「化物語」の前日譚「傷物語」が劇場版アニメーションに

西尾維新の小説をアニメーション化した「化物語」は漸進な映像表現と、巧みな音楽

の利用で新しいアニメーションの可能性を示してくれた作品です

「化物語」のシリーズである「傷物語」もアニメーション化の噂があったのですが、この

度、劇場版として2012年公開を目指し制作されると公表されました

傷物語 :「化物語」の前日譚が劇場版アニメ化決定
http://mantan-web.jp/2011/03/30/20110330dog00m200024000c.html

詳細は不明ですが、制作は「化物語」と同じくシャフトが担当するのでしょう

となれば、一筋縄ではいかない映像表現になると思われます

「化物語」でも絵を抜きにした文字だけのコマを視聴者に見せたり、実写映像を交えた

りと、さまざまな手法で視聴者を挑発し、翻弄していました

一度見ただけでは文字だけのコマなど読み切れないので、繰り返しDVDやブルーレ

イディスクで視聴する羽目になるのです

従来のアニメーション表現に慣れた視聴者には奇抜すぎ、賛否が別れたところです

日常では遭遇する機会もない怪異(妖怪)を扱った物語ですから、その非日常的な物

語を表現するには、従来とは異なる新しい手法が必要だと作り手が考えた結果なので

しょう(と、同時に敢えてレトロに見せようと、静止画であるマンガのコマを挿入するとい

った方法も、シャフトが製作した「さよなら絶望生先生」で使われたものですが)

公開が来年のいつになるか未定ですが、期待して続報を待ちたいと思います

「傷物語」の劇場版アニメーション化について、海外の反応の中に「シャフトの紙芝居は

勘弁して欲しい」との声がありました

アニメーション=動画という常識からすれば、シャフトのアニメーションはやはり異端であ

り、とっつきにくさを感じるのでしょう

ディズニーやピクサーがこうした表現を試みる可能性は皆無ですから、それだけ違和感

を覚えるのは当然なのかもしれません。しかし、敢えてそれをやるところがシャフトの独

自性です。輸出を目的に、日本文化に馴染みの薄い人たちにもウケるような表現を選択

しようとはせず、あくまで日本のマニアックなアニメーションファンを黙らせるため、とんが

った手法を選ぶのですから

(関連記事)
「魔法少女モノ」アニメ-ションの人気ランキング
http://05448081.at.webry.info/201103/article_54.html
日韓アニメーション産業の比較
http://05448081.at.webry.info/200908/article_39.html
なぜ漫画は世界規模の文化製品になったか 仏誌の記事
http://05448081.at.webry.info/200909/article_3.html
日本のアニメと中国のアニメの差はどこにある?
http://05448081.at.webry.info/201102/article_32.html
宮崎アニメに対する中国メディアの批評
http://05448081.at.webry.info/201007/article_11.html
宮崎アニメを超えた! 中国アニメ「馬蘭花」
http://05448081.at.webry.info/201102/article_56.html
「韓国製アニメ、欧米で大成功」と書く韓国メディア
http://05448081.at.webry.info/201007/article_34.html
韓国の渾身作CGアニメーション「アイアンキッド」
http://05448081.at.webry.info/201011/article_28.html
コミックマーケットに見る日本の底力
http://05448081.at.webry.info/201008/article_36.html
「名探偵コナン」に勝てない中国アニメ
http://05448081.at.webry.info/201008/article_32.html

傷物語 (講談社BOX)
講談社
西尾 維新

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 傷物語 (講談社BOX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル