村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」

新作「1Q84」が話題になっています。もう読まれた方もいて、あちこちのブログに感想が書かれています
自分はまだ読んでいませんが、そろそろ書店に行こうかなと思っています
今回は村上の小説の中で自分が一番好きな作品、「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を取り上げます
この作品を巡って繰り広げられた討論を掲載しているサイトがありますので、興味のある方は足を運んでください


この作品が提示している「世界の終わり」が何を示唆するものであるかはさまざまな意見があります
ただ、20世紀の終わりに登場したこの小説と、人々が漠然と感じていた「世紀末」や「一つの時代の終わり」という節目が相互に影響し、そこに「世界の終わり」を読み取ろうとした読者も少なくなかったのではないかと思います
19世紀末、人々は世界の終わり、破滅の到来に恐れおののきパニックになる人が大勢いたとの話が残されています。そうした人々の不安も相俟ってオカルトめいた怪しげな団体がいくつも登場し、多く賛同者を集めました
話を戻します
自分はこの作品を「個人の喪失」や「世界の崩壊」あるいは「世界破滅」の物語としてではなく、「個の再生」の話であり、「個人と世界との関係を再発見」する物語として読みました
言語学者フェルディナン・ド・ソシュールは言葉を物の名称ではなく、概念を切り分けるための道具だと考えました
つまり「犬」という名称を与えることで哺乳動物の中に「犬」という概念が生まれ、他の動物との違いが確立するわけです
人間の存在も社会の中で、他者との関係によって位置付けられています
A君のママ、Bさんの夫、C会社の課長、Dさんの隣に住んでいる人、という具合です
もしC会社が潰れてしまったり、会社から解雇されてしまったなら自分の帰属を失い、社会の中で自分を位置づけていた関係が失われてしまうわけです
他者と関係付けられなくなっり、個として放り出される自分とは何者なのでしょうか?
帰属とは帰るべき場所なのですが、帰るべき場所を失った人間はどこへ向かい、どこへたどり着けばよいのか。そんな問いがこの小説を形作っているのだと思います
村上春樹の小説では、しばしば人の関係が失われ(自殺であったり失踪であったり)、主人公は個として放り出されます。その繰り返しは結局、自分は何者であるのかという根源的な問いなのだろうと考えるのです
さて、新作の方も「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」のように二つの物語世界が絡み合って語られるものだそうですが、どのような話になっているのでしょう。楽しみです

(関連記事)
村上春樹論
村上春樹作品の映画化
「1973年のピンボール」
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
映画「ノルウェイの森」 予告編
村上春樹原作「神の子どもたちはみな踊る」映画化
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?
米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム
村上春樹の新作 予約が45万部突破
爆笑問題が村上春樹の新作を批判
爆笑問題太田による村上春樹批判の迷走
「物語論で読む村上春樹と宮崎駿」を読んで1
「なぜ韓国に村上春樹はいないのか」と書く韓国メディア
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
村上春樹「蛍・納屋を焼く」を韓国で映画化 その感想
映画「ドリーミング村上春樹」
https://05448081.at.webry.info/201912/article_36.html
中国は村上春樹をどう読んだのか
中国は村上春樹をどう読んだのか2
韓国は村上春樹をどのように読んだのか
韓国は村上春樹をどのように読んだのか2

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)
新潮社
村上 春樹

ユーザレビュー:
低俗風。上巻を読んだ ...
うーん・・・村上春樹 ...
最高傑作(異論は認め ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ