北朝鮮の弾道ミサイル発射が続く

北朝鮮が夕方までに6発の中距離弾道ミサイルを海上に向けて発射をして

います。「スカッド」や「ノドン」と呼ばれるタイプで射程はおそよ400キロです
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-38864420090704

その狙い、目的が何なのかは不明です

周辺国にアピールするのが狙いなのでしょうが、意味不明の行為を繰り返し、

「どうだ。すげーだろう」と言ってるようにしか見えません

そもそもアピールとしては効果もなく、無駄です

射程1000キロを超えるような長距離弾道ミサイルなら日本もアメリカも迎撃

にでるでしょうが、400キロほどの「スカッド」や「ノドン」では反応のしようもあ

りません

当然、無視する結果になります(行為を咎める声明は出しますが)

北朝鮮はあと何発、発射するのでしょうか。たとえ100発撃ったとしても無視

されるだけです

結果として言えるのは、北朝鮮には前回のような長距離弾道ミサイルを連続

して発射する能力がない、ということです。かえって軍事能力の限界を露呈し

たのだと見るべきでしょう

ましてや射程150キロ程度の旧式ミサイル「シルクワーム」の改造型をポンポ

ン撃っているようでは、米軍も苦笑するしかありません

これで日米を牽制し、交渉を優位に進められると考えているのでしょうから、北

朝鮮政府の頭の中身はエンジンをブンブン吹かして得意げになっている暴走

族と同じレベルだと言うほかありません



日本はすでに北朝鮮核ミサイル二〇〇基の射程下にある—金正日の核とミサイル問題の深層
光人社
矢野 義昭

ユーザレビュー:
冷静で誠実な分析本書 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ