谷亮子の参議院選出馬 批判殺到

谷亮子自身、自分の参議院選挙出馬がこれだけ批判を浴びるとは思っていなかったのではないでしょうか?
谷亮子は自分を国民的アイドルだと信じ込んでいた節があります。結婚式をテレビで中継したときに感じた懸念ですが
その延長線上から考えれば、選挙に出馬して大量の票を集めて当選し、国民の期待を一身に担う谷亮子の姿を本人が思い描いていたとしても不思議ではありません
民主党内からは二足のわらじを履こうとする谷亮子に対する批判が出ています


柔道選手としての彼女の実績、努力、才能には大いに敬服しますが、しかし国会議員の仕事を甘く見すぎているのではないでしょうか?
国会開会期間中だけ議会に出席していればよい、というものではありません
議員活動をこなしながら、柔道選手として現役を続行させ、数時間もの練習に取り組むのは困難だと思われます
もし政治に対して本気で取り組むというなら引退すべきです
ライブドアの世論調査では94%もの人が、谷亮子の参議院選挙出馬に「期待しない」との意見を表明しています
もちろんインターネットの反応と実際の選挙は異なりますので、谷亮子が当選する可能性は高いのかもしれません。しかし、それが本人にとって望ましい結果であるのかどうかは不明です
ロンドンオリンピック出場が実現したとして、そこで金メダルが獲れる可能性はかなり低いと思われます。蓮舫議員なら「なぜ金メダルを目指すんですか。銅メダルではダメなんですか」と言うかもしれませんが
ともあれ、ロンドンオリンピックで金メダルが獲れなければ批判を浴びるのは明らかであり、そうして引退に追い込まれるのが不本意すぎるでしょう
現役続行に執着する理由は、「自分はまだまだやれる」との思いがあってなのでしょうが、「金メダルを獲って引退したい」と考えているようにも感じられます。北京オリンピックで金メダルを獲っていれば3大会連続オリンピックで金メダルという偉業だったわけですから
ちなみにシドニーオリンピックのマラソンで金メダルを獲得した高橋尚子は、国民栄誉賞を手にしていますが、谷亮子は内閣総理大臣顕彰です。本来、国民栄誉賞と内閣総理大臣顕彰でどちらが上か、下かという話ではないのですが、世間一般からすれば国民栄誉賞の方が挌上と見られています
谷亮子が国民栄誉賞ほしさに現役続行しているとは言いませんが、ロンドンで金メダルを獲れば国民栄誉賞授与も現実の話になるでしょう

(関連記事)
「高倉健さんに国民栄誉賞を」の声
女子レスリング吉田沙保里に国民栄誉賞
谷亮子参議院議員 「自分が出ていたら」発言
森光子さんに国民栄誉賞
参議院選挙はタレントの在庫処分セールか?
参議院出馬の谷亮子 父親に逮捕歴あり
後ろ盾をなくした谷亮子は参議院選出馬を辞退か?
参議院選挙 タレント候補落選相次ぐ
谷亮子 柔道から引退
永田議員偽メール事件男を詐欺容疑で逮捕
「戦争」発言丸山穂高議員 辞職勧告決議は?