楽天 星野監督就任への疑問

星野仙一が楽天の監督に就任しました。各メディアとも大きく報道しています


星野監督、厳しい船出覚悟「腕の見せどころ」


最下位のチームに星野監督就任で仙台が熱く燃えるのでしょうか?
楽天は星野監督と、彼が連れてくるコーチたちにどれくらいの年俸を支払うつもりなのか、記事には書かれていません
最下位脱出のためには選手を補強すべきなのに、選手の補強には金をかけず、監督やコーチには高い年俸を支払うつもりのようです
これでチームが強くなるとは思えません
お金の使い方を間違えているのではないか、と言いたくなります
一部のスポーツ紙は星野が阪神から金本らを引き抜く算段だ、と書いています
しかし、守備のできない金本を指名打者に起用できるとはいえ、バッティングにも衰えの見える金本が楽天打線の主力になるのかは疑問です
さらには星野監督の手腕を過大評価しすぎているのではないか、という気がします
最近では北京オリンピックの例があります。プロ野球の選手を集めた「星野ジャパン」でしたが、北京オリンピックでは準決勝・3位決定戦ともに敗れ、メダル無しの4位に終わりました。
星野監督はオリンピック代表チームに田淵幸一(打撃)、山本浩二(守備走塁)を起用しましたが、この仲良しトリオが機能しなかったのは明らかです
敗因は他にもあるのでしょうが、投手交代の遅れや選手起用のミスなど、明らかに監督の采配が疑問視される場面が多々ありました
その結果、既定路線であった「第2回WBC代表チームの監督は星野」という方針に各方面から批判が殺到します。「北京オリンピックのリベンジをする」と監督就任に意欲を燃やしていた星野は、寄せられた批判の多さに驚きWBC代表チーム監督を辞退します
もちろん野球の試合で負けたからといって何もかも否定するのは誤りですが、北京オリンピックでは不可解な監督采配が目立ちました。その主たる要因は星野仙一がアテネオリンピックの野球の試合を解説していたときに頻繁に現れた、相手チームを見下すような言動にあるのかもしれません。言い換えれば思い込みの激しさです
「外国のチームは大したことはない。日本の野球は優れている」との思い込みから1歩も抜け出せず、現状を見誤っていたと考えられます
「燃える男」とされる評価も、星野の思い込みの激しさからくるものでしょう
「闘将」と持ち上げる人もいますが
来季は楽天の選手たちが星野監督の思い込みの激しさに振り回され、あたふたするだけでシーズンを終えるのではないかと推測します。結果は最下位か5位と予想します

(関連記事)
楽天はドラフト1位松井を使い潰す
プロ野球中継の不人気 低視聴率
西武・大久保コーチ解任 「陽気な兄貴」と擁護するコラム
解任されたデーブ大久保への奇妙な同情論
祝 イチロー10年連続200本安打
イチローと小沢一郎の違い
中日ドラゴンズ落合監督の解任劇
クビ確実の松坂大輔を操る妻


シンプル・リーダー論―命を懸けたV達成への647日 (文春文庫)
文藝春秋
星野 仙一

ユーザレビュー:
組織に関する考えの基 ...
野球云うより人をどう ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シンプル・リーダー論―命を懸けたV達成への647日 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル