ドラフト会議の波紋 菅野は入団拒否か?

プロ野球ドラフト会議で日本ハムから1位指名を受けた東海大学の菅野智之選手は態度を硬化させ、入団拒否・浪人へと傾いているようです


高校生と、大学生と社会人、それぞれ別々に行われていたドラフトが“一括開催”に戻って4年目となる平成23年、2011年のドラフトだが、週刊ベースボールではドラフト展望を初めて、高校生と、大学生と社会人、それぞれ2週にわたっての“分離開催”。前年に引き続いて有力選手の階層化を試みているが、これも別々に展開した。
高校生では、1位での指名が重複すると予想していたのは超高校級スラッガーで東海大甲府高の高橋周平1人のみ。単独指名の可能性があるのは英明高の松本竜也、宮崎日大高の武田翔太ら2人の投手で、外れ1位の候補には足立学園高の吉本祥二、金沢高の釜田佳直、唐津商高の北方悠誠ら3人を挙げていた。
一方の大学生、社会人では、4選手に指名が重複すると予想。東海大の菅野智之を筆頭に、明大の野村祐輔、東洋大の藤岡貴裕、慶大の伊藤隼太ら4選手で、伊藤を除く3選手は、いわゆる大学“BIG3”の投手だ。単独指名の候補は1人のみで、近大の中後悠平。外れ1位の候補には、東洋大の鈴木大地、日体大の辻孟彦ら2人を挙げていた。
“希望枠”なる“逆指名”が廃止されて5年目となるドラフトだったが、制度としてはなくなっても、若者たちに将来の希望があるのは変わらない。制度の廃止からも、希望の球団を明言し、それ以外の球団からの指名を牽制するケースも少なくなかった。この11年のドラフトで注目選手の筆頭だった菅野は、叔父が巨人の原辰徳監督で、“相思相愛”は誰の目にも明らか。巨人も早くから菅野の指名を明言しており、その指名、そして入団も確実視されていた。だが、長く遠ざかっていた感もあるドラフト特有の悪夢が菅野を襲う。
かつては“仕掛ける”ことが多かった印象のある巨人だが、この11年は菅野を指名する可能性を見せなかった日本ハムの“奇襲”を受ける。そして、抽選の惨敗が続いていた巨人は、またしても交渉権の獲得ならず。
だが、日本ハムも菅野の決意を覆せなかった。会見では毅然としながらも、このドラフトで唯一、暗い表情を浮かべた菅野は浪人の道を選んだ。一方、野村は高校時代の地元チームでもある広島が単独指名に成功して、“凱旋”が確定。左腕の藤岡には最多の3球団が競合し、ロッテが交渉権を獲得した。
そして予想どおり、高校生で唯一、指名が重複したのが高橋だ。藤岡と並ぶ3球団が競合し、中日が交渉権を獲得している。
DeNAへの球団の売却で揺れていた横浜は藤岡を外して、松本を指名。菅野を外した巨人と再び競合し、ここでは巨人が勝者になる。横浜の球団譲渡が発表されるのは、その1週間後のことだった。


巨人の原監督の甥であり、巨人がドラフト1位で指名するものと誰もが思っていたのですが、日本ハムが敢えて1位指名に踏み切り抽選の結果、交渉権を獲得したという経緯です
このニュースに関して、ヤフーのコメント欄を見る限りは日本ハムを支持する意見が圧倒的に多いようです
「ドラフト制度がある以上、その結果に従うのが当たり前であり、ゴネればよいというものではない」と、巨人入りに執着する菅野投手批判も高まっています
しかし、そんな世間の声など無視して家族は日本ハムとの入団交渉を拒絶し、浪人してでも来季のドラフトに賭ける方針を示唆しています
もちろん球団の側にドラフトで選手を指名する権利があるのと同じく、選手の側にもその指名を拒否する権利があるわけですから、菅野投手の入団拒否を批判するのはどうかと思います
また、来季優勝を逃せば原監督は更迭されるわけで、巨人の菅野投手獲得方針が揺らぐ可能性もあるのでしょう
加えて巨人側のドラフト会議批判が多くのプロ野球ファンを敵に回し、プロ野球人気の凋落に拍車をかけているのも事実です
菅野投手が我を通すのは構いませが、その姿勢がアンチを生み出すのは当然の帰結であり、敵を増やす結果を招いてしまうでしょう
かつての巨人の江川投手や桑田投手のように、ドラフトでの小細工が災いしていつまでも批判されるのは覚悟すべきです

(関連記事)
プロ野球中継の不人気 低視聴率
楽天 星野監督就任への疑問
西武・大久保コーチ解任 「陽気な兄貴」と擁護するコラム
解任されたデーブ大久保への奇妙な同情論
中日ドラゴンズ落合監督の解任劇
落合ドラゴンズ優勝 その原動力は球団への反発心
中日ドラゴンズのファンクラブ誌が落合前監督を批判
プロ野球 「来季は戦略重視」という巨人の迷走
青森山田高野球部員、寮で殴られ殺害される
巨人の裏金問題 朝日新聞を名誉毀損だと批判
巨人の契約金問題 何を敵視し、騒いでいるのか?
西武ライオンズ相内誠投手 喫煙飲酒発覚で処分
プロ野球中村紀 再び懲罰で2軍降格


原辰徳 走り続ける情熱
学研教育出版
義田貴士

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原辰徳 走り続ける情熱 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル