大阪母娘殺害事件を考える1 怨恨殺人か

大阪市平野区のマンションで先月、無職金玉香さん(61)と次女の派遣社員裕美さん(27)が殺害された事件で、大阪府警平野署捜査本部は8日、殺人容疑で裕美さんの元同僚の文原こと文青児容疑者(35)=同市生野区新今里=を逮捕したと報道されています


2011年6月24日午後9時頃、大阪府大阪市平野区のマンションで、在日韓国人の山下香代子さん(当時61歳 韓国名 金玉香)とその娘の山下裕美さん(当時27歳 韓国名 金裕美)が刃物で数十カ所刺され殺害されているのを、仕事から帰宅した裕美さんの姉(当時28歳)が発見し、近くの交番に届け出た。
警官が駆け付けると、母親の香代子さんは和室で、妹の裕美さんは台所で血だらけで倒れており、死後しばらく時間が経っていた。
2人には刺し傷の他に、抵抗した際に出来たと思われる傷があり、遺体の側には血だまりができていた。凶器は見つかっていない。
大阪府警は殺人事件として捜査を開始し、交友関係やトラブル等を詳しく調べた。
7月6日、捜査の結果、裕美さんの元交際相手で元同僚の在日朝鮮人、文原青児(当時35歳 朝鮮名 文青児)を殺人容疑で逮捕した。
文原は裕美さんに対し、嫌がらせのメールや電話を執拗にし、自宅へ押し掛ける、暴力を振るう等の悪質なストーカー行為を繰り返していた。
事件前日、文原は裕美さんに復縁を求めるが、裕美さんが拒否したため憤り、翌日にナイフを持って自宅を訪れた。
裕美さんの姉が仕事に出かけた後、午前8時頃に文原は裕美さん宅を訪れ、玄関チャイムを鳴らしたが応答がなかった事から、ベランダから自宅にへ乗り込み、裕美さんと母親の香代子さんに再度復縁を求める。
しかし、復縁を明確に拒絶され絶望した文原は、持参したナイフで裕美さんと香代子さんを数十回刺し殺害し逃走した。


職場の上司が文容疑者の人となりを熟知しているはずもなく、「信じられない」と驚きを隠せないでいる、と書いたところで中身のある記事にはなりません
文容疑者は執拗に電話、メールで接触を求め、待ち伏せをして殴りつけたり、駅前で土下座させたり、マンションに押しかけて呼び鈴を鳴らし続けるといった具合に、悪質なストーカーそのままの行動を示しています
自分を捨てた女への恨みに凝り固まって、復讐以外は何も見えない状況に陥ってしまったとしか考えられません(内から沸き上がってくる衝動は、それが目的を果たすまで、その望んだ方法で決着をつけるまで、人を支配し続けます)
誰かが忠告したり、説教したところで文容疑者のストーカー行為が改まったりする可能性は限りなく低いと思われます
さて、6月に発生した本件は、当初から裕美さんにつきまとっていた元交際相手の仕業だと見られていましたが、大阪府警は随分と逮捕まで時間をかけています
交際相手に対する怨恨が殺害の動機である以上、無差別殺人のように他者に害を及ぼす危険は低く、急いで身柄を確保する必要はないとの判断があったのでしょうか?
犯行現場から文容疑者の指紋など検出されなかったのも、逮捕に踏み切れなかった理由なのかもしれません
この事件については韓国政府が日本の警察に、「公正で迅速な捜査を要請した」と複数の韓国メディアが報道していました。要するに、「日本でまた韓国人が殺害された。けしからん。日本の警察は何をやっているのか?」と言いたいのでしょう
で、逮捕された犯人は在日韓国人です。韓国政府及び韓国メディアの反応を知りたいものです

追記:2012年5月、大阪地裁は文被告に無期懲役の判決を言い渡しています。被告側、検察側とも控訴せず、刑が確定

(関連記事)
大津石材店妻殺害事件を考える1 わいせつ目的の犯行
松山母娘殺害事件を考える 支配と依存
石巻3人殺傷事件を考える1 事件の状況など
石巻3人死傷事件を考える2 人格障害
石巻3人死傷事件を考える3 復縁に揺れる
石巻3人死傷事件を考える4 犯人のプロフィール
石巻3人死傷事件を考える5 被害相談
石巻3人殺傷事件を考える6 死刑判決
4人を射殺した永山則夫を聖人視するメディア
女子大生を刺した神戸ストーカー事件を考える
長崎ストーカー殺人で千葉県警本部長ら処分へ


ストーカー (21世紀カウンセリング叢書)
駿河台出版社
村上 千鶴子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ストーカー (21世紀カウンセリング叢書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル