民主党の輿石参院議員会長の呆れた発言に抗議殺到

衆議院で臓器移植法改正案が可決されましたが、参議院ではどうなるのでしょうか?
民主党の輿石東(こしいし・あずま)参院議員会長は18日の記者会見で、「臓器移植法案を最優先でやらなければいけないとは思ってない。急がなければ死んでしまうという話でもない。一日も早く救いたい気持ちは分かるが」と発言しました


これに対し、議員本人と民主党に対して抗議が殺到しています
患者やその家族の心情を踏みにじる暴言です
輿石議員はこれまでにも数々の問題発言をしてきた日教組出身の国会議員です
公立学校の教師は公務員として政治的に中立の立場を求められるのですが、彼は「教育が政治的に中立などということはありえない」と平素から主張し、教師の政治活動や教育に名を借りた児童・生徒への政治思想の押し付けを奨励しています