テーマ:事件を考える

岡山女児殺害事件を考える 初公判は10月6日

未解決事件の1つ、愛知県美浜町の女児襲撃事件を取り上げていて頭に浮かんだのが、この岡山の女児殺害事件です。犯人とされる勝田州彦被告は被害者とまったく面識がなく、そもそも犯行現場である津山市にも偶然立ち寄ったにすぎません。下校時の姿を見かけた女児の後をつけ、家に押し入り殺害するという、実に荒っぽい犯行でした平成16年に岡山県津山市で、当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒステリックブルーのナオキ 法廷で検察官と激しい応酬

3月に初公判が始まった元ヒステリックブルーのナオキこと二階堂直樹被告の裁判ですが、まだ続いています。さいたま地裁の予定を見ると7月21日に公判が予定されており、その先は未定のようですそろそろ求刑して結審する頃だと思うのですが、判決公判の期日は指定されていないのか、自分が見つけられないのか(ブログで取り上げるため、主要な事件の公判予定を列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未解決 愛知美浜町女児襲撃事件を考える

未解決事件をたびたび取り上げています。どの事件も未解決のまま犯人の逃げ切りを許すわけにはいかないのは当然であるとしても、情報提供を求める警察の呼びかけには正直、がっかりするのがしばしばです猛暑の中チラシを配布したり、自治体の広報誌を利用したり、メディアに協力してもらい情報提供を呼びかけるなど、手段を尽くしているのは理解できますし、捜査関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慶応大野球部鶴岡嵩大の給付金詐欺はどうなった?

南海ホークス監督鶴岡一人の孫で、慶応大学野球部員だった鶴岡嵩大が持続化給付金詐欺で逮捕されたのが今年の1月ですその後、続報をチェックしていませんでしたので、あらためて検索しました3月23日に松江地裁で初公判が開かれ、起訴内容を認めたと報じられています。ちなみに大学の方は卒業直前で退学処分になったそうです以下、日刊ゲンダイの記事から引用し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青梅強盗殺人 アタッシュケースに多額の現金

2019年12月14日、青梅市で一人暮らしだった小川和男(当時67歳)さん方に強盗が入り、小川さんを殺害して逃走しました。テレビのニュース番組で、防犯カメラがとらえた玄関前に屯する不審な男や現場から走り去る2台の車の映像が繰り返し放映されたので、記憶している方も多いと思いますまた、小川さんがいつも多額の現金(自称1億円)が入ったアタッシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性犯罪支援団体代表強姦で逮捕 妻と涙の面会 

月刊誌「創」の篠田編集長は、被疑者・被告人にとことん寄り添う形で記事を書く人物です。自分とは考え方が違いますが、その徹底した姿勢には敬意を払うところです先日、性犯罪者支援団体「さなぎの樹」代表である松本学容疑者が、知り合った女性の裸の写真や個人情報をネタに脅し、強姦を繰り返し逮捕された件を当ブログで取り上げました。なので、逮捕容疑につい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲子園優勝の千丸被告 控訴審でも懲役5年

強盗致傷事件で懲役5年の実刑判決を受けた千丸剛被告の控訴審判決があり、東京高裁は一審判決を支持して控訴を棄却しています強盗に加担すると走らないまま犯行現場へ赴き、脅された上で不本意ながらも犯行に加わったというのが千丸被告の言い分であり、実験ではなく執行猶予を求めていましたが、強盗事件というのは重く罰せられるのであり、犯行に巻き込まれた経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪交番襲撃 飯森被告の初公判

2018年から翌年にかけて、交番勤務の警察官を襲って拳銃強奪を企てる事件が相次ぎました。大阪の千里山交番で勤務中の警察官を刺し、拳銃を奪った飯森裕次郎被告もその中の1人です飯森被告は出身地である関西を離れ、東京で暮らしていたのですが、なぜか高校時代の知人を拳銃で殺害しようと思い立ち、交番襲撃を実行したわけです。その背景に何があったのか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスク拒否男 法廷で裁判官に説教

マスク拒否男とか、マスパセ(マスク・パッセンジャーの意)と呼ばれる奥野淳也被告。5月に勾留理由開示請求のため千葉地裁に、警察官に同行されて出廷したのですが、そこで検察官や裁判官に説教をかましたと報じられています勾留理由開示請求のため出廷といっても、形式的なやり取りだけで検察官の請求通り勾留が認められて終わり、という場合がほとんどですしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性犯罪支援団体代表 強姦容疑で逮捕

20代の女性にSNSで400万円を支援すると持ち掛け、裸の動画などを送らせたうえ「個人情報をばらす」などと脅して性的暴行を加えた容疑で自称・団体職員の松本学容疑者(48)が逮捕されています松本学容疑者は性犯罪で服役した前科があり、自らの体験を生かして性犯罪者の更生を支援する団体「さなぎの樹」の代表を務めているのだとか同じ手口で複数の女性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16年前の強姦事件で懲役8年判決 PTSD認める

最近、性犯罪の裁判を取り上げる機会が増えました。以前のように杓子定規に法律を解釈し、判例どおりの判決を下す流れから脱却し、被害者救済と性犯罪者を許さないという意思を感じる判決が増えたためです2005年、神奈川県厚木市で当時高校1年の女生徒に性的暴行を加え、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせたとして、強姦致傷罪などに問われた無職三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強姦・強盗の今泉成博被告 懲役40年求刑

日本の有期刑の上限は懲役30年です。ただし、別に事件を起こしており、刑が併科される場合はいくつかの懲役刑が重ねて確定し、30年を超える懲役刑判決が下される場合があります。あるいは、殺人で服役中の無期懲役受刑者が、刑務所内で別の囚人を殺害したためあらためて無期懲役判決を受けた、という例もあります福岡地裁で公判中の今泉成博被告の場合、検察が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一宮中学生自殺 市長がようやく謝罪

2017年に愛知県一宮市の中学3年の男子生徒が投身自殺した事件で、一宮市側が和解に応じる意向を示した、と報じられています 男性生徒は、「担任に人生を破壊された」と書置きを残していましたが、一宮市教育委員会は担任教師の責任を認めず、自殺は学校での教育活動と関係がないと主張し、裁判で争ってきました 名古屋地裁一宮支部は一宮市側に和解案を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡女子大生殺害 懲役20年の判決は妥当か?

「自分の予想は無期懲役ではなく有期懲役(懲役22年から25年)だろうと思います」と書いたばかりですが、それにしても懲役20年という軽さは意外でした検察の求刑は無期懲役で、さすがにこれは重すぎると感じます。しかし、そこから懲役20年という刑期は値引きのしすぎでは?人の命が随分と安くなったものだと言いたくなりますもちろん、過去の類似した事件…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神宮外苑「ジャングルジム火災」 学生2人に執行猶予付き有罪判決

2016年11月、明治神宮外苑のイベント会場に日本工業大学の学生が出展したでジャングルジム形の作品が燃え、男児(当時5歳)が死亡、2人がけがをする火災がありました。被害児の親が日本工業大学と学生を問うていたわけですが、学生は「自分たちは作品を展示していただけで、火災で男児が死亡した件については責任がない」との態度を取っていました学生2人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形の両親殺害柴田被告 懲役29年不服で上告

先日、日立市で妻とこどもの併せて6人を殺害した小松博文被告に死刑判決が下された件を取り上げましたまた逆に、こどもが親を殺害する事件もたびたび起きており、親子間の葛藤、憎悪の深さ、複雑さに他人の入り込む余地はないのかもしれませんであるからこそ、逆説的に赤の他人、第三者である裁判官や裁判員が間に入って裁きを付けるしかないのでしょう今回は20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱UFJ銀行員 薬物レイプで懲役22年判決

マッチングアプリで出会った女性とのデート中に、飲み物に薬物を混入させ、意識が朦朧となったところをホテルに連れ込んでレイプする手口で犯行を重ねていた元三菱UFJ銀行社員が懲役22年の判決を受けた事件を取り上げます立件されて起訴に至った被害者は10人ですが、本当はまだまだ被害者がいたものと推測されます判決は2020年12月なので半年ほど前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小4女児誘拐で懲役15年求刑

2020年9月、横浜市で小学4年の女子児童が連れ去られた事件で逮捕された大竹晃史被告の裁判で、検察は懲役15年を求刑しています被害者と家族の苦痛を斟酌するとともに、多発する同種の事件に対し歯止めをかけるため厳罰の意味で15年の刑を求めたのでしょうこどもを虐待して死に至らしめる事件で懲役15年くらいの量刑ですから、その重さを大竹被告は噛み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡女子大生殺害 無期懲役求刑

繰り返し、静岡県沼津市で女子大生山田未来さんを殺害した堀藍被告の裁判について取り上げます起訴事実について認めており、法廷に居合わせた遺族に対しても堀被告は謝罪をしたようですただ、そうした潔い態度とは裏腹に弁護人は懲役22年が相当だと言い、堀被告の小学生時の心臓ペースメーカー手術による挫折体験が犯行に影響していると、わけのわからない弁護を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校に侵入しセーラー服姿に 窃盗で逮捕の55歳

毎年のように学校に忍び込み、生徒の制服やら体操服を盗む事件が起きています「制服フェチ」、「変態」とレッテルを貼るのはともかく、この種の事件を考えてみましょう最近ではブルセラショップ(死語でしょうか?)ならずとも、インターネットの中古品売買サイトで中学生や高校生の制服、体操服が売り買いされており、有名女子高のそれには法外な高値がついていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪カラオケパブ殺人 革靴から被害者の血痕

夕方の時間、テレビで刑事ドラマ「相棒」の再放送があり、ついつい観てしまいます。脚本のひどさに突っ込みを入れながら出演している役者さんたちの演技は質が高いのに、事件の描き方や追い詰められた犯人の行動やら、何だかな、と思う場面が多いドラマです前置きはともかく、大阪でカラオケパブ経営の女性が刺殺された事件の続報です逮捕された宮本浩志容疑者の革…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡女子大生殺害 ストーカーの言い分

先日も取り上げたように、静岡県沼津市で2020年6月、アルバイト帰りの大学生山田未来さん(当時19歳)を待ち伏せ、刃物で殺害したとして殺人罪などに問われた堀藍被告(21)は、初公判で起訴事実を認めています読売新聞が法廷でのやりとりを記事にしていますので、取り上げます直接の動機は山田さんにラインをブロックされたため、だと堀被告は述べていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡女子大生殺害 初公判で容疑を認める

2020年6月、コンビニエンスストアでのアルバイトを終えて帰宅した山田未来さん(当時19)を殺害したとして起訴された、同じ大学の学部に通う三島市の堀藍被告の初公判が開かれました事前に弁護人が「起訴内容をすべて認め、事実関係で争わない」との方針を明かしていたとおり、堀被告は罪状認否で山田さん殺害を認めています初公判前のNHKの記事から引用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元農水事務次官 子殺しは執行猶予という判例

元農水省事務次官である熊澤英昭被告が当時44歳になるひきこもりの息子を殺害したとして、一審で懲役6年の判決を受け控訴していましたが、控訴審でも懲役6年の判決は変わりませんでした。その後、被告も検察も上告しなかったため、熊沢被告の刑が確定していますここまでの事件の背景や裁判の経過は、当ブログで取り上げたところですから繰り返しません事件その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪交番襲撃 飯森被告の初公判は7月19日

2018年から19年にかけて富山、仙台、大阪など各地で交番を襲って警察官の拳銃を奪おうとする事件が相次ぎました(実際は交番勤務の警察官から拳銃を奪おうとする事件はたびたび起きています。ただ、未遂で終わった事件は全国ニュースとして報じられないため、知られていないだけです)上記の事件のうち、飯森裕次郎被告の事件だけはまだ決着がついていません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲酒運転事故の梅沢容疑者 トラックに箱買いのビール

千葉県八街市で下校途中の小学生の列に、飲酒運転のトラックが突っ込んだ事故の続報です逮捕された梅沢容疑者について各メディアは「まじめな人」という記事を発信しています。おそらく刑事事件を起こした前科前歴はなかったのでしょうしかし、「まじめな人」との評判とは別に、トラックの運転席には箱買いのビールや、日本酒のワンカップが置かれていたとの記事も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡強姦殺人 最高裁で古賀被告の無期懲役確定

福岡県で仕事帰りの主婦である女性会社員が強姦された後に殺害、遺棄された事件で、性犯罪により2度の服役歴のある古賀哲也被告に対し福岡地裁は無期懲役判決を言い渡しています。この判決を、「重すぎる」として控訴したものの、福岡高裁も無期懲役を支持したため、古賀被告は最高裁に上告していました最高裁は福岡地裁の無期懲役判決を支持し、古賀被告の上告を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日立母子殺害を考える 小松被告に死刑判決

今月は福島県三春町でのひき逃げ殺人での死刑判決があり、さらには筧千佐子被告による青酸化合物を使った連続殺人で最高裁が死刑判決を支持し、さらに日立の一家殺害事件で小松被告に対して水戸地裁が死刑判決を下していますもちろんそれぞれの事件は別個のものであり、関連性などないのですが、立て続けに死刑判決というのは気が滅入りますわずかな関りといえば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都連続不審死事件 最高裁で筧被告に死刑判決

筧千佐子被告は再婚話で男性を虜にし、殺害して財産を奪う犯行を繰り返したとして京都地裁、大阪高裁で死刑判決を受けていますが、これを不服として最高裁に上告していました起訴された容疑は4人の殺害と1件の強盗殺人未遂です。ただし、筧被告が再婚話で交際した男性は10人以上いて、そのうち6人が死亡しています。立件に至らなかったケースもあるわけです一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲酒運転トラックが小学生の列に突っ込む 千葉

仕事として車を走らせている運転者が、皆プロとしての自覚を有しているとは限りません。千葉県八街市では鉄筋加工会社の下請けである運送業者のトラックが下校する小学生の列に突っ込み、2人が死亡し3人が重傷を負う事故がありました運転手の呼気からは基準を超えるアルコールが検知されており、常態的に酒を飲みながら運転していたものと推測されます 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more