「ゴルゴ13」 海外で実写版映画化

日本の漫画やアニメーションを実写版映画化しようとする海外の映画会社が次々と現れるのですが、そうして出来上がった作品の評判が芳しくなく、興行としても成功しているとは言いがたい現実があります
それでも映画化を目指すのは、映画のネタに困っているからなのでしょう
今度はさいとう・たかおの劇画「ゴルゴ13」が実写版映画化されると報じられています

「ゴルゴ13」海外で実写化!映画化へ向けて本格始動!

誰が主演するのかは分かりませんが、原作とは別の「ゴルゴ13」になるのは確実でしょうから、劇画とは別ものの独立した作品として扱った方がよさそうです
個人的にはこどもの頃、理髪店に行くと「ゴルゴ13」のコミックが置いてあり、パラパラとめくって読んだくらいで、特に親しんだ作品ではありません
今回調べてみると、「ゴルゴ13」は1968年から連載が続いていると知り、その寿命の長さにあらためて驚かされました
「ゴルゴ13」は日本で2度、実写版映画化されており、高倉健と千葉真一がそれぞれデューク東郷を演じています
作者さいとう・たかおの弁では、劇画連載当初、デューク東郷のイメージは高倉健から思いついたそうです
現在では、「ゴルゴ13にふさわしいのはハンマー投げの室伏広治」だと語っていますのでかなり雰囲気が違ってきています
室伏演じるデューク東郷を想像すると、かなりマッチョすぎる気がして違和感があるのですが
外国の映画プロデューサー、監督の手にかかると、シュワルツネッガーのようなムキムキ男がゴルゴ13のイメージに重なるのかもしれません
あるいはペラペラとよくしゃべるゴルゴ13というのもありそうな気がします
アニメーションとしては劇場版とテレビシリーズがありますが、あまり話題になりませんでした。テレビシリーズは2008年に放送されたのですが、萌えアニメ全盛の時代なので視聴者の嗜好に合わなかったのでしょうか?
さて、どのような実写版に仕上がるのか、期待半分、怖いもの見たさ半分で続報を待ちたいと思います

(関連記事)
日本と米国のアニメの違い「テーマと暴力シーン」
日本アニメ原作の映画「Blood::The Last Vampire」世界でコケまくる
香取慎吾で「こち亀」映画化
香取慎吾の映画「こち亀」 大惨敗
「ドラゴンボール」日本人コンビで実写化の噂
「忍たま乱太郎」 なぜアニメを実写化するのか?
木村拓哉主演映画「ヤマト」 軍国主義復活と騒ぐ韓国メディア
木村拓哉、実写版映画『宇宙戦艦ヤマト』の見どころ
韓国アニメの才能 ミュージックビデオ風アニメ「SUNSHINEGIRL」
中国版「けいおん!」? バンドに打ち込む青春アニメ
手塚治虫「ブラック・ジャック」をアメリカで実写ドラマ化


ゴルゴ13 161 (SPコミックス)
リイド社
2011-07-05
さいとう たかを

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴルゴ13 161 (SPコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル