テーマ:ニュース

東大試験会場で刺傷事件 私製火炎瓶など多数用意

試験会場前で3人を刺傷させた高校生は、以前から犯行計画を立て、準備していたと報じられていますが、結果として地下鉄の車内に放火する企てには失敗し、試験会場前で刃物を振るい3人を刺す犯行にとどまりました被害に遭われた方々にとっては迷惑な限りですし、当日事件を知り、心情が乱れた受験生もいたはずです産経新聞の記事を読むと、可燃性の液体を入れた私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大試験会場で刺傷事件 「俺は東大を受験する」

昨日の続きで、大学入学テストが行われる東京大学の試験会場前で刺傷事件を起こし逮捕された男子高校生を取り上げます学校の制服を着たまま家出をし、バスで東京まで移動したと判明しています。犯行現場には東海高校の学生証が落ちていたとかで、昨日当ブログで書いたように、東海高校の生徒でしたこれからメディアは「エリート高校生の挫折」とか、「受験競争の歪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大試験会場で刺傷事件 17歳高校生逮捕

大学入学テストの1日目となった今日、東京大学農学部キャンパス前で、受刑性ら3人が刃物で刺される事件があり、名古屋市の私立高校2年生の男子生徒が逮捕されました名古屋の私立高校となれば進学校として知られる東海高校の生徒かもしれません(確認はできていません)それにしても、この通り魔的な犯行(専門家の言うところの拡大自殺)が相次ぐ状況には驚きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スクルカウンセラー配置も不登校児は減少せず

産経新聞の記事が、「スクールカウンセラーが小中学校に配属されるようになったが、不登校児童や生徒は増加しており、スクールカウンセラーが機能していない」と指摘していますまず、この記事からすると学校側、保護者側ともスクールカウンセラーによって不登校状態が解消されるものと期待しているのが分かりますただ、学校への通学を再開すれば問題解決、と短絡的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞鶴女子高生殺害事件を考える5 判決への疑問

2008年5月、京都府舞鶴市の女子高生が全裸の遺体で発見され、その後容疑者としていくつもの前科がある中勝美が逮捕、起訴されました。これが舞鶴女子高生殺害事件ですしかし、裁判は異例の展開となり、一審京都地裁では無期懲役判決が下されたものの、二審大阪高裁は証拠不十分として逆転無罪判決を言い渡しました。検察は最高裁に上告したものの、棄却され無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本からのフッ化水素輸入増 韓国ネット民激怒

フッ化水素など3品目の韓国向け輸出手続きの厳格化を安倍政権が実施し、菅政権から岸田政権へとそのまま引き継がれています韓国政府は対応策としてフッ化水素などの国産化に取り組み、これまで6回も7回も、「フッ化水素の国産化に成功した」と報じられてきました。しかし、半導体製造に使われる高純度のフッ化水素までは国産化できないでいるのが実情ですところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲酒運転事故の梅沢被告 15年前から飲酒運転

千葉県八街市で小学生の児童が飲酒運転をしていた梅沢洋被告のトラックにはねられ死亡する事故を受け、千葉県警は飲酒運転の取締を実施し、毎月60人前後を検挙しているのだとか。それだけのドライバーが当たり前のように酒を飲んで運転している実態に、頭がクラクラします見つからなければいい、捕まらなければいい、との感覚なのでしょうこれでは飲酒運転による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪偕星学園野球部監督とコーチ 補助金詐欺で逮捕

大阪海星学園高校の野球部コーチだった水落雄基容疑者が、野球部員にわいせつ行為を繰り返していた件で逮捕されている話は何度か、当ブログで取り上げました今度はその水落雄基容疑者と、同校野球部の元監督が「GoToトラベル」の補助金を騙し取っていた疑いで再逮捕された、と報じられています野球部の元監督、コーチらが結託し、合宿を行ったように装う手口で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教室に児童監禁 わいせつ教師を4度目の再逮捕

児童・生徒に性犯罪を繰り返す教師に厳しい目が向けられている今日ですが、それでもなお児童・生徒に手を出す教師がいます 学習能力を欠いているのか、あるいは己の欲望を持て余しているのか? 昨年10月、東京都板橋区の小学校教諭高橋慶行容疑者が、児童を呼び出した上に教室に鍵をかけて監禁し、わいせつ行為をした疑いで逮捕されたと、当ブログで取り上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲーム規制を強化する中国 1万4千社が倒産する

コンピューターゲームもスマートフォンゲームもやらない自分にとっては畑違いの話題です中国政府は習近平主席の号令に従って娯楽産業への規制を強化し、風俗紊乱を許さない姿勢を示しています。テレビドラマの過剰な表現や、ボーイズラブ小説の取締、化粧して歌う男性歌手への批判(男らしくないとの理由)、アニメの暴力表現の規制、そしてゲームへの規制と広がり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「無敵の人」 ジョーカー男の無差別殺人への一考

昨日はワイドショーの中で玉川徹が「社会に牙をむく若者が増えるのは当たり前かもしれない」との趣旨の発言を取り上げました本日は産経新聞の記者コラムで、「止まらぬ無差別殺傷 『無敵の人』を生んだのは誰か」を取り上げますコラムの前段は京王線のジョーカー男こと服部恭太容疑者の事件のあらましに触れたものなので割愛し、後段部分を引用させてもらいます …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実の娘と性交、出産させた父親の公判

近親相姦事件の裁判というのは数が多いわけではないものの、確実に存在します新聞やテレビのニュースで取り上げられる機会はほとんどなく、週刊誌が読者の好奇心を刺激するネタとして取り上げる場合がほとんどでしょう自分もこれを取り上げるのは気が重いわけですが、知らぬ存ぜぬとはいきませんので書きます週刊誌「FRIDAY」に掲載されている記事は長文なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉川徹「社会に牙をむく若者が増えるのは当然」

1月8日に渋谷で起きた焼肉店立てこもり事件に関連して、玉川徹がワイドショーで語ったコメントが報じられています東京都内で起きた事件だけに大々的に報道されたわけですが、これが九州や北海道で起きた事件ならローカルニュース扱いのままで、全国ニュースで取り上げられなかったかも知れません先週、東京で大雪になった際には、まるで重大事件が発生したかのご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「米国の肩に乗り宇宙へ行く日本」と書く韓国メディア

月面に有人基地を設置しようというアメリカ主導の「アルテミス計画」に日本も加わっており、日本人宇宙飛行士が月面に降り立つ日も遠からず実現するのでしょう技術や経験値、実績を考慮すれば、日本が単独で月面への有人飛行を目指すのはリスクが大きいのであり、アメリカと手を組むのは当然の成り行きですしかし、隣の韓国はそうは考えず、「日本がアメリカの肩に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマト運輸男女殺傷事件 筧被告の公判は1月21日

2020年10月、ヤマト運輸の神戸北鈴蘭台センターで同社を解雇された筧真一被告が男女のパート社員に襲いかかり、女性パート社員の体を10箇所刺して死亡させる事件を記憶しておられる方もいると思います逮捕された筧真一被告は起訴されたのですが、公判が開かれないまま1年以上経過していました。途中、精神鑑定のため、鑑定留置されていた期間があるのでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊丹市の元校長 児童買春で有罪判決と罰金刑

昨年4月、兵庫県伊丹市の元小学校長が児童買春と児童ポルノ法違反で逮捕された件を取り上げました。事件の顛末に言及するのを失念していましたので、あらためて書いておきます逮捕、起訴されたのは峰松誠治容疑者(62)で、教員としてよりも教育委員会勤務が長く、教員に対する研修も受け持ち、「セクハラに注意しなさい」と新任教師に説教していた人物です。校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川口市いじめ事件 市側に勝訴も何も解決せず

埼玉県川口市の中学生が2015年、学校でいじめを受け不登校状態に陥ったのですが、川口市教育委員会は「いじめはなかった」と主張し、何の対応もしてきませんでした。元中学生とその両親が川口市を相手取って訴訟を起こした結果、さいたま地裁は学校と教育委員会の落ち度を認め、川口市に55万円の賠償支払いを命じる判決を下しています元中学生は現在19歳に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山女児殺害事件を考える 無期懲役判決

未解決の事件は沢山あるわけですが、長年犯人が特定できないままだった事件の決着というのは感慨深いものがあります。当ブログで取り上げた今市女児殺害事件や、廿日市女子高生殺害事件、そして本件である津山市の女児殺害事件も長年捜査が続いた結果、ようやく容疑者を特定し逮捕し、起訴して公判に持ち込んだものです起訴されていた勝田州彦被告は公判で無罪を主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国メディア「日本の伊藤博文礼賛は歴史を知らないから」

韓国のローカル新聞の東京特派員が、「日本人が伊藤博文を偉人として称賛するのは歴史を知らないからだ」との内容の記事を書いていますので取り上げます韓国側の言うところの「正しい歴史認識」がたびたび問題になるわけですが、これは韓国に都合よく歴史を解釈した決めつけであり、事実に反した内容も少なくありません。例えば、従軍慰安婦は14歳~18歳の少女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山女児殺害事件を考える 判決前に争点確認

検察、弁護側が激しい応酬を繰り広げた岡山女児殺害事件は、勝田州彦被告に無期懲役を求刑して結審し、明日には判決が下されます判決を前に産経新聞がこの事件の争点を振り返る記事を掲載していますので、取り上げます勝田被告は服役中の大阪刑務所から事件への関与をほのめかすハガキを岡山県警に送付したものの、取り調べの途中から供述を翻し、「やっていない」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旭川いじめ凍死事件7 加害者は無反省

一向に事実関係の解明が進まず、加害者の処罰にも結びつかない旭川のいじめ凍死事件です文春オンラインでは当時、関係した中学生の男女は14歳以下であり、少年法の対象ではなかったので触法少年という扱いにし厳重注意にとどめた、と書かれていますそこは触法少年として、警察から児童相談所へ通告するのが法令上の規定なのですが、旭川の児童相談所に通告がされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性をボンネットに乗せ暴走 住職不起訴処分

昨年4月、茨城県笠間市で交通トラブル(車間距離が近すぎるなど、言い争い)で車の前に立ちはだかった女性をボンネットに乗せたまま約900メートルほど走行させ、その間に蛇行運転をして女性を振り落とそうとした疑いで僧侶の男性(78)が逮捕される事件がありました水戸地検はこの僧侶の男性を不起訴処分にした、と報じられています 茨城県笠間市で交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いじめ対応に市長が積極介入

旭川市でいじめをうけた女子中学生が家出をし、凍死状態で発見される事件がありました。が、まだ事実関係の解明は第三者委員会に託されたままで、結論は出ていません旭川教育委員会は第三者委員会メンバーに加害者たちと知己関係にある人物を紛れ込ませ、調査結果を歪めようと画策していた、と暴露され轟々たる批判を浴びています。とことん隠蔽を図り、教育委員会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪ビル放火 谷本容疑者死亡

重症と伝えられていた谷本盛雄容疑者が死亡した、と報じられましたビル放火殺人事件の捜査は継続中ですが、刑事事件の手続きとしては被疑者死亡で決着します。谷本容疑者の犯行を手伝ったり、そそのかしたりした人物はいないと考えられますので、誰も訴追されず、責任を負わないのです理不尽な幕切れであり、腹立たしい限りですが仕方ありません 大阪市北区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古河介護施設殺人 別件の殺人で赤間容疑者再逮捕

茨城県古河市の介護施設で高齢者を殺害したとして逮捕された赤間恵美容疑者ですが、同施設での別の殺人にも関与していたとして再逮捕されました。余罪を立件するのは難しいだろうと思っていたのですが、死亡した高齢者のCT画像が残されており、警察の鑑定で血管に気泡が写っていると確認され、逮捕に至っていますよくもまあ、CT画像を撮影していたものだな、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

就活生を強姦 リクルート子会社社員は懲役20年?

窃盗事件のように時代がどう移り変わろうと繰り返される犯罪もあれば、マッチングアプリで知り合った女性に薬物を飲ませて強姦するという、今の世相を反映した犯罪もあります誰でも手軽に利用できるという利便性の反面、簡単に犯罪手段として悪用される負の面も併せ持つわけですリクルートコミュニケーションズの元社員、丸田憲司朗被告はおよそ40人もの女性に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国宇宙開発は飛躍するのか 課題山積

ドロドロした事件の話題ばかりではなく、たまには美しい星空を見上げて宇宙の話でも、と思うのですが、なかなかどうして星空もドロドロとした人間の欲望、見栄、虚勢に塗りつぶされそうです既に取り上げたとおり、韓国は国産を自称するロケット「ヌリ」号を打ち上げて失敗に終わっています(なぜか、文在寅大統領は「半分成功」と言い張っています)韓国には「計画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未解決 つくば高齢者夫婦殺害事件を考える

毎年、年末になると未解決事件を掘り起こす記事を新聞が掲載します。いつもなら世田谷一家殺害事件を取り上げるのですが、今年はつくば高齢者夫婦殺害事件について考えます2017年12月、人家から離れた林の中に建つ小林孝一さん宅に賊が侵入し、小林さん夫妻を鈍器で撲殺し逃走した事件であり、金品は盗まれていなかったといわれます。周囲に民家はないのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猪苗代湖ボート殺人 初公判で被告が謝罪

年末を迎え、これまで取り上げた事件の中で顛末が不明なものを調べ、記事を検索しています昨年9月に福島県の猪苗代湖でプレジャーボートが家族連れのレジャー客に突っ込み、死傷者を出した事件の初公判が本日ありましたので、取り上げます河川や海上での事故については道路交通法のような法整備がされておらず、適用もされません。つまり、規制が緩いわけです昨今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連続少女暴行魔近藤善広 懲役10年と罰金刑判決

複数名の少女に性的暴行を加え、その様子をカメラで撮影して販売しようとした近藤善広被告の判決公判の報道を探していたのですが、やっと見つけました判決は10月11日付けです。あまりメディアが注目しなかったのか、探して見つかったのがテレビ神奈川の記事だけでした横浜地裁は近藤善広被告に対し懲役10年の判決と、児童ポルノ法違反で罰金50万円を言い渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more