欧州版GPS計画「ガリレオ」始動

人工衛星の信号を受信で自分の位置を知る衛星測位システムはGPSの名称で知られていますが、これはアメリカが軍事用に開発したものです。現在は無料で誰もが利用可能ですが、アメリカは戦争時にGPSの信号にスクランブルをかけ利用を制限する方針でいます
元来、米軍がトマホークのようなGPS誘導による兵器を使用するため構築したシステムなのでこれは当然の措置です
そのような事態に対抗するため、ロシアは「グローヌス」、中国は「北斗」という独自の衛星測位システム実現を目指しています
そしてEUでは「ガリレオ」という衛星測位システムの実現に向けて動いているのです


新しい2衛星の打ち上げは、テスト段階の終わりを示す。22の追加衛星の配備は2018年まで続く。
ドレサとミレナは宇宙へ出発する前にギニア領の暑さの中で1日か2日以上待つ必要がある。強風のため、この2つの750キロの大きな衛星を軌道に発射する予定だったソユーズロケットの火は、より良い天候を待ち、昨日延期された。運が無かった! 欧州宇宙産業の花形は、イベントを迎えるためにクールーへ移動していた。この2衛星を軌道上に乗せることは、アメリカGPS(「グローバル·ポジショニング·システム」)の代替を提供する将来の欧州版である「ガリレオ・ナビゲーションシステム」の10年来の待望の展開の開始となる。
しかしこの補足日は、衛星地理位置情報の分野における欧州の20年にわたる遅れにとってはなんでもない。リチャード・ニクソンによるGPSプログラム開始30年後、またその完了6年後の2001年に、欧州は、独自のシステムを開発することを決めた。一方、その間にGPSは軍と民間の両方の観点から、必要不可欠になった。そして、世界各地のユーザーは、アメリカ軍事システムによる制御のデメリットを測定できた。特に第一次湾岸戦争時に、民間人へはGPS精度を100メートルに制限することを決定した時など。
予算の問題や、ヨーロッパ内対立で、30機打ち上げ予定の内、最初の2つの衛星が最終的に軌道に置かれるのに2011年10月まで待たなければならなかった。次の2つは1年後に続いた。そしてようやくこの2月に第1テストと検証が完了した。
ドレサとミレナの後、既に制限されたサービスを可能にする8機の衛星運用をするために、他の2つの衛星が今年の終盤に打ち上げられる予定だ。この展開は、年間6~8衛星の割合で、少なくとも2018年まで継続される。地上中継局は、世界中に設置される。合計で、欧州委員会は、ガリレオに70億ユーロを費やすことを計画している。


AFPの記事では触れていませんが、投資額は4000億円以上と見られており、EU各国にとっては負担が重過ぎると不満が出ています
推進する側は大きな投資効果を生み出し雇用創出にもつながるとメリットを強調していますが、すべての参加国がこうした恩恵を享受できるはずがありません。人工衛星を作る能力を持つ国(ドイツやフランス)が最大の恩恵を受けるだけで、他の国は出資に見合うだけの恩恵は受けられないでしょう
人工衛星には寿命がありますから、30機もの人工衛星によるシステムを維持するには毎年のように代替衛星を打ち上げなければならず、維持費は莫大です
GPSが無料で利用できる現在、わざわざガリレオに対応したカーナビを販売しても売れるとは限りません
中国ならGPS対応のカーナビの国内販売を禁止し、「北斗」対応のカーナビの販売しか認めないという政策を実施するかもしれませんが、これは明らかに貿易の国際ルールに違反するもので、制裁の対象になるでしょう
ちなみに中国は「ガリレオ」計画への参入を予定しています。「北斗」はたった3機の衛星による測位システムなので精度に問題があり、「ガリレオ」に相乗りしようという思惑があるのでしょう(中国の北斗は衛星30基~40基からなる大規模なシステムと判明しましたので、訂正します)

(関連記事)
中国独自の衛星測位システム「北斗」は米「GPS」に勝つ
準天頂衛星「みちびき」を戦争準備だと批判する北朝鮮と中国
「準天頂衛星みちびきで日本が弾道ミサイル装備」と中国メディア
日本の偵察衛星打ち上げに神経を尖らせる韓国
朝日新聞 情報収集衛星を役立たずと批判
日本の月面探査計画に怒る韓国
日本が月面探査に乗り出す
日本に負けない韓国の宇宙開発?
「自衛隊が韓国でスパイ活動」と怒る韓国メディア
韓国のレーダー偵察衛星 8月22日に打ち上げ
日本の情報収集衛星を羨む韓国軍
韓国のロケット、3度目の挑戦で打ち上げ成功
韓国テレビ H2Aロケットから日の丸を削除し放映
民間宇宙船「ドラゴン」打ち上げ中止
日本の情報収集衛星を敵視する中国
日本の観測衛星打ち上げ延期 相乗りの韓国衛星が未完成のため
情報収集衛星レーダー3号機打ち上げ 韓国メディアの反応
日本の宇宙開発を見下す中国メディア
ロシアの火星探査機 航行エンジン作動せず失敗か
イランがロケットで猿を打ち上げ 失敗
中国宇宙ステーション建設へ 目的は謎
情報収集衛星打ち上げに成功
気象衛星打ち上げで日本の鼻を折ったと書く韓国メディア
金星探査機「あかつき」を羨む韓国
予測か妄想か? 20年後の韓国は火星を目指す
日本の宇宙実験棟「きぼう」 中国の嫉妬と誤解


【即納☆送料/代引料無料!!レビューでストラップ!】SANYO “ゴリラ・ライト”NV-LB50DT サンヨー(三洋) ワンセグ内蔵 5V型ポータブルメモリーナビ[吸盤スタンドタイプ]
カー用品通販のお店 TRADE
●延長保証を追加されるお客様へ● 5年間延長保証を追加「する」をお選びいただいたお客様は、 受注後に


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る