テーマ:事件を考える

京都アニメーション放火事件を考える 33名が死亡

京都アニメーションで起きた放火殺人事件は、当時スタジオにいた従業員74名のうち33名が亡くなり、35名が重軽症を負う惨事となりました。警察は容疑者の氏名を青葉真司(41)と公表しています。未逮捕の状態で容疑者の氏名を公表するのは異例の措置です 青葉容疑者には2012年に茨城県内でコンビニエンスストアに強盗に入っており、服役した前科があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都アニメーション放火事件を考える 犯人は41歳の男

日本を代表するアニメーション製作スタジオの1つ、京都アニメーションで放火殺人事件が起き、多数の死傷者が出ています。京都市伏見区の京都アニメーションのスタジオに男がガソリンを撒いて放火し、現時点の報道で16名の死者が出ており、30名以上が負傷したと伝えられています放火したのは41歳の男性とされ、自身も負傷しており病院に搬送されたようですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇営業芸人が謝罪会見できない理由 闇の深さ

カラテカ入江の口利きで吉本興業らに所属するタレントが闇営業をし、反社会勢力である詐欺師集団からギャラを受け取っていた事件ですが、宮迫博之らは修正申告を済ませたと報じられていますしかし、これで一件落着、とはいかない事情を芸能メディアが報じています 今回の不祥事が明るみになったとき、同じく「よしもと」の千原ジュニアは、「先輩である2人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和歌山小5刺殺事件を考える12 控訴審でも懲役16年判決

7月1日のウェブリブログのリニューアルにともない、過去記事がズタボロの状態になったのですが、ウェブリブログ事務局は何ら対応もなく、放置したままです仕方がないので自分で過去記事を再編集し、今年の6月分と5月分、それに一部の記事を読みやすい状態に直していますが、すべての記事に手を加え終えるのは半年以上かかる見込みですこのようにブロガーに負担…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NGT48事件の民事訴訟 迷惑ファンとAKSの言い分

NGT48を活動停止状態に追い込んだ迷惑ファンを相手に、運営会社「AKS」が3千万円の損害賠償請求を求めた民事訴訟を提起していますこの訴訟の今後の行方について報じる記事がありましたので、引用します 今回の裁判の争点の中で最も注目されるのは、すべての出発点ともいえる事件の背景・経緯だ。男性ファン2人が暴行容疑で新潟県警に逮捕されたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇営業で宮迫100万円、田村亮50万円受け取る

吉本興業などに所属するタレントが闇営業で詐欺グループの宴会に出席し、ギャラを受け取っていた問題の続報です当初、ギャラはもらっていないと否認していた宮迫博之らは、「宴会後に出向いた飲食店で食事をした際、代金を支払っていなかったので間接的に報酬を受け取っていたことになる」と弁解していました。しかし、その後の吉本興業の聞き取り調査を受け、宮迫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口連続殺人事件を考える 最高裁で死刑確定

2013年年7月といえば6年前、丁度参議院議員選挙の投票の日、山口県周南市金峰の集落で5人が殺害され、2軒の家が全焼する連続放火殺人がありました。逮捕されたのは同じ集落に住む保見光成被告で、一審の山口地裁、二審の広島高裁で死刑判決を受け、最高裁に上告していたのですが、最高裁は上告を棄却する決定をし、保見被告の死刑判決が確定しています事件…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NGT48事件民事訴訟 悪質ファンが反論

既報のように、NGT48を運営する「AKS」は山口真帆襲撃犯の2人に対し、3千万円の損害賠償請求を求める民事訴訟を起こし、責任を問う構えを示しています。その民事訴訟の第1回口頭弁論が開かれた、と報じられていますので取り上げます随分と早く口頭弁論が始まったと、意外な気もします提訴した後で、迷惑ファン側と水面下で話し合いが行われ、さまざまな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児童養護施設職員が強制性交容疑で逮捕 福岡

児童相談所の職員や養護施設の職員による強制わいせつ事件が相次出いると書くのは何度目でしょうか?関係者が頭を下げ、「二度とこのようなことが起きないよい、綱紀粛正を図る」と決まり文句を口にするだけで、実質的な対策が講じられているのか疑問です児童を保護する場が性犯罪者の草刈り場になっている事態を、もっと重く受け止める必要があります今度は北九州…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NGT48事件で迷惑ファンに3千万円の賠償請求

NGT48所属の山口真帆が迷惑ファンから暴行を受け、以降、グループの活動が滞る事態になったいます。運営会社「AKS」は迷惑ファン2人を相手取り、損害賠償請求の民事訴訟を起こすと報じられていました。その訴訟の内容が明かされていますので、取り上げます元々は「AKS」の所属タレントの管理上の不手際に由来するのですが、会社の不手際を棚に上げ、山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学教師が生徒を監禁・暴行し逮捕

群馬県安中市にある私立新島学園は中高一貫教育校だそうです。同志社大学の設立者として知られる新島譲の故郷が安中市であることにちなみ、開設されたキリスト教系学校なのだとかその新島学園の中学で専任講師を務める内田慎也容疑者(27)が、担任するクラスの女子生徒を自宅から拉致し、車に監禁したとして逮捕されています事件当日は期末試験期間であり、内田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラテカ入江 闇営業で吉本芸人11名謹慎

トカゲの尻尾切りのように、カラテカ入江のみ解雇でお茶を濁そうとした闇営業問題ですが、結局は闇営業に関わった芸人11名も謹慎処分にする、と吉本興業が発表しています。「5年前なので覚えていない」とぼかしつつも、なぜか口々に「ギャラは受け取っていない」と断言していた11名の芸人の態度を不可解に思った人は多かったはずです当然ながら、週刊誌「フラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逃走した小林容疑者確保 保釈した裁判所の責任は

横浜地裁で有罪判決を受けた小林誠被告は釈放された身であったため、横浜地方検察庁が収監状を持って身柄を拘束しに出向いたのですが、刃物を振り回して逃走し、その後も逃げ続けていました。横須賀市内で身柄を確保されるまで4日間、逃げ回っていたことになりますさて、裁判所はなぜ、小林被告の釈放を認めたのか、疑問視されるのは当然でしょう微罪の場合、拘置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小川参議院議員の息子 強制わいせつで実刑判決

参議院議員小川勝也の長男で、日大が芸術学部に通う遥資(ようすけ)被告が強制わいせつ容疑で逮捕されたのは2017年11月です。その後、別の強制わいせつ容疑でも再逮捕されたのですが、起訴後は保釈されていました。罪証隠滅のおそれや逃亡のおそれがないと判断されたためでしょうしかし、小川遥資被告は保釈された間に再び強制わいせつ事件を起こし、逮捕さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪交番襲撃 同級生への執着はなぜ?

昨日は評論家古谷経衡のマスコミ批判を取り上げました。その中で古谷は「テレビでは精神科医が岩崎容疑者の精神状態をプロファイリング。どこの世界に直接患者を問診せずに精神状態を分析できる精神科医がいるのか」と批判しています自分は精神科医ではありませんし、飯森容疑者と面識もないのですが、事件について考え、私見や仮設を述べる自由はあるわけで、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常

古谷経衡はメディアにしばしば登場する評論家めいた人で、世論(一般論)とは真逆の意見を吐き、常識にとらわれた人の虚をつくこともしばしばですその古谷がプレジデントオンラインで、川崎市で起きたカリタス小学校児童襲撃事件を扱うマスコミの異常を指摘する意見を掲載していますので、取り上げます長文の記事なので一部のみ引用します。全文を読みたい方はプレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪交番襲撃 異常な言動

大阪府吹田市の阪急千里線千里山駅前の交番で拳銃を強奪した事件で、強盗殺人未遂容疑として逮捕された飯森裕次郎容疑者(33)の続報です過去、半年ほど海上自衛隊に所属していたと判明したため、朝日新聞や週刊朝日などは飯森容疑者を「元自衛隊員」と書き、自衛隊にいたから拳銃強奪事件を起こしたと読者をミスリードしたいかのような記事を掲載しています直近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪交番襲撃 容疑者確保し拳銃発見

交番勤務の警察官を刃物で襲い、拳銃を奪って逃走していた飯森裕次郎容疑者が、箕面市内の山の中で発見され、逮捕されました。奪われた拳銃も発見されています逮捕後、飯森容疑者は容疑を否認する発言をしており、取り調べには相当の時間がかかるものと思われます。精神障害者の認定も受けているようなので、責任能力の裏付けを得るため精神鑑定が必要になるのでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪交番襲撃 拳銃強奪狙い

交番を襲撃して警察官が所持している拳銃を奪う事件が昨年来、続いています大阪府吹田市の交番で勤務中の巡査が刃物で刺され、拳銃が奪われた事件では、早々と防犯カメラの映像が公開されましたG20の開催を間近に控え、大阪府警はこの事態に大きな衝撃を受けたと映ります例の富田林署留置場からの逃走事件では、大阪府警本部長は会見もせず逃げ回っていたのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋谷暴動事件 星野文昭受刑者病死

1971年、沖縄返還協定批准を阻止しようと新左翼団体の暴力闘争が過激化し、渋谷で大規模な暴動事件が発生し、警戒に当たっていた新潟県警の若い巡査が鉄パイプで殴打された上に火炎瓶を投げつけられ焼き殺される事件がありました犯人として中核派の活動家が逮捕され、裁判にかけられたのですが、中核派は冤罪を主張しています逮捕された活動家の1人で、無期懲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形女医殺害事件を考える 「覚えていない」と否認

山形県で眼科のクリニックを営む女性医師が自宅マンションで殺害され、山形大学の学生加藤紘貴容疑者が逮捕された事件の続報です警察はマンションの防犯カメラに映っていた男の移動経路を追い、山形駅からバスに乗り換えたところまで突き止め、そこから人相風体の似た人物として加藤容疑者にたどり着いたのが5月の末だった、との報道がありました5月末から加藤容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形女医殺害事件を考える 山形大生逮捕

強盗殺人、強姦殺人といった犯罪は重い刑が科せられます。それを知っているのか、知らないのか、若者が安易にこうした重大犯罪に走るケースがあります山形県東根市のマンションに暮らす、独身の女性医師が殺害される事件があったのですが、逮捕されたのは被害者と面識のない山形大学人文学部の学生、加藤紘貴容疑者(23)でした山形市内に住む加藤容疑者はわざわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

校内で性犯罪を繰り返した教師 懲役4年判決

埼玉県の公立小学校教員だった大田智広は、児童の裸の画像を知人にメールで送信した容疑で逮捕され罰金の略式命令を受け、同県教委から停職6カ月の懲戒処分を受け依願退職しました。しかし、懲戒免職処分の場合なら教員免許は取り消されるのですが、停職処分では教員免許の取り消しはありませんこの制度を悪用し名前を変え、教員免許の名も変更することで大田智広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラテカ入江 闇営業で解雇処分

すっかり報道され尽くされた感のある話題ですが、自分の関心事として取り上げます詐欺グループとして摘発された企業の忘年会に先輩、後輩芸人を誘ったとして、反社会組織への関与を理由にカラテカ入江慎也が解雇されたと報じられています忘年会は2014年12月に行われており、詐欺グループの摘発は2015年6月ですこれが今になって「フライデー」に記事とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

患者85人を殺害 元看護師に終身刑(ドイツ)

日本でも高齢者介護施設や、高齢者を受け入れている病院で職員や看護師が殺意をもって入所者に手をかける事件が相次いでいますドイツでは看護師として勤務していた男性が患者に薬物を注射し、85人を殺害した事件で終身刑を言い渡された、と報じられています実際の被害者は100人以上とされ、犯行を見抜けなかった病院の対応も問題視されています容体急変で死亡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元農水事務次官 息子のいじめと家庭内暴力

ひきこもりを巡る報道が連日、これでもかと溢れています目立つのは「国が対策を講じるべきだ」との主張です。しかし、国が直接介入するような対策(ひきこもりの人を指導したり、一時的に保護する国立の施設の創設)は実現が難しく、地方自治体へ丸投げという形になるのでしょう。もちろん、地方自治体でも対応は難しいわけで、NPOなどの団体へ委託する格好にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎小学生襲撃事件を考える 叔父の手紙が凶行を招く?

川崎市で小学生を襲撃した後自殺した岩崎隆一容疑者について、各メディアが専門家の見解を引用する形でさまざまな記事を書いていますしかし、中には40歳以上のひきこもりは61万人いると書き、それが犯罪予備軍であるかのように煽る内容の記事もあります(編集担当者の意図としては問題提起のつもりであり、危機感を煽る気はないとしても)週刊女性では、川崎市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし

私立カリタス小学校の児童らを襲撃した後、自殺した岩崎隆一容疑者についての続報を取り上げます神奈川県警は岩崎容疑者宅を捜索したものの、犯行の計画を記したものや、遺書なり伯父夫婦へのメッセージといった類は発見できなかったと報じられていますこれではいつ、何をきっかけに犯行を思いったのか、そもそも今回の犯行に如何なる意味を込めて決行したのか解明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕

川崎市で長年ひきこもり生活をしていた男が小学生らを殺傷する事件が起きたばかりですが、今度は農水省の元事務次官がひきこもりの息子を刺殺する事件がありました44歳になる息子の家庭内暴力に悩んだ末の犯行、と報じられています息子は自宅にひきこもり、近所の人たちも姿を目撃する機会はなかったのだとか以下、文春オンラインの掲載記事から一部、引用します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎小学生襲撃事件を考える 自称専門家の不快発言

川崎での小学生襲撃事件について、さまざまなメディアが「専門家」のコメントを求め、事件に何らかの説明を与えようと試みていますしかし、中にはとんでもない人物が専門家として登場し、アホなコメントを出して顰蹙を買う事態も起きています日本テレビのnews everyに登場した清永奈穂という犯罪研究の専門家が、ヘラヘラ笑いながら事件について、「安全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more