テーマ:村上春樹

中国は村上春樹をどう読んだのか

馮英華の論文「中国における村上春樹文学の受容」を紹介します。中国では村上春樹の作品のほとんどが翻訳・出版されており、広く読者を獲得するだけでなく、研究も盛んだと馮英華は書いていますどのような読み方をするのも自由だと言いたいところですが、思想や言論を厳しく統制する中国にあっては、作品を自由に解釈するなどあり得ない話なのでしょう。それがこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹「蛍・納屋を焼く」を韓国で映画化 その感想

村上春樹の短編小説「蛍・納屋を焼く」を韓国のイ・チャンドン監督が映画化する、との報道を目にしたのはいつだったのか自分の好きな小説である「蛍・納屋を焼く」は、誰がメガフォンを取ろうと実写映画で表現しきれるものではない、と思いましたので作品が公開されたとしても見るつもりはありませんでしたが、たまたま映画の批評を読んでしまったので、有料動画配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国は村上春樹をどのように読んだのか

ノーベル文学賞候補と言われるようになって久しい村上春樹ですから、文芸雑誌を手掛ける出版社は「受賞記念号」に向け、評論家などによる予定原稿を集め準備を終えているのでしょういつまでも受賞できないため、予定原稿が古びてしまい、世相との間にギャップが広がっている可能性も懸念されます。令和の時代にはまた、新たな評価もあるわけで…さて、今回は韓国で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爆笑問題太田による村上春樹批判の迷走

爆笑問題太田光がことあるたび作家村上春樹を批判しているのですが、その中身のなさにはほどほど呆れます一部のメディアにとっては面白おかしく伝えられるネタなのでしょうが、わざわざ取り上げるほど価値があるものだとは思えませんしかし、先日放送されたNHKの「クローズアップ現代」に太田光が登場し、毎度のごとく村上春樹批判を開陳したと報じられています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爆笑問題が村上春樹の新作を批判

村上春樹の新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が売れており、社会現象化しようとする中で、爆笑問題が批判をかましていると報道されていますラジオ番組の中での発言であり、きちんと文章化された評論ではありません爆笑問題のいつものパターン、難癖をかまして話題にしようという程度のものであり、これを真正面から取り上げるのはどうか、と思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム

村上春樹の小説「ノルウェイの森」は2000年からアメリカで翻訳出版されているそうですが、ハイスクールの課題図書に指定されたところ、「性描写に問題がある」と保護者からクレームが出たと報道されています 読んではいけない「ノルウェイの森」 米高校で「性的描写」批判http://www.j-cast.com/2011/09/18107159.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル文学賞候補 村上春樹は選ばれるか

秋の風物詩、ノーベル賞の季節がやってきました前回は山中京都大学教授ら、科学系の候補者について書きましたので、今度は文学賞の話題です文学賞の有力候補者とされる人物の名前が挙がっています http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100930/acd1009301001003-n1.htm 詩人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ノルウェイの森」 ヴェネチア映画祭でプレミア上映

先日、映画「ノルウェイの森」の予告編公開でブログを書いたばかりなのですが、もうヴェネチア映画祭でのワールドプレミア上映のニュースが入ってきました http://www.cinematoday.jp/page/N0026656 話題性も十分で前評判も高かったようです。上映後の観客の反応がどうであったのか、もう少し記事で触れて欲しかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?

第143回芥川賞・直木賞贈呈式が行われたとのニュースがありましたhttp://sankei.jp.msn.com/culture/books/100829/bks1008290753000-n1.htmこの記事を読んだついでと言っては失礼なのでしょうが、長年気になっていた「村上春樹が芥川賞を取れなかったのはなぜか?」について書いておこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹原作「神の子どもたちはみな踊る」映画化

シネマカフェ・ネットの記事によれば、村上春樹の小説「神の子どもたちはみな踊る」が映画化され、10月30日から日本で公開されるとの話です http://www.cinemacafe.net/news/cgi/release/2010/08/8956/index.html 「女優のナスターシャ・キンスキーの娘のソニア・キンスキーが映画デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ノルウェイの森」 予告編

村上春樹の小説「ノルウェイの森」がトラン・アン・ユン監督(「青いパパイヤの香り」)によって映画化される件については、既に書きました映画の公式サイトに「特報1」として予告編がアップされています http://www.norway-mori.com/ あまりに短すぎてこの予告編からは何も言えませんただ、直子の役が菊池凛子というのはちょっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2

日本在住の中国人文学者毛丹青による村上春樹批評を取り上げる2回目ですますます不可思議な批評へと発展しています http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0618&f=national_0618_029.shtml 2回目の記事の冒頭部分ですが、これがさっぱり分かりませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1

サーチナが掲載する文化評論にはトンチンカンなものが多く、いつもネタとして取り上げています。今回は村上春樹を中国人の文学者が取り上げ批評していますが、突っ込みどころだらけです http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0618&f=national_0618_021.sh…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹「神の子どもたちはみな踊る」

村上春樹の短編集「神の子どもたちはみな踊る」を取り上げます冒頭の「UFOが釧路に降りる」では、地震の報道に見入る妻が登場します夜も昼も、ひたすらテレビに向かい無言のまま地震のニュースを見る姿の描写で思い起こすのが、アメリカで起きた9・11のテロ事件です深夜にNHKの臨時ニュースを見た自分は、貿易センタービルに航空機が突っ込む場面が繰り返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹と東アジア 毎日新聞より

毎日新聞の銀幕閑話:第249回で「村上春樹と東アジア」と題し、アジアで村上春樹作品がどのように受容されているのか検討するシンポジウムが開催され、本にまとめられたことを紹介しています http://mainichi.jp/enta/geinou/asianenta/news/20090626org00m030041000c.html?i…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記事「村上春樹ブームを読む」を読む

産経新聞のウェブサイトに掲載された「村上春樹ブームを読む」について書きます http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/266689/ 記事の中で評論家小谷野敦が村上作品がなぜ人気なのか、語っているのですが以下の発言は大いに気になります 「(1987年の)『ノルウェイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「1973年のピンボール」

村上春樹のこの作品はデビュー作「風の歌を聴け」に続いて書かれたものです。「どちらが好きか?」と訊かれればこの作品を挙げますそれは自分が少なからずピンボールを愛好しているからですいまでは街のゲームセンターでもピンボールマシンは見れらなくなりつつありますが、その昔はどこのゲームセンターにも置かれていました。あるいはデパート屋上の遊戯コーナー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」

新作「1Q84」が話題になっています。もう読まれた方もいて、あちこちのブログに感想が書かれています自分はまだ読んでいませんが、そろそろ書店に行こうかなと思っています今回は村上の小説の中で自分が一番好きな作品、「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を取り上げますこの作品を巡って繰り広げられた討論を掲載しているサイトがありますので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹作品の映画化

村上春樹の「ノルウェイの森」が映画化されるというニュースを知りました http://www.varietyjapan.com/news/movie_dom/2k1u7d00000noqir.html 映画化については賛否両論あるようですが、皆さんはどうでしょうか?自分としては映画化に賛成ですが、観に行くかと訊かれると返答に困ります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹論 2

言いっぱなしは無責任なので検索しました過去に出版された村上春樹論を集めたウェッブサイトがあります 村上春樹に関する研究書http://www.geocities.jp/yoshio_osakabe/Haruki/Kenkyusho-J.html 雑誌に掲載された「春樹論」までリストアップするという力技です以前、「忠臣蔵」がこれまでに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹論

数年前、図書館の一角で村上春樹に関する評論を数冊見つけましたあれから月日もたち、村上春樹を取り上げた評論の数はさらに増えていると思われますどこかにコアな村上春樹マニアがいて、既刊の村上春樹論や作品論を網羅したデータベースを構築してくれているのかもしれませんさて、数ある村上春樹論の中から小森陽一の「村上春樹論 海辺のカフカを精読する」(平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more