「涼宮ハルヒの消失」映画化

テレビで進行中の「涼宮ハルヒの憂鬱」2期シリーズですが、その目玉になると予想されていた「涼宮ハルヒの消失」のエピソードは今期では取り上げず、劇場版映画として来年公開される予定だと報道されています


原作の小説では第1巻である「涼宮ハルヒの憂鬱」と「涼宮ハルヒの消失」の2冊が出色の出来であるだけに、劇場版映画とするのは突飛な話ではないと思います
原作者谷川流がシリーズ続編の執筆を拒絶しているため、原作の残りストックはあとわずかしかありません
「消失」を劇場版映画でやると、残る原作ストックで3期のシリーズを展開するのはかなり苦しいのではないでしょうか?
「「雪山症候群」や「ひとめぼれラバー」、「編集長一直線」その他で8話くらいはやれるかもしれません
来年春の映画公開のタイミングに合わせて3期が放送できればベストと思われます
が、スケジュールとしてはかなり厳しく、それだけの人員が割けるか不明です
原作が新展開を見せない限り、残念ながらこれが最後のテレビシリーズになりそうです。原作者谷川流がテレビ用にオリジナルの脚本を手がけるなら別でしょうけれども
さて、シリーズ中でも傑作と評価される「涼宮ハルヒの消失」をどう映画化するか、京都アニメーションの手並みを期待しましょう
「消失」についてはこれを熱く語ったブログがあるので興味のある方はご覧ください
ただし、原作を未読の方にはネタバレになるのでご注意願います


(関連記事)
「涼宮ハルヒの消失」再考
劇場版「涼宮ハルヒの消失」を見て
【公式】 涼宮ハルヒの消失 予告
涼宮ハルヒの憂鬱 新作放送
「涼宮ハルヒの憂鬱」の憂鬱
涼宮ハルヒ 「エンドレスエイト」
「涼宮ハルヒの憂鬱」で同じ話が何度もループし、不評
「涼宮ハルヒの憂鬱」第14話(1期シリーズ最終回)を考える
声優平野綾 ファンのコメントにブチ切れ発言騒動
「涼宮ハルヒの驚愕」を読んで
「涼宮ハルヒのユリイカ」を読んで
「涼宮ハルヒの憂鬱」批評を巡って
「涼宮ハルヒ」の独我論を読んで
涼宮ハルヒの非日常、あるいは日常への回帰
涼宮ハルヒとボヴァリー夫人の退屈
「涼宮ハルヒの直観」で直観したもの


涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)
角川書店
谷川 流

ユーザレビュー:
涼宮ハルヒというキャ ...
衝撃的・・・最近にな ...
傑作!涼宮ハルヒシリ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ