準強姦で逮捕の金メダリスト内柴容疑者を擁護するブログ

柔道の金メダリストである内柴正人が、教え子である学生にわいせつ行為をした容疑で逮捕されたのですが、内柴容疑者の仲間と称する人間がブログで彼を擁護しているとロケットニュースが報道しています

逮捕された柔道金メダリスト内柴容疑者を仲間が擁護「強姦とか書いてるけど逆強姦だろ」

どのような人物なのか、ブログはめったに更新されない状況なので詳細は不明です
個人情報をブログで明かしていたなら、身許が特定され今頃は大炎上していたのでしょうが
要するに女子大生が内柴容疑者を誘惑し、合意の上で性的行為をしたにもかかわらず、後になってから「わいせつ行為をされた」と騒ぎ立て、内柴容疑者を罠にはめたと言いたいのでしょう
被害者と内柴容疑者との間でどのようなやり取りがあったのかは不明であり、事件がこの先どうなるのかは分かりません
内柴容疑者がしかるべき金を支払って被害者と和解し、被害者側も警察へ提出した被害届を取り下げる可能性も残っています
となれば、このブログ主は「だから最初から金目的で内柴を誘い、罠にかけた」と指摘すると思われます
女子大生がそこまで計算し、「オリンピックの金メダリストだから体面を気にして金を払うに違いない」と読んで行動するとも思えないのですが
前にも書きましたが、未成年者である柔道部員の学生に飲酒させた内柴容疑者は教員として重大な誤りを犯しています
さらに教え子である女子大生に手を出したのですから、これも重大な誤りです
「罠にはめられた」と内柴容疑者は周囲の知人に語っていたのかもしれませんが、教員という立場を忘れた上記の過失があるのは明らかで、とても擁護しきれるものではないと感じます
内柴容疑者はこのまま起訴され、裁判の場で身の潔白を主張していくつもりなのでしょう。それは本人の判断ですからとやかく言うつもりはありませんが、「和姦」を主張したところで彼が教師にあるまじき行為をしたのは明らかであり、失った信用を回復させるのは困難です
おそらく内柴容疑者の中には、「自分はオリンピックの金メダリストだ。大学の女子柔道部の指導なんて楽な仕事さ」との驕りがあったのではないでしょうか?

(関連記事)
柔道金メダリスト内柴被告に懲役5年の判決
柔道メダリスト内柴正人の強姦事件裁判
メダリスト内柴正人準強姦事件公判で無罪を主張
強姦容疑を否定し続ける内柴正人容疑者
柔道金メダリスト内柴正人 セクハラで大学を懲戒解雇
睡眠薬を使ってわいせつ行為 中学教師逮捕
小学生女児の裸を撮るため誘拐した学校教諭
小学校教頭が女子中学生を誘拐未遂・逮捕
教師の性犯罪が相次ぐ現状を考える
わいせつ教師に懲役30年の判決
京都大教授 女学生との不適切な関係で辞職
小学校校長の不倫 学校内で所構わず
吹奏楽部顧問 女子中学生に「パンツ履き替えろ」
校舎内に盗撮カメラを設置 小学校教諭逮捕
「パンツ売れ」と小学校教諭が女子高生を脅す
女教師が女生徒とレズ関係になり逮捕 英国
女性教師が少年にわいせつ行為で懲戒処分
強制わいせつ被害 10歳の訴えを「告訴能力なし」と否定
大阪府警の少女準強姦事件 懲戒免職処分に
京都教育大集団強姦事件 弁護士の抗議でブログ削除されました
強盗強姦事件で懲役25年 その呆れる所業
パワハラ会見 至学館大谷岡郁子学長炎上騒動
伊調馨選手へのパワハラ認定 レスリング協会大揺れ
伊調選手パワハラ被害認定も開き直る谷岡学長