死刑囚に感情移入する愚かさ

NHKで放送されたETV特集「死刑囚 永山則夫~獄中28年間の対話」(10月11日放送)について番組批評雑誌「GALAC」は、放送批評懇談会が選ぶベスト番組と賞賛しています


生憎と見逃してしまいましたので番組そのものについては語れませんが、しかしこれがさほどまでに評価できる番組であったのかは疑問です
番組は死刑囚永山則夫と、文通を重ねた上で結婚した妻和美さんを取り上げたものです。永山はその著書「無知の涙」で悲惨な生い立ちを語り、多くの同情を集めました
さらに犯行当時未成年であった永山を死刑にするのは妥当か、どうかで論争が沸き起こりました。「無知の涙」に影響され、永山に同情する声が多かったと聞いています
ですが、永山の死刑が執行されてかなりの歳月が経過したとき、雑誌に掲載された記事を読んで安直な死刑囚への同情など無益だと思い知らされた経験があります
雑誌の名前も記事のタイトルも忘れてしまいましたが、永山則夫に殺された被害者遺族を訪ね歩いて書かれたルポルタージュで、被害者遺族がいかに悲惨な生活を強いられたか綴られていました
上述のとおり世間では永山に同情する声が多かったのですが、他方で被害者遺族は忘れ去られ、同情も得られませんでした。永山は「無知の涙」の印税を被害者への弁済に提供した、という話も美談化されていますが、被害者遺族の慰めにはならなかったのも事実です
上記の雑誌の記事には、「処刑された永山の灰は和美さんが網走の海に撒いた」とこれまた美談のように表現するのもおこがましいと思います
死刑囚を殉教者、受難者のように祭り上げ、そこに何かのドラマを見出そうとする下世話な発想に辟易します
永山と妻和美さんにどのような心の通い合いがあったのかは第三者の知るところではありませんし、それを美談に仕立てるのは疑問です
テレビ番組の批評をする者たちがこうした番組に感情移入し賞賛するのは、批評の精神が欠けていると証明しているようなものです
テレビ番組を批評するのなら対象から距離を置き、もっと冷静な目で見るべきでしょう
永山に殺された4人の犠牲者とその遺族の現状など思い起こしもしないで、あっさりと死刑囚を賛美する側に回ってしまうのは情けない話です

(関連記事)
4人を射殺した永山則夫を聖人視するメディア
教養人の語る永山則夫事件の危うさ 山折哲雄対談より
死刑囚の妻になりたがる女性
「死刑囚の素顔」と題する本の功罪 ドキュメンタリーの嘘
裁判員制度への宗教者の葛藤
死刑場の公開 死刑制度の廃止を要求するメディア
裁判員制度で初の死刑求刑
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
「黒い看護師」殺人の吉田純子 死刑執行
ロス疑惑報道で損害賠償命令 冤罪なのか?
死刑を執行しない民主党政権への疑問
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
日本に死刑廃止を要求するEU
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える3
瀬戸内寂聴「人を殺したがるばかども」 死刑廃止宣言へのメッセージ
日弁連の「死刑廃止宣言」を称賛する新聞社
麻薬犯8人の死刑執行 インドネシア
愛犬家殺人の関根死刑囚 拘置所で病死
死刑執行 岡山OL殺害の住田紘一
死刑執行 4人殺害で再審請求中の西川正勝
死刑執行 犯行時19歳だった関光彦
前橋連続強盗殺人土屋和也被告 控訴審も死刑判決
女性受刑者手錠かけられまま出産という記事
豊川男児殺害事件は冤罪か? 再審請求棄却


無知の涙 (河出文庫―BUNGEI Collection)
河出書房新社
永山 則夫

ユーザレビュー:
リアルな『アルジャー ...
無差別殺人犯の手記一 ...
評価の対象外にある作 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る