「ジョンレノンを撃った男」 6度目の仮釈放申請却下

1980年12月8日、ニューヨーク市内の自宅アパート前でジョン・レノンが射殺されました
事件から30年になろうとしています
殺人犯マーク・チャップマンは「禁固20年以上の終身刑」でニューヨーク郊外にある刑務所に収監されています
マーク・チャップマン受刑者は9月に6度目となる仮釈放申請をニューヨーク州に申し立てましたが、レノンの妻オノ・ヨーコの反対により申請が却下されたと報道されています

ジョン・レノンさん射殺の受刑囚、仮釈放申請6度目の却下

オノ・ヨーコは断固としてチャップマンを許すつもりはないようです
逮捕時、精神障害とも言われたマーク・チャップマンですが、刑務所では1994年以降規律違反がないと記事には書き添えられています(つまり1994年以前には規律違反があり、模範囚ではなかったと分かります)
現在、動画配信サイト「Gyao」ではこの事件を題材にした映画「ジョン・レノンを撃った男」を無料配信中です


一般的なドキュメンタリーの手法とは違い、マーク・チャップマンの視点で事件を再構成しようとしたものです
が、残念ながら彼がなぜレノンを殺さなければならなかったのは、断片的なモノローグが挿入されているものの映画ではいまいち判然としません
マーク・チャップマンは事件当時、「ライ麦畑で捕まえて」の本を所持しており、映画の中でも度々引用されています。しかし、、小説「ライ麦畑で捕まえて」とレノン射殺がどう結びつくのか、自分には理解できませんでした
犯行当時、彼が統合失調症であったとする説があります。しかし、統合失調症で心神喪失ならばアメリカの裁判でも無罪になり、精神病院へ入れたはずであり、疑問です
刑務所内でチャップマンが統合失調症の治療を受けたのでしょうか?
治療を受けなければ症状は悪化していたはずです
治療も受けていないのに10年以上規律違反がなく、模範囚として生活しているのであれば、最初から統合失調症ではなかったと考えるべきでしょう
事件当時の精神的混乱は統合失調症ではなく、別の病気だったと言えます

(関連記事)
ジョン・レノンミュージアム閉館
ボストン・マラソンで爆弾テロ
ボストン爆弾犯はキルギスからの移民兄弟
圧力鍋爆弾の作り方を紹介する日本のワイドショー
ノルウェーで爆弾・銃撃テロ 87人が死亡
ノルウェーのテロ事件 政治的狙いか個人の報復か
ノルウェーのテロ事件 壊れた家庭・両親の離婚
ビンラディン殺害と世界貿易センタービルを設計した日系人
「ビンラディン暗殺は主権侵害」とパキスタン激怒
仏風刺雑誌テロ事件 風刺にも自戒と自負を
札幌連続爆弾事件を考える1 名須川被告起訴も裁判は始まらず
学校トイレで女性教師を強姦殺害した少年


ジョンの魂
EMIミュージック・ジャパン
2010-10-06
ジョン・レノン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジョンの魂 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル