中国アニメの行方 ギャグアニメも選択肢

ちょっと時間が過ぎてしまいましたが、サイゾーが「中国アニメビジネスの現状」というタイトルの記事を10月に掲載していました

【東京国際アニメ祭2011秋】「今後も大幅な品質向上は望めない?」中国アニメビジネスの現状

長文の記事のほとんどは「東京国際アニメ祭2011」関連イベントの紹介であり、中国のアニメーションに触れている部分はほんの数行です
「ほとんどがこども向けCARTOON」とか、「カンフーパンダの無念」(中国こそがカンフー・パンダを制作するべきだった)など、当ブログでも度々取り上げてきたものばかりで目新しさはありません
まあ、それだけ刮目するようなアニメーション作品も生み出されず、時間数と製作本数で日本を上回ったのが唯一の自慢というお寒い状況なのでしょう
抽象的な話ばかりでは現在の中国アニメーションがどうなっているのか判然としませんので、いつかの動画を紹介しましょう
「エレクトロ・ボーイ」はこども向け作品にありがちな、こどもが絶大な能力を身につけ大人も驚く大活躍をするという、こどもたちの潜在的な願望を画にしたものです

Electro Boy_Episode 01


「魔角偵探」はギャグアニメでありながら謎解きを盛り込んだ作品です。ギャグセンスが日本のそれと似通っているのは偶然なのか、あるいは日本のアニメーションを研究した結果なのか、気になるところです

魔角偵探(1)


これなら日本で放映されても視聴者は違和感なく受け取るのではないでしょうか?
「カンフーパンダ」だけが中国アニメーションの目指すべき道ではないはずであり、いつまでも「カンフーパンダ」の成功を妬んでいても始まりません

(関連記事)
北朝鮮アニメの実力と可能性
日本アニメの実写ドラマを熱く語る中国人記者
次世代「アニメ」大国インドが台頭する、との記事 日経BP
韓国書店の漫画売上 1位から17位まで日本作品
「紅の豚」のパクリ 韓国アニメ「Mateo - The Great Pig Pirate」
「アニメはオタクの消費財と化した」と指摘した押井守
「アニメにはちゃんと日本映画の血が流れている」の紹介
アニメ「銀魂」 蓮舫そっくりの登場人物で放送中止に
「内向きに閉じた日本のマンガ市場」という批判
韓国のマンファ ストーリーが秀逸?
中国人漫画家が語る中国の審美価値と品位(笑)
韓国アニメのクリエーター「すぐには宮崎駿になれない」
「アニメ競争 中国の勢いが日本を圧倒」と報じる中国メディア
日本のアニメ業界は消滅 中国・韓国が台頭へ


日本のアニメ全史―世界を制した日本アニメの奇跡
テンブックス
山口 康男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本のアニメ全史―世界を制した日本アニメの奇跡 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




日本アニメ史学研究序説
八幡書店
北野 太乙

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本アニメ史学研究序説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル