フィリピンでバスジャック事件 人質が犠牲に

23日、フィリピンのマニラ市で香港からの観光客を載せたバスを、銃で武装した元警察

官が乗っ取る事件が発生しました

事件発生から12時間後、警察の突入によろ犯人は射殺されましたが、人質8人が死亡

する惨事となりました



Youtubeには現地のニュース画像がアップされていますが、警察の動きが何とも緩慢で、

頼りなく見えてしまいます

バスの近くで動いているのは現場指揮者なのでしょうが、ヘルメットも被らず半袖シャツ

姿で手袋もせずに素手のままです。防弾チョッキくらいは身につけているにせよ、現場で

指揮するには考えられない服装です

警官がバスの入り口のドアを斧で壊そうとしていますが、すっぽ抜けて斧だけが運転席

に飛び込んでしまったようです。その後、ドアにロープを結びつけ警察車両で引っ張って

ドアをこじ開けようとしています

フィリピンでは共産主義ゲリラやイスラム過激派がテロ行為を繰り返しており、警察もテ

ロ制圧訓練をしていると思うのですが、何ともモタモタした動きです

事件発生から12時間もかかった挙句(犯人説得に時間をかけていたとはいえ)、人質8

人が殺されるという事態は警察の対応の拙さが原因でしょう

犯人は元警察官だけに、バスの外から狙撃されないようバスのカーテンを閉めていたり

と、素人の犯行とはちがう動きをしています。それが警察の強硬突入を妨げたとも言え

ます

が、バスのドアを開けるのにモタモタしている姿を見せられると、本当に訓練をしてきた

のかなと疑問に思ってしまいます

この動画は世界中の人たちが視聴しており、多くの人がフィリピン警察の対応を拙いと

感じたのではないでしょうか?


最新 日本の対テロ特殊部隊
三修社
柿谷 哲也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最新 日本の対テロ特殊部隊 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル