらい掲げておいてほしいくらいの暴言・戯言です。この横断幕を見て教育者にふさわしくない言動であると、教員一同、日々反省してもらわないとダメでしょう


旭川女子中学生死亡 公開された母親の手記を全文掲載 いじめを否定し続けた教頭の驚くべき発言
(前略)
5月の連休中、午前3時~4時頃、爽彩はいきなり自宅の玄関をガチャガチャと開け、バタンという大きな音を立てて飛び出していきました。爽彩は「いかなきゃいけない。先輩に呼ばれているから」と泣きじゃくりながら答えていました。関係する生徒2人の名前をきいていたので、対応を求めましたが、学校の担任は「真夜中に呼んだだけなので気にしないでください」と言いました。「娘はガタガタふるえていたし、いじめとかないんでしょうか」と尋ねると「いじめるような子たちではありません」と担任は話していました。
同じ頃、爽彩は「お母さん、死にたい」と言い出すようになりました。「死にたい」という言葉を、少なくとも2回は聞いたと思います。元気なく話す姿は、それまでの爽彩とは全く別人のようでした。そこで、私は、担任に相談しました。しかし、担任は「思春期ですからよくあることですよ」と素っ気ない答えでした。
6月下旬、爽彩は、先輩に呼び出されたまま自宅に帰らず、深夜になってコンビニエンスストアで保護されました。これはおかしいと感じた私は、学校で担任に事情を聞きました。「本当にいじめはないんですか」。担任に尋ねると、「いじめていたら、じゃあなんでリュックなんて届けてくれるんですか」と、「いじめ」をあっさり否定されました。
子どもたちに囲まれ、ウッペツ川に飛び込んだ事件の後、爽彩の携帯電話に、いじめを受けていることを示す履歴があることを学校に知らせました。教頭は「いじめが本当なら指導しないといけないので」と返答がありました。しかし、その後も、何の対応もしてもらえませんでした。それどころか、爽彩の入院中、学校に呼び出された際、教頭から「いたずらが行き過ぎただけで、悪意はなかった」「加害者にも未来があるんです」と頭ごなしに、いじめを否定されました。
「10人の加害者の未来と、1人の被害者の未来、どっちが大切ですか。10人ですよ。1人のために10人の未来をつぶしていいんですか。どっちが将来の日本のためになりますか。もう一度、冷静に考えてみてください」。これは、教頭に言われた言葉です。同席した知人も、あきれ果てるような対応でした。
(以下、略)


萩生田光一文部科学大臣はこのいじめ事件を報じた週刊文春の記事を読み、旭川市教育委員会への怒りが爆発していました。政務三役(大臣、副大臣、政務官)を旭川市に送り込んで直接調べる、とまで言い出しました
慌てて旭川市教育委員会は調査のため第三者委員会を設け、あれこれ調べているようです(もしくは、調べるフリをしている)
事件の経緯は当ブログの前の記事で取り上げていますので繰り返しませんが、いじめ事件を見て見ぬフリをしていた担任や教頭、校長、教育委員会担当者の責任はきっちり追及しなければなりません
校長、教頭はいじめについて嘘の報告書(公文書)を旭川市教育委員会に提出していますので、虚偽記載の疑い(虚偽公文書作成罪)に該当します。有印・署名ありの公文書であれば1年以上10年以下の懲役刑ですし、印なし署名なしの公文書であっても3年以下の懲役または20万円以下の罰金に該当します。罪状によっては執行猶予が付く可能性があるにしても、懲役刑が適用されるだけの犯罪というところが重要です
つまり、校長や教頭の嘘の報告書は懲役刑に該当するだけの重い犯罪であり、懲役刑に問われる犯罪をなした公務員は懲戒免職の対象となり得るわけです(都道府県の条例や懲戒基準によって扱いには幅がありますが)
いじめを隠蔽した元校長は定年退職して、別の自治体で嘱託勤務をしているようですが、本来であれば嘘の報告書を提出したので懲戒免職になっていてもおかしくないのです。もちろん、嘘の報告書だと承知の上でこれを受け取り、北海道教育委員会に提出した旭川市教育委員会の担当者も同罪です
行政法上の問題としては以上のようになるわけですが、告発されて刑罰に問われるかはまた別の話です
保身に走った教育関係者を放置してはいけません。いじめた側の少年少女も、相応の保護処分を受ける(少年院送致が妥当でしょう)必要があると考えます

(関連記事)
旭川いじめ凍死事件5 北海道教育大派閥の害悪
https://05448081.at.webry.info/202105/article_26.html
旭川いじめ凍死事件4  第三者委員会まかせ?
https://05448081.at.webry.info/202105/article_11.html
旭川いじめ凍死事件3 中学保護者会は大荒れ
https://05448081.at.webry.info/202105/article_2.html
旭川いじめ凍死事件2 疑惑の数々
https://05448081.at.webry.info/202104/article_45.html
旭川いじめ凍死事件1 週刊誌が事態解明を促す
https://05448081.at.webry.info/202104/article_44.html
一宮中学生自殺 市長がようやく謝罪
https://05448081.at.webry.info/202107/article_24.html
いじめ4年後に自殺、学校側に賠償命令
https://05448081.at.webry.info/201105/article_58.html
大津の中学生自殺 いじめを放置した学校の言い分
http://05448081.at.webry.info/201207/article_6.html
大津の中学生自殺 橋下市長「いじめをなくすのが行政の仕事」
http://05448081.at.webry.info/201207/article_7.html
大津の中学生自殺 教育委「いじめた側にも人権がある」
http://05448081.at.webry.info/201207/article_9.html
大津市の中学生自殺 いじめ主犯の氏名が明らかに
http://05448081.at.webry.info/201207/article_10.html
大津の中学生自殺 校長は「自殺の練習」を否定
http://05448081.at.webry.info/201207/article_13.html
大津の中学生自殺 教育委員会の隠蔽工作
http://05448081.at.webry.info/201207/article_14.html
大津いじめ訴訟 逃げ得を許さない
https://05448081.at.webry.info/201902/article_15.html
大津いじめ訴訟 元同級生に賠償命令
https://05448081.at.webry.info/201902/article_16.html
大津いじめ訴訟 高裁は保護者側の過失と相殺し減額する判決
https://05448081.at.webry.info/202002/article_30.html
大津いじめ訴訟 加害生徒への賠償命令確定
https://05448081.at.webry.info/202101/article_36.html
福井中学生自殺 生徒を死に追いやった教師
http://05448081.at.webry.info/201710/article_16.html
福井中学生自殺 校長のトンチンカンな釈明
http://05448081.at.webry.info/201711/article_4.html
ウソの万引き容疑で宝塚音楽学校を退学処分
http://05448081.at.webry.info/201007/article_27.html
宝塚音楽学校のいじめ 呆れた実態
http://05448081.at.webry.info/201007/article_39.html
熊本高3いじめ自殺 当時の同級生を提訴へ
https://05448081.at.webry.info/202104/article_46.html
三重いじめ自殺 上級生ら4人を提訴
https://05448081.at.webry.info/202109/article_41.html

神戸5人殺傷事件を考える 初公判は10月13日

2017年7月、神戸市北区で祖父母ら3人を殺害し、実母ら2人に重傷を負わせたとして逮捕されていた竹島叶実被告の初公判が、今年の10月13日に始まると報じられました。公判の予定を見ると、11月4日が判決言い渡しとなっています
事件から足かけ4年でようやく公判開始です。竹島被告については2度精神鑑定が実施され、その上で刑事責任能力ありと判断し起訴に至ったものの、公判が開けないのではないかと思うくらい間が空いてしまいました。何があったのかは不明です
事件直後、ほとんど現行犯逮捕のような形で身柄を抑えたのであり、犯行そのものを否認していたわけでもなく、容疑を固めるのが難しかったとは思えません
さて、この神戸5人殺傷事件も、その後2020年に起きたボーガンによる宝塚の家族3人殺害事件も、報道がほとんどないため取り上げにくいケースです
今回は刑事事件への言及も多い、新潟青陵大学の碓井真史教授の書いた記事を取り上げます(記事の日付は2017年7月です)


神戸5人殺傷事件から考える親殺し、無差別大量殺人の心理学
(前略)
■無差別大量殺人
今回は親や祖父母への恨みではなく、「誰でも良かった」と供述していると報道されています。
一般に、「誰でもいいから殺したかった」と語る大量殺人者は、孤独と絶望感に押しつぶされた犯罪者であることが多いでしょう。彼らは、逮捕されることや死刑にされることも、犯行時には恐れていないこともあります。自分の人生も終わりにしたいが、こんな世界も終わりにしたいと思ったりもします。あるいは、自分をバカにしてきた世の中への最後の復讐であり、自分の力を見せつけたいと考える者もいます。
誰でも良いからことしたかったと感じて、一番身近にいて殺しやすかった母親を殺害した少年もいました。ただし、この少年は母親一人を殺害しています。
犯人の中には、一人を殺害し大量の血を見たことで興奮し、さらに無差別な殺人へと向かう者もいます。これを、血の酩酊と言います。
無差別大量殺人は、無差別とは言え、女性や高齢者がターゲットにされやすくなります。素早く逃げられたり、反撃の可能性が高い人を避ける気持ちは、あるようです。
■優等生いきなり型(挫折型)犯罪
昔から小さな犯罪を重ねてきて、とうとう大きな犯罪を犯す人がいます。一方、優等生で非行歴もないような人がいきなり大きな犯罪を起こすこともあります。大きく報道される猟奇事件などは、むしろこちらの方が多いでしょう。
優等生の中には、不平不満を我慢し続け、どこかで爆発する人もいます。
また、人生のあるところまでは優等生だったのに、大きく挫折して立ち直れない人もいます。彼らは、「こんなはずではなかった」という思いを持ち、社会を強く恨むことがあります。
■無職青年、引きこもり犯罪
無職青年が起こす様々な犯罪は、社会問題の一つです。さらに、引きこもり状態の人が大きな犯罪を起こしてきたことも、これまで報道されてきました。
決して、引きこもり状態の人がみんな危険なわけではありません。ただ引きこもり状態が続く中で、精神のバランスを崩し、現実感覚を失っていくケースはあるでしょう。
■犯罪防止のために
このような犯罪者は、自分の利益を考える一般の犯罪者とは動機が異なります。自暴自棄になってしまえば、厳しい刑罰の存在も犯行のブレーキにはなりにくいでしょう。彼らが抱えている孤独と絶望感の癒しが、犯行防止には必要です。
学校にも職場にも所属せず、社会とのつながりがない状態は、苦しいことでしょう。親も、小さな子どもの不登校などは周囲に言えても、大人の引きこもりになるとなかなか相談などできません。いつかは立ち直ると期待しつつ、時間ばかりが過ぎて行きます。
孤独と絶望を癒し、本人に絆と希望を取り戻すためには、その家族の支援が欠かせません。防犯のためにも、困っている家族を社会が支援して行かなければなりません。
行政も、民間団体も、大人になった子ども孫の問題で悩んでいる家族の相談にのっています。まず、家族が誰かとつながる必要があるのではないでしょうか。


先述のように事件からまもない時期に書かれた記事であり、竹島叶実被告に関する情報がメディアに出回っていたわけでもなく、一般論という形で言及しているものです
なので、事件固有の事情や状況を十分に斟酌し、検討しているわけではありません
ただ、事件の類型のように「■優等生いきなり型(挫折型)犯罪」としているのがひっかかります。以前に書いたように、教育評論家尾木直樹がこの「いきなり型非行」と言い出し、「ある日、突然それまで問題のなかったこどもが非行に走る。これがいきなり型非行、あるいは突然型非行だと私は考える」とテレビ番組の中で説明していました
「成績がよくて素行に問題のないこどもが…」と言いたいのでしょうが、そもそも成績が良いこども=よいこ=問題のないこども、という考え方自体がおかしいのです。当ブログでも繰り返し書いてきたように、成績が良いという部分ばかり注目し、それ以外の部分を見ていない(特徴や人格傾向をつかめていない)から、こんなおかしな類型に当てはめようとするのでしょう
成績が良くても発達障害を抱えているこどもはいるわけですし、学校では素行に問題がなくても自宅で犬や猫を殺しているこどももいます。こどもの全体像を把握できていないがゆえに、「見た目は問題のないこども」と決めつけてしまっているだけなのです
詳細に調べれば、学校内外、家庭でさまざまな問題行動が目撃されていた、というケースが少なくないのです
神戸の連続児童殺傷事件のように、小学生の頃から猫を殺すなど問題行動がありながらも、表面上は「普通のこども」とされ、「ある日突然、凶悪な事件を起こした」かのように語られるわけで、自分はこの「■優等生いきなり型(挫折型)犯罪」という類型には賛成できません
さらい言うと、神戸連続児童殺傷事件では何かの挫折が犯行のトリガーになっていたわけではないのであり、挫折型犯罪という括りにも該当しないのです
本件の話に戻って、竹島叶実被告の情報が乏しいため、彼が挫折をしたのか、あるいは別種のトラブルがあったのか、病気だったのか、把握できないのであり、検察の起訴状朗読の中で明かされるのを期待します

(関連記事)
神戸5人殺傷事件を考える 2度連続の精神鑑定
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
酒鬼薔薇は「命の大切さを知らない」とする誤解
文藝春秋が神戸連続児童殺傷事件家裁決定を全文掲載
神戸事件元少年Aは「絶歌」で何をしたかったのか?
宝塚ボーガン殺人 野津英滉を起訴
宝塚ボーガン殺人 家族3人殺害
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える2 なぜ15年間放置されたか
豊川引き篭もり殺人を考える3 殺人事件はまれなケース
豊川引き篭もり殺人を考える4 殺人未遂のケースは多発?
豊川引き篭もり殺人を考える5 インターネット依存という誤解
豊川引き篭もり殺人を考える6 引き篭もりは精神病?
豊川引き篭もり殺人を考える7 責任能力で論争
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉被告起訴も初公判はまだ
日立市母子6人殺害を考える 小松博文容疑者とは
今も存在する戸塚ヨットスクール
突撃おばさん
突撃おばさん その2

8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(3)

8人の女性を殺害した大久保清死刑囚の事件から50年になるのを機に、事件を振り返るシリーズの第3弾です
大久保の事件に触れたウェッブサイトの記事では、大久保の祖母はロシア人で安中で芸者をしており、大久保の母親は日本人の祖母と日本人の間に生まれたハーフ、と書いているものがあります。が、大久保家は祖母と疎遠であり(大久保の母シンと祖母の間に確執があり、老いた祖母の面倒を見ようとしなかった。祖母はその後、東京のドヤ街に流れ着き餓死したという話があります)、明確な証拠が残っているわけではありません。あるいは祖母は日本人でロシア人男性との間にこどもをもうけた、という説もあります
大久保清はこどもの頃、「ロシア人とのあいの子」と揶揄されいじめられたとの話も度々引用されます。地元で取材をした記者がそうした話を耳にしたのでしょう
ただ、大久保の精神鑑定を担当した中田修教授は大久保にロシア人の血が入っている説を否定しています
片田珠美著「攻撃と殺人の精神分析」(トランスビュー刊)の中で取り上げていますので、引用させていただきます


大久保清の事例
連続殺人犯として、日本でまず想起されるのは、連続女性強姦殺害事件の大久保清、連続幼女殺人犯の宮崎勤被告あるいは神戸の連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇少年などであろう。欧米の連続殺人と比べると、事件数、犠牲者数ともまだ少ないが、1980年代以降、わが国においても、異常性愛にもとづく犯罪が増加しつつあるのは事実である。したがって、今後日本でも、自己愛的な性的殺人を繰り返す連続殺人犯が増加する可能性はかなり高いのではないかと考えられる。そこで第一章では、自己愛的な性的殺人を繰り返した大久保清と宮崎勤の二人の連続殺人犯、第二章では、フランスで「パリ東部の殺人鬼」として恐れられたギュイ・ジョルジュの事例をとりあげて、性倒錯、幻想、幼児期に受けた印象などの視点から分析していくことにしたい。
八人の女性を次々に殺害し、その死体を土中に埋めた大久保清は、逮捕後、強姦致傷、強姦、殺人、死体遺棄の罪名で起訴されて死刑判決を受け、1976年1月26日、東京拘置所で死刑を執行された。
連続女性強姦殺人犯として日本中に衝撃を与え、恐れられた彼は、1935年に生まれ、幼いころは、まれに見るかわいい子として近所の人からも愛されていた。大久保は色白で目鼻立ちがはっきりしており、いくぶん赤みを帯びた髪とわずかに青みがかった瞳を持っていたために、「まるで外国人の子供みたい」とかわいがられたのである。
これは母キヌの、大柄、色白で、鼻筋が通っており、頭髪が赤みを帯びていた血を受け継いだものと考えられる。キヌは、その風貌、私生児としての出生から、ロシア人との混血ではないかとの風説が流布していたが、この点について、大久保清の精神鑑定を行なった中田修は、次のように述べている。
「鑑定人が調べたかぎりでは、このことは一応否定できるようである。もっとも、全く異論がないわけではない。祖母が外人との間に母を生んだ後に大久保[清の祖父](母は出生後、私生児として届けられており、その後九歳のとき養女としてひきとられた先が、大久保という男性であった。彼は小学校の用務員をしており、賭博の常習犯であったようだが、母自身は「自分の(実の)父は大久保に間違いない」と語っている)と知り合ったという可能性もないわけではない」。
いずれにせよ、真相は藪の中である。母の出生にまつわるこのようなあいまいさが、清の母子関係、性欲動の発達などにまったく影響を及ぼさなかったとは考えにくく、それはたとえば、連続女性強姦殺害の犯行当時、彼がルパシカ(ロシアの男性が着る上衣の一種)を愛用していたという事実に、端的に表われているのではないだろうか。もちろんこれは、画家を気取る自己顕示性、虚栄心の表われであろうが、彼がロシア語を習っていたことも考え合わせると、ロシア人であったかもしれない母方の祖父への同一化の機制も働いていたように思われる。
清の両親は、父善次郎が大久保家に婿養子として入るかたちで結婚し、三男五女をもうけた。父は、長年国鉄に勤めた後、1945年、終戦直後に国鉄を退職、その後は農業に従事したり、息子に電気商、牛乳販売店を経営させたりなどした。小心、ひょうきんな性格で子煩悩な父親であったらしいが、性的に放縦な傾向があったのはたしかなようである。清の兄貞吉は次のように証言している。
「父は性的にはげしいというか、だらしないというか、その点でもわたしは好きではありません。外で子供を造ったこともその一つの例ですが、父はわたしが小学一、二年のころまで、子供の前で平気でスモウをとりました。スモウというのは関係することであります。また女郎屋で淋病でももらってきたのか、ちょいちょい便所の中で自分のものを洗うのを見ております」(参考人調書)。


話が少しそれてしまうのですが、1917年から始まったロシア革命により、ロシアの貴族階級や裕福な商人、軍人等が相次いで亡命し、ヨーロッパへ逃れたり、日本を経由してアメリカへ逃れたりしています。そのうち、日本に留まったロシア人もいたわけです。国を逃れてきた人たちですから収入はないのであり、生活に困窮した挙げ句に身売りをするロシア人女性もいました
野球選手として活躍したスタルヒン投手の生い立ちを調べても、戦前は彼もなかなか日本国籍を取得できず苦労した、という話が出てきます。ロシアから亡命してきた人たちがすべてそうだとは決めつけられませんが、日本は彼ら彼女らに進んで国籍を与えようとしなかったのは事実でしょう
自分が中学生のとき、ロシア人の血を引く同級生がいました。いかにもスラブ系だと思わせる色白の美少女でした。が、その後彼女は陰惨な殺人事件に巻き込まれてしまいます。その件はいずれ書くかもしれません
なので、大久保清の祖母、あるいは祖父がロシア人と聞いても、ああそうかと思うだけで、意外な感は特にありません
話を戻して、片田珠美が血統を問題視したのは画期的だと自分は思います。これまで定説のように大久保の祖母、あるいは祖父がロシア人と語られてきたわけです。それを疑い、精神鑑定をした中田教授の「否定的な見解」を持ち出すことで、ロシア人の血が混じっているという説が親族や地元民の思い込みであり、大久保自身もそう思い込まされていた可能性が浮かび上がってくるからです(メラミンの欠乏によって髪の毛が赤くなる遺伝的な障害、もあります)
もちろん、大久保はこどもの頃に「ロシア人とのあいの子」と揶揄され、いじめられた経験があったと推測されますので、心の奥底にまで出自についてのわだかまり、恨み、不満、怒りが刻みつけられていたと考えられます
ゆえに、逮捕後面会に来た父母に対しても怒りをぶつけ、拒絶する態度を大久保が示し続けたのも、己の体の中に流れる血に対する根源的な憎悪が原因ではなかったか、とも考えられるのです
大久保が家族を憎み、世を憎み、できるだけ多くの女を犯して殺し、不幸を振り撒こうと思い立った理由の1つに、血統の問題があったのかもしれない、というのが自分の仮説です

(関連記事)
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(2)
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(1)
ヒステリックブルーのナオキ 性犯罪を繰り返す理由
住友家令嬢誘拐事件(昭和21年)
未解決の誘拐・失踪事件 庄山仁君失踪(昭和44年)
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)
少年誘拐ホルマリン漬け事件(昭和32年)
小田島死刑囚 食道がんで病死
強盗殺人事件の田尻賢一死刑囚 死刑執行
大阪パチンコ店放火殺人 高見被告の死刑判決確定
死刑執行 アパート大家殺人の津田死刑囚ら2人
加古川7人殺し事件 藤城被告死刑確定
武富士強盗放火殺人の小林死刑囚 死刑執行
死刑執行 坂出市3人殺しの川崎死刑囚
山梨・新潟連続殺人の藤島光雄 死刑執行
死刑執行 横浜中華街射殺事件の熊谷死刑囚
岡山派遣OL殺害事件 死刑判決
死刑執行 岡山OL殺害の住田紘一
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
「黒い看護師」殺人の吉田純子 死刑執行
光市母子殺害事件 最高裁も死刑判決支持
死刑執行 犯行時19歳だった関光彦
愛犬家殺人の関根死刑囚 拘置所で病死
木曽川長良川連続リンチ殺人の少年被告3人に死刑判決
「死刑囚の素顔」と題する本の功罪 ドキュメンタリーの嘘
殺人死体遺棄で懲役20年と無期懲役判決の凶悪(1)
殺人死体遺棄で懲役20年と無期懲役判決の凶悪(2)

ヒステリックブルーのナオキ 性犯罪を繰り返す理由

繰り返し取り上げている元ヒステリックブルーのギタリスト、二階堂直樹の強制猥褻事件ですが、まだ判決には至っていません
事件の概要や裁判の経過は当ブログにこれまで書いてきた記事を参照願います
今回は、「なぜ性犯罪を繰り返すのか?」という根本的な問いを考えます。すでに御存知の通り、二階堂直樹被告は過去の性犯罪で逮捕・起訴され、懲役12年の判決を受けて服役した経験があり、性犯罪が被害者にも自分自身にも多大な負担を与えると学習していたはずです
2020年9月の産経新聞の記事に、性依存症の治療を実施している精神科医のコメントがありますので取り上げます


20代の女性に対する強制わいせつ致傷の疑いで埼玉県警に逮捕された、バンド「Hysteric Blue(ヒステリック・ブルー)」(2004年に解散)の元ギタリスト、二階堂直樹容疑者(41)。過去にも強姦などの罪で実刑判決を受け、刑務所内で再犯防止プログラムを受けていたにもかかわらず、出所後、同様の犯罪を繰り返したわけだ。なぜやめられないのか。
逮捕容疑は7月6日午前2時15分ごろ、同県朝霞市内の路上で、背後から女性の口をふさいで押し倒し、右ひじに1週間のけがをさせた疑い。署によると、女性とは面識がなく「体を触りたかった」と供述している。
二階堂容疑者は2003~04年に東京都目黒区や大田区の路上で女性8人に乱暴したなどとして強姦などの罪に問われ、06年に懲役12年の実刑判決が確定し服役。山形刑務所に服役中の16年、刑務所内で性犯罪の再犯防止プログラムを受けていることを手記で明かし、同年に出所していた。
ヒステリック・ブルーは『春~spring~』などのヒット曲で知られ、1999年にはNHK紅白歌合戦に出場。二階堂容疑者はナオキの名で活動していたが、バンドは事件を受けて2004年に解散した。
依存性治療を専門とするライフサポートクリニック(東京都豊島区)の山下悠毅院長は、「依存症を抱えた人の真の目的は、性欲の解消でも射精でもなく、行為に伴う自己愛の獲得です。彼らは女性を乱暴することで、『自分だけができる』という自己重要感や、『今度はこんなこともできた』といった成長感を満たそうとするのです。痴漢や盗撮などの性犯罪が依存症である根拠として行為のエスカレートがありますが、それは先ほど述べた自己重要感や成長感を継続して満たすには、行為の頻度や難易度の上昇が欠かせないからです」と説明する。
そして、「倫理観や道徳観で一刀両断するのではなく、女性に乱暴することでしか自己重要感や成長感を満たせない当人の生きづらさを理解した上で、カウンセリングや精神科の薬剤も併用しながら回復を目指すことが大切です」と語る。
(産経新聞の記事から引用)


自分は精神分析の立場から、性犯罪は決して満たされることのない欲望を満たそうとする衝動に支配された、反復強迫行為の発現という仮説に基づいて考えます。ただ、1つのモデル(仮説)に何もかも当てはめようとするのは正しくないのであり、別の見方、別の仮説も無視できません
果たして性犯罪が、上記の山下院長の「(性犯罪を繰り返すことで)自己重要感や成長感を継続して満たそうという欲求」によるものなのか、即座に判断はできません
フランスの精神分析家ジャック・ラカンの考えによれば、「その欲求は満たそうとして決して満たされないもの」だからです
二階堂被告に照らし合わせると、「夜道を1人で帰宅する女性の後を尾行し、支配欲を満たそうと思った」との自覚は優越感を満たす狙いがあったのでしょう
それに続くコメントの「倫理観や道徳観で一刀両断するのではなく、女性に乱暴することでしか自己重要感や成長感を満たせない当人の生きづらさを理解した上で」というのは重要な指摘だと受け止めます
お説教をしたり、批判するのではなく、彼が抱えていた疎外感とか、元受刑者である自分を隠して生きなければならない閉塞感も斟酌して語らなければならないのでしょう
もちろん、女性を乱暴することでしか自分自身を確認できないとか、達成感を満たせないというのは大間違いであり、根本的な部分で認知の歪みが大きいのですが(それに女性は男の自己実現や達成感のための道具ではありません)
当ブログで取り上げている連続強姦殺人の死刑囚大久保清の場合、自己重要感とか成長感を満たしたいがゆえの犯行ではなく、1人でも多くの女を犯して殺したい、社会に復讐したいというドス黒い執念、衝動が前面に出ている感があり、二階堂被告とは大きく異なって映ります
なので、性犯罪を繰り返すにしても、そこは性犯罪者個々に理由・事情があると考え、1つのモデルに押し込めて解釈するのではなく個別に考察するのがよいのではないかと思います

(関連記事)
ヒステリックブルーのナオキ 法廷で検察官と激しい応酬
ヒステリックブルーのナオキ 性犯罪ではないと釈明
ヒステリックブルーのナオキ 示談成立も被害者は刑罰求める
ヒステリックブルーのナオキ 初公判でわいせつ否認
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつ未遂で起訴
ヒステリックブルーのナオキ 再犯に至る事情
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつでまた逮捕
性犯罪支援団体代表 強姦容疑で逮捕
性犯罪支援団体代表強姦で逮捕 妻と涙の面会
性犯罪支援団体代表強姦 被害者は200人?
https://05448081.at.webry.info/202109/article_14.html
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
福岡女児遺棄事件を考える6 性犯罪更生プログラムは有効か?
福岡女児遺棄事件を考える7 内間被告会見記
性犯罪者に対する薬物療法の実際
今市女児殺害事件 「物色中に偶然見つけた」
今市女児殺害事件 犯行を自供した男
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
福岡強姦殺人 性犯罪を繰り返した古賀被告
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(3)
https://05448081.at.webry.info/202108/article_31.html
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(2)
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(1)

8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(2)

9人の女性を強姦し、そのうち8人を殺害して遺棄した大久保清死刑囚の事件から50年が経ちました。上毛新聞が事件から50年を機に、特集記事を掲載していましたので、それを読みつつ思うところを書きます
ところで大久保清事件をインターネット上で調べると、Wikipediaの内容を丸写ししたウェッブサイトやブログがいくつも目に付きます。アクセス数を稼ぐためなのでしょうが、いかがなものかと思ってしまいます。まあ、自分のブログもいくつかのウェッブサイトや本に書かれている内容の寄せ集めですから、批判できる立場ではないのですが
さて、今日は大久保清がどのような人物であったのか、に絞って書くつもりです


大久保は問う~女性連続殺人から50年(3)素行 親の訴えにも自供拒絶
「車は密室で、外から中の様子は見えない。『知らない人の車には絶対乗っちゃだめ』って、よく教え子に伝えました」
群馬県富岡市の女性(81)は3月、大久保清元死刑囚=1976年執行、当時(41)=が逮捕された71年のことを思い出した。東京農大二高で教壇に立っていた。
女性の夫(81)も富岡東高で教えていた。大久保元死刑囚が、上州富岡駅の周辺でも若い女性たちに声を掛けたという真偽不明の情報が出回った。「生徒たちには気を付けろと、相当言いました」と言う。
殺害された被害女性計8人(当時16~21歳)の住所地は、旧新町、旧新里村、高崎、伊勢崎、前橋、藤岡各市と広域にわたった。大久保元死刑囚はこれ以外にも県内各地で無数の女性に声を掛けていた。県外へも出掛けていたとされる。
「友人が男に声を掛けられ、それが後で大久保(元死刑囚)だと分かり、富岡署で事情を聴かれた」。甘楽町の女性(65)は語る。あの子が誘われた、高崎の駅近くで接触した…。いつもなら平穏そのものの町中に、うわさが広まった。町民の男性(72)は「身近な場所でこんな犯罪が起きるなんて。そうした不穏な空気があった」と話す。
大久保元死刑囚はどんな素行だったのか。初公判(同年10月、前橋地裁)で示された検察側の冒頭陳述に、記述がある。
35年に当時の碓氷郡八幡村(現高崎市八幡町)で生まれ、53年にラジオ店を開業した。55年に女性に乱暴しようとした罪で執行猶予判決を受け、翌56年には別の女性に乱暴した罪で実刑判決が下り、刑務所へ入った。出所後は牛乳店を営んだ。
67年に再び女性暴行事件を起こすなどして実刑判決を受け、恐喝未遂罪なども併合されて、同年中に府中刑務所に服役した。仮出所は71年3月2日。8人殺害事件の最初の被害者に手を出したのは、そこから1カ月もたたないうちだった。
女性殺害事件を巡り逮捕され、勾留中の同年6月、大久保元死刑囚の両親が接見に前橋署を訪れた。取り調べで否認や狂言を繰り返すなどして、被害者が最終的に何人に上るか分かっていない時期だった。
〈他に何人も殺しているなら、早く自供を〉
両親の訴えに、大久保元死刑囚は接見の目的が自身に供述を促すためだと見透かした上で、返した。
〈俺は家族にも裏切られた。刑務所から出てくるたびに、友達も冷たくなった。俺の気持ちは誰にも分からない〉
(上毛新聞の記事から引用)


大久保の家族や育成歴に問題があるとしても、家族を頑なに拒絶するようになった理由がいまいちはっきりしません。むしろ、性犯罪を繰り返して刑務所を出たり入ったりする己を所業を「家族のせい」にする、ある種の被害妄想があったのではないか、とも考えられます
逮捕後、大久保の精神鑑定が実施されたのですが、ウェッブサイトを見て歩くうちに、「精神鑑定は大久保が正常であると判明した時点で終わっており、それ以上は深く大久保の人格に踏み込まなかった」との記述を見つけました
これは疑問に思います。なぜなら、大久保の精神鑑定は東京医科歯科大学の中田修教授(精神鑑定の第一人者)が半年かけて担当し、助手には福島章、小田晋、稲村博の3人が起用されました。いずれも精神鑑定や精神医学の分野で名を成した人物です。これだけのメンバーが集まり半年を費やして、「大久保は精神異常とは認められず、責任能力に問題はない」との結論だけで終わるはずがありません
大久保の精神鑑定結果については詳細がまだ確認できていませんので、後日取り上げるつもりです
さて、大久保清事件の詳細と逮捕後の取り調べなどなど、Wikipediaの記事よりも情報量が豊富なサイトを紹介しておきます
被害者の実名まで書かれているのはアレで、読まれる方は心の中で手を合わせ被害者の冥福を祈念してください

大久保清連続殺人事件

上記のサイトの中で、大久保は拘置所で手記「訣別の章」(手紙が後に編集され本になった)を書き残しており、下川耿史が「殺人評論」(青弓社刊)で「言葉遣いが難しい割には浅薄で、他にもひどくセンチメンタルな詩を長々と書き連ねており、これが36歳の男が書くものかと思うほど実に少年っぽい」と酷評しています。その大久保の手記・詩の一部を読むことができます


やたらと凝った表現の、ナルシズムにどっぷり浸った「詩情溢れる」文章が並んでいます。が、こうしたポエムを綴るインテリ、というのが大久保の憧れであり、そういう者になりたかったのでしょう(もちろん、なれないのですが)
読んでわかりように中身のない、ただ言葉を飾っただけの表現であり、その中身のなさが等身大の大久保清そのものであったのかもしれません
当時の学生運動に刺激を受け、小難しい演説をする学生活動家に憧れ、イデオロギーやらアナーキストという表現を使ってはいるものの、その本質は決して理解できないままだったと想像します

(関連記事)

8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(3)
https://05448081.at.webry.info/202108/article_31.html
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(1)
住友家令嬢誘拐事件(昭和21年)
未解決の誘拐・失踪事件 庄山仁君失踪(昭和44年)
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)
少年誘拐ホルマリン漬け事件(昭和32年)
小田島死刑囚 食道がんで病死
強盗殺人事件の田尻賢一死刑囚 死刑執行
大阪パチンコ店放火殺人 高見被告の死刑判決確定
死刑執行 アパート大家殺人の津田死刑囚ら2人
加古川7人殺し事件 藤城被告死刑確定
武富士強盗放火殺人の小林死刑囚 死刑執行
死刑執行 坂出市3人殺しの川崎死刑囚
山梨・新潟連続殺人の藤島光雄 死刑執行
死刑執行 横浜中華街射殺事件の熊谷死刑囚
岡山派遣OL殺害事件 死刑判決
死刑執行 岡山OL殺害の住田紘一
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
「黒い看護師」殺人の吉田純子 死刑執行
光市母子殺害事件 最高裁も死刑判決支持
死刑執行 犯行時19歳だった関光彦
愛犬家殺人の関根死刑囚 拘置所で病死
木曽川長良川連続リンチ殺人の少年被告3人に死刑判決
「死刑囚の素顔」と題する本の功罪 ドキュメンタリーの嘘
ヒステリックブルーのナオキ 性犯罪を繰り返す理由
殺人死体遺棄で懲役20年と無期懲役判決の凶悪(1)
殺人死体遺棄で懲役20年と無期懲役判決の凶悪(2)

ローザンヌ入賞のバレエダンサーを逮捕 少女淫行容疑

いかに一芸に秀でようとも、犯罪はダメです。特に、未成年者に対する性犯罪は厳しく罰せられるべきであり、本人の立場や過去の実績で手加減を加えるのは大間違いでしょう
2015年のローザンヌ国際バレーコンクールで3位に入賞を果たした伊藤充容疑者が、当時16歳の少女との淫行で逮捕されたと報じられています。事件は2019年で、海外在住だった伊藤容疑者の帰国を待って逮捕したのだとか。日本で被害届が出され、逮捕状が用意されているとは知らなかったのでしょう


バレエを教えた少女にわいせつな行為をしたとして、警視庁はバレエダンサーの伊藤充容疑者(25)=埼玉県上尾市谷津2丁目=を児童福祉法違反容疑で逮捕し、16日発表した。容疑を認めているという。
伊藤容疑者は、若手ダンサーの登竜門といわれるローザンヌ国際バレエコンクールで2015年に3位入賞した。
碑文谷署によると、逮捕容疑は19年8月9日、東京都新宿区歌舞伎町のホテルで、当時16歳だった少女が18歳未満と知りながら、みだらな行為をしたというもの。伊藤容疑者が活動拠点にしているオーストリアから一時帰国したところを逮捕した。
少女はマッチングアプリを通じて伊藤容疑者と知り合い、バレエの指導を受けたこともあったという。事件当日は伊藤容疑者からホテルに誘われたといい、少女は当初断ったが、「断ると、バレエ界で生きていけなくなるのではないかと怖くて、ついていってしまった」と話しているという。
(朝日新聞の記事から引用)


別の報道によれば、「その後の警視庁への取材で、伊藤容疑者は去年3月、少女に対してSNSで『他にも女の子はいる。遊びの一人だった』と伝えていたことが分かりました」とあります。つまり、被害にあった少女は2020年3月時点で自分が伊藤充容疑者の恋人であると思い込んでいたのでしょう。しかし、SNSで伊藤容疑者から返ってきた返事を見て、自分が弄ばれていると知り、被害届を出した…という経緯だと思われます
これは心を折られるほど冷淡で冷酷な現実を見せつけられたのであり、十代の少女にとってはつらい経験だったに違いありません
伊藤容疑者にすればバレエを志す少女を手玉に取り、いくらでも弄ぶことができたのであり、引っ掛け放題だったのかも。なので、弄ばれた少女の気持ちなど、これっぽっちも理解できないでしょう
逮捕後は謝罪めいた発言を口にするとしても
また、逮捕に至った経緯を考えると被害者の処罰感情が相当に強いものがあり、伊藤容疑者側が示談をもちかけてもすんなりとは応じないはずであり、単純に罰金刑で済んだりはしないと考えられます。過去の類似した児童福祉法違反事件(16歳の少女をホテルに連れ込み淫行した事件)では懲役10ヵ月の有罪判決、という判例も存在します
また、被害者が当時16歳ですから欧米では少女相手の性犯罪として厳しい目で見られるはずであり、伊藤容疑者は海外での活動の場を失う結果になるでしょう。また、日本に戻ってバレエ関係の仕事に就くのも難しくなります。少女に手を出すバレエ教師に娘を託そうという親はいません

(関連記事)
ローザンヌ国際バレエ 日本の高校生が1位2位
ローザンヌ国際バレエコンクール 佐々木万璃子3位に
シルヴィ・ギエムが舞う「ボレロ」 神の領域
リスト国際ピアンコンクールで後藤正孝さん優勝
全盲の日本人ピアニスト クライバーン・コンクール優勝
音楽コンクール 光と影
ジュネーブ国際音楽コンクール 萩原麻未さん優勝
ブザンソン指揮者コンクールで垣内悠希さん優勝
12歳のピアノ王子 牛田智大デビュー
「音楽コンクールで台頭著しい韓国勢」という記事

8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(1)

大久保清の名前を聞いてその人物を思い浮かべられる方は、それほど多くないのかもしれません。今ではすっかり忘れられた名前、なのでしょう
1971年、強姦殺人の容疑で逮捕された大久保清容疑者には、複数の事件に関与した疑いがありました。が、大久保容疑者は取り調べに対してのらりくらりと応じ、女性を強姦し殺害したことも、その遺体をどこかに遺棄したことも認めようとはしませんでした
当時は、防犯カメラもドライブレコーダーもない時代ですから、目撃者の証言と本人の自供が頼りで、捜査は難航したようです。ただ、大久保が当時は珍しかったマツダロータリークーペを乗り回し、服装もルバーシカにベレー帽という芸術家気取りで小脇に詩集や小説を抱えていると特徴のある風体あったため、聞き込みを続ける警察には目撃証言がぼつぼつと集まり始めます
最終的に検察は大久保を8人の女性(17歳から21歳で、未成年者が6名)に対する強姦殺人と死体遺棄と1人の女性に対する強姦で立件し起訴します。ただし、大久保の手にかかって殺害された犠牲者はもっといたのではないか、との見方もあります
群馬の地元紙「上毛新聞」が大久保清事件から50年を機に特集記事を掲載していますので、それを読みつつ思うところを書きます


大久保は問う~女性連続殺人から50年(2)翻弄 否認、うそ…核心遠く
「まだ暗くなる前だったかな。出てきたのは」
高山勝さん(80)=前橋市関根町=は3月中旬、群馬県の榛名湖の近くで土の中にあった遺体を掘り起こした時の光景を思い出した。高崎署捜査課係長として現場に急行したと記憶する。1971年5月のことだった。
遺体は当時17歳だった女性。大久保清元死刑囚=76年執行、当時(41)=に殺され、遺棄された。
大久保元死刑囚は8人の女性(当時16~21歳)を71年3~5月に殺害した。高山さんが立ち会った発掘で見つかったのは、最初の遺体だった。深さは他の場所に埋められていた被害者よりも浅かったように覚えている。実況見分には無数のマスコミが押し寄せた。
この発見が、誘拐や乱暴をした疑いで逮捕された大久保元死刑囚を、殺人容疑で本格的に立件する転機になると思われた。そうした捜査機関側などの思惑に反し、事件の全容を解明するにはしばらく時間がかかった。残る7人の発見には、同年7月末まで費やした。
妙義山麓、高崎市の工業団地周辺、下仁田町のコンニャクイモ畑。遺体は各地に埋められていた。皮肉なことに、県警にとってはこの際の遺体発掘の経験が、71年から72年にかけて県内で起きた「連合赤軍」の殺人事件で生きたとされる。
大久保元死刑囚の捜査はなぜ困難だったのか。
否認、うそ。「余分なことは話すが、核心はうたわない。決してばかじゃないが、(人間としての)センターが狂っていた」(高山さん)。そうした容疑者との駆け引きに、翻弄ほんろうされ続けたのだとされる。
〈大久保(元死刑囚)のウソつき、ホラ吹きは一流だったが、弁舌さわやかという点でも類を見ない犯罪者だった〉〈早く遺体を出して家族にお返ししたかったが、焦る気持ちを読み取られては負けで、神経を使った〉…。捜査段階で100日間ほど向き合った県警の取調官(故人)は、後に述懐している。
大久保元死刑囚は当初、藤岡署に逮捕された。71年7月中旬まで前橋署に勾留されていたが、それから同年8月下旬までは当時の松井田署(今の安中署松井田交番)に身柄が移された。
妙義山が一望できる閑静な場所。勾留先をここに変えたのは、大久保元死刑囚の良心に訴える県警の苦肉の策だった。すぐ隣の補陀寺では、住民が心に響けと鐘を鳴らした。「たくさんの記者が来た。2社くらいに電話を貸したな」。近所の細矢栄吉さん(90)は半世紀前を振り返った。
(上毛新聞の記事から引用)


芸術家然とした風体を装い、若い女性に「絵のモデルになってほしい」と声をかけるのが大久保の手口、とされます。が、被害者8人は殺害されていますので、実際はどうであったのか不明です(大久保から強姦された女性が別にいて、殺害を免れていますので、被害者は9人というのが正確なところです)。大久保も事件の核心部分については自供をぼかし、はっきりとした言い方はしていません
さて、話を戻して大久保の生い立ちに触れます。通常、凶悪な犯罪者の場合、その家庭にさまざまな問題が見られるのであり、大久保清も例外ではありません
大久保の父は家人の前でもセックスをするほど性欲が強く、またモラルに欠けた人物で、清の兄の嫁まで強姦しトラブルになっています(兄は2度結婚し、妻は2人とも義父に襲われる被害に遭っています)
異常な性欲が遺伝するとは考えられませんが、性に対する父親の放埒な言動・日常がこどもの成長を歪める可能性はあります
大久保のその異常な性欲が発現したのは小学6年生の時で、近隣に住む女児を強姦しようと試みて抵抗され、腹いせに女児の膣に石を詰める暴行を加えたとして騒ぎになりました。が、警察沙汰にはならなかったようです
20歳の時に大久保は女子高生を強姦して逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けたのですが、その直後に再び強姦未遂事件を起こして有罪判決を受け、先の執行猶予も取り消されて松本少年刑務所に服役します。3年ほど服役して出所した大久保ですが、半年後にはまた強姦未遂事件を起こします(親が示談金を支払ったため不起訴処分)
なので、連続強姦殺人以前にも性犯罪を繰り返していたのであり、認知の歪みと女性への蔑視は相当なものがあったと考えられます
前科を隠して結婚した大久保ですが素行は改まらず、またも2件の強姦事件を起こして府中刑務所に服役します
そして府中刑務所出所後、本件の連続強姦事件に至るのです
親の金で手に入れたマツダロータリークーペで群馬県内から近隣県まで走り回り、若い女性に声をかけて、車に乗せてはホテルなどに連れ込んでセックスして殺害、遺体を遺棄するという鬼畜の犯行を重ねるのです
長くなりましたので、一旦区切りとします

(関連記事)
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(3)
https://05448081.at.webry.info/202108/article_31.html
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(2)
https://05448081.at.webry.info/202108/article_30.html
住友家令嬢誘拐事件(昭和21年)
未解決の誘拐・失踪事件 庄山仁君失踪(昭和44年)
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)
少年誘拐ホルマリン漬け事件(昭和32年)
小田島死刑囚 食道がんで病死
強盗殺人事件の田尻賢一死刑囚 死刑執行
大阪パチンコ店放火殺人 高見被告の死刑判決確定
死刑執行 アパート大家殺人の津田死刑囚ら2人
加古川7人殺し事件 藤城被告死刑確定
武富士強盗放火殺人の小林死刑囚 死刑執行
死刑執行 坂出市3人殺しの川崎死刑囚
山梨・新潟連続殺人の藤島光雄 死刑執行
死刑執行 横浜中華街射殺事件の熊谷死刑囚
岡山派遣OL殺害事件 死刑判決
死刑執行 岡山OL殺害の住田紘一
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
「黒い看護師」殺人の吉田純子 死刑執行
光市母子殺害事件 最高裁も死刑判決支持
死刑執行 犯行時19歳だった関光彦
愛犬家殺人の関根死刑囚 拘置所で病死
木曽川長良川連続リンチ殺人の少年被告3人に死刑判決
「死刑囚の素顔」と題する本の功罪 ドキュメンタリーの嘘
ヒステリックブルーのナオキ 性犯罪を繰り返す理由
殺人死体遺棄で懲役20年と無期懲役判決の凶悪(1)
殺人死体遺棄で懲役20年と無期懲役判決の凶悪(2)

給食センター所長 給食費横領で逮捕

大阪府四條畷市の学校給食センター元所長が小中学生の保護者から預かった学校給食費を銀行口座から勝手に引き出し、約1450万円を横領した容疑で逮捕、起訴されています
この給食センター元所長、林雅弘被告(65)は給食調理員として採用されてからの叩き上げで、いわば給食業務をよく知る人物としてワンマン経営振りを発揮していたのでしょう
横領すれば当然、口座の残高が不足します。四條畷市の給食会計は3年連続で赤字となり、林被告はこれを「食材費高騰のせい」だとして市教育委員会に給食費を値上げするよう迫っていたのだとか
市が当然、監査をして給食会計をチェックしていたはずで、横領を見抜けなかったとすれば監査業務自体いい加減だったと思われます
ただ、学校給食業務は市教育委員会の所管でしょうから、市教育委員会が林被告に任せっきりにしていたのが、そもそもの原因です
以前にも書きましたが、日本では教育現場に政治を介入させないとの理由で、教育行政は市や県の行政とは別立てにされており、市長や県知事といえども教育現場には直接介入できないというのが建前です。そのため、学校でのいじめや教師による性犯罪も教育委員会任せになっており、教育委員会が責任逃れのため隠蔽工作をする事態もしばしばです


学校給食41年
業務上横領罪などで起訴されたのは、林雅弘被告(65)。昭和54年に給食調理員として採用され、学校給食に41年間たずさわった「たたき上げ」。平成26年から再任用期間を含めた6年間、学校給食センター所長を務め昨年3月に退任した。
後任の所長らが、センターが事務を担う「学校給食会」の会計に不審な点があるのに気づき、今年1月、大阪府警に告発。林被告、給食会計の口座から、令和元年7月から11月までの間、3回にわたって計約330万円を横領した容疑で今年5月に逮捕され、余罪を合わせ7月に起訴された。
起訴状などによると、食材の納品業者を装った自分の口座に学校給食会から振り込み手続きを行う手口で、平成27年1月以降、10回で計約1450万円を横領したとされる。
また、平成31年3月に行われた給食配送業務の入札をめぐり、業者から紳士靴やスーツなど計約22万円相当を受け取った加重収賄罪などでも起訴された。
市関係者の一人は「いま思えば派手な腕時計など公務員らしくない部分はあった。所長になった初年度から給食費に手をつけていたとは」と話す。
値上げしても赤字
市によると、市の学校給食会の会計は年間2億3千万円前後の支出・収入がある。林被告が所長となった26年4月に給食費を値上げしたにもかかわらず、給食会の会計は28年度に約55万円、29年度に約100万円、30年度に約310万円の赤字が続いた。
このため、31年4月から給食費は月額200円値上げされ、小学校は4400円、中学校は4800円に。中学校は府内平均レベルだが、小学校は約400円高い。
この給食費の値上げを市教委や学校給食会の理事会に提案したのが林被告だ。31年1月の市教委定例会の議事録によると「台風や地震で食料品価格が上昇している」と値上げ理由を説明し、理解を求めていた。
市への取材によると、値上げにより給食会計は年間約1100万円の増収となった。だが、林被告はその後も横領を重ね、給食費の値上げで会計の赤字を埋め、さらに横領を続けた可能性がある。
市の関係者は「会計を1人に任せたのは市と市教委の責任。1450万円もの横領が明らかになった以上、給食費の値上げが妥当だったのか、保護者や教員に説明する必要がある」と指摘する。市教委の担当者は「食材価格が上昇していたのは事実だと思うが、それ以上は何も言えない」と言葉を濁す。
東修一市長と植田篤司教育長は林被告の逮捕後、記者会見し「教育行政と市政への信頼を損なうことになり申し訳ない」と陳謝した。6月議会で自らの減給処分を行ったが、さらなる説明が求められるだろう。
(産経新聞の記事から引用)


横領した金額が1450万円とされますが、本当はもっと多いのでは?
ただし、林被告が会計業務に携わるようになった当時の古い書類、領収書などはすでに廃棄されてしまい、チェックできない状態ではないかと思います(一般的には10年保存して、その後は廃棄)
当然、林被告にこれを支払うよう請求するわけですが、回収できるかどうかは別です。林被告の有罪は動かないはずで、林被告名義の預金や土地、家屋は差し押さえの対象になり、有罪で服役するとなれば年金受給資格も出所するまで停止されます
それでも給食費を横領してやりたい放題してきたのですから、世間からは同情されたりしません
記事からの引用では省略しましたが、教材費や修学旅行の積立金、PTA会費など、公の会計に組み込まず教員が私的に管理しているケースも多いと記事では指摘しています。そこからの横領、着服もたびたび事件として報道されます。が、それでも仕組みを改めようとしないのは異常、と自分の目には映ります
公務員時代、会計検査院の監査を受けた経験がありますが、それは随分と細かく容赦ないものでした。最初から不正な行為があると疑ってかかる姿勢であり、細かく法令や規則、部内の規定にまで突っ込んだ質問を浴びせてきます
「誰が業務を主管しているのか、その業務を誰がチェックしているのか、チェックしているのならその記録を見せろ」と要求してきます。記録がないのであれば、「その業務が適切に行われているのか誰も確認しないまま放置しているおり、問題だ」と決めつけてきます
本件に立ち返ると、林被告が給食会計を適切に処理しているか、毎月必ず帳簿と口座の出入金、請求書や領収書を突き合わせて確認する必要があり、誰が確認したのか記録として残さなければならないのですが、やっていなかったのでしょう
教育行政を教育委員会に丸投げしている今の仕組みを改め、金の動きは市が管理するよう改めないと、同種の事件がまた発生します

(関連記事)
金庫から金を盗んだ教師 懲役3年、執行猶予5年の判決
金庫から金盗んだ教師 盗撮容疑で再逮捕
髪の黒染強要 教育長謝罪も訴訟で争う構え
いじめ自殺を隠蔽した中学 2年を経て保護者向け説明会
いじめ4年後に自殺、学校側に賠償命令
大津の中学生自殺 いじめを放置した学校の言い分
大津の中学生自殺 橋下市長「いじめをなくすのが行政の仕事」
大津の中学生自殺 教育委「いじめた側にも人権がある」
大津市の中学生自殺 いじめ主犯の氏名が明らかに
大津の中学生自殺 教育委員会の隠蔽工作
大津中学生自殺 担任は減給1か月のヌルい懲戒処分
福井中学生自殺 県と町に損害賠償請求
福井中学生自殺 校長のトンチンカンな釈明
旭川いじめ凍死事件3 中学保護者会は大荒れ
旭川いじめ凍死事件2 疑惑の数々
旭川いじめ凍死事件1 週刊誌が事態解明を促す

日本で大ヒット確実? 中国アニメ「白蛇:縁起」

たびたび中国や韓国のアニメーションを取り上げています。中国アニメに関しては、「日本アニメに追いつけない」とか「日本のアニメにはかなわない」とするネガティブな報道と、「中国アニメの勢いはすごい。日本アニメを追い抜くだろう」とポジティブな報道が入り混じっています
が、ご承知のようにTVシリーズであれ劇場版であれ、日本で大ヒットしたと認められる中国アニメ作品はありません
ですが、なぜか「中国アニメが日本のアニメを追い抜くだろう」とする報道がいまだに繰り返されているのであり、実に不思議です
おそらく、「中国アニメが日本のアニメを追い抜くだろう」との記事を書くよう中国側からの指示なり、要請なり、発注があって、ライターたちが注文通りの記事を書いているのではないか、と推測します。陰謀論めいた話になってしまいますが、そうとでも考えない限り、「中国アニメが日本で成功する」と書けるライターはいないのでは?
それくらい中国のアニメ作品は日本のアニメファンの嗜好に合っていないのが現実であり、ヒットすると考えられる要素が皆無だと思うのです
しかし、懲りずにまたも中国の劇場版アニメを激賞する記事がありましたので、取り上げます


躍進止まらぬ中国アニメ! 人間と妖怪のドラマチックな恋物語『白蛇:縁起』
古代中国を再現した映像美と迫力のアクションシーンで、すでに満足感!?
中国の四大民間説話の一つ『白蛇伝』の前世の話として作られた『白蛇:縁起』は、中国のアニメ会社とワーナー・ブラサースがタッグを組んで制作したフル3DCG長編アニメーション映画だ。今回はレビュー記事として、本作品の魅力を紹介していこうと思う。
唐王朝末期。国師は民間人に、蛇を大量に捕らえるよう命じていた。そんな「捕蛇村」で目覚めた一人の美しい少女・白(ハク)。記憶を失っていた白は、その村に住む宣(セン)という少年と出会い、二人で白の記憶を取り戻すため冒険の旅に出ることとなった。そんな中、白は次第に、自分の正体が“白蛇の妖怪”であることを思い出してゆく。一方その頃、白が属す蛇族と国師との間で、激しい争いが始まろうとしていた……。
まず初めに感じたことは、その圧倒的な3DCG技術の凄さだ。キャラクターたちの髪や服、表情などの緻密さはもちろんだが、古代中国の風景を再現した美しい自然の描写には目を見張るものがあった。上空から見下ろす一面の紅葉や色鮮やかな夕焼けのシーンには、広大な景色をまるごと一望しているような感動を覚えることだろう。個人的には、透明感のある水の描写がとくに印象に残っている。また、アクションシーンにも注目だ。滑らかで俊敏なスピード感あふれる動作と洗練されたカメラワークで、キャラクターたちの壮大なバトルを生き生きと描写している。ストーリーもさることながら、映像作品としての見応えも充分だ。
Snow Man佐久間大介の演技力も必聴!
本作の主人公は、ある任務により記憶を失った少女・白。宣の住む捕蛇村で目覚めた白は、何かのきっかけにつけては、微かな記憶をフラッシュバックさせてゆく。そんな白と知り合った宣は、蛇狩りをしつつも蛇が苦手という陽気な少年。白と惹かれ合い、白の正体を知った後も、変わらず白を愛す心優しいキャラクターだ。
また宣の声は、ジャニーズグループ・Snow Manの佐久間大介が担当している。劇中では、前情報が無ければ気付かないほどの自然なアフレコを披露しており、彼のファンの方にも本作を楽しんでいただきたい。
(以下、略)


記事を書いているのは映画ライターの斎藤好花という人物ですが、検索しても中国アニメと韓国アニメについてのレビューが2本ヒットするだけであり、売れっ子のライターではないのでしょう
作品を褒めるよう依頼されて書いているにしても、内容があまに稚拙です。「その圧倒的な3DCG技術の凄さだ」などと書いていますが、いまどきのアニメファンが3DCGの技術で驚いたりしませんし、それを見るために劇場へ足を運んだりしません
白蛇伝は中国の古い民間伝承であり、日本でも1958年に劇場版アニメーションが作られています。が、なぜいまになって「白蛇伝」なのでしょうか?
いまどき「白蛇伝」がヒットすると考える方がどうかしているのであり、7月30日から劇場公開が始まっているものの、もちろん興行収入のTOP10に名前はありません
日本のアニメーション監督が手掛けるなら舞台を現代に移し、トレンディドラマのような爽やかな恋愛劇に仕立てるでしょう。なので、中国のこの感覚は古臭すぎて哀れにすら感じます
中国ではそこそこヒットした作品のようですが、日本ではよほどのマニアか吹き替えを担当したSnow Manの佐久間大介のコアなファンだけが観に行くだけでしょう

「白蛇:縁起」予告


(関連記事)
中国アニメ「ウィッシュ・ドラゴン」は世界で通用するか?
中国のバイオレンスアニメ「守護者と謎の豆人間」
中国アニメ「天官賜福」が日本で放映開始
「中国アニメは天才に頼らず日本を超える」との記事
中国アニメと日本アニメ 絶対に越えられない壁
中国アニメ 壁を乗り越えるには何が必要か?
中国アニメはなぜ日本でウケないのか?
中国アニメ 人材育成が困難
セカイ系アニメを語る中国の論評
中国政府の文化(アニメ)政策とは?
「千と千尋」を超えるヒット 中国アニメ「哪吒之魔童降世」
「迷い道にいる日本アニメ」と書く中国メディア
中国サッカー劣るのは漫画「キャプテン翼」がないから
中国メディア 「キャプテン翼」から見る日本のスポーツ文化
「日本アニメを怯える習近平政権」と書く産経新聞
「教訓」重視の中国アニメ ストーリーは後回し
文化強国目指す中国 実態はコンテンツの墓場
中国アニメの逆襲 「一人之下」が日本で放映され話題に?
中国アニメ「一人之下」 日本でウケず自虐する中国人
成功を焦る中国アニメ 世界的なヒット作はなく
「中国アニメは日本に追いついたか?」と書く中国メディア
中国原作アニメが続々登場 日本アニメの危機?
中国紙「中国アニメは日本のアニメに立ち向かえるのか?」
中国メディアの陳腐な論評「日本アニメ、人気の秘密は民族文化」
「日本アニメが中国製に負ける日」と書く陳腐なコラム
中国アニメは独り立ち「日本を超えた」との声

小田急切りつけ男 懲役5年から7年という説

電車の中で刃物を振り回し、無差別に(對馬悠介容疑者は女性を狙ったと供述)殺傷しようという凶悪な犯罪に対して、どのような刑罰が下されるのか注目している人は少なくないのでしょう
また逮捕されたばかりで裁判の結果を云々するのは早すぎるのですが、週刊女性が對馬悠介容疑者の刑罰について記事を掲載しています


殺人未遂での刑の相場は懲役5~7年
無差別殺人未遂という、社会を不安と恐怖のドン底に突き落とした容疑者の身勝手な犯行。今後、どれほどの罪を背負うことになるのか。元検事でフォートレス法律事務所の田中良弁護士に聞いた。
「今回、容疑者は殺人未遂で逮捕されています。一般的に殺人未遂での刑の相場は、懲役5~7年ほど。しかし、今回の事件はもっと重い罪を下されるかもしれません」(以下、田中弁護士)
その理由とは。
「容疑者には酌量の余地がなく、被害者にも落ち度がない。さらに逃げ場のない公共機関での犯行であり、社会的影響力の高さからしても、負うべき責任は重いと言えるでしょう」
今後、殺人未遂として起訴される際の被害者の数とそれぞれの怪我の程度が量刑を決めるポイントになるという。
「重傷を負った20代女性の件は起訴されるでしょうが、その他の被害者が負った被害について、何人分が起訴されるか。怪我の程度にもよりますが、かすり傷程度の場合は、検察が起訴しないケースもあります」
起訴される人数が少なければ、その分、求刑が軽くなることも考えられるという。これほど大きな事件を犯して短い刑期で出所するとなれば、多くの人が不安に思うはずだが……。
「しかし、もし1人分の被害しか起訴されなくても、求刑が殺人未遂の相場である7~8年を下回ることはないでしょう」
それでは、最大でどの程度の罪になるのか。
「4~5人の被害が起訴されることになれば、15~20年という求刑になってもおかしくありません。殺人事件での刑の相場が、おおよそ12~15年くらいなので、殺人事件を犯したのと同等の扱いになるということになります」
(週刊女性の記事から引用)


訴訟のプロである弁護士に物申すわけではありませんが、1つの判例を挙げておきます
2009年3月、東京駅の中央線ホームで25歳の男性が当時60歳の女性を線路に突き飛ばし、戦車に接触させて負傷させる事件がありました。男性被告には発達障害が認められたのですが、検察は殺人未遂で起訴し懲役12年を求刑しています。発達障害ゆえに就職活動がうまくいかず、人を殺して死刑になりたいと思い立って上での犯行でした
弁護人は被告の広汎性発達障害を考慮し懲役4年相当だと主張したのですが、判決では発達障害があっても「自分が何をしているのか理解して行動しており、責任能力が一般人より低かったとはいえない。行為に見合った刑罰を与えるべき」とし懲役9年を言い渡しています
加えて對馬容疑者は万引を繰り返していたという窃盗罪もありますので、これも併せて立件し起訴するでしょう
電車の中で刃物を振り回し無差別に殺害しようという犯行の態様が悪質、かつ反社会的ですから、検察は懲役12年以上は求刑するはずです
現時点で、對馬容疑者に特段汲むべき事情、情状があるとは思えないのであり、求刑から大きく割引いた判決を下すとは思えません。また、公判で對馬容疑者がふてぶてしい態度を取り、「1人も殺せなかったのが残念」などと発言しようものなら、求刑通りの判決を下す可能性もあります

(関連記事)
小田急切りつけ男 女性憎悪犯罪なのか?
https://05448081.at.webry.info/202108/article_38.html
小田急切りつけ男 非モテによる無差別殺人?
小田急切りつけ男 勝ち組女子大生を狙った
土浦8人殺傷事件を考える
土浦8人殺傷事件を考える3 金川被告に死刑判決
土浦8人殺傷事件犯金川真大 死刑執行
秋葉原17人殺傷事件を考える2 加藤智大というイコン
秋葉原17人殺傷事件を考える3 現実との境界
秋葉原17人殺傷事件を考える19 加藤智大の手記「解」
秋葉原17人殺傷事件を考える21 最高裁で死刑確定
新幹線3人殺傷事件を考える 小島一朗容疑者とは
新幹線3人殺傷事件を考える 小島被告に無期懲役判決
新幹線3人殺傷事件を考える 小島被告の手記
原宿自動車暴走事件 大量殺人計画
原宿自動車暴走事件 日下部被告の被害妄想とは?
原宿自動車暴走事件 日下部被告に懲役18年判決
川崎小学生襲撃事件を考える 包丁4本も所持
川崎小学生襲撃事件を考える 「一人で死ね」論争
川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし

メンタリストDaiGo 謝罪するも批判は続く

「ホームレスの命に価値はない」発言で炎上したメンタリストのDaiGoが、早々とYou Tubeのチャンネルに謝罪動画をアップし、沈静化を図っています。突っ張りまくって謝罪を拒否するような愚か者ではない、という証明でしょう
ただ、いつものようにコメント好きな各界著名人からの批判が殺到しており、しばらくはくすぶり続けるものと思われます
まず、謝罪について報じた記事と、コメント好きで何にでも口を出す東国原英夫の発言を取り上げた記事の2つを引用します


メンタリストのDaiGoが13日夜、自身のYouTubeチャンネルを更新。「生活保護の人に食わせる金があるんだったら猫を救ってほしい」「ホームレスの命は(自分にとって)どうでもいい」など差別的ともとれる発言で非難が相次いだことについて「これだけたくさんの本を読んでも知識を得ても知れない無知が招いた失態と反省した。完全な僕の落ち度、気分を害された人にはひたすら謝罪します」とコメントした。
発言の背景として「猫が好きなので猫の命が人の命より大事だということがあった。そもそもホームレスや生活保護にお金を使うのはおかしいと。ただ、ホームレスや生活保護の人には働きたくても働けない、これから頑張って働くために社会復帰を目指している人がいて、支援する人がいる。そこから抜け出したいという人に、さすがにあの言い方はちょっとよくなかったなと。差別的であるし、これは反省だなと。謝罪します。大変申し訳ありませんでした」と改めて語った。
今後については「ホームレスになった人がなぜそういう選択をしたのか、生活保護にもハードルがある。何をどう思って生活保護を受けることを考えたのか、何を悩み、どういうことに苦しんでいるのか、どう考えて生きているのか知らずに批判した。活動自粛というよりも、プロの人に聞いたり、ホームレスや生活保護の現場に行こうと思う」と意欲を見せた。
(中日スポーツの記事から引用)

東国原は、生活困窮者支援4団体がDaiGo発言に対して緊急声明を出し、極めて悪質で謝罪は単なるポーズの域を出ていない-とする一部報道を添付。これに同調するかのように「あの謝罪・反省は真意・本意なのか実に疑わしい。基本的人権意識の決定的欠如。本質的に優生思想肯定論者なのだろうと推察する」とツイートした。
東国原は前夜のDaiGoの謝罪後にも「へぇ~?!。メンタリストともあろう御方が、今頃、こういうファンダメンタルな事に気付いたんだ?これもパフォーマンス?マッチポンプ的エンターテイメントなのかな?」とツイート。さらに「てっきり明確なイデオロギーや思想があっての批判・問題提起だと思っていた。社会・国家の社会保障制度や法的哲学への問題提起として深い議論が必要かな?と思っでいたが、単なる『バカ』だったんだ」と一刀両断していた。
(中日スポーツの記事から引用)


東国原英夫のコメントに何の価値もないわけで、単にDaiGoをディスって己の見識を誇示しているだけでしょう。マウントを取りに行っているとの狙いが露骨で、記事を読むこっちが恥ずかしくなります
現段階で謝罪がパフォーマンスであるか否かは決められないのであり、今後の彼の言動が答えなのでしょう
ただ、気になるところを挙げると、謝罪の中で「これだけたくさんの本を読んでも知識を得ても知れない無知が招いた失態と反省した」と述べている部分です
発言を読み解くなら、自分がたくさん本を読んで知識を蓄えていることの自慢であり、それでも無知であったと自覚するにいたった反省?です
しかし、DaiGoに欠けているのは本から得られる知識ではなく、実社会での経験です。本をどれだけたくさん読んだところで、部屋にこもっている人間は実社会での経験が不足するのであり、これを補うには実社会に出るしかありません
おそらくは「いいとこのお坊ちゃん」であるDaiGoは安い時給でアルバイトをしたり、客から罵声を浴びせられたり、食うや食わずの生活をした経験がないのでしょう
経験がなければ、想像も及びません。ホームレスの生活どころか、そこまで追い詰められる人の暮らしがどのようなものであったのか、思い描けないのだと推測します
「才覚次第でいくらでも稼げる」と思い込んでいた彼が、人生の辛酸や悲哀をどこまで理解できるようになるのか、これからの課題でしょう

(関連記事)
メンタリストDaiGo 炎上騒動の行方
青山学院大生 スーパー店内でダンスし炎上騒動
青学女子大生 実名写真付きで不倫自慢
イケメン男モデル 「痴漢に乱交」告白で炎上騒動
終わらないバカッターの夏 炎上騒動の後
スーパーの冷蔵ケース入った専門学校生 退学処分に
ローソン店員の悪ふざけで炎上→閉店騒ぎに
ミスコン準グランプリ女子高生 飲酒がバレてブログ炎上
「同僚の酒にハルシオン入れた」 ツイッターで騒動
「飲酒運転なう!」と書き込んだ東大生 炎上騒動
DQN写真で「おはガール」をクビ 平田あいり
アディダス女性店員がツイッターでJリーガーに侮辱発言
ツイッターで暴言のアディダス女性店員 退職していた
ツイッターでホテル従業員が暴露 サッカー稲本と美人モデルデート
芸能人恋愛暴露 ウェスティンホテル騒動
ウェスティンホテル騒動その後 暴露した女子大生反省の弁
「レイプは女が悪い」発言で炎上した立教大生3 内定取消
しまむら店員を土下座させた主婦 身許がバレて炎上騒動

オリ・パラリンピック事務局長 無料ゴルフレッスンで辞任

またもや、文春砲が炸裂し、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局長の役職を務め、内閣官房参与、文部科学省参与も兼ねていた平田竹男(61)が辞任したと報じられています
通商産業書のキャリア官僚出身で、2013年には安倍晋三前首相から内閣官房参与に任命され、2020年からは菅義偉首相に内閣官房参与(文化・スポーツ健康・資源戦略担当)に再任されている首相のブレーン側近です。いわば「使える男」だったのでしょう
通商産業省を早々と退官し、サッカーのプロリーグ化検討委員会にも参加し、2002年に日本サッカー協会専務理事に就任し、その後は早稲田大学大学院スポーツ科学研究科教授に転身、スポーツ界の有名人とも交流があるという華麗な経歴です
その実績を買われてオリンピック・パラリンピック競技大会推進本部事務局長に就任していました(ちなみにオリンピック組織委員会事務局長は元財務省事務次官武藤敏郎)
ところが平田竹男が「RIZAP GOLF」に3年ほど通いながらも、一度も受講料を払っていないと週刊文春にすっぱ抜かれ、事実上の収賄を繰り返していた疑惑が浮上。これに対して説明できなかったため、辞任に至ったというのが経緯です


日本政府は13日、内閣官房東京五輪・パラリンピック推進本部事務局長を兼務していた平田竹男・内閣官房参与(61)が同日付で退職したと発表した。平田参与は週刊文春や文春オンラインで、公用車でゴルフスクールに通い、高額のレッスンを無料で受けたなどの疑惑が報道された。SNSには「内閣官房参与ってロクなのいないな」「政府の要職ってこんな不祥事ばっかりね」など厳しい声があふれた。
平田参与は文春では「オリパラ事務局のドン」「首相ブレーン」と名指しされた。これに対し「内閣参与って、この前さざ波発言した(高橋洋一さん)奴もそれだよな? 辞めて済む問題じゃないぞ!! キッチリ全て説明して貰わないと」「やはり有耶無耶にして辞任ですか。お決まりのパターンですね」など集中砲火だった。
さらに「政権弱くなれば様々なものが出る。かつては抑え込み、今は支持率怖く抑え込めない」「やっぱりやましい事があったから辞めるんだ。つまりは『払ってない』『たかってた』『貧乏くさい』って事ですね」「美味い汁を吸う輩には鉄槌を! 法で裁け!」などの怒りの声がやまなかった。
(中日スポーツの記事から引用)


いかにも小物臭が漂ってきそうな話です。「RIZAP GOLF」側から何か見返りの要請(請託)があったなら業務上の収賄行為になりますが、単に政府高官の顔を効かせて無料レッスンを受けていたのであれば、検察も立件はしないでしょう
もちろん、それでも公用車でゴルフレッスンに通ったのであれば職務専念義務を逸脱しており、道義上の責任を問われます
安倍内閣にしろ菅内閣にしろ、現役官僚や元官僚を使いこなして内政を切り盛りしていたのですが、ボロボロと失態が明らかになってきました
これも政治家を含め、現役官僚や元官僚の緊張感の欠如と、私欲に走る倫理観の欠如ゆえでしょう。第二次安倍政権から長く続いていますので、気が緩みおごりが生じるのは当然かもしれません
オリンピック・パラリンピックの推進本部事務局長を無事務め終えれば、褒章として紫綬褒章与えられ、さらなるキャリアが用意されたのかもしれませんが、これで頓挫してしまいました。古巣の早稲田大学に教授として帰り咲くのも無理だろうと推測します

(関連記事)
韓国の東京五輪批判と恨み節
韓国選手団「日本挑発の横断幕」を選手村に掲げる
韓国前首相 竹島めぐり東京五輪ボイコットも示唆
渡辺直美をブタに 組織委員会が文春にブチ切れ
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出を乗っ取る者とは?
渡辺直美をブタに 東京五輪演出家佐々木宏とは?
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出騒動の不快感
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出騒動
東京五輪で旭日旗を振るな、と書く朝日新聞
「旭日旗使用は問題なし」日本政府が韓国に反論
メダルを逃した選手を税金泥棒と批判する風潮
「東京オリンピック開催阻止」を叫ぶ韓国メディア
「リオ五輪日本は遺伝子を高めた結果」と書く中国メディア
リオ五輪 400mリレーで日本に負けた中国の恨み節
リオ五輪 日本のメダル獲得に嫉妬する韓国

メンタリストDaiGo 炎上騒動の行方

テレビのバラエティ番組を見ないので、メンタリストDaiGoという人物が何をやっている方なのか、よく分かりません。まあ、そこはどうでもよいのであり(皆さんの方が自分よりDaiGoについて詳しいはずなので)、彼がYou Tubeにアップしした動画で炎上している話を取り上げます
一番新しい報道によれば、DaiGoは炎上の原因になった発言を謝罪したとありますが、沈静化するかどうかはまた別でしょう
炎上の経緯などまとめた記事を以下、引用します


メンタリストのDaiGoが13日、自身の公式YouTubeチャンネルを更新。7日に配信した動画でホームレス生活者や生活保護者の命を軽視するような発言を行ったことについて釈明しつつ、自身を批判する〝アンチ〟に対して挑発的な発言を行う一幕もあった。
DaiGoは7日、YouTubeで「生活保護の人達に食わせる金があるのなら猫を救って欲しい」「自分にとって必要の無い命は僕にとっては軽い」などと発言し、多くの反対意見が殺到して炎上。弟の謎解きクリエーター・松丸亮吾もツイッターで「今回ばかりは兄が悪い」と怒りを示していた。
こうした流れを受け、Daigoは「炎上してるみたいですね。『辛口なんで真に受けないで』って言ったんですけど、真に受けてる人いるみたいですね」と笑いながら発言。さらに、7日に発言の真意を「何度も言ってますけど、ホームレスとか生活保護の人を、それこそホロコーストとかナチスの事件とかあったわけだから、本当にそういう奴らを殺せって言ってるわけじゃなくて、1人1人から見たらどうでもいい人間っていますよね」「自分の家族とホームレスとどちらかの命しか救えませんとなったら、自分の家族の命を救うじゃなですか。命は平等っていうけど優劣は全然ある」などと、新たな設定を加えながら説明した。
続けて、国が生活保護受給者やホームレスへの支援を打ち切った場合は「僕らが困ります。お金を持ってる人とか財産を持ってる人が困ります」とも発言。「生活保護を受けてる人とかホームレスみたいに、一般的に生活する事が困難な人たちをを援助しないとどうなるか、社会的には生きていけなくなっちゃうわけだから、人の命を奪うことができないから、放置したらどうなると思います?生きていけないから、人間てお金に困ったり生きていくのに困ったら何をするわからないわけです、例えば盗みを働いたり殺しを働いたりとかしちゃうんですよ。それはまずいので、最低限の生活を保障することによって、社会的に弱い人たちが犯罪に走ったりして他の人たちに危害を加えないように保護するっていう制度が必要なので、制度自体を批判したわけではない」と持論を展開した。
続けて、自身に対する反論の声には「けしからんけしからんって言ってる人いますけど、きつい言い方をすると、残念ながら僕を叩いている人たちよりも僕は彼らのことを保護してますよ。何でかって言うと、税金めちゃくちゃ払ってるから」とキッパリ。「そこら辺のアンチの人たちよりも、たぶんアンチは図星になると思うんですけど、僕ははるかに税金払っていて、僕は税金の使い道を決めれる立場にないので、残念ながら僕が払ったたくさんの税金は他の人よりも比率が高いから、生活保護だったりホームレスの保護に回る可能性が非常に高い。だからホームレスの人権がああだこうだ言ってる人よりは僕、助けてますんで、そういう意味では『残念でした!』ってとこだし」と挑発的な反論を行った。
止まらないDaiGoは「叩きやすいから叩くんだと思うんですよ。もしそのホームレスとか生活保護の人が大事だと思うなら、自分の身銭をもっと切って助けてあげたらいいんじゃないですか?」と提案。「大して税金も納めてなくて、口で言うだけで保護にプラスになることを何もしてない人間がとやかく言う筋合いはないんじゃないの?と僕は思っちゃいますからね」と言い切った
(よろずニュースの記事から引用)


別の動画では、「個人的な感想に間違いもクソもないと思うんで。これは別に個人の意見じゃないですか、それに対して謝罪っていうのは別に...」と述べており、感想なのだから批判したり突っ込んだりするな、と言いたいようです
メンタリストの定義はさまざまなようですが、「心理学の知見を利用して人の心を操る」というのもメンタリストの特徴なのでしょう
しかし、今回ばかりは人の心を操るどころか反発を招き、炎上騒動になってしまいました。メンタリストとしては失敗です。でも失敗を認めたくないので、余裕綽々の態度を装っている…という風に映ります。イラついている原因は、大衆を心理的に操作できなかった自身のミス、を彼なりに気づいているからだと思います
You TubeのDaiGoのチャンネル登録者数は235万人なのだとか
ただし、235万人がすべてアクティブユーザーではありませんし、DaiGoの信者というわけでもありません。単に面白そうだからチャンネル登録し、時々見ている方がほとんどでしょう
が、本人としては200万人以上の信者がいる、と思い込んでしまっているのでは?
言葉のトリックでアンチからの批判をさらりとかわし、自分の味方・信者にしてしまってこそ、メンタリストです。できないのであれば、DaiGoも限界だねと言われるだけです
そもそも発言の「ホームレスがどうのこうの」自体、You Tubeにアップする内容ではなく、自身の日記帳にでも書き込んで誰にも見せないでおくべきものです。公にしたら当然叩かれるのですから
メンタリストと称している割に、他人の心理にも自分の心理にも疎い人物であるのが分かります

(関連記事)
メンタリストDaiGo 謝罪するも批判は続く
https://05448081.at.webry.info/202108/article_24.html
青山学院大生 スーパー店内でダンスし炎上騒動
https://05448081.at.webry.info/201606/article_14.html
青学女子大生 実名写真付きで不倫自慢
http://05448081.at.webry.info/201110/article_4.html
イケメン男モデル 「痴漢に乱交」告白で炎上騒動
http://05448081.at.webry.info/201109/article_9.html
終わらないバカッターの夏 炎上騒動の後
http://05448081.at.webry.info/201308/article_31.html
スーパーの冷蔵ケース入った専門学校生 退学処分に
http://05448081.at.webry.info/201308/article_24.html
ローソン店員の悪ふざけで炎上→閉店騒ぎに
http://05448081.at.webry.info/201307/article_18.html
ミスコン準グランプリ女子高生 飲酒がバレてブログ炎上
http://05448081.at.webry.info/201301/article_3.html
「同僚の酒にハルシオン入れた」 ツイッターで騒動
http://05448081.at.webry.info/201109/article_11.html
「飲酒運転なう!」と書き込んだ東大生 炎上騒動
http://05448081.at.webry.info/201107/article_31.html
DQN写真で「おはガール」をクビ 平田あいり
http://05448081.at.webry.info/201404/article_8.html
アディダス女性店員がツイッターでJリーガーに侮辱発言
http://05448081.at.webry.info/201105/article_51.html
ツイッターで暴言のアディダス女性店員 退職していた
http://05448081.at.webry.info/201105/article_65.html
ツイッターでホテル従業員が暴露 サッカー稲本と美人モデルデート
http://05448081.at.webry.info/201101/article_33.html
芸能人恋愛暴露 ウェスティンホテル騒動
http://05448081.at.webry.info/201101/article_41.html
ウェスティンホテル騒動その後 暴露した女子大生反省の弁
http://05448081.at.webry.info/201101/article_48.html
「レイプは女が悪い」発言で炎上した立教大生3 内定取消
http://05448081.at.webry.info/201103/article_40.html
しまむら店員を土下座させた主婦 身許がバレて炎上騒動
https://05448081.at.webry.info/201309/article_30.html

韓国の東京五輪批判と恨み節

日韓関係が戦後最悪の状態、と形容されるのですから、東京オリンピックについても韓国側からさまざまな批判、揶揄、いちゃもんが噴き出しています。なおかつ、韓国選手の成績がふるわず、メダルの獲得数も期待を大幅に下回ったのですから、憤懣やるかたないのが実情でしょう
東京オリンピックが終わったので、韓国側の反応を「総括」しておきましょう
本来なら韓国の新聞(朝鮮日報や中央日報、ハンギョレ新聞)の記事を引用するところですが、今回はデイリー新潮の記事です
韓国在住・在勤の日本人女性が、インターネット上の反応など拾って記事にまとめています


韓国の五輪総括と日本批判、「君が代を聞くと耳を塞ぎたくなる。帝国主義を捨てられない」「韓国選手をわざと映さなかった」
日韓格差が広がった理由
東京五輪で日本は金メダル27個、銀メダル14個、銅メダル17個の計58個と史上最多のメダル数を獲得した。順位は米国、中国に続き世界3位。五輪史上最高の成績についてはお隣・韓国でも報じられたが、素直に結果を称賛できないようで、「メダル獲得が期待できる種目を集中的に強化した結果」などと、負け惜しみに似た分析も出ていた。韓国内での総括と五輪を通じて見え隠れしたクレーマー精神について、羽田真代氏によるレポート。
8月8日のある分析記事には、「日本は、2000年代に入って五輪やアジア大会などの国際大会でたびたび韓国や中国に押されるようになったため、設立したのがスポーツ庁(2015年)だ。このスポーツ庁が国家戦略レベルでスポーツを振興させるための司令塔となり、メダルを獲得することができる種目に集中的に投資をした。加えて、開催国の強みを活用し、メダルの可能性が高いスケートボードなどの新種目を盛り込んだことも史上最高の成績を収める要因になった」「2012年ロンドン五輪では韓国が5位、日本が11位を記録したが、2016年リオ五輪から韓国8位、日本6位と逆転され始めた。予算や投資という政策的支援がこのような格差を広げた」とある。
また、開催地が東京であったことについては、「日本選手は衣食住の施設が整ったナショナルトレーニングセンターなどで試合直前まで十分練習ができたのに対し、外国人選手らは時差や環境の適応、新型コロナウイルス感染予防の懸念から入国が通常の五輪よりも遅れたケースが多く、十分に現地に適応できないまま試合に挑むことが多かった」と記述されている。
「韓国のスポーツは終わった」
コロナの影響はともかく開催国メリットは今回に限ったことではないわけだが、読者からは、「笑わせるな。最悪の五輪を美化するな。糞汚染水、放射能、史上最悪の五輪だった」「今回の五輪が正常な五輪だったか? 五輪精神のない政治体育大会だった。よくもこんな大会、こんな国で開かれた大会を美化できたな」といったコメントが並ぶ一方、こんな自国批判も展開されていた。
「10年目の体育教師です。政府の何の政治理念もない政策のせいで韓国のスポーツが潰されている」「学校の授業で体育をちゃんとしないから有望な人材がいても消えてしまう。過去には体育の実技も内申書の点数になっていたのに」「日本は柔道で9個の金メダル。韓国はテコンドーで金0」「韓国のスポーツは終わった」「リオ以降の5年間、何を順備してきたんだ? スポーツ行政機関と選手らに問いたい」
確かに、韓国のお家芸であるテコンドーの金メダルゼロは史上初。国技的な人気を誇るサッカーでは8強敗退。野球は準決勝の日韓戦で日本に負け、3位決定戦でもドミニカに負け、メダルを逃した。自国メディアから「東京五輪の野球に出場したのはわずか6か国で、メダル獲得の可能性は50パーセントもあった。にもかかわらず、韓国は2008年の北京五輪で手にした金メダルに酔いしれたまま現実を忘却し、その結果、悲惨な現状を晒した」と酷評される始末だった。
(以下、略)


記事の省略した部分では、あからさまな日本への嘲笑、罵倒もあるわけですが引用しても不快なだけなので、取り上げません
韓国の政治家の中には、東京オリンピックをボイコットすべきだ、と主張した人もいたわけですが、韓国が不参加であってもそれが東京大会に影響を与えたりはしません。今回は北朝鮮も早々と不参加を表明したのですが、世界中の人々はまったく気にもしなかったわけです。韓国メディアなら、「韓国がボイコットをした。だから東京大会は失敗に終わった」と書くのでしょうが
さて、デイリー新潮の記事だけではなく、韓国メディアの記事を見てもメダルの数への執着を感じます。特に、「メダル獲得数で日本に負けてはならない」との思い込みは相当なものです
結局、メダルの数で日本に遠く及ばないと判明するや、「メダルの数が問題ではない。韓国はメダルの数に執着しない成熟した国家へと成長を遂げた」との趣旨で、「日本は必死こいてメダル獲得に血眼になっている。カッコ悪い」と言わんばかりの記事を韓国メディアは掲載していました
元々日本は、「選手個々が努力して成果を出してこそ、のオリンピック。社会主義国のように国がスポーツエリートを育成して国威発揚に利用するのは大間違い」との考えが根強かった事情があります
ナショナルトレーニングセンターの建設も、各種競技団体から要望が出ていたものの、北京オリンピックの段階になってようやく実現したくらい、スポーツに政府が金や口を出さない方針だったわけです
報奨だけでは戦えない
韓国では、オリンピック、世界選手権、技能オリンピックのメダリストに住宅を支給するほか、個人戦で金メダルで約630万円、銀メダルで約350万円、銅メダルで約250万円の報奨金が支給され、さらに年間100万円から50万円程度の年金支給が約束され、男性選手には兵役免除の特典がつきます
それを批判する気はないのですが、報奨ですべてが解決するわけではないというのが、東京大会の結果ではないでしょうか?
例えば、韓国では公立の小中学校にプールはありませんし、野球やサッカーは極一部の選ばれたエリートが行う競技、との認識です。日本のように田舎の高校にまで硬式野球部が存在する環境とは段違いです
さらに、スポーツ観戦の文化も韓国では未発達であり、アマチュアスポーツであれプロスポーツであれお金を払って観戦する、という気風が育っていません。サッカーの韓国代表の試合ではスタジアムが埋まりますが、Kリーグの試合は数百人程度の観客しか集まらないのが実情です
「成熟した国家」と称したいのであれば、スポーツを文化として愛する気風を育む必要があります。自国であれ他国であれ、アスリートに敬意を払うことができてこそ、でしょう

(関連記事)
オリ・パラリンピック事務局長 無料ゴルフレッスンで辞任
https://05448081.at.webry.info/202108/article_23.html
韓国選手団「日本挑発の横断幕」を選手村に掲げる
https://05448081.at.webry.info/202107/article_30.html
韓国前首相 竹島めぐり東京五輪ボイコットも示唆
https://05448081.at.webry.info/202105/article_44.html
渡辺直美をブタに 組織委員会が文春にブチ切れ
https://05448081.at.webry.info/202104/article_3.html
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出を乗っ取る者とは?
https://05448081.at.webry.info/202103/article_50.html
渡辺直美をブタに 東京五輪演出家佐々木宏とは?
https://05448081.at.webry.info/202103/article_42.html
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出騒動の不快感
https://05448081.at.webry.info/202103/article_39.html
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出騒動
https://05448081.at.webry.info/202103/article_32.html
東京五輪で旭日旗を振るな、と書く朝日新聞
https://05448081.at.webry.info/202001/article_14.html
「旭日旗使用は問題なし」日本政府が韓国に反論
https://05448081.at.webry.info/201308/article_6.html
メダルを逃した選手を税金泥棒と批判する風潮
http://05448081.at.webry.info/201402/article_16.html
「東京オリンピック開催阻止」を叫ぶ韓国メディア
http://05448081.at.webry.info/201309/article_8.html
「リオ五輪日本は遺伝子を高めた結果」と書く中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201608/article_23.html
リオ五輪 400mリレーで日本に負けた中国の恨み節
http://05448081.at.webry.info/201608/article_20.html
リオ五輪 日本のメダル獲得に嫉妬する韓国
http://05448081.at.webry.info/201608/article_18.html

保育園バス置き去り 浦上園長による虐待

福岡県中間市の私立双葉保育園で、送迎バスに5歳時が閉じ込められ死亡した事件の続報です
いくつかのメディアによって、送迎バスを運転していた浦上陽子園長によるワンマン経営が続いており、園長の方針や決定に誰も逆らえなかった実態があったと報じられています
送迎バスの運行にかかわるマニュアルが双葉保育園には存在していたようですが、実態としてはマニュアルを無視した運用がなされており、新人保育士に至ってはマニュアルの存在自体知らなかったのだとか
また、浦上園長は指示に従わない園児をたびたび園の物置に閉じ込める体罰を科していた、とも暴露されています
これについて、「わざと閉じ込めたくらいで騒ぐな」と浦上園長は保護者に言い放ったそうです
しかし、園児を物置に閉じ込めるというのは保育園の精神に反するものであり、容認されるはずがありません。ならば、5歳時を送迎バスに閉じ込めたのも罰として故意に行ったものである可能性も考えられます。送迎バスの中でぐずったり、何らかの反抗的な態度を取ったのを理由にバスから降ろさず、そのままドアをロックしたのではないか、と警察も疑ってかかるでしょう。後でバスから降ろすつもりが、そのまま忘れてしまった…という線も浮かびます


福岡県中間市で保育園児が送迎バスに取り残されて死亡した事故で、警察が再現実験を行ったバスの車内の温度は50℃を超えていたことがわかりました。
中間市の双葉保育園に通う5歳の倉掛冬生ちゃんは7月29日、日中約9時間にわたって送迎バスの中に取り残され、熱中症で死亡しました。
警察は8月5日午前8時半ごろから再現実験を行い、午前11時ごろ、閉めきった車内の温度は40℃に達し、その後、最高で50℃を超えていたことが新たにわかりました。
事故当日、中間市に隣接する北九州市の最高気温は33.1℃で、再現実験を行った5日の最高気温は35.3℃でした。
警察は、当日の車内も50℃を超えていたとみて、業務上過失致死の疑いで捜査を進めています。
(FNNオンラインの記事から引用)


遅かれ早かれ、浦上園長は業務上過失致死容疑で送検されるはずです(逃亡、罪証隠滅のおそれがないのであれば逮捕せず、在宅のまま取り調べて、在宅のまま起訴されます)
ただ、逃亡のおそれはないにしても、浦上園長はおそらくは園の保育士を集め、口裏を合わせるよう圧力をかけるくらいのことはするのでしょう
警察の事情聴取に対しては、保育園の運営に問題はなく、物置に閉じ込める体罰もまれにあった程度だとか。あるいは、園長はこどもを第一に考えて行動する、慈愛あふれる人物であると答えるよう、強く求めるのでしょう
業務上過失致死の場合、5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金と法律に定められています。交通死亡事故と同じように考えても、被害者遺族と示談が成立しているかどうかが重視されるのであり、今回のケースも倉掛冬生ちゃんの親御さんと示談ができるかどうかで判決は違ってくるでしょう。いまのところ親御さんは保育園への不信感で一杯ですから、示談を成立させるのは難しいはずです

(関連記事)
保育園バスで置き去り 男児死亡
車内に女児放置 竹内被告に懲役6年判決
車に女児放置 2人殺害の竹内被告初公判は2月
車内に女児放置 最初から冷房使用せず
車内に女児放置 竹内容疑者は何をしていたのか?
車に女児放置 死亡させた母親逮捕
大阪幼児餓死事件を考える1 厳しい家庭で育ったはずなのに
大阪幼児餓死事件を考える2 下村容疑者の生い立ち
大阪幼児餓死事件を考える3 こどもを抱えて迷走の果てに
大阪幼児餓死事件を考える4 遊び歩く母親
大阪幼児餓死事件を考える5 起訴前に精神鑑定
大阪幼児餓死事件を考える6 今も父は娘を拒絶
大阪幼児餓死事件を考える7 多重人格の可能性
大阪幼児餓死事件を考える8 多重人格を否定、起訴へ
大阪幼児餓死事件を考える9 下村早苗被告の裁判始まる
大阪幼児餓死事件を考える10 下村被告の実父が証言台に
大阪幼児餓死事件を考える11 中学時代にレイプ被害
大阪幼児餓死事件を考える12 控訴審でも懲役30年
里子を虐待・死亡させた声優に懲役9年の判決
里親の声優が3歳児を殴り殺害した容疑で逮捕
北海道で山に子どもを置き去り 無事発見も謎だらけ
北海道で山に子どもを置き去り 父親の不可解な説明
北海道で山に子ども置き去り 「しつけのため」と釈明
福岡5歳児餓死事件 ママ友による洗脳か
福岡5歳児餓死事件 児童相談所は容態を確認せず
福岡5歳児餓死事件 虚言癖の赤堀容疑者
福岡5歳児餓死事件 借金まみれの赤堀容疑者
園児にわいせつ行為 保育士に懲役10年判決
中国人妻による長浜園児殺害事件を考える
食事を強要し暴言を吐く 保育士2人退職の保育園

小田急切りつけ男 非モテによる無差別殺人?

小田急線の電車内で乗客を刃物で切りつけ逮捕された対馬悠介容疑者について、フリージャーナリスト青沼陽一郎が書いている記事を読んで「オヤオヤ」と思いましたので取り上げます
青沼はこの事件を、「日本では見られなかった犯罪形態」であるとし、アメリカで話題になっている「インセル」犯罪を引き合いに出しています
「インセル」犯罪とは、モテない貧困白人男性が、自分がモテないのは世の中の女が悪いとかリア充の男が悪いなどと決めつけ、無差別に銃を乱射して起こす事件を指すようです
アメリカでの銃乱射事件には、イスラム系やアジア系の住民が犯人というケースもあるのですが、大多数は貧しい白人男性によって引き起こされています
以下、青沼陽一郎の主張を引用します


「非モテ」による無差別刺傷、小田急線事件が示す分断社会の暗闇
(前略:事件の経緯)
「幸せそうな女性を見ると殺したいと思うように」
逮捕されたのは川崎市多摩区の職業不詳の對馬悠介容疑者(36)。報道によると取り調べに対して、こう供述しているという。
「約6年前から幸せそうな女性を見ると殺したいと思うようになった。誰でもよかった」
また、別の報道によると、以下のように供述していることも伝えられている。
「大学時代にサークル活動で女性から見下され、出会い系サイトで知り合った女性ともうまくいかず、勝ち組の女性を殺したいと考えるようになった」
「男にチヤホヤされてそうな女性を殺してやりたい」
最初に襲った女子大生については、こう述べている。
「可愛らしい服を着て男性に好かれそうだったため殺そうと思った」
「勝ち組の典型にみえた」
日本にはなかった犯罪形態
そして、女子大生に切りつけた後は、「興奮して覚えていない」としつつも、こう語っているという。
「誰でもよかったが人を殺せなくて悔しい。でも逃げ惑う姿を見て満足している」
駅を通過する快速急行に乗り込んだ理由については、「途中で乗客が降りられないため逃げ場がなく、大量に人を殺せると思った」という對馬容疑者。そこからうかがい知ることができるのは、女性への執拗な劣等感とそれを飛び越えた強烈な殺意だ。
そこで私の頭に真っ先に浮かんだのが、「インセル」という言葉だった。これまでさまざまな通り魔事件や大量殺戮事件をみてきたが、ここまでの報道を知る限りでは、少し異質な事情を漂わせている。むしろ、それまで日本になかったはずが、海外から上陸した犯罪形態を映し出す。
「望まない禁欲者」の犯罪と酷似する對馬容疑者の犯罪
「インセル=Incel」とはInvoluntary Celibateのことで、日本語に直訳すると「望まない禁欲者」「不本意な禁欲主義者」で、宗教的な意味があるわけでもなく、自分ではどうしようもない理由で禁欲状態に陥っている者たちのこと、もっと踏み込めば童貞をさす。日本では「非モテ」といえばわかりやすいかもしれないが、恋愛や性的なパートナーが見つからない、あるいは自身に性体験のない原因が女性にあるとする男性たちが、ネット上で自虐的にそう呼んだ。
インセルが一躍脚光を浴びたのは、2014年のことだった。エリオット・ロジャーという22歳の男が、米国カリフォルニア州サンタバーバラで銃とナイフで6人を無差別に殺害、多数の負傷者を出して自殺している。ロジャーは「インセル」を名乗り、自分がモテずに童貞であるのは自分を振った女性たちのせいである、その復讐が目的であるとする犯行声明をYouTubeに投稿していた。
以降、ロジャーはインセルの「神」となり、同様の事件が相次ぐ。15年10月にはオレゴン州の短大で9人が死亡、17年12月にはニューメキシコ州の高校で2人が死亡、18年2月にフロリダ州の高校で17人が死亡すると、同年4月にはカナダのトロントで25歳の男がバンで通行人10人を轢き殺して逮捕されている。この時に男はSNSにこう投稿していた。
「インセルの反逆はもう始まった。チャドとステイシーの支配を打倒せよ! 偉大なるエリオット・ロジャー万歳!」
「チャド=Chad」とはインセルの世界観でモテる男のこと、「ステイシー=Stacy」は魅力的な女性のことを呼ぶ。このチャドとステイシーの世界から排除されていることに反発を覚え、自分に振り向いてくれない女性を蔑視する。このインセルのほとんどが白人の若者で、アメリカ社会ではマジョリティであるはずなのに、アンダークラスに追いやられた「プアホワイト」の側面と自己認識を持つとされる。
(以下、略)


長々と引用しました。途中で区切ると意味不明になりそうなので、できるだけまとまった部分を抜き出しました。が、青沼は小田急事件を「インセル」犯罪だと断定しているのではなく、むしろ違うと主張します。「インセル」には横断的なつながりがインターネット上で形成されているわけですが、対馬容疑者にはそうしたつながりがなく、むしろ社会で孤立していたのが実際です。そして非童貞でしょうし
ならばと青沼は池袋通り魔事件や「津久井やまゆり園」殺人など引き合いに出すのですが、どうにも腑に落ちません。自分はむしろ、秋葉原の歩行者天国にトラックで突っ込んだ加藤智大死刑囚に近いと感じます
が、「感覚的に近い」と感じるだけであって小田急の切りつけ事件と秋葉原の無差別殺人が同じもの、と決めつける気になれません。加藤智大死刑囚も「非モデ」だったというだけです
そもそも「モテないから無差別殺人に走る」くらいカッコ悪い所業はないのであり、小学生にも笑われるでしょう
モテないのは容姿の問題ではなく、人間性で重大な欠落があるからでは?
それに気がつかないままナンパを繰り返し、力づくで女を口説き落とそうとするがゆえ女性から嫌悪される…と想像します
別段、青沼陽一郎を槍玉に挙げるつもりはなく、もう少し事件を語るのなら工夫すべきでは、と思った次第です
ただ、青沼陽一郎が文春オンラインに書いた記事の中に、「現実の裁判で、実際に死刑が差し迫った被告人が、その時の心境を、正直に打ち明けてくれたことがある。法廷の裏側で。ぼくにだけ。そんな貴重な体験をしたことがあった」と書いており、この時の体験をして「自分だけが死刑囚の本音を聞き出せ、その真の姿を伝えることができる」という思い込みに走らせたのだろうな、と推測します
これまでも繰り返し書いてきたように、ジャーナリストが拘置所で死刑を求刑された被告と面会を繰り返し、自分があたかも彼ら彼女らの本音を聞き出せていると勘違いするのはよくあるケースです。それが過剰な思い入れの結果であったり、精神分析で言うところの「転移」であり、死刑囚の代弁者になってしまっているという自覚を欠いた行為です
対馬容疑者は逮捕後、べらべらとよくしゃべるようですが、その中に重要な要素はほとんどないのであり、上辺のおしゃべりに心を奪われるのは大間違いでしょう。精神分析の側から見れば、彼が口に出さない部分こそが重要なのですから。残念ながらジャーナリストの人たちはそのように考える訓練は積んでいません
繰り返しますが、対馬容疑者が何を語ったのかが重要なのではなく、何について語ろうとしないのかが重要です

(関連記事)
小田急切りつけ男 女性憎悪犯罪なのか?
https://05448081.at.webry.info/202108/article_38.html
小田急切りつけ男 懲役5年から7年という説
https://05448081.at.webry.info/202108/article_25.html
小田急切りつけ男 勝ち組女子大生を狙った
https://05448081.at.webry.info/202108/article_14.html
土浦8人殺傷事件を考える
http://05448081.at.webry.info/200906/article_21.html
土浦8人殺傷事件を考える3 金川被告に死刑判決
http://05448081.at.webry.info/201012/article_41.html
土浦8人殺傷事件犯金川真大 死刑執行
https://05448081.at.webry.info/201302/article_34.html
秋葉原17人殺傷事件を考える2 加藤智大というイコン
http://05448081.at.webry.info/201005/article_55.html
秋葉原17人殺傷事件を考える3 現実との境界
http://05448081.at.webry.info/201005/article_61.html
秋葉原17人殺傷事件を考える19 加藤智大の手記「解」
http://05448081.at.webry.info/201209/article_42.html
秋葉原17人殺傷事件を考える21 最高裁で死刑確定
http://05448081.at.webry.info/201502/article_5.html
新幹線3人殺傷事件を考える 小島一朗容疑者とは
http://05448081.at.webry.info/201806/article_10.html
新幹線3人殺傷事件を考える 小島被告に無期懲役判決
https://05448081.at.webry.info/201912/article_27.html
新幹線3人殺傷事件を考える 小島被告の手記
https://05448081.at.webry.info/201912/article_30.html
原宿自動車暴走事件 大量殺人計画
https://05448081.at.webry.info/201901/article_1.html
原宿自動車暴走事件 日下部被告の被害妄想とは?
https://05448081.at.webry.info/202102/article_39.html
原宿自動車暴走事件 日下部被告に懲役18年判決
https://05448081.at.webry.info/202103/article_30.html
川崎小学生襲撃事件を考える 包丁4本も所持
https://05448081.at.webry.info/201905/article_22.html
川崎小学生襲撃事件を考える 「一人で死ね」論争
https://05448081.at.webry.info/201905/article_24.html
川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし
https://05448081.at.webry.info/201906/article_3.html

大阪交番襲撃 飯森被告に懲役12年判決

繰り返し取り上げてきた大阪の交番襲撃・拳銃強奪事件で、大阪地裁は飯森裕次郎被告に懲役12年の実刑判決を言い渡しました
検察の求刑が懲役13年ですから、統合失調症の影響を考慮しても1年の割引しかなかったわけで随分と辛口の判決です
被告弁護人は控訴するでしょう
昨日も取り上げたように、2度の精神鑑定が実施され、そのうち1つは「犯行の計画、実行すべてに統合失調症の影響がある」と判断したものでした。が、精神鑑定はあくまでも専門家の見解にとどまるのであり、その見解をどう解釈し判決を下すかは裁判官の領分です
結果からすれば、もう1つの精神鑑定である「統合失調症の影響が見られるが、残された健常な精神機能で犯罪行為を認識していたといえる部分がある」とする判断を採用したわけです


おととし、大阪・吹田市の交番で警察官を包丁で襲って拳銃を奪ったとして、強盗殺人未遂などの罪に問われた被告に対し、大阪地方裁判所は、「統合失調症の悪化の影響は大きいが、限定的な責任能力はあった」として、懲役12年の判決を言い渡しました。
東京・品川区に住んでいた無職の飯森裕次郎被告(35)は、おととし6月、吹田市の交番の前で古瀬鈴之佑巡査長(28)を包丁で襲い、一時、意識不明の重体となるけがを負わせ、拳銃を奪ったとして、強盗殺人未遂や公務執行妨害などの罪に問われました。
これまでの裁判で、被告は、「頭の中で知人から殺せとか拳銃を奪えと指示があった」と述べ、弁護士は、「病気による妄想が犯行の原因で責任能力が無かった可能性がある」として無罪を主張していました。
一方、検察は、懲役13年を求刑していました。
10日の判決で、大阪地方裁判所の渡部市郎裁判長は、「統合失調症の悪化が犯行に与えた影響は大きい。しかし、計画的にうその通報をして交番の警察官の数を減らすなど自分の行動を制御する能力をまったく欠いていたわけではなく、限定的な責任能力があった」と指摘しました。
そのうえで、「警察官は一時、意識不明の重体となり、結果は重大だ。拳銃を奪い逃走したことは地域社会への重大な脅威で、住民に強い恐怖心を抱かせた」と述べ、懲役12年を言い渡しました。
【裁判員“判断難しい”】。
判決のあと、裁判員1人と補充裁判員2人が会見を行い、このうち、裁判員を務めた40代の会社員の男性は、「精神疾患の問題があり、難解な話になると感じていたが、まずは自分の直感を信じた。評議を通して考えが変わることもあり最終的な判断は難しかったが、やりがいも感じ、最後まで続けることができた」と話していました。
(NHKの記事から引用)


交番を襲って拳銃を強奪する事件でなかったなら、もう少し減刑する余地はあったのかもしれません
が、それを言っても仕方がないのであり、飯森被告の犯行が社会に大きな不安を与えた以上、個人の病状はともかくとして10年以上の懲役刑を科すに値するものと受け止めるのが妥当なのでしょう
統合失調症は病状の波がありますので、「いつも薬を服用していれば大丈夫」というものではなく、一時的に症状が悪化する場合もあります
飯森被告は東京で1人暮らしをしていたようですから、彼の病状を間近で見てくれる人物はいませんでした。病状を見守り、入院を勧めるヘルパーのような人物が傍にいたなら、今回の事件は防げたかもしれません
この種の事件は未然に防ぐのが何よりで、犠牲者を出さずに済みます。厳罰を下すだけでは将来起こり得る事件を防ぐのは不可能です
精神疾患を抱えながらも社会生活を営む人たちが孤立しないよう、生活面や精神面を支える仕組みを設ける必要があります。いまのところ、民間ボランティアに依存しているわけですが、すべての人を網羅するのは困難です

(関連記事)
大阪交番襲撃 飯森被告の責任能力
大阪交番襲撃 飯森被告に懲役13年求刑
大阪交番襲撃 飯森被告「精霊さんの指示だった」
大阪交番襲撃 飯森被告の初公判
大阪交番襲撃 飯森被告の初公判は7月19日
大阪交番襲撃 飯森裕次郎容疑者を起訴
大阪交番襲撃 同級生への執着はなぜ?
大阪交番襲撃 異常な言動
大阪交番襲撃 容疑者確保し拳銃発見
大阪交番襲撃 拳銃強奪狙い
仙台警察官刺殺事件を考える 21歳男学生の犯行
仙台警察官刺殺事件を考える 物静かな少年時代
仙台警察官襲撃事件を考える 自宅に5丁のモデルガン
富山交番襲撃犯 2人を殺害し逮捕
富山交番襲撃犯 島津容疑者取り調べ難航か
富山交番襲撃犯 2年たっても公判の目処立たず
富山交番襲撃犯 初公判で島津被告は黙秘
富山交番襲撃犯 島津被告の両親が謝罪
富山交番襲撃犯 調書に見る犯行動機
富山交番襲撃犯 無期懲役判決
19歳警察官が上司を射殺 書類の書き直しが不満
19歳警察官が上司を射殺 パワハラか?
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
川崎小学生襲撃事件を考える 叔父の手紙が凶行を招く?
川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし
川崎小学生襲撃事件を考える 「一人で死ね」論争
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕
白金高輪駅硫酸男 沖縄で逮捕される

林真須美の長女自殺 家庭内で壮絶な虐待

記事のタイトルで少し悩みました。「林真須美の長女自殺 家庭内で壮絶な虐待」と書いたなら、和歌山カレー事件で死刑判決を受けた林真須美死刑囚が、自分の長女に虐待を加えていたかのように解釈する人もいるからです
実際は、林真須美の長女が自分の娘心桜さん(16)に暴行を加え死亡させた疑いがかかっているわけです
最新の報道によれば死亡した心桜さんの遺体には多くのあざが見られ、肋骨など複数箇所の骨折も確認されたのだとか


和歌山市加納のアパートで6月、鶴崎心桜(こころ)さん(当時16歳)が亡くなった事件で、心桜さんは胸部など複数箇所を骨折していたことが、捜査関係者への取材でわかった。古いあざもあり、和歌山県警は家庭内で日常的に虐待を受けていたとみて関係者から事情を聞いている。心桜さんは中学校から不登校になり、友人に「家に帰りたくない」と漏らしていたという。9日で事件から2か月。心桜さんに何があったのか。
全身にあざ
「長女が血のような黒いものを吐いて倒れている」。6月9日午後2時20分頃、外出先から自宅に戻った母親(当時37歳)から119番があった。
救急隊員が駆けつけると、心桜さんが、居間であおむけになって倒れていた。心桜さんは母親の再婚相手の男性に付き添われて病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。
司法解剖の結果、死因は全身打撲による外傷性ショックだった。あばら骨など複数を骨折しており、あざは全身に広がっていた。外部からの侵入の跡もなく、県警は心桜さんが家庭内で激しい暴力を受けたとみている。
119番から約1時間40分後、自宅から北約20キロ離れた大阪府泉佐野市の関空連絡橋周辺の海面で、母親と妹(当時4歳)の遺体が見つかった。橋の上には母親が乗っていた車が止められていた。目撃者の証言などから、無理心中とみられる。車内には遺書はなく、動機は不明だ。病院に付き添っていた男性も9日夜、和歌山市内でカフェインを大量摂取したが、一命をとりとめた。市消防局によると、男性は「嫌なことがあったので、自殺しようと思った」と話していたという。
心桜さんは事件当時、母親と、2015年に再婚した男性、2人の間に生まれた妹との4人暮らし。県警は、家庭内で唯一の生存者である男性を任意で事情聴取。県警は心桜さんが亡くなった経緯について、慎重に捜査している。
生活環境が変化
心桜さんは友人に「ここ」と呼ばれていた。「ここはよく笑う、みんなのお姉さんのような存在でした」。友人は、そう言って目に涙を浮かべた。
友人らによると、心桜さんの両親は13年5月に離婚。心桜さんは、和歌山市内で父親と2人で同居することになった。親子で仲良く家事を分担していたという。しかし、父親は仕事のため家を空けることも多く、一人で過ごす時間が増えた。
再び大きく生活環境が変化したのは中学2年の頃。母親の元に引き取られたためで、心桜さんは周囲に「妹の世話をしなければならなくなった」と説明していたという。
その頃から徐々に中学校を休みがちになり、友人には「学校に行きたいが行けない」「家に帰りたくない」と漏らすこともあった。友人は「踏み込んだらいけないと思い、理由は聞けなかった。どこか無理をしているような感じがあった」と振り返る。
将来の進路について、心桜さんは周囲に「卒業後は、兵庫県の専門学校に行きたい」と語っていたこともあった。しかし、その願いはかなうことはなかった。
捜査関係者らによると、自宅には妹のおもちゃや絵本は数多くあったが、心桜さんの持ち物はほとんどなかったという。近所の住民は「母親と妹が一緒にいるところはよく見かけたが、心桜さんの姿はほとんど見たことがない。3人家族かと思っていた」と話す。
(読売新聞の記事から引用)


報道するメディアに文句を言っても仕方がないのですが、そろそろ関係者の氏名を明らかにしてもよいのでは?
自宅には母親と次女、再婚相手の男性の3人がいたのですから、母親と義理の父親が心桜さんに繰り返し暴行を加えていたと考えるしかありません。生き残った義理の父親が警察の事情聴取を受けているわけですが、「自分は知らなかった。自分は暴行していない」とでも言うのでしょうか?
中学生時に不登校になった心桜さんについては、一時期児童相談所が介入したようです。しかし、林家のこどもたちが児童相談所や養護施設でさんざんな目に遭っているのですから、林真須美の長女である母親が児童相談所の介入を不快に思ったはずであり、協力的な態度は示さなかったのでしょう。また、児童相談所の方も「かかわりたくない面倒くさい家」と決めつけ、家庭訪問など具体的な対応を取らなかったのかもしれません
結果として、心愛さんは誰からも救いの手を差し伸べられることなく、家庭内で繰り返し暴行や精神的な虐待を受け死亡したのでしょう
「外に出て、助けを求めるべきではなかったのか。なぜ、そうしなかったのか」と問う人もいるのでしょうが、それができないほど精神的な虐待を受けて心が折られてしまっていたか、あるいは自宅内で監禁された状態にあったとか、想像する必要があります。想像力を欠いたまま、被害者の行動を疑うのは事件を読み誤る結果を生みます
せめて生き残った義理の父親が真相を明らかにし、自身の罪を償ってもらいたいものです

(関連記事)
林真須美の長女自殺 その後どうなったのか?
林真須美死刑囚の長女 娘を虐待死させたので自殺か?
林真須美死刑囚の長女 娘を連れて投身自殺
林真須美死刑囚 再審請求の行方
林真須美死刑囚 再審請求(第二次)を考える
林真須美死刑囚「第三者の犯行と主張」して再審請求
和歌山カレー事件再審請求 大阪高裁も棄却
和歌山カレー事件 「20年目の真実」と称する幻想譚
和歌山カレー事件 林死刑囚に動機はないのか?
和歌山実業家怪死事件に口出す和歌山カレー事件林健治
林眞須美死刑囚の長男が語る「家族」
和歌山毒カレー事件 再審請求を棄却
林眞須美死刑囚長男インタビュー
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
和歌山毒入りカレー事件から15年
毒入りカレー事件 林真須美の再審請求
和歌山毒入りカレー事件の判決を聞いて
和歌山毒入りカレー事件判決 その後
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える3

大阪交番襲撃 飯森被告の責任能力

交番を襲撃して拳銃を強奪する事件で世間を震撼させた飯森裕次郎被告の判決が明日、言い渡されます
その前日というタイミングながら、飯森被告の刑事責任能力を取り上げた記事が目に付きましたので、言及しておきます
長年、統合失調症の治療を受けてきた飯森被告ですから、詐病という線はありません
後はどこまでが病気の影響なのか、の判断です


大阪府吹田市の交番で令和元年6月、警察官を襲い拳銃を奪ったとして強盗殺人未遂などの罪に問われた無職、飯森裕次郎被告(35)に対する裁判員裁判の判決が10日に言い渡される。犯行内容に争いはなく、統合失調症に罹患(りかん)した被告の刑事責任能力の有無が最大の争点。2度行われた精神鑑定の結論が分かれ、裁判では専門医同士の見解が対立する異例の展開となった。地域に恐怖や不安を与えた事件の社会的影響は大きく、どのような結論が下されるのか注目される。
「幼い僕を殺す警察官の姿が見えた。頭の中で友人が殺せと言った」「ひどいことをするやつらが山に潜んでいる。そいつらを拳銃で殺せと指示があった」
被告人質問で事件について問われ、はっきりとした口調で説明した飯森被告。耳を傾ける裁判員の表情には戸惑いも浮かんでいた。
裁判で示された証拠などによると、被告は約12年前に統合失調症を発症。目にした人すべてが頭の中に現れ、自分や家族を殺そうとするなどの幻覚や妄想に悩み、投薬治療を受けながら仕事を転々としていた。
事件の半年前から自ら申し出る形で薬を減らしたが、事件直前までに症状が悪化。幻聴の指示に従い、犯行に及んだとされる。
争点である責任能力をめぐっては起訴前と起訴後の2度にわたり精神鑑定が実施され、担当した2人の精神科医が証人出廷した。犯行に統合失調症が影響したという前提は共通しているものの、A医師は「犯行中の計画や行動すべてに病気が影響していた」と証言。これに対しB医師は「残された健常な精神機能で犯罪行為を認識していたといえる部分がある」と述べた。
見解が分かれるポイントとなったのは、事件前後の行動に対する評価だ。被告は事件直前に公衆電話で虚偽の110番をし、拳銃を奪った後は衣類を数回に分けて捨てるなどしていた。その一方で、事件前に有名人のディナーショーや野球の試合のチケットを相次いで購入したり、逃走中に履歴書を買ったりするなど不可解な行動もしていた。
A医師は、被告の病状は入院治療が必要な重い部類だとした上で、「『山に潜むやつらを殺しにいく』という根本の目的に病気の影響があり、付随する一見合理的に見える行動も自分の意志とまではいえない」と指摘。これに対し、B医師は「幻覚の指示でここまで臨機応変にできない。犯罪行為を認識、判断する能力の表れだ」と述べた。
検察側はB医師、弁護側はA医師の見解をそれぞれ支持。「強固な殺意に基づく危険な犯行」とした検察側は、通常であれば懲役25年を超えるケースとしつつ、責任能力は限定的だったとして懲役13年を求刑。責任能力はないと訴える弁護側は無罪だとした上で、「病気で行動を制御できない人に刑罰を与えても意味がない」と理解を求めた。
(産経新聞の記事から引用)


さすがに拳銃強奪事件ですから(しかも警察官に重傷を負わせている)裁判官も裁判員も飯森被告に対して、「統合失調症による影響が認められるため、無罪」とする判決は出せないでしょう。限定的ながら刑事責任能力を認め、懲役10年くらいの判決を下すのではないでしょうか?
飯森被告側は判決を不服として控訴し、大阪高裁での審議に場所を移すものと予想します
現在、大阪拘置所に勾留されているであろう飯森被告の状態は不明ですが、刑務所に収監しても刑務作業をさせるのは無理でしょうから、医療刑務所で統合失調症の治療を受けつつ経過を観察する、という扱いになるのでしょう
この場合、刑務所から仮釈放させるにせよ、満期で釈放するにせよ、扱いが難しいのは言うまでもありません。刑務所から出てすぐ、交番に押し入って拳銃強奪をやろうものなら、刑務所は何をしていたのかと叩かれます
釈放手続きは保護観察所(更生保護委員会)の所管であり、刑務所が批判されても困るのですが、世間はそんな手続き上のことなど関知しません
なので実際は病状を判断し、治療の経過が悪ければ刑務所からの釈放と同時に精神病院へ入れて、引き続き医療措置を受けさせるという判断になるとは思いますが
ともあれ、明日の判決に注目です

(関連記事)
大阪交番襲撃 飯森被告に懲役12年判決
https://05448081.at.webry.info/202108/article_18.html
大阪交番襲撃 飯森被告に懲役13年求刑
大阪交番襲撃 飯森被告「精霊さんの指示だった」
大阪交番襲撃 飯森被告の初公判
大阪交番襲撃 飯森被告の初公判は7月19日
大阪交番襲撃 飯森裕次郎容疑者を起訴
大阪交番襲撃 同級生への執着はなぜ?
大阪交番襲撃 異常な言動
大阪交番襲撃 容疑者確保し拳銃発見
大阪交番襲撃 拳銃強奪狙い
仙台警察官刺殺事件を考える 21歳男学生の犯行
仙台警察官刺殺事件を考える 物静かな少年時代
仙台警察官襲撃事件を考える 自宅に5丁のモデルガン
富山交番襲撃犯 2人を殺害し逮捕
富山交番襲撃犯 島津容疑者取り調べ難航か
富山交番襲撃犯 2年たっても公判の目処立たず
富山交番襲撃犯 初公判で島津被告は黙秘
富山交番襲撃犯 島津被告の両親が謝罪
富山交番襲撃犯 調書に見る犯行動機
富山交番襲撃犯 無期懲役判決
19歳警察官が上司を射殺 書類の書き直しが不満
19歳警察官が上司を射殺 パワハラか?
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
川崎小学生襲撃事件を考える 叔父の手紙が凶行を招く?
川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし
川崎小学生襲撃事件を考える 「一人で死ね」論争
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕
白金高輪駅硫酸男 沖縄で逮捕される

韓国 「吉田松陰がアジアの平和を壊した」

韓国にはサイバー外交使節団「VANK」という民間組織があります。元々は竹島が韓国固有の領土であると世界各国にインターネットを介して宣伝する目的の、民間有志による組織です。最近では韓国政府の先兵として、日本相手に歴史戦を仕掛ける役割を担っており、日本海の名称を「東海」に改めるべきだとか、日本の旭日旗はナチスの旗と同じ戦犯旗なので使用を禁止すべきだ、などなどのプロパガンダを実施しています
活動資金の一部を韓国政府が支援しており、純粋な民間組織とは言い難いものがあります
その「VANK」が今度は、「吉田松陰がアジアの平和を壊した」とか、「松下村塾は多くの戦犯を生み出した」などと宣伝し始めているのだとか
元の記事が韓国語であるため、いつものようにインターネットの掲示板「5ちゃんねる」に貼られた蚯蚓記者による翻訳を引用させてもらいます


サイバー外交使節団バンクは2015年、ユネスコ世界文化遺産で登録された松下村塾は日本帝国主義の産室であることを知らせるキャンペーンを展開すると7日、明らかにした。
山口県萩にある松下村塾は朝鮮侵略論である「征韓論」を広げた吉田松陰が設立した私設学堂で、明治維新を起こした日本国家指導者を養成したところだ。
パク・ギテ、バンク団長は「吉田松陰と彼の教えを受けた弟子のせいでアジアの平和が崩れ、ぞっとする戦争犯罪が発生した。しかし、日本政府はこのような歴史的事実を隠して松下村塾をユネスコ世界遺産に登録させた」と話した。
バンクはユネスコ全委員に松下村塾の実状を知らせる書簡と動画資料を送ると同時にグローバル請願を推進して、批判ポスターと映像を製作し知らせるなど告発キャンペーンに着手した。
書簡とグローバル請願には帝国主義侵略戦争思想を内包した場所である松下村塾の前に犠牲者を賛える歴史的内容も展示するようユネスコが勧告しなければならないという内容が入れられる。
(韓国聯合ニュース:韓国語からの翻訳)


随分とトンチンカンな主張なのでしょうが、「VANK」にすれば歴史を正しく解釈した上での結論、なのでしょう
もっとも、彼らがどこまで日本の歴史を学んでいるのかは不明です。きちんと学習しているのなら、このようなアホな主張はできないはずですから
吉田松陰は29歳で亡くなっており、松下村塾で弟子たちを指導したのもわずかの期間です。当時、鎖国状態にあった日本において国際情勢をつぶさに把握するのは困難であり、松蔭の世界認識に限界があったのは否めません
松蔭は確かに欧州列強に対抗するために、「取易き朝鮮・満州・支那を切り随へ、交易にて魯国に失ふ所は又土地にて鮮満にて償ふべし」と主張していたのですが、幕末期には清や朝鮮、その他の国と同盟して欧州列強に対抗すべきだと唱えていた者も多くいたのが実際です
当然ながら、当時の朝鮮や清の実情を正確に把握した上でこうした主張を展開していたのではなく、ただ漠然と思い描いていたに過ぎません
明治時代になり、清や朝鮮に外交使節団を派遣するようになり、彼らが同盟を組むに足りる相手ではない(為政者の無能、政治的腐敗、旧態依然たる思考、実務能力の欠如)との実態を知るわけです
そして明治維新後、長州閥が存在したのは事実ですが、それが直ちに吉田松陰の影響とは言えないのであり、飛躍のしすぎでしょう。薩摩や土佐などの出身者も政府運営に関与していたのですから
太平洋戦争となれば、対米開戦を決めた東條英機が思い浮かぶのですが、彼は長州閥ではありません。父親は盛岡藩出身で、下級軍人から陸軍中将にまで上り詰めた人物であり、長州閥によって出世を阻まれたと日頃から口にしていたようです
なので、息子である東條英機は長州閥を快くは思っていなかったのでしょう
もっとも東條英機は自分の優秀さに過剰な自信を抱いていたのと、他人を信用しなかったため、首相と陸軍大臣と参謀総長まで1人で兼任するという愚かな真似をしたわけですが
話を戻して、今更松下村塾を目の敵にし、貶めようと企む感覚を疑います
安倍前首相が松下村塾をユネスコ世界遺産に登録させたのがけしからん、との発想なのでしょうか?

(関連記事)
「日本は新軍国主義ニダ」と主張する韓国の研究者
https://05448081.at.webry.info/202108/article_40.html
「文明開化に失敗した李氏朝鮮」を認めない韓国史観
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
日本に漢字を伝えた王仁博士とは
広開土王碑文で嘘の解釈 韓国メディア
NHK朝ドラ「マッサン」に難癖 韓国メディア
「豆腐強国である韓国」と主張する微妙なエッセイ
「韓国起源説」は日本の陰謀だと主張する韓国
韓国人教授「日本神道の起源は新羅王子」と珍説表明
日本の世界文化遺産登録に反対する韓国
「明治日本の産業革命遺産」登録も韓国と火種残す
「竹島領有主張は日本人の劣等感」と語る韓国人教授
またもや「茶道の起源は韓国」と捏造
朝鮮併合時代の植物標本 「日本から奪還すべし」と書く韓国メディア
徴用工訴訟で敗訴 韓国メディアの無知丸出し社説
日本の新紙幣 渋沢日栄一を猛批判する韓国
韓国メディア「王とポルノが共存する日本精神の深層」
伊藤博文暗殺犯安重根を英雄に祀り上げる韓国
韓国の大学教授 「日本人には共感と普遍的世界観が足りない」
「日韓関係悪化は日本の歴史修正主義のせい」と主張する青木理