菅直人内閣 機密費を毎月1億円使用

民主党は政権交代前の野党だった時代、自民党政権による官房機密費の使途を明らかにせよと要求していました
しかし、政権交代後の鳩山内閣にしろ菅内閣にしろ、官房機密費の使途は公開しないままであり、「適切に使用している」と紋切り型の答弁をするばかりです
菅直人首相ですが、官房機密費をのべ15億3000万円使っていた、と報道されています。毎月1億円以上もの機密費が右から左に消えていったわけで、その金遣いの荒さは異常でしょう

“ダメ菅”機密費が月1億円!血税が豪華料理に消えた?

当然、菅直人は官房機密費の使途を今後とも明かそうとはせず、秘匿し続けるのでしょう。政治には表向きにできないお金がかかるのは言うまでもありませんが、1つの内閣が15億円も機密費を使うのは不可解です
鳩山由紀夫元首相の場合、資産家である母親から毎月多額の小遣いをもらっていたわけで、配下の議員たちに配るお金は十分にあったのでしょう
菅直人前首相の場合、これといった資産もありませんので派閥を維持するための資金に苦労していたはずです。首相就任をよいことに官房機密費を引き出し、配下の議員に配りまくったのかもしれません
官房機密費を圧縮し、年額6億円(月額5千万円)にするなど枠をはめる必要があると思うのですが
麻生内閣の時、民主党は麻生首相がホテルのバーに通っているのを批判し、「我々の場合は酒を飲むなら居酒屋が当たり前だ」と庶民派を気取る発言をしていました
菅直人首相の場合、新聞に載る「首相の動静」を見るかぎりでは有名所のイタリア料理店や中華料理店へ、夫人や側近を連れて連日のように繰り出していました。いったいどこが庶民派なのか、と言いたくなります(財界首脳との飲食の機会があまりに少なかったのも異常です)
歴代の首相の中で、もっとも派手に飲み食いしたのは森喜朗元首相であり、毎晩2軒から3軒の飲食店を回っていました。しかも、出された料理は全部食べる、という健啖家だったと伝えられています
かつて日本の政治は「料亭政治」と揶揄され、赤坂近辺の料亭に夜な夜な政治家が集まり密談するのが常でした。が、最近では料亭も廃業が相次ぎ、密談はもっぱら車の中で携帯電話によるものが主流になっているようです
それならそれであまり官房機密費が必要だとは思えないのですが

(関連記事)
中国のスパイが農水省幹部に接触・機密入手
平野復興相「バカなやつ」発言騒動
漢字の読み間違いどころではない菅直人語録
菅直人首相違法献金で進退窮まる
菅直人内閣発足の遅れ
内閣改造 国民の怒りを理解できない菅首相
鳩山総理はマザーコンプレックス
鳩山親子劇場 母が息子由紀夫に退陣をうながす 
鳩山由紀夫夫妻 ドロドロの略奪愛
鳩山夫妻 ドロドロの略奪愛Part2
民主党の反省なき大反省会
夏の参議院選挙 タレント担ぎ出し合戦
首相夫人へ「福島の集団疎開を」と訴える天木直人
沖縄を売り渡そうとする民主党の政策


政権交代狂騒曲 (講談社文庫)
講談社
2011-04-15
浅川 博忠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 政権交代狂騒曲 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル