テーマ:事件を考える

ヒステリックブルーのナオキ 再犯に至る事情

ヒステリックブルーの元メンバーであるナオキ(現在は二階堂直樹)が強制わいせつ事件で逮捕されたと、当ブログでも取り上げました続報として雑誌「創」の篠田編集長がナオキに警察署で面会をし、そのあらましを記事にしています書かれている事件の経緯はあくまで二階堂容疑者の語ったものであり、事実であるかどうかは保留しておく必要があります性犯罪を繰り返す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつでまた逮捕

2004年、ヒステリックブルーのギタリストだった赤松直樹が強姦容疑で逮捕され、有罪判決を受けて服役する事件がありましたヒステリックブルーはメンバー間の対立、方向性の違いなどで活動も停滞し、人気も下降状態でしたが、ファンにとって赤松直樹の逮捕は十分に衝撃だったのでしょう赤松直樹は東京都内で、帰宅する若い女性を狙い、後をつけてマンションに押…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井女子高生刺殺 「酌を断られたので刺した」

今月10日、福井市で祖父が孫の女子校生を刺し殺す事件がありましたその後の経過を含め、もう一度事件を振り返ろうと思います犯行現場となった冨澤進容疑者の家では孫の友美さんと2人だけの暮らしでしたので、事件の目撃者はいません冨澤容疑者が息子(友美さんの父)に電話で異変を知らせるまで、何があったかを知るのは進容疑者だけです 台所からは飲み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰宅途中の少女を狙った池川翔悟逮捕 余罪多数

東京の東村山市を中心に10代の少女を狙ってわいせつ行為を繰り返していたアルバイト従業員池川翔悟容疑者(31)が逮捕され、余罪の調べが続いています。もう3度目か、4度目の再逮捕ではないでしょうか?もちろん、親が不在の時間帯に被害に遭った少女もいるわけであり、警察に被害を届け出ていないケースもあると思われます文春オンラインの記事を以下、引用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡強姦殺人 古賀被告に無期懲役判決

昨年の夏、福岡県粕屋町で起きた強姦殺人、死体遺棄事件で起訴されていた古賀哲也被告に対し、福岡地方裁判所は求刑通り無期懲役を言い渡しています初公判で検察は起訴状に、「殺意を持って被害者を襲った」と述べたのに対し、古賀被告は「違う」と否定していましたどこがどう違うのか、公判で検察官とやり取りがあったのかは報道されていません。強いて憶測すれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井中学生自殺 県と町に損害賠償請求

2017年3月、福井県池田町で男子中学生が自殺した事件の民事訴訟について報じる記事がありましたので、取り上げます池田中学に通う生徒が担任と副担任が執拗なまでの叱責を繰り返し受け、校舎から身を投げて自殺したものです。学校を自殺の場所に選んだのは教師に対する抗議の意思であると推測されますしかし、その後担任、副担任、校長は不起訴扱いとなり、市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車内に女児放置 最初から冷房使用せず

6歳と3歳の姉妹を車内に放置し、熱中症で死亡させたとして保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された竹内麻理亜容疑者(26)は、香川県警の取り調べに対して、車を離れた際にクーラーは稼働させていなかったと供述したいる、と報道されています9月6日の報道では、「車を離れるときはエンジンをかけ、クーラーを動かしていた」と警察に供述しているとありますが、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井女子高生刺殺 同居の祖父を逮捕

福井県で女子高生が同居していた祖父によって刺殺される事件がありましたしかし、祖父の供述がいかにも不自然で辻褄が合わず、なかなか事件の実態が見えてきません現場は祖父と刺殺された女子高生の2人暮らしの住宅で、目撃者はいません。まずは警察発表の内容を伝える報道を引用します 10日、福井市の住宅で女子高校生が死亡しているのが見つかり、同居…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡強姦殺人 性犯罪を繰り返した古賀被告

福岡県粕屋町で昨年の夏、職場から帰宅途中の女性会社員(38)を襲って強姦した上に殺害し、遺体を遺棄したとして、殺人などの罪に問われている古賀哲也被告の裁判が始まっています古賀被告は過去にも2度、性犯罪で刑務所に服役しており、今回が3度目の性犯罪になります特に今回は被害者を殺害しており、単純な強制わいせつ事件とは比べものにならない凶悪な犯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車内に女児放置 竹内容疑者は何をしていたのか?

高松市で女児2人が乗用車内に長時間放置され死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の竹内麻理亜容疑者(26)への取り調べが続いています。竹内容疑者は頻繁に夜の街へ出かけ、飲み歩いていたようですが、夫には娘を連れて実家へ行くと嘘をついていたと判明していますしかも、事件当日は男性と飲食を共にした後、男性宅に長時間滞在していたよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢谷友介大麻で逮捕 意識高い系

意識高い系の俳優、伊勢谷友介が自宅に大麻を所持していたとして逮捕されています逮捕当初は、「弁護士が来るまで話せない」と大麻が自分のものであるかどうか、認否を保留していたようですが、その後は自分で吸引するために所持していたと容疑を認めているのだとか伊勢谷容疑者は今年から来年にかけて公開予定の映画にも出演しており、代役を立てて撮り直すのか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前橋連続強盗殺人土屋和也被告 最高裁も死刑判決支持(その1)

2014年の暮れ、群馬県前橋市で高齢者を狙った強盗殺人事件2件を起こし、2人を殺害し1人に重傷を負わせた土屋和也被告について、最高裁判所は死刑判決を支持し、上告を棄却しています弁護側は「犯行の背景には土屋被告の不遇な生い立ちによるパーソナリティー障害がある」と指摘し、無期懲役が相当と訴えていましたしかし、最高裁は「強盗の決意、殺害の実行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉並保育士殺害 懲役20年判決

同僚の女性保育士宅に侵入し、刺殺した容疑で逮捕されていた松岡佑輔被告(33)に対する判決公判があり、東京地裁は懲役20年の実刑判決を言い渡しています住居侵入は認めた松岡被告ですが、殺害は頑として否認していました。本人は公判で黙秘を宣言し、弁護人が刺殺は現場に居合わせた第三者によるものだと裁判で争ってきましたが、裁判官は第三者に犯行ではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車に女児放置 死亡させた母親逮捕

真夏の日差しが照りつける中、車にこどもを放置し死亡させる…。毎年繰り返される事件です高松市で幼いこども2人を車の中に放置したまま、飲み歩いていた母親が逮捕されています。当初は、「ちょっと車から離れていた間にこどもがぐったりしている」と供述していたのだとかところが現場近くの飲食店数軒をはしごし、飲み歩いたと発覚してからは黙秘していると報じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年院出の15歳が殺人 あまりに短絡な犯行

福岡市のテナントビルの女性トイレで21歳の女性が刺殺され、少年院を仮退院したばかりの15歳の少年が逮捕されています少年は8月26日に少年院(おそらく福岡少年院でしょう)を仮退院し、福岡県内の更生保護施設に入ったものの、そこから逃げ出し事件を起こしています仮退院後に更生保護施設に身を寄せたということからして、親許に帰れない事情があったか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富山交番襲撃犯 2年たっても公判の目処立たず

気になる事件はいくつもありますが、積極的に続報を探し、裁判の様子や判決について調べないと、そのまま埋もれてしまいます今日は2018年6月に起きた、交番の警察官を襲って拳銃を奪い、小学校の警備員を警察官と誤認して射殺した島津慧大被告の事件を取り上げます現時点ではまだ公判前の争点整理を行っている段階、だと報道されています めど立たぬ初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マデリンちゃん失踪事件の犯人逮捕か

ポルトガルのリゾート地プライアダルスに旅行者夫婦の幼い娘が失踪したとして、2007年当時、話題になったのが「マデリンちゃん失踪事件」です。長年、未解決であったこの事件で、どうやら真犯人と思われる男が逮捕されたようです長文の記事ですが、引用します 2007年5月、イギリス・レスターシャー州に住む一家が家族旅行に出かけたが、滞在先のリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男児に猥褻のベビーシッター橋本晃典 7回目の逮捕

キッズラインに登録していたベビーシッターの橋本晃典容疑者が、強制性交罪の容疑で7度目の再逮捕になったと報道されています。すでに別の男児に対する強制性交罪で起訴されています橋本容疑者については今年5月、当ブログで取り上げていますが、今もなお余罪の捜査が続き、再逮捕を繰り返している状況に驚かされます橋本容疑者はキッズライン登録後、約80回ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉並保育士殺害 松岡被告は無罪を主張

2019年3月末、東京都杉並区のアパートで保育士の女性が殺害された事件があり、殺人容疑で起訴されていた松岡佑輔被告の裁判が始まりましたコロナウィルスの影響で刑事裁判の日程にも影響が生じ、公判が先送りされるケースが少なくありませんただし、緊急事態宣言で自粛していた時期より、現時点の方が感染拡大中であり、このままでは再び公判の延期が検討され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連続強姦殺人鬼に終身刑 カリフォルニア

アメリカでは時折、とんでもない件数の殺人やら強姦事件を起こして逮捕される犯罪者が出現します今日取り上げる「ゴルデンステイト・キラー」(黄金州の殺人鬼)もその1人ですカリフォルニア州で約40年にも渡って女性を強姦し、殺害してきた凶悪犯が逮捕され、司法取引の結果、多くの事件を自身の犯行であると認めるのと交換に死刑を回避し、仮釈放なしの終身刑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高槻少女殺害事件を考える25 控訴取り下げの行方

体調が悪く、ブログの更新を休みました。現在もひどい状態ですが、書きたいものを書けるだけ取り上げていきます寝屋川市の男女の中学生が殺害され、息された事件は最初の遺体発見現場が高槻市内であったため、上記のタイトルで言及してきました山田浩二被告の死刑判決が確定されたかに見えたのですが、山田被告による2度の控訴取り下げを巡って司法判断が迷走し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳島県立病院主事 女子高生への傷害で裁判

昨日は女子高生を自宅マンションにワイヤーロープで縛り、監禁するという事件を取り上げました 中年男が色欲に狂い暴走した結果といえるのでしょうが、何とも気色悪い事件です 本日は徳島の公立病院職員が、路上で女子高生に「家に来ないか」と声をかけてナンパしたものの、「キモイ」と言われて逆上し、暴行を加えた事件を取り上げます 女子高生と50歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子高生をワイヤーで拘束・監禁した男 逮捕

SNSで知り合った男性に誘い出されて家出、という事件がしばしば起きます。被害者の意に反して監禁に至るケースもあります埼玉県内に住む女子高生が横浜在住の中年男に誘い出され、マンションに監禁される(しかもワイヤーロープで体を拘束されて)という事件がありましたので取り上げます 埼玉県内の女子高校生をワイヤーロープで巻きつけ、自宅に監禁し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ感染の迷惑系YouTuber へずまりゅう

この世の中で一番キライなものを挙げろ、と言われたら「迷惑系YouTuber」と答えるでしょう何を面白がっているのか意味不明ですし、不愉快なだけですその迷惑系YouTuberの一人、「へずまりゅう」が逮捕されています。しかもコロナウィルスに感染しており、逮捕した愛知県警岡崎署の警察官複数人が感染させられるという迷惑ぶりですもちろん、へずま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堺あおり運転 6100万円の賠償命令

あおり運転がより重く罰せられるよう法改正がされています。その背景にはあおり運転によって悲惨な死を遂げた被害者が存在しているわけですそうした一連のあおり運転事件の中に、2018年7月、大阪堺市で起きたバイクの大学生があおられた上に自動車で追突され、殺害された事件があります中村精寛被告は殺人罪で懲役16年の判決が下されましたが納得せず、最高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王族を自称し建国資金を騙し取る詐欺事件

先だってはM資金詐欺の事件に言及しました。古典的な詐欺の手口で有名なのがM資金詐欺と皇族や家族の末裔を自称する詐欺でしょう福井県でもブライトン王国の末裔を名乗り、「建国のための資金を融資してほしい。建国の暁には1.5倍にして返す」と資金をだまし取っていた詐欺事件の裁判が進められているのだとか起訴されている王見禎宏被告(67)は法廷の場で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡女性転落殺人を考える5 懲役22年の判決

福岡県で知人女性を橋の上から転落死させた事件の判決です。被害者である女性の死は自殺であり、警察がでっち上げた事件だとして無罪を主張した上に、解離性同一性障害であるとアピールしていた佐久田なつき被告に対し、福岡地裁は懲役22年(求刑は懲役25年)を言い渡しています この判決に佐久田被告は怒り狂ったのではないか、と想像しますがどうだったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐世保高1女子殺害事件を考える15 「責任を感じる」

2014年7月、長崎県佐世保市のマンションで女子高生が殺害される事件があり、同級生であった女子生徒が逮捕されています少年審判の結果、彼女は医療少年院(おそらく京都医療少年院)に送致され、現在も収容された状態です今日はこの事件に関する2本の記事を紹介します残念ながら2本の記事からは、彼女が何を反省しているのか伝わってきませんし、彼女と被害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手県立高体罰事件を考える 顧問教師の責任は?

以前にも取り上げた岩手県立不来方高校のバレーボール部員が自殺した事件の続報です問題のバレーボール部顧問佐々木幸浩教諭は前任の盛岡第一高校でも、部活動で部員を罵倒するパワーハラスメントを繰り返しており、損害賠償請求の民事訴訟で敗訴していますにもかかわらず、バレーボールの指導者として評判が良かったのか、不来方高校でもバレーボール部の顧問とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内閣府課長補佐 援交で逮捕

新型コロナウィルス感染への対応など行政課題山積で、中央官庁は多忙を極めていると思います。しかし、中には仕事そっちのけで援助交際に現を抜かす色ボケ管理職もいるようです内閣府復興庁課長補佐の菅原久興(46)が、「パパ活」で知り合った少女に睡眠薬を飲ませてわいせつ行為をした容疑により逮捕されています 10代の少女に薬を混ぜた酒を飲ませて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more