テーマ:ニュース

富山交番襲撃犯 初公判で島津被告は黙秘

3年前、交番を襲って警察官の拳銃を奪おうとする事件が立て続けに起きました。そのうちの1件、富山での事件は島津慧大被告が警察官を殺害し、奪った拳銃で小学校の警備員を射殺するという凶悪な犯行でした島津被告はコミュニケーションに障害があるとされますが、2度の精神鑑定を経て刑事責任を問えるとの判断により起訴されています初公判の模様を伝える報道が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘への性的暴行で懲役6年判決 福島

統計をとっているわけではありませんので個人的な感想にすぎないのですが、家庭内での性犯罪が刑事事件として裁かれるケースが増えているように感じますただ、増えているといっても表沙汰になるのはほんの一部であり、被害の実態は想像以上ではないかと思います「世間体が悪い」だの、「親の顔を潰すつもりか」などと言われ、被害を届け出ないケースがまだまだ多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌作業療法士殺人 不倫の清算

2016年、札幌市西区で作業療法士の女性(23歳)が殺害され、同じ病院に勤務する作業療法士の熊倉昭洋被告が犯人として逮捕され、懲役19年の判決を受けた事件がありました熊倉被告は事件当日、女性の部屋にいたのは認めましたが、殺害されたのは自分が帰った後であり、第三者によって殺害されたと主張し、控訴していました札幌高裁は12日、1審の札幌地裁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学生徒にわいせつ 大阪明星学園教師逮捕

教え子に手を出せば逮捕され、職も失うという事態は世の一般常識であると言って間違いないでしょうそれでも教師による児童・生徒への性犯罪は繰り返されているのであり、何とも言い難いものがあります。教師として良識を欠いているというのではなく、「性犯罪者の業」であると表現した方が適切なのかもしれませんつまり、児童・生徒を狙う性犯罪者が教員として学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 8500万円の賠償判決

元福井大大学院特命准教授の前園泰徳受刑者が教え子である大学院生との不倫関係を精算するため、首を絞めて殺害した事件は、死亡した菅原みわさんが「殺してくれ」と依頼したことにより嘱託殺人である、とする判決が確定しています刑事事件としてそれで決着したわけですが、菅原さんの遺族はこの判決に不服があったのでしょう。民事訴訟を起こして前園受刑者に1億…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

就活生を強姦 リクルート子会社社員逮捕

就職活動中の大学生が大学のOBやらを訪問し、助言を受けるというシステムがいつから始まったのかは分かりませんが、コロナ感染の蔓延する現状でも続いているようです一部の企業では、OB訪問を何件こなしたかで、就職への熱意を計るというバカげた真似をしているのだとかリクルートの子会社リクルートコミュニケーションズの元社員丸田憲司朗被告は、同じ手口で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢一郎「全国民PCR検査をやれ」という愚論

コロナウィルスの感染者が増加し、緊急事態宣言が再度発令される事態に至っています感染拡大を阻止する手立てがないわけですから、感染者の急増(感染爆発)は予想されていた事態ですワクチン接種が実現するまで、感染者の増加傾向は続くのでしょうコロナウィルスの感染にどう対処するかという報道は昨年来、繰り返されてきたところですしかし、政治家の中にはそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児童相談所非常勤職員21歳 わいせつ行為で逮捕

取り上げるタイミングを逃してしまった昨年12月1日の報道で、群馬県の児童相談所に勤務する非常勤職員の大学生が、保護した少女と淫行を重ねた容疑で逮捕されています(県青少年健全育成条例違反)一時保護した少年・少女を見守るための当直勤務を補助する職務(夜勤)に就いており、当直の際に少女と知り合ったのだとかそもそも21歳の大学生を採用した理由が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミスター慶応」渡辺陽太 6度目逮捕も不起訴

インターネットカフェで女性に暴行を加えた容疑で逮捕された、「ミスター慶応」こと渡辺陽太容疑者ですが、今回も不起訴処分でした親が多額の示談金を支払って被害届を取下げさせているのでしょうバカな息子ほどかわいいと言われますが、素行が改善されるわけでもなく、被害者を増やすだけです。本人に素行を改める気がない以上、どうしようもないのでは? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山少女殺害事件を考える 自供の真偽でモメる

当ブログでは事件の顛末まで(判決まで)をできるだけ取り上げたいと思い、年末には取り上げそこねた裁判の判決はないかとチェックしていますが、完璧にとはいきませんあるいは日頃から気にかけているものの、裁判の情報が報道されない事件というのもあります2004年に岡山県津山市で当時、小学3年生の女子児童が殺害された事件もその1つです別の少女への暴行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井介護殺人 懲役18年の判決

高齢者が高齢者を介護せざるを得ないという、老老介護がもたらした殺人事件を裁く福井地方裁判所の判断は、懲役18年の実刑(求刑は懲役20年)でしたこの判決が最終的な結論ではありません。控訴して争うなら、高等裁判所が心神耗弱を認めて減刑もありえます。それでも懲役13年くらいの実刑でしょうが 介護の末に義父母と夫の3人を殺害したとして、殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校生がパチンコ店強盗 300万円奪う

大分県中津市で高校生ら未成年者のグループ6人組が、営業を終えたパチンコ店へ押し入り金庫から売上金を奪って逃走する事件がありました犯人グループは緊急手配による別府市内で逮捕されていますそれにしても6人で刃物を持ち、押し込み強盗をやるという大胆さ、無鉄砲さには驚かされます 中津市東浜のパチンコ店に目出し帽をかぶったグループが押し入り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児童養護施設職員が男児に強制性交で懲役8年

昨年12月の、群馬県の児童相談所に勤務していた非常勤職員(21歳)がわいせつ事件で逮捕された報道を取り上げる予定でしたが、類似した事件で2019年7月、北九州の児童養護施設に勤務する秋田将嗣が、施設の男子小学生や中学生に強制性交を繰り返していたとして逮捕された件の顛末を取り上げていませんでしたので、そちらを先に書きます逮捕時43歳の秋田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井介護殺人 3人殺害で懲役20年か

世の中には高齢者が高齢者を介護するという、なんとも言い難い現実がありますその結果、介護者が被介護者を殺害する事件や、介護疲れから心中を図る事件、介護を放棄して死亡させる事件など、さまざまな弊害が生じています福井県敦賀市で起きた事件は、72歳の女性1人で義父母など3人の介護を担っていたものの疲弊し、精神的にも困憊して義父母ら3人を殺害する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連続少女暴行魔近藤善広 なおも余罪あり

女児を狙って性犯罪を繰り返し、なおかつその様子を撮影して児童ポルノを販売するという手口で逮捕された近藤善広容疑者についての続報です。現時点で判明している犯行は4件ですが、被害者は全部で10人以上になるとみられており、どこまで立件できるかが鍵になっています被害者4人で立件するより、8人あるいは10人で立件した方が当然、重い刑罰を科すことは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナワクチン確保に狂奔する韓国

韓国ではコロナウィルス感染対策のためのワクチンの確保に手間取り、政府への批判が高まっています日本政府がファイザーから1億2千万回分、モデルナから5千万回分、アストラゼネカから1億2千万回など、約3億3千万回分のワクチンを確保したのに比べ、韓国は11月末段階で確保出来たワクチンは皆無だったからですその後、アストラゼネカのワクチン2千万回分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世田谷一家殺害事件 メディアの功罪

未だ容疑者の特定にも至ってない世田谷一家殺害事件は、今年で20年という節目でもあり、各メディアが記事を掲載していますそれらの記事では、捜査本部が指紋に執着したため聞き込みなど犯人の足取りを追う捜査が疎かになった、とする警察関係者の告白が軸になっており、いずれも似通った内容です記事の元ネタは成城警察署長で退職した人物で、各メディアに自分の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世田谷一家殺害事件 未解決のまま20年

年末になると新聞や雑誌が一年を振り返り、衝撃的な事件や未解決事件を取り上げます。未解決事件として毎年のように取り上げられるのが、2000年12月に起きた世田谷一家殺害事件で、今年はあれから20年目となります例年、警察の担当者による事件解決への決意が記事として配信されるのですが、どうにも虚しく感じられていまいますもちろん、現場の捜査員は熱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県営住宅放火殺人3 ブラジル人姉妹殺人容疑で逮捕

2015年の県営住宅放火殺人事件で、当時容疑者と目されていたペルー人、ラ・ロサ・ビテ・エドガルド・アントニー容疑者が放火容疑で逮捕され、さらに殺人容疑でも再逮捕されるに至りました。随分と時間がかかったものの、立件に至ったのですから、警察の努力を評価するべきなのでしょうまずは12月8日の放火容疑での逮捕を報じる記事と、今回の殺人容疑で逮捕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰

家庭内の性犯罪というのは、ともすれば「家の中のことは家の中で解決すべきであり、司法にはなじまない」とされてきた部分があるのでしょうしかしながら、日本で近親相姦や再婚相手の連れ子に対する性的虐待は存在するわけで、被害者が泣き寝入りを強いられるのは大間違いですまた、こどもが被害を訴えたとしてもそれを嘘だと決めつけたり、取り合おうとしない大人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はやぶさ2」と「嫦娥」を比較する中国メディア

小惑星「リュウグウ」から土壌サンプルを持ち帰った「はやぶさ2」と同じ時期に、中国の月探査機「嫦娥5号」が月の土壌サンプルを地球に持ち帰るのに成功しています中国メディアが、この2つの探査機を比較し、どちらがすごいのか比較しているのだとか比べることに何の意味があるのかと思うのですが、中国の方が優れていると言わないと夜も眠れないのかもしれませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年院出の15歳が殺人 保護処分が刑事処分か

今年8月末、福岡市中央区の商業施設で女性を刺し殺した容疑で逮捕されていた15歳の少年は、鑑定留置として身柄を拘束した上で精神鑑定が実施されていました。福岡地検は鑑定結果を受け、責任能力に問題はないと判断し福岡家庭裁判所に送致しています福岡家庭裁判所は少年を保護処分とするか(少年院送致)、刑事処分とするか(検察官に逆送した上で刑事処分を問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡の中学教頭 初公判で誘拐認める

静岡県沼津市の中学校教頭山本英仁被告が少女を猥褻目的で誘拐し、監禁した罪で起訴された事件の初公判があり、山本被告は起訴事実を認めています。事実関係は争わず、情状酌量を求める方針なのかもしれませんが、山本被告に汲むべき事情、情状として考慮すべきなにものかがあるのでしょうか? 中学教頭、10代女性誘拐認める 地裁沼津支部で初公判10代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪女児誘拐事件を考える 起訴するも初公判はまだ

大阪市住吉区の小学6年の女児(12歳)を誘拐したとして、栃木県小山市在住の伊藤仁士容疑者(35歳)が未成年者誘拐の容疑で2019年11月に逮捕されました。その後、再逮捕を繰り返した末に2020年1月に起訴されているのですが、いまだに初公判は開かれていません伊藤容疑者は逮捕以来、「人助けのためだった」と供述し、誘拐したのではないと犯行を否…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決

自分の娘(当時12歳)を強姦したとして起訴された父親に、一審の静岡地裁は「証拠不十分」として無罪を言い渡していた事件があります控訴審となる二審の東京高裁は被害を訴えた長女の証言は信用できると判断し、懲役7年の有罪判決を言い渡していますまずは一審判決の記事を、そして二審判決の記事を引用します 静岡地裁「強姦」無罪判決 児童ポルノ所持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋谷ホームレス撲殺事件 吉田容疑者の生い立ち

バス停で仮眠をしているホームレスの女性を殴り殺した容疑で逮捕された吉田和人容疑者の人物像について、文春オンライン記事を書いています長年、ひきこもり状態にあった上に、クレーマーとして近隣では有名な存在であった等のエピソードから推測すれば、何らかの障害を抱えたまま十分な治療を受けず大人になってしまった男性、と思われます自身の家から見える風景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大卒マジシャンで塾講師 パンツ盗撮で逮捕

「学歴で人を判断するな」とはよく言われるのですが、学歴が人物判断の目安の1つであるのは否定できませんただ、有名大学を出た人間が必ずしも立派な人物とは限らないのも、世の真実の1つでしょう前置きはここまでにして、東大の大学院を修了してマジシャン「日向大祐」の芸名で活動するとともに塾の講師をしていた野間大輔容疑者(41)が、教え子である女子高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はやぶさ2」の成功を羨む韓国

はやぶさ2が小惑星「りゅうぐう」からの土壌サンプルの採取に成功し、無事に地球に送り届けた業績は大いに称賛されるところです関係者の努力が報われ、科学への貢献を果たすことができたと、日本人の1人として嬉しく思いますさて、いつものように隣国ではどのような反応が出ているのか、観測しましょうまずはレコードチャイナの記事から 2020年12月6日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女児5人にわいせつ行為 元自衛隊員に懲役11年の判決

海上自衛隊鹿屋基地に勤務していた元2等海曹上園大作は5人の女児に対する強制性交や強制わいせつ、児童ポルノ法違反などの罪で起訴されていました。鹿児島地裁は上園被告に対し、懲役11年の実刑判決を言い渡しています当然ですが、自衛隊では懲戒免職処分を受けています。逮捕時の報道では現職の自衛官扱いだったため、「なぜ免職にしないのか」との声が多数あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

座間9人殺害事件を考える 死刑判決

今年の残すところわずかとなりました。生活環境が大きく変わった1年で、定年退職から引っ越し、老親との同居、父親の死、母親の介護などなどがあり、大変だったというのが実感です。ブログの方はどうにか記事の更新を重ね、累計で980万ページビューを超えました。宣伝もしない地味なブログに立ち寄り、読んでいただいたことに感謝申し上げますさて、本日は座間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more