「カードキャプターさくら」 日本版と北米版の違い

NHKで放送されたアニメーション「カードキャプターさくら」は、北米(アメリカ・カナダ)でも放送されましたが、大幅な編集・カットが行われ、全70話のうち半分ほどが放送されないままになっています
これはアメリカのテレビ放送に関する倫理規定上の規制により、日本のオリジナルにあるさくらと友世の関係、李小龍と雪兎が同性愛を示唆するものとしてカットの対象となったためです
アメリカは性に寛容な国のように思われていますが、未成年者向け番組に同性愛行為を示唆するような場面が登場することには異様なほど神経質であり、「カードキャプターさくら」のようなアニメーションも例外ではない、ということです
日本では天下のNHKのアニメーションとして、「こどもにも安心して見せられる番組」だと思われていたはずですが・・・
アメリカではこの北米版と日本オリジナル版(英語字幕)のDVDが販売されており、アニメーションのフォーラムやレビューを見る限り、日本オリジナル版の方が高く評価されています
北米版の概要については、以下のウェッブサイトにそのシナリオが採録されています


アメリカの視聴者の意見としては、北米版は編集によって無残にも切り刻まれてしまった結果、各キャラクターの造形があいまいになり、心のあやとか葛藤も失せてしまい、平板なストーリーの単なるバトル物に成り下がってしまったなど、手厳しいものが多く見られます
しかし、だからといって日本のオリジナル版の評価を手放しで歓迎できるかは微妙なところです
日本のアニメーションにあるエロ・グロ・暴力・性の描写に、日本の視聴者は鈍感になりすぎているのではないか、と思うためです
例としてはあまり適切ではありませんが、バラエティ番組で笑いを取るため下ネタを連発する芸人のような、品格を欠く作りに安易に走ってしまわないようアニメーション関係者は己を律してもらいたいと思います
そうでなければ一部の人間が主張する「児童ポルノ規制」によって、ガチガチに表現を束縛される結果を招くでしょう
アメリカの視聴者は、「日本版を見たが、友世とさくらの関係や小龍と雪兎の関係はカットしなければならないほど問題があるとは感じなかった。思春期の少年少女に見られる気持ちの揺らぎとして容認されるべきではなかったか」と、北米版の行過ぎた編集をたしなめています
しかしこの人物も、「同性愛を示唆するような行為をこども向けのアニメーションで表現するのは絶対に反対」だと述べています
日本とアメリカの環境の違い、文化の違い、価値観の違いだと決め付けるのは簡単です。しかし、あえて我々日本人がアニメーションの暴力や性の描写に鈍感になりすぎていないか、と疑問を提起したくてこの記事を書きました
長文を読んでいただき、ありがとうございました

(関連記事)
K-POPの次はK-アニメーション
フランス・東映アニメ合作 アホ毛の変身美少女アニメ「Ladybug」
アメコミ変化 ヒロインはイスラム系女子高生
ドイツ人がこどもにサクラと名前をつける
日本の少女マンガに女性像の未来を見ようとするアメリカ
女の子に人気のアニメーション「プリキュア」のヒット戦略
アニメーション「君に届け」を見た海外の反応
「めぞん一刻」を見る海外の反応
アメリカ・テレビ業界が日本アニメにあれこれ注文をつける
「魔法少女モノ」アニメ-ションの人気ランキング
実写版「ドラゴンボール」は鳥山明の助言を無視して制作された
日本と米国のアニメの違い「テーマと暴力シーン」
外国人が嫌いな日本アニメの「お約束設定」
児童ポルノか芸術か? 映画「ヴィオレッタ」
漫画の児童ポルノ禁止を日本に要請、国連報告者
フランス人の好きな日本アニメ1位「聖闘士星矢」
セカイ系アニメ 戦闘少女とダメ男
「新世紀エヴァンゲリオン」を世界はどう観たのか?


カードキャプターさくら DVD-BOX 1
ジェネオン エンタテインメント
2005-04-01

ユーザレビュー:
5周目完了!6周目は ...
アニメのほうが漫画版 ...
よかったけどDVD自 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ