元厚生次官殺害事件を考える5 「愛犬のあだ討ち」への疑問

元厚生省の事務次官やその妻を殺傷した事件で、小泉毅被告(48)に死刑の判決が

出ました

産経新聞の法廷ライブが公判の模様を伝えています
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/374623/

しかし、裁判官が読み上げた判決文で気になるところがありますので、取り上げます


《次に、小泉被告が公判中でも何度も主張して強いこだわりを見せてきた、「愛犬のあ
だ討ち」という動機に対する判断に移る》
裁判長「その動機に酌量の余地はない。被告は、愛犬『チロ』のあだ討ちのため、歴
代厚生事務次官を殺害することを決意し、(元社会保険庁長官の)横尾和子(68)を
襲撃しようとしたことについては、『自分はどうせ死刑になるのだから、一番腹の立つ
やつを狙った』と述べている」
「かかる愛犬のあだ討ちが真の動機であるとして、被告が愛犬チロをどれだけかわい
がっていたとしても重大事件を起こすことを正当化できるはずもない」


確かに小泉被告の供述をそのまま汲んでいるわけですが、この事件が本当に「愛犬

のあだ討ち」であったと認定するのは疑問です

「あだ討ち」はメタファーであり、その意味するところは別なものと考えるからです

報道されている部分だけからあれこれ推測を組み立てるのは危険な行為ですが、批

判を承知の上で書きます

この事件は「愛犬のあだ討ち」ではなく、被告が抱いていた社会に対する不満や憤り

を何らかの形で昇華させるため思い立ったものでしょう。それが官僚への報復という

行動になって表出したのであり、「愛犬のあだ討ち」はあくまで小泉被告の個人的な

感慨であり、例え話に過ぎません

社会から不当な扱いを受けているとの不満が鬱積し、それを晴らすため「何かデカイ

ことをしてやろう」と思い立ち、メディアらが流している「官僚支配の構図」という批判を

よく理解できないまま受け売りし、官僚への報復という形で自分の存在を世間に知ら

しめてやろうと犯行に至った、と

小泉被告の言う「マモノ」とは何だったのでしょう?

いたるところで対人トラブルを起こし、モメていた小泉被告にすれば、自分の内にある

制御不能な衝動こそマモノであったのだろうと推測します

怒りを抑えきれず感情を爆発させてしまう自分自身を、小泉被告は持て余していたの

かもしれません。コントロールできない自分自身を、マモノに憑かれていると表現して

みせたのだろうと思われます

小泉被告の犯行に同情の余地はありませんし、死刑の判断も妥当と判断します

しかし、被告人が語る「動機」が本当の「動機」であるとは限りません。この判決は事

件の意味を読み違えており、見当外れな判決理由になっています

(関連記事)
元厚生次官殺傷事件を考える1 精神鑑定
http://05448081.at.webry.info/200912/article_30.html
元厚生次官殺傷事件を考える2 精神鑑定(続)
http://05448081.at.webry.info/200912/article_31.html
元厚生次官殺傷事件を考える3 動機を理解できません
http://05448081.at.webry.info/200912/article_32.html
元厚生次官殺傷事件を考える4 再度の精神鑑定要求
http://05448081.at.webry.info/200912/article_35.html

マンガ境界性人格障害&躁うつ病REMIX 日々奮闘している方々へ。マイペースで行こう!
星和書店
たなか みる

ユーザレビュー:
分かりやすい職場に似 ...
参考になったどう接し ...
実例の1つとして。ご ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る