テーマ:ニュース

震災映画のモデル男性 強姦容疑で略式起訴

今年は東日本大震災から10年、熊本地震から5年という節目にあたります東日本大震災で被災した岩手県釜石市の遺体安置所を舞台に、葬儀会社の社員がボランティアとして活躍する様を描いた映画「遺体~明日への十日間」のモデルとなった男性が、強姦容疑で逮捕された件を昨年7月、当ブログで取り上げましたその顛末については言及しないままになっていましたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児童12人を強姦、わいせつで懲役18年 金子被告

最近、立て続けに「ブログの記事が名誉毀損にあたるので削除してもらいたい」という、弁護士からの削除依頼が届いています。いずれも性犯罪に絡む事案です当ブログでは性犯罪でも殺人でも、容疑者・被告人は原則として実名で記載するようにしています。名前は本人を特定する重要な情報であり、匿名にしてしまうと事件について知りうる情報が半減してしまい、事件を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小室圭 解決金で解決できるのか?

ブレまくって何をしたいのか、とんと理解できない眞子内親王の御婚姻相手となる小室圭。28ページにもなる釈明文を公開したら非難轟々で、かえって国民を敵に回した感すらします慌てて解決金を支払って…と言い出した感がするのですが、小室圭にすればこれも戦略の内、なのでしょうか彼の周りにいる弁護士もボンクラばかりで、有益な助言もできない風に映ります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「少年革命家ゆたぼん」父とひろゆきのバトル

Youtuberにして少年革命家を称するゆたぼんの父親と、ひろゆきがツイッター上でバトルをしていると、週刊誌「FRIDAY」が記事にしています先月、小学校を卒業したゆたぼんは中学に通わないと宣言しており、これについてひろゆきが「こどもに教育を受けさせる義務を親が放棄している」指摘したのが発端のようですいまさらツイッターでバトルなどしたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小室圭 解決金支払うと方針転換

眞子内親王との結婚に向け釈明文を公表した小室圭ですが、その中で母親の婚約者から受け取った金銭は贈与であって借金ではないと力説し、だから返す必要はないと強弁していましたところが一転、今日になって「解決金を支払う方向でトラブルを解決する意向だ」と小室圭の代理人である弁護士が述べています公表した28ページにも及び釈明文があまりに評判が悪いため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスク拒否男 今度は警察官を殴って逮捕

マスク拒否おじさんと呼ばれる奥野淳也がまたトラブルを起こし、駆けつけた警察官を殴ったとして公務執行妨害の現行犯で逮捕されています世の中にとことん歯向かって、騒ぎを起こしたいのでしょうか?前回は飛行機内でマスクの着用を拒否してトラブルとなり、大声を上げて暴れるなどしています。在宅起訴となって公判を待つ被告の身分なのですが、行動を自制する気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える3

満を持して釈明の文書を公表した小室圭ですが、メディアや世間一般の反応は理解示すどころか、むしろ批判的な空気です当ブログでも先に釈明文への疑問を提起したところです。時計の針は戻せないのであり、「何をいまさら」と言われるのは仕方がありませんだからといって、再度、釈明文を出すわけにもいきません。小室圭という人物の本質が日本国民に知れ渡った(自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳島県立病院主事 女子高生暴行で有罪判決

地方の事件はなかなか大手メディアが扱わないので、裁判の進行をチェックするのにも苦労します。以前、当ブログで取り上げた徳島の公立病院事務職員がコンビニエンスストアの駐車場にいた女子高生に「オレのウチに来ないか?」と声をかけたところ、「キモイ」と返されて激怒し、髪を掴むなど暴行を加えたとして逮捕された事件で判決が出ています新居資一郎被告は以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える2

さまざまなメディアが有識者やジャーナリストの口を借りて、小室圭の公表した釈明文について語らせています自分の感じたところは前回述べたように、「大丈夫か、この人は?」というものであり、宮内庁の西村泰彦長官のように「非常に丁寧に説明されている」と評価する気にはなれませんし、小室母親の金銭問題や対応の経緯を「理解できた」と言う気にもなれませんそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える

秋篠宮家の眞子内親王と結婚が予定される小室圭が釈明のための文書を発表しています。28ページにもなり、「卒業論文かよ」と突っ込みが入るほどの長文ですこれを宮内庁長官が手放しで絶賛した、という報道も出ていますが、この時期に長い文章を出して釈明というのは遅すぎる感があり、いまさら何をと思ってしまいます。せめて2年くらい前に出すべきだったのでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏口入学事件 「裏口入学と言われ悔しい」

文部科学省科学技術・学術政策局長佐野太が受託収賄の容疑で起訴され、公判が続いています3月に当ブログの記事で、佐野太被告の息子で東京医科大に裏口入学したとされる息子が公判で証言し、「裏口入学ではない」と言い切ったのは伝えましたが、内容が十分でなかったため補足しますこの息子は高校3年生時にも東京医科大を受験していますが、不合格でした。浪人し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園遊具に接着剤まいた高校生5人逮捕

先日は岐阜市でホームレスの老人を襲撃し、死亡させた元少年2人の判決を取り上げました。当人たちは悪戯だと称していますが、どこから見ても殺人です。傷害致死罪という扱いでしたので懲役5年と4年という、あまりに軽い判決だったのは残念です(弁護人は実刑ではなく、執行猶予付きの判決を求めていました。人の命を奪っておいて執行猶予付き判決はありえないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犯罪心理学の准教授が妻を刺殺 浅野被告初公判はまだ

昨年の3月16日、埼玉県庁前の路上で文教大准教授(当時)浅野正が妻を殺害し、逮捕されました。あれから1年が経過したのですが、浅野正は起訴はされたものの、初公判はいまだ開かれないままです妻を刺殺した現場で逮捕されており、殺害を認める供述をしていたのですから、何か裁判の妨げになる事由があるとは思えないのですが浅野正は逮捕後、鑑定留置となり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊丹市の元校長 児童買春で逮捕

定年退職した後、教育委員会の非常勤職員として再雇用されていた元小学校校長が児童買春と児童ポルノ法違反の容疑で逮捕された、と報道されています退職後、気の緩みなのか開放感からなのか、SNSで知り合った少女を買春していたようです(現職の校長時代はやっていない、と本人は主張) とんでもない小学校のエロ校長が逮捕され、教育界に激震が走っている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性をボンネットに乗せ暴走 住職逮捕

あおり運転、危険運転に加え、コンビニエンスストアに高齢者の運転する車が突っ込む事故が頻繁に報道されています車は走る凶器であり、人にぶつかれば簡単に命を奪ってしまう機械なのですが、毎日運転している人はそうした感覚を失ってしまうのでしょうか?茨城県笠間市で寺の住職(78歳)が自分の車のボンネットの上に若い女性を乗せたまま走行し、さらには振り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下関無差別殺人での死刑判決に疑問 青沼陽一郎

何かと話題を提供してくれる週刊文春ですが、中には理解に苦しむ内容の記事も少なくありません文春オンラインに掲載されている青沼陽一郎の『「私が見た21の死刑判決」より』を、今回取り上げます。これは文春新書から出ている同名書の抜粋のようです死刑判決の下された事件を、ジャーナリストで作家である青沼陽一郎なりの視点で描いたものですが、よくあるジャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南カリフォルニア大 性犯罪を繰り返した校医

南カリフォルニア大学の婦人科校医が、学生らに性犯罪を繰り返していた事件を先日取り上げました。事件の経緯を確認していませんでしたので、過去の記事を引っ張り出して貼っておきます被害者からの申し出があったにもかかわらず、大学側は何の対応もせず放置し、挙げ句にジョージ・ティンダル医師が密かに退職することを容認していた、とあります。つまり大学側は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡の中学教頭 山本英仁の鬼畜な犯行

静岡県の中学教頭が少女2人を監禁しわいせつ行為をした事件で、静岡地方裁判所沼津支部は懲役12年の判決を言い渡していますこれで事件は一段落と言いたいところですが、現実には何も解決などしていないのでしょう。元教頭山本英仁被告と被害者との間には示談も成立していないようで、これから示談交渉が始まるのかどうか。山本被告側が示談に応じないのであれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡辺直美をブタに 組織委員会が文春にブチ切れ

東京五輪・パラリンピックの開会式や閉会式の演出を巡る不明朗な決定を暴露する記事を掲載した週刊文春に、組織委員会がブチ切れ、「雑誌を回収しろ」とか「文春オンラインの記事を削除しろ」と要求しているのだとか佐々木宏によるバカな演出の問題もそうですが、組織委員会として何も明らかにせず、すべては「機密事項」であるからと闇に葬る態度は大いに問題でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南カリフォルニア大学校医 性暴行で1100億円の賠償

アメリカの女子体操ナショナルチーム付きのドクターが、長年に渡って女子選手へのわいせつ行為や性的暴行を繰り返してきたとして逮捕、起訴される事件があったのは記憶に新しいところです。今度は南カリフォルニア大学の校医による性的暴行が明らかとなり、大学が校医の犯行を知りながら放置していたとして、被害者およそ700人に対し1100億円の慰謝料を支払…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪女児誘拐事件を考える 保護ではなく監禁

SNS上で家出をしたいとほのめかす少女を、「ウチに来れば」などと言葉巧みに誘い出し、泊めるという事件が頻繁におきます。当事者は「犯罪ではなく」とか、「誘拐ではない」などと主張するわけですが、女子中学生や小学生を連れ去ったら罪です大阪の女子小学生を栃木県内の自宅に監禁した容疑で逮捕された伊藤仁士被告は、「命を救うためにやった」と主張してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒステリックブルーのナオキ 初公判でわいせつ否認

深夜帰宅する女性が見知らぬ男からいきなり体を触られたら、どれほどの恐怖を味わうか? 元ヒステリックブルーのギタリスト二階堂直樹被告がやった犯行がまさにそれです 被害者女性にしてみれば咄嗟に犯されるかもしれないと感じ、必死に抵抗して逃げ出すでしょう つまり犯人の思惑がどうであれ、被害者にしてみれば強姦未遂と同じなのです 女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー道渕諒平 韓国から出ていけ騒動

サッカーに関心のない方は道渕諒平と聞いても、誰か分からないと思います。自分も道渕諒平が所属チームであるベガルタ仙台から解雇された、との報道で初めて名前を知りました道渕諒平は2017年、ヴァンフォーレ甲府に所属していた時にも交際相手の女性への暴力で送検されたと聞きます(示談により不起訴処分)それが再び交際相手(別の女性タレント)への暴力で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡辺直美をブタに 五輪開会式演出を乗っ取る者とは?

何度か言及している東京五輪、パラリンピックの開会式・閉会式を巡る演出家の問題です有識者とか有名人、タレントなどが、1年前の演出家チーム内でやりとりされたLIMEの内容をいまさら暴露するのは気色悪い、などと発言していました。が、問題の本質はそんなところにあるのではなく、野村萬斎、椎名林檎、MIKIKOといった演出家チームの当初メンバーが明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7人の女児にわいせつ 千葉市が550万円支払い

教え子だった7人の女児にわいせつな行為をしたなどとして、強制性交や強制わいせつなどの罪に問われた元千葉市立小学校教諭八木航(36)については、すでに懲役14年の実刑が確定していますその被害児童の1人と保護者が千葉市教育委員会を相手に990万円の損害賠償を請求する訴えを起こしていました3月22日、千葉地裁で判決があり、千葉市に550万円の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカーで韓国惨敗 「横浜惨事」と書く韓国メディア

10年振りとされるサッカーのフル代表による日韓戦が横浜の日産スタジアムで行われ、3-0で日本代表が勝利しています懸念していたとおり、韓国選手のラフプレー(顔面への肘打ち)で冨安健洋選手が前歯を折られて出血する事態になりました。レッドカードで退場を命じられても当然、という悪質な反則です。が、審判はなぜかスルーしており、どこを見ているのかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜ホームレス殺人 懲役5年と4年の判決

岐阜地裁は2人の元少年被告に対し、「動機・経緯は理不尽で厳しい非難に値する」として、渡辺さんに致命傷を与えた元少年に懲役5年、もう1人には懲役4年の実刑判決を言い渡しています。求刑はそれぞれ懲役8年と6年でした「動機・経緯は理不尽で厳しい非難に値する」と言うなら、割引せず求刑通りの量刑を言い渡してもよかったのでは?どこにそれぞれ3年とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘンリー王子夫妻 「挙式前に結婚していた」発言騒動

何かと世間を騒がせているヘンリー王子夫妻です。最近では英王室内での差別を訴え、「生まれてくるこどもの肌の色」について尋ねられたと暴露し、メーガン妃が多大な支持と同情を獲得したように映りました。イギリスの王室とそれを支持する国民が人種差別意識に凝り固まっているかのように印象づけたのですからメーガン妃はメディア戦略に長けており、イギリス王室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡辺直美をブタに 東京五輪演出家佐々木宏とは?

テレビの情報番組にコメンテーターとして出演している若新雄純慶応大学特任教授が、五輪演出チームリーダー佐々木宏の辞任問題について、「1年前のことで謝罪しているのに、なぜ今、辞任しなければいけないのか?」と疑問を提示していますこの問題については先日も触れたところですが、何気に佐々木宏を擁護する人たちの勘違いぶりが気になるので、再び言及します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉ベトナム女児殺害を考える 控訴審も無期懲役判決

控訴審でも渋谷恭正被告は、「一審千葉地裁の判決は事実誤認がある。DNA鑑定のために使用した煙草の吸殻はマンションのごみ置き場から警察官が令状もなしに無断で持ち去ったものであり、違法な捜査にあたるので証拠能力はない」と主張していました東京高裁はこの渋谷被告側の控訴理由を退け、無期懲役とした千葉地裁判決を支持する決定を言い渡しています検察は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more