テーマ:恋愛

眞子さま結婚 PTSDという診断

何ともすっきりしない展開が続き秋篠宮眞子内親王の結婚問題ですが、今月26日に入籍すると公表されています併せて、入籍時に2人して会見されるとも公表されています宮内庁の会見では入籍の話だけでなく、眞子さまが複雑制PTSDの症状を抱えているとも発表されています。小室家の金銭問題を巡る一連の報道、そして結婚を問題視する報道に心を傷められた結果な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小室圭 記者会見拒否か?

自民党総裁選挙などでばたばたしていますが、秋篠宮真子内親王の結婚は秒読み段階のようです。小室圭氏のニューヨークから帰国し、入籍のための手続きも行われるのでしょう結婚式は行わず、入籍だけして2人してアメリカへ移るものと思われます。入籍後、会見を開くと言われていたものの、ここに来て小室氏は会見に出席せず、真子様だけが会見するような話になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眞子さま結婚問題 年内結婚へ

各メディアが一斉に眞子内親王と小室圭氏が年内に結婚する、と報じています「関係者への取材で分かった」という書き方が多く、具体的に誰が情報ソースなのかは不明です。ただ、決定事項であるというなら、誰がソースでも同じでしょうさまざまな問題が噴出した結婚問題ですが、何一つ解決しないまま結婚に踏み切るという見切り発車です。結婚後はニューヨークで暮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眞子さま結婚問題 小室殿下を国民は受け入れるか

いわゆる小室文書の公表以来、すっかり評判を落としてしまった小室圭ですが、ニューヨーク州司法試験(7月)が済んだ後、日本に帰国する予定が週刊誌に取り沙汰されています以前にも書いたのですが、小室圭の代理人である弁護士は「(小室文書への)批判も想定内で、和解金支払いは予め計画していた選択肢」であると、すべては戦術の内であるかのような発言をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コブクロ不倫騒動 文春出版差止訴訟も棄却

人気デュオと表現される男性2人組のコブクロのいつも黒サングラスをかけている方、黒田俊介が不倫をしていたと週刊誌で報じられたのですが、弁護士を通じて東京地裁に「週刊文春の出版を差し止めるよう」訴訟を起こしたものの、棄却されたのだとかよほど週刊文春の記事が気に触ったのでしょうか?それにしても週刊誌の出版を差し止めるよう訴え出たところで、裁判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眞子さま結婚問題 小室圭の憂鬱

皇室と縁続きになる結婚をしようとするなら、世間一般から後ろ指をさされないよう好人物を演じる…くらいの配慮はあって当然ではないかと思います。が、小室母子にはそんな配慮は微塵もなく、むしろ顰蹙を買う行動が目立ちます。なぜヒール(プロレスの悪役)を演じているのか、自分にはさっぱり理解できません以前は、「小室母の価値観や人生観が歪んでおり、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小室圭釈明文から見る小室家の流儀

流儀というのは大げさかもしれませんが、一連の問題に対する小室母子の振る舞いを見れば、それが世間一般のものとは随分とかけ離れたものであるのは明らかでしょう28ページもの釈明文からは「借金問題は存在しない。自分たちの対応は間違っていない。元婚約者とメディアが誤解を撒き散らしたのだ」との主張がにじみ出ています。釈明文公表からおびただしい数のメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小室圭に母親の元婚約者が反論 

小室圭が公表した28ページの釈明文にしても、「和解金を支払う方向で解決する」との方針転換も、小室母の元婚約者である男性には事前に伝えてはおらず、見切り発車の状態である。最大の当事者をないがしろにするこうしたやり方が、反発を招くのは当然でしょう元婚約者であるA氏が反論のコメントを発表していますので、取り上げます 独占告白!「小室圭文書」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小室圭の方針転換 宮内庁のお膳立てか

繰り返し秋篠宮眞子内親王と小室圭の御婚姻についての話題を取り上げます28ページの釈明文を公開し、名誉を守るため金は払わないと言明した小室圭ですが、一転して解決金を払う方向で検討していると報じられましたあの釈明文については宮内庁の西村長官が「国民に対して形を示すよう」要請した結果だと、明かされています。ならば、公開前に釈明文を西村長官は確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小室圭 解決金で解決できるのか?

ブレまくって何をしたいのか、とんと理解できない眞子内親王の御婚姻相手となる小室圭。28ページにもなる釈明文を公開したら非難轟々で、かえって国民を敵に回した感すらします慌てて解決金を支払って…と言い出した感がするのですが、小室圭にすればこれも戦略の内、なのでしょうか彼の周りにいる弁護士もボンクラばかりで、有益な助言もできない風に映ります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小室圭 解決金支払うと方針転換

眞子内親王との結婚に向け釈明文を公表した小室圭ですが、その中で母親の婚約者から受け取った金銭は贈与であって借金ではないと力説し、だから返す必要はないと強弁していましたところが一転、今日になって「解決金を支払う方向でトラブルを解決する意向だ」と小室圭の代理人である弁護士が述べています公表した28ページにも及び釈明文があまりに評判が悪いため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える3

満を持して釈明の文書を公表した小室圭ですが、メディアや世間一般の反応は理解示すどころか、むしろ批判的な空気です当ブログでも先に釈明文への疑問を提起したところです。時計の針は戻せないのであり、「何をいまさら」と言われるのは仕方がありませんだからといって、再度、釈明文を出すわけにもいきません。小室圭という人物の本質が日本国民に知れ渡った(自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える2

さまざまなメディアが有識者やジャーナリストの口を借りて、小室圭の公表した釈明文について語らせています自分の感じたところは前回述べたように、「大丈夫か、この人は?」というものであり、宮内庁の西村泰彦長官のように「非常に丁寧に説明されている」と評価する気にはなれませんし、小室母親の金銭問題や対応の経緯を「理解できた」と言う気にもなれませんそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える

秋篠宮家の眞子内親王と結婚が予定される小室圭が釈明のための文書を発表しています。28ページにもなり、「卒業論文かよ」と突っ込みが入るほどの長文ですこれを宮内庁長官が手放しで絶賛した、という報道も出ていますが、この時期に長い文章を出して釈明というのは遅すぎる感があり、いまさら何をと思ってしまいます。せめて2年くらい前に出すべきだったのでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘンリー王子夫妻 「挙式前に結婚していた」発言騒動

何かと世間を騒がせているヘンリー王子夫妻です。最近では英王室内での差別を訴え、「生まれてくるこどもの肌の色」について尋ねられたと暴露し、メーガン妃が多大な支持と同情を獲得したように映りました。イギリスの王室とそれを支持する国民が人種差別意識に凝り固まっているかのように印象づけたのですからメーガン妃はメディア戦略に長けており、イギリス王室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 8500万円の賠償判決

元福井大大学院特命准教授の前園泰徳受刑者が教え子である大学院生との不倫関係を精算するため、首を絞めて殺害した事件は、死亡した菅原みわさんが「殺してくれ」と依頼したことにより嘱託殺人である、とする判決が確定しています刑事事件としてそれで決着したわけですが、菅原さんの遺族はこの判決に不服があったのでしょう。民事訴訟を起こして前園受刑者に1億…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

50歳家庭教師 生徒の下着をネットに載せ逮捕

一時期、家庭教師ブームというのがありました。「家庭教師のト○イ」がテレビでバンバンCMを流し、こどもの習熟度に応じて丁寧に指導するとのイメージを流布させた影響です父母の側にも家庭教師信仰めいたものがあり、学習塾へ通わせるより家庭教師の方が成績アップにつながると思い込んでいる父母が多かったように感じますしかし、街の学習塾が一斉に「個別指導…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杏 東出昌大と離婚

不倫発覚から別居状態になっていた女優の杏と東出昌大ですが、ついに離婚に至ったと報じられています東出昌大は映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の公開があったため、メディアへの露出が増えました。が、本格的に芸能活動再開とはいかないのでしょう。CM降板の違約金支払いやら離婚の慰謝料など、解決しなければならない問題が山積しています他方で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚生労働副大臣橋本岳の不倫

コロナウィルス感染の報道に毎日接しています。その中で、厚生労働大臣加藤勝信の存在感の希薄さは突出しています。コロナウィルス対策を主管するのが西村経済再生担当大臣だとしても、厚生労働省が無関係でいられるはずはありません自民党の大物政治家加藤六月の娘婿という存在で、東大卒の大蔵省官僚出身という割には無能ではないのか、と思ってしまいますさて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンジャッシュ渡部不倫 自己愛パーソナリティ障害

文春オンラインにアンジャッシュ渡部建の不倫について、追加報告とも呼べる記事がいくつか掲載されていますその1つ、精神科医片田珠美により渡部建を自己愛性パーソナリティ障害と見立てる記事を取り上げます。記事の冒頭にも書かれているように、直接渡部建を診断したわけではありませんから、あくまでも仮定としての話です加えて、文春の記者に渡部建が直接遭っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンジャッシュ渡部不倫 メディアから袋叩き

複数の女性との不倫を報じられたアンジャッシュの渡部建ですが、現状はまさに袋叩き状態です。とても擁護できる行動ではないので、叩かれるのは当然であるものの、これまで渡部を「グルメ王」とか「さわやけイケメン」と持ち上げてきたのもメディアです。その掌返しにはおどろき、うんざりさせられます 渡部建が離婚を避けられたとしても、地上波では復帰で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンジャッシュ渡部不倫 文春砲

タレント佐々木希の夫であるアンジャッシュの渡部建が複数の女性と不倫関係をもっていた、と週刊文春に書かれ注目されています週刊文春発売を前に渡部建は出演番組すべてからの降板を表明し、自主的に謹慎するようです準備がよいのか、対応の速さを褒めるべきなのかは分かりませんが、早々に謝罪文も公表されています不倫報道を否定しながらもバッシングされ、挙げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東出昌大と唐田えりかの不倫騒動

芸能人の不倫騒動など世間一般の人とは離れた世界の出来事です。が、芸能メディアにとっては稼げるネタなのでしょう。執拗に報道します俳優東出昌大が妻の杏と別居状態にあり、その原因が映画で共演した若手女優唐田えりかとの不倫だ、と報じられています 「週刊文春デジタル」では、1月上旬から東出が都内の一軒家を出て、単身マンションで暮らしていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘンリー王子夫妻は王室離脱で年収100億円?

下衆の勘繰りだと承知の上で、王室メンバーから退く決意を表明したヘンリー王子夫妻の損得勘定を考えてみましょう突然の王室離脱宣言と報じられていますが、ヘンリー王子とメーガン妃は前から計画を練っていたのであり、経営コンサルタントなども交えて王室から離脱後の収入見通しなど、詳細なデータを検討していたのでしょう女性セブンの記事から引用します …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東進ハイスクール講師が愛人を脅迫 「こどもを下ろせ」

大手予備校東進ハイスクールの講師(現代国語、古文担当)板野博行が、元教え子である愛人に「妊娠したこどもを下ろせ」と強要し、逮捕されたと報道されています愛人は30歳代とされますが、女子高校生か浪人生だったときに手を付け、今まで愛人として囲ってきたのでしょう週刊誌が飛びつきそうな事件です 元教え子に中絶迫り脅迫、東進ハイスクール講師を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘンリー王子夫妻、英王室と決別宣言で大騒動

昨年、イギリスはEUからの離脱を巡って大騒ぎになっていました。しかし、年が明けてからのヘンリー王子とメーガン妃の「英王室のシニアメンバーとしての地位から退き、財政的に独立する」宣言はそれ以上の大騒ぎになりそうです具体的には王室の1員としての活動を離れ、北米で生活するとの内容であり、王位継承権も返上するつもりなのかもしれません背景にはメー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小泉進次郎の不倫相手は?

滝川クリステルと結婚したばかりの小泉進次郎環境大臣ですが、結婚前に人妻と不倫関係にあったと週刊文春に書かれ、メディアから質問攻めを受ける次第になっています小泉大臣は個人的なこととして口を閉ざし、質問を無視し続けています。が、それゆえかえって余計な憶測を招いていると言えます安倍内閣もここにきて醜聞続きであり、そろそろ幕引き時でしょう以下、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眞子様結婚問題 小室母「天皇陛下に会わせろ」要求

先月22日、唐突に小室圭が「(母の借金問題は)解決済み」だとする文書を代理人の弁護士を介して発表したのですが、事態は解決するどころかますます混迷の度合いを深めていると各メディアが報じていますまず、この「解決済み」だとする文書は母親の元婚約者に事前に根回しもないまま、一方的に発表されたものであり、何とも傲慢な印象を与えますしかも、「解決済…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眞子様結婚問題 小室「解決済み」発言で波乱

ご婚約内定後に小室圭の母親の借金問題が表沙汰になり、「納采の儀」が宙に浮いたままになっていますこの借金問題について解決を強く迫った秋篠宮殿下の要請を放置し、アメリカの大学へ留学してしまった小室圭に対し世間では批判が起こり、殿下も強い不信感を抱いたと推測されますようやくにして小室圭は代理人の弁護士を通じ、「(いわゆる借金問題は)解決済みで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋本元市議に有罪判決 今井絵理子はどうする

政務調査費を私的に流用した疑いで起訴され、裁判が続いていた元神戸市議会議員橋本健被告に対し、懲役1年6月、執行猶予4年の有罪判決が言い渡されていますこの判決はとても重い意味があり、政務調査費を騙し取って流用する行為は詐欺罪であると認定されたもので、返還したから無罪放免にはならないと示すものです全国各地の地方議会でも、政務調査費を目的外に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more