テーマ:テレビドラマ

「笑っていいとも!」打ち切りの事情

メンズサイゾーがお昼のバラエティー「笑っていいとも!」が打ち切りになるとの噂について記事を書いています 『笑っていいとも!』打ち切り説再燃で後釜は「さんま」か「中居」かhttp://www.menscyzo.com/2011/02/post_2311.html お昼休みの時間にくだけた笑いを提供する人気バラエティーとして、1982年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北川景子ドラマ 低視聴率街道まっしぐら

北川景子主演のテレビドラマ「LADY~最後の犯罪プロファイル~」が視聴率低下に 苦しんでいる、とメンズサイゾーが記事にしています エリカ様よりも低視聴率!? 北川景子、失恋と視聴率低迷で踏んだり蹴ったり http://www.menscyzo.com/2011/02/post_2248.html 初回は13.8%の視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北川景子主演「LADY~最後の犯罪プロファイル~」の違和感

北川景子主演のサスペンスドラマ「LADY~最後の犯罪プロファイル~」は、辛 い評価が多いようです。ブログや個人サイトを見て回りましたが、「アメリカの心 理捜査ドラマ(「クリミナル・マインド」)の劣化コピー」だと指摘する声や、「あり がちな設定のため先が読めてしまう」と批判する意見が見られます 同じ時期に松下奈緒主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴻上尚史「文化の地位を低く見るなかれ」への疑問

NHKの大河ドラマ「龍馬伝」のクライマックスで、「龍馬が暗殺者の気配に気づ いた瞬間、龍馬の顔のアップに〈愛媛県知事選、新人の中村時広氏当選確実 〉のテロップが二十六秒でた」問題について、鴻上尚史が「文化軽視の現れだ」 と週刊SPA!書いています 【ドンキホーテのピアス】鴻上尚史 文化の地位を低く見るなかれ h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北川景子演じるプロファイラー「LADY ~最後の犯罪プロファイル」

TBSのテレビドラマ「LADY ~最後の犯罪プロファイル~」の第1回放送は視 聴率が13.8%だったと報じられています LADY :初回視聴率13.8% 北川景子が新人プロファイラー役で新境地開拓 http://mantan-web.jp/2011/01/11/20110111dog00m200007000c.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「大奥」 いびり役老女は取締役待遇だった

「大奥」は安達祐実が皇女和宮を演じ人気を博したドラマです。子役としては「天才」と呼 ばれた安達祐実も、その小柄な体格が災いして大人の女性の役ではさっぱりだったの ですが、時代劇で新境地を拓いたと言える作品でした 大奥を舞台にしたドラマや映画はこれまでに何本も作られています。手堅く視聴率を獲 得できる題材として重宝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリウッドスターの稼ぎ トップ10

他人の収入をとやかく言っても始まらないのですが、話題として取り上げます 2010年最も稼いだ映画俳優のトップ10 http://movies.jp.msn.com/features/special/movie2010/?page=6 1位 ジョニー・デップ 約64億円 2位 サンドラ・ブロック 約48億円 3位 ベン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「21世紀の裕次郎?」 いまさら連ドラ初主演

石原プロモーションが「21世紀の石原裕次郎」を発掘すると大々的なキャンペーンを実 施し、選ばれたのが徳重聡でした 連ドラで初主演を務める、との記事が目についたので取り上げます 徳重聡、連ドラ初主演はトンデモ精神科医 http://www.sanspo.com/geino/news/101210/gnj10121005…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK「龍馬伝」平均視聴率18.7%でも不評

福山雅治が坂本龍馬を演じたNHKの大河ドラマが最終回を迎えました 最恋視聴率は龍馬暗殺直後の、愛媛県知事選挙当確のテロップが画面に映し出された 時で25.7%でした 龍馬伝 :最終回視聴率は平均21.3%、最高は暗殺直後の25.7% http://mantan-web.jp/2010/11/29/20101129do…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北川景子 プロファイラー役でドラマ主演

最近テレビドラマへの出演が増えた女優北川景子が、来年1』月スタートのTBS系ドラマ にプロファイラー役で主演すると報じられています http://beauty.oricon.co.jp/news/81776/ 「LADY~最後のプロファイリング~(仮題)」 と記事では紹介されていますが、放送時に は別のタイトルになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報池部良 ドラマ「快刀乱麻」の話

俳優の池部良が亡くなったと報じられています http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/101011/tnr1010111545012-n1.htm 往年の青春スター(その当時の人気、活躍のほどを自分は知らないのですが)で、その後 も映画やドラマで活躍した俳優で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

押尾学事件 矢田亜希子の女優業は順調

押尾学の裁判が続いていますが、ZAKZAKが元妻である矢田亜希子について記事を 掲載しています http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20100908/enn1009081558010-n2.htm 矢田亜希子はテレビドラマで女優業復帰を果たし、いまのところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名優根津甚八 うつ病のため引退

芸能人の引退・休業報道が最近やたら多いように感じます 俳優の根津甚八がうつ病のため、芸能活動から引退するとリアルライブが記事にして います。病状が重いのか、回復の兆しが見えないためのでしょうか? http://npn.co.jp/article/detail/43703743/ Wikipediaで調べると、その芸歴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

織田裕二主演で「アマルフィ 女神の報酬」ドラマ化

織田裕二の映画「アマルフィ 女神の報酬」はフジテレビ開局50周年記念作品として作ら れたものですが、あまり評判が良くないとブログで書きました ところが織田演じる外交官黒田康作で「アマルフィ」の続編をテレビドラマ化するとの話が 報道されています http://www.sponichi.co.jp/entertainme…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インチキ韓流ブーム 韓国の呆れた剣術

朝日新聞が「韓流ブームが再び注目を集めている」との記事を掲載し、当ブログも突っ込 みを入れたところですが、その記事の一節「韓国時代劇にハマった比較的年齢の高い男 性たち」というフレーズを今回取り上げます http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY201008160099.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「韓流ブーム再び」と書く朝日新聞

朝日新聞が「テレビ界に、再び韓流ブームがおきている。今度はオバサマたちだけに あらず。若い世代が夢中になっているのが特徴だ」と書いています http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY201008160099.html 突っ込んだら負けなのかな、と思いつつも反論を書きます 「韓国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視聴率は崖っぷち ドラマ「崖っぷちのエリー」

日刊ゲンダイがこの夏のドラマ「崖っぷちのエリー」の低視聴率ぶりについて記事を書い ています 山田優の主演で、漫画家西原理恵子の自伝的エッセーを原作にしたドラマとして注目さ れたものの、初回放送分の視聴率が8.1%で、その後は5%台にまで下落してしまった と記事には書かれています http://gendai.ne…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香取慎吾で「こち亀」映画化

香取慎吾主演で人気マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の映画化が決定した、と報道されています http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/news/f-et-tp1-20100809-663779.html 香取は「お待たせ~! まじかよ? 本当に映画化?視聴率なんてぶっ飛ばせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年NHK大河ドラマは「平清盛」

NHKの大河ドラマ「龍馬伝」が佳境ですが、早くも2012年の大河ドラマが「平清盛」に決 まったと報じられています http://contents.oricon.co.jp/news/movie/78768/full/?from_todaysnews 脚本を担当するのが朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」を書いた藤本有紀です …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「龍馬伝」いよいよ佳境へ

NHK大河ドラマ「龍馬伝」をご覧になっているでしょうか?物語はいよいよ薩長同盟締結という最大の見せ場へさしかかっています演出のせいでもあるのですが、登場人物がみな誰もはじけすぎている気がするものの、ドラマとしては面白くて毎週楽しみにしています坂本龍馬のイメージは司馬遼太郎の小説「竜馬がゆく」で確立された感があり、史実とは大きく異なってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ガリレオ」猛烈パクリで高視聴率獲得

香港のテレビ局が放送したドラマ「談情説案」が、日本のドラマ「ガリレオ」のパクリだと話 題になりましたが、高視聴率を稼いだ香港のテレビ局は祝賀のパーティを開催したそうで す。パクリを恥じる気もなければ、それを反省する気も毛頭ないようです http://www.recordchina.co.jp/group.php?group…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒木瞳のドラマ「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」が好調

一部のメディアからは批判されている黒木瞳のドラマ同窓会~ラブ・アゲイン症候群」の 視聴率が14%と好調なのだ、と現代ネットが記事にしています http://gendai.net/articles/view/geino/124273 「勝てば官軍」の世界ですから、視聴率の稼げないドラマは酷評されますし、逆にドラマ の質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の若者の間で韓国ドラマが人気だと報じる韓国メディア

ドラマ「アイリス」が7%台の視聴率で、ゴールデンタイムのドラマとしてはコケた状態な のですが、韓国メディアは日本の若者に人気だと自画自賛しています 日本で放送中のドラマ「アイリス」、若年層を中心に韓流再点火 ソース:中央日報(韓国語) http://news.joins.com/article/453/41734…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「アイリス」の低視聴率は吹き替えが悪いから?

韓国関連のエンターティメント情報を発信しているWow!Koreaが、ドラマ「アイリス」 の不振について記事にしています http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100514-00000008-wow-ent 韓国で高い視聴率を誇ったキラーコンテンツだけに、日本で視聴率が稼げない現状に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「ホタルノヒカリ」 干物の押し売り

綾瀬はるか主演で2007年に放送されたドラマ「ホタルノヒカリ」の続編が決まった、と 報じられています http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100510-00000061-sph-ent 恋愛をするより家でゴロゴロ寝ていたいという若い女性を、「干物女」と風刺したドラマ でしたが、当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賞味期限切れドラマ 「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」

ドラマの話が続きます 40代半ばにさしかかった主婦(黒木瞳)が中学時代の仲間と同窓会で出会い、心が揺 れるというストーリーです しかし、評価はなかなか厳しいようです http://npn.co.jp/article/detail/96676831/ ドラマとは関係ありませんが、「小説の書き方教室」のようなカルチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国ドラマ「IRIS」 辛口評

TBSが放送している韓国ドラマ「IRIS」について、J-CASTニュースが辛口の批評を掲 載しています http://www.j-cast.com/tv/2010/05/06065864.html 視聴率の低下は事実そのままですが、ドラマの設定であるスパイアクションを否定するよ うな指摘は困ったものです 若い女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国ドラマ「アイリス」 初回10.1%の視聴率でコケる

ドラマの低視聴率にあえぐTBSがゴールデンタイムに放送を開始した韓国ドラマ「アイリ ス」ですが、初回の視聴率は10.1%でした 韓国側ではこれを「上々の結果」と受け止めているようです http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0423&f=entertainment_042…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脚本家北川悦吏子のツイッタードラマ 大コケ

脚本家北川悦吏子といえば、泣く子も黙るヒットメーカーとして有名なドラマの書き手です。「ロングバケーション」や「ビューティフルライフ」など、高い視聴率を記録したドラマの脚本を手がけてきましたその北川の新作ドラマ「素直になれなくて」は、インターネットのコミュニケーションツールであるツイッターで知り合った男女を描いたものでしたいかにも流行り物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャニーズドラマ批判を展開する「サイゾー・ウーマン」

以前からインターネット・メディアの「サイゾー」はジャニーズ批判で突出していたのですが、 最近はその勢いが加速しているように見えます 「サイゾー・ウーマン」には、「『ヤマトナデシコ七変化』に見る、ジャニーズドラマの限界」と いう記事を配信しています http://www.cyzowoman.com/2010/03/po…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more