テーマ:ニュース

徴用工訴訟で敗訴 韓国メディアの無知丸出し社説

太平洋戦争中、日本に強制徴用されて働かされたとして韓国人85人が16社の日本企業相手に賠償を求める訴訟を起こしたのですが、ソウル中央裁判所は日本企業に賠償を求めることはできないとして原告敗訴の判決を言い渡しています日本企業に賠償を命じた2018年の判決とは真逆の判断です韓国の新聞、国民日報が原告敗訴の判決を下した裁判官を揶揄する社説を掲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜児童相談所職員 あくどい手口で少女と淫行

学校や児童の養護施設、児童自立支援施設、児童相談所などで働く職員による体罰や性犯罪について、これまで何度も取り上げてきたところです。関係者は事件が明るみに出ると綱紀粛正を図るとか、襟を正すとか、職員への研修を行うとか、さまざまな対応を口にするわけですが、事態が改善されているのかどうかは不明ですさて、先日取り上げた横浜市の児童相談所職員2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林真須美死刑囚の長女 娘を連れて投身自殺

報道でご存知の方も多いと思いますが、林真須美死刑囚の長女が関西空港に繋がる橋から4歳の娘を道連れに投身自殺をしていますまた、この長女の上の娘(16歳)が自宅で腹部を殴打され死亡しているのが発見されています。体には複数のあざが残されており、繰り返し虐待を受けていたのではないか、と見られます。過去には虐待の通報があり、児童相談所が介入したこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三春町ひき逃げ殺人 死刑を求刑

昨年5月、福島県三春町で清掃ボランティア活動中だった男女2人を、住所不定無職の盛藤吉高被告がトラックではね、死亡させる事件がありました。これは単なる交通事故ではなく、刑務所暮らしに戻りたいと願った盛藤被告が故意にトラックではねた殺人事件です福島地裁郡山支部での裁判員裁判で、検察は盛藤被告に死刑を求刑していますまずはその前の公判の模様を伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林真須美死刑囚 再審請求の行方

繰り返し、和歌山カレー事件の林真須美死刑囚による再審請求に言及します掲示板を見ていると、再審請求が受理されたとの報道を受け、「再審が認められたのだから無罪が確定。日本では再審が認められたら無罪判決が出る」との書き込みがありました今回は再審の請求を裁判所が受理した、という話であって再審開始が決定したわけではありません。そこを混同している方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝乃山処分 飲み歩いたスポニチ記者は解雇

キャバクラ通いが問題になった大関朝乃山について、6場所出場停止の処分が決まったと報じられていますこれで大関の地位から陥落し、三段目で再スタートという形になるようです。朝乃山は相撲協会に引退届を出したようですが、現段階では預かりとなっており、番付を下げても力士を続けるよう説得するのでしょうさて、一方の朝乃山を連れ歩いていたとされるスポーツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林真須美死刑囚 再審請求(第二次)を考える

林真須美死刑囚が弁護人を介して再審請求(2度目)を行った件を昨日、取り上げましたその後の報道で多少なりとも再審請求の中身が伝わってきていますので、考えてみましょう従来の林真須美死刑囚の弁護人とは別の弁護士が、別の切り口で再審請求を申し立てたと報じられています。再審請求については刑事訴訟法に詳細な規定はない、とのことで別の事由に基づく再審…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林真須美死刑囚「第三者の犯行と主張」して再審請求

和歌山毒入りカレー事件で死刑判決が確定している林真須美死刑囚の弁護人が、「犯行は第三者によるものだ」とし再審請求を起こしたと報じられています有罪の決め手とされたヒ素の鑑定に問題があるとして既に再審請求を行ったものの、和歌山地裁、大阪高裁で敗訴しています。今回はそれとは別に、「第三者による犯行である証拠を発見した」との事由による再審請求で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決

この事件は2018年、当時14歳で知的障害のある養女と自宅で性交し、監護者性交等罪に問われた被告である養父(38)に対し、福岡地裁が無罪判決を言い渡したものです当時、性犯罪事件の裁判で、「性交をはっきりと拒絶したという証拠がない」といった理由で、「被害者が暗に同意していたと被告が理解したのは当然であり、無罪とする」判決が相次いでいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員

性犯罪の取締範囲を広げ、未成年者を保護するための施策を検討する立憲民主党のワーキングチームの会合で、不適切な発言をした人物が衆議院議員の本多平直であると判明しました「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と言い出し、恋愛関係なのに犯罪として摘発するのはいかがなものか、と主張したも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男児に猥褻の保育士橋本晃典 8回目の逮捕

タイトルには8回目の逮捕と書きましたが、実のところ何度目の逮捕になるのかよく分かりません。前回、当ブログで橋本晃典の逮捕を取り上げた時が7回目でしたので、今回は8回目と書きました。既に複数回逮捕され、起訴もされ、東京地裁で公判が始まっていたのですが、その後も以下の記事にある余罪が発覚し、逮捕された状態です男児へわいせつ行為を行っている動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日立母子6人殺害を考える 無罪主張と処刑願望と

重大事件を起こした拘置中の被告人にメディア関係者が面会したり、手紙を出して手記をものにしようと試みるのは毎度の話です。そのため現金を支払うメディアもあります。是非を論じたところで仕方がないのであり、メディアの側にすれば取材のための経費、という感覚なのでしょうただし、刑事被告人の書く手記を読んで、「ああ、これが真実か。巷で報道されているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城一家殺害事件を考える 酒鬼薔薇事件と似てる?

凶悪事件は起きた際、メディアはこれを前例となる事件と比較し、共通点を探し出して関連付けようとします。例えば茨城一家殺害事件を「第2の酒鬼薔薇事件」と名付けるようにそうした表現の方がすんなり人々の頭に浸透しますし、関連付けて連想し、解釈できるからなのでしょうしかし、安易に「第2の◯◯事件」と決めつけるのは結果として事件を読み違え、誤った解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国戦闘機完成披露、その後解体(実は未完成)

韓国は約9000億円を投じて新型戦闘機を開発する事業を進めており、4月9日に「国産戦闘機試作1号機」の出庫式を文在寅大統領の出席も得て賑々しく行いました。これに韓国のインターネット界隈では、「日本が悔しがっている」とか「韓国は独自の技術でやり遂げた。誇らしい」などの称賛が相次ぎ、「中国や日本など足元にも及ばない最強の戦闘機を手にした」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立川ホテル殺人を考える 風俗嬢を敵視

立川市のホテルで19歳の少年が風俗嬢を殺害した事件の続報です被害者の名前を実名で報じたメディアがあった=風俗店に勤務していたという個人情報をメディアが暴露したことへの批判も生じているのですが、そちらは事件と直接関係のない事象なので取り上げません産経新聞の記事では少年が風俗業を敵視し、標的と考えていた節があると書かれています ホテル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人財教育」を持ち込む小学校 7つの条件

J-CASTニュースの記事に、北海道の小学校で校長が研修会で聴き込んだ「人財教育」をやっている、との記事がありましたので取り上げます教育委員会が校長を集めて研修会をやり、そこへ人材教育のコンサルタントが講師に招かれて「人財となるには7つの条件がある」と吹き込んだのでしょう調べてみると、2010年以前から企業相手に「人財教育」やら「7つの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立川ホテル殺人を考える 19歳少年逮捕

立川市のホテルにデリバリーヘルス嬢を呼び出し、殺害した容疑で19歳の少年が逮捕されています。当初の報道があまりに断片的で、事件の全容が把握できなかったため、数日置いて取り上げています未成年者による凶悪犯罪が増えている、と警鐘を鳴らすメディアもあるわけですが、犯罪白書によれば未成年者の殺人事件は戦後以来200件前後で推移しています。なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡女子大生殺害 7月5日に初公判

コンビニエンスストアでアルバイトをしていた沼津市在住の女子大生が、待ち伏せしていた男に刺し殺される事件があったのが2020年6月27日でした。被害者も刺した男も同じく日本大学国際関係学部の国際教養学科2年生でした犯人として逮捕された堀藍被告の裁判が7月5日から、静岡地裁沼津支部で始まると報じられています交際を断られた腹いせに刺殺した、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大口病院不審死 初公判は10月の予定

横浜市の大口病院はいわるゆ高齢の末期患者を受け入れる医療機関です。高齢で末期というのは、回復の可能性が極めて低く、いわば最後を病院で迎えるため受け入れている場所と理解してよいのでしょうそこに勤務していた久保木愛弓被告は、患者の点滴に消毒液を混入させ48人を殺害したと考えられています。が、検察は立件を3人に絞り、久保木被告を起訴しています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知人の娘(小学生)に性暴行 52歳の男を逮捕

幼いこどもに対する性暴力の報道を取り上げるのは、何とも心地の悪いものです。が、記事を読んで「ふーん」と受け流す気にもなれませんこうした愚行に走る大人を減らすためにはどうすればよいのでしょうか?決め手となる方策が思い浮かびません。せめて逮捕された性犯罪者に重い罰を科すことくらいでしょうか?デイリー新潮の記事から引用します 「小学生の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉

自分の娘(再婚相手の連れ子や養女も含む)に手を出し、淫行を重ねる父親の裁判、というものがしばしば報道されますしかし、起訴されて公判の場に立ってもなお、「向こうの方が誘惑してきたのだ」と主張し、同意の上の性交だったと開き直る父親がいますその言い分のどこに真実があるのか、一概に決めつけるわけにはいかないものの、己を罪を棚上げして少しでも刑罰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日立母子6人殺害を考える 初公判で無罪主張

日立市で妻と5人のこどもを殺害し、アパートに放火した罪で起訴された小松博文被告の初公判が開かれました事件は2017年10月に起きたのですが、その後、小松被告は高血圧による病気が悪化し、脳に障害を負って事件当時の記憶を喪失するという異例の展開となり、裁判まで時間がかかっています 日立市田尻町の県営アパートで2017年10月、妻子6人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレタの銅像 英大学構内に設置

特に環境活動家グレタ・トゥンべリ嬢に恨みはないのですが、彼女を環境運動の象徴のごとく持ち上げる風潮には嫌悪感を抱きますあろうことか、イギリスの大学が構内にグレタの等身大の銅像を設置したと報じられています。コロナ禍にあって大学での対面授業もままならない学生たちからは批判の声が挙がっているのだとか自分の感覚としては少年革命家ゆたぼんの銅像を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日立母子6人殺害を考える 初公判目前

2017年に茨城県日立市のアパートで妻とこども併せて6人を殺害した罪などに問われた無職小松博文被告(36)ですが、勾留中に記憶障害になったという報道があり、公判が開かれるのかどうか危ぶまれていました前回、この事件を取り上げた際は小松被告がなぜ記憶障害に至ったのか報道がないため、勾留中に縊首自殺を図り脳死状態になったためかと思ったのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はやぶさ2」に邪魔されたと怒る中国人

ネタの宝庫であるサーチナやレコードチャイナの配信記事ですが、最近は取り上げるのを抑制していますこれらは中国メディアの記事を紹介し、中国人のコメントまで織り込んでくれるので、彼らが何を思っているのかを知る機会としては貴重です。しかし、そもそも中国メディア自体が直接取材をせず、インターネットで配信された日本や韓国、中国の記事、個人のブログを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国前首相 竹島めぐり東京五輪ボイコットも示唆

韓国の前首相丁世均が、東京五輪の公式ウェブサイトで聖火リレーのコースを紹介するページの日本地図に、島根県の上に小さな点が描かれ独島(竹島の韓国名)が日本の領土だと表示されているのはけしからん、といちゃもんをつけ、東京オリンピックを韓国はボイコットする可能性もあると発言していますともかく、事あるごとにいちゃもんをつけてくる国です。この前は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根駅伝駒大アンカー 淫行逮捕も擁護する声

駒沢大学の石川拓慎選手(4年生)が17歳の女子高生にみだらな行為をした容疑で逮捕されたわけですが、彼の陸上選手としての才能を惜しみ、擁護する声もあります元文部科学事務次官の前川喜平(66)はツイッターでこの事件に触れ、「21歳の駒大陸上選手が17歳の高校生と性的関係を持って逮捕された。これを犯罪にしなければならない理由は何なのだろう?」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜児童相談所職員2人を少女との淫行で逮捕

国会ではわいせつ教師を教育現場から排除する法律「教育職員等による児童生徒性暴力等の防止等に関する法案」が成立する見込みです。かつてのように日教組が強大な権力を握っていたなら、こうした法案は教師を圧迫するからけしからんと吠えまくり、法案を阻止するためストライキも辞せずの構えを示したと思いますさて、残念なニュースとして、横浜市の児童相談所の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

59歳教師ストーカー 教え子につきまといか

徳島の59歳の中学校教師がストーカー規制法違反などの容疑で逮捕された事件を取り上げます年齢は基本的に関係ないのですが、それでも59歳というのは意外な感があります。記事では10代の女性につきまとったと書かれているものの、現在の教え子か元教え子でしょう自制が効かない逸脱っぷりに驚かされます 県内に住む10代の女性の自宅の周辺をうろつい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島根女子大生遺棄事件を考える48 事件の総括

文藝春秋デジタルに島根女子大生殺人事件を振り返る記事が掲載されています。警察はしばしば、「捜査方法に問題がなかった検証する」などと表明はしますが、本当に捜査方法を検証しているのか、それが現場で刑事事件を扱う捜査員の間で共有されているのか、疑問ですましてや、メディアによる警察捜査への批判など、歯牙にもかけないのではないか、という気がします…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more