テーマ:事件を考える

コロナ感染の迷惑系YouTuber へずまりゅう

この世の中で一番キライなものを挙げろ、と言われたら「迷惑系YouTuber」と答えるでしょう何を面白がっているのか意味不明ですし、不愉快なだけですその迷惑系YouTuberの一人、「へずまりゅう」が逮捕されています。しかもコロナウィルスに感染しており、逮捕した愛知県警岡崎署の警察官複数人が感染させられるという迷惑ぶりですもちろん、へずま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堺あおり運転 6100万円の賠償命令

あおり運転がより重く罰せられるよう法改正がされています。その背景にはあおり運転によって悲惨な死を遂げた被害者が存在しているわけですそうした一連のあおり運転事件の中に、2018年7月、大阪堺市で起きたバイクの大学生があおられた上に自動車で追突され、殺害された事件があります中村精寛被告は殺人罪で懲役16年の判決が下されましたが納得せず、最高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王族を自称し建国資金を騙し取る詐欺事件

先だってはM資金詐欺の事件に言及しました。古典的な詐欺の手口で有名なのがM資金詐欺と皇族や家族の末裔を自称する詐欺でしょう福井県でもブライトン王国の末裔を名乗り、「建国のための資金を融資してほしい。建国の暁には1.5倍にして返す」と資金をだまし取っていた詐欺事件の裁判が進められているのだとか起訴されている王見禎宏被告(67)は法廷の場で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡女性転落殺人を考える5 懲役22年の判決

福岡県で知人女性を橋の上から転落死させた事件の判決です。被害者である女性の死は自殺であり、警察がでっち上げた事件だとして無罪を主張した上に、解離性同一性障害であるとアピールしていた佐久田なつき被告に対し、福岡地裁は懲役22年(求刑は懲役25年)を言い渡しています この判決に佐久田被告は怒り狂ったのではないか、と想像しますがどうだったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐世保高1女子殺害事件を考える15 「責任を感じる」

2014年7月、長崎県佐世保市のマンションで女子高生が殺害される事件があり、同級生であった女子生徒が逮捕されています少年審判の結果、彼女は医療少年院(おそらく京都医療少年院)に送致され、現在も収容された状態です今日はこの事件に関する2本の記事を紹介します残念ながら2本の記事からは、彼女が何を反省しているのか伝わってきませんし、彼女と被害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手県立高体罰事件を考える 顧問教師の責任は?

以前にも取り上げた岩手県立不来方高校のバレーボール部員が自殺した事件の続報です問題のバレーボール部顧問佐々木幸浩教諭は前任の盛岡第一高校でも、部活動で部員を罵倒するパワーハラスメントを繰り返しており、損害賠償請求の民事訴訟で敗訴していますにもかかわらず、バレーボールの指導者として評判が良かったのか、不来方高校でもバレーボール部の顧問とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内閣府課長補佐 援交で逮捕

新型コロナウィルス感染への対応など行政課題山積で、中央官庁は多忙を極めていると思います。しかし、中には仕事そっちのけで援助交際に現を抜かす色ボケ管理職もいるようです内閣府復興庁課長補佐の菅原久興(46)が、「パパ活」で知り合った少女に睡眠薬を飲ませてわいせつ行為をした容疑により逮捕されています 10代の少女に薬を混ぜた酒を飲ませて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都アニメーション放火事件を考える 「ツルネは盗用」

京都アニメーションのスタジオに放火した青葉真司容疑者はやけどの治療が一段落し、逮捕状の執行により勾留が決まりました。さらに鑑定留置が決まり、責任能力の有無や犯行動機について調べを受けることになっていますやけどで歩行も困難な青葉容疑者を勾留する意味があるのか、との声が一部にはありました。現状で罪証隠滅の恐れや逃走の恐れはないにしても、自殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災映画のモデル男性 強姦容疑で逮捕

東日本大震災のとき、岩手県釜石市の遺体安置所でボランティアとして活動し、後に映画のモデルにもなった老人が強姦容疑で逮捕されています本人は犯行を否認していると報じられており、今後、起訴されるかもしれません(犯行を認め、被害者との間で示談が成立すれば被害届の取り下げもあり得るわけですが) 岩手県警は14日、同県釜石市中妻町、会社員千葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性下着盗の総務省官僚 懲戒免職に

東北総合通信局長だった田中宏が今年2月、温泉旅館の脱衣所で女性物の下着を盗んだ容疑で逮捕されていました。現場に到着した警察官は田中宏の所持していたバッグの中身を見せるよう要求しましたが、田中はこれを拒絶。宮城県警は捜索令状をわざわざ取ってバッグの中身を確認したところ、女性物の下着が出てきた…という事件ですただし、単なる助平心で行われた犯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富田林逃走 樋田被告懲役17年不服で控訴

富田林署から逃走し、捕まった樋田淳也被告に大阪地裁は懲役17年の判決を言い渡しています法廷で判決を聞いた樋田被告は呆然としていた、と報じられています。もっと軽い刑を期待していたのでしょうか?判決を受けた樋田被告はこれを不服として控訴したとの記事がありましたので、取り上げます 平成30年8月に大阪府警富田林署の接見室のアクリル板を壊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡女性転落殺人を考える4 人格障害を疑う

精神鑑定は精神科医や心理学者が担当するのですが、それぞれが得意分野や不得意分野があり、鑑定の際に用いる理論も異なります。ゆえに2度、3度と精神鑑定を行えば異なる鑑定結果が2、3通並ぶ場合があります(東京・埼玉で幼女を誘拐し殺害した宮崎勤のケースがこれに該当します)自分などは3通の鑑定結果を読み比べ、その違いを学べる機会だと歓迎するわけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡女子大生殺害 同じ学部の学生が犯人

先月末、静岡県三島市で日大国際学部に通う女子大生が、コンビニエンスストアでのアルバイトから帰宅したところを、待ち伏せしていた男に刺され殺害される事件がありました三島市の女子大生殺人事件と聞くと、どうしても2002年の服部純也死刑囚による殺人事件を思い起こしてしまいます。強姦した挙げ句、生きていた被害者の体にライターで火をつけて焼き殺すと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡女性転落殺人を考える3 解離性同一性障害

福岡県八女市で橋の上から女性が転落し、死亡した事件で公判中の佐久田なつき被告について、3度目の言及になります佐久田被告は公判前に精神鑑定が実施されており、鑑定人は「事件前から解離性同一性障害と診断されている」と証言していますそのうえで、「佐久田被告は無罪願望でわざと自己に有利な空想を作っている」と述べていますただし、佐久田被告が事件を起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡女性転落殺人を考える2 復讐に執着

福岡県八女市で2015年4月、女性が橋から転落させられ、殺害された事件を複数回に分けて取り上げます逮捕され、起訴されたのは佐久田なつきは、現在進行中の裁判で殺人容疑を全面的に否認し、争っています今日は事件の経緯を振り返ってみましょう 色恋沙汰に絡む事件は女の方が残虐な場合が多いようだ。「あの女にすべてを奪われた」逮捕前、風俗嬢の女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡女性転落殺人を考える1 懲役25年求刑

2015年に福岡県八女市で、知人女性に睡眠薬を飲ませた上で橋から転落させ(水面から55メートルもの高さ)、殺害した疑いで起訴された佐久田なつき被告の裁判について取り上げます犯行の手口からして刑事ドラマのごときで、その後は解離性人格障害(いわゆる多重人格)を装って佐久田被告は責任能力を欠いているかのように振る舞っていますしかし、検察は論告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏口入学事件 佐野太ら公判で無罪を主張

東京医大での裏口入学事件で、ようやく文部科学省元局長佐野太被告の裁判が始まりました起訴されている東京医大の前理事、前学長と、仲介役のコンサルタントの3人を含め、全員が無罪を主張していると報じられています4人とも起訴後に釈放されていますので、口裏合わせも済んでいるのでしょう 文部科学省の私立大支援事業をめぐる汚職事件で、受託収賄罪に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多摩川中1殺害事件を考える15 損害賠償控訴審判決

2015年2月、冬の多摩川で泳ぐよう命じて上村遼太さんを殺害した事件から5年が経過しています(死因はカッターナイフで切られた40か所以上の傷からの出血によるもの)加害者である元少年3名に加え、その保護者にも損害賠償を命じる判決が下されたのは昨年夏でした加害者少年と保護者はこの判決を不服とし、控訴審で争ってきたのですが、東京高裁は1審の横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富田林署逃走事件 懲役18年を求刑

2年前の夏、警察の留置場から逃走し、世間を騒がせた樋田淳也被告の裁判が続いています論告求刑公判で検察側は懲役18年を求刑した、と報じられていますすでに留置場からの逃走については分離公判の判決で加重逃走罪に当たるとし、有罪判決がくだされています(量刑は分離公判と裁判員裁判の両方を併せて、来月言い渡される予定) 大阪府警富田林署から逃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学受験前に息子を刺殺 父親に懲役13年判決

2016年8月、中学受験を控えた息子を包丁で刺殺した父親に対し、最高裁は殺意を認めた上で懲役13年の判決を妥当とし、上告を棄却する決定を下しています佐竹憲吾被告は東海中学出身ですが、犯行当時はトラック運転手をしていたのだとか。トラック運転手を見下す意図はありませんが、愛知県下でも医学部進学率の高い中高一貫教育をしている学校出身者にしては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜ホームレス殺人 犯人2人は起訴される

何を大々的に報道するかはメディアの判断するところです。しかし、岐阜市の河川敷でホームレスの男性が殺害された事件の扱いはあまりに小さく、まるで報道する価値がないかのような扱いであるのは、実に悲しい気持ちにさせられます(地元紙、中日新聞は河井前法務大臣夫妻逮捕と安倍首相の会見批判にこれでもか、というほど紙面を割いています) 岐阜市で3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲酒、146キロ暴走でも「危険運転ではない」と判決

酒を飲んだ上に時速146キロで車を走らせ、4人を死亡させる事故を起こした末広雅洋被告に対し、津地方裁判所は危険運転致死傷罪を認めず、過失運転致死傷罪を適用して懲役7年の実刑判決を言い渡しています何のための裁判なのか、と言いたくなる呆れた判決です 2018年12月、三重県津市で車を時速146キロで走らせタクシーと衝突し、5人を死傷さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏口入学事件 文科省佐野太は無罪を主張か

およそ2年前、便宜を図る見返りとして息子を東京医科大へ裏口入学させた受託収賄罪で逮捕された前文部科学省局長佐野太の裁判が、来月開かれると報じられています裏口入学した息子については退学処分等の扱いを受けず、そのまま在学しているとの情報があります(昨年末、あれこれ検索して調べた結果)親の犯罪はともかく、息子は無関係だからバッシングすべきでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つがる4人死亡事故 懲役20年判決

青森県つがる市で飲酒運転の上に車を暴走させ他の車両にぶつかり、4人を死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪に問われた同市の無職、高杉祐弥被告(34)の裁判員裁判で、青森地裁は求刑通り懲役20年の判決を言い渡しています弁護側は飲酒運転で事故を起こしたことを認める一方で、「正常な運転が困難な状態ではなく、その認識もなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山少女殺害事件を考える 父親は警察官

2004年に岡山県津山市で起きた小学3年生の女子児童殺害事件で、勝田州彦被告が2018年に逮捕され起訴されたものの、初公判の目処は立たないままです前回、当ブログで取り上げた際にも述べたように、勝田被告は否認に転じており、無罪を主張しています。そのため公判前の争点整理手続きではあらゆる点について検察側と弁護側が争う形になってしまい、もめて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝塚ボーガン殺人 家族3人殺害

兵庫県宝塚市の民家で、住人である家族と親戚の者がボーガンで撃たれ死傷する事件がありました。この家の長男で大学生の野津英滉(23)を殺人容疑で逮捕しています23歳で家族3人を殺し、何を実現したかったのでしょうか?実家を離れ、自活自立するという選択肢が野津容疑者の頭の中になかったのは確かです 兵庫県宝塚市安倉西2の民家で4日、ボーガン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日立市母子6人殺害を考える 記憶喪失で無罪?

2017年に茨城県日立市のアパートで妻とこども6人を殺害し火を付けたとして、殺人や放火などに問われた無職小松博文被告(35)の裁判のうち、詐欺罪などの区分審理初公判が2日、水戸地裁で開かれました。小松被告は「(事件当時の状況を)覚えていないので、何とお答えしていいのか分からない」と述べたそうです。結城剛行裁判長は小松被告の記憶喪失を認め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都アニメーション放火事件を考える 小説盗まれたと執着

京都アニメーションのスタジオにガソリンを撒いて放火した青葉真司容疑者は、これまで通り、小説の小児応募した作品の内容を京都アニメーションによって盗まれたと主張しています京都アニメーション作品のどの部分が青葉容疑者の欠いた小説と類似しているのか、具体的なところは何も分かりませんあるいは、青葉容疑者が勝手に「類似している」とか、「パクられた」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女生徒に首輪つけた変態塾経営者 有罪判決

学校教師による性犯罪をしばしば取り上げています。しかし、性犯罪者は学校だけではなく、学習塾にも潜んでいます。奈良県の学習塾経営者が女子生徒に犬の首輪をつけさせ授業を受けさせていたとして逮捕、起訴されていた事件で奈良地裁は懲役2年の有罪判決を言い渡しています罪名は逮捕監禁罪ですわざわざ女子生徒を1人だけ「補習」と称して呼びつけ、指導してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊川男児殺害事件は冤罪か? 再審請求棄却

2002年の夏の夜、愛知県豊川市のゲームセンター駐車場に停められた車の中から1歳の男児が消え、早朝に駐車場から4キロ離れた三河湾で水死体となって発見される事件がありましたゲームセンターの駐車場に居合わせた運送会社社員、田辺雅樹が男児を連れ去り、海に捨てて殺害したとして逮捕、起訴されたのですが、一審名古屋地裁は自白の信用性に疑問があるとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more