中国人姉妹殺害事件 差し戻し審で無期懲役求刑

1人を殺害し、遺体を遺棄しても死刑にはならないのが日本の判例です(誘拐強姦殺人など特殊な事情・背景があれば被害者が1人のケースでも死刑判決はありますが)
ならば2人を殺害し、遺棄した場合はどうなのでしょうか?
2017年7月、中国人姉妹2人が殺害され、遺体が遺棄される事件があり、親しい関係にあった岩崎竜也被告が殺人、死体遺棄の容疑で起訴されました。一審の横浜地方裁判所は懲役23年の判決(検察の求刑は死刑)を言い渡し、被告側も検察側もこれを不服として控訴していました。岩崎被告は殺害を否定し、姉妹から滞在期限が切れる前に偽装失踪を図るからと協力を依頼され、2人が入り込んだキャリーバッグをマンションから運び出しただけ、と無罪を主張しています
この事件は中国でも詳しく報道され、「2人を殺しているのに懲役23年は軽すぎる。中国なら死刑だ」との批判が沸き起こりました
東京高裁は審議の差し戻しを決定しています
横浜地裁では一審とは別の裁判官が担当して差し戻し審が行われています。差し戻し審の初公判を伝える記事を貼ります


横浜市中区のマンションの一室で平成29年7月、住人の中国籍の姉妹を殺害したなどとして、殺人や死体遺棄などの罪に問われた無職、岩崎竜也被告(43)の差し戻し裁判員裁判の初公判が19日、横浜地裁(景山太郎裁判長)であり、岩崎被告は罪状認否で「黙秘します」と述べた。
検察側は冒頭陳述で、「殺害は計画的で、生命を奪った結果は重大。酌むべき事情はない」などと指摘。一方、弁護側は前回の無罪主張から一転し、「被告が犯人であるとしたら」との前提のうえで「交際していた姉妹の姉から偽装結婚を持ちかけられるなどし、悩んだ末の犯行」などと主張した。
30年7月の1審横浜地裁判決は、岩崎被告が凶器を使用していないことなどを重視し、懲役23年を言い渡した。31年4月の2審東京高裁判決は、1審判決の量刑の判断に誤りがあったとして破棄し、審理を地裁に差し戻した。昨年1月、最高裁第3小法廷は岩崎被告の上告棄却を決定し、2審判決が確定。改めて裁判員裁判で審理されることになった。
(産経新聞の記事から引用)


際し戻し審で検察はあらためて岩崎被告に対し、無期懲役を求刑しています。最初の裁判で検察は死刑を求刑したものの、量刑判断を巡って厳しいやり取りがあったためか、死刑ではなく無期懲役を選択したようです
さて話を戻して、一審の横浜地裁が2人殺害という凶悪事件で懲役23年との判決を示した理由を整理しておきましょう
裁判官の判断として、岩崎被告は犯行に凶器を用いず素手で絞殺しており、あらかじめ凶器を準備した計画的犯行ではないため、死刑や無期懲役という選択はない、というものです。裁判所が使用している判例検索システムによれば、凶器の使用されない殺人事件で死刑あるいは無期懲役の判決が下された例は見当たらない、というのが裁判官の判断の根拠だった、と別の報道で指摘されています
この判断に対しては、「素手で絞め殺したから残虐な犯行ではない」と決めつけるのは誤りだ、との意見も出ています
なので、今回の差し戻し審では懲役23年以上の刑が予想されているのですが、どうなるのでしょうか?
無期懲役の量刑を回避すべき理由・事情があるようには思えないのであり、2人を殺害した事実の重さを考えれば無期懲役が妥当ではないか、と思います

(関連記事)
中国人姉妹殺害事件で高裁は差戻判決
SMプレイにはまり4人殺傷の中国人留学生に懲役28年判決
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始
2009年愛知の強盗殺人事件、中国人の関与が浮上
江田島9人殺傷事件 中国人に無期懲役判決
「無期懲役でも15年で仮釈放」とデマを流す弁護士
新潟連続強姦殺人事件を考える1 初公判で否認
新潟連続強姦殺人事件を考える2 無期懲役求刑
松戸女子大生殺人事件を考える5 高裁では無期懲役
千葉女子大生遺棄事件を考える7 無期懲役判決
目黒夫婦殺傷事件を考える5 殺意を認め無期懲役判決

日野不倫殺人事件とドラマ「八日目の蝉」

角田光代の小説「八日目の蝉」はかつてNHKでドラマ化され、自分も毎回観ていました。しかし、この小説が1993年に起きた日野不倫殺人事件を元にして書かれたというのを、不勉強なため知らずにいました
いつも取り上げる月刊誌「創」の記事に、この日野不倫殺人で無期懲役刑となって服役している北村有紀恵受刑者に触れたものがありましたので、取り上げます
日野不倫殺人事件は以下の記事でも言及されていますが、不倫関係がこじれ思い余った北村受刑者が、不倫相手の暮らすアパートに放火し、寝ていた幼いこども2人を焼死させたものです


「日野不倫殺人事件」北村有紀恵受刑者をめぐる24年目の新展開
無期懲役で服役中の「日野不倫殺人事件」北村有紀恵受刑者から先日、手紙が届いた。
事件は24年前、1993年12月に日野市で放火があり、子ども2人が焼死。94年2月に逮捕されたのが、夫の不倫相手の当時27歳の女性だったというものだ。
後にこの事件をヒントに書かれた小説が、角田光代さんの『八日目の蝉』だ。小説の中では女性が子どもを誘拐して自分の子として育てようとするのだが、ドラマ化・映画化もされ、ミリオンセラーとなった。実際に北村受刑者も子どもを誘拐しようかと考えたことがあったのだが、小説は現実の事件をベースにしつつも基本的にはフィクションだ。
前回の手紙で有紀恵さんにこの小説と映画のことを知っているかと尋ねたら、獄中で小説も読み、映画もドラマも見たという返事だった。ドラマを見た後、精神的に辛くなり数日間体調を崩したという。
(中略)
二度の中絶でひどく傷ついた
有紀恵さんが会社の上司だった高田さん(仮名)と交際を始めたのは1990年頃だった。彼は当時、妻と子どもがいたのだが、2人は深い関係になり、有紀恵さんに、妻と別れて結婚する約束をするまでになった。有紀恵さんは92年、彼の子どもを身ごもったのだが、中絶を余儀なくされる。その後有紀恵さんは93年にも再び妊娠。二度にわたって中絶する結果になって、ひどく傷つくことになった。
(中略)
修羅場が繰り返されるうちに、男性は次第に、有紀恵さんと別れるしかないと思うようになっていった。有紀恵さんは精神的においつめられて93年11月、家事調停に踏み切る。そして思いつめるあまり、彼と刺し違えて無理心中しようかなどと考えるようになる。また高田氏の長男が自分が妊娠中絶した子と懐妊の時期が近いことから、自分の子の魂が入っているような気がして、誘拐を考えたこともあったという。
高田夫妻の住むアパートの部屋が放火されたのは93年12月14日の早朝だった。有紀恵さんは、妻が夫を駅まで送りに出たのを見届けた後、合鍵を使って侵入。ガソリンをまいて火を放ったのだった。直後に起きた爆発に彼女は吹き飛ばされ、スニーカーを片方現場に残したまま逃走した。高田夫妻の子ども二人が焼死するという凄惨な事件は、こうして起きたのだった。
昨今、不倫というのがいささか安易に取りざたされる風潮のなかで、この深刻な事件は、いまだに重たい問題を提起していると思う。
有紀恵さんは裁判で罪を認めながらも、1審判決を不服として控訴した。子どもたちに対する殺意を認定されたことに納得がいかなかったのと、事件当時心神耗弱に陥っていたと主張したからだ。当時、女性週刊誌などには、有紀恵さんが寝ている子どもにもガソリンをまいたという誤った記事も掲載され、彼女をひどく傷つけた。
最高裁で無期懲役の判決が確定したのは2001年のことだった。
彼女は『創』02年3月号の手記にこう書いていた。
《私は、刑を受けることにはなんの不満もありません。結果を見れば当然ですし、事件を起こす前から、中絶をしたことで私は死刑になっても当然だという深い罪悪感を持っていました。事件によってたくさんの方にご迷惑をおかけし、辛い思いをさせました。無論、無実でもありません。ですから刑を受けることには不満はないのです。ただ審理の内容にはまったく納得していません》
(以下、略)


省略した部分では北村受刑者の親が1000万円の賠償金を支払ったものの、まだ3000万円が未払いになっていると書かれています
無期懲役受刑者の仮釈放には被害者遺族がこれに同意するかどうか、がポイントとされます。賠償金が未払いのままでは、遺族は北村受刑者の仮釈放に同意しないと推測されます
ただ、不倫関係というのは北村受刑者だけの責任ではない(放火殺人は北村受刑者の責任ではあっても)のであり、北村受刑者ばかりが長年服役生活を余儀なくされるというのもバランスを欠いているように思います。高田夫妻の夫にも不倫の責任はあるはずです
北村受刑者が「審理の内容にまったく納得してません」というのも、放火殺人という部分だけが裁判の対象とされ、不倫関係にあった高田夫の責任がスルーされたところにあるのでしょう。加えて、2度の中絶という体験は自分のこどもを2人殺したという母親としての罪の意識、を北村受刑者の心に刻み込んだと思われます
もちろん、夫は不倫関係を妻に責められ、夫婦関係は地獄のような状態であったのは分かります。しかし、夫が北村受刑者を弄んだ結果、放火殺人になったのですから、何もかも北村受刑者のせいにするのは大間違いでしょう
現状、高田夫妻の妻の方が北村受刑者を恨み、憎み、許す気になれないのだろうと思いますが
犯行時、北村受刑者は心神耗弱とまではいかないまでも、思い詰めて視野狭窄の精神状態にあったのでしょうし、放火する際にも幼児が2人寝ているとは気づかなかった(高田夫妻が出かけたのでアパートの部屋には誰もいないと思い込んでいた)のかもしれません。ただし、結果が最悪で、何の罪もない2人のこどもは焼け死んでいます
これが小説「八日目の蝉」なら、放火した彼女は子供を連れ去って逃げたのでしょう
非常に重い事件であり、北村受刑者の責任は厳しく問われるのは当然としても、彼女だけに罪があったわけではないと書き留めておきます
なお、テレビドラマ「八日目の蝉」はNHKオンデマンドで視聴できます。自分は角田光代の原作小説を読んでみようかと思っています

(関連記事)
映画「八日目の蝉」 4月29日公開
ドラマ「運命の人」 不倫し捨てられた女性事務官の今
ドラマ「運命の人」 ネタ欲しさに人妻と不倫した新聞記者
沖縄密約訴訟最高裁判決 西山元記者ら敗訴
特定秘密保護法案に反対し西山記者を英雄に祭り上げる人たち
特ダネのためなら不倫もあり 毎日新聞記者
元キャンディーズ田中好子 夫の不倫・隠し子問題
麻木久仁子vs大桃美代子 不倫対決
鳩山夫妻 ドロドロの略奪愛Part2
鳩山由紀夫夫妻 ドロドロの略奪愛
ベッキーLINEまた流出 不倫関係は継続
ベッキー不倫 探偵が1ケ月身辺調査でバレる
ベッキー不倫 「絶対に別れない」
斉藤由貴、山尾志桜里の不倫に見る共通点
東出昌大と唐田えりかの不倫騒動
コブクロ不倫騒動 文春出版差止訴訟も棄却

箱根駅伝駒大アンカー 少女淫行で起訴

箱根駅伝の最終ランナーで逆転劇を演じた4年生石川拓慎が18歳未満の女子高生との淫行により、神奈川県青少年保護育成条例違反等の容疑で逮捕されていたのですが、横浜地検は起訴したと報じられています
箱根のスターから刑事被告人になったわけです
起訴されるとは思っていなかっただけに意外な展開です。もちろん、相手が18歳以下ですから成人女性相手のわいせつ行為のように、示談の見返りとして被害届を取り下げてもらい起訴猶予とはいきません。それでも略式起訴して罰金刑くらいではないか、と予想していました
詳しい報道がないので、背景がよく分かりません
憶測すれば、被害者の親が石川被告に対して怒り心頭で厳罰を求め、示談を拒否していると考えられます
この事件は女子高生が18歳と年齢を偽り、本来は18歳未満は利用禁止のマッチングアプリに登録をして石川被告と知り合った経緯があるわけですが、被害者の親にすればそうした事情など関係なしに娘を弄んだ石川被告を許せないと思っている…と
マッチングアプリとは呼ばれているものの、男性の側にすれば後腐れのないセックス相手を物色する道具です。女子高生は素敵な出会い、恋人を作るチャンスを提供してくれると期待するのでしょうが


17歳の女子高校生にみだらな行為をしたとして、横浜地検は30日、駒沢大4年、石川拓慎容疑者(21)=千葉県四街道市=を神奈川県青少年保護育成条例違反と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)などで起訴した。石川被告は陸上部で2021年1月の箱根駅伝にアンカーとして出場し、総合優勝に貢献した。
起訴状などによると、石川被告は20年12月と21年1月、川崎市多摩区と東京都世田谷区のホテルで、当時高校2年だった女子生徒(相模原市)が18歳未満と知りながらみだらな行為をしたほか、同年2月に2回にわたり、自身の携帯電話に生徒のわいせつな動画を保存したとされる。
県警によると、2人は20年10月にマッチングアプリを通じて知り合っており、生徒は当時、18歳と偽って登録していた。
(毎日新聞の記事から引用)


当ブログで既に書いたように、石川被告は就職が内定していた実業団入りが白紙になっており、裁判では執行猶予付き判決が出るとしても有名実業団チーム入りは不可能でしょう
上記の記事を見る限り、駒沢大学からは退学処分を受けていないようです。箱根駅伝の活躍で大学の宣伝に貢献したのですから、おいそれと退学にはしないのかもしれません
しかし、石川被告の件とは別に、駒沢大学陸上部にはネガティブな評価があります
今年5月には、箱根駅伝でも活躍した酒井亮太選手(西脇工業出身)が駒沢大学を退学しており、陸上部も当然ながら退部しています
先日取り上げた、駒沢大学の野球部を退部して強盗事件を起こし懲役5年の判決を受けた千丸剛被告が、法廷の場で野球部内でのいじめや使役を語っています
上級生が下級生をいじめたり、理不尽な暴力を振るう体質が駒沢大学の体育系部活に根付いているのでしょう
実業団で活躍する駒大陸上部出身者も、部内の上下関係について「他の大学より厳しい」と語っていたりします。体育会系だからそれが当たり前、と言う人もいますが、くだらない上下関係や下級生をパシリにする慣習が才能を摘み、人生を歪めてしまう現実もあるわけです。高校や中学の部活における体罰と同じく、日本の悪弊でしょう
それを改善しないと大学の体育会系部活は廃れる、という危機感を持てないのが問題です
余談になってしまいましたが、折からのオリンピック東京大会を観て、思ったところを書きました

(関連記事)
箱根駅伝駒大アンカー 淫行逮捕も擁護する声
箱根駅伝駒大アンカー 少女淫行で逮捕
「箱根駅伝はスポーツか?」論争
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将が強盗 駒大野球部のしごきを暴露
甲子園優勝校主将の転落人生
「出会い系バーに入り浸った」前文部省次官の釈明
出会い系バー通いの前川元文部次官 「貧困調査」と釈明
イケメン慶大生を強姦で逮捕 ミスター慶応候補
「ミスター慶応」渡辺陽太 6度目逮捕も不起訴
慶大生 今度は痴漢で逮捕
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミス慶応中止 レイプ動画を拡散させる学生たち
ミス慶応中止 広告学研究会の集団強姦は以前から
ミス慶応中止強姦事件 広告学研究会の非道な所業
慶応大生 線路に女性を突き落とし逮捕
線路突き落としの元慶応大生に執行猶予付き判決
ミスター東洋大 わいせつ行為で逮捕
今度は千葉大医学部生が集団強姦 3人逮捕

法廷で泣く「金儲けのカリスマ」 給付金詐欺の結城世成被告

新型コロナウィルス感染への対策として中小企業経営者に支給する「持続化給付金」が設けられたのですが、これを騙し取る詐欺事件の摘発が相次いでいます
大学生や専門学校生といった事業を営んでいない人間を誘い込み、「持続化給付金」の交付を申請させ、100万円が支給されたらその何割かを「指導料」としてピンはねする手口です
SNS上で「金儲けのカリスマ」と称し、派手な生活の模様をアップしていた結城世成被告は、約300人に不正受給をさせ、3億円騙し取った疑いで起訴されています
逮捕時の記事と公判の様子を伝える記事2本を貼っておきます


新型コロナウイルスの影響を受けた、中小事業者に支給される「持続化給付金」。この支援制度を悪用した詐欺の首謀者の男が逮捕送検された。
被害総額は3億円以上。取材でその不正の手口と豪華な生活ぶりが見えてきた。
端正な顔立ちでピースサインをする男。「金儲けのカリスマ」と崇められ、ある事件の首謀者として警察にマークされていた。
その正体は、詐欺の疑いで逮捕送検された、飲食店経営の結城世成容疑者(23)。持続化給付金を悪用し、国にうその申請をして給付金100万円をだまし取った疑いが持たれている。
だまし取った金で手にした生活はどんなものだったのか。結城容疑者のSNSには、数々の高級料理店で食事をしている様子が多く投稿されていた。
北京ダックや酢豚、麻婆豆腐など、高級中華料理店で食べた豪華メニューのほか、ミシュラン2つ星の高級寿司店での食事の画像も投稿されていた。
住まいも並外れていた。結城容疑者は東京・目黒区の高級住宅街にそびえるタワーマンションの一室を借りていたほか、自ら経営する店がある仙台市にもマンションを持っていたという。
23歳という若さで手に入れた、豪華な暮らし。巨額のお金をだまし取ったその手口はどんなも
実行役は300人…不正報酬の8割は結城容疑者に
結城容疑者はすでに逮捕、起訴されている田村龍斗被告に、SNSで犯行の手口を指南。田村被告は犯行グループのリーダーに指示を出して、実行役らに給付金申請の手続きをさせていたとみられる。
実行役には数万円の報酬を与えていて、その数は300人。不正に得た報酬のうち、8割は結城容疑者へ。残りの2割は犯行グループリーダー2人に1割ずつ渡っていたという。
結城容疑者は、給付金を申請する実行役を探す場合、個人事業主として登録のない会社員や専門学校生を狙うよう指南していたという。
警察はこれまでの家宅捜索で、通帳やパソコン、スマートフォンなど100点近くを押収していて事件の全容解明を進めている。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)


被告は“誘われただけ”と主張
この日は続いて、被告人質問も行われた。結城被告は今回の事件について、あくまで誘われただけとしたうえでこのように主張した。
結城被告:「最初は弁護士、行政書士、税理士がいるというので不安はなかったです。自分がどのようにしていいか分からず自分の判断の甘さです」
しかし検察は、結城被告を事件の首謀者とみている。29日の裁判で検察は「本件の被害額は合計2100万円であり非常に多額である。大部分は弁済されておらず甚大な被害は残ったままである」などと指摘。懲役7年を求刑した。
最後に意見陳述で証言台に立った結城被告は、声を震わせ鼻をすすりながらこう話した。
結城被告:「私は首謀者ではないです。ここで二度と犯罪をしないと誓います。同じような過ちは致しません」
判決は9月21日に言い渡される予定だ。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)


詐欺グループの主犯ではないと結城被告は主張していますので、被害金額(起訴された分)2100万円を弁済する気はないのでしょう
結城被告が前科持ちなのかどうかは不明ですが、被害額を弁済しない以上、実刑が科される可能性が大です
法廷には結城被告の弟が証人として立ち、「家族で兄の行動を監視し、二度と犯罪に手を染めないようにする」と語っているのですが、家族が四六時中結城被告の行動を監視できるはずもないのであり、何ら実効性のない主張です。情状に訴える手法とはいえ、ベタすぎでしょう
裁判官の心証を良くしたいのであれば起訴内容を認め、被害額を弁済するのが一番ですが、主犯格であると認める気はないので全額弁済という選択はありません
そしてSNSで派手な生活を誇示していた結城被告ですが、弁済するための2100万円が都合できないのでしょう
これまでの派手な生活を支えていた収入も、税務申告をしていなかったとすれば預金や現金など税務署が抑えてしまったのかもしれません
家族としても、兄のためにポンと2100万円は出せないと思われます
そもそも「持続化給付金」は国民の税金から捻出されているのであり、きっちり返済してもらわないと困ります
実刑判決とともに、結城被告に追徴金を課して取り立ててるのは当然です

(関連記事)
慶応大野球部員詐欺で逮捕 故鶴岡監督の孫
慶応大広告研レイプ事件で6人を書類送検
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将の転落人生
甲子園優勝校主将が強盗で逮捕
「三井財閥の子孫」と騙した女詐欺師逮捕
王族を自称し建国資金を騙し取る詐欺事件
いまだに続くM資金詐欺
元横綱朝青龍 M資金詐欺で1億円被害
診療報酬詐欺のタレント女医 武将の子孫はウソ
有栖川宮を名乗った詐欺師
「母さん助けて詐欺」の名称で犯罪を防げるのか?
炎上騒動 武田信玄の末裔を名乗る女性モデル
「韓国の野球選手、安田財閥令嬢と婚約」と報じた韓国メディア
実在しない100万ドル札で詐欺 過去にも発生

強姦・強盗の今泉成博被告 懲役41年判決

アメリカの殺人事件では死刑のない州の場合、200年の禁固刑という判決が下されるのも珍しくありません
日本の場合、有期刑の上限は30年であり、それ以上は無期懲役になります。なので、通常、30年を超える有期刑の判決を耳にする機会は滅多にないのですが、複数の事件を起こした被告人に対してはそれぞれ別々に刑罰が科され、併せて30年を超える事例が存在します
先日取り上げた福岡県で複数の強姦事件や強盗事件を起こした今泉成博被告には、合計で懲役40年が求刑されていました。しかし、福岡地裁は求刑を上回る懲役41年を言い渡した、と報じられています
よほど裁判員や裁判官の心証が悪かったのでしょう


福岡県内で女性7人に暴行などをしたとして、強制わいせつ致傷や強盗・強制性交等などの罪に問われた福岡市南区の無職、今泉成博被告(44)の裁判員裁判で、福岡地裁(溝国禎久裁判長)は29日、2018年7月~19年10月中旬の5事件について懲役16年(求刑・懲役15年)、それ以降の19年12月までの8事件について求刑通り懲役25年の判決を言い渡した。有期懲役の上限は30年だが、合計で「懲役41年」となる異例の判決となった。
判決によると、今泉被告は18年7月~19年12月、出会い系サイトで知り合った10~30代の女性7人をそれぞれ脅し、車で福岡市早良区の山中に連れて行って性交を強要するなどし、うち6人から計約240万円を奪うなどした。被告は「女性と合意があった」などとし、金も取っていないと無罪を主張していた。
判決では、被害者の供述やスマートフォンに残っていた被害者の画像などから、被告の主張を「極めて不自然、不合理」と退けた。その上で被告が被害者らを「性的・経済的搾取の対象」としており、その心情を一切顧みておらず、「刑事責任は極めて重い」と非難した。強制わいせつ致傷の被害者の20代女性は、熱した金属棒を太ももなどにあてられ全治2カ月のやけどを負っており「肉体的・精神的苦痛は想像を絶する」と指摘。求刑を上回る懲役16年の判決とした一因に、被害の深刻さを挙げた。
被告は一連の事件の間に、別の事件で19年10月に執行猶予付きの確定判決を受けた。このため、刑法の規定に基づき、事件は確定判決の前後に分けて審理され、合計で「懲役40年」を求刑されていた。
合計で30年を超える懲役刑は過去にもあり、静岡地裁沼津支部の裁判員裁判では11年11月、強姦(ごうかん)致傷罪などに問われた男性が合計で懲役50年の判決を言い渡され、その後確定した。
(毎日新聞の記事から引用)


記事にあるように性行為については合意があったと言い張っており、犯行を否認していますし、「金を奪っていない」と無罪を主張するふてぶてしさです。反省の欠片もないのでしょう
仮釈放なしで、満期まで服役してもらいたいものです。ちなみに2つの刑が併科された場合、1つの刑期を終えた後に次の刑の執行が始まるとの考え方になります。つまり懲役16年の刑が執行され、刑期が満了した後に懲役25年が執行されるわけです。満期釈放なら今泉被告が出所するのは85歳になっています。長寿社会ですから、85歳まで生きられるのかもしれません
あるいは、「無期懲役刑になっても10年くらいで仮釈放される」などとデタラメな主張をする人もいるわけですが、よほど特殊な例を除いて10年で仮釈放という可能性はありません。無期懲役の判決を受けるのは殺人事件で、仮釈放には被害者遺族の意向を確認する必要があり、早期の仮釈放には遺族が反対するからです
ただし、終戦後にはサンフランシスコ講和条約締結とか沖縄返還といった国の慶事に大規模な恩赦が行われ、無期懲役囚が減刑された事実があったと書いておきます。今の時代、無期懲役囚を減刑するような恩赦は行われないでしょう

(関連記事)
強姦・強盗の今泉成博被告 懲役40年求刑
https://05448081.at.webry.info/202107/article_26.html
三菱UFJ銀行員 薬物レイプで懲役22年判決
https://05448081.at.webry.info/202107/article_19.html
小学生に覚醒剤を打ち淫行、懲役23年の判決
https://05448081.at.webry.info/201403/article_31.html
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年
http://05448081.at.webry.info/201702/article_6.html
強盗強姦事件で懲役25年 その呆れる所業
http://05448081.at.webry.info/201702/article_5.html
強姦の元NHK記者 懲役21年の刑確定
https://05448081.at.webry.info/201903/article_22.html
強姦の元NHK記者に懲役24年求刑
http://05448081.at.webry.info/201804/article_19.html
柔道金メダリスト内柴被告に懲役5年の判決
http://05448081.at.webry.info/201302/article_15.html
柔道メダリスト内柴正人の強姦事件裁判
http://05448081.at.webry.info/201211/article_39.html
児童12人を強姦、わいせつで懲役18年 金子被告
https://05448081.at.webry.info/202104/article_23.html
わいせつ教師に懲役30年の判決
http://05448081.at.webry.info/200909/article_16.html
連続強姦魔 原田義人に無期懲役判決
https://05448081.at.webry.info/201903/article_23.html
15件強姦の原田義人被告に無期懲役求刑
https://05448081.at.webry.info/201811/article_7.html
強制わいせつで逮捕の66歳は女子中学生2人殺害の凶悪犯
https://05448081.at.webry.info/201903/article_24.html
連続少女暴行魔近藤善広 なおも余罪あり
https://05448081.at.webry.info/202101/article_3.html
連続少女暴行魔近藤善広 4度目の逮捕
https://05448081.at.webry.info/202012/article_8.html
16年前の強姦事件で懲役8年判決 PTSD認める
https://05448081.at.webry.info/202107/article_28.html

中国のバイオレンスアニメ「守護者と謎の豆人間」

7月23日から中国の劇場版アニメ「DAHUFA 守護者と謎の豆人間」が日本で公開されると、複数のメディアが取り上げています。中国初のバイオレンスアニメで、年齢制限付きとして劇場公開されたと説明されています
しかし、その動画を見ると2017年に公開された劇場版「大護法」そのものではないか、という気がします。この予告動画は以前、当ブログでも紹介しました。無駄で無意味な殺戮シーンが連続するアニメで、どうしてこんなものを作ったのか、と思ったほどです
日本公開に合わせてタイトルを「大護法」から「DAHUFA 守護者と謎の豆人間」に変更したと思うのですが、日本での評価はどうなるのでしょうか?
映画メディアが監督とのインタビューを記事にしていますので、引用します


中国国産アニメにおける“前代未聞”の挑戦として知られている「DAHUFA 守護者と謎の豆人間」(7月23日公開)。光線彩条屋影業、好傳動画が製作、面白映画が提供した同作は、中国史上初の“年齢制限付アニメ”として注目を集め、過激な暴力描写で熱狂的な支持を得た作品だ。
王宮から失踪した皇太子を捜すため、奕衛(イーウェイ)国の守護者であるダフファーは国境を越え、とある謎の村に辿り着いた。ここの住民は自らの意志を持たず、喋らず、見た目も皆そっくりで、村中には不気味な気配が漂っていた。やがてダフファ―は、この村に隠された秘密へと徐々に近づいていく。
映画へのレイティング制度がなく、アニメ作品は子ども向けとされている中国本土において、制作側が「13歳未満の鑑賞はお控えください」と自主規制した事が話題に。中国公開時は約13.5億円のスマッシュヒットとなり、アニメファンから高評価を得ている。
今回、監督を務めた不思凡にインタビューを実施。企画の経緯、制作裏話、日本で公開されることへの思いを聞いた。
――まずは、本作の企画経緯について教えて頂けますか?
この映画に関しては、私自身のアニメ映像に対するこだわりを全部出しました。ある意味、作家性の強い作品だと言えるでしょう。正直に言えば、「こういうものに作りたい」という思いはありませんでした。たまたま「新しいものを作りたい」となった時、劇中で描かれているような要素が頭の中に浮かんできたんです。テーマとして選んだのは、当時の私が最も描きたかった「社会の停止」「人々の思考停止」。私も時々、考えが止まっているような感覚を覚えることがあります。
――中国では、現在でも「アニメ=子ども向け」という考え方が一般的だと思います。一方で「DAHUFA 守護者と謎の豆人間」は、完全に大人向けですね。この点については、どのようにお考えでしょうか?
これは中国のアニメ業界が長年直面している問題です。ただし「DAHUFA 守護者と謎の豆人間」も含めて、近年はさまざまなアニメ作品が話題になったため、アニメに対する理解が広がってきたと感じています。この傾向が続けば、より多くの人々がアニメを見るようになり、クリエイターたちはより良質な作品を作るために頑張らなくてはいけない。そうなることで、観客も、我々クリエイターも一緒になって成長することができるはず。中国経済が安定した成長を続けている限り、文化産業も発展していくでしょう。ただ、もう少し時間は必要かもしれません。
――本作を見た観客からは「よく検閲が通ったものだ」という声があがっていました。中国国内の検閲については、どう考えているのでしょうか?
正直、そこまで深くは考えていませんでした(笑)。当初は配信用のアニメ作品として制作する予定だったので、劇場上映のことを全く考えていませんでした。だから、劇場上映が実現できたということが、本当に意外だったんです。映画としても、アニメとしても、「DAHUFA 守護者と謎の豆人間」は、新しい試みだったのかもしれませんね。我々のチームは、制作面で壁にぶつかった事もありました。その時に生じた負の感情が、(作品の中に)つい溶け込んでしまったかもしれません。
――街全体のデザイン、キャラクターデザインは非常に大胆で新鮮さを感じました。デザイン面で特に意識したことはございますか?
うちのスタッフが、偶然粘土で面白い人形を作ったことが、すべてのきっかけとなりました。それを劇中の“謎の生き物”として登場させています。そして、助監督のひとりはグラフィティが好きで、よく描いているんです。その中のひとつが非常に魅力的だと感じ、本作の主人公・ダフファーが誕生することになりました。その他の人物、街のデザインなどは、この2つのキャラクターや脚本の内容を踏まえたうえで手掛けることになりました。
――特筆すべきは、セリフ量の多さ。独白のシーンも印象的です。
これに関しては、私個人の作家性というか、創作上の習慣なんです。おそらくダフファーのキャラクター性とも関係があると思います。彼は知恵を持っている賢者ですが、同時に色んな悩み事があります。戸惑いながら、さまざまな問題に対して、自分なりの答え、見解を示していきます。これは人の成長、ある意味、人類の発展だと言えます。制作中はセリフが多いということを意識していなかったのですが、中国での上映後、多くの観客に「主人公がうるさい」と言われました(笑)。
――中国国内での上映も話題となり、今回日本でも公開されることになりました。改めて、本作への思いをお聞かせください。
先程も話しましたが、劇長公開自体が意外なことだったんです。本作での体験は、すごいことばかりです。今振り返ってみると、色々な問題、反省する部分がわかりますが、制作当時の私からすれば「納得の作品」でした。
多くの人の過去には、足りないこと、反省すべき点が見つかるでしょう。しかし、過去の失敗がないと、成長はできないと思っています。だからこそ、全力を尽くし、それが例え失敗だったとしても諦めず、次の作品へと導くことができたらいい――私は常々、そう思っています。
(映画.comの記事から引用)

ヒトと似て非なる奇妙な生き物たちの首が次々と切り飛ばされていく/映画『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』本編映像


中国での興行収入13億円がスマッシュヒットなのか、疑問です
2017年の中国での公開を前に、中国メディア「人民網」がこの作品を紹介記事を掲載していましたので、引用します


中国国産アニメ映画「大護法」がまもなく上映
中国初の成人向けアニメ映画「大護法」が7月13日に中国全土の映画館で上映開始となる。このほど公開された封切り前最後となる予告編では、ストーリーの構成から登場人物の関係までストーリー全体をまとめている。新華網が伝えた。
映画「大護法」のテーマは「自分探し」。予告編では、主人公・大護法の視点から、花生鎮の住民である花生人たちが逆境や抑圧におとなしく従っていることに、すこしずつ疑問を抱き始め、自分探しをするという三つの段階を経て、語られる。
「大護法」は中国初の成人向けアニメ映画として、そのコンセプトやスケールは中国国産アニメにおける「前代未聞」の挑戦。予告編からもわかるように、そのスケールとは、作風における暴力美学的なスタイルだけでなく、非常に深みのある思想を兼ね備えていることからも見て取れる。また、制作側は「13歳未満のお子さんの鑑賞はお控えください」と特に明記し、幼い子供や保護者に注意を促している。
「大護法」は、「西遊記之大聖帰来」や、「大魚海棠」に次ぐ、元となる原作やそれを支持するファンを持たない完全なオリジナル作品。しかし、その独特なスタイルやコンセプト、ストーリーにより、映画制作には多くのアニメ業界人や二次元ファン、視聴者からの支持を集めている。
(人民網日本語版の記事から引用)


日本も「暴力」を扱ったアニメは多いのですが、「この中で誰が一番ツエーのか」というヤンキーアニメはともかくとして、そこにはさまざまなテーマを抱えています(友情、努力、勝利というように)
「エヴァンゲリオン」なら、使徒と人類の戦いという大前提の下に、いくつもの複雑なテーマが絡み合って存在する作りになっています
この「守護者と謎の豆人間」はどうなのでしょう。感情を表に出さない豆人間を現代中国人を象徴するとして、共産党支配下社会を風刺する作品とでも解釈すればよいのでしょうか?
作品の面白さとは必ずしも主人公のかっこよさとか、爽快感だけではなく、観終わった後に残る余韻とか反復して噛みしめる味わい、などなどがあります。が、自分にはこの作品の味わいというのが理解できません
大人向けとは言いますが、観る人を選ぶ作品でしょう

(関連記事)
これが中国の抗日アニメ「鶏毛信」
国家の保護と規制に揺れる中国アニメ業界
文化強国目指す中国 実態はコンテンツの墓場
「悪者が味方になる日本アニメ」を評価する中国メディア
中国紙「中国アニメは日本のアニメに立ち向かえるのか?」
中国の大ヒットアニメ 米公開で「古臭い」と指摘される
「聖闘士星矢」劇場版が中国で大人気
来年注目の中国アニメは「我的師父姜子牙」
中国メディア 「中国アニメ界になぜ宮崎駿は生まれないのか」
中国の怖くないゾンビアニメ「屍兄」
「日本は国産アニメ保護のため外国作品を排除」と書く中国メディア
中国アニメ産業、生産額1兆円の時代を迎える
中国アニメ 美少女も結局日本風に
中国政府がアニメ・漫画高級人材を育成へ
中国のネット規制 BL小説同人小説も摘発
「中国が文化大国になれない理由」を読めない中国メディア
中国紙 「黒子のバスケ」こそ日本の国家イメージと語る
「名探偵コナン」の人気を読み誤る中国メディア
日中韓共同制作アニメ「金玉鳳凰」は空中分解
中国アニメ産業、生産額1兆円の時代を迎える

駅で10年待ち伏せ ストーカー男逮捕

性犯罪を繰り返す人物が「認知の歪み」を抱えながら、自身ではそれを否定する、あるいは気がつかない、または気がついても認めようとしない、といった特徴があります
同様にストーカー行為を繰り返す人物にも「認知の歪み」が見られます。ストーカー行為で逮捕される被疑者の多くは、「自分はストーカーではない」と否認し、「つきまとっていない」と言いはるのです
橋本憲介容疑者は1人の女性に10年以上つきまとい、勝手に写真を撮ったり痴漢行為に及んでいたとして逮捕されました。が、橋本容疑者は自分の行動が常軌を逸したもの、との自覚はなかったようです


6月25日、仕事を終えた20代後半の会社員の女性が帰宅するため電車に乗り込むと、1人の男が後を追うように車両に乗り込んできた。
帰宅ラッシュの時間帯の電車は満員状態。その後、男は徐々に女性との距離を詰め、体を触り始めた。それまで男の行動に我慢をしていた女性だったが、その場で男の腕をつかみ駅員に通報をした。
痴漢の現行犯で逮捕された男は自営業の橋本憲介容疑者41歳。しかし、その後の捜査で橋本容疑者の正体が明らかになった。
警察官が橋本容疑者のスマホを調べると、痴漢被害にあった女性の写真や動画が多数見つかった。しかし、それは痴漢現場の駅とは別の場所で撮影されたもので、女性を追いかけながら後ろから撮影したものや、電車内で女性の正面に立ち撮影したものもあった。さらに捜査を続けると驚きの事実が発覚した。
痴漢被害に遭った女性は、橋本容疑者について、「高校一年生の時からつきまとわれていた。進学や就職で乗換駅や経路が変わっても、その直後は姿が見えなくなるが、時間が経つと再び現れ、つきまとわれていた」と話した。
一方、橋本容疑者も、調べに対して「女性が10代の高校時代に駅で見かけて以降、お近づきになりたくて、話がしたかった」と供述。
要するに、橋本容疑者は、10年以上に渡ってストーカー行為を続けてきた相手の女性に対して、ついに痴漢行為におよび逮捕されたことになる。結局、橋本容疑者は、今月に入ってストーカー規制法違反で再逮捕。
ある捜査幹部は「これまでいくつかのストーカー案件を扱ってきた経験はあるが、1人の女性に対して10年を超えるという長い期間つきまとった案件は過去に例を見ない。」と驚きを隠さない。
改札で待つこと3日間、ストーカー男の執念
逮捕後、明らかになったのは、橋本容疑者の被害者の女性に対する執着心だった。橋本容疑者は、この女性に対して10年以上つきまとっていた訳だが、女性の自宅や名前すら知らなかったという。それではどうやって女性を探しだし、ストーカー行為をおよんでいたのか。
実は、橋本容疑者は、女性が使用する可能性の高い駅の改札で、ひたすら待ち続けていたと言うのだ。時には朝から夜まで。3日間も待ち続けていたこともあったとのこと。多くの人が通勤や通学で行き交う中、改札を通る人をひたすら見続け、この女性がやってくるのを待ち、女性の姿を見つけると橋本容疑者は、一気に距離を詰め、スマホで写真を撮るなどしていた。
片や被害者の女性は、10年以上に渡って橋本容疑者の”存在”に気づきつつも、これまで警察に相談はしていなかった。
捜査関係者は「女性は橋本容疑者の存在には気付いていたものの逆恨みを恐れて相談しなかった可能性がある」と指摘。また今回の逮捕に関して、「ストーカーに良いストーカーも悪いストーカーもないが、1人の女性に対して10年以上に渡りストーカー行為をするというのは異常な執着心で、こういった行為はいつか大きな犯罪になる可能性があるため、今回逮捕することが出来たのは良かった」と話した。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)


橋本容疑者が待ち伏せしていたのはJR南越谷駅だそうです。ストーカー行為を繰り返す人間は無職で、時間がありあまっている場合が多いのですが、橋本容疑者の場合は春日部のリフォーム会社を自営していたとの情報があります。基本的につきまとうのが朝の出勤時間と夕方の帰宅時間という、限られた時間帯だったので、自営業者である橋本容疑者でも可能だったのでしょうか?
それにしても10年以上もつきまとい続ける執念には驚き、呆れます
しかも、被害者である女性の名前や自宅を確かめようとはしなかった、というのは意外です。通常なら駅から尾行して自宅を突き止める等の行為をするでしょうから
橋本容疑者の行動からすると、何か特定の流儀なり行動原理があって、彼自身そのやり方に縛られていたように映ります
それこそフランスの精神分析家ラカンの言う、「欲望はそれが満たされるまで(その独自のやり方で)、彼を拘束し続ける」との表現通り、橋本容疑者なりの行動原理が根底にあって、10年以上も反復し続けたと思われます
ただ、橋本容疑者が逮捕されたとしても今回が初犯扱いでしょうから、実刑にはならず執行猶予が付くはずです。刑事法上は段階的に処罰するため、いきなり実刑判決で服役にはなりません。なので、ストーカー犯の場合は1度逮捕されたくらいで犯行を諦めたりはせず、またつきまとい行為を繰り返すわけです
中には逮捕されたのを恨んで犯行をエスカレートさせ、刃物を持って自宅に乗り込み、殺害しようと企てるケースもあるわけで、一回目は警告にとどめ、二回目は罰金、三回目は執行猶予付き有罪判決、四回目からは実刑などという手順が通用しない相手がいるのも事実です。橋本容疑者の場合がどうかは分かりませんが、杓子定規な対応によって手遅れになり、被害者が殺害されたケースを当ブログで何度か取り上げました
なので、「逮捕されたから安心」と決めつけるのは大間違いです
逮捕時、橋本容疑者はスマートフォンで被害者を撮影した事実は認めていますが、「つきまとっていない」と主張しているのだとか

(関連記事)
西尾ストーカー殺人の少年 出所後再犯で懲役1年8月
https://05448081.at.webry.info/201706/article_25.html
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
三鷹女子高生殺害を考える1 ストーカー対応
三鷹女子高生殺害を考える2 無職のストーカー
三鷹女子高生殺害を考える3 ストーカー男の余罪
三鷹女子高生殺害を考える4 凶行前の行動
三鷹女子高生殺害を考える5 裸体写真をアップした理由
三鷹女子高生殺害を考える6 懲役22年の判決
同性愛者ストーカー殺人を考える
大学職員がストーカー、同僚を殺害して逮捕
同志社女大ストーカー殺人はW不倫の結果
長崎ストーカー殺人で千葉県警本部長ら処分へ
女子大生を刺した神戸ストーカー事件を考える
三角関係でストーカーと化した女教師
大阪母娘殺害事件を考える1 怨恨殺人か
石巻3人殺傷事件を考える1 事件の状況など
石巻3人死傷事件を考える2 人格障害
石巻3人殺傷事件を考える6 死刑判決
石巻3人殺傷事件を考える7 死刑判決批判の愚
ストーカー殺人 被害者を批判するテリー伊藤
群馬ストーカー殺人を考える1 警察の対応
群馬ストーカー殺人を考える2 警察の失態
平野区ストーカー殺人 懲役30年の判決
小金井アイドル刺傷事件を考える 容疑者は鑑定留置
小金井アイドル刺傷事件を考える 被害者の落ち度で炎上騒動
小金井アイドル刺傷事件を考える 懲役14年6月の判決
静岡女子大生殺害 同じ学部の学生が犯人
静岡女子大生殺害 懲役20年の判決は妥当か?

青梅強盗殺人 懲役24年と20年の判決

2019年の暮に起きた青梅市の強盗殺人事件を複数回に分けて取り上げています
前回、裁判はまだ始まっていないと書きましたが誤りで、3月に実行犯2人について判決が出ていました。お詫びして訂正します
野村俊希被告には懲役20年、ハン・イルイン被告には懲役24年の判決が言い渡されています
この事件では被害者の小川和男さんが「泥棒に入られた」と警察に通報し、それから現場である小川さん宅に警察官が到着するまでの10分間に小川さんが鈍器で頭を殴打され殺害されています
つまり、小川さん宅に侵入した犯人たちは、帰宅した小川さんの気配に驚いて一度は逃げたのでしょう。しかし、このままでは警察に通報されると焦ったのか、あるいは顔を見られてしまったと勘違いしたのか、小川さん宅に引き返して鈍器で殴ったものと考えられます
口封じのために小川さん宅に引き返し、殴りつけ死亡させたのですから殺害する意図があったと考えられるわけですが、なぜ強盗殺人で起訴しなかったのか、よく分かりません
初公判と判決公判を伝える記事を2つ貼っておきます


おととし東京・青梅市で、多額の現金を持っているという情報を得た男性の住宅に侵入し殴って死亡させたとして、強盗致死などの罪に問われている被告2人の初公判が開かれ、いずれも起訴された内容を認めました。
いずれも住所不定・無職で韓国籍のハン・イルイン被告(32)と、野村俊希被告(26)は、おととし12月、東京・青梅市の住宅に金品を奪おうと侵入し、この家に住む小川和男さん(当時67)を鈍器のようなもので殴って死亡させたとして、強盗致死などの罪に問われています。
22日、東京地方裁判所立川支部で初公判が開かれ、2人はいずれも「間違いないです」と述べて、起訴された内容を認めました。
検察は冒頭陳述で「2人は『自宅に数千万円の現金を持っている高齢者がいる』という情報を得て、強盗の計画に実行役として関わった。被害者が亡くなっていて結果は重大だ」と述べました。
これに対しハン被告の弁護士は「てっとり早く金を稼げるという安易な考えで犯行に及んだが、当初から暴行して金を奪おうと考えていたわけではない」と主張しました。
また、野村被告の弁護士は「小川さんに気づかれたため、被告は住宅の外に逃げ出して暴行はしていない」と主張しました。
判決は来月10日に言い渡される予定です。
(NHKの記事から引用)

おととし東京・青梅市で、多額の現金を持っているという情報を得た男性の住宅に侵入し殴って死亡させたとして、強盗致死などの罪に問われた被告2人に対し、東京地方裁判所立川支部は懲役24年と20年の判決をそれぞれ言い渡しました。
いずれも住所不定・無職で韓国籍のハン・イルイン被告(32)と、野村俊希被告(26)は、おととし12月、東京・青梅市の住宅に金品を奪おうと侵入し、この家に住む小川和男さん(当時67)を鈍器のようなもので殴って死亡させたとして、強盗致死などの罪に問われました。
10日の判決で、東京地方裁判所立川支部の矢数昌雄裁判長は「1人暮らしの高齢者が大金を持っているという情報をもとに現金を奪おうとした計画的で悪質な犯行だ」と指摘しました。
そのうえで「ハン被告に殴られ死亡した小川さんの恐怖や苦痛は想像を絶するものであり、平穏な生活を一瞬にして奪われた無念さは計り知れない。野村被告は別の強盗事件の前科があり、仮釈放後わずか2か月余りで今回の犯行に及んでいて、法を守る意識が著しく低い」として、ハン被告に懲役24年、野村被告に懲役20年を言い渡しました。
(NHKの記事から引用)


この事件では実行犯だった2人の他に、犯行の指示役と思われる男など3人が逮捕されています。残る3人については調べた上で取り上げます
小川さんが周囲に現金で1億円もっていると吹聴していたとしても、その噂の裏付けも取らないまま犯行に及び、殺害に至らしめたのですから鈍器で殴りつけたハン・イルイン被告の懲役24年も、野村俊希被告の懲役20年も軽すぎる感があります。あと5年、刑をプラスしてもよかったのでは
当の2人は刑期が重すぎると思っているのでしょうが
最近はアポ電強盗のように、「あの家は金を持っている」とする不確かな噂で犯行を企み、インターネットの闇サイトなど介して実行犯を募る手口が出てきました
時代の変化といえばそれまでですが、犯行への関わり方があまりに安易になり、罪の意識も薄くなるのではないかと懸念されます
簡単に大金が手に入るような犯罪などありえないのだ、とこの2人は気づいたのでしょうか?

(関連記事)
青梅強盗殺人 アタッシュケースに多額の現金
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将が強盗 駒大野球部のしごきを暴露
甲子園優勝校主将が強盗 公判で犯行認める
甲子園優勝校主将の転落人生
甲子園優勝校主将が強盗で逮捕
茂原強盗殺人事件を考える 主犯は無期懲役、従犯は?
茂原強盗殺人事件を考える 少年3人を逮捕
千葉印西市放火殺人 判決はどうなったか?
千葉印西市放火殺人 3人のうち2人が無罪主張
千葉印西市放火殺人 男女4人逮捕
ビットコイン強盗殺人事件 主犯は無期懲役
ビットコイン殺人 共犯少年に懲役18年の判決
アポ電強盗殺人 懲役28年から27年の刑

大阪交番襲撃 飯森被告「精霊さんの指示だった」

交番を襲って警察官から拳銃を奪う事件が相次いで発生したのですが、犯人の動機はさまざまです。自殺に使うために拳銃を奪おうとする者もいれば、警察官や自衛官に強いあこがれを抱き、権力の象徴たる銃を何としても手に入れたいと思って犯行を企てた者もいます
大阪の交番を襲った飯森裕次郎被告の場合はどうだったのでしょう
逮捕時、警察官から拳銃の在り処を問われた際、飯森被告は「オレが殺したいヤツ、全員殺したら教えてやる」と叫んでいました
しかし、取り調べの中で飯森被告の供述は二転三転し、何を目的に交番を襲って拳銃を強奪したのか、動機は絞り込めないままだったのではないか、との懸念が浮かびます


大阪府吹田市の交番で令和元年6月、警察官を刺して重傷を負わせ、拳銃を奪ったとして強盗殺人未遂などの罪に問われた無職、飯森裕次郎被告(35)の裁判員裁判の第3回公判が26日、大阪地裁(渡部市郎裁判長)で開かれ、被告人質問が行われた。飯森被告は統合失調症の悪化で頭の中に現れる幻覚・幻聴の「精霊さん」の指示に逆らえない状態だったと説明。事件時は「警察官を『刺して殺せ』という指示があった」と述べた。
飯森被告は法廷でほとんど目を閉じているが、その理由を弁護人に問われ、「テレビで見たり実際に目にした人すべてが、頭の中に現れて自分や両親を殺そうとしてくるから」と話した。また「現実と夢の区別がつかない」とも語った。
このほか、事件の約10日前に1人で沖縄に旅行に行った際、幻覚の指示で服薬をしなかったところ、「体調が最悪になった」と説明。一方、当時暮らしていた東京から大阪へ向かったことや警察官を襲った理由、犯行後に着替えをしたことなどについては「覚えていない。指示に従った」と繰り返した。
起訴状によると、被告は元年6月16日早朝、大阪府警吹田署千里山交番の駐車場で、当時巡査だった古瀬鈴之佑(こせすずのすけ)巡査長(28)の胸などを包丁で複数回刺して重傷を負わせ、実弾の入った拳銃を奪ったなどとしている。
(産経新聞の記事から引用)


冒頭書いたように、逮捕時の飯森被告の発言からすれば高校時代の同級生を射殺する狙いがあって拳銃を強奪した、と推測されます
今月19日の初公判で飯森被告は起訴事実を認めたのですが、「多分僕がやったであろうことは認めるが、正直よく分からない」という曖昧な言い分に終始し、弁護人は「犯行当時、飯森被告は統合失調症にかかっていて責任能力がなかった可能性がある」と主張しています
そして上記のように第3回公判では「精霊から警察官を刺し殺せと指示があった」との言い方に変わっています
おそらくは質問するたびに、違う答えが返ってくるのでしょう。飯森被告が質問に対して毎回、適当に答えているのか、でなければ精神的な障害が考えられます
公判ではこの後、飯森被告の精神鑑定を担当した医師が証人として登場するのでしょう。あるいは飯森被告が東京で生活していた時期、通院していた精神科の医師も証人に呼ばれているのかもしれません
仮説としては、高校時代の友人・知人と連絡を取ろうとしても、応じなかったのを恨みに思い、報復を企てたとの線が思い浮かびます。おそらく被害妄想によって、さまざまに脚色されてしまっているのでしょう。自分が迫害されたり、仲間はずれにされたりと
ですから、犯行を企てた際にどのような動機(あるいは妄想によって脚色された物語)に突き動かされて行動したのか、正確に再現するのは困難ではないのか、と推測します。精神障害者が語る妄想は根幹となる部分は共通していても、語るごとにさまざに変化し、色付けされるからです
それでも検察は刑事責任を問えると判断し、起訴したのですから、飯森被告の刑事責任をどのように追及するのか注目しましょう

(関連記事)
大阪交番襲撃 飯森被告の初公判
大阪交番襲撃 飯森被告の初公判は7月19日
大阪交番襲撃 飯森裕次郎容疑者を起訴
大阪交番襲撃 同級生への執着はなぜ?
大阪交番襲撃 異常な言動
大阪交番襲撃 容疑者確保し拳銃発見
大阪交番襲撃 拳銃強奪狙い
仙台警察官刺殺事件を考える 21歳男学生の犯行
仙台警察官刺殺事件を考える 物静かな少年時代
仙台警察官襲撃事件を考える 自宅に5丁のモデルガン
富山交番襲撃犯 2人を殺害し逮捕
富山交番襲撃犯 島津容疑者取り調べ難航か
富山交番襲撃犯 2年たっても公判の目処立たず
富山交番襲撃犯 初公判で島津被告は黙秘
富山交番襲撃犯 島津被告の両親が謝罪
富山交番襲撃犯 調書に見る犯行動機
富山交番襲撃犯 無期懲役判決
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
川崎小学生襲撃事件を考える 叔父の手紙が凶行を招く?
川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし
川崎小学生襲撃事件を考える 自称専門家の不快発言
川崎小学生襲撃事件を考える 「一人で死ね」論争
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕

「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員「少女が誘う場合もある」

立憲民主党の本多平直衆議院議員が党の性犯罪刑法改正ワーキングチーム(WT)で主張した、「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」発言ですが、本多議員は世論からの批判を浴び、発言を取り消しています
しかし、党から1年間の資格停止処分を受けると知るや、俄然として反撃に出て、同種の主張を声高に繰り返しているようです。「オレの考えは間違っていない」と固く信じているのでしょう
法改正ワーキングチームの座長だった寺田衆議院議員を捕まえて、己の考えの正当性を力説したと報じられていますので取り上げます


本多氏が21日に倫理委に提出した意見書では、「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と報道各社が報じた5月10日の発言内容について、「録音・録画が存在しないまま事実認定している」「(発言を認めた)寺田座長が事実と異なる情報発信をした」などと批判した。
これに対し、寺田氏の意見書では、5月13日に本多氏から個別に面談を求められたことを紹介した。
本多氏はこの場で、問題の発言をした記憶がないとしながらも、「50歳と中学生のセックスも同意があればいい」との考えを容認。そのうえで「今たくさん、14歳、15歳から誘っている例があるから。23歳とかを」「みんなフェミニストの人たちは、男がだましてセックスさせるもんだと思っているんだけど、今時代が変わってきていて、お金のためとか、興味のためとか、本当に惚(ほ)れて、まー、誘うこともある。そのことを分かってないから」などと発言の意図を説明した。この場で本多氏から発言の撤回や修正の依頼はなかったという。
さらに同月28日のWTでは、本多氏が「じゃあ33歳と15歳。微妙なところね。僕にとって一番有利な議論は21歳なんだけどね。21歳と15歳に認められるべきケースもある」「12歳と21歳だってないとはいえないけど、そんなこと言ったらキリがないから、今の性交同意年齢はどこかで基準を置かないといけない」とも発言したという。
寺田氏は同月10日のWTまでは録音や録画をしていなかったが「外部講師と本多氏の議論が尋常ではない様子になった」ことを踏まえ、同月17日のWTから録音・録画をするよう指示。本多氏と13日に個別に面会した際もやりとりを録音しており、意見書では「本多氏の了解があれば録音も提出する」としている。
本多氏と個別に面会した際は、「強姦された女性をフォローしているという建前で、女性、女性解放運動をやっている人たちとけんかした」「可哀そうな、真摯(しんし)な恋愛かもしれないけど、14歳とセックスして、ふとした瞬間に親にバレて、会社員としての生活を棒に振った24(歳)もいるわけだよ」と発言したことも明らかにした。
寺田氏は意見書で、本多氏について「性犯罪被害の『被害』の対象が、むしろ加害者である成人側に向けられているのではないか」とも指摘した。
さらに、「12歳とまで真剣な恋愛がありうる、恋愛があればセックスをするのは自然だ、との考え方は、若年者の脆弱(ぜいじゃく)性、保護の必要性に関する認識が欠如している」と言及したうえで「ゆがんだ認知の下に発せられる本多氏の言動から、WTに参加した多くの方が心身ともに苦しめられた」と説明している。
(産経新聞の記事から引用)


立憲民主党の処分に従えないのなら、離党すればよいわけです。しかし、過去の衆議院議員選挙では小選挙区で落選し、比例区で復活当選している本多議員ですから、党の公認がない限りは落選確実であり、なんとかして1年間の資格停止処分を免れたいのでしょう
その根拠として、「自分の主張は間違っていない」と強弁しているように映ります
しかし、その言い分たるや、援助交際で少女を買春するスケベオヤジと同じであり、何とも情けない話です
街頭演説に立って、「同意さえあれば12歳やそれ以下の年齢の少女とセックスしても犯罪扱いするな」と有権者に向けて叫ぶのでしょうか?
それで支持が得られると本気で思っているのなら、頭がおかしいと断じるしかありません
記事にも書かれているように、「14歳とセックスして、ふとした瞬間に親にバレて、会社員としての生活を棒に振った24(歳)もいるわけだよ」などと、本多議員は発言しており、どうしてそこまで性犯罪者に同情できるのか不思議でなりません
たとえ少女の側から誘ったとしても、要保護性に変わりはないのであり、少女を保護するのは当然の話です。本多議員は、「いや、24歳のサラリーマンを保護しろ(無罪とせよ)」と言いたいようですが

追記:本多議員が立憲民主党に離党届を出し、さらに衆議院議員を辞任すると報じられています
ならば、上記の記事にある開き直りは何であったのかと言いたくなります。周囲から「間違っている」と指摘されると、ムキになって反論するタイプの人間だったのでしょうか?
あるいは議員は辞職しても、「合意があれば14歳とセックスしても無罪にすべきだ」との持論を堅持し続けるつもりなのでしょうか?
議員を辞職したといえど、すっきりしない話です

(関連記事)
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の不満爆発
「14歳と性交で逮捕は不当」 性犯罪オヤジの言い分
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識
14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
義理に娘(女児)に猥褻行為 兵庫の元校長に懲役6年求刑
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
強制わいせつ被害 10歳の訴えを「告訴能力なし」と否定
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
知人の娘(小学生)に性暴行 52歳の男を逮捕
知人の娘(小学生)に性暴行 荒木容疑者を再逮捕
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉

岡山女児殺害事件を考える 初公判は10月6日

未解決事件の1つ、愛知県美浜町の女児襲撃事件を取り上げていて頭に浮かんだのが、この岡山の女児殺害事件です。犯人とされる勝田州彦被告は被害者とまったく面識がなく、そもそも犯行現場である津山市にも偶然立ち寄ったにすぎません。下校時の姿を見かけた女児の後をつけ、家に押し入り殺害するという、実に荒っぽい犯行でした
平成16年に岡山県津山市で、当時小学3年生だった筒塩侑子さんが何者かに殺害された事件で、別件の女子中学生殺害未遂事件で懲役10年の判決を受け服役中の勝田州彦受刑者を犯人と特定され、起訴に至ったのですが裁判が始まらないままになっていました
公判前の争点整理で揉めていると、当ブログで取り上げたのが2019年9月ですから、あれからなおも延々と争点整理を続けていたことになります
それもようやく決着し、岡山地裁で今年10月6日に初公判が開かれ、全26回もの公判を経て来年1月6日に判決が言い渡される予定です
勝田被告の弁護人は「無罪を主張する」と述べており、公判で激しいやり取りが行われるのでしょう
起訴された勝田州彦被告については以下のまとめサイトを参照願います

勝田州彦の現在!生い立ちと実家や親・加古川事件など余罪の噂まとめ【津山小3女児殺害事件の犯人】

上記のサイトでも、加古川で起きた未解決の少女殺害事件に触れていますが、勝田州彦を犯人として起訴するには至らないのでしょう。公園に遊びに行った小学2年生の女児が何者かにより腹部を切り裂かれ殺害されたもので、少女の腹部を刺しその苦しむ様子を見て性的な快楽に浸るという勝田被告の特殊な性癖そのものを体現したかのような犯行です
しかし、目撃証言もほとんどなく、犯人に結びつく物証もないため、未解決のままになっています
翻って、本件の岡山女児殺害事件も物証に乏しく、勝田被告の供述も曖昧ですから検察側が立証するのはかなり難しいと思われます
鳥取砂丘観光を目当てに旅行に出た勝田被告が、事件当日津山市に立ち寄ったところから検察は立証せねばならず、状況証拠を積み上げて勝田被告しか犯人はいないと裁判官を納得させられるかどうか、にかかっています
公判が26回も予定されているのですから、さまざまな証人を法廷に呼んで証言させる展開になるのでしょう
追加の情報として、勝田被告の父親は兵庫県警の警察官であり、母親も警察に務める事務官でしたが、2人とも勝田被告の度重なる事件・逮捕の影響もあってか、早期に退職したとの話です

(関連記事)
岡山少女殺害事件を考える 自供の真偽でモメる
岡山少女殺害事件を考える 父親は警察官
岡山少女殺害事件を考える 公判前争点整理でも全面否認
岡山女児殺害事件を考える 一転して殺害否認
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 岡山、兵庫県警で連携なし
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
廿日市女子高生殺害事件 初公判で犯行を認める
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
島根女子大生遺棄事件を考える42 容疑者死亡で送検
島根女子大生遺棄事件を考える43 矢野容疑者のプロフィール
島根女子大生遺棄事件を考える44 捜査本部会見
島根女子大生遺棄事件を考える45 矢野容疑者のmixi
島根女子大生遺棄事件を考える46 矢野容疑者の前科
島根女子大生遺棄事件を考える47 犯人扱いで大学中退者も
広島女児殺害事件を高裁に差し戻し 最高裁判決
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 公判前の争点整理で紛糾
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半
未解決 愛知美浜町女児襲撃事件を考える
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつでまた逮捕
ヒステリックブルーのナオキ 再犯に至る事情

ヒステリックブルーのナオキ 法廷で検察官と激しい応酬

3月に初公判が始まった元ヒステリックブルーのナオキこと二階堂直樹被告の裁判ですが、まだ続いています。さいたま地裁の予定を見ると7月21日に公判が予定されており、その先は未定のようです
そろそろ求刑して結審する頃だと思うのですが、判決公判の期日は指定されていないのか、自分が見つけられないのか(ブログで取り上げるため、主要な事件の公判予定を列挙してあるウェッブサイトをチェックしています)
5月20日の公判の模様について、月刊誌「創」の篠田編集長が記事を書いていますので、一部を引用させてもらいます。この日の公判については先に当ブログでも取り上げたのですが、毎日新聞の簡単な記事を引用しただけなので、それを補足する狙いです
検察官と二階堂被告が激しくやりあっており、二階堂被告は自身の主張を曲げる気はないと感じます
これまでの公判で二階堂被告は強制わいせつ目的で女性を尾行し、体を触ろうとしたため女性が転倒し怪我をしたとする検察側の主張を否定し、女性を尾行したのは優越感を味わうためであり、支配欲を満たすのが目的で、わいせつ行為をする意図はなかったと述べています
女性の検事は二階堂被告の言い分を詭弁だとし、強制わいせつの目的があったからこそ女性の体に触れようとし、驚いた女性が転倒したのではないか、と問い質して一歩も引きません


「強制わいせつ目的」をめぐる応酬
さて被害女性の証言を聞く機会が失われたことは非常に残念だったが、この第2回公判の経緯を報告しておこう。私は前回に続いて最前列で傍聴した。
その日は被告人質問が行われ、最初は弁護人から質問が行われ、続いて検察官の反対尋問、それに裁判長も質問、そしてさらに弁護人・検察官双方がもう一度質問するという流れだった。
前回報告したように、ナオキは事件当日に行ったことは認めているのだが、それを「強制わいせつ目的で」とされたことに異論を唱え、公訴事実の一部を否認した。犯した犯罪はいわゆる痴漢行為で、強姦などの強制的なわいせつ行為を考えたわけではない、と反論した。
(中略)
弁護人 7月6日夜は一人で飲食店へ行ったわけですね。そこでお酒をどのくらい飲んだ?
被告人 ジョッキでサワーを6杯です。
弁護人 その後、午前1時半頃、どうしました。
被告人 コンビニで缶チューハイを買って飲みました。
弁護人 酔っているという意識はありました?
被告人 足元がふらつく状態でした。
弁護人 その後の行為はお酒の影響があった?
被告人 正常な判断力が欠けていました。
この後、女性に近づいて行った行為をひとつひとつ尋ねていくのだが、前回の公判でも語られたように、5~6分、通りかかった女性を尾行し、背後から片手で口を押えて、もう一方の手で女性の胸をさわろうとしたのだった。ナオキはそれを「支配欲の充足」が目的だったと説明した。一瞬さわって逃げようと思ってやったもので、それ以上は考えていなかったと語った。
弁護人 連れ込んでわいせつするという意図は?
被告人 全くありませんでした。
検察官は「前刑と同じでは」と詰め寄った
続いて検察官の反対尋問が行われた。尾行しただけでなく胸をさわるという行為に踏み切ったのはなぜなのかといった質問を重ねていった。そこでもナオキは「自分の存在を知らしめ、支配欲を満たすためでした」などと答えた。
それに対して検察官は、背後から近づいて口をふさぐという方法は前刑で犯したやり方と同じであり、服役中に罪と向き合ったと話していたが理解したということがないのではないか、とつめよった。
検察官 前の事件でも大声をあげられて逃げたことがありました。今回も前回と同じに思えるのですが、強制わいせつ未遂。今回も同じではないですか? 違いはありますか?
被告人 前回は刃物に模した車のキーをつきつけて相手を脅迫していた点や、最初から触る目的で相手が抵抗しても強引に触ったりといった点で今回とは違っていました。
検察官 今回、調書の中であなたは「一瞬さわるだけなら大丈夫と思った」と言っていますが、大事にならないとはどういうことですか? 一瞬さわられるだけでも被害者はどういう状態になるか想像できないのですか?
被告人 酩酊状態だったのでそこまで想像できませんでした。
検察官 いや判断できてるじゃないですか。
被告人 認知能力の欠如もありました。
検察官 口をふさいだ後、被害者がしゃがんだという認識なのですか?
被告人 真下に下がったという感じでした。
検察官 地面に転倒してケガを負ったのですよ。自分でしゃがんだりはしていない。
「12年も服役してわからないのか」と女性検察官
次に女性検察官に代わって反対尋問が続けられた。
検察官 支配欲を満たすために尾行したと言っていますが、そうであれば尾行だけでなく触るという行為には出ないはずでしょう。その日の何日か前にも同じようなことがありましたね。尾行だけの時と触りたいと思う時とはどんな違いがあるのですか?
被告人 基本的には尾行だけで満足しているけれど、酩酊していて判断ができなかったということだと思います。
検察官 前刑の時も尾行して…と同じ状態ですよね。その時もお酒は飲んでいたことも同じじゃないですか。12年も服役していたのにわからないということですか。
被告人 認知の歪みがあって、尾行していても再犯には至らないだろう、尾行くらいなら犯罪ではないだろうと考えていました。
検察官 触ろうとしたことについても、これくらいならと考えたのですか。自分のやっていることを認識していなかった?
被告人 認識はしていました。
検察官 していたのに欲望を抑えられなかった?
被告人 はい。
検察官 「強制わいせつを目的に」という公訴事実の「意味が分からない」と言っていましたが、今回やったことは違うのですか?
そのやりとりに弁護人が割って入り、続いて裁判長も質問した後、再び女性検察官。
検察官 あなたは一瞬さわっただけと言っていますが、被害者にすればどこかへ連れ込まれるのではと恐怖を感じるというのがわかりますか?
被告人 わかります。


検察は強制わいせつ事件として立件し、起訴しています。二階堂被告側はあくまで痴漢行為に留まり、県の迷惑防止条例違反に問われる事案だとの主張です。二階堂被告の言い分通りなら、簡易裁判所で罰金30万円を言い渡す程度の事件になります
検察の主張を認めるなら強制わいせつ罪で懲役4年くらいでしょうか?
つまり事件の扱いと刑罰に大きな違いがあるため、法廷で論戦を繰り広げているわけです
ただ、二階堂被告側の旗色が悪いのは明らかであり、上記のように軽微な事件であるとの主張が被害者を怒らせてしまい、一旦は示談を結んだ被害者が「厳罰を求める」と処罰感情を強めています
検察官の高圧的で執拗な言い方は二階堂被告を追い詰め、逆ギレさせる狙いがあってのものでしょう。逆ギレして開き直る態度を示せば、裁判官は「こいつ、反省していないな」と思うのですから
ともあれ、被害者への配慮を欠いた主張を繰り返すほど二階堂被告は不利になるのであり、そこも含めて認知の歪みという気がします

(関連記事)
ヒステリックブルーのナオキ 性犯罪ではないと釈明
ヒステリックブルーのナオキ 示談成立も被害者は刑罰求める
ヒステリックブルーのナオキ 初公判でわいせつ否認
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつ未遂で起訴
ヒステリックブルーのナオキ 再犯に至る事情
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつでまた逮捕
性犯罪支援団体代表 強姦容疑で逮捕
性犯罪支援団体代表強姦で逮捕 妻と涙の面会
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
福岡女児遺棄事件を考える6 性犯罪更生プログラムは有効か?
福岡女児遺棄事件を考える7 内間被告会見記
性犯罪者に対する薬物療法の実際
今市女児殺害事件 「物色中に偶然見つけた」
今市女児殺害事件 犯行を自供した男
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
福岡強姦殺人 性犯罪を繰り返した古賀被告

未解決 愛知美浜町女児襲撃事件を考える

未解決事件をたびたび取り上げています。どの事件も未解決のまま犯人の逃げ切りを許すわけにはいかないのは当然であるとしても、情報提供を求める警察の呼びかけには正直、がっかりするのがしばしばです
猛暑の中チラシを配布したり、自治体の広報誌を利用したり、メディアに協力してもらい情報提供を呼びかけるなど、手段を尽くしているのは理解できますし、捜査関係者の苦労には頭が下がります
ただ、情報提供を求めるのであれば事件への関心を今一度掻き立てる必要があり、そのためにも犯人の特徴などできる限り情報を公開する必要があると考えます。防犯ビデオの画像を公開するとか、人相風体など具体的なものを明かす…という取り組みが求められます
ところが、犯人特定につながる情報を捜査上の秘密であるとして非公開にする動きがあるようで、どうにも不可解です
今回は2年前、2019年7月末に起きた愛知県美浜町の小学生女児殺害未遂事件を取り上げます


愛知県美浜町の住宅で昨年7月、住人の小3女児(8)が頭を殴られ一時意識不明の重体となった事件で、半田署捜査本部は21日、住宅内で家族の物ではないサイズ22センチのサンダルの足跡を確認したと明らかにし、同種サンダルの写真を公開した。捜査本部は、何者かが侵入して女児を襲ったとみて、殺人未遂容疑で調べている。事件は25日で発生から1年となる。
また捜査本部は、住宅内で凶器とみられる血の付いた鈍器を押収したことも明らかにした。女児はくも膜下出血や頭部骨折などの重傷を負った。関係者によると、約3週間後に意識を回復し、昨年11月に退院。現在は小学校に通っている。
捜査本部によると、足跡は玄関や1階のリビング、2階の廊下など複数の場所で見つかった。サンダルの色は不明。女児は会社員の父親(56)と母親(49)と3人暮らしだが、いずれの所持品とも一致しなかった。侵入者が履いたまま住宅内を移動した可能性がある。
(産経新聞の記事から引用)


サンダルはクロックスのピンクです。サイズが22センチですから、成人男性が犯人だとは考えられません。犯人はサンダル履きのまま家に上がり込み、2階の部屋まで侵入しています
別の報道によれば、被害に遭った女児は正面から重さ3キロの煉瓦で頭部を殴られていたのだとか。重さ3キロのレンガを抱えて盗みのために家へ侵入するとは考えにくいわけで、最初から女児を含む家族を殴打するか殺害する目的だった可能性があります
報道では盗まれたものがあったかどうか、明確な記述がないのであり、窃盗目的でないと判断できたのであればはっきりと書いてほしいところです
もう一度整理すると、サンダルのサイズから犯人は女性である推測されます。まあ、ピンクのクロックスを履く中学生男子がいても不思議はないのですが
そして留守宅を狙った窃盗目的の犯行という線も一応は考えられます。留守宅と思って侵入したら留守番の女児と出くわしてしまい、咄嗟に殴った(しかも都合よく重さ3キロの煉瓦を手に持っていた…というのは無理があります。女性が3キロの煉瓦を手にして、盗みのために家の中を物色して歩くとは思えません)
となれば、最初から家族を煉瓦で殴り殺すため家に入り込んだと考えたほうがよいのでは?
ただし、夫婦が買い物に出かけていたのならば家に車が停まっていなかったと考えられるのであり、留守だと判断できたはずです。殺害目的なら寝静まった夜中に犯行を企てるのであり、昼間に犯行に及ぶのは大胆すぎます。となれば、女児のみを殺害する意図があり、夫婦が買い物に出かけたのを機会と判断して犯行に及んだのでしょうか
当然、警察は怨恨説を基本として家族の周辺を調べたのでしょう。が、2年経っても容疑者を絞り込めていません
ならば、通り魔のような流しの犯行となるのですが、どうなのでしょう
犯行があった愛知県美浜町は知多半島の先端に近い部分にあり、余所者がふらりと足を運ぶような場所ではないため、犯人は犯行現場周辺に住む人物と考えた方が適切です
女児を狙った犯行として性犯罪の可能性も考えられるのですが、犯人が女性であるなら「?」です
被害に遭った女児は正面から頭部を煉瓦で殴打されており、犯人を目撃していたと思われるのですが、それについては伏せられたままです
いずれにせよ、もう少し警察の把握している情報を公開してもらいたいところです。現場に遺留品もあったのでは?

(関連記事)
未解決 名古屋主婦殺害事件の現在
未解決の誘拐・失踪事件 庄山仁君失踪(昭和44年)
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)
吉川友梨ちゃん誘拐事件(2003年)は未解決のまま
新潟少女監禁事件を考える1 犯人の異常行動
新潟少女監禁事件を考える2 警察の失態
カリフォルニア少女監禁事件 禁固431年の刑
倉敷女児行方不明事件 公開捜査も手がかりなし
埼玉失踪少女事件を考える1 2年間も監禁状態
埼玉失踪少女事件を考える4 「なぜ逃げ出さなかったのか」という疑問
島根女子大生遺棄事件を考える42 容疑者死亡で送検
島根女子大生遺棄事件を考える43 矢野容疑者のプロフィール
島根女子大生遺棄事件を考える44 捜査本部会見
八王子スーパー強盗殺人事件 17年たっても未解決のまま
1995年「ナンペイ事件」で容疑者特定か?
世田谷一家殺害事件 未解決のまま20年
世田谷一家殺人 「犯人は15歳から22歳」と警察

「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の不満爆発

先日、立憲民主党の性犯罪刑法改正ワーキングチーム(WT)会合で、本多平直衆院議員(56)が、「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言し、大きな問題になりました
立憲民主党は当初、福山幹事長が厳重注意し幕を引くつもりでしたが、世論が本多議員の責任を厳しく問う向きであると知るや、枝野幸男代表は党員資格停止1年とする方針を決定しています。つまり、秋にも予定されている衆議院議員選挙で本多議員を公認しないと決めたわけです
これに対して党内から異論が噴出し、また本多議員も処分に対して不満を表明する事態になっています。もはや「性交同意年齢の引き上げ」を脇において、政争を始めた感があります


立憲民主党内の性交同意年齢に関する議論で「50代が14歳と恋愛し同意があった場合に罰せられるのはおかしい」などと発言した同党の本多平直衆院議員=比例北海道=に対し、次期衆院選の公認を事実上取り消す党員資格停止1年の処分を科す党執行部の方針に、党内から「重すぎる」と異論が出ている。公平性に欠け、自由闊達(かったつ)な議論を阻害する-という主張だ。
党倫理委員会(委員長=荒井聡衆院議員)が処分方針の妥当性を審査しており、26日にも結論を出す。
尾辻かな子衆院議員はツイッターで「政治生命を絶たれるような処分」と指摘。本多氏がすでに発言を撤回し、党の厳重注意も受けているとして「その上に、党員資格停止処分が妥当なのか」と疑問を呈した。津村啓介衆院議員もツイッターで、本多氏が刑罰適用の限界事例について議論を促すために「職業的な責任感をもって」踏み込んだ末の発言だとの認識を示して擁護し、「フェア」な処分を求めた。
本多氏の妻の西村智奈美衆院議員は、津村氏と連名で「本処分は不適当」として再考を求める嘆願書を幹部らに配布。この中で「自由闊達な党内議論を阻害する」「バランスを欠いた政治判断」と批判した。
枝野幸男代表は厳重処分の理由を「党の名誉、信頼を傷つけた」などと説明したが、13日の党会合では、出席者から「議員の身分に関する問題は非常に重く、慎重に扱うべきだ」「(非公開の)党内議論なので処分に値しないのでは」と慎重意見が相次いだ。
本多氏自身も21日、「承服しかねる」とする意見書を倫理委員会に提出した。処分の根拠となった第三者機関の事実認定には手法に疑義がある▽党内議論での発言内容を理由に処分される前例を作るべきではない-などと訴えた。
厳しい処分の背景に、一部の支援団体からの厳しい非難や、東京都議選(7月4日)の議席の伸び悩みがある-。党内ではこんな見方もされている。昨年9月、性暴力に関して自民党内の議論で「女性はいくらでもウソをつける」と発言し、政調会長の口頭注意のみ受けた自民の杉田水脈衆院議員に関し、立民が厳しい処分を求めていた経緯もあり、党幹部の一人は「厳しく臨まないと弱者保護を重視する党のマイナスイメージになる」と語る。
(産経新聞)


自由闊達な議論を阻害するとの言い分ですが、それでは「性交同意年齢の引き上げ」はどうなったのでしょうか?
本多議員はワーキングチームの場に特殊な事例を持ち出して議論を深めようとしたのではなく、招かれた刑法学者の鼻を明かしてマウントを取る目的で「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言したのです
つまり真摯に「性交同意年齢引き上げ」を議論しようというのではなく、議論をぶち壊す意図があったと考えられます
にも関わらず、上記の記事のように本多議員を擁護するおバカな連中がぞろぞろ湧いて出るわけで、言葉を失います
連中が騒いでいるのは自由闊達な議論などほったらかして、選挙が大事だからでしょう
さて、順序が逆になってしまいましたが、本多議員のワーキングチームにおける言動を調査した立憲民主党の第三者機関の報告を取り上げます
要約すると以下のようになります

立民は13日、党の第三者機関「ハラスメント防止対策委員会」がまとめた調査報告書を公表。本多氏が性被害者からのヒアリングに消極的だった上、「認識不足」との釈明は「その場しのぎの発言にも見える」とし、「認識の誤りを本質的に修正したとまでは確認できない」と強調した。本多氏の言動を制止できなかったWTの運営についても問題視した。

つまり本多議員はワーキングチームでの自身の発言を撤回しただけで、「セクハラオヤジ然とした認識の歪みはそのまま」というわけです
本多議員が「14歳の娘とセックスさせろ。恋愛関係にあったら、同意があったら無罪だろ」と言い放っているのに、妻である妻の西村智奈美衆院議員は夫をかばっているのですから、呆れます
横っ面を張り飛ばして離婚を言い渡す気になれないのでしょうか?

(関連記事)
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員「少女が誘う場合もある」
https://05448081.at.webry.info/202107/article_46.html
「14歳と性交で逮捕は不当」 性犯罪オヤジの言い分
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識
14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
義理に娘(女児)に猥褻行為 兵庫の元校長に懲役6年求刑
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
強制わいせつ被害 10歳の訴えを「告訴能力なし」と否定
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
知人の娘(小学生)に性暴行 52歳の男を逮捕
知人の娘(小学生)に性暴行 荒木容疑者を再逮捕
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉

慶応大野球部鶴岡嵩大の給付金詐欺はどうなった?

南海ホークス監督鶴岡一人の孫で、慶応大学野球部員だった鶴岡嵩大が持続化給付金詐欺で逮捕されたのが今年の1月です
その後、続報をチェックしていませんでしたので、あらためて検索しました
3月23日に松江地裁で初公判が開かれ、起訴内容を認めたと報じられています。ちなみに大学の方は卒業直前で退学処分になったそうです
以下、日刊ゲンダイの記事から引用します


「グラウンドには銭が落ちている。人が2倍練習したら3倍やれ。3倍してたら4倍やれ。銭が欲しけりゃ練習せぇ」――。「鶴岡親分」の名で親しまれた名将・鶴岡一人南海ホークス(現ソフトバンクホークス)監督の“名言”だ。そんな努力を怠たり、詐欺に手を染めた孫の「裏切り」は、世間の注目を集めた。
元慶大生の鶴岡嵩大被告(22)が、国の持続化給付金をだまし取った詐欺容疑で島根県警松江署に逮捕されたのは今年1月のこと。鶴岡被告は昨年7月、共通の友人を通じて松江市内の男子大学生と知り合い、不正受給を“指南”。給付金100万円のうち20万円を「アドバイス料」の名目で受け取り、不正受給の総額は1000万円以上に上る。
「球界を代表する名将の孫」「父親は某スポーツメーカーの常務執行役員」「自宅は一等地の港区白金台」という、きらびやかな家柄。絵に描いたような「ボンボン」だが、不正受給の動機は「起業のために金が欲しかった」からだった。
鶴岡被告は中学時代には硬式野球で全国大会優勝、桐蔭学園高(神奈川)ではクリーンアップを務めた“野球エリート”。慶大でも体育会の野球部に所属したが、成績はイマイチ。3月に卒業を控え、卒業後は留学を希望していたものの、直前に退学処分となった。
3月23日に初公判(松江地裁)、4月8日に追起訴審理を終え、5月27日にも公判を迎える。
「公判中の鶴岡被告に、特に変わった様子はありません。起訴内容について『間違いありません』と、淡々とした様子で認め、落ち込んだり、取り乱したりした様子はありません。外見も何か大きく変わった印象はなく、短髪の黒髪でサッパリしています。スーツを着て出廷していますが、やはり、ガッチリとした体格が印象的です」(地元記者)
表情も変えず、犯した罪を淡々と認めている鶴岡被告。「親分」が草葉の陰で泣いている。


上記の記事で「3月23日に初公判(松江地裁)、4月8日に追起訴審理を終え、5月27日にも公判を迎える」と書かれているのですが、「5月27日に判決を迎える」の誤りでしょう
しかし、検索しても判決に関する報道が見当たりません
おそらくは初犯なので執行猶予付き判決が出たと思われます。実家が資産家でしょうから、騙し取った給付金については弁済しているはずです
なお、給付金詐欺に出を出したのは起業するための資金がほしかったと供述しています。大学卒業とともに海外に留学して、何を学ぶつもりだったかは不明ですが、帰国したら何やら事業を立ち上げる腹積もりだったのでしょう
執行猶予がついたのですから、めげずに青年実業家を目指すものと思われます。どこかの会社に就職して社畜になるのはゴメン、という考え方かのかもしれません
裁判結果が分かりましたら、追記します

(関連記事)
慶応大野球部員詐欺で逮捕 故鶴岡監督の孫
慶応大広告研レイプ事件で6人を書類送検
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミス慶応中止 広告学研究会の集団強姦は以前から
ミス慶応中止強姦事件 広告学研究会の非道な所業
慶応大生 線路に女性を突き落とし逮捕
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦や強盗の余罪
イケメン慶大生の強姦事件 家族の素性も暴露
イケメン慶大生を強姦で逮捕 ミスター慶応候補
また慶大生 居酒屋トイレで強姦し逮捕
東海大学野球部 大麻使用で活動停止
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将が強盗 駒大野球部のしごきを暴露
甲子園優勝校主将が強盗 公判で犯行認める
甲子園優勝校主将の転落人生
甲子園優勝校主将が強盗で逮捕
法廷で泣く「金儲けのカリスマ」 給付金詐欺の結城世成被告

青梅強盗殺人 アタッシュケースに多額の現金

2019年12月14日、青梅市で一人暮らしだった小川和男(当時67歳)さん方に強盗が入り、小川さんを殺害して逃走しました。テレビのニュース番組で、防犯カメラがとらえた玄関前に屯する不審な男や現場から走り去る2台の車の映像が繰り返し放映されたので、記憶している方も多いと思います
また、小川さんがいつも多額の現金(自称1億円)が入ったアタッシュケースを持ち歩いていた、とのエピソードを覚えておられる方もいるのでしょう。アタッシュケースに入っていた札束は表の1枚だけが本物で、その下は偽物だったとニュースは報じていました
が、その行動ゆえ「多額の現金を持ち歩いている男性」という情報が出回り、強盗団に狙われる結果となりました
犯人たち5人はすでに逮捕されており、裁判を待つ身です(追記:実行犯2人の判決はすでに出ていました。お詫びして訂正します)
何回かに分けて、この事件と犯人について取り上げます
殺害された小川さんについて、週刊女性は以下のように伝えています。実際は資産家ではなかったわけですが、自宅には現金が300万円ほど置かれていた、とする警察の話も含まれます

《青梅強盗殺人》資産家ぶりが災いか、自慢の“札束ケース”に隠された仕掛け

さて、犯人たちですが、野村俊希被告(25)と韓国籍のハン・イルイン被告(31)は京都の建設会社で働いていた元同僚です
この2人以外、犯人グループに密接な人間関係はなく、青梅にいる資産家の家から金を盗むという目的のため、臨時に集まった連中と見られます
先日取り上げた、花咲徳栄高校野球部主将の千丸被告が関わった強盗事件のように、互いによく知らない者同士が臨時に強盗団、窃盗団を組むケースが増えているのかもしれません
それでは野村俊希被告を取り上げた週刊女性の記事から引用します

《青梅強盗殺人》“実行役”の知人が告白、被告の過去
「トシキはもともと、人なんか殺せるような人やないと思う。もし本当にやったとしても、それは上の人に指図されて、断り切れなかったからやと思う。私は彼の罪が少しでも軽くなればと考えて、証言しようと思ったんです」
週刊女性の取材にそう重い口を開いたのは、週刊女性1月21日号で報じた東京の資産家強盗殺人事件で逮捕された野村俊希被告(25)の知人。
母親からも捨てられて
昨年12月に青梅市の小川和男さん(享年67)が殺害された事件で、1月24日、新たに橘健吾容疑者(26)と簗瀬(やなせ)誠容疑者(23)が逮捕された。
野村被告はハン・イルイン被告(31)とともに12月27日にすでに逮捕されていて、今年になって強盗致死と住居侵入の罪で起訴されていた。
当初は「強盗殺人」で逮捕されたが、殺意があったことは認定できないとして「強盗致死」となったが、知人も野村被告が簡単に殺人までするような男ではなかったと証言する。
「トシキはもともと大阪府の出身で、中学校のころに両親が離婚。兄と姉は父親に引き取られ、彼は母親に引き取られた。その後、傷害事件か何かを起こして警察ざたになったため、母親からも捨てられてしまったんです。私にはそんな凶暴な様子はまったく見せなくて、普通の男。可愛いやつなんですけどね」
傷害事件の後、野村被告は京都の建設会社で働くようになり、そこで出会ったのがハン被告だった。
「確か、建設会社ではトシキの上司だったはずです。でも、トシキはちゃんと会社員として働いていたと思う。20歳前後のとき、いったんは京都の女性と結婚して、子どもも1人生まれています。でも、結局は長続きしないで、離婚していますけど」(同・知人)
しかし、2015年に野村被告は富山市で強盗致傷事件を起こしてしまう。市内の公園で男性に殴る蹴るなどの暴行を加えて、現金を強奪。地元の大工とともに逮捕され、執行猶予つきの判決が言い渡されていた。
“使いっ走り”だったと思う
今回の事件は、その猶予中の犯行と見られるが、そこまで困窮していたのだろうか。
「私にはトシキが金に困っていたようには見えなかったんやけど、ほかの仲間には“金がない、金がない”とこぼしとったようです。もしかしたら、富山も今回の事件と同じで、金のある人を狙っていたのかも」(同)
これまでの報道によれば、被害者の小川さんと野村容疑者らは面識のない間柄と伝えられていたが知人は、
「私が直接、聞いたわけではないんやけど、どうやら仲間には“一度、青梅市には下見に行っていた。被害者とも一度、会って話をしている”と話しとったようです」
と下調べをしたうえでの計画的な犯行だった可能性があると指摘して、こう続ける。
「遠方まで出かけていって強盗するというやり方ですが、彼はまだ若いので、いわば“使いっ走り”だったと思う。誰かもっと悪い連中がバックにいて、その連中が指示して、トシキみたいな下っ端のやつを実行犯として雇ったという手口やないかと思う」
確かに、野村被告とハン被告は実行役で、今回捕まった橘容疑者は監視役、簗瀬容疑者は車の運手役を務めていたとされ、さらに情報提供者がいるとの説もある。
「最初は物盗りに入ったんやけど、金を見つけられなくて、被害者に顔を見られて逃げてきた。そうしたら、“それはマズい。もう一度、引き返して殺してこいよ”と上の人に命令された。それを断り切れないで、トシキはやったんじゃないか」
そう言ってまでかばう仲間のためにも、野村被告は裁判で事件の真相を明らかにして、罪を償う必要がある。殺意がなかったとしても、人を殺(あや)めたことに変わりはないはずだ。


記事のタイトルには「強盗殺人」とつけたのですが、起訴容疑は住居侵入と強盗致死です。殺害の意図は認められなかったとの理由です
強盗事件の場合(単純なひったくりも強盗事件に分類されます)、実刑が科せられる割合が7割ほどで、執行猶予が付くのは3割と言われます
これが強盗致傷となると実刑が9割となり、執行猶予が付くのは1割ほどと低くなります
強盗殺人では執行猶予が付くケースはほとんどなく、半数以上が無期懲役になっています
上記の事件は強盗致死ですが、野村被告もハン被告も前科がありますので、懲役25年以上は固いと思われます。裁判はまだ始まっていませんので、他に余罪があって取り調べが長引いているのかもしれません
追記:お詫びしたように、2人の実行犯には判決が下されており、ハン被告は懲役24年、野村被告は懲役20年が言い渡されました

(関連記事)
青梅強盗殺人 懲役24年と20年の判決
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将が強盗 駒大野球部のしごきを暴露
甲子園優勝校主将が強盗 公判で犯行認める
甲子園優勝校主将の転落人生
甲子園優勝校主将が強盗で逮捕
茂原強盗殺人事件を考える 主犯は無期懲役、従犯は?
茂原強盗殺人事件を考える 少年3人を逮捕
千葉印西市放火殺人 判決はどうなったか?
千葉印西市放火殺人 3人のうち2人が無罪主張
千葉印西市放火殺人 男女4人逮捕
ビットコイン強盗殺人事件 主犯は無期懲役
ビットコイン殺人 共犯少年に懲役18年の判決
アポ電強盗殺人 懲役28年から27年の刑

森喜朗を名誉最高顧問に 五輪組織委員会

開会式・閉会式の演出・音楽担当者の辞任や解任が相次ぐドタバタ状態なのに、五輪組織委員会は先に辞任した森喜朗を名誉最高顧問に就任させるべく画策している、と朝日新聞が報じています
組織委員会内の複数の関係者に取材した上で記事にしているのですから、確度の高い情報なのでしょう
他方で、政府内にも反対意見があると記載しています
国民の反発を招くのは必須でしょうから、その時には「(名誉最高顧問就任の話は)なかった」と言い繕うのかもしれませんし、朝日新聞が勝手に書いたと責任を転嫁するのでしょう
現時点で国民の意見を聴取すれば、森喜朗の名誉最高顧問就任に7割以上は反対するのでは?


東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会が、前会長の森喜朗元首相を「名誉最高顧問」に就ける案を検討していることが分かった。大会開催に果たした功績や、期間中の海外要人の接遇役も念頭に置いたものという。ただ、森氏は「女性蔑視発言」で会長を辞任した経緯がある。国内外で大きな批判を招く可能性があり、政府などに強い反対論も出ている。
複数の組織委や政府関係者が明らかにした。森氏が2014年から今年2月まで組織委会長を務めた功績を踏まえ、安倍晋三前首相と同じ組織委の「名誉最高顧問」としたい考えで、組織委幹部と政府側が水面下で調整している。組織委幹部は「安倍氏と同じような肩書にどこかで就いてほしいと思っている。ここまでやってくださった方。処遇しないとならない」と話した。森氏が海外の五輪関係者とのパイプを持つことから、大会期間中の関係者との接遇を考え、役職が必要との声も上がっているという。
森氏は23日の五輪の開会式には「功労者」として出席する予定という。21日には福島県営あづま球場(福島市)でのソフトボール競技を視察している。18日には東京・迎賓館であった国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長らの歓迎会に菅義偉首相、小池百合子東京都知事らとともに出席した。加藤勝信官房長官は19日の記者会見で森氏について「元総理の立場で参加をされたと聞いている」と述べている。
(朝日新聞の記事から引用)


当の森喜朗は記事にもあるように、ソフトボール競技を視察したりバッハ会長の歓迎会にも出席し、大会関係者扱いされています
辞任した身である以上、五輪関係の行事に平然と顔を出すのは止めるべきでは?
世間一般の感覚からすれば、招かれても辞退するでしょう
晩節を汚した森喜朗に、なおも栄典を与え続けようとする感覚が理解できません
国民の声より、身内を大事にしようという政府・自民党の理屈です
肩書が必要だとする理由が記事の中に書かれていますが、取ってつけたような内容です。辞任した森喜朗をわざわざ海外要人の接遇のため呼び出す必要など感じないのであり、組織委員会やJOCの人間が応対すればよいはずです
オリンピックで日本がメダルを10個以上取れば、世論は熱狂的に五輪開催を支持し、政府を支持するようになると指摘する人もいるわけですが、だからといって森喜朗の名誉最高顧問就任を歓迎するとは限りません
オリンピック・パラリンピックで奮闘する選手たちには拍手を送りますが、森喜朗に拍手する気にはなれないわけで

(関連記事)
五輪開会式批判は続く ユダヤ人団体からも
障害者いじめの小山田圭吾 結局は辞任
障害者いじめの小山田圭吾 逃げ切るを図る?
障害者を壮絶いじめた小山田圭吾 東京五輪音楽担当に起用
韓国前首相 竹島めぐり東京五輪ボイコットも示唆
渡辺直美をブタに 組織委員会が文春にブチ切れ
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出を乗っ取る者とは?
渡辺直美をブタに 東京五輪演出家佐々木宏とは?
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出騒動の不快感
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出騒動
東京五輪で旭日旗を振るな、と書く朝日新聞
東京五輪にサマータイム 提言の中身のなさ
東京五輪でサマータイム導入 批判殺到
「リオ五輪日本は遺伝子を高めた結果」と書く中国メディア
リオ五輪 400mリレーで日本に負けた中国の恨み節
リオ五輪 日本のメダル獲得に嫉妬する韓国
五輪問題 下村文部大臣が辞意表明
五輪エンブレム 「誰が佐野研二郎を殺すのか?」と書くメディア
五輪エンブレム 盗作疑惑で撤回するドタバタ劇
新国立競技場問題 文科省が担当局長更迭
韓国冬季五輪開催危機 日本に助けを求める?
メダルを逃した選手を税金泥棒と批判する風潮
オリンピック誘致と皇族の役割
「東京オリンピック開催阻止」を叫ぶ韓国メディア

性犯罪支援団体代表強姦で逮捕 妻と涙の面会 

月刊誌「創」の篠田編集長は、被疑者・被告人にとことん寄り添う形で記事を書く人物です。自分とは考え方が違いますが、その徹底した姿勢には敬意を払うところです
先日、性犯罪者支援団体「さなぎの樹」代表である松本学容疑者が、知り合った女性の裸の写真や個人情報をネタに脅し、強姦を繰り返し逮捕された件を当ブログで取り上げました。なので、逮捕容疑については省略します
月刊誌「創」の篠田編集長もこの松本容疑者と面識があり、面会に赴いたと記事を書いています


性犯罪で逮捕された性犯罪更生支援団体・松本学容疑者の妻との涙の接見に同席した
(前略)
私は7月18日に報道で事件を知り、19日夜から大阪に入って20日の朝一番で樹月さんに接見した。しかも樹月さんの妻と一緒だった。彼は昨年11月に以前から共同生活していた女性と正式に結婚し、その結果、松本姓になったのだった。
その妻も17日に警察の事情聴取を受けているのだが、今回の事件は夫がもちろん妻に知られないようにやっていたもので、彼女にとっては驚天動地だった。激しく傷つき、食事ものどを通らず、夜も眠れないという状態が続いている。当初は「夫を信じたい」と言っていた妻だが、本当はどうなのか直接会って確かめたいというのが20日の接見の目的だった。
(中略)
面会室で涙ながらに語られたやりとり
面会室で夫婦は涙ながらに早口で語り合ったのだが、隣で聞いていてなかなかすごいと思ったのは、妻のこういう言葉だった。
「私はとても傷ついたけど、別れるつもりはないよ。これを機会に今度こそ絶対に治そうと思ってほしい。あなたが本気でそう思うのなら支えようと思っているよ」
夫はこう返した。
「それはとてもありがたいけれど、もう一度よく考えて欲しい」
それに対して妻はこう言った。
「もう裏切らないと約束できる? 約束してくれるの?」
夫はこうだ。
「昨日、死のうと思った。もう全部終わってしまったと思った」
「あなたを傷つけたし、もう迷惑しかかけられない自分が嫌になった」
妻はさらに尋ねた。
「私が大事だと思うのならどうしてそんなことをしたの?」
取り調べはいま、直近の1件の被害についてで、他の7件についても順次行われるだろう。
警察取材を重ねているマスコミから、今後、取り調べをめぐる情報が報じられることと思う。被疑者に細かい確認を接見時に行うことは可能かもしれないが、私も逐一それを全部公にすることはしないと思う。
いずれ起訴されれば裁判が行われるが、性犯罪防止の社会的取り組みを提唱していた樹月さんだから、ぜひその法廷審理で今回の事件に至った自身の内面を切開し、性犯罪をめぐる本質的議論に迫ったほしい。
こうして記事で情報を伝えていくのは、メディアの報道が正確であることを期待するからだ。同時に、ぜひ性犯罪について、それがどういう実態で、どうしたら防ぐことが可能なのか、掘り下げてほしいと思う。
(以下、略)


松本学容疑者は樹月カインの名で月刊「創」にも手記を寄せた元性犯罪者であり、長期服役していた事実があります
そして性犯罪者を支援する団体をつくり、活動する傍らで幾人かの女性を脅し、強姦を繰り返していたわけです
なので、彼の行いをすべて否定し、性犯罪の隠れ蓑に過ぎないと断定するのは容易ですが、そうした決めつけで事件の本質が見えてきたりはしません
松本容疑者は自身が女性を騙し、蹂躙し、傷つけていると自覚しながらも、止められなかったのだろうと推測します。精神分析の側から言えば、松本容疑者は己の欲望を決して手放せず、快楽追求の衝動のまま行動していたのでしょう。もちろん単にセックスをするというだけではなく、女性を支配し、蹂躙し、嬲って快楽を得ようというものです
したがって擁護はできませんし、刑事罰を受けるのが相当だと考えます
そして、記事からの引用部分に含まれてはいませんが、容疑の一部を否認しているのが重要な点です
松本容疑者はマッチングアプリを使って女性に数百万円の援助をする用意があるとほのめかし、いわばカネ目当ての女性を餌食にしていました
なので、松本容疑者は自身の行為を「強姦ではない」と言い繕っています。セックスすることを承知の上で女性が接近してきたのだから、そこには合意があったと言いたいのでしょう(合意書にも署名させています)
今後の裁判でも一方的な強制性交ではなく、合意の上での性行為だったと主張し、争うものと考えられます
が、それこそ性犯罪者特有の認知の歪みであり、歪んだ女性観を抱いたままとことん争う気でいるところが救いがたい気がします
同様の手口による被害相談が警察に7件寄せられているとかで、立件されれば懲役10年以上の刑になるでしょう
松本容疑者がいつ、どのような形で自分の認知の歪みに気が付き、受け入れるのか。やはり裁判で判決を受けた以降でないと、認識は変わらないのかもしれません

(関連記事)
性犯罪支援団体代表 強姦容疑で逮捕
ヒステリックブルーのナオキ 再犯に至る事情
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつ未遂で起訴
ヒステリックブルーのナオキ 法廷で検察官と激しい応酬
https://05448081.at.webry.info/202107/article_44.html
SMプレイにはまり4人殺傷の中国人留学生に懲役28年判決
カリフォルニア少女監禁事件 禁固431年の刑
女児86人をレイプした小児科医 アメリカ
南カリフォルニア大学校医 性暴行で1100億円の賠償
男性190人をレイプで終身刑 英国
英刑務所 小児性愛者が受刑者に刺殺される
米体操界元医師による性的虐待 禁固175年
10歳女児2人に手錠をかけ暴行 懲役11年
小4女児誘拐で懲役15年求刑
埼玉失踪少女事件を考える1 2年間も監禁状態
埼玉少女失踪事件を考える13 控訴審は懲役12年の判決
静岡の中学教頭 山本英仁の鬼畜な犯行
静岡の中学教頭 少女2人へのわいせつで懲役12年
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
わいせつ教師に懲役30年の判決
強姦・強盗の今泉成博被告 懲役40年求刑
三菱UFJ銀行員 薬物レイプで懲役22年判決
小学生に覚醒剤を打ち淫行、懲役23年の判決
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年
強盗強姦事件で懲役25年 その呆れる所業
強姦の元NHK記者 懲役21年の刑確定

五輪開会式批判は続く ユダヤ人団体からも

東京五輪開会式の音楽を担当した小山田圭吾の辞任について、某メディアは「呪われている」と表現しました
しかし、相次ぐ辞任劇は呪いなどではなく、人為的なミスによるものです。不適切な人物を選んだがゆえ、後になって問題が噴出し辞任に追い込まれたのであり、最初の人選できちんと身体検査をしておけば防げたのですから
今度は開会式の演出を担当する小林賢太郎について、過去にユダヤ人虐殺をネタにしたコントを演じたとして、ユダヤ人の人権団体「サイモン・ウィーゼル・センター」が非難する声明を発表したと報じられています
と、午前中に途中まで書いて午後に仕上げ、記事をアップするつもりでいたら、小林賢太郎が解任されたとの速報が飛び込んできました
小山田圭吾のときは続投させると一度は発表した組織委員会も、後になって辞任を受け入れるという後手を踏んでしまったので学習したのでしょう


23日に行われる東京オリンピックの開会式でショーディレクターを務めるコメディアンの小林賢太郎さん(元ラーメンズ)が、ユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)をパロディーにしたとみられるコントの動画がインターネット上で拡散している。米国のユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は21日、「反ユダヤ主義の発言」として非難する声明を発表した。
動画は1998年に発売されたビデオに収録されたラーメンズのコントとみられる。この中で小林さんは、人の形に切った紙が数多くあることを説明するのに「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」とやゆした。
同団体のエーブラハム・クーパー氏は声明で「どんなに創造的であっても、ナチスの虐殺の犠牲者をあざける権利は誰にもない」と非難している。
(毎日新聞の記事から引用)


ユダヤ人迫害問題は、世間一般の日本人が受け止めるより重い意味を持つのであり、コントで茶化し笑い飛ばすような類のものではありません
ちなみにナチス・ドイツ以前にも欧米には根強いユダヤ人への偏見と差別があったことを書き添えておきます
さて、五輪組織委員会の武藤事務局長が小山田圭吾のいじめ問題に対する対応について、釈明する会見を開いていますのでその記事を貼っておきます


東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)は20日、東京都江東区のメインプレスセンターで会見し、開会式で楽曲を担当することになっていたミュージシャンの小山田圭吾が、過去に雑誌のインタビューで障害者へのいじめを告白した問題を受けて辞任したことについて「責任は私にある」と述べた。
橋本会長は小山田の過去の言動について「しっかりとチェックしていくことができなかった。大会の柱である多様性と調和のコンセプトからは外れている」と不備を認めた。「今回の問題は多くの心を痛めた方におわびしないといけない。早急な対応が遅れたこともおわびしないといけない。おわび申し上げながら多様性と調和、原則にのっとって大会ができるよう最善を尽くさないといけない」と謝罪した。
会見に同席した武藤敏郎事務総長は小山田の起用について「(開閉会式の演出総合統括を担当していた)佐々木宏さんが辞任後、計画を担当していたかなりの人たちに残っていただかないといけない状況で、次々と必要な人たちを仲間として誘って全体が形成された。気心の分かった人でないと計画が進まないのでその態勢で全体像が作られた。それをそのまま任命した」と経緯を説明した。
その上で任命責任について武藤総長は「最終的な任命責任がわれわれにあることは間違いないが、過程でその都度報告があったわけではない。その時にチェックするべきだというお話しであればそうだと思う」との見解を示した。
(中日スポーツの記事から引用)


さすがに事務局長という立場になると、「開会式演出は電通に丸投げしているので、小山田の件で文句があるなら電通に言ってくれ」とは口に出せないのでしょう
なので、橋本聖子会長の「責任は私にある」発言も、白々しく聞こえます。橋本会長が小山田の件で引責辞任するはずがないのは誰もが分かっているのですから
そして追い打ちをかけるように今日の小林賢太郎の解任劇です
小山田圭吾や小林賢太郎という「仲間たち」に開会式の演出を託した電通担当者の不見識が、今の混乱を招いた元凶であるのは言うまでもありません。電通社内では互いに責任を押し付け合い、プロレス状態になっているのでしょうか?
これなら最初からMIKIKOが担当した開会式のプランを実行しておけば何の問題もなかったはずです。それを電通がMIKKOや椎名林檎を追い出し、そして連れてきたのが小山田圭吾に小林賢太郎という最悪な人選でグダグダになりました。責任は橋本聖子会長ではなく、電通にあります

(関連記事)
森喜朗を名誉最高顧問に 五輪組織委員会
障害者いじめの小山田圭吾 結局は辞任
障害者いじめの小山田圭吾 逃げ切るを図る?
障害者を壮絶いじめた小山田圭吾 東京五輪音楽担当に起用
韓国前首相 竹島めぐり東京五輪ボイコットも示唆
渡辺直美をブタに 組織委員会が文春にブチ切れ
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出を乗っ取る者とは?
渡辺直美をブタに 東京五輪演出家佐々木宏とは?
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出騒動の不快感
渡辺直美をブタに 五輪開会式演出騒動
東京五輪で旭日旗を振るな、と書く朝日新聞
東京五輪にサマータイム 提言の中身のなさ
東京五輪でサマータイム導入 批判殺到
「リオ五輪日本は遺伝子を高めた結果」と書く中国メディア
リオ五輪 400mリレーで日本に負けた中国の恨み節
リオ五輪 日本のメダル獲得に嫉妬する韓国
五輪問題 下村文部大臣が辞意表明
五輪エンブレム 「誰が佐野研二郎を殺すのか?」と書くメディア
五輪エンブレム 盗作疑惑で撤回するドタバタ劇
新国立競技場問題 文科省が担当局長更迭
韓国冬季五輪開催危機 日本に助けを求める?
メダルを逃した選手を税金泥棒と批判する風潮
オリンピック誘致と皇族の役割
「東京オリンピック開催阻止」を叫ぶ韓国メディア
オリンピック誘致失敗でオバマ大統領批判される

韓国メディア 「天皇は百済語を話す」

韓国のメディア「スポーツ東亜」に金容雲の著作「天皇は百済語を話す」を取り上げています
元記事が韓国語であるため、いつものようにインターネットの掲示板「5ちゃんねる」に貼られた蚯蚓記者の翻訳から引用させてもらいます
ただ、この「天皇は百済語を話す」が話題になったのはもう随分と前の話で、日本語訳は2009年に出ており、いまさらという感があります
繰り返し指摘しているように、ヨーロッパで民族大移動があったように、朝鮮半島でも複数の民族が入れ替わっており、古代の住人と現在の韓国人が同じ民族である可能性は少ないと考えられます
百済人は漢民族系の扶余族(中国の沿岸部に住んでいた民族)とされ、新羅人は古代朝鮮族とも言われます。高句麗は満州族が主体の国家だったと推定されます
この民族の違いが言語の違いであり、百済語、新羅語、高句麗語はそれぞれ別の言語、というのが有力な説です
しかし、この「天皇は百済語を話す」では、著者金容運は百済語と新羅語は方言程度の違いしかない、と断定しています。言語が近いというのは民族的にも近い関係だったという考えであり、要するに百済も新羅も同じ民族だったと決めつけています。ならばなぜ古代新羅語の解読に難渋しているのか、説明してもらいたいところです。百済語と方言程度の違いしかないのであれば、百済語の研究成果を生かして新羅語の解読もできるはずですが、現実は違います
まずは「スポーツ東亜」の記事を貼ります


「天皇は百済語を話す」
「日本天皇の主張のように、天皇になぜ百済の血が混じったのか、古代韓国・日本語と修辞で解明した本」。
2001年12月23日、日本の第125代アカヒト元天皇(訳注:アキヒト(明仁)上皇の間違い)は第50代天皇人、桓武天皇の生母が百済武寧(ムリョン)王の子孫だと続日本紀に記録されており、韓国との縁を感じると発言した。2013年、奈良県で開かれた国際大会でも続日本紀を引用してもう一度この話をした。
この本は続日本紀に記録された何行かの文章とアカヒトのいくつかの発言が全てではない。言語と記録、修辞を通じて読者がわかりやすく解説する。
日本という島が形成された時に入ってきた南方系と北方系のうち特に韓半島を通じて入ってきた北方系が新羅語ではなく、高句麗、百済語と類似の古代日本語を駆使し、高句麗系修辞と日本修辞の類似点まで加えた。
古代史の前漢が呼んだ倭は百余りの小さな都市国家の通称で、そこから頭角を現わした南方系と推定されるヤマト王朝と九州で国を建てたとされる百済・北方系と類推されるクノグク(狗奴国)を通じて百済との関連性を説明する。
韓日関係は単に日本の帝国主義から始まったわけではなく、6~7世紀に百済の王家と宮中では百済語を話をした飛鳥王朝が白村江の戦いで全国民の0.36%にもなる3万2000人を出兵させて戦い、ここから壬辰倭乱を経て、日帝まで形成されたと主張する。
東京で生まれ早稲田大学出身で日本をよく知る著者、金容雲(キム・ヨンウン)が日本王家のルーツ、文法・音韻とさらに方言・修辞に至るまで様々な見解から天皇の血統に百済の血が混じっていることを明らかにする。増補版
著者キム・ヨンウン漢陽大名誉教授は韓国を代表する数学者で日本文化比較の大家だ。東京生まれで早稲田大、米国オーバーン大学院を経てカナダのアルバータ大学でそれぞれ理学修士と博士学位を受けた。米国ウィスコンシン州立大助教授、日本の神戸大学と東京大学、日本国際文化研究センターなどで客員教授を歴任した。
国内では数学史学会会長、漢陽大学大学院長などを歴任し、数学文化研究所長に在職した。著書は「韓国人と日本人」シリーズ、「韓日間のからまった糸」「日本語は韓国語だ1,2」の他に多数の数学関連著書がある。


金容運を「日本をよく知る」などと記事では書いていますが、要するに日本の天皇家のルーツは百済の王族にあると言いたいだけではないか、という気もしますが、どうなのでしょうか?
2009年の日本語訳が出版された当時の、天理大学教授による書評がありますので、貼っておきます


以前にも紹介したように、「万葉集は古代朝鮮語で解読できる」とか「万葉集は朝鮮語で書かれていた」などという粗悪な本がいくつもありますので、どうしても同じ部類に見えてしまいます
そしてこうした記事を読むたびに強く感じるのは、天皇家の家系がねたましくて仕方がないという、彼らの羨望と嫉妬です
古代の百済は唐と新羅の連合軍に攻められ滅びてしまったのですが、海を超えた日本にその血統が連綿と保たれ国民の崇敬を受けているという設定が、何とも魅惑的であり、手放したくないのでしょう。つまり、彼らの欲望そのものと考えられます
しかし、「日本の天皇家の血統は我々のものニダ」と言えない事情があります。叶えられない欲望を満たしたいがため、この手の本は姿形を変えながら今後も繰り返し出版されると思われます

(関連記事)
「万葉集の起源は新羅の郷歌」と主張する韓国
日本の皇室に嫉妬する韓国
韓国のおバカ歴史観 朝鮮出兵は陶工が狙い?
「茶道の起源は韓国」とする見栄っ張りな記事
「日本の歌舞伎の起源は韓国」と報じる朝鮮日報
「東洲斎写楽は韓国人ニダ」説の映画化
日本刀をねたむ中国、韓国
「日本剣道の起源は韓国」と言い張る人たち
インチキ韓流ブーム 韓国の呆れた剣術
「テコンドーの歴史は二千年」とウソをつく韓国
日本サッカーのシンボル「八咫烏」は高句麗起源との主張
単なる噂を教科書に載せる韓国 歴史捏造
日韓唐辛子論争 唐辛子の起源は韓国
韓国メディア 今年も桜の起源を主張する記事
今年も韓国メディアの大ウソ 「桜の起源は韓国」
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
韓国歴史者「日本の神々は朝鮮半島の祭神だ」と妄想
「日本の文化はすべて韓国の模倣」だと主張する研究者
韓国人教授「日本神道の起源は新羅王子」と珍説表明
「日本は朝鮮人が作った国」と報じる韓国メディア
広開土王碑文で嘘の解釈 韓国メディア
「文明開化に失敗した李氏朝鮮」を認めない韓国史観