「韓国製アニメ、欧米で大成功」と書く韓国メディア

いつものように輸出して大儲け、大成功という韓国メディアの記事です

【特集】「映像コンテンツ産業」の絶望と希望
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
2009年のアニメーション産業白書によると、中国と欧州での善戦が目立つ。中国向け輸出は2005年の47万1000ドル(約4300万円)から2008年には113万6000ドル(約1億400万円)へと倍増した。欧州向けは2005年の352万9000ドル(約3億2200万円)が1238万4000ドル(約11億3100万円)へと3.5倍に伸びた。

韓国アニメーションの中心は低年齢児童向け(幼児向け)のアニメーションであり、その成功?を自画自賛している記事です
ちなみに記事の中に登場する、現在では名実共に世界でも有数の存在となった「ポロンポロン・ポロロ」というアニメーションは以下のようなものです


キャラクターグッズなどこれまでに620億円を売り上げ、大成功と謳っています
ちなみに日本のポケットモンスターはキャラクターグッズ、アニメーション、ゲームを含めてこれまでの売り上げは3兆円とされています
こうした「韓国のアニメが世界で売れている」報道は毎年登場しており、昨年は「韓国アニメ、ヨーロッパで占有率伸びる~5年以内に日本抜く可能性も」という記事がありました


まあ、そうなってほしいとの願望を既成事実であるかのように書いているだけですが

(関連記事)
日韓アニメ・マンガ市場の比較
文化観の違い パリ・ジャパンエキスポを巡って
日韓アニメーション産業の比較
なぜ漫画は世界規模の文化製品になったか 仏誌の記事
「日本漫画の時代は終わった」と報じたメディア
日本のアニメ業界は消滅 中国・韓国が台頭へ
日本文化は金にならないと批判する中国メディア
マンガ強国をあきらめきれない韓国
宮崎アニメに対する中国メディアの批評
中国アニメ 今度は「ONE PIECE 」のパクリ
中国アニメ「Lock Fighter」紹介 戦闘シーンがショボイ