テーマ:ニュース

淡路島5人殺害事件 高裁で死刑破棄し無期懲役に

恒例ともなった裁判員裁判での死刑判決を逆転する控訴審判決がまた言い渡されています。一審の神戸地裁で死刑判決が下された淡路島5人殺害事件の控訴審判決です大阪高裁は被告を心神耗弱状態にあったとし、完全責任能力を認め死刑と処した神戸地裁の判断を誤りだとして破棄し、あらためて無期懲役の判決を言い渡しています 兵庫県洲本市(淡路島)で201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナウィルス感染 武漢から500万人が逃げ出す

中国では2003年にウィルス性感染症SARSの被害が広がり、多くの犠牲者を出しました。この時は中国の対応が後手に回り、周辺国にまで感染を拡大させ、批判を浴びていますその教訓がまったく生かせず、今回も武漢市を中心にコロナウィルスによる感染症の拡大を招いています。昨年12月に原因不明の感染症による肺炎が確認されていたのに、何の対策も講じませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前橋スナック殺人事件死刑囚が拘置所内で自殺

2003年群馬県前橋市内で暴力団同士の抗争により銃撃事件を起こしたとされ、死刑が確定している元暴力団組長矢野治死刑囚が拘置所内で自殺したと報じられています以前に、この矢野死刑囚が男性2人を殺害したと自白する書面を警視庁に出し、捜索の結果遺体が発見されたという事件を当ブログで取り上げました死刑の確定した男が、刑の執行を免れるため余罪を自白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本は2年連続貿易赤字」とはしゃぐ韓国メディア

日本の財務省が昨年の貿易収支を発表したのですが、その結果に飛びついた韓国メディアは「日本は2年連続で貿易赤字になった。韓国への輸出が減少した結果だ」とはしゃいでいます。つまり、韓国による日本製品ボイコット運動が功を奏し、日本を貿易赤字に追い込んだと言いたいのでしょう 日本が過去一年間、合計1兆6千438億円、私たちのお金で17兆ウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東出昌大と唐田えりかの不倫騒動

芸能人の不倫騒動など世間一般の人とは離れた世界の出来事です。が、芸能メディアにとっては稼げるネタなのでしょう。執拗に報道します俳優東出昌大が妻の杏と別居状態にあり、その原因が映画で共演した若手女優唐田えりかとの不倫だ、と報じられています 「週刊文春デジタル」では、1月上旬から東出が都内の一軒家を出て、単身マンションで暮らしていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前橋女子高生死亡事故 禁固4年6月を求刑

2018年1月、前橋市内の県道で、川端清勝被告(86)の運転する乗用車が、自転車で登校中の女子高校生2人をはね、高校1年の太田さくらさん(当時16)が死亡、高校3年だった女性(当時18)が一時重体となる大けがを負った事故の裁判はまだ決着していません事故から2年になるのですが、まだ裁判が継続しているのです共同通信によれば、23日に前橋地裁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金庫から金を盗んだ教師 懲役3年、執行猶予5年の判決

奈良県で小学校教諭が学校の金庫から現金33万円を盗んだとして逮捕された事件の続報です窃盗容疑で逮捕されていた東浦悠真(25)はさらに児童を盗撮していたことも発覚し、児童ポルノ法違反容疑で再逮捕されています。どうしてこのような人物を教員に採用したのかと言いたくなります学校では、「教師としての能力も高く、同僚らからも信頼を得ていた」とされま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井中学生自殺 担任不起訴は「不当」と検察審査会

2017年3月、福井県池田町で男子中学生が自殺した事件では、担任と副担任が執拗なまでに叱責を繰り返し、生徒を自殺に追い込んだとして批判されましたその後、市民団体が当時の校長、担任、副担任を業務上過失致死容疑で告発したのですが、2019年2月福井地検は不起訴の判断をしています。市民団体はこの結果に納得せず、福井検察審査会に申し立てを行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘンリー王子夫妻は王室離脱で年収100億円?

下衆の勘繰りだと承知の上で、王室メンバーから退く決意を表明したヘンリー王子夫妻の損得勘定を考えてみましょう突然の王室離脱宣言と報じられていますが、ヘンリー王子とメーガン妃は前から計画を練っていたのであり、経営コンサルタントなども交えて王室から離脱後の収入見通しなど、詳細なデータを検討していたのでしょう女性セブンの記事から引用します …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本

日本には近親相姦を罰する法文条項はありません。なので、近親相姦だけで罪に問うことはできず、強制性交罪に問えるかどうかが焦点になります。先に当ブログでも取り上げた、名古屋地裁岡崎支部の下した無罪判決のように、娘が実父による姦淫を明確に拒絶した事実がなく、抵抗不能状態にあったとも認められないのであれば罪に問えないのです(判決では性的虐待はあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学校教師が部活でわいせつ行為 失踪で懲戒免職

兵庫県小野市の小野中学校の陸上部の顧問北村教雄が、昨年11月豊岡市内で行った陸上部の合宿中に女子生徒にわいせつ行為をし、合宿場を飛び出して行方不明になっていると報じられています失踪後は連絡が取れない状態で無断欠勤しており、教育委員会は懲戒免職処分としています 兵庫県教育委員会は陸上部の合宿中、教え子にわいせつな行為をした上、姿をく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベストセラー作家湊かなえ 直木賞逃す(4度目)

ここ最近、直木賞への関心が薄れたので言及してきませんでした。今回の直木賞は「告白」などのベストセラー作品で知られる湊かなえが4度目のノミネートとなり、さすがに受賞するだろうと思い込んでいましたが、またしても選に漏れたのであり、意外な感があります。そこでスポーツ報知の記事を引用し、考えてみることにします 4度目の“落選”湊かなえさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大津園児死傷裁判 被告が主張変更で判決延期

2019年5月、大津市内の交差点で車同士が衝突し、歩道に飛び出したため保育園児や引率の保育士が巻き込まれ16人が死傷(うち、園児2人が死亡)した事故の判決公判がありました。が、被告側のあいまいな主張に振り回され、結局判決の言い渡しを延期するという異例の事態になりました 大津市の交差点で昨年5月、保育園児らの列に車が突っ込んで16人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴーン逃亡 弁護士・裁判官の責任

週刊新潮が「カルロス・ゴーンの海外逃亡を許した弁護士と裁判官の責任を問う」趣旨の記事を掲載していますので取り上げますゴーン被告の保釈の条件を弁護人と裁判所であれこれ協議し、最終的に東京地裁の島田一裁判官が保釈を認めましたその保釈条件には様々な疑問が指摘されています1つはパスポートを本人に所持されていた件です。当初はパスポートを弁護人が預…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京新聞社説「元徴用工問題 改善の意欲を見逃すな」

最悪の日韓関係と言われたまま年を越しています。年頭にあたり、韓国の文在寅大統領はさまざまなメッセージを発しているのですが、日韓関係に限っては目新しい発言はなく、関係改善のための具体策も示さないままです(示せない、と言い換えた方がよいのかもしれません)日本が妥協せず、譲歩もせずの姿勢を貫いているため、打つ手がないのは明らかですそれでも東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東進ハイスクール講師が愛人を脅迫 「こどもを下ろせ」

大手予備校東進ハイスクールの講師(現代国語、古文担当)板野博行が、元教え子である愛人に「妊娠したこどもを下ろせ」と強要し、逮捕されたと報道されています愛人は30歳代とされますが、女子高校生か浪人生だったときに手を付け、今まで愛人として囲ってきたのでしょう週刊誌が飛びつきそうな事件です 元教え子に中絶迫り脅迫、東進ハイスクール講師を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カニ缶盗の警視 停職1か月の大甘処分

警察官のモラル、職業倫理が疑われる事件が珍しくない昨今です。年若い巡査ならばともかく、山形県警の警視の階級にある人物が万引きを繰り返し、盗品をネットオークションで売却したと報じられ、世間を呆れさせていますさらに、元警視は万引きの現場から逃走を図り、警備員を突き飛ばしていたのですから、犯行としては事後強盗に該当します。が、山形県警は強盗事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪交番襲撃 飯森裕次郎容疑者を起訴

2018年から19年にかけて、拳銃強奪目的の交番襲撃事件が3件起きています。そのうち2019年6月に大阪府吹田市の交番で警察官が刺されて拳銃を奪われた事件では、東京都内に住む飯森裕次郎容疑者(33)=強盗殺人未遂容疑で逮捕されていますその後、続報が途絶えていたのですが、昨年12月に大阪地検が飯森容疑者を起訴したと報じられています。実に5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪で旭日旗を振るな、と書く朝日新聞

朝日新聞が新年早々から飛ばしまくっています。どこでスイッチが入ったのかと思うくらい、韓国の主張を全面的に肯定する社説を連発しまくり、日本政府を批判し続けています今回は旭日旗を使うな、と主張する社説を取り上げます指摘するまでもなく、韓国が旭日旗を政治問題化したのはつい最近の話であり、これも日本を牽制し、頭を踏みつけようとする意図から生じた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘンリー王子夫妻、英王室と決別宣言で大騒動

昨年、イギリスはEUからの離脱を巡って大騒ぎになっていました。しかし、年が明けてからのヘンリー王子とメーガン妃の「英王室のシニアメンバーとしての地位から退き、財政的に独立する」宣言はそれ以上の大騒ぎになりそうです具体的には王室の1員としての活動を離れ、北米で生活するとの内容であり、王位継承権も返上するつもりなのかもしれません背景にはメー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランがウクライナ機撃墜認める 176人死亡

年明け早々、アメリカとイランの軍事衝突が懸念される事態になりました。そんな折に、イマーム・ホメイニ空港を離陸したウクライナ国際航空の旅客機が墜落し、乗員乗客併せて176人全員が死亡する事故がおきたため、イランが米軍機と間違えて対空ミサイルで撃墜したのではないか、と憶測が飛び交いましたイランは早々に撃墜説を否定していたのですが、ここにきて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対日経済戦に勝ったと誇示する韓国

「日本製品不買運動によって韓国が勝利した」との認識が韓国国内では定着しつつあるようです。理解に苦しむところですが、韓国メディアの多くが韓国勝利を伝える「都合の良い報道」に走っており、そうではない報道をしたところで視聴者、読者の関心を集められない現実があるようですそして、韓国メディアは昨年来、何度も「高純度のフッ化水素を韓国メーカーが製造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スノーボーダー国母和宏 大麻で懲役3年求刑

スノーボーダーの国母和宏が大麻の密輸等で起訴された裁判の話題です1月8日の公判では反省を口にしたものの、大麻の使用は「英語を話せない日本人が周囲に馴染むためには大麻を吸うこともコミュニケーションの1つだった」と、14歳でアメリカやカナダへスノーボード訓練のため滞在していたときから大麻を使用していたと語っています裁判官から「大麻を止めるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障害者施設19人殺害 植松被告初公判で暴れる

2016年、神奈川県相模原市の障害者施設に侵入し、19人を殺害した植松聖被告の公判が始まっています予想された通り、公判で植松被告は大声を発するなど暴れ出し、退廷する羽目になっています。初回公判を伝える産経新聞の記事から引用します 《相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男性190人をレイプで終身刑 英国

インドネシア出身で英国在住の男性が、136件の強姦、14件の性的暴行、8件の強姦未遂、1件の侵入による暴行で終身刑の判決を受けたと報じられています。イギリスの場合、終身刑でも仮釈放があります。刑を受けたレイナード・シナガ被告については向こう30年は仮釈放なしと裁判官が付け加えています被害者はすべて男性です。イスラム法では同性愛行為を死刑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟少女監禁事件を考える4 刑務所を出所

大阪の女児誘拐事件について情報を検索しているうちに、新潟で女子児童を9年2月に渡って監禁し、懲役14年の実刑判決を受けた佐藤宣行 が千葉刑務所を出所しているとの情報を見つけましたので取り上げます刑務所服役が初めてで概ね懲役7年以上の長期受刑者、なおかつ35歳以下は、関東甲信越地区では千葉刑務所に収監されます以下、ノンフィクションライター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪女児誘拐事件を考える 「家に帰りたくない」

栃木県在住の伊藤仁士容疑者(35)が大阪市内の女子小学生を誘い出し、監禁していた事件はなおも捜査が継続中です最近は新聞報道で取り上げられる機会もなく、どこまで捜査が進展しているか分かりませんなので、週刊誌の記事を引用し事件を考えてみましょう 捜査員も途方に暮れたSNS連れ出し監禁の少女たち・・・保護された後も「家に帰りたくない」h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小泉進次郎の不倫相手は?

滝川クリステルと結婚したばかりの小泉進次郎環境大臣ですが、結婚前に人妻と不倫関係にあったと週刊文春に書かれ、メディアから質問攻めを受ける次第になっています小泉大臣は個人的なこととして口を閉ざし、質問を無視し続けています。が、それゆえかえって余計な憶測を招いていると言えます安倍内閣もここにきて醜聞続きであり、そろそろ幕引き時でしょう以下、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉ベトナム女児殺害を考える 控訴審でも無罪主張

年末年始にかけて凶悪事件のその後、顛末を振り返っています千葉県松戸市でベトナム国籍の小学生が殺害された事件では、無期懲役の判決を不服として検察も弁護側も控訴しており、昨年9月に控訴審が始まっています。しかし、第1回の公判を伝える記事はあっても、それ以降の公判の様子を伝える報道が見当たらずどうなっているのかと思うばかりです控訴審で渋谷被告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルロス・ゴーン被告の逃亡 司法の責任は?

日産自動車の元会長カルロス・ゴーンがレバノンへと逃亡した件が年末、年始に大きく取り上げられました一介のブロガーが何を言っても事態がどうこうなるものではありませんが、思うところを書きますインターネットのニュースサイトを見て、この報道についてのコメント欄に「検察がちゃんと見張っていないからダメだ」との書き込みを見つけました。何をどう考えたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more