「K-POPブームはメディア主導ではない」と言うメディアのウソ

K-POPブームは日韓のメディアが積極的に煽り、演出した結果生み出されたものですが、日本の一部メディアは頑としてこれを認めたくないようです

KARAや少女時代が席巻 K-POPブームの理由を専門家語る

まるで「すべてのクレタ人はウソつきである、とクレタ人が言った」の喩えを思い出させますが、反論を加えましょう
上記の記事では、「K-POPブームは口コミを中心に自然発生的に作られたもの」だとの見解を示しています
本当にそうなのでしょうか?
例えばフジテレビはさまざまな番組を使ってK-POPブームを煽り、宣伝に努めてきました。主たるK-POP歌手の日本での音楽著作権を握っているのがフジテレビ系の会社である事実を抜きには考えられません。「フジパシフィック音楽出版」はKARAと少女時代、東方神起の楽曲の著作権を握っているためです
TBSも別のK-POPグループの著作権を所有しています
こうした事実を無視し、「口コミを中心に自然発生的に作られたもの」だと大ウソを書いているのですから呆れるしかありません
また、記事で「動画サイトなどで『K-POP』と検索すると、少女時代やKARAなどの名前ばかりがヒットし、彼女たちの映像に自然と注目が集まった」と書いていますが、これた当たり前の話です
「K-POP」で検索して森進一や美空ひばりの名前が出てくるわけがありません
YoutubeではK-POPの楽曲の動画の再生回数が異常に多いのが特徴です
これは再生回数の多さ=人気と判断したファンや芸能関係者が意図的に同じ動画を繰り返しクリックし、再生回数を増やしているためだと思われます
熱狂的なK-POPファンが日本にいるのは否定しませんが、ブームと呼べるほど裾野が広がっているのかは疑問です。紅白歌合戦にK-POPの歌手が1組も登場しなかったのも、そんな疑問を裏付けています
そして日本では音楽CDの売上が極端に減少してきていますので、相対的にK-POPの売上が目立つようになったとも考えられます
メディア関係者の中には、「自分たちこそがブームの仕掛け人であり、ブームを煽り、演出している」と思い込んでいる人たちがいます
かつての「MANZAI」ブームのように、テレビ主導でブームを創りだした例はいくらでもあり、K-POPのその1つだと見て間違いないと自分は考えます
さて、これまでにも韓国のK-POPアイドルをネタとして紹介してきましたが、今度は「Teen Top」というグループが「来ている」のだそうです
彼らの魅力?の詰まった「Supa Luv」のプロモーションビデオを御覧ください


コテコテに造り込んだ感じがするわけですが、これがトレンドなのでしょうか?
テクノ風ダンスとボイスチャンジャーを駆使した人工的な歌、韓国ドラマでお馴染みの「財閥の御曹司」然としたプロモーションビデオのオープニング・・・・
好きな人にはこうしたシチュエーションがたまらないのでしょう

(関連記事)
いまさらNHKがK-POPグループを推奨
マツコ・デラックスのK-POP批判 韓国での波紋
「俳優高岡蒼甫のフジテレビ批判」を批判する脳科学者
韓国女優自殺の原因は性接待強要
韓国政府よる韓流ブーム扇動工作
「韓国ドラマやゲームが世界を魅了」と夢想する韓国メディア
「少女時代で第3次韓流ブーム到来」と書くメディア
誰も知らない人気歌手来日 韓国の4minute
韓流アイドルKARAが大人気?
「韓流ブーム再び」と書く朝日新聞
インチキ韓流ブーム 韓国の呆れた剣術
韓国のパクリ映画「リザレクション」
韓国が勝手に映画化した「北斗の拳」実写版
K-POP全滅 紅白歌合戦出場なし
紅白からK-POP排除は日本の陰謀と報じるメディア
少女時代・KARA・2PM…韓流を恐れる日本歌謡界
今度は「大国男児」 韓流男性アイドル日本デビュー
KARAの空騒ぎ メンバーの親は「もっと金がほしい」
顔面整形を公言 韓国のアイドルグループ「帝国のこどもたち」
K-POP 今年は日本で儲けるニダ


K-POP COLLECTION 2011 (キネ旬ムック)
キネマ旬報社
2011-01-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by K-POP COLLECTION 2011 (キネ旬ムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル