映画「ノルウェイの森」 予告編

村上春樹の小説「ノルウェイの森」がトラン・アン・ユン監督(「青いパパイヤの香り」)によって映画化される件については、既に書きました
映画の公式サイトに「特報1」として予告編がアップされています


あまりに短すぎてこの予告編からは何も言えません
ただ、直子の役が菊池凛子というのはちょっと意外な気がします
もう少し繊細で、触れれば折れてしまいそうな感じの女優の方が直子役にはふさわしいと思うのですが
菊地凛子だと線が太く、肉感的すぎるのではないかと
緑役は水原希子という女優だそうです。どんな人かは知りません
主役のワタナベ役は松山ケンイチが務めます。これは妥当な選択でしょう
ジャニーズ系を起用されるぶち壊しになるところですから
公開は12月の予定なので、それまでに「ノルウェイの森」を読み返してみようかな、と思います
それにしても注目作品の割に情報が少なすぎるのは、映画会社の策略なのでしょうか?
公開前、ギリギリまで情報を伏せておこうという
一般的には撮影中からこれでもか、と情報を流し、宣伝するのが当たり前になっていま
す。大量の宣伝を見せられ、それだけでもう十分という気がしてしまうくらいです
東宝のウェッブサイトに多少はまとまった情報があるのですが、詳細については監督もプロデューサーも多くを語ろうとしていません


(関連記事)
村上春樹論
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
「1973年のピンボール」
村上春樹作品の映画化
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
「1973年のピンボール」
記事「村上春樹ブームを読む」を読む
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その1
村上春樹を読み誤る中国人文学者 その2
中国は村上春樹をどう読んだのか
https://05448081.at.webry.info/201911/article_34.html
中国は村上春樹をどう読んだのか2
https://05448081.at.webry.info/201912/article_9.html
村上春樹原作「神の子どもたちはみな踊る」映画化
村上春樹はなぜ芥川賞が取れなかったのか?
米ハイスクールで「ノルウェイの森」の課題図書指定にクレーム
村上春樹の新作 予約が45万部突破
村上春樹「蛍・納屋を焼く」を韓国で映画化 その感想


世界は村上春樹をどう読むか (文春文庫)
文藝春秋
国際交流基金

ユーザレビュー:
企画者・参加者たちが ...
翻訳者の集い村上春樹 ...
世界でもこんなに読ま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界は村上春樹をどう読むか (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル