テーマ:ニュース

従軍慰安婦寄付金が勝手に流用される 韓国

韓国が主張する従軍慰安婦問題で、寄付金が団体の理事のポケットマネーとして流用、着服されていると告発されたのに続き、自称慰安婦の支援施設「ナムヌの家」でも寄付金の流用や入所者である高齢女性への虐待が明らかになった、と報じられています韓国のいわゆる被害者ビジネスの醜態が明るみに出た、と言えます 韓国メディア・韓国経済は、京畿(キョンギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高槻少女殺害事件を考える25 控訴取り下げの行方

体調が悪く、ブログの更新を休みました。現在もひどい状態ですが、書きたいものを書けるだけ取り上げていきます寝屋川市の男女の中学生が殺害され、息された事件は最初の遺体発見現場が高槻市内であったため、上記のタイトルで言及してきました山田浩二被告の死刑判決が確定されたかに見えたのですが、山田被告による2度の控訴取り下げを巡って司法判断が迷走し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳島県立病院主事 女子高生への傷害で裁判

昨日は女子高生を自宅マンションにワイヤーロープで縛り、監禁するという事件を取り上げました 中年男が色欲に狂い暴走した結果といえるのでしょうが、何とも気色悪い事件です 本日は徳島の公立病院職員が、路上で女子高生に「家に来ないか」と声をかけてナンパしたものの、「キモイ」と言われて逆上し、暴行を加えた事件を取り上げます 女子高生と50歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子高生をワイヤーで拘束・監禁した男 逮捕

SNSで知り合った男性に誘い出されて家出、という事件がしばしば起きます。被害者の意に反して監禁に至るケースもあります埼玉県内に住む女子高生が横浜在住の中年男に誘い出され、マンションに監禁される(しかもワイヤーロープで体を拘束されて)という事件がありましたので取り上げます 埼玉県内の女子高校生をワイヤーロープで巻きつけ、自宅に監禁し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国 軍事通信衛星打ち上げ成功

韓国が初の軍事通信衛星「アナシス2号」の打ち上げに成功した、と報じられています。静止軌道で運用される韓国軍専用の通信衛星なのだとか(一部、韓国メディアは国産の通信衛星であるかのような報道をシていますが、欧州のエアバス社が製造した通信衛星です)その運用と目指すところを解説する記事がありましたので、取り上げます 韓国の文在寅(ムン・ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ感染の迷惑系YouTuber へずまりゅう

この世の中で一番キライなものを挙げろ、と言われたら「迷惑系YouTuber」と答えるでしょう何を面白がっているのか意味不明ですし、不愉快なだけですその迷惑系YouTuberの一人、「へずまりゅう」が逮捕されています。しかもコロナウィルスに感染しており、逮捕した愛知県警岡崎署の警察官複数人が感染させられるという迷惑ぶりですもちろん、へずま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堺あおり運転 6100万円の賠償命令

あおり運転がより重く罰せられるよう法改正がされています。その背景にはあおり運転によって悲惨な死を遂げた被害者が存在しているわけですそうした一連のあおり運転事件の中に、2018年7月、大阪堺市で起きたバイクの大学生があおられた上に自動車で追突され、殺害された事件があります中村精寛被告は殺人罪で懲役16年の判決が下されましたが納得せず、最高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杏 東出昌大と離婚

不倫発覚から別居状態になっていた女優の杏と東出昌大ですが、ついに離婚に至ったと報じられています東出昌大は映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の公開があったため、メディアへの露出が増えました。が、本格的に芸能活動再開とはいかないのでしょう。CM降板の違約金支払いやら離婚の慰謝料など、解決しなければならない問題が山積しています他方で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘンリー王子とメーガン妃の暴露本

ヘンリー王子とメーガン妃が暴露本を出版すると、海外メディアが騒いでいます自分たちをブランド化して商売する構想が無に帰したため、ヘンリー王子夫妻は王室を告発する暴露本を出して売り、収入を得るとともに自分たちこそ被害者だと主張するつもりのようですなお、ヘンリー王子夫妻はこの暴露本「自由を探して」に関与していないと表明していますが、著者オミド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍土下座像を巡る日韓の衝突

韓国では私設の植物園に慰安婦像に土下座して謝罪する安倍晋三の像が設置され、物議を醸しています韓国国内の声も割れており、土下座像を拍手喝采で迎える声もあれば、日韓関係を破壊する愚行だと批判する声も出ています植物園の主は韓国の国民が大喜びし、メディアが取り上げ、来園者も増えると皮算用していたのかもしれませんが、批判の声が予想外に多くて戸惑い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚生労働副大臣橋本岳の不倫

コロナウィルス感染の報道に毎日接しています。その中で、厚生労働大臣加藤勝信の存在感の希薄さは突出しています。コロナウィルス対策を主管するのが西村経済再生担当大臣だとしても、厚生労働省が無関係でいられるはずはありません自民党の大物政治家加藤六月の娘婿という存在で、東大卒の大蔵省官僚出身という割には無能ではないのか、と思ってしまいますさて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王族を自称し建国資金を騙し取る詐欺事件

先だってはM資金詐欺の事件に言及しました。古典的な詐欺の手口で有名なのがM資金詐欺と皇族や家族の末裔を自称する詐欺でしょう福井県でもブライトン王国の末裔を名乗り、「建国のための資金を融資してほしい。建国の暁には1.5倍にして返す」と資金をだまし取っていた詐欺事件の裁判が進められているのだとか起訴されている王見禎宏被告(67)は法廷の場で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡女性転落殺人を考える5 懲役22年の判決

福岡県で知人女性を橋の上から転落死させた事件の判決です。被害者である女性の死は自殺であり、警察がでっち上げた事件だとして無罪を主張した上に、解離性同一性障害であるとアピールしていた佐久田なつき被告に対し、福岡地裁は懲役22年(求刑は懲役25年)を言い渡しています この判決に佐久田被告は怒り狂ったのではないか、と想像しますがどうだったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐世保高1女子殺害事件を考える15 「責任を感じる」

2014年7月、長崎県佐世保市のマンションで女子高生が殺害される事件があり、同級生であった女子生徒が逮捕されています少年審判の結果、彼女は医療少年院(おそらく京都医療少年院)に送致され、現在も収容された状態です今日はこの事件に関する2本の記事を紹介します残念ながら2本の記事からは、彼女が何を反省しているのか伝わってきませんし、彼女と被害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手県立高体罰事件を考える 顧問教師の責任は?

以前にも取り上げた岩手県立不来方高校のバレーボール部員が自殺した事件の続報です問題のバレーボール部顧問佐々木幸浩教諭は前任の盛岡第一高校でも、部活動で部員を罵倒するパワーハラスメントを繰り返しており、損害賠償請求の民事訴訟で敗訴していますにもかかわらず、バレーボールの指導者として評判が良かったのか、不来方高校でもバレーボール部の顧問とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまだに続くM資金詐欺

大口の詐欺事件としてしばしば世間を騒がすのが「M資金詐欺」です。古くは俳優の田宮二郎がこの詐欺にひっかかり、自殺に追い込まれています。他にも元横綱の朝青龍も「M資金詐欺」の被害に遭っていますまた新たに「M資金詐欺」の容疑で3人が逮捕されたと報じられていますので、取り上げます 先の大戦に敗れた日本を統治したGHQ(連合国軍総司令部)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国 国産通信衛星の開発に着手?

韓国はこれまでにいくつのも通信衛星や気象観測衛星を打ち上げてきました。打ち上げそのものはアメリカやロシア、EUのロケットを利用しながらも、衛星本体は国産技術で開発したと強弁していた実態がありますしかし、その衛星も欧州企業に丸投げして作ってもらったのが現実です。ですが、上記のように韓国政府、韓国メディアともに「韓国独自の技術で製造した」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内閣府課長補佐 援交で逮捕

新型コロナウィルス感染への対応など行政課題山積で、中央官庁は多忙を極めていると思います。しかし、中には仕事そっちのけで援助交際に現を抜かす色ボケ管理職もいるようです内閣府復興庁課長補佐の菅原久興(46)が、「パパ活」で知り合った少女に睡眠薬を飲ませてわいせつ行為をした容疑により逮捕されています 10代の少女に薬を混ぜた酒を飲ませて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都アニメーション放火事件を考える 「ツルネは盗用」

京都アニメーションのスタジオに放火した青葉真司容疑者はやけどの治療が一段落し、逮捕状の執行により勾留が決まりました。さらに鑑定留置が決まり、責任能力の有無や犯行動機について調べを受けることになっていますやけどで歩行も困難な青葉容疑者を勾留する意味があるのか、との声が一部にはありました。現状で罪証隠滅の恐れや逃走の恐れはないにしても、自殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災映画のモデル男性 強姦容疑で逮捕

東日本大震災のとき、岩手県釜石市の遺体安置所でボランティアとして活動し、後に映画のモデルにもなった老人が強姦容疑で逮捕されています本人は犯行を否認していると報じられており、今後、起訴されるかもしれません(犯行を認め、被害者との間で示談が成立すれば被害届の取り下げもあり得るわけですが) 岩手県警は14日、同県釜石市中妻町、会社員千葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大分教員採用不正事件で元県幹部に賠償命令

大分県では2007年と2008年の県教員採用試験で得点を捜査する不正が行われ、本来合格するはずの受験者が不合格になり、不合格だったはずの受験者が合格する事態が生じました。教育委員会幹部の息子や娘が加点され、合格していたと明らかになり、激しい批判を浴びています県教委幹部や小学校長ら8人が賄賂を授受したとして逮捕、起訴され、2008年度試験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性下着盗の総務省官僚 懲戒免職に

東北総合通信局長だった田中宏が今年2月、温泉旅館の脱衣所で女性物の下着を盗んだ容疑で逮捕されていました。現場に到着した警察官は田中宏の所持していたバッグの中身を見せるよう要求しましたが、田中はこれを拒絶。宮城県警は捜索令状をわざわざ取ってバッグの中身を確認したところ、女性物の下着が出てきた…という事件ですただし、単なる助平心で行われた犯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富田林逃走 樋田被告懲役17年不服で控訴

富田林署から逃走し、捕まった樋田淳也被告に大阪地裁は懲役17年の判決を言い渡しています法廷で判決を聞いた樋田被告は呆然としていた、と報じられています。もっと軽い刑を期待していたのでしょうか?判決を受けた樋田被告はこれを不服として控訴したとの記事がありましたので、取り上げます 平成30年8月に大阪府警富田林署の接見室のアクリル板を壊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡女性転落殺人を考える4 人格障害を疑う

精神鑑定は精神科医や心理学者が担当するのですが、それぞれが得意分野や不得意分野があり、鑑定の際に用いる理論も異なります。ゆえに2度、3度と精神鑑定を行えば異なる鑑定結果が2、3通並ぶ場合があります(東京・埼玉で幼女を誘拐し殺害した宮崎勤のケースがこれに該当します)自分などは3通の鑑定結果を読み比べ、その違いを学べる機会だと歓迎するわけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡女子大生殺害 同じ学部の学生が犯人

先月末、静岡県三島市で日大国際学部に通う女子大生が、コンビニエンスストアでのアルバイトから帰宅したところを、待ち伏せしていた男に刺され殺害される事件がありました三島市の女子大生殺人事件と聞くと、どうしても2002年の服部純也死刑囚による殺人事件を思い起こしてしまいます。強姦した挙げ句、生きていた被害者の体にライターで火をつけて焼き殺すと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡女性転落殺人を考える3 解離性同一性障害

福岡県八女市で橋の上から女性が転落し、死亡した事件で公判中の佐久田なつき被告について、3度目の言及になります佐久田被告は公判前に精神鑑定が実施されており、鑑定人は「事件前から解離性同一性障害と診断されている」と証言していますそのうえで、「佐久田被告は無罪願望でわざと自己に有利な空想を作っている」と述べていますただし、佐久田被告が事件を起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡女性転落殺人を考える2 復讐に執着

福岡県八女市で2015年4月、女性が橋から転落させられ、殺害された事件を複数回に分けて取り上げます逮捕され、起訴されたのは佐久田なつきは、現在進行中の裁判で殺人容疑を全面的に否認し、争っています今日は事件の経緯を振り返ってみましょう 色恋沙汰に絡む事件は女の方が残虐な場合が多いようだ。「あの女にすべてを奪われた」逮捕前、風俗嬢の女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡女性転落殺人を考える1 懲役25年求刑

2015年に福岡県八女市で、知人女性に睡眠薬を飲ませた上で橋から転落させ(水面から55メートルもの高さ)、殺害した疑いで起訴された佐久田なつき被告の裁判について取り上げます犯行の手口からして刑事ドラマのごときで、その後は解離性人格障害(いわゆる多重人格)を装って佐久田被告は責任能力を欠いているかのように振る舞っていますしかし、検察は論告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏口入学事件 佐野太ら公判で無罪を主張

東京医大での裏口入学事件で、ようやく文部科学省元局長佐野太被告の裁判が始まりました起訴されている東京医大の前理事、前学長と、仲介役のコンサルタントの3人を含め、全員が無罪を主張していると報じられています4人とも起訴後に釈放されていますので、口裏合わせも済んでいるのでしょう 文部科学省の私立大支援事業をめぐる汚職事件で、受託収賄罪に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コロナで日本は負け、韓国は大勝利」と書く韓国メディア

コロナウィルス感染に対する各国の取り組みはさまざまであり、軽々しく勝ったの負けたただのと報じるものではないと自分は思いますしかし、隣の韓国では連日のように「日本はコロナ対策に失敗し、経済も破綻した。韓国は堅固な防疫体制を構築し、コロナに勝利した」との報道が繰り返されており、異様な雰囲気を感じます(韓国人にとっては勝利に酔いしれる、心地よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more