テーマ:ニュース

韓国の「日本不買運動」 効果ゼロ

朝日新聞はしきりに、「安倍首相のせいで韓国からの訪日客が激減し、日本経済にも深刻な打撃をもたらしている」との報道を連発していますだから、安倍首相は韓国に対する経済制裁(実際には輸出管理の強化なのですが)を廃止するべきだ、と言いたいのでしょうさらに韓国左派系メディアも、日本製品ボイコットが日本にダメージを与えている、と煽るような報道を続け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沢尻エリカ逮捕 大河ドラマの代役は誰に

沢尻エリカの逮捕によって、NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」での濃姫役を誰が代役として務めるか、芸能メディアがあれこれ憶測記事を書いています。撮り直しによって余計な出費が増えるのは確実であるため、撮影済のドラマをそのまま放映すべき、との声も挙がっていますしかし、これまでのNHKの方針からして、沢尻エリカ演じる濃姫でそのまま放映するとは考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学習塾殺人事件を考える4 6年生女児を殺した塾講師

先日取り上げた草薙厚子の記事、「新潟少女殺害事件はなぜ防げなかったのか」に触発され、2005年12月に小学6年生の女子児童が殺害された学習塾「京進宇治神明校」の事件を振り返ってみようと思います「事件を防げなかったのか」との視点に立てば、塾講師であったH(同志社大法学部の学生)の事件前のさまざまな問題行動を看過していた、塾側の管理体制に問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟女児殺害事件12 凶悪事件に共通点はあるのか?

少年事件を取り上げ、取材しているライターの草薙厚子が東洋経済オンラインに、「新潟少女殺害事件はなぜ防げなかったのか」と題する記事を書いていますので言及します草薙厚子の記事は過去にも当ブログで幾つか取り上げていますが、見当はずれの残念な内容であったりします今回の記事も、むしろ「新潟少女殺害事件は防げたのか?」と自分は思うばかりです長文の記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沢尻エリカ 合成麻薬で逮捕

女優の沢尻エリカが麻薬取締法違反の容疑で警視庁に逮捕されています。逮捕は偶然ではなく、内偵調査や行動確認など積み重ねた上で決行されたものでしょう。しかも、幾つものメディアがタイミングよく記事を流しているところを見れば、メディアにも事前に沢尻逮捕の情報が流されていたものと推測されます 女優の沢尻エリカ(33)の逮捕で芸能界に激震が走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟女児殺害事件11 解離性障害だと主張

小林被告の公判が続いています。14日の公判では小林被告の両親が出廷し、衝立の向こう側にいる被害児の父親に謝罪した、とも報じられています。「これから息子とともに苦しみながら生きて、生涯謝罪していくことしかできない。ばかな息子が取り返しのつかないことをしていまい、大変申し訳ありませんでした」と述べているところから、小林被告の両親は事件を重く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ガールズ&パンツァー」ファンを科学する筑波大論文

殺人事件ばかり取り上げていては気が滅入るので、前回に続いて空気を換える話題を取り上げますタイトルが釣りに近い表現であるのを事前にお詫びしておきます正確に記述すれば、筑波大学の研究紀要に掲載された論文、「『ガールズ&パンツァー』ファンにみる聖地・大洗における巡礼行動の特性」を紹介する内容です論文自体は参考文献リストを含めて58ページにもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経歴詐称 在米韓国2世が政府高官就任でピンチ

殺人事件の話題ばかりなので、別の話をアメリカでは各省庁の上位ポストは政治任命が通例であり、大統領が交代すると各省庁の幹部がごっそり入れ替わる仕組みですトランプ政権下でアメリカ国務省副次官補に起用された韓国系アメリカ人、ミーナ・チャンの学歴詐称疑惑がメディアで取り上げられ、ポストを失いかねない崖っぷちに立っているとのことです写真を見ると当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟女児殺害事件10 死姦への異常な執着

新潟で女子児童を殺害し、遺体を線路上に遺棄して轢殺事故に見せかけるようにした小林遼被告の裁判が続いています新聞等では詳細に報じられなかった初公判でのやりとりを、週刊誌「FRIDAY」が取り上げています初公判では被告人の裁判官による人定質問(氏名、年齢、住所などの確認)があり、続いて起訴された容疑についての認否確認がありますそして検察官に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八戸女児殺害未遂事件 男子中学生を逮捕

秋の日差しはつるべ落としの如くで、急激に暗くなります。青森県八戸市で下校中の女子児童が男に切り付けられた事件も夕方4時40分頃、急に暗くなる頃合いです容疑者として市内に住む男子中学生が逮捕され、警察の素早い対応に地域の方々はほっとしたことでしょうさて、中学生の容疑者ですから報道は控え目になります。どこの誰であるかは、今後の報道でも伏せら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくば路上刺殺事件 18歳少年に懲役10~15年不定期刑

過去の取り上げた事件で、その顛末に言及しないままになっているケースを調べていますやはり事件がどう決着したのか押さえておかないと、居心地の悪さがあります青森県で女児の喉を切り付けた、として男子中学生が逮捕される事件の速報に接し(これは別の機会に取り上げます)、思い出したのが茨城県で高校生が中年女性を刺殺した事件です今日は2016年6月、茨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉印西市放火殺人 3人のうち2人が無罪主張

千葉県印西市での放火殺人事件で逮捕されていた男女4人組の裁判が始まっています。菅野美玖被告と金崎大雅被告がカップルで、仲内隼矢被告と犯行当時16歳の少女がカップルだとされます。16歳の少女は嫌疑不十分で不起訴処分になっていますので、公判の対象は3人ですこの4人組は家出状態で車で寝泊まりしたり、事件現場となった印西市の海老原よし子さん宅に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検

今年4月、東京池袋で暴走した乗用車に母子がはねられ死亡した事故で、警視庁交通捜査課は12日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)を書類送検しています。報道によれば、警視庁は起訴を求める「厳重処分」の意見を付けたと伝えられていますもちろん、裁判で決着がつくまでは無罪の推定を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模原母親殺害 犯人は女装癖の息子

今年10月末に、相模原市内のアパートで72歳の女性が遺体で発見され、同居していた息子が容疑者として逮捕される事件がありました報道によれば、逮捕された北岡哲史容疑者は49歳で無職とありましたので、就労しない息子と母親との間で口論になり殺害するに至ったと推測さる事件ですしかし、週刊女性の記事によれば、北岡容疑者は事件前から女装して出歩くなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉被告起訴も初公判はまだ

2018年3月 鹿児島県日置市で親族知人ら5人を殺害したとして逮捕されや岩倉知広は、2019年1月に鹿児島地方検察庁によって起訴されているのですが、裁判はまだ始まっていませんいわゆるニート状態であることを親族から咎められた岩倉被告が、親族を含む5人の成人を素手で絞殺し、遺体を遺棄するという特異な事件でした逮捕後、岩倉被告は責任能力につい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国 「フッ化水素国産化に成功」の嘘

日本が輸出管理の強化対象としたフッ化水素について、韓国メディアは数度にわたって「国産化に成功した」と報道しています。これを「韓国の技術の勝利だ」と煽る報道もありましたしかし、長年韓国メディアの報道を眺めている者にとってこうした記事は実に怪しいのであり、信じるわけにはいきませんところがあっさりと騙されてしまう政治家やジャーナリストが日本に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟女児殺害事件9 初公判で殺意を否認

2018年5月、学校帰りの小学2年生の女児を殺害し、線路上に遺棄して遺体を電車に轢かせ、損壊した容疑で起訴されていた小林遼被告の裁判が新潟地方裁判所で始まっています公判前の争点整理手続きで小林被告は「殺意はなかった」と主張し、「さいせつな行為もしていない」と争う姿勢を示していました日本の刑事裁判では犯人に殺意があったかなかったを重視し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光市母子殺害犯 再審申し立てるも棄却

今は養子縁組して大月孝行と名前を変えた、1999年の光市母子殺害事件で死刑判決を受けた旧姓福田孝之死刑囚の再審申し立てを、広島高等裁判所が棄却したと報じられています2012年に死刑が確定していますので、そろそろ自分が執行されるのではないか、との焦りもあるのでしょう最近の安倍内閣の仕事ぶりには幾つも不満があるところですが、せめてこの大月孝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国議長 徴用工解決案提示も日韓から袋叩き

「天皇は政争犯罪人の息子」発言等で物議をかもした韓国の国会議長文喜相が来日し、早稲田大学で講演を行っています。席上、徴用工問題の解説案として独自の法案を提出する用意があると発言したのですが、この案は韓国国内ですら根回しがされておらず、早速徴用工裁判の原告団から批判を浴びる始末です日韓関係を拗らせた張本人が、ますます対立を深める役割をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「韓国文学がブーム」と煽るメディア

「韓国文学などに価値はない」と腐す狙いはありません朝日新聞や東洋経済、共同通信など複数のメディアが、示し合わせたかのように「韓国文学がブームだ」とする記事を掲載しており、本当にそうなのかと思ったわけです朝日新聞の記事は有料扱いなので、東洋経済オンラインの記事を引用します 日韓不和なのに空前の「韓国文学ブーム」のなぜhttps://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡母子3人殺害事件を考える 初公判で無罪主張

2年前の6月、福岡県小郡市の民家で中田由紀子さん(38)ら母子3人の遺体が見つかった事件では、夫で福岡県警の巡査部長だった中田充が容疑者として逮捕されました。中田は警察の取り調べに対し、容疑を否認し続けており、捜査は難航。ようやくにして初公判に漕ぎつけました 公判の場でも中田被告は容疑を否認し、冤罪を主張しています 福岡県小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教師によるいじめ 懲戒処分への怖れ、不満

神戸市立東須磨小学校の教師による同僚へのいじめ事件は、第三者委員会が調査をし、年内に懲戒処分を行うと神戸市教育委員会が説明をしています。処分が明らかになるまで(警察が傷害容疑で捜査するかどうかは別にして)、世間の関心事になります。よってメディアも加害者である教師4人と前の校長を追いかけ、コメントの1つでも得ようと取材を続けるのでしょうそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平塚猥褻保育士 乳児暴行死で懲役10年判決

過去に取り上げた事件はできる限り、その顛末をブログで言及したいと思っています。が、なかなか難しいのであり、放置したままになっている事件も少なくない状況です平塚の認可外保育所でわいせつ行為を繰り返したほか、乳児を殴打して死亡させた元保育士角田悠輔被告の裁判もその1つです角田被告は保育所で預かっていた女児にわいせつ行為を繰り返したとして、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7人の女児にわいせつ 元教師八木航に懲役15年求刑

昨年夏、教え子に対する強制わいせつ、強制性交などの容疑で逮捕された千葉市立誉田小学校の元教諭八木航の論告求刑公判が千葉地方裁判所であり、検察側は懲役15年の求刑をしています八木被告の裁判が長引いたのは、途中で余罪が発覚し再逮捕されたためです。詳細は不明ながら被害児童が7人となっていますので、追起訴された分を含むものと解釈されます八木被告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参院議長 「天皇は戦犯の息子」発言の韓国国会議長に謝罪要求

韓国国会議長文喜相は訪米した際、アメリカメディアとのインタビューにおいて、「天皇は戦争犯罪人の息子ではないか」と発言し、「(天皇が謝罪すれば)慰安婦問題は解決する」など言いたい放題をやってのけた人物ですその文喜相が11月、主要20か国国会議長会議に出席のため来日するのだとか。国会の議長を20人集めたところで、何か有意義な話し合いができる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる

今年の3月、実の父親から継続的に性的暴行を受けていた(中学2年生の時から)女性が被害を訴え、名古屋地検岡崎支部は準強制性交罪に当たると起訴した事件では、裁判官が性的暴行の事実は認めたものの、抵抗不能な状態にはなかったとして無罪を言い渡しました 検察側は判決を不服として控訴し、名古屋高等裁判所で審理が始まっています 性的暴行の事実を認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教師によるいじめ 40代独身女教師の嫉妬がいじめに

神戸市立東須磨小学校の教師4人によるいじめ事件は第三者委員会による調査が行われ、年内に結論を出すとされていますしかし、弁護士である委員たちは聞き取りを中心に調査をするわけで、聞き取れなかった部分には言及しようもありません。精神分析(ラカン派)の立場から言うと、語られた内容より語れなかった部分にこそ陰湿で執拗ないじめ発動の要因が秘められて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男子高校生を買春で校長が懲戒免職

教師の不祥事ばかり取り上げています。他に事件はいくつもあるわけですが、どうしても目についてしまうので言及せずのはいられませんもちろん教員ばかりが事件を起こしているはずもなく、未成年者を買春する事件など、教員ではない一般企業に勤務するサラリーマンの方が検挙される数は多いはずです。が、事件として報じられる割合からすれば、教員の逮捕者が目につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SEALDs(シールズ)の現在 敗北を認めたら負け

「政治の季節は遠くなりにけり」でもないのでしょうが、安全保障関連法案反対を叫んで国会前にあつまっていたSEALDs(シールズ)とその支持者たちは現在、何をしているのでしょうか?さまざまなメディアがSEALDs(シールズ)に群がった若者たちのその後を記事にしていますもちろん、彼ら彼女たちが再び結集し、安倍政権批判を叫んで大きな波を起こし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金庫から金盗んだ教師 盗撮容疑で再逮捕

教師による不祥事ばかり取り上げている気がします。世の中の多くの教師が誠実に勤務しているとは思うのですが、一部の犯罪教師が全体の評価を貶めているのは事実であり、つい厳しい目を向けてしまうのでしょうですが、「よくあることだ」と見過ごすわけにもいきません。個人のブログで言及して何かが改善される可能性は限りなく低いものの、幾ばくかの問題意識を共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more