島田紳助が講談社を名誉毀損で訴える

芸能界を引退した島田紳助が、暴力団との関係について記事を掲載した「週刊現代」の発行元である講談社を相手取って、「名誉毀損だ。1億6500万円を支払え」と提訴したそうです

週刊現代記事で名誉毀損…紳助さん&吉本 講談社提訴


訴訟は吉本興業と島田紳助が共同で提起したものですが、どこに1億6500万円もの侵害された利益があったのか、根拠が不明です
島田紳助が芸能活動を継続中ならば、週刊誌の記事が芸能活動の妨げになったとの理由で利益の侵害を主張できるのですが、引退した島田紳助に侵害されるような利益、名誉があるのか疑問です
それとも島田紳助は芸能界引退後、あらゆる新聞や雑誌の記事に目を通し、自分の悪口が書かれていないかチェックしているのでしょうか?
あるいは、週刊誌に「島田紳助がいなくなってテレビは駄目になった。紳助を復帰させるべきだ」との記事が掲載されるのを期待して、各誌に目を通しているのかもしれません
そんな行為はかえって自らを苦しめ、貶めるだけではないかと思うのですが
週刊誌の記事を見て、「事実と違う」と怒ったところで反論する手段はないので(他のメディアの取材に応じるという手はありますが、それはしたくないのでしょう)、ストレスが溜まるだけです
島田紳助は豪放な立ち振る舞いを見せる一方で、「最近、精神安定剤が無いと眠れないんですわ。俺、人にはぼろくそ言うけど、自分が言われるのはホンマは苦手なんですわぁ」とテレビで語っていたくらい気が小さい男だったようです
心の平安を得たいのであればテレビなど見ず、週刊誌も読まず、のんびり過ごすのが一番でしょう
週刊誌相手に訴訟を繰り返し、それを今後の生きがいにするつもりなら別ですが
不可解なのは吉本興業までが島田紳助の訴訟に相乗りしている事実で
島田紳助をタレントとして抱え続けた吉本興業がいまさら何を、と言いたくなります

(関連記事)
引退後も蒸し返される島田紳助待望論の怪
島田紳助 芸能界復帰特番撮影との噂
吉本社長「紳助君の復帰、信じてる」発言で大炎上
島田紳助引退 ヘキサゴンファミリーの行く末
紳助引退で暴力団擁護発言をした小倉智昭キャスター
島田紳助引退ではしゃぐメディアの怪
食中毒焼肉店 日本テレビの番組が「イイ店」と絶賛していた
「好きな男・嫌いな男」芸能人ランキング
男が選ぶ「嫌いな男 好きな男」ランキング 週刊SPA!
ノンスタイル井上裕介 タクシー当て逃げで謹慎
カラテカ入江 闇営業で吉本芸人11名謹慎
カラテカ入江 闇営業で解雇処分


自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)
ワニブックス
島田 紳助

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自己プロデュース力 (ヨシモトブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル