小学六年生女子児童による殺人事件

2004年6月に佐世保市の小学校で発生した事件は大きく取り上げられ、社会に衝撃を与えました
学校内で同級生の女子児童の首をカッターナイフで切り、失血死させたもので、事件のきっかけはウェッブサイトを荒らされたのを根に持ったためと報じられました
この事件に対し、「ウェッブサイトを荒らされたくらいで人の命を奪うとは、命の大切さを理解していないにもほどがある」という趣旨の発言が相次ぎました
多くの人がそう感じたのは事実でしょうし、事件の報道に接して抱いた思いを否定したりするつもりはありません
ただし、こうした意見が出るのは「事件の原因」だけを見ているからだと考えます
先日来、「事件の意味」について書いていますが、本件でも加害者である児童にとっての「事件の意味」を問う必要があると思います
直接の原因とされるウェッブサイトを巡るトラブルですが、これを「日常の中でいくらでもあるような些細な出来事であり、殺人に至るほどの重大な理由ではない」と判断すれば、加害児童のとった行動は過剰なまでに攻撃的であり異常な行動に映ります
抑制の効かない未熟なこどもが些細な出来事をきっかけに切れ、重大な犯行に至ったのだ、とする見解が導き出せます
自分はウェッブサイトを加害児童の内面世界そのもの(あるいは心の一部、と表現できるかもしれません)だったと推測します。他人にウェッブサイトを荒らされるのは心を踏みにじられたも同然であり、加害児童にとっては決して「些細な出来事」どころではなかったのでしょう
当然、怒りも世間一般の人が考えるよりもずっと大きかったはずです
また、加害児童は映画「バトルロワイアル」をレンタルショップから借り、何度も見ていました。こども同士が殺し合うストーリーが問題となった映画ですが、「殺すか、殺されるか」という状況設定が加害児童に大きな影響を与えたと思われます
この辺りの説明は長くなるので、後日改めて書きます
さて、自分の心を踏みにじられた加害児童が、「相手を殺すか、でなければ自分が殺される(さらに心を踏みにじられ殺されたも同然の身にされる)」との思いに駆られたのは突飛な成り行きではありません
「やらなきゃ、やられる。だからやって(殺して)しまおう」と思い詰め、犯行に至ったのでしょう。しかし、これは「事件の意味」ではありません。状況説明です
おそらく加害児童は、「相手を殺すか、でなければ自分が殺される」という世界観を自らのものとし、そこで「生き延びるための闘い」をしていたのだろうと推測します
自分以外はすべて敵であり、「命の大切さ」や「友達の大切さ」という道徳観が失われた世界で、ただ生き延びるための孤独な闘いを強いられる。そして加害児童は敵を殺し、生き延びたのです
だからといって犯行を正当化するものではないと、明言しておきます
あくまでも加害児童にとっての「事件の意味」を考察しているだけですので次回は加害児童の世界観や背景について取り上げます

(関連記事)
小学六年生女子児童による殺人事件 2
小学六年生女子児童による殺人事件 3
小学六年生女子児童による殺人事件 4
小学六年生女子児童による殺人事件 5
小学六年生女子児童による殺人事件 6
小学六年女子児童による殺人 7
佐世保小6殺害事件 事件の意味を読む
佐世保小6殺害 事件報告書を人権侵害だと申し立て
佐世保の小6女児殺害発生から8年 「マナーで人の心、優しく」
佐世保小6殺人から10年を問うノンフィクション
16歳少女を殺人、死体遺棄で逮捕
広島少女遺棄事件 7人で集団暴行か?
佐世保高1女子殺害事件を考える1 マンションに独り暮し
佐世保高1女子殺害事件を考える2 快楽殺人説
佐世保高1女子殺害を考える3 「命の教育」とは
佐世保高1女子殺害事件を考える4 サインを見逃す
佐世保高1女子殺害事件を考える5 父親の再婚
佐世保高1女子殺害事件を考える6 精神鑑定
佐世保高1女子殺害事件を考える8 再逮捕の狙い
佐世保高1女子殺害事件を考える9 児童相談所長ら懲戒処分
佐世保高1女子殺害事件を考える10 家裁の判断は?
佐世保高1女子殺害事件を考える11 有識者の見解


追跡!「佐世保小六女児同級生殺害事件」
講談社
草薙 厚子

ユーザレビュー:
救われる日は来るのか ...
この著者は本当に頭が ...
困難な取材に挑み、本 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ