蓮舫大臣の夫 目黒区議選で落選

節電啓発担当大臣である蓮舫の夫、フリージャーナリストの村田信之が目黒区議選挙に出馬したものの、893票しか取れず落選したと報道されています

民主党転落の象徴…蓮舫“恥辱”夫完敗「夫だと浸透しなかった」

記事を読んでも村田信之がフリージャーナリストとしてどのような実績があった人物なのか、何も書かれていません
「蓮舫の夫」というのが唯一の肩書きで、あとは何も持ち合わせていないように見えてしまいます。「大桃美代子の夫」で不倫騒動により注目を浴びた国際ジャーナリストの山路徹みたいにヒモのような存在なのか、と思ってしまう方も少なくないでしょう
別の報道によれば村田信之は早稲田大学政経学部出身で、現在は早大非常勤講師としてジャーナリストの田原総一朗氏が立ち上げた早稲田大学内の講座「大隈塾」で講義を担当するほか、京都造形芸術大学の客員教授も兼ていると書かれています

村田信之のホームページにもプロフィールが紹介されています

しかし、彼の活動の中身がどれほどのものであるかは疑問です
非常勤講師、客員教授と肩書きは立派ですが、要するに年に数回講義に立つだけであり、何の講義をしているのかすら書かれていません
妻である蓮舫議員の政策スタッフであり、民主党のシンクタンク「プラトン」の研究員であり、内閣専門調査員でもあると肩書きが並びます
別に彼の見識が認められて民主党のシンクタンクの研究員になったわけでもなく、内閣専門調査員なる肩書きも蓮舫の夫だから回ってきたポストです
蓮舫大臣は昨年の参議院選挙で170万票を獲得したそうですから、村田信之にすれば目黒区議選挙は楽勝だと読んでいたんのでしょう
それでも上記のZAKZAKの記事にあるように、「蓮舫の夫」という以外にアピールできるものがなく、目黒区に住む有権者の多くは村田信之が何者であるかを知らなかったと推察されます
知名度不足ではなく、実績不足です
本人は、「敗因は、蓮舫の夫ということが浸透しなかったこと」と述べたそうですが、これも何だかなあ、と思ってしまう発言です。「蓮舫の夫」であること以外にアピールできるものがないと、本人自ら認めた形です
蓮舫大臣は事業仕分けで、麻生内閣の決めた災害対策費を「災害なんていつ起こるか分からない。そのために予算を当てるなど無駄」だと決めつけ、ばっさり切ってしまった張本人ですから、批判を浴びるのは当然です

(関連記事)
蓮舫 夫をペット以下の存在と紹介
民進党代表に当選の蓮舫 くすぶる二重国籍問題
民進党蓮舫 国籍問題で国会議員失職危機
蓮舫発言「日本は若者への歴史教育が足りない」
切り捨てられる蓮舫前大臣
大阪ダブル選挙 橋下圧勝を考える
菅直人首相が辞意を表明 内閣不信任案は否決
夕張市長選挙で敗れた羽柴秀吉 「市民はバカ」と放言
統一地方選挙 民主党敗北
参議院選挙はタレントの在庫処分セールか?
参議院選挙 タレント候補落選相次ぐ
お笑いタレント、プロレスラーを国会議員に選んではいけない
参議院出馬の谷亮子 父親に逮捕歴あり
「さくらパパ」横峰議員の恐喝疑惑報道
災害対策予算を仕分・削減した蓮舫大臣に批判殺到
仕分け第二弾前に蓮舫議員の醜い言いわけ
蓮舫議員への風当たり
国会内でファッション誌の撮影 蓮舫大臣


田原総一朗の早大「大隈塾」講義録 2005 「激論!日本」経済編
ダイヤモンド社
田原 総一朗

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 田原総一朗の早大「大隈塾」講義録 2005 「激論!日本」経済編 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル