放射能が怖い 中国韓国で塩の買い占め騒動

中国や韓国で、放射能汚染を怖れた人たちがこそって塩やワカメ、昆布を買いに走る騒動が起きていると報道されています
朝鮮日報日本語版の記事は数ヵ月後にインターネットで読めなくなりますので、一部をそのまま貼り付けます


福島原発:韓国で塩やワカメの買い占め騒動
日本の福島第一原子力発電所から出た放射性物質が韓半島(朝鮮半島)の南側を通り、7日に韓国国内に一部が流入する可能性がある、と韓国原子力安全技術院(KINS)や気象庁などが発表するや、市民やネットユーザーたちが「不安だ」という反応を見せている。
気象庁が「流入する放射性物質は、人体にほとんど影響を与えない微々たる量だ」としているが、多くの市民は「韓国は放射能の影響圏ではないと言っていたではないか」「もう信じられない」という反応だ。
(中略)
■塩、ワカメなど買い占め
市民の不安感は、マスクやワカメなどの海藻類の販売量増加に端的に表れている。ロッテマートによると、先月11日から今月3日までの売り上げが、昨年同期比で塩は75.1%、ワカメは63.2%、昆布は72.9%、マスクは56.3%増加したという。
Eマートは「ワカメは115.1%、昆布は97.8%、塩は130.1%販売量が急増した」と説明した。
気象庁のキム・スンベ・スポークスマンは「放射能の雨にぬれても、人体に与える影響はほとんどない。ノルウェー大気研究所の結果も誇張されたもの」と話した。
食品医薬品安全庁(食薬庁)のアン・マンホ副スポークスマンは「海藻類に含まれるヨードは含有量が少ないため、放射能治療には役に立たない」と話した。
食薬庁は「10日間、毎日ワカメスープを200杯ずつ飲んで初めて、効果がある程度だ」と説明した。
(後略)


ワカメや昆布はヨードが含まれているため、これを食べようとする人が増えるのは理解できるのですが、なぜ塩の買い占めに走るのか疑問でした
調べてみると、海外ではヨード分の不足を補うため食塩にヨードを添加しているところがあるのだそうです
ワカメや昆布、ヒジキなど海藻を食べる日本人は十分にヨードを摂取しているのですが、海藻を食べる習慣のない国では、わざわざ食塩にヨードを添加しているのだと初めて知りました
加えて、「放射能に汚染された海水から精製された食塩には放射能がついている危険がある。だから今のうちに食塩を買い占めておこう」との発想もあるようです

中国の塩買い占め騒ぎ収まる 上海などで返品希望者も

それにしても中国でなぜ、福島原発事故の影響により買い占め騒動が起こるのか、不思議に思えます
大気中に放出された放射性物質は拡散され、中国国内に与える影響はほどんどないのですが
中国は科学的社会主義による国家建設を標榜し、中国古来の習俗や因習を敵視し、徹底的に破壊し禁じてきました。そんな科学的社会主義でも、人から人へと伝わるデマや迷信には太刀打ちできないようです
騒動はアメリカでも起こっていたようで、薬局にはヨード剤を買い求める人が増え、インターネットのオークションではヨード剤が高値で売買されているとも伝えられています。転売して儲けようとの魂胆もあるのでしょう
実際にこどもたちにヨード剤を飲ませている家庭もあるようです。用心のためなのかもしれませんが、不安に怯えすぎではないでしょうか?
日本国内でも放射能汚染対策として、「ヨーグルトが効果的だ」とか、「手作り味噌がいいらしい」などなど、根拠の疑わしい話が出回っています
くれぐれも不確かな情報に踊らされないよう気をつけたいものです

(関連記事)
安価な放射線測定器をテスト 正確な値を計測できず
在日米軍「トモダチ」作戦 志願兵が殺到
東電 給料1割カットに「ふざけるな」の批判爆発
地震対応に19もの対策本部乱立 政府の無能ぶり
被災したこどもたちを集め寄宿舎で生活させる愚策に反対
原発批判は芸能界のタブーなのか? 原発に関わったタレント
東電社長記者会見 切れたら負け
反原発活動家「東電社員のこどもを差別しろ」と暴言
神田うの 被災した死亡者の数を賭けていた問題続報
神田うの 被災者が何人死ぬか賭けをしていたと告白
放射能汚染を煽るメディア、反核団体
「放射能怖い」 韓国で学校休校


原発と地震―柏崎刈羽「震度7」の警告
講談社
新潟日報社 特別取材班

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原発と地震―柏崎刈羽「震度7」の警告 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル