テーマ:事件を考える

渋谷ホームレス撲殺事件 いなくなればいい

ホームレスを目の敵にし、殺害する事件が毎年のように起きます東京渋谷で、バス停のベンチに居座っていたホームレスの女性が殴られ死亡した事件で、自首してきた吉田和人容疑者が逮捕されたと報じられています吉田容疑者は近隣のゴミ拾いをするボランティア活動をしていたと記事には書かれていますが、ホームレスの女性も吉田容疑者にとってはゴミと同様であり、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦で6度目の逮捕

記事のタイトルに「ミスター慶応」と書きましたが、正確にはミスター慶応コンテスト出場者、です以前にも強姦容疑で逮捕されたと、当ブログで取り上げたところですが、刑事処分の方が不起訴処分で終わっていますまとめサイトの記事によれば、今回で6度目の逮捕になるのだとか。ただ、それ以外にも数々の事件を起こしている可能性があり、逮捕の回数が本当に6回目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉被告初公判

2018年、鹿児島県日置市で親族や知人併せて5人を殺害した岩倉知広被告の公判が始まっています岩倉被告に対し起訴前に精神鑑定が行われたのですが、通常は3カ月要するところを7カ月もかけて実施されました精神鑑定の結果、岩倉被告に被害妄想をともなう精神障害があったとされていますが、鹿児島地検は刑事責任を問えると判断して起訴していますですから、裁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男児に猥褻繰り返した橋本晃典被告 初公判

これまで複数の男児への猥褻行為、強制性交などで何度も逮捕されてきた橋本晃典被告の初公判が東京地裁で開かれました現在起訴されているのは7件です。が、今後も追起訴の予定があると記事には書かれています。いったいどれだけ犯行を重ねていたのやら橋本被告が保育士の資格を取得したのも、男児を相手に己の性欲を発散させるためだったのでしょう 複数の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淫行で5回目の逮捕 元葉山町副町長

事件関係の報道は毎日チェックしています。今年の夏以来、神奈川県葉山町の元副町長が淫行で逮捕という記事をたびたび目にしているのですが、地元ではないし、と流していました本日、あらためて報道を読んでみると呆れたことに5回目の逮捕と書かれていますつまり、未成年の少女ばかり狙って淫行を繰り返していたとんでもない人物、というわけです最初の逮捕時の報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡の中学教頭 別の少女監禁で再逮捕

前回、山本英仁教頭の逮捕について取り上げた週刊誌の記事は、なぜか「山本先生はすばらしい教育者」とよいしょする証言ばかりでしたいかに立派な教師であろうと、性犯罪に1回手を染めたならアウトです。教師失格ですそうしなければ教育現場に性犯罪者があふれる事態となり、取り返しがつかなくなるからです。「真面目な先生だから」と性犯罪1回なら大目に見て、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳優新井浩文控訴審判決 懲役4年の実刑

「死んだ魚の眼の演技ができる」と一部の芸能関係者から評価されていた新井浩文被告の控訴審判決があり、東京高裁は一審判決を破棄し、あらためて懲役4年の実刑を言い渡しています被害者女性とは和解が成立したと判決の中で指摘はされていますが、いくつかの報道を読み合わせると和解は成立したものの被害者は処罰感情が強く、控訴審でも「同意があったと思ったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリスの殺人鬼「ヨークシャー・リッパー」 コロナで死亡

イギリスのヨークシャー地方で13人もの女性を殺害した連続殺人犯として終身刑に服していた、ピーター・サトクリフ受刑者がコロナウィルスに感染し死亡したと報じられています主に街角で売春している女性を狙ったため、現代の「切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)」とも呼ばれています。が、殺害されたのは売春している女性だけではなかったものの、当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未解決 名古屋主婦殺害事件の現在

週刊女性が1999年11月13日に起き未だ未解決の名古屋主婦殺害事件について記事を掲載しているので、取り上げますこの日(土曜日)にアパートの自室にいた主婦高羽奈美子さん(当時32歳)が訪ねてきた何者かによって殺害されたのですが、犯人像が絞りきれないまま検挙に至ってませんそれを週刊女性は、2016年にフジテレビが放映した「最強FBI緊急捜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

50歳家庭教師 生徒の下着をネットに載せ逮捕

一時期、家庭教師ブームというのがありました。「家庭教師のト○イ」がテレビでバンバンCMを流し、こどもの習熟度に応じて丁寧に指導するとのイメージを流布させた影響です父母の側にも家庭教師信仰めいたものがあり、学習塾へ通わせるより家庭教師の方が成績アップにつながると思い込んでいる父母が多かったように感じますしかし、街の学習塾が一斉に「個別指導…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉印西市放火殺人 判決はどうなったか?

強盗殺人事件は刑罰が重い、と書いていて思い出したのが千葉県印西市の殺人事件です。チンピラのような若者が群れて、知的障害のある女性の家に居候し、挙げ句に縛り上げて灯油をかけ、火をつけて殺害するという凶悪な事件でした4人が逮捕されたものの、そのうち2人は犯行に加わっていないと無罪を主張していました(4人のうち1人は未成年の少女なので、家庭裁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パチスロ狂の孫が祖父殺害 無期懲役確定

2018年11月、金沢市でパチスロ代欲しさから祖父を殺害し金品を奪ったとして逮捕された北嶋祥太被告は量刑をめぐって争っていましたが、最高裁は無期懲役の判斷を下した1審、2審の判決を支持し、北嶋被告の上告を棄却する決定を言い渡していますつまり、北嶋被告は無期懲役の刑は重すぎると不満を唱え、最高裁まで争ったというわけです北嶋被告は幼い頃に両…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつ未遂で起訴

ヒステリックブルーの元メンバーであるナオキ(養子縁組して現在は赤松直樹)が、夜道で女性の体を触り怪我をさせたとして逮捕された事件の続報です今回も月刊誌「創」の篠田編集長による記事から引用しますこれまでは面識のあるナオキの言い分に沿った、彼をかばう意図が見え隠れする記事でしたが、今回は距離をおいて客観性を意識した内容になっていますそもそも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電車で女子中学生に体液 教頭逮捕

とりたてて教員の犯罪ばかりを取り上げているつもりはないのですが、結果として教員によるあまりに酷い性犯罪が起きているため言及せざるを得ません。ほとんどの場合、児童や生徒がその標的にされるからです今度は公立中学校の教頭が電車の中で自慰行為をし、女子中学生に精液をかけた疑いで逮捕されています。逮捕時は、「故意ではなかった」と供述しているのだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川大准教授 下着泥棒で逮捕

少子化が進む現代、大学人としてキャリアを積み重ねていくのはなかなか難しいのだろうと想像します大学院を出た後、助手やら非常勤講師を務め、准教授の地位に辿り着いてようやく教授のポストが見えてくるのでしょうしかし、自らの性癖に振り回され、キャリアをドブに捨てる人も少なからずいます神奈川大学の准教授が下着泥棒の容疑で逮捕された、と報じられていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学体罰教師 上野宝博を傷害で起訴

先月取り上げた兵庫県宝塚市の中学校教師による体罰事件の続報です体罰と記述していますが中身は明らかに傷害事件であり、警察が逮捕後送検し、神戸地検伊丹支部が起訴したのですから単なる罰金で済ませる事案ではないとの判斷でしょう怪我の程度からして、一歩誤れば半身不随の重傷を負わせていた可能性もあり、教育という範疇を超えた犯罪であると検察はとらえて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教師によるいじめ 懲戒処分とその後

神戸市立東須磨小学校における教員間のいじめ事件は、刑事手続きとしては加害者側教員の不起訴という結果で終わりました。ただし、加害者である教員2人は懲戒免職という行政処分を受け、他の教員も停職や減給の処分を受け、教育現場から外されていますこうした「事件後」について現代ビジネスが報道していますので、取り上げます 「神戸教員いじめ事件」大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学4年女児を強姦した小竹孝次 「仕事のストレスで」

今年7月、神奈川県藤沢市で帰宅途中の小学4年生の女児に刃物を突きつけたように装って脅し、車に監禁した上で強姦した小竹孝次被告の裁判が始まっていますとんでもない事件なのですが、小竹被告は「仕事のストレスがあってやった」と述べているのだとか逮捕時は無職と報道されていますので、逮捕される前の任意で警察の事情調書を受けている間に解雇されたのでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

座間9人殺害事件を考える 公判で集中を欠く被告

自殺願望のある女性をアパートに誘い込み、次々と強姦した上で殺害した白石隆浩被告の裁判が続いています被害者の数も多く、なおかつ殺害について被害者側の承諾があったかどうかが争点になっているため、公判では被害者1人づつを取り上げて検察と弁護人が主張をぶつけ合う展開になっているため全部で24回も公判が開かれる予定になっていますそのためと言えるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡の中学教頭が少女を誘拐し逮捕

今月初旬、静岡県沼津市内の公立中学校教頭が少女を誘拐した容疑で逮捕される、との報道がありました週刊女性が以下のような記事を掲載し、「真面目な先生。何かの間違いでは?」との見方を提示していました いつまでも帰宅しない少女。心配した親は警察に通報し、周囲も心当たりを捜し回った。一緒にいたのは「生徒指導に熱心」と評判のいい公立中の先生だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋暴走事故 無罪主張の狙い

池袋暴走事故で在宅起訴された飯塚幸三被告の裁判が始まっていますが、初公判で過失は一切ないと全面否定しています車(プリウス)に何らかの異常が生じたため、と主張しているのですが、飯塚被告にしろ弁護人にしろ、それを立証するのは困難と考えられます。昔ならば、「車に何らかの異常が生じた可能性を否定できない」と、異常発生を100%否定できないのなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学教師体罰 全治3カ月の重傷で逮捕

いまどき生徒に体罰を加えた教師が逮捕されるという、時代錯誤みたいな事案が兵庫県宝塚市でありました体罰は教師による暴力であり、怪我をさせたなら傷害という刑法犯になりますそんな当たり前のことをわきまえていない教師がまだいるのであり、唖然とさせられます 中学教諭、生徒の背骨折り逮捕中学校の部活中、部員の男子生徒2人に体罰を加えてけがを負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

園児にわいせつ行為 保育士に懲役10年判決

ウェッブサイトでベビーシッターを斡旋するアプリ、キッズラインから、男性ベビーシッター2人がわいせつ行為や児童ポルノ法違反容疑で相次いで逮捕される件がありましたどこの誰とも分からないベビーシッターにこどもを託すというのはなかなかリスクが高い、と世間一般に知らしめる事件でしたしかし、それならば保育園が安心かというと、実はそうでもないと思わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマト運輸男女殺傷事件 筧真一容疑者逮捕

日々、さまざまな事件が起きます。中には理不尽な、言いがかりや八つ当たりといった振る舞いで人を殺傷する事件もあります神戸市のヤマト運輸配送センターで起きた従業員の男女に対する殺傷事件も、犯人の八つ当たりとしか思えない短慮な犯行でした文春オンラインの記事から一部を引用します 兵庫県神戸市の山あいにあるヤマト運輸の集配施設「神戸北鈴蘭台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張

全国民を敵に回したと言っても過言ではない飯塚幸三被告の裁判が始まりました既に伝えられているように、飯塚被告は公判で「車の欠陥による事故であり、過失はなかった」として争う姿勢を示しましたこの先の公判で、飯塚被告側は乗用車(プリウス)のブレーキシステムに欠陥があったと立証できるのか、疑問ですいかに飯塚被告が、「運転に過失はなかった」と言い張…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本薬科大女子学生殺人 広瀬被告の初公判

昨年1月末、女子大生を自宅アパートまで招き入れた上に殺害し、遺体を空き地に埋めたとして広瀬晃一被告が逮捕されたのですが、その後は続報もなく(単に自分が見落としていた可能性もありますが)、ブログで取り上げないままでした殺人及び死体遺棄容疑で起訴された広瀬被告の初公判を報じる記事がありましたので、取り上げますそもそもこの事件は、被害者である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前橋女子高生死亡事故 控訴審で有罪を認める方針に

2018年1月、新学期の始業式のため登校途中だった女子高生2人が車にはねられ、1人が死亡、もう1人が重傷を負う事故がありました。運転していた老人は物損事故を繰り返すなどして、家族から車の運転をやめるよう強く諌められていたのですが、家族の目を盗んで車に乗り走り出していましたその後、前橋地方裁判所では判事のとんでもない判断による無罪判決が示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常磐道あおり運転 宮崎被告に執行猶予付き有罪判決

社会問題となった自動車のあおり運転で、その元祖とも言うべき事件が宮崎文夫被告による常磐道や東名高速で起こした3件の妨害運転事件です水戸地方裁判所は宮崎文夫被告に対し、懲役2年6月で執行猶予4年の有罪判決を言い渡しています一連のあおり運転事件を象徴する宮崎被告ですから、ここは執行猶予なしの有罪判決を下し、刑務所に収監するのが相当ではないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さいたま小4男児殺害事件を考える 懲役20年求刑

さいたま市の教員住宅で昨年9月、義理の息子で小学4年の男児を殺害し、メーターボックス内に遺棄したとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職、長島悠介被告(33)の裁判員裁判が始まっています逮捕後は殺人容疑を否認していた長島被告ですが、初公判では起訴事実を認め争う姿勢は示しませんでした勾留されている間に心境の変化があったのでしょう初公判では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

座間9人殺害事件を考える 初公判の模様

自殺志願者を自宅アパートに招き入れ、強姦した後に殺害し、遺体をバラバラにして室内のクーラーボックスに保管していた白石隆浩被告の裁判が始まりました初公判の様子を伝える産経新聞の記事から一部、引用します白石隆浩被告の公判は12月までに24回行われ、77日間にも及ぶ長丁場になります。裁判員の負担に配慮し、9人の被害者を3組に分けて公判を進める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more