3歳児に熱湯を浴びせ殺害 摂津市「適切な対応した」

3歳の男児に熱湯を浴びせて死亡させた松原拓海容疑者の取り調べが続いています。「お湯を体にかける遊びをしていた」などと供述しており、暴行や傷害の意図はなかったと言いたいようです。が、現実問題として男児は上半身を中心に熱湯を浴びせられ死亡しているのであり、遊びというレベルではなかったのは明確です。給湯器は70度の湯を出せる仕様なのだとか
70度なら大人でも熱くて手に触れらない水温です
また、前回の記事で触れたように、「男児が便を漏らしたので風呂場でシャワーをかけ洗おうとした」との供述が事実なら上半身に熱湯をかける必要はないのであり、明らかに折檻・体罰として熱湯を上半身にかけたと推測できます。熱湯を浴びせれば大やけどをし、死亡する可能性があると一般成人ならば予見できるのであり、それでも実行したのなら殺人罪に問う必要があります
松原容疑者がたびたび男児に暴行を加えていたとして摂津市には通報されていたのですが、具体的な対応はしないまま放置していた、と見られます


摂津市で3歳の男の子を殺害したとして、母親の交際相手の男が逮捕された事件。
市は事件前に知人から虐待の通報を受けたあと、男への聞き取りをしていなかったことがわかりました。
摂津市に住む3歳の新村桜利斗ちゃんに熱湯を浴びせ全身やけどで死亡させたとされる母親の交際相手・松原拓海容疑者(23)。
事件の前、摂津市には複数回虐待を疑う通報が寄せられ、6月には母親の知人から「このままだと死んでしまう」と通報がありました。
しかし市は、その後、松原容疑者への確認を一度もしていなかったことが新たにわかりました。
(摂津市次世代育成部・橋本英樹部長)「(Q交際相手に確認しなかったのはなぜ?)引き続き、子どもさん(桜利斗ちゃん)については、保育所等にも日々通われていた。お母さんからの説明を受けておりました」。
摂津市は、母親と連絡が取れていることなどを理由に「緊急性はない」と判断。
松原容疑者が同居していることも把握しておらず、警察への通報はしていませんでした。
(ABCテレビの記事から引用)


「緊急性はない」との判断が誤りであったのは結果が証明しています。摂津市は第三者による検証の場でも設けるのでしょうか?
それも行政のアリバイ作り、弁解に映るだけなのですが
ともかくこどもを保護する、守る、死なせないという覚悟をもって臨まないとダメです。最初から腰が引けているようでは
行政機関が介入しようとすれば、虐待している人物は猛然と反発し、脅しをかけてきます。自分の悪行が露見するのを恐れるからです。松原容疑者も例外ではなく、怒鳴り散らし、摂津市職員に殴りかかろうとするでしょう。ですが、そこで引いてはいけないわけで、殴られるのも仕事のうちと腹をくくり、こどもを保護するのが職務であり職責です。殴ってきた松原容疑者については警察に被害届を出し、暴力行為で刑事告発をしましょう。殴られて怪我をしたなら公務災害を申請する、ところまでが仕事です
厄介事に追われている気分で防戦一方の仕事をするのではなく、もっと攻める気持ちで取り組めないのかな、と思います
さて、本件と同様、こどもを殺害した事件の判決が出ていましたので、紹介しておきます。怒りのまま床に投げ落として死亡させたとして、殺人罪で起訴され、懲役12年の判決が出ています


2歳の長男を床に投げ落として殺害したとして、殺人罪に問われた山口県岩国市、無職倉重貴英被告(37)の裁判員裁判で、広島地裁は22日、懲役12年(求刑・懲役17年)の実刑判決を言い渡した。杉本正則裁判長は「怒りの感情のまま投げ落とした動機は、身勝手で理不尽だ」と述べた。
判決によると、倉重被告は昨年7月3日、当時住んでいた広島市西区のマンションで、長男の結兜(ゆいと)ちゃんを両手で持ち上げ、床に後頭部から投げ落として死亡させた。
判決は、倉重被告が、脳性まひなどと診断されていた身長約78センチの結兜ちゃんを約110センチの高さから投げ落としたことについて、「危険性が非常に高い行為」と指摘。倉重被告が以前から結兜ちゃんに暴行し、親族らから何度も注意を受けていたことにも触れ、杉本裁判長は「一層厳しい非難に値する」と述べた。
(読売新聞の記事から引用)

(関連記事)
3歳時に熱湯を浴びせ殺害 義理の父親逮捕
車内に女児放置 竹内被告に懲役6年判決
車に女児放置 死亡させた母親逮捕
保育園バスで置き去り 男児死亡
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
里子を虐待・死亡させた声優に懲役9年の判決
里親の声優が3歳児を殴り殺害した容疑で逮捕
北海道で山に子どもを置き去り 無事発見も謎だらけ
目黒女児虐待死事件を考える 義父に懲役13年の判決
目黒女児虐待死事件を考える 雄大被告を苦しめた実の両親
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 栗原被告の控訴棄却
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役16年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親

高槻少女殺害事件を考える27 死刑確定の裏事情

2015年8月、夏休みのさなかに家出状態にあった中学生の男女が殺害され、遺棄される事件がありました。最初の遺体発見現場が高槻市内であったため、当ブログでは表題のように「高槻少女殺害事件」と表現していますが、メディアは中学生2人が寝屋川市出身であったため「寝屋川中学生殺人事件」との表現を使っています
容疑者として逮捕、起訴された山田浩二は死刑が確定し、大阪拘置所に収監されています
山田浩二死刑囚は大坂地裁で死刑判決を受けた後、控訴を申し立てたもののそれを取り下げ、再び控訴の申立をするという意味不明な行動をして大阪高裁の裁判官を激怒させたわけですが、その背景について元受刑者仲間が「FRIDAY」で語っていますので取り上げます


死刑確定…寝屋川中1男女殺害犯が語っていた「控訴取り下げ理由」
(前略)
山田との会話では、「刑期をいかに短くできるか」が話題になることが多かったという。山田は’18年12月に1審の大阪地裁で死刑判決を下され即日控訴したが、’19年5月に突如、控訴を取り下げ。その理由については、「刑務官とトラブルになりパニックになったため」と報じられた。だが、宮内さんは本当の理由は別にあったと断言する。
「『犯罪をしても平成から年号が変われば恩赦を受けられる』。徳島刑務所時代、アイツはしょっちゅうこう語っていました。『恩赦を受けるためには刑を確定しておかなければいけない』とも言っていた。死刑判決になっても控訴すれば刑は確定しない。そこでアイツは、’19年5月1日に令和に改元した後に、突然取り下げを行ったんだと思います」
実際、’19年10月に恩赦は行われ、55万人が対象となったが、犯罪被害者に配慮し、懲役刑や禁錮刑となった者は除かれた。そもそも、死刑囚が減刑される政令恩赦が行われたのは、’52年の「サンフランシスコ平和条約」発効時が最後だ。その後、控訴取り下げの無効を求めたかと思えば、再び取り下げするなど不可解な行動は続いたが、結局、今年8月25日に弁護側からの特別抗告が棄却され、山田の死刑が確定した。
「これから再審請求を繰り返し、何とか刑の執行を先延ばしにしようとするはずです。とにかく生への執着が激しい奴ですから」(宮内さん)
控訴取り下げが本当に恩赦狙いだったのだとすれば、あまりにも身勝手な理由だ。自らの罪と向き合い、心から反省の日々を送るのはいつになるのか。


まあ、この記事を読んで正直、呆れました。そんなくだらない理由で、控訴を取り下げていたのかと
受刑者同士の与太話は珍しいものではなく、どこの刑務所でも山田死刑囚のような知ったかぶりをする者がいて、こうした恩赦にまつわる嘘話を事実であるがごとく吹聴していたりします
1952年のサンフランシスコ講和条約発効は戦時統治下にあった日本が独立を認められ、国際社会へ復帰する国家的慶事であったため、大盤振る舞いの恩赦が行われました。死刑囚が無期懲役に減刑され、無期懲役囚でも10年から15年ほどの服役で仮釈放されたのです。以降、沖縄の本土復帰の際にも恩赦が実施されていますが、規模は小さく、死刑囚が恩赦で無期懲役に減刑されたりはしていません
実際、自分も法務省に勤務していた時代、昭和から平成へと移行するにあたって「恩赦がありますよね。自分は恩赦を受けられますか?」と、被収容者から何度も質問された経験があります。天皇陛下が亡くなって代替わりすれば恩赦があり、刑期が短縮されると素朴に信じている者が相当数いたのでしょう
しかし、現在の恩赦は公職選挙法違反(買収や被買収、文書違反、戸別訪問など)で処罰を受け、公民権停止となった者の資格を回復させること(選挙権や選挙に立候補する権利を復活させる)や、道路交通法違反で処罰を受けた者が対象であり、殺人犯や強盗犯は除外されるのであり、ましてや死刑囚が減刑される可能性は皆無です
山田死刑囚はそうした恩赦の扱いの変化を知らず、どこかの本で読んだのか、誰かから吹き込まれたのかサンフランシスコ講和条約時の恩赦の話を信じていたのでしょう
そして山田死刑囚が理解しているかどうかは不明ですが、現在では再審を申し立てている死刑囚でも刑が執行されており、「再審を申し立てれば死刑はない」という話も過去のものです
あと、「FRIDAY」の記事から引用していませんが、山田死刑囚がかつて徳島刑務所服役時代、エロ本を所持しており自慰にふけっていたと書かれた部分があります。刑務所なのにエロ本があるのか、と思われる方がいるのでしょう
刑務所や拘置所でも、公に出版・刊行されている本や雑誌は差し入れ可能(いわゆる裏物はわいせつ図画に該当するので不可)であり、自弁品として購入もできます。なので、エロ本が大量に差し入れられる、というケースも珍しくありません。一度に私物として監房内で所持できる数が限られていますので、手許に置けるのは数冊ですが

(関連記事)
高槻少女殺害事件を考える1 快楽殺人
高槻少女殺害事件を考える2 遺体は寝屋川の中学生
高槻少女殺害事件を考える3 杜撰さと周到さ
高槻少女殺害事件を考える4 容疑者逮捕
高槻少女殺害事件を考える5 山田容疑者の行動
高槻少女殺害事件を考える6 星野くん犯人説?
高槻少女殺害事件を考える7 山田容疑者の素性
高槻少女殺害事件を考える8 性的サディズム
高槻少女殺害事件を考える9 監禁事件7件
高槻少女殺害事件を考える10 再逮捕で殺人容疑立件へ
高槻少女殺害事件を考える11 犯罪自慢
高槻少女殺害事件を考える12 初公判は11月の予定
高槻少女殺害事件を考える13 山田被告が土下座
高槻少女殺害事件を考える14 睡眠導入剤で眠らせ殺害
高槻少女殺害事件を考える15 身勝手な弁解
高槻少女殺害事件を考える16 精神障害なし
高槻少女殺害事件を考える17 被告人質問で嘘連発
高槻少女殺害事件を考える18 死刑求刑
高槻少女殺害事件を考える19 判決は死刑
高槻少女殺害事件を考える20 死刑判決への論評
高槻少女殺害事件を考える21 控訴取り下げ死刑確定
高槻少女殺害事件を考える22 山田被告の手紙・手記
高槻少女殺害事件を考える23 「控訴取下げ無効」で控訴審開始へ
高槻少女殺害事件を考える24 2度めの控訴取り下げ
高槻少女殺害事件を考える25 控訴取り下げの行方
高槻少女殺害事件を考える26 控訴取下げ認定で死刑確定
実在した殺人鬼を描く映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」
島根女子大生遺棄事件を考える7 「羊たちの沈黙」
「切り裂きジャック」研究者が売春婦殺害で逮捕
「切り裂きジャック」殺人 売春婦を殺害する理由
英国切り裂きジャック殺人 グリフィス被告のその後
現代の切り裂きジャック事件に終身刑の判決 英国
「切り裂きジャック」事件 125年目の真相
佐川一政 パリ人肉食事件を考える1
大阪バラバラ殺人 夫が妻子を殺害
一斗缶殺人事件で懲役28年の判決
寝屋川の中学教諭 児童買春で逮捕
寝屋川市の小学校教諭を少女強姦で逮捕

3歳時に熱湯を浴びせ殺害 義理の父親逮捕

殴られたり蹴られたりして幼いこどもが命を落とす、という事件が毎月のように発生しています。死に至らずに済んだ事件も含めれば、その数はもっと多いのでしょう
小さなこどもの命を守るのは児童相談所や保健所の役割だとしても、各家庭の内部まで監視できるはずもなく、通報があってからようやく動き出すのであり、中には通報を受けても対処しないままというケースも少なくありません
大坂の摂津市では3歳のこどもに男が熱湯を浴びせて殺害する事件がありました。事前に男の子を虐待しているのではないか、との通報が児童相談所に寄せられていたのですが、具体的な対応はしないまま放置されていたケースのようです


交際相手の長男(3)に熱湯を浴びせて殺害したとして、大阪府警は22日、同府羽曳野市、無職松原拓海容疑者(23)を殺人容疑で逮捕した。調べに対し、「熱湯を故意に浴びせていません」と容疑を否認しているという。
発表では、松原容疑者は8月31日午後、同府摂津市鳥飼本町のマンション一室で、保育園児新村桜利斗おりとちゃんに熱湯を浴びせ、全身に重度のやけどを負わせて殺害した疑い。
松原容疑者は昨年10月に桜利斗ちゃんの母親(23)と知り合って交際を始め、今年5月から3人で同居していた。事件当時、母親は外出していたという。
府警によると、松原容疑者は8月31日午後4時50分、「3歳男児の意識と呼吸がない」と119番。救急隊が駆けつけると、桜利斗ちゃんは居間で全裸であおむけで倒れていた。心肺停止状態で、上半身を中心に皮膚がただれており、搬送先の病院で死亡が確認された。
松原容疑者は当時、府警に「うんちを漏らしておしりを洗うために風呂場に連れて行った。高温のシャワーを流して温度を上げていく遊びをしていた」などと説明したという。
司法解剖の結果、桜利斗ちゃんの死因は熱傷性ショックで、高温の湯を5分以上浴びていた可能性があることが判明した。
摂津市には桜利斗ちゃんへの虐待を疑う情報が複数回寄せられ、児童相談所とも情報を共有していたが、命を救うことはできなかった。市と児相は今後、対応を検証する。
(読売新聞の記事から引用)


シャワーを浴びせたとは言うものの、通常の給湯器なら温度に上限が設定されており、重度のやけどを負わせるほどの熱湯は出ません。現場の給湯器がどのようなものであったのか、記事だけではわかりません。が、本当はヤカンで沸かした熱湯をかけたのではないか、と疑われます。あるいが電気ポットに溜めていた90度くらいの熱湯をかけたとか
23歳で無職で、こどもの世話などした経験もない男が、便を漏らした3歳時に激怒し、熱湯を浴びせて殺害した傷害致死事件なのでしょう
もちろん、「殺すつもりはなかった」と釈明するわけで、弁護士も「しつけのためだった」などなど弁護するはずです
部分的なやけどであれば殺意がなかったと考えられますが、上半身に広くやけどがあったとすれば熱湯をかけ続けることによって「死んでも構わないのだ」という未必の故意があったのではないか、と疑います。つまりは殺意があったと
この辺りは裁判でのテクニカルな問題で、事件の本質から離れますので深くは突っ込みません
ただ、監護者としてこどもに対し適切な扱いをしなかったのは確実であり、松原容疑者の責任は重大です(同棲相手の連れ子で、愛情を注ぐ気はなかったのでしょうし、責任をもって養育しようという自覚の欠如していたのですが)
よって、傷害致死で起訴され、責任を問われること自体、松原容疑者には大いに不満でしょう。刑務所で文句を垂れながら10年くらい過ごす結果になるものと予想します

(関連記事)
3歳児に熱湯を浴びせ殺害 摂津市「適切な対応した」
https://05448081.at.webry.info/202109/article_39.html
車内に女児放置 竹内被告に懲役6年判決
車に女児放置 死亡させた母親逮捕
保育園バスで置き去り 男児死亡
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
里子を虐待・死亡させた声優に懲役9年の判決
里親の声優が3歳児を殴り殺害した容疑で逮捕
北海道で山に子どもを置き去り 無事発見も謎だらけ
目黒女児虐待死事件を考える 義父に懲役13年の判決
目黒女児虐待死事件を考える 雄大被告を苦しめた実の両親
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 栗原被告の控訴棄却
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役16年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親

今年(2021年)もノーベル賞を渇望する韓国

9月も下旬となれば、ノーベル賞の季節です。毎回、受賞を期待して虚しく敗れ去る韓国を見守っているわけですが、昨年に続いてソウル大学でナノ粒子を研究している教授を化学賞の有力候補に挙げています
また、韓国が強力にバックアップをしてきた国民詩人高銀ですが、過去のセクハラ事件が相次いで明るみに出たため、すっかり過去の人になってしまいました。詩人としての評価はともかく、セクハラの常習犯ともなれば受賞は無理でしょう
あるいは昨年、トランプ大統領がノーベル平和賞候補に推薦されたとの報道を受け、なぜか文在寅大統領までもがノーベル平和賞の有力候補であると韓国国内で報道されました。韓国以外の国ではまったく存在感のない文在寅大統領が、どうしてノーベル平和賞の候補なのか、どのような実績を讃えたものなのか、さっぱりわかりませんでした
昨年の報道ですが、ノーベル化学賞候補とされる玄沢煥ソウル大教授を紹介する記事と、ノーベル物理学賞候補とされる任志淳ソウル大学教授を紹介する記事の2つを貼ります


5日からノーベル賞の発表が始まっていますが、ノーベル化学賞の有力候補に韓国人が挙がり、注目が集まっています。
毎年ノーベル賞の各部門の受賞者を予測する情報分析サービス企業、クラリベイト・アナリティクスは、ノーベル賞の有力候補を発表し、韓国からは、基礎科学研究院(IBS)ナノ粒子研究団の団長で、ソウル大学科学生物工学部の玄沢煥(ヒョン・テクファン)碩座教授の名前が挙がりました。
玄教授は2001年、室温で温度を徐々に上げる方式でナノ粒子を均一に合成する方法を開発し、広範囲な応用分野に適用できるナノ粒子の合成に貢献した功労が認められています。
従来の方法では異なったサイズのナノ粒子が合成されるため、必要なサイズの粒子だけを選んで使用していましたが、玄教授は、これまでとは完全に異なる新しいアプローチで、希望するサイズのナノ粒子を均一に作る方法を考案したということです。
玄教授の論文は、アメリカ化学会誌(JACS)にも掲載され、これまで1660回引用されています。
また、玄教授は、均一なナノ粒子の大量合成方法にも成功し、この研究は2004年、国際学術誌「ネイチャーマテリアルズ」に発表されています。
玄教授の研究は現在、産業界などでの活用も広がっていて、サムスンQLED(量子点発光ダイオード)テレビ開発の土台になったとされています。
(KBSの記事から引用)

◆任碩座教授は、小さい時から天才と言われきた。秀才たちだけが集まると言われていた京畿(キョンギ)高校をトップで卒業し、今の大学修学能力試験に該当する大学入学予備試験の全国トップとなり、本試験が行われていた1970年に、ソウル大学にトップ入学する実力を誇った。そんな彼も、米バークレー・カリフォルニア大学での留学の時は気が引けた。暗記や理解、問題を解くことには優れていたが、独創的アイデアを出すことには、多くの米学生たちについていくことができなかった。
◆氏は博士課程の時、「電算固体物理学」という新しい分野を開拓した。1998年は炭素ナノチューブを複数の束で束ねれば、半導体の特性が現れることを初めて突き止めた。その後、水素を固体状態に貯蔵できる物質構造を発見する目覚ましい成果を上げた。2011年は、世界で最高権威を持つ学術団体である米科学学術院(NAS)の終身会員になった国内初物理学者となった。週6日間も研究室にいながら、時間を惜しんで、悪口を言われても大学の役職にはつかなかった。彼は最も重要な研究徳目として創意性を取り上げる。
(東亜日報の記事から引用)


玄教授のナノ粒子研究ですが、それだけではインパクトに欠けます。ナノ粒子についての後追いの研究であり、もっと技術革新に結びついているならともかく
他方、カーボンナノチューブについてはそれを1991年に発見した飯島澄男名城大学終身教授が、発見以来今日までノーベル物理学賞あるいは化学賞の有力候補と言われ続けながら、いまだに受賞に至ってません。なので、カーボンナノチューブの応用技術を研究する、いわゆる後追いの任志淳教授の受賞はないと考えられます
今年の日本人候補者については、以下のサイトにまとめられていますのでそちらを御覧ください

ノーベル賞2021日本人候補予想。今年はこの人達があつい!

上記のカーボンナノチューブ発見の飯島澄男氏、医療診断装置MRIの基本技術を開発した小川誠二氏などの名前が挙がっています
今年はどのような結果になるか、発表を楽しみにして待ちましょう

(関連記事)
韓国 「ノーベル文学賞のインフラが整った」
https://05448081.at.webry.info/202107/article_11.html
「ノーベル賞で騒ぐ韓国は幼稚」と批判する韓国人科学者
韓国 ノーベル賞を超える科学賞を設立へ
吉野彰フェローのノーベル化学賞受賞 複雑な韓国の反応
韓国教授「ノーベル賞獲得数で日本を追い越せる」と豪語
ノーベル賞の季節 韓国の候補者は?
日本人のノーベル賞に妬み炸裂 韓国メディア
本庶教授のノーベル賞に対する韓国の反応
文在寅大統領のノーベル平和賞に期待する韓国
ノーベル賞候補の韓国詩人 セクハラで批判浴びる
韓国詩人高銀、ノーベル文学賞確実と語るエール大教授
ノーベル文学賞を熱望する韓国
韓国メディア「ノーベル文学賞の取るには民族文学は不利」
ノーベル文学賞が獲れない韓国 短編小説を礼賛
日本のノーベル賞について韓国の偏見・誤解・嫉妬
ノーベル文学賞候補 村上春樹は選ばれるか
「日本は英語が苦手でもノーベル賞を取る」と説く韓国人学者
韓国 「5年以内にノーベル賞を獲るプロジェクト」
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
ノーベル文学賞欲しい韓国 村上春樹よりも名作を書けと厳命
「日本の科学力後退」とはしゃぐ韓国メディア
ノーベル賞獲得を目指すサムスン 毎年、対策発表?
ノーベル物理学賞に梶田隆章氏ら決定
ノーベル医学生理学賞に大村智氏ら決定
2015年ノーベル賞の候補となる日本人研究者
山中教授のノーベル賞を悔しがる韓国

渋谷短大生バラバラ殺人(平成18年) 発達障害をどう裁くか

当ブログは2009年3月に始めました。時折、それ以前の事件も掘り返して言及しています
平成18年(2006年)12月、両親や親戚も歯科医、という一家で、私大歯学部受験に失敗して3浪中の次男(長男は歯学部在学)が妹を口論の挙げ句絞殺し、遺体をバラバラに切断した事件で、当時はテレビ、週刊誌などがこれでもかというほど取り上げていました
当時の扱いは猟奇殺人、あるいはエリート一家の悲劇、という具合で、さらには次男と妹が近親相姦関係にあったとか、ネクロフィリアだったとか、根拠不明のデマも飛び交いました
裁判では1審の東京地裁が精神鑑定結果を尊重し、被告の犯行は解離性障害が影響しており遺体損壊は別人格によると判断して無罪とし、殺人については懲役7年という異例の判決を下しました
検察側の控訴により、2審の東京高裁は地裁の判決を破棄し、解離性障害による影響を認めながらも責任能力はあったと判断して懲役12年の判決を下しています
今回は、緒方あゆみ明治学院大学法学部講師の論文を手がかりに、考えようと思います
なお、発達障害や解離性同一性障害を有する被告による刑事事件の裁判でも、その扱い方は刻々と変化しており、決して固定されてはいないと理解しておく必要があります
精神医学用語とその定義ですが、こまかな違いは問わず、大雑把にアスペルガー障害は自閉症スペクトラムの1種と扱い、アスペルガー障害を抱える人の約4割に本件のような解離性同一性障害など、複数の精神的な障害が見られるとの理解ですすめます

判例研究「解離性同一性障害と刑事責任能力」:東京高裁平成21年4月28日判決

東京地裁での一審判決では何が裁判官の判決の決め手になってのか、論文は順序立てて説明しています
精神鑑定を経て提出された鑑定書が被告人の犯行時の行動と心の働きを巧みに表現しているため、裁判官がこれに乗っかったと考えられます
論文からの引用は赤字で表記します

裁判所は、弁護人からの鑑定請求を採用し、公判廷において、「犯行時及び現在の被告人の精神状態,犯行時及び犯行前後における被告人の心理状態」を鑑定事項として鑑定を実施した。鑑定医は、本件各犯行時の被告人の精神疾患とその病態について、①被告人は、アスペルガー障害を基盤とする解離性障害にり患し、本件各犯行に至った、②被告人は,アスペルガー障害を基盤にして、激しい攻撃性を秘めながらそれを徹底して意識しないという特有の人格構造を形成しており、怒りの感情を徹底的に意識から排除しようとする人格傾向が強く、激しい怒りが突出して行動しても、それを感じたと認識する過程を持っていない、③被告人は、アスペルガー障害によって、このような攻撃性等の衝動を抑制する機能が弱い状態にあったが、アスペルガー障害を基盤とする解離性障害が加わり、外界の刺激が薄れることによって、この機能がさらに弱体化していた、とする鑑定結果(以下、「U 鑑定」とする)をまとめた。

さらにU鑑定では、殺害時の行動を被害者はよく記憶しており説明可能であるのに対し、遺体解体時の行動はほとんど記憶がなく、説明困難である点に着目し、遺体解体時には解離性障害によって人格の交代が起きており、ゆえにその時の記憶が乏しいのだと説明しています

そして、②死体損壊時の責任能力に関しては、「本件死体損壊時において、被告人は解離性同一性障害により本来の人格とは別の人格状態にあった可能性があるところ、被告人の公判供述によれば、被告人には、死体損壊時の記憶がほとんどなく、本来の人格とは別の人格状態の存在について認識していないことが認められる。そうすると、本来の人格はこの別の人格状態とかかわりを持っていなかったと認められ、このことからしても、鑑定において指摘されているように、被告人はその人格状態に支配されて自己の行為を制御する能力を欠き、心神喪失の状態にあった」 と認定して被告人の責任能力を否定し、殺人罪につき有罪、死体損壊罪につき無罪という結論を下した。

検察はこの、「殺害時は責任能力は認めるものの、遺体損壊時は人格交代が起きていた可能性があるので罪に問えない」という理屈に納得せず、控訴しています。弁護側も「殺害時にはすでに人格交代が起きていたと考えられるので無罪にすべき」と控訴します
東京高裁は以下のように判断し、1審判決を破棄して懲役12年とする判決を下しています

2審の東京高裁は、U 鑑定の信用性について、被告人が生来的にアスペルガー障害にり患し、中学生のころから強迫性障害が加わっているという点については合理的であるといえるが、犯行時に解離性障害ないし解離性同一性障害にあったとする点については、その前提を誤っており、首肯し得ないと言わざるを得ないとして否定し、被告人は殺人の行為時のみならず、死体損壊の行為時においても、完全責任能力を有していたと認められるとして、死体損壊の点について被告人を無罪とした原判決を破棄し、以下のように判示して、被告人に対して殺人罪及び死体損壊罪の成立を認めて懲役 12 年を言い渡した。

この控訴審判決について研究し、一定の見解を示すのが緒方論文の狙いです。そこでは、人格交代があったとして、別人格による犯行の責任を主たる人格に問えるのか、との問題意識が提起されています
ただし、この考えは論文発表当時は有効であったかもしれませんが、現在では否定された感があります。これについては最後に書きます
緒方論文は以下のように3つの考え方を示します
DIDとはいうわゆる「多重人格」のケースです

DID と刑事責任能力との関係について、学説は主に、① DID であれば,常に責任無能力であるとする見解、②主人格が別人格の行為を感知 ・ 統制できない場合には責任無能力であるとする見解、③犯行時に行為を支配していた人格が弁識能力および制御能力を有していない場合のみ責任無能力であるとする見解の3説が主張されている。
①説の立場によると、DID と診断されれば常に責任無能力となるので、主人格・別人格のどちらが行為をしたかを問うことなく被告人は無罪となる。しかし、責任能力判断にあたっては、被告人の犯行当時の病状、犯行前の生活状態、犯行の動機 ・ 態様等を踏まえ、生物学的要素を確定した上で、精神の障害が行為の弁識能力 ・ 制御能力にいかに影響を及ぼしたかという心理学的要素を判断する混合的方法説を採用すべきであるので、①説は妥当でない。
したがって、本来の人格ともいうべきホスト人格と犯行時の別人格との関連を問題とする②説か、犯行時の人格に対する責任を問題とする③説かの2つの説に絞られることになる。③説は、1人の身体の中に独立した複数の人格があり、犯行時の人格の心理状態によって刑事責任能力を判断するものである。

緒方論文では②を妥当としているのですが、裁判所の最近の判断は必ずしもそうではありません
当ブログで取り上げた西成准看護師殺害事件においては、「犯行を別人格が主導していたとしても、オーイシ被告本人の責任は否定できない」として、情状酌量による割引なしに求刑通り、無期懲役を言い渡しています。この判決は今後、「解離性同一性障害といえども減刑すべき事由には当たらない」との新たな基準になるとも考えられます
また、福岡女性転落殺人では、被告が犯行前に解離性同一性障害との診断を得ていたわけですが、被告による「別人格がやったかもしれないので無罪」との主張を裁判官はあっさり退け、考慮もしないという内容の判決でした(詐病の疑いもあったわけで)
解離性同一性障害といえども複数の人格が1人の人間に備わっているのではなく、「他の人格」という仮想の存在を作り出して現実逃避を図っているだけであり、「他の人格」も含めてその人の人格であると考えるのであれば、わざわざ別人格だから責任を問えない、などと面倒くさい考え方をする必要はないわけです
ただ、そうした考えが絶対的な判断基準として定着するかどうかは別であり、新たな事件によってまた違う見解が示される可能性もありますし、解離性同一性障害を巡る学説の動向によっても変化するのでしょう(アスペルガー障害と解離性同一性障害がどう関係するのか、もよく分かっていません)

(関連記事)
セレブ妻バラバラ殺人事件を考える 1
セレブ妻バラバラ殺人事件を考える 2
セレブ妻バラバラ殺人事件を考える 3
セレブ妻バラバラ殺人事件を考える 4
セレブ妻バラバラ殺人を考える5 控訴審判決
セレブ妻バラバラ殺人を考える6 三橋歌織受刑者の現在
佐川一政 パリ人肉食事件を考える1
少年誘拐ホルマリン漬け事件(昭和32年)
西成准看護師殺人事件を考える 無期懲役判決
西成准看護師殺害事件を考える 重なる嘘、嘘
西成准看護師殺害事件を考える 解離性同一性障害
福岡女性転落殺人を考える5 懲役22年の判決
https://05448081.at.webry.info/202007/article_28.html
福岡女性転落殺人を考える4 人格障害を疑う
https://05448081.at.webry.info/202007/article_13.html
福岡女性転落殺人を考える3 解離性同一性障害
https://05448081.at.webry.info/202007/article_10.html
二重人格をめぐる冒険

猪苗代湖ボート殺人 佐藤容疑者はやり手社長

湖の上をボートで疾走しても、スピード違反に問われることはありませんし、道路交通法も適用されません(水面は道路ではないので)
なので、猪苗代湖で遊泳中の家族をボートに巻き込み死亡させた事故も、過失傷害事件扱いであり、車によるひき逃げ死亡事故のような扱いにはなりません
が、単なる不注意にしては結果が重大であり、これを裁判所はどう裁くのか注目されます
さて、週刊女性が容疑者として逮捕された佐藤剛容疑者の周辺を取材し、記事にしています


《猪苗代湖ボート事故》高級外車にタワマン、パリピ生活満喫の容疑者と両親の“夜逃げ”
福島県いわき市にある佐藤剛容疑者(44)の実家近くの住民は、眉を寄せてこう話す。この実家は容疑者が経営する建設会社の本社も兼ねている。
「ここらではひときわ大きな豪邸です。中古で買った住宅らしいですが、この辺りじゃ破格の金額だったらしいですよ。建設業のほか、人材派遣、木材運搬、不動産と手広くやっていたみたい。かなり儲かっていて、ベンツやポルシェなど高級外車をとっかえひっかえ乗り換えていましたね」(同・近所の住民)
ボートの同乗者に口止めしていた
昨年9月、福島県会津若松市の猪苗代湖で、悲惨な事故が起きた。男女4人が水上スキーの順番待ちをするためにライフジャケットを付けて湖面に浮かんでいた。そこに大型ボートが突っ込んできて、男女4人を巻き込んだ。千葉県野田市の小学校3年生・豊田瑛大くん(当時8)が死亡し、その母親(36)ら2人が重傷を負うという大惨事となった。
だが、事故を起こした大型ボートはそのまま走り去ってしまう。さらに事故当日は複数のボートが湖面を通行していて目撃証言も曖昧だったことから、ボートの特定は難航。
事故から数か月後、瑛大くんの両親は弁護士を通じてこんな悲しみに暮れたコメントを出した。
「学校が大好きでいつも明るく、お母さん思いの優しい子だった」
そんな中、福島県警は1年かけてボートを特定。9月14日、ついに操縦していた佐藤容疑者を業務上過失致死傷の疑いで逮捕した。佐藤容疑者は“身に覚えがない”と否認しているが……。
「事故当日、ボートには約10人が同乗していたのですが、容疑者は彼らに“何もなかったよな”などと口止めしていたことが判明。さらに捜査関係者から船行中に撮影した動画も見つかっていると聞いています」(全国紙社会部記者)
羽振りがよく、地元では名士のような存在
佐藤容疑者は前述のとおり、いわき市の出身。会社員の父親と、専業主婦の母親の長男として生まれた。地元の中学校を卒業したあと、高校は野球の名門校へ進学した。
「ご両親に似て、優しい子でしたよ。とにかく野球が上手くて、ポジションはショートだったかな。高校からは寮生活をしていたね」(別の近所の住民、以下同)
高校卒業後、建設会社を経営していた母方の祖父が亡くなったので、その会社を受け継ぐ。冒頭の豪邸は20年ほど前に購入して引っ越した。有能な社長だったようで、経営は順風満帆だった。
容疑者の両親に話を聞くべく、実家兼本社を訪ねたが留守だった。前出の近所の住人によると、
「逮捕でマスコミが押し寄せたとき、両親はボストンバッグひとつ抱えて夜逃げしていった。でも、たまに1時間ぐらい灯りがついていることもあるから、こっそり帰っているのかもね」


上記のようにあくまで過失による事故扱いなら何も逃げ隠れする必要はなかったのであり、被害者に慰謝料を払うだけの資産はあったわけです
ベンツか何か、高級車を2台ほど手放せば慰謝料を工面できたでしょう
なぜ、佐藤容疑者が知らぬ存ぜぬの態度を貫くのか、理解できません。その場で自首していれば罪一等を減じて執行猶予判決だったわけで
罪に問われるのが死ぬほど嫌だったのか、あるいは怖かったのか?
逮捕された後ではあっても、事故の経緯など積極的に供述し、謝罪する意志を表明した方が裁判では心証がよくなります
このまま知らぬ存ぜぬで裁判に臨んだところで、無罪判決は無理でしょうし、執行猶予付き判決も期待できない展開になります
あるいは弁護士が何か入れ知恵し、不利な供述はするなと誘導しているのかもしれませんが、被告人の利益にはならないでしょう

(関連記事)
猪苗代湖ボート殺人 佐藤剛容疑者逮捕
駒沢大吹奏楽部 野尻湖水死事件で和解成立
合宿中の大学生2人が湖に飛び込んで死亡
浜名湖のボート訓練で中学生死亡
浜名湖ボート事故 何のための学校行事か?
浜名湖ボート転覆事故裁判 施設管理者に有罪判決
自ら掘った落とし穴に転落し夫婦死亡
海岸の落とし穴に転落死亡の夫婦 夫の両親が友人らを提訴
落とし穴事故で妻と友人に4100万円の賠償命じる判決
西伊豆電気柵感電事故死を考える1 安全管理欠如
西伊豆電気柵感電事故死を考える2 440ボルトの電流
西伊豆電気柵感電事故死を考える3 容疑者自殺
日本人観光客 万里の長城ツアーで死亡

冤罪確定事件でも被告を犯人扱い 滋賀県警が謝罪

湖東記念病院事件で有罪判決を受け、12年もの間和歌山刑務所に服役していた元看護助手西山美香さんは再審請求が実って無罪判決が確定しました
事件の経緯や再審については前回書きましたので省略します
西山さんは滋賀県警の違法が取り調べの結果、犯人に仕立てられたと損害賠償請求の訴訟を起こしています。訴訟に応じる準備書面において、滋賀県警はまだ「西山さんが犯人」と記載しており、物議を醸しています
そもそも再審の無罪判決言い渡しの場で、裁判長は「取り調べや証拠開示などが一つでも適切に行われていれば、逮捕・起訴はなかったかもしれません」と滋賀県警側に説諭したのですが、滋賀県警側は「承服し難い」と反論していました
なので、「裁判では負けたが捜査は適切であり、西山被告以外に犯人はいない」との考えを滋賀県警側が抱いたまま、というのが分かります


殺人罪で服役後、昨年4月に再審無罪が確定した元看護助手、西山美香さん(41)が滋賀県と国に計約4300万円の損害賠償を求めた大津地裁の訴訟をめぐり、同県の三日月大造知事は17日、県側が提出した「心肺停止状態に陥らせたのは原告(西山さん)である」などと主張する準備書面について、「不適切な表現で、心情を傷つけた」と謝罪した。
県側が15日に大津地裁に提出した準備書面では、平成15年に同県東近江市の湖東記念病院で患者を心肺停止状態に陥らせたのは西山さんだと主張。再審無罪判決を否定するような内容に対し、西山さん側は「名誉を甚だしく毀損(きそん)するものだ」と県に抗議する意見書を16日に提出していた。
三日月知事は17日に記者会見し、無罪判決が確定している西山さんが患者を殺害したかのような表現がされている点に関し、「極めて不適切と言わざるを得ない。心からおわびする」と陳謝。滋賀県警の滝沢依子本部長も同様の見解を示していたことを明かし、準備書面を無罪判決を踏まえたものに訂正して再提出することを検討しているという。
また、準備書面の内容は把握していなかったとし、「今後はこのような重大な事案について確認する。訴訟を提起している人の心情に思いを致し、丁寧に主張を行っていく」と述べた。
(産経新聞の記事から引用)


準備書面の作成は滋賀県の代理人(弁護士)が滋賀県警の言い分を聞き取った上でまとめたものであり、滋賀県の知事部局の人間はノータッチだったのでしょう
つまり滋賀県警は、上記のように西山さんをいまだに真犯人であると考えており、裁判を通じて県警の正しさを立証する気で準備書面を用意したと考えられます。そして県警本部長にも報告せず、現場サイドの意見だけで押し切ったのでしょう(前回は警察庁の指示ではないか、と書いたのですが、上記の記事を読むと現場サイドの強い意向によるもの、と考えられます)
完全に「お飾り」扱いされた滝沢依子本部長は激怒したと思います。各県警本部は地元出身者で固められており、本部長だけは警察庁から送り込まれてくるという形です。そして女性の本部長というのも、「お飾り」扱いがまかり通っていると思われます
話が逸脱するのですが、佐賀県警でも警察による捜査の怠慢が問題となる事件があり、杉内由美子佐賀県警本部長が何度も県議会に呼ばれて釈明する事態になりました。県警本部長という立場からして、現場の警察官の捜査に問題があったとは口が裂けても言えなかったのでしょう。結局、杉内本部長は心身を壊して更迭され、警察庁長官官房付に異動となっています
女性の警察官僚が県警本部長に就くのは良いことなのでしょうが、現場は「お飾りなんだから何もしないでくれ」という扱いなのかもしれません
さて、この件で滝沢本部長が準備書面作成に関わった警察官を処分しようとすれば、県警本部の幹部連中が邪魔するに違いありません。
警察組織は典型的な男性社会ですから、女性の警察官僚が生きていくのはなかなかに大変そうです

(関連記事)
冤罪確定事件でも「被告が殺人犯」と言いはる滋賀県警
豊川男児殺害事件は冤罪か? 再審請求棄却
名張毒ぶどう酒事件 再審請求認めず
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
筋弛緩剤事件 仙台高裁が再審請求棄却
女児2人殺害の飯塚事件(1992年) 再審認めず
女児2人殺害の飯塚事件(1992年)再審なるか?
恵庭女性殺人を考える 大越受刑者が刑期満了で釈放
恵庭女性殺人を考える 冤罪とされる根拠
恵庭女性殺人を考える 再審請求を最高裁は棄却

佐世保高1女子殺害事件を考える16 医療少年院で収容継続

世間を震撼させた佐世保での女子高生による同級生殺害から、もう7年になります、医療少年院に送致された加害者である女子高生も23歳になり、少年院での収容期限とされる年齢になりました
通常の少年院なら23歳の年齢に達したところで満期出院となるわけですが、医療少年院では継続して医療措置が必要とされる場合特例として26歳までの収容を認めると法律上規定されています。この場合、医療少年院から収容継続申請が家庭裁判所に提出され、家庭裁判所による審判によって収容の継続を決定する手続きになっています
しかし、加害者である元女子高生の弁護人は収容継続に反対しており、退院させるべきとして争っています。家庭裁判所は少年院側の申請通り収容継続を決定しましたので、弁護人は抗告(少年審判手続きでは抗告と言います。刑事裁判でいうところの控訴)しています


長崎県佐世保市で2014年7月、高校1年の女子生徒=当時(15)=を殺害し、医療(第3種)少年院に収容されている同級生の元少女(23)について、長崎家裁が異例の収容継続を認める決定をしていたことが14日、関係者への取材で分かった。少年院は23歳未満までだが、第3種は精神に著しい障害がある場合、26歳になるまで延長を認める規定がある。
収容先の少年院長は、元少女が今夏で23歳になるのを前に、収容継続を申請。家裁は審判を開き、8月24日、24年までの収容継続を認める決定を出した。元少女側は不服を申し立てて抗告したため、判断は福岡高裁に移る。
(共同通信の記事から引用)


医療少年院での治療がどこまで進んでいるのか、家庭裁判所での審判手続きの中で争点になったわけですが、審判自体非公開で進められますので表に出ることはないのでしょう。原則、元少女が収容継続のための審判に出廷し、自分で意見を述べることはなく、書面をもって自身の気持ちを裁判官に伝えるのが通常です。ただし、弁護人がついており、本人から直接意見聴取が必要と裁判官が判断するなら、出張審判もありえます。原決定を行った長崎家庭裁判所佐世保支部の裁判官が、収容先であるおそらくは京都医療少年院に出向き、臨時の審判廷を設けて審判をするというものです。収容継続を争う審判の場合、検察官は関与せず、出廷もしません(裁判官から特別に要請があれば出廷して意見を述べるケースはあるとしても)
弁護人は長期間の医療少年院収容で治療・矯正教育の目的を果たしたとの考えを述べ、今後は社会生活を送る中で適応を図るべき、と主張しているものと推測されます
ただ、そのための手立てがあるのかどうか、が問題です
23歳で退院するのか、26歳で退院するのかはともかく、いずれは医療少年院を出て社会に戻るのですから
父親は自殺し、父親の再婚相手だった義理の母親が引受るのでしょうか?
実兄は東京の私立大法学部に進学したと報じられましたが、卒業して就労しているとしても身元引受人になるには若すぎるでしょう
精神的な問題を抱える人達が暮らすグループホームのような場所に、一時的に居住させるという選択肢もありますが、誰かが彼女を見守る必要があります
十分な支援と監督ができるのかどうか?
もちろん、いつまでも施設に拘禁しておくのが正しい選択とは言えません
神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇聖斗も、世間からはいまだにバッシングを受け、憎悪の対象です。が、彼は自らカミングアウトした後も事件は起こさず、社会の片隅で暮らしています。いろいろ言われるものの、再犯に至らず暮らしているのであれば更生と見なさなければなりません
受け入れる、受け入れないの問題ではなく、受け入れざるを得ないというのが実際です
また、「彼女の内なる悩みに気づいてやれれば、彼女に声をかけてやれればこの事件は防げた」との意見もあるわけですが、リア充の見本みたいなお嬢さんが心の内に闇を抱えていたと気づく人は誰もいなかったのです。たとえ一言二言、声をかけたとしても彼女の殺人衝動を解消するなど不可能であり、これは「◯◯していたら」、「◯◯していれば」という後付けのタラレバでしかありません

(関連記事)
佐世保高1女子殺害事件を考える15 「責任を感じる」
佐世保高1女子殺害事件を考える14 謝罪の手紙
佐世保高1女子殺害事件を考える13 審判結果の是非
佐世保高1女子殺害事件を考える12 医療少年院送致
佐世保高1女子殺害事件を考える11 有識者の見解
佐世保高1女子殺害事件を考える10 家裁の判断は?
佐世保高1女子殺害事件を考える9 児童相談所長ら懲戒処分
佐世保高1女子殺害事件を考える8 再逮捕の狙い
佐世保高1女子殺害事件を考える7 父親の自殺
佐世保高1女子殺害事件を考える6 精神鑑定
佐世保高1女子殺害事件を考える5 父親の再婚
佐世保高1女子殺害事件を考える4 サインを見逃す
佐世保高1女子殺害を考える3 「命の教育」とは
佐世保高1女子殺害事件を考える2 快楽殺人説
佐世保高1女子殺害事件を考える1 マンションに独り暮し
佐世保小6殺人から10年を問うノンフィクション
小学六年生女子児童による殺人事件
小学六年生女子児童による殺人事件 2
小学六年生女子児童による殺人事件 3
小学六年生女子児童による殺人事件 4
小学六年生女子児童による殺人事件 5
小学六年生女子児童による殺人事件 6
小学六年女子児童による殺人 7
佐世保小6殺害事件 事件の意味を読む
佐世保小6殺害 事件報告書を人権侵害だと申し立て
佐世保の小6女児殺害発生から8年 「マナーで人の心、優しく」
「14歳のエヴァは終っていない」 酒鬼薔薇聖斗のエヴァンゲリオン
精神鑑定
名古屋大女学生殺人を考える1 殺人願望
名古屋大女学生殺人を考える2 有識者のコメント
名古屋大女学生殺人を考える3 放火にタリウム
名古屋大女学生殺人を考える4 大内万里亜容疑者
名古屋大女学生殺人を考える5 ようやく刑事裁判へ
名古屋大女学生殺人を考える6 初公判で無罪を主張

高校野球部コーチがわいせつ 被害者は50人?

学校教育現場に性犯罪者を招き入れるとどうなるか、という話を繰り返し取り上げてきたわけですが、大坂の私立高校が野球部コーチとして雇った講師はまるで絵に描いたような結果をもたらしました。私立高校については大坂偕星学園ではないか、と言われてるものの、学校側から公式なアナウンスはありません。校名を明らかにするのは恥、と考えているのでしょうか?
表向きは生徒の名誉を守るため、とか理屈をつけるのでしょうが、学校は私立であっても社会の公器であるのに変わりはないのであり、今回の事件を踏まえ学校としてどのような対策を講じたのか明らかにしてもらいたいものです
教師による体罰、わいせつ行為、あるいは上級生からのいじめやいやがらせ、を学校側に相談できる仕組みを導入したなら、それを明らかにするのが風評を払拭する手立てになるのでは?


私立高校の野球部元コーチが部員に性的暴行をしたとして逮捕された事件で、元コーチで同校講師だった水落雄基容疑者(31)が「過去の教え子にわいせつ画像も送らせたが、自分で消去した」と供述していることが、大阪府警への取材で判明した。高校の内部調査が始まる直前に携帯電話などに保存していた全ての画像を削除しており、府警は事件発覚を恐れて証拠隠滅を図ったとみている。
府警刑事特別捜査隊によると、水落容疑者はわいせつ行為への関与にとどまらず、教え子らに自身のわいせつな画像の撮影・送信を指示していた疑いもある。しかし、携帯電話などには関連の画像が残されていなかった。
今回の私立高では2021年、野球部員の保護者が学校に相談して被害が発覚し、学校は内部調査に乗り出した。水落容疑者は府警に「(自身の関与が)ばれると思って調査前に画像を消した」と説明しているという。
水落容疑者は約10年前から、勤務していた学校の教え子らへのわいせつ行為などを繰り返していたとされる。画像を送らせた生徒らも含めると被害者は50人以上になる可能性があり、府警は全容解明を進めている。
府警は14日午前、水落容疑者を部員に対する強制性交等致傷容疑で送検した。
(毎日新聞の記事から引用)


強制性交罪の容疑で逮捕された水落被告ですが、被害者生徒がPTSDを発症したとあって、強制性交等致傷罪が適用されるのでしょう
どこまで立件されるかは不明ながら、被害者の数が多ければそれだけ悪質な犯行との印象が強くなります。講師として受け取っていた給与は決して高くなかったはずですから、大勢いる被害者に示談金を支払って和解に漕ぎ着けるのは無理でしょう。懲役10年以上の実刑になるのではないか、と思います
類似した事件での判例を引用しておきます

6少年選手にわいせつコーチ懲役8年 「忍耐こそサッカー上達」
神戸市内の少年サッカーチームに所属する選手にわいせつな行為をしたとして、児童福祉法違反罪に問われた元コーチ、近藤昭彦被告(37)の判決公判が18日、神戸地裁であった。小川弘持裁判官は「地位を利用した卑劣な行為」として、懲役8年(求刑懲役10年)を言い渡した。
判決によると、昨年1~10月、同市内のホテルなどでチーム所属の男子中高生6人に「恥ずかしいことに耐えてサッカーがうまくなる」などと言い、18歳未満と知りながらみだらな行為をさせた。
(産経新聞の記事から引用)

(関連記事)
高校野球部コーチがわいせつで再逮捕 10年前から
高校野球部コーチが部員にわいせつ逮捕 大阪
甲子園優勝の千丸被告 控訴審でも懲役5年
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将の転落人生
愛知県教諭 男児に強制わいせつで懲戒免職
わいせつ教師 「くすぐっただけ」と主張も懲役4年
小6男児にわいせつ 小学校教諭逮捕
男児を強姦 ボランティアの男逮捕
修学旅行で男児生徒にわいせつ行為 高知の教師
立命館付属高校で教師が生徒にわいせつ行為
高校教諭 AV見せて男子生徒の股間を触り懲戒処分
少年愛と性犯罪の境界(再掲)
中学生徒にわいせつ 大阪明星学園教師逮捕
わいせつ教師中村洋一郎 児童ポルノ交換も

冤罪確定事件でも「被告が殺人犯」と言いはる滋賀県警

2003年、滋賀県の湖東記念病院で男性の入院患者(植物人間状態)が死亡した際、病院に勤務していた看護助手西山美香さんが呼吸器を故意に外したとして殺人の容疑で逮捕・起訴され、有罪が確定して和歌山刑務所に服役していました。12年間服役し、満期出所した西山さんは再審を請求、長い裁判を経て無罪判決を勝ち取り、国と滋賀県を相手取って損害賠償請求の訴訟を起こしています
しかし、滋賀県警は頑なに当時の捜査に誤りはなかったと主張し、「被害者を心肺停止状態に陥らせたのは原告(西山さん)だ」と主張する準備書面を提出した、と報じられています(訴訟の相手方は滋賀県警を所管する滋賀県)
再審の結果、冤罪だったと確定したわけですが、それでもなお滋賀県警は西山さんを犯人だと決めつけ争う構えです。これが警察の面子というやつなのでしょうか?
話の順番として、西山さんの再審請求について書いた記事のアドレスを貼り、それから損害賠償請求訴訟を取り上げた記事を貼ります。再審請求に関する記事は長文の記事なので、引用は割愛させてもらいます。取り調べを担当した若い刑事に恋をしたがゆえ、誘導されるままに犯行を自供する調書に署名、捺印してしまったと書かれています。ちなみに西山さんには発達障害と軽度の知的障害がある、とされます。知的障害のある女性を逮捕して勾留し、脅したりなだめたりしながら調書を仕立て、犯人として立件する手口だったのでしょう

刑事に恋して殺人犯になった女性が語る「刑務所暮らし12年」と「彼への想い」

滋賀県、確定無罪判決を否定する主張 国賠求める女性「怒り心頭」
滋賀県の湖東記念病院で2003年に死亡した男性患者への殺人罪で服役後、再審無罪が確定した元看護助手の西山美香さん(41)が国と県に計約4300万円の国家賠償を求めた訴訟で、県が無罪判決を否定する内容の主張をしていることが分かった。16日に大津地裁であった非公開の手続き後、原告側が会見で明らかにした。
昨年3月の再審の無罪判決は、西山さんの捜査段階の自白について、取り調べた県警の男性刑事が西山さんの恋愛感情などを利用して誘導したと認定。被害者が致死性不整脈で死亡した可能性があり「殺害されたという事件性が証明されていない」と結論づけた。無罪判決は翌月に確定した。
だが、県は、15日に地裁へ提出した準備書面で「取り調べ担当官に好意と信頼を寄せて虚偽の殺害を自白することなど、根本的にあり得ない」とし、捜査の違法性を否定。「被害者を心肺停止状態にさせたのは、原告である」と主張した。
再審の無罪判決で、裁判長は「取り調べや証拠開示などが一つでも適切に行われていれば、逮捕・起訴はなかったかもしれません」と説諭したが、「滋賀県警としては、承服し難い」とも反論した。
西山さんは昨年12月、捜査の違法性を明らかにするとして、国賠訴訟を起こした。国は6月、「検事が有罪と認められる嫌疑があると判断したことには十分な理由があり、起訴の判断が合理性を欠くとはいえない」とし、検事の捜査に違法性はなかったとする書面を地裁に提出している。
16日の会見で、西山さんは「県の書面の内容はうそで、怒り心頭だ」と語った。代理人の井戸謙一弁護士は「予想外で大変不当」と強調。県の準備書面について「無罪とした刑事確定判決の判断を正面から否定するもの」「美香さんを再び馬鹿にし、その名誉を甚だしく毀損(きそん)するもの」などとし、県の代理人に撤回を求めたという。
無罪判決をめぐっては、県議会で昨年6月、滝沢依子・県警本部長が代表質問に対し「結果として(西山さんに)大きなご負担をおかけし、大変申し訳ない」と謝罪していた。県警監察官室は取材に対し、準備書面について「個別の案件についてはコメントを差し控える」とした。
(朝日新聞の記事から引用)

滋賀県が訴訟の当事者となっているわけですが、警察の仕事には口出しできません。教育行政が教育委員会に託されて、県の行政から独立しているように、警察の仕事も県の行政から独立しており、県知事といえども警察の仕事には介入できない仕組みになっているからです。それでも滋賀県警の予算は滋賀県の予算に組み込まれていますので、今回のような冤罪で損害賠償を請求された場合、県の予算の予備費から賠償金を支払うことになります。結果として滋賀県民の負担になります
滋賀県知事は冤罪という裁判結果を受け、西山さんに謝罪をしています。が、本来なら滋賀県警の本部長が謝罪するべきでしょう
警察官の不祥事があっても県警本部長が頭を下げるケースは滅多になく、本部長の下の刑事部長が謝罪会見で頭を下げる…というのが警察のやり方です
上記のように、県警本部長が県議会に呼ばれ、議員の前で謝罪を口にする例はありますが
今回のように滋賀県としては西山さんにしかるべき補償をして和解したいと考えても、滋賀県警が強行な姿勢を崩さず「西山が犯人」だと主張するなら、裁判で決着をつけるしかありません。ただ、これは滋賀県警独自の判断ではなく、当然ながら警察庁が指示しているはずです。つまりは「冤罪」との判決を下し、警察の面子を潰した裁判所に対するアテツケでしょう
ただ、刑事裁判と民事裁判はそれぞれ独立している、との考えですから、刑事裁判で冤罪との判決が示されても民事訴訟(国賠訴訟)では逆の判断が示される可能性も皆無ではありません。訴訟の行方を見守りましょう
余談ながら、「記念病院」という名称が全国にあります。これは日本財団や笹川保健財団からの寄付を受けた病院が名称に「記念」を付けたもの、という場合があります。それでない病院もあるわけですが。平たく言うと、「笹川良一記念病院」という意味付けのようです

(関連記事)
冤罪確定事件でも被告を犯人扱い 滋賀県警が謝罪
https://05448081.at.webry.info/202109/article_33.html
豊川男児殺害事件は冤罪か? 再審請求棄却
名張毒ぶどう酒事件 再審請求認めず
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
筋弛緩剤事件 仙台高裁が再審請求棄却
女児2人殺害の飯塚事件(1992年) 再審認めず
女児2人殺害の飯塚事件(1992年)再審なるか?
恵庭女性殺人を考える 大越受刑者が刑期満了で釈放
恵庭女性殺人を考える 冤罪とされる根拠
恵庭女性殺人を考える 再審請求を最高裁は棄却

パパ活で盗み繰り返した女子大生 被害は3500万円

援助交際という名前が過去のものとなり、今では「パパ活」と称して続いているようです
やっている中身に変わりはなく、売春して金を受け取るのですが、ホテルで男性がシャワーを浴びているスキに腕時計を盗んで逃げる手口を繰り返していた女子大生が逮捕されています
しかも盗みを繰り返した理由が生活苦や学費のためではなく、ホストに入れ込んだ挙げ句というのですから同情する気にもなれません
話題としてブログで取り上げるのも嫌なのですが、お付き合いください


女性が男性とデートなどをする見返りに金銭を求める「パパ活」で、会社役員の男性から高級腕時計を盗んだとして、警視庁は東京都内の私立大2年の女子学生(19)=東京都港区=を窃盗容疑で逮捕し、17日発表した。男性がシャワーを浴びている隙に時計を盗んで逃げたという。
麻布署によると、女子学生は7月21日午後9時ごろ、港区六本木のホテルで、会社役員の男性(37)から腕時計1本(約1300万円相当)を盗んだ疑いがある。被害者の男性とはマッチングアプリを通じて知り合い、それまでに何度か会っていたという。容疑を認め、パパ活を利用した同様の盗みを「ほかにも何件かやりました」と話しているという。
事件をめぐっては、この時計を盗品と知りながら質屋で売ったとして、この学生の知人で20代のホストの男が盗品等処分あっせん容疑で逮捕されている。学生は、ホストの男をひいきにしていた常連客だったといい、動機について「ひいきのホストを(店内の売り上げ競争で)ナンバー1にしてあげたい、という思いが強かった」と供述。「罪悪感はありながらも、盗みを続けてしまいました」と話しているという。
都内では、6月ごろから、会社役員らが、知り合った女に腕時計を盗まれる同様の被害が約10件、総額3500万円以上確認されており、警察が関連を調べている。
(朝日新聞の記事から引用)


よくもまあ、1300万円もの腕時計をして街を歩いている人がいるものだな、と感心します
芸能人とか実業家とか、功成り名を遂げた男性にとって高級腕時計は栄達の象徴なのでしょう。腕時計にまったく興味のない自分としては驚き、呆れるだけです。まあ、サラリーマン向け自己啓発本には、「ビジネスの際に腕時計でその人の価値が測られるので、安い時計をしていては出世できない」などと書かれていたりします。腕時計で人の価値を測るなんて、「どんだけ無能なんだよ」と言いたくなりますが
新人サラリーマンがローンを組んで高級時計を買うなど、あまりに馬鹿げた行為であり、それを推奨する自己啓発本など愚鈍の極みでしょう
話を戻して、逮捕された女子大生が盗んだ金額3500万円を賠償できるかどうか?
被害金額が大きいため、賠償できなければ実刑判決を受けて懲役もあり得るでしょう。もちろん、実刑判決を受けて服役したからといって3500万円の損害賠償がチャラになるはずもなく、請求されるのは変わりありません
分割払いでも、被害者たちに支払い続ける必要があります。上記のように腕時計は栄達の象徴ですから、被害者たちの怒りが簡単に収まったりはしません
「財布から1万円、2万円を抜いた」という犯行なら執行猶予付き判決もあり得ますが

(関連記事)
「女子高生の13%が援助交際」と主張する国連特別報告者
漫画の児童ポルノ禁止を日本に要請、国連報告者
千葉女性監禁殺害事件を考える1 幼なじみ
千葉女性監禁殺害事件を考える2 金銭トラブル
千葉女性監禁殺害事件を考える3 中野被告は無期懲役
千葉女性監禁殺害事件を考える4 主犯格少女は殺意を否認
千葉女性監禁殺害事件を考える5 主犯格少女も無期懲役
16歳少女を殺人、死体遺棄で逮捕
広島少女遺棄事件 7人で集団暴行か?
広島少女遺棄事件 少年少女たちの刑罰
広島少女遺棄事件 主犯少女に懲役13年判決
高校生がパチンコ店強盗 300万円奪う

池袋暴走事故 被告は控訴せず実刑確定

世間を騒がせていた飯塚幸三被告ですが、禁錮5年の判決に対し控訴せず、刑を受け入れる姿勢に変化したと報じられています
昨日16日が控訴期限でしたので、今日17日で禁錮5年を言い渡した判決が確定したわけです
ただ、飯塚被告側が被害者遺族と接触しているとの報道はありませんので、どのような意図・思惑があるのか不明です
あれだけ突っ張って無罪を主張し続けてきた飯塚被告が改心したのでしょうか?


おととし、東京・池袋で乗用車が暴走し親子2人が死亡し9人が負傷した事故で、禁錮5年の実刑判決を受けた飯塚幸三被告が「控訴しない意向」を固めたことが、関係者への取材で分かりました。実刑判決が確定する見通しとなりました。
おととし4月、東京・池袋の路上で、飯塚幸三被告(90)が運転する乗用車が暴走し、松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)が亡くなり、9人が重軽傷を負いました。
飯塚被告は今月2日、東京地裁で禁錮5年の実刑判決を受け、あす16日が控訴期限となっていますが、関係者への取材で、飯塚被告が「控訴しない意向」を固めたことが分かりました。この意向は弁護人にも伝わっているということで、検察側が控訴しなければ禁錮5年の実刑が確定する見通しとなります。
飯塚被告はけさ、犯罪加害者家族の支援を行っているNPOの理事長と面会し、「遺族に対して本当に申し訳ない」「裁判所の決定に従い、収監を受け入れ、罪を償いたい」と話したということです。飯塚被告は、高齢で自力での歩行も困難なため、実際に刑務所に収監されるかが今後の焦点となります。
(JNNの記事から引用)


考えられるのは飯塚被告の家族が本人を説得し、控訴して裁判を続けるような真似はするな、と働きかけたのでしょう
自宅マンションに右翼の街宣車が押しかけたり、脅迫状が何通も送られてきたりと、生活が脅かされる事態もあったようです
マンション住人たちも飯塚被告の味方というわけではなく、義理立てする必要もありませんから、関係は良好と言い難かったはずです
飯塚被告は弁護士に何度も、「実刑が確定したら自分は刑務所に収監されるのか。されないのか」と何度も尋ねたと思われます
医師の診断書に、「刑務所生活には耐えられる見込みはない。このまま自宅で安静加療が必要」と書いてもらい、この後提出する心づもりなのかもしれません。いわば、収監されないだろうとの見込みの上で、控訴せず判決を受け入れたと考えられるのです
ただ、検察としては診断書一通で判断を左右させるはずはなく、一旦は東京拘置所に収監し、飯塚被告の健康状態を医師が確認した上で交通刑務所に服役させるか、あるいは医療刑務所で服役させるか判断するのではないか、と予想します。車椅子が必要な状態だとしても、それで収監されないと決まっているわけではありません
事件後、飯塚被告を逮捕しなかったため警察や検察が批判されたのですから、今回も有罪判決が確定したにもかかわらず身柄を拘束しないまま「服役に耐えられないので収監しない」と決定すれば、「上級国民だから特別扱いするのか」と轟々たる非難を浴びるのは確実でしょう
交通刑務所に収監となれば、千葉県にある市原刑務所が交通事犯専門の施設なのでそこに送られると考えられます。医療刑務所となれば、東日本成人矯正医療センター(八王子に会った医療刑務所が昭島市に移転したもの)に送られます

(関連記事)
池袋暴走事故 実刑判決でも謝罪拒否
池袋暴走事故 飯塚被告の判決はどうなるか
池袋暴走事故 飯塚被告「刑務所に入る覚悟ある」
池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
前橋女子高生死亡事故 控訴審で禁錮3年の判決
前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う
前橋女子高生死亡事故 禁固4年6月を求刑
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故

福岡強姦事件 キスマークつけ懲役17年

酒を飲ませて酩酊させたり、薬物を飲ませて意識を奪った上で強姦する事件が続いています。被害届を出すはずがない、逮捕されるはずがない、逮捕されてもいくらでも反論できる、という考えなのでしょうか?
目撃者はおらず、証拠もないから犯罪と立証できないはず、と勝手に思い込んでいるだけのような気がします
福岡市の会社役員が女性をバーに誘い、睡眠導入剤をこっそり飲ませて強姦する手口を繰り返し、4件が立件され裁判になっていました
検察側の求刑懲役18年に対し、福岡地裁は懲役17年の判決を言い渡しています。検察側の主張がほぼ認められた反面、弁護側の言い分がすべて退けられた裁判、といえます
弁護人は「キスマークは自然と消えるものだから、傷害罪には当たらない」という奇妙な主張を展開したものの、受け入れられませんでした。つまり傷害に当たる、という判断です
判決を伝える読売新聞の記事とNHKの記事、2本を貼ります


睡眠作用のある薬物を飲ませて女性4人に乱暴したなどとして、準強制性交致傷罪などに問われた福岡市東区の会社役員小原光春被告(46)の裁判員裁判で、福岡地裁(柴田寿宏裁判長)は15日、懲役17年(求刑・懲役18年)の判決を言い渡した。
判決によると、小原被告は2019年11月、福岡市中央区のバーなどで知人女性4人(当時18~21歳)にそれぞれ睡眠導入剤を飲ませ、車でホテルに連れ込んで乱暴し、うち1人の首や胸にキスマークを付けて全治1週間の皮下出血を負わせるなどした。
弁護側は、キスマークは治療を必要としない軽微なけがで、同罪の傷害には当たらないなどと主張。判決は、治療に1週間以上かかり、隠すために仕事を休まざるを得なくなるなど日常生活に支障を来したとして、傷害に当たると認定した。
被告は被害者の裸なども撮影しており、柴田裁判長は「卑劣かつ悪質。被害者は死にたいと思う時もあり、厳しい非難は免れない」と指摘した。
(読売新聞の記事から引用)

知り合いの女性4人に睡眠作用のある薬を飲ませ性的暴行をした罪などに問われた被告に対し、福岡地方裁判所は「被害者の人格を無視した卑劣で悪質な性犯罪を繰り返した」として懲役17年の判決を言い渡しました。
福岡市東区の会社役員小原光春被告(46)はおととし11月、睡眠作用のある薬を知り合いの女性4人に飲ませて性的暴行をした罪などに問われました。
これまでの裁判では深刻な被害を受けた女性が「死にたい」などと心情をつづった調書が読み上げられ、検察は「被害者は心身に一生の傷を負ったまま生きていかなければならない」として懲役18年を求刑していました。
15日の判決で福岡地方裁判所の柴田寿宏裁判長は「被害者の人格を無視した卑劣で悪質な性犯罪を繰り返した。厳しい非難は免れない」と指摘しました。
その上で「被告はストーカー規制法違反による服役を終えてからわずか1年で犯行に及んでいて反省は認められない。規範意識に乏しく再犯の可能性がある」として懲役17年の判決を言い渡しました。
(NHKの記事から引用)


裁判官の「反省は認められない」という痛烈な発言が目につきます。キスマークは傷害にあたらない、とする弁護人の主張にも裁判官がカチンときたのかもしれません。弁護人は被告の主張に沿って弁護しますので、これは小原被告自身の考えとも受け取れます
それにしても小原被告がストーカー規制法違反で服役していた、というのには驚きました。それだけ女性をモノにしようという執念が強いのでしょう。なお、前科にあたるストーカー規制法違反事件がどのようなものだったか、調べていませんでの詳細は把握していません
服役した前科があるのにもかかわらず会社役員という身分ですから、同族会社で働いていたのでしょう(仕事をしていたかどうかは分かりませんが)
そしていつも書いているように、小原被告は被害者側と示談交渉して示談金を支払い、被害届を取り下げてもらうような働きかけをしていなかったと考えられます
つまり、裁判になっても無罪判決が出るはずと高を括っており、被害者との示談など考えもしなかったのでしょう。あまりに被害者を無視した態度です。結果からすれば、裁判官の心証を悪くしただけなのでは?

(関連記事)
就活生を強姦 リクルート子会社社員の公判始まる
就活生を強姦 リクルート子会社元社員9度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社元社員7度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社元社員5度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社社員逮捕
三菱UFJ銀行員 薬物レイプで懲役22年判決
就活女子大生レイプの住友商事社員はどうなったか?
住友商事元社員(慶大出)を就活生への強制わいせつで再逮捕
住友商事社員(慶大出)が就活生を強姦
「ミスター慶応」渡辺陽太 6度目逮捕も不起訴
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦で6度目の逮捕
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦や強盗の余罪
イケメン慶大生の強姦事件 家族の素性も暴露
イケメン慶大生を強姦で逮捕 ミスター慶応候補
また慶大生 強制わいせつで逮捕
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミス慶応中止 レイプ動画を拡散させる学生たち
電通女性新人社員、100時間残業で自殺の波紋
共同通信人事部長 女子大生に手を出しクビに
連続強姦魔 原田義人に無期懲役判決
強姦の元NHK記者に懲役24年求刑
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年

猪苗代湖ボート殺人 佐藤剛容疑者逮捕

2020年9月、福島県の猪苗代湖で泳いでいた母子が突っ込んできたプレジャーボートに巻き込まれ、小学生の男児が死亡、母親が両脚切断の重傷を負う事件がありました
遺族が犯人に名乗り出るよう呼びかけたものの、反応はないままでした。事件のあった日、猪苗代湖にプレジャーボートが何艘も出ていたという話ですが、走らせていた犯人が自身の過失に思い当たらないはずはありません
事件から1年を経て、ようやく建設会社社長、佐藤剛容疑者(44)が逮捕されています
逮捕されなければそのままばっくれるつもりだったのでしょう


去年9月、福島県会津若松市の猪苗代湖で、沖合で泳いでいた家族などが通りかかったボートに巻き込まれ3人が死傷した事故で、警察は当時このボートを操縦して事故を起こしたとして、東京の会社役員を業務上過失致死傷の疑いで逮捕しました。調べに対し、容疑を否認しているということです。
去年9月、会津若松市の猪苗代湖で、水上オートバイを使ったレジャーの順番待ちのため、ライフジャケットを着けて沖合で泳いでいた家族などが通りかかったボートに巻き込まれ、小学3年生だった千葉県野田市の豊田瑛大くん(当時8)が死亡しそばにいた母親が両足を失うなど2人が重傷を負いました。
警察によりますと、事故が起きたのは岸から200メートルから300メートルほどの沖合で、当時、多くの船が航行していたことから、警察は現場を通った可能性があるボートの所有者らに当時の状況を確認するとともに、数隻のボートを押収して船体を調べるなど、事故を起こしたボートの特定を進めてきました。
その結果、東京 中央区の会社役員佐藤剛容疑者(44)が事故を起こしたとして、14日業務上過失致死傷の疑いで逮捕しました。
警察によりますと、調べに対し当時現場付近でボートを操縦していたとしたうえで、事故については「身に覚えがない」などと容疑を否認しているということです。
この事故をめぐっては、運輸安全委員会も原因の調査を進めています。
遺族「悲しみは癒えない」
逮捕を受けて、亡くなった豊田瑛大くんの両親は「このまま犯人が特定されないかもしれないと不安な日々を今まで送ってきました。犯人が逮捕されたと聞いて一応安どしていますが、逮捕されても瑛大を失った悲しみは癒えません。今後、真実が明らかになることを願っています」というコメントを出しました。
(NHKの記事から引用)


「心当たりはない」と言い張る佐藤容疑者ですが、当時、ボートには10人ほどの友人・知人が乗り合わせており、同乗者が走行中に撮影した動画には異変に気付いて「やばい」などと慌てる関係者の声が記録されていた、と別の報道では伝えています。佐藤容疑者は「何も無かったよな」などと口止めしていたことも判明しており、事故を認識した上で隠蔽を図った可能性があるとみられます
佐藤容疑者は自身のフェイスブックに高級車の写真を何枚を載せたり、有名レストランで食事をしている姿を披露するとか、セレブ振りを披露するのに熱心な人物だったようです
ただ、事件の方は業務上過失致死傷容疑であり、懲役5年以下というのが法律の規定です(自動車による事故の場合、法定刑が懲役7年以下に改正されたのですが、あくまでも自動車運転による事故に限り船舶による事故には適用されません)
なので、被害に見合った刑罰、というわけにはいかず遺族側は民事訴訟で損害賠償請求し、償いをさせるしか選択肢がありません
佐藤容疑者は犯行を否認したまま裁判で争うつもりなのでしょうが、プレジャーボートに乗っていた者の証言や動画が過失を立証するはずです
今年もプレジャーボートで海水浴客の間近を横切ったり、水上バイクで暴走するなど、危険な事案がいくつも発生しています。レジャーだから何をしても許されるわけではなく、危険行為は厳しく取り締まる必要があります

(関連記事)
猪苗代湖ボート殺人 佐藤容疑者はやり手社長
https://05448081.at.webry.info/202109/article_34.html
駒沢大吹奏楽部 野尻湖水死事件で和解成立
https://05448081.at.webry.info/201701/article_23.html
合宿中の大学生2人が湖に飛び込んで死亡
http://05448081.at.webry.info/201305/article_5.html
浜名湖のボート訓練で中学生死亡
http://05448081.at.webry.info/201006/article_44.html
浜名湖ボート事故 何のための学校行事か?
http://05448081.at.webry.info/201006/article_49.html
浜名湖ボート転覆事故裁判 施設管理者に有罪判決
http://05448081.at.webry.info/201511/article_20.html
自ら掘った落とし穴に転落し夫婦死亡
http://05448081.at.webry.info/201108/article_49.html
海岸の落とし穴に転落死亡の夫婦 夫の両親が友人らを提訴
http://05448081.at.webry.info/201211/article_14.html
落とし穴事故で妻と友人に4100万円の賠償命じる判決
https://05448081.at.webry.info/201410/article_16.html
西伊豆電気柵感電事故死を考える1 安全管理欠如
http://05448081.at.webry.info/201507/article_27.html
西伊豆電気柵感電事故死を考える2 440ボルトの電流
http://05448081.at.webry.info/201507/article_30.html
西伊豆電気柵感電事故死を考える3 容疑者自殺
http://05448081.at.webry.info/201508/article_7.html
日本人観光客 万里の長城ツアーで死亡
http://05448081.at.webry.info/201211/article_8.html

「日本が衰退している」とフェイクニュースに躍る韓国

韓国メディアの報じるところによれば、東京オリンピックもパラリンピックも「大失敗に終わった」のだそうです。史上例を見ないコロナウィルス感染下でよくもあれだけのイベントを開催できたものだ、と自分は驚いており、関係者の努力に感嘆するわけですが(不満な点は数多くあれど)
事前にあれだけ韓国メディアが騒ぎ立てていた「日本の食材は放射能に汚染されている」問題も、結局は韓国メディアと韓国選手団だけが何やら喚いていただけで、他の国の選手たちは問題視していなかったと明らかになっています
さて、デイリー新潮の記事では、韓国政府や韓国メディアがこれでもかというほど「日本は衰退している」、「韓国は日本より成長している」などなどの話題を提供し、国民を煽っていると暴露しています


【韓国】「衰退する日本」記事修正で赤っ恥、「日本の滅亡」を喧伝するフェイクニュースに躍る悲哀
(前略)
公共企業・準政府機関は軒並み純損失
このような実態に、ファンドビルダーの名で活躍している韓国の論客が言及した原稿が面白かったので少しご紹介したい。
ファンドビルダー氏は「政府などのフェイクニュースに騙されて日本が本当に滅びると信じ、その日を指折り数える韓国民は多い。しかし、その者らの期待に反するように、日本の2021年上半期の経常収支は上昇の兆しさえ見られる」と綴っている。
実際にデータを見ると、日本の財務省が8月に発表した上半期の経常収支は約10兆4675億円の黒字で前年比50%の増加であった。これは6年振りの高水準で、コロナ禍前の2019年上半期の約10兆2587億円の黒字と比較しても遜色ないものだ。
経常収支の黒字だけを理由に「日本は安泰だ」とは言い難いが、これ以外のデータを見ても日本の状態はそう悪くない。「衰退する」の根拠はどのあたりなのだろう。
一方の韓国も2021年上半期の経常収支は約4億8700億円で、2016年以来5年振りの高水準である。前年比133%増で14か月連続の黒字だ。
文在寅大統領率いる韓国政府も、これらのデータを基に「韓国経済は回復傾向にある。ただし、これが実際の生活に影響を与えるにはもう少し時間を要する」と国民に述べている。そもそも経常収支だけで国の経済実態を語るには十分ではないのだが、これを根拠に韓国が回復傾向だというのなら日本も同様である。
楽観的な文大統領
彼らの流儀に従って、韓国経済にとってマイナスの要素を見てみよう。
例えば、韓国電力と発電子会社6社は今年、約3757億円の当期純損失を計上すると発表した。鉄道公社と仁川国際空港公社も計1878億円ほどの純損失を予測している。公共企業・準政府機関15社で見てみると、約6273億円規模の純損失を記録するとの見通しを示しており、これは昨年比2倍となる。
先月に発表された韓国の国家債務も約101兆円と初めて大台を超え、文政権発足前の2017年の約62兆円から70%弱も増加していることになる。加えて、2017年に約2兆6000億円の赤字だった管理財政収支も来年には約9兆円にまで膨れ上がる見込みだ。加えて、韓国銀行の発表したデータによると、家計債務残高が約172兆円と過去最高を更新している。
(以下、略)


一般の方はよほどのことがない限り、朝鮮日報日本語版やハンギョレ新聞日本語版のウェッブサイトを目にしないと思います。そこには上述したように「日本は衰えた」、「日本が失敗した」という記事、韓流自慢の記事が溢れかえっています
つまりはそうした記事が韓国読者の関心の的であるからこそ、報じる頻度も高いのでしょう
しかし、報道内容には嘘も混じっており、事実を都合よく取捨選択して、「韓国が日本に勝った」と受け取れる記事に仕立てている実態がありますし、有識者や大学教授という人物でさえ、あからさまに「韓国が勝った」とする記事を寄稿したりします
では、上記の記事に目を移しましょう
「韓国の電力料金は日本より安い」のは知られた事実ですが、実際は電力料金を政府が安く抑え、発生した赤字を政府が穴埋めしているというだけの話です。その結果が3700億円の赤字であり、これを政府が穴埋めするため国民の税金が使われるのです
仁川空港の赤字も同じようなもので、世界各国の航空会社を乗り入れさせるため離発着料を安く抑えるというのが韓国政府の策です。結果として毎年巨額の赤字を計上しており、韓国政府が穴埋めしています
日本では空港の建設費・維持費を離発着料で賄う仕組みのため、この料金がどうしても高くなります。外国の航空会社は日本への乗り入れを止めて、仁川空港を選ぶわけです
こうした「見せかけの安さ」を演出するために赤字が生まれ、政府が穴埋めする仕組みが果たしてどこまで通用するのでしょうか?
他方で韓国の労働慣行は昔のままであり、いまだに週休2日制は導入されていません。大手企業は一部の管理職以外40歳代半ばに定年退職をする仕組みであり、退職後は非正規労働者として働くか自営業者になるしかありません
60歳まで働き、なおかつ再雇用や雇用延長の仕組みがある日本とは大違いです
なので、「衰退した」と言われる状態でも、日本での生活は悪くないと思えるわけです

(関連記事)
韓国が主張した「日帝呪いの鉄杭」 測量の三角点だったと認める
日本のスーパーコンピューター「富岳」に嫉妬する韓国
山中教授のノーベル賞を悔しがる韓国
韓国「ノーベル賞は公平でない。韓国も受賞できるはず」
「原発事故で日本総理は韓国移住決意」という韓国のトンデモ小説
韓国「南北統一で日本を抜き先進国へ」
日本の皇室に嫉妬する韓国
「朝鮮半島統一を望まない日本」と書く中国メディア
韓国の仮想戦記小説 日本を植民地に
通貨スワップ終了で韓国逆ギレ 「通貨危機は日本のせいだ」
「アベノミクスよりクネノミクスが上」だと誇示する韓国メディア
韓国ドラマ売上激減
ウォン高に揺れる韓国 日本への恨み節
韓国メディア「K-POPで日本を超える経済大国に」
Cool Japanに勝利したCool Koreaと報じるメディア
作家中沢けい「韓国は8つも偵察衛星をもっている」発言で炎上
「はやぶさ2」の成功を羨む韓国
迷走する韓国の宇宙計画
韓国「宇宙開発の遅れ このままでは乞食になる」

高校野球部コーチがわいせつで再逮捕 10年前から

「冗談半分でやっていたが、徐々にエスカレートしてしまった」
逮捕時にそう釈明していた水落雄基被告ですが、犯行は決して冗談半分などではなく、野球部員の男子高校生を相手に10年前から繰り返し行われていたと白状しています
水落被告は認めたくなかったのでしょうが、いわゆる同性愛志向があって男子高校生を無理やり同性愛行為に引き込んでいたと考えられます
同性愛者には一定の理解を示しているつもりですが、未成年者を同性愛行為に引き込むのは明らかに犯罪ですし、教育者や指導者の立場にある者が生徒に手を出すべきではありません


大阪市内の私立高校で野球部員にわいせつな行為をしたとして強制わいせつ容疑で逮捕、起訴された元同校講師で野球部コーチだった水落雄基被告(31)について、大阪府警は13日、別の部員に性的暴行をしたとする強制性交致傷容疑で再逮捕した。水落被告は容疑を認め、「教え子であれば、ばれないだろうと高をくくっていた」と供述しているという。
発表では、水落被告は昨年11月23日午前0時~2時頃、「マッサージをする」と寮の自室に男子部員を呼び出して乱暴し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせた疑い。
府警には、同校の部員14人から被害の申告があり、「誘いを断ると練習やレギュラーを外される」と説明した部員もいたという。
水落被告は昨年4月に同校に赴任。前任校でもコーチを務めていた。「10年ぐらい前から生徒らにわいせつな行為を繰り返していた」と供述しており、府警は関連を調べる。
(読売新聞の記事から引用)


元々同性愛志向だったと思われます。野球歴では、東福岡高校では2年生の夏、投手として甲子園での優勝に貢献していますので、プロから指名されるのでは、との期待が本人にも周囲にもあったのでしょう。しかし、ドラフトでの指名されず、福岡大学へ進んで野球は続けたものの、さほどの活躍はできなかったのかもしれません。だから特別、というわけでもなく、プロ野球選手を目指しても叶わない者が圧倒的に多いのが現実です
ただし、水落被告はそこで野球を諦めきれず、高校の講師を務める傍ら野球部の指導をする選択をします。おそらく常勤扱いでも1年契約の講師であり、正規の教員に比べれば待遇も劣っていたはずです。その代わり、野球部員を自分の性欲解消の道具として利用したのであり、従わない野球部員はレギュラーから外すという報復をしていた…という話です
同情の余地はありません。プロ野球選手になれなかったのも、左腕投手として光るものがなかったからでしょうし、本人の問題です
被害届けを出した生徒と示談を締結して(慰謝料を支払って)、被害届を取り下げてもらうのは難しいと考えられます。中には転校を余儀なくされた生徒もおり、その費用も水落被告の犯行によって生じたとして損害賠償請求されるかもしれません
犯行は悪質で、被害者は水落被告を厳しく罰するべきと求めている以上、実刑判決が下されるでしょう
自分が同性愛者であると自覚していたのなら、野球の指導から離れ、少年と接する機会の少ない職を選ぶべきだったのでは?
その上で、水落被告が成人男性相手に合意の上、あんなことやこんなことをするのを責める気はありません

(関連記事)
高校野球部コーチがわいせつ 被害者は50人?
https://05448081.at.webry.info/202109/article_31.html
高校野球部コーチが部員にわいせつ逮捕 大阪
甲子園優勝の千丸被告 控訴審でも懲役5年
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将の転落人生
愛知県教諭 男児に強制わいせつで懲戒免職
わいせつ教師 「くすぐっただけ」と主張も懲役4年
小6男児にわいせつ 小学校教諭逮捕
男児を強姦 ボランティアの男逮捕
修学旅行で男児生徒にわいせつ行為 高知の教師
立命館付属高校で教師が生徒にわいせつ行為
高校教諭 AV見せて男子生徒の股間を触り懲戒処分
少年愛と性犯罪の境界(再掲)
中学生徒にわいせつ 大阪明星学園教師逮捕
わいせつ教師中村洋一郎 児童ポルノ交換も

高校に侵入しセーラー服姿に 服装倒錯という症状

今年の7月、和歌山県の公立高校に男が侵入し、女子のセーラー服やスカートを身に着け校内を歩き回っていたとして55歳の男性が逮捕される事件を取り上げました。この種の事件を手がかりに、服装倒錯あるいは異性装フェティシズムと呼ばれる症状について考えてみようというのが今回の狙いです
さて、逮捕された男性は55歳ですが、実は10年前にも同じ手口で女子体操服を盗み、逮捕されています


和歌山市内の高校の教室に忍び込んで女子生徒の体操服を盗んだとして、和歌山西署は12日、紀陽銀行松江支店営業課長代理、A容疑者(44)(和歌山市梅原)を窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕した。
発表によると、A田容疑者は昨年6月29日から7月9日までの間、同市内の和歌山県立高に侵入、1階教室から女子生徒の体操服上下を盗んだ疑い。
校内で見つかった遺留物からA容疑者を突き止めた。「ほかにも数回、この高校に侵入した」と供述し、容疑を認めているという。
紀陽銀行の大門忠志広報室長は「行員が逮捕され、誠に申し訳ない。事実関係が明らかになれば、しかるべく処分をしたい」とコメントした。
(読売新聞の記事から引用)


A容疑者は2005年から何度も高校に忍び込み、体操服やセーラー服を盗んでいたとして懲役3年執行猶予4年の判決受けています。そして再犯で捕まったのであり、これは病気と考えるべきケースでしょう。前回に述べたように、繰り返し逮捕される前に治療を受けようとしなかったのは疑問です
治療を受けなかった理由として考えられるのは、自分の甘美な幻想(女子高生になりきって、あんなことやこんなことをして快楽に浸りたい)を手放したくなかったから、なのでしょう
下着盗の場合は、数百枚もの下着を盗んで貯め込み、盗みそのものが目的化してしまってやめられなくなるケースがあります。これは下着の数だけ女性の私生活の一部を盗み取り、自分のものにする快楽から逃れられなくなるため…と考えられます。下着を自慰行為に使うとしても、それだけが目的ではありません
上記のA容疑者の場合、女装だけが目的ではなく、高校に侵入する行為それ自体が女子高生の生活に侵入する行為であり、その中で自分の思い描く幻想に浸り、物語を紡いで快楽を追求しようとする欲求に抗えなかったと考えられます
MSDマニュアル(アメリカで広く使われている医師用診断マニュアル)では服装倒錯を以下のように定義しています


服装倒錯(transvestism)では、異性装により反復的な強い性的興奮が生じるもので、それが空想、衝動、または行動として現れることがある。異性装障害(transvestic disorder)は、著しい苦痛または機能障害を引き起こす服装倒錯である。
服装倒錯はパラフィリアの一種であるが、異性装者の大半はパラフィリア障害の臨床診断基準を満たさず、その基準では、本人の空想、強い衝動、または行動によって苦痛または機能障害が生じてるか、他者が害を被っていることが要件とされている。また、この状態が6カ月以上認められることも条件の1つである。
異性装を行う男性の一部はそれを強迫的に行い、自身の行動により苦痛と機能障害が生じていることがなお事実であるとしても、国際疾病分類(International Classification of Diseases:ICD)の次回改訂時には異性装フェティシズムを削除すべきであると考えている学者もいる。
「クロスドレッサー(cross-dresser)」は、「異性装者(transvestite)」よりも一般的で容認されやすい用語である。 異性装および異性装障害は出生時の性が女性である場合は極めてまれである。
女性の衣服を着用する異性愛の男性は、典型的にはそのような行動を小児期後期に始める。男性の最大3%が異性装を行って、それにより少なくとも一度は性的刺激を覚えるが、定期的な異性装を報告する男性はそれよりはるかに少ない。異性装は、少なくとも当初は、強い性的興奮を伴う。衣服それ自体によりもたらされる性的興奮はフェティシズムの一種と考えられ、異性装とともに生じる場合もあれば、異性装とは別で生じる場合もある。
治療
・社会的支援団体
・ときに精神療法
大半の異性装者は治療を求めて受診しない。受診するのは通常、困った配偶者に連れて来られた人、裁判所から紹介されてきた人、または社会的および職業的に好ましくない結果を経験することへの懸念から自ら受診した人である。併存する性別違和 、物質乱用 、または抑うつ の治療のために受診する異性装者もいる。
異性装を行う男性のための社会的支援団体がしばしば大きな助けとなる。
確実に効果を示す薬剤は存在しない。
精神療法の適応がある場合は、自己受容とリスク行動の修正が目標となる。


本人に治療動機がない場合、治療も難しいのが現状です。異性装で悩みを抱える人の集まる互助団体のようなものがあれば、そこで話し合う手立てもあると考えられますが、治療のための方法論が確立されていわけではないので、手探り状態でしょう
もちろん、それ以前に心療内科を受診するとか、カウンセリングを受ける手もあります(本人が希望すれば、ですが)
そこからいくつかの心理療法を試みるうちに、何か有効な対処法が見つかるかもしれません
繰り返し万引を行うクレプトマニア(窃盗症)については裁判官の理解もあり、障害と認める判例も出ています(だからといって無罪放免になるわけではありません)
他方で性にまつわる症状についてはまだこれを病気(障害)と扱うほど、司法の理解が進んではいません。なので、上記のA容疑者についても窃盗罪で有罪判決が下されるのでしょう
マレーシアでは服装倒錯者を収容する矯正施設をつくる、というニュースもありました。イスラム教国として服装倒錯者が街を出歩くなど許せないのでしょう。これは治療という言うよりも、刑罰を科す内容ではないかと思われます。なので、治療効果は期待できません

(関連記事)
高校に侵入しセーラー服姿に 窃盗で逮捕の55歳
セーラー服で女装露出の37歳警部補逮捕
女装で窃盗 逮捕されたプロゴルファー
44歳教師 下着なしミニスカート姿で逮捕
学校の総務課長(53)が女子高の体操服を盗み、逮捕
体操服泥棒 自宅から600着も
「キングオブコメディ」高橋被告に執行猶予判決
「キングオブコメディ」高橋 2007年に痴漢で逮捕
「キングオブコメディ」高橋容疑者は洗脳願望と書くLITERA
「キングオブコメディ」高橋 女子校制服盗で逮捕
「セーラー服は軍服、廃止せよ」と毎日新聞
女装して女湯に入り逮捕される事件を考える
児童の上履き300足盗む フェチ男逮捕
相模原母親殺害 犯人は女装癖の息子
県職員が靴下フェチ 洗濯物窃盗で逮捕
盗撮バレて暴行 小学校教頭の乱行
盗撮して暴行の小学校教頭 懲戒免職処分に
性犯罪者に対する薬物療法の実際
家でアダルトビデオを見る夫 悩む妻1
家でアダルトビデオを見る夫 悩む妻2
家でアダルトビデオを見る夫 悩む妻3

「論破したがる人は頭が悪い」のか?

橋下徹やひろゆきのように相手を論破し、やっつけるスタイルが人気を博した理由、原因はいろいろあるのでしょうが、それを究明するのが狙いではありません
政治家にとって重要なのは新聞記者や政敵を論破することではなく、有権者を納得させたり、国会議員同士で合意を形成して法案成立に必要な多数を確保することなのでしょう
つまりは反対意見を抱く人、懐疑的に見ている人、賛否をためらっている人をどう説得し、味方につけるかが重要です
「SPA!」掲載の記事に、東大生が「“すぐに論破したがる人”は頭が悪すぎる」と考える理由、と題した記事がありましたので取り上げます


東大生が「“すぐに論破したがる人”は頭が悪すぎる」と考える理由
東大生が「論破ブーム」に抱く違和感
皆さんは日常の中で「論破」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか? 最近ではYouTubeのみならず、テレビ番組などでもこの言葉が取り上げられています。
こうした番組では「論破=相手の意見を封殺して倒すこと」と思われているようです。
ですが、実はこの「論破」の用法は間違っています。
これは論破ではありません。ただのいじめやマウンティングです。
適切な議論が行われていないなら…
なぜなら、これらの「論破」は、議論という重要なプロセスを経ていないからです。議論を経て、相手の説を破ることを論破というのであって、適切な議論がなされていないなら、それは「ただの子供のケンカ」と呼ぶのが相応しいでしょう。
東大生はこのような間違った「論破」をしません。それは、大学の授業やゼミナールなどで、議論について徹底的に学ばされるためです。一方的に相手の意見を封殺することは、議論ではないということを知っています。
今回はYouTubeやテレビにはびこる「間違った論破」についてお伝えします。
議論のゴールは「相手に勝つこと」ではない
そもそも、議論とはただの口げんかのことではありません。反対意見を持った人たちが集まれば、自然と議論になるわけではないのです。
議論とは、異なる意見を持った人々同士が話し合いを経て、双方の妥協点を探っていくこと。議論のゴールは「相手に勝つこと」ではありません。あくまで「お互いに納得すること」です。
なので、どちらかが明らかにおかしいことを言っている場合には、議論が成立しません。
たとえば、どちらか一方が「1+1=3である」というような、明らかに間違ったことを言っている場合、これは議論にならないわけです。
お互いの合意を得るためにやるべきこと
また、一方的に相手方の意見を批判して、強制的に試合終了とするのもまた議論ではありません。相手方との対話、話し合いという議論の本質を無視する行為だからです。
議論をする場合、必ず「双方ともに」それぞれの利点や批判点、それに対する反論を行うことが必要になります。これは議論をフェアに進行していくためです。
両者がともにいい点、悪い点を比較、検討することで、最終的なお互いの合意を得ることができます。
(以下、略)


合意形成と説得、あるいか懐柔という手法を東京大学が教えているのかどうかは不明ですが、おそらくゼミなどの討論の場では論破より重視されているのかもしれません
学校へ行かないと宣言している少年革命家ゆたぼんは、残念ながら合意形成や説得といった手法を学ぶ機会がないまま、学校教育をひたすら批判する論破王の道を歩むのでしょう。それもまた選択です
実社会においても合意形成と説得が重視されるのは言うまでもなく、むしろ論破しようとする人間は場を乱す者という扱いを受けます
エンターティメントとして「朝まで生テレビ」のような番組は議論の場ではなく、考えの違い者同士が主張をぶつけ合い、ヒートアップする様を見せようと仕掛けが施されたものであり、出演者が興奮すればするほど見ている側も盛り上がるという計算に基づいています
そこでは相手を論破するような強烈な言い回し、暴言、議論をひっくり返すテクニックが重視されるわけで、合意の形成など最初から求められません
さて、上記の記事には概ね賛同するわけですが、ただしこれは会社の中とか、限られた空間で、選ばれたメンバーの中でこそ可能であり、利害の対立する相手や最初から敵対している集団相手には通用しないのでは?
ツイッターで有名人に絡み、論破してやろうと意気込んでいる人間にも、当然ながら通用しないでしょう
もちろん、敵対している相手を論破したところで戦争になるだけですから、難しいわけですが
論破する人物を持て囃す風潮に水を差す効果が少しでもあれば、と思って取り上げました

(関連記事)
「政治家のSNSブロック」は問題か?公共性?
作家川上未映子をネットで中傷 320万円の賠償命令
作家川上未映子がネットの中傷に賠償求め提訴
通産官僚ブログ「復興は不要」と書いて炎上騒動
全裸写真投稿で炎上の早大生 大学は処分の方針
終わらないバカッターの夏 炎上騒動の後
スーパーの冷蔵ケース入った専門学校生 退学処分に
ピザハット店員が顔に生地を貼りツイッター炎上
しまむら店員を土下座させた主婦 身許がバレて炎上騒動
青学女子大生 実名写真付きで不倫自慢
「同僚の酒にハルシオン入れた」 ツイッターで騒動
「飲酒運転なう!」と書き込んだ東大生 炎上騒動
アディダス女性店員がツイッターでJリーガーに侮辱発言
ベッキーLINEまた流出 不倫関係は継続
LINE情報漏えい 中国韓国が個人情報採取か
マイケル・サンデル「白熱教室」のデタラメ
「少年革命家ゆたぼん」父とひろゆきのバトル
少年革命家ゆたぼんを考える

「政治家のSNSブロック」は問題か?公共性?

河野太郎規制改革担当大臣が自民党総裁選挙に立候補したのを受け、ツイッターで特定ユーザーをブロックしているとの批判が起こり、「けしからん」とか「公共性を無視している」などと議論が交わされています
Newsポストセブン掲載の記事でも、「SNSに求められる公共性」と題する記事が掲載されていますので取り上げます
そもそもSNSとは私的な交流の場として始まったものです。以前ブームとなった「mixi」は参加するのに、既に入会している登録ユーザーから招待を受けないと利用登録ができない完全招待制を採用していたため、「出れも気軽に」とはいきませんでした
が、その後は誰でもカウントを登録できて気軽に参加できるツイッターに利用者が集まるようになり、利用者が増えるにつれ、ツイッター上での誹謗中傷、デマが問題になってきました
そのためブロック機能が活用されるようになった、と理解します
芸能人であれ、政治家であれ、一般人であれ、ブロック機能を使ってはいけないのでしょうか?
粘着してくるアンチを遮断する意味で、ブロック機能は有効かつ有用であり、それは芸能人でも政治家でも、一般人でも同じです
公共性を理由に「ブロックするべきではない」との主張が自分には理解できません


「政治家のブロック問題」から、SNSに求められる「公共性」を考える
〈デジタル時代の官民のインフラを今後5年で一気呵成に作り上げること〉を目指すデジタル庁が9月1日、発足した。“デジタル社会”の実現へと向けた動きが加速する中、政治家によるSNS利用のあり方にもあらためて注目が集まっている。なかでも、9月10日に総裁選への出馬を表明した河野太郎行政改革・ワクチン担当大臣による、以前から一部で問題視されてきたTwitterでのブロック行為が再び物議を醸した。
河野大臣といえば、これまでもTwitterで躊躇なくブロック機能を行使することが賛否両論を呼び、一部のネットユーザーからは“ブロック太郎”と揶揄されることもあった。
9月7日にはTwitter上でハッシュタグ「#河野さんにブロックされています」がトレンド入りし、河野大臣による、特定のアカウントに自身のツイートを表示させなくするブロック行為が議論を呼んだ。反響を受けて河野大臣は「SNS上で誹謗中傷されて悩んでいる方は非常に多くいらっしゃる」「(ブロック機能を使うことは)問題ない」と説明したが、匿名アカウントからの罵詈雑言や誹謗中傷のみならず、実名アカウントからの批判や疑問までシャットアウトするかのような行動を疑問視する声も多い。
SNSに限ったことではない。2018年には記者会見で日露関係について問われると、当時外務大臣を担当していた河野大臣は「次の質問どうぞ」と繰り返しスルー。後日、謝罪の弁を述べるとともにそのような対応を取った理由について説明したが、やはり説明責任を果たしていないという批判が一部からは寄せられた。

国会質疑で噛み合わない議論が目につくようになったのはいつからなのか、確定的な指摘は難しいと思います。最近では安倍元首相の紋切り型の答弁が印象にあり、安倍政権が原因だと思われる方も多いのでしょうが、その昔の小泉元首相も国会答弁では相手の質問に応じずばっさりと切り捨てる答弁を繰り返していました。その断定的な物の言い方に、一部の国民やメディアは拍手喝采したわけですが(歯切れがよい、言いたいことがはっきりしている、などなど)
背景としては野党や記者の質問能力の低下、もあります。また、新聞記者の質問をあげつらい、批判し、論破する方法で人気を獲得した橋下徹元大阪市長の戦術が若者や政治家を刺激し、それを真似る風潮が定着したとも指摘できます
なので、SNSでは建設的な議論を期待しても無駄であり、追従を書き込むか、相手を論破しようと試みるか、罵詈雑言をぶちまけるか、極めて限られた使い方しかできないと自分は考えます

公共政策と情報社会論が専門の西田亮介・東京工業大学准教授によれば、河野大臣によるTwitter上でのブロック行為が物議を醸した今回の一件は、こうした“説明しない政治家”が蔓延していることと絡めて考えることができるという。
「菅義偉現政権も安倍晋三前政権も、日本の政治では『政治家が説明しない』という問題が長らく指摘され続けてきました。なぜコロナ禍の中でオリンピックを開催するのか、なぜ緊急事態宣言を繰り返し発出したり前倒しで解除したりするのか、場合によっては、政治家は信念のために国民を説得するべき存在であるはずなのに、国民が納得できるしっかりとした説明は全くといってよいほどないですよね。記者会見や国会の質疑応答でマトモに答えないことも日常茶飯事です。いまではすっかり常態化してしまいました。

西田准教授は「為政者が説明しようとしない」を前提に語っているのであり、それ以前の前提を無視しています
国会質疑でも記者会見でも、政治家の発現の言葉尻をとらえ責任を追及し、辞任しろと迫るだけの幼稚な場と化しているのであり、丁寧な回答を求める前に丁寧な質問をしろよ、と言いたくなります(蓮舫、辻元、その他)
1970年代から80年代にかけて活躍した社会党の大出俊議員は「国会の止め男」と綽名され、衆議院予算委員会での緻密にして鋭い質問でしばしば閣僚を立ち往生させ、審議をストップさせました。政府提出資料の誤りを突いたり、官僚(政府委員)の説明と閣僚の説明の矛盾を指摘するなどし、「そんな説明じゃ質問できませんよ」と言い放つ、縦縞スーツのに金縁眼鏡のオラオラ系ヤクザみたいな人物でした
政府側が答えに窮し、それでもなお何か説明しないと場が収まらない、という雰囲気を演出できる野党議員でした
残念ながらいまではそんな芸ができる政治家はいません

河野大臣のTwitterブロック騒動は、“説明しない政治家”を当選させてきた有権者にも原因の一端があるというわけだ。Twitterでのフォロワー数が230万人以上にものぼる河野大臣がSNS上でそうした振る舞いを続ければ、他の政治家にも影響をもたらすことになりはしないだろうか。西田准教授は「こうしたSNSの使い方は河野大臣のオリジナルというわけでもないでしょう」とも指摘する。
「河野大臣のSNSの使い方は、おそらく橋下徹さん的なものに由来していると見ることもできるような気がします。つまりブロックやメンションといったTwitterの機能をフルに活用し、カジュアルな表現を駆使し、積極的にTwitter上で議論を交わし、学者や論客、他党の政治家といった権威を論破し、こき下ろしててみせる。そしてこうしたやり方に支持が集まっているわけです。河野大臣が総裁選に担ぎ上げられていることを見ても、若手政治家たちが注目していると言うことはできますよね。若い世代の政治家のほうがSNSを使いますし、耳目を集める使い方も簡単に学習されていくので、ますます政界に蔓延していくことになると思います。

橋下徹や「論破王」ひろゆきの影響もあって、ツイッターで相手に絡み議論をふっかけ、論破するスタイルが流行っています
しかし、そこから何かが生まれるはずもなく、遺恨だけ残るのでしょう
政治家としては己の考えをアピールするためにSNSを利用するのであって、一般市民と議論を交わしたいわけではありません
ツイッターに延々と書き込んで議論を交わすなど、時間的に無理がありますし、実りのある対話などできるとは思えないのです
だから、「SNSは公共の場だからブロックしてはいけない」などという指摘は理解不能です
プロレスラー木村花さんが誹謗中傷を受け自殺した件についても、ファンの書き込みに真摯に対応しようとした誠実さがかえって彼女を苦しめる結果になりました。粘着してくるユーザーを早々にブロックしていれば、また違う結果になったのではないでしょうか?
タレントとて生身の人間ですから、自分の身を守るためにはブロックすべき時はブロックして当然です
政治家も同じでしょう
国会質疑の場合、大臣を辞任に追い込んでポイントを稼ごうとする今の野党のような、目先ばかり追い求めるやり方が大いに疑問です。政策論争が必要だと言いつつ、対案も提示できない野党の能力に問題があるのでは?
ツイッターで誹謗中傷を繰り返す人物の個人情報を開示させるには、いちいち裁判を起こしてツイッター社と争わなければならず時間と費用の無駄です。裁判を起こせば訴訟費用だけで60万円から70万円もかかるのだとか
SNSを「公共の場」とするなら、そのような訴訟を起こすまでもなく加害者を特定して刑事告発なり、民事での損害賠償請求ができる仕組みを整える必要があります

(関連記事)
作家川上未映子をネットで中傷 320万円の賠償命令
作家川上未映子がネットの中傷に賠償求め提訴
通産官僚ブログ「復興は不要」と書いて炎上騒動
全裸写真投稿で炎上の早大生 大学は処分の方針
終わらないバカッターの夏 炎上騒動の後
スーパーの冷蔵ケース入った専門学校生 退学処分に
ピザハット店員が顔に生地を貼りツイッター炎上
しまむら店員を土下座させた主婦 身許がバレて炎上騒動
青学女子大生 実名写真付きで不倫自慢
「同僚の酒にハルシオン入れた」 ツイッターで騒動
「飲酒運転なう!」と書き込んだ東大生 炎上騒動
アディダス女性店員がツイッターでJリーガーに侮辱発言
ベッキーLINEまた流出 不倫関係は継続
LINE情報漏えい 中国韓国が個人情報採取か
「論破したがる人は頭が悪い」のか?

静岡養女強姦事件 懲役7年判決

この種の性犯罪事件は被害者の名前も加害者の名前も伏せられて報じられますので、ブログで取り上げるには他の類似した事件と区別できるようにする必要があります。当ブログではその辺りの工夫が足りず、どれも似たような記事のタイトルになってしまったと痛感していています
なので、今回は記事のタイトルに地名を加えました
本件は結婚相手の女性の連れ子を養子縁組して養女とした後、強引に性交を繰り返した件です
ただ、検察側の立件と公判での冒頭陳述に不備があったと裁判官が注文をつけたため、一旦公判を中断し、検察側が再捜査をした上で冒頭陳述(起訴状朗読)をやり直す展開になりました
初公判が2018年8月で、今回の判決言い渡しが2021年9月ですから、随分と時間がかかった裁判です
裁判官が検察の冒頭陳述やり直しを求めたとの記事と、判決を伝える記事の2本を貼ります


14歳の養女に性的暴行したとして、2019年5月15日にあった監護者性交等罪に問われた元養父(38歳)の第7回公判で、「被害者の供述の信用性に重大な疑問が生じている」と、伊東顕裁判長は指摘し、検察に冒頭陳述のやり直しと追加証拠の提出を求めた。
元養父は2018年5月、静岡県焼津市の自宅で、同居する養女と性行為などをしたとされる。養女は、男が2016年に結婚した女性の実の子で、事件当時は3人暮らしだった。その後、男は離婚し、現在は養女ではない。元養父は否認し、無罪を主張。弁護側によると、起訴内容は客観証拠に乏しく、元養女の証言の信用性が最大の争点となっている。
公判で弁護側は被告の陰部は湿疹がひどく「(性行為の過程で)一見して分かる」と主張した。湿疹の存在を認めた元妻に対し、元養女は週1、2度性的な行為をしたと証言したが、被告の陰部の特徴を「特にない」と答えた。この証人尋問を受け、伊東裁判長は「(被害者証言の)疑いが解消されない限り、裁判は進められない」と述べ、冒頭陳述のやり直しを求めた。2018年8月の冒頭陳述では検察は湿疹に触れていない。
伊東裁判長は三月、長女に乱暴したとして強姦(ごうかん)罪(現・強制性交)などに問われた別の被告に「被害者の証言は信用できない」として強姦罪では無罪を言い渡している。
(中日新聞の記事から引用)


養子の10代女性に性行為をしたなどとして監護者性交等罪に問われた40代の男性被告の裁判で、静岡地裁(伊東顕裁判長)は10日、懲役7年(求刑・懲役8年)の実刑判決を言い渡した。弁護側は無罪を主張。被害者の供述の信用性を巡り、地裁が検察側に冒頭陳述のやり直しを求める異例の展開をたどった。性犯罪は被害者の証言以外での立証が難しいことが多く、公判で主張が対立するケースが少なくない。
判決によると、被告は2018年5月上旬ごろ、静岡県内の自宅で同居する元妻の子どもの女性に性交などをした。被告は16年4月に元妻と結婚し、女性と養子縁組した。
18年8月に始まった裁判は被害女性と元妻の証人尋問で性行為の有無について証言が食い違った。地裁は19年5月、「(被害)女性の供述に合理的な疑いが生じている」と検察側に冒頭陳述のやり直しと追加立証を求めた。弁護側は「(被害)女性の証言は虚偽」と性行為がないとの見解を示していた。
検察側の追加立証を経た10日の判決は、被害女性の証言について「十分な具体性、迫真性を備えている」などと認定。弁護側の主張を退けた。弁護側は即日控訴した。
(毎日新聞の記事から引用)


被告の性器が湿疹によってひどい状態であったにもかかわらず、起訴状の中でそれについて触れていなかった(被害者なら当然気がついたはず)ため、性行為があったという被告の供述そのものも信用できないと弁護人が噛み付いたのでしょう
やり直しとなった公判で被害者があらためて被害を受けた当時の模様を証言し、裁判官も「十分な具体性、迫真性を備えている」と認めたわけです
ただし、控訴しているところからすれば被告である養父は反省などなく、有罪判決に不満たらたらの心境なのでしょう。養女といっても養父の姓処理の道具ではありませんし、そうした扱いを繰り返したのも大間違いです
被害届が出され、逮捕・起訴されたのがさほどまでに不満なのでしょうか?
人の道を外れた行為をして断罪されたのですから、刑罰を受けるのは当たり前です。いったいどこに不満があるのか、聞いてみたいものです
「やっていない」と主張するだけでなく、「十分な具体性、迫真性を備えた」申し開きをしなければ裁判では通用しません。おそらく、「いつ、どこで、どのように性交したか、証拠など残っておらず、目撃者もいないから有罪判決はありえない」とたかをくくっていたのではないか、と推察します
勇気をふりしぼり、精一杯の証言をした被害者の勝ちです。その勇気に敬意を表します

(関連記事)
義理の娘(女児)に猥褻行為 元校長に懲役4年6月判決
義理に娘(女児)に猥褻行為 兵庫の元校長に懲役6年求刑
「14歳と性交で逮捕は不当」 性犯罪オヤジの言い分
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
知人の娘(小学生)に性暴行 荒木容疑者を再逮捕
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
女子中学生にわいせつ行為で里親起訴 高知
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
高畑裕太事件で「被害者女性の問題」を書く週刊誌
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
大阪小学校講師 児童12人にわいせつ行為で懲役5年6月
わいせつ教師に懲役30年の判決