「先生を流産させる会」 その後

気になって続報を探していますが、学校側の動きはないようです

「しばらくすれば忘れてしまい、誰も話題にしなくなるから」と放置しているのでしょうか

公立の中学校は義務教育の実施機関として日本の教育を担っているわけで、都会の学

校だろうが田舎の学校だろうが違いはありません

今回、こうした事態を引き起こしながら生徒に対してどのような指導をしたのかさえも明ら

かにしないのは、国民に対する背信行為です

「生徒を守る」ために沈黙を守っているとすれば、それは逆です。何もしない無能な学校

であり、そこに学ぶ無能な生徒という印象を世間に与えるだけです

生徒を守りたいのであれば、教育機関としてかくかくしかじかの指導を行ったと明かすべ

きでしょう

自分が保護者の立場なら(腕まくりして怒鳴り込んだりはしませんが)、学校側に明確な

説明を求めるでしょうし、会のメンバーである生徒への指導の内容についても問いただし

たいところです

沈黙は公教育への不信を招き、無関係な生徒たちも気持ちの整理がつかない状態をい

つまでも強いられるのではないでしょうか

学級崩壊に学ぶ―崩壊のメカニズムを絶つ教師の知識と技術
誠信書房
河村 茂雄

ユーザレビュー:
教師が救われる本 自 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




100人の桃太郎の挑戦?桃太郎が日本のロジスティクスを変える!
IN通信社
鶴蒔 靖夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ