プーチン首相「日露海底トンネル構想」を批判する韓国の反応

韓国はまったく関係ないと思うのですが、先日当ブログでも取り上げたロシアのプーチン首相による「日露海底トンネル構想」について、韓国の掲示板にさまざまな書き込みが出現しているそうです
サーチナの記事を引用し、紹介します

【韓国BBS】プーチン首相が日露トンネルを検討「日本に揺さぶり」
大統領選挙を控えたロシアのプーチン首相は15日、テレビ会見で、極東のタタール海峡(間宮海峡)に橋をかけ、本土からサハリンを通す鉄道の計画について「(サハリンから)日本まで通じるトンネルを建設することも可能であり、われわれは検討中だ」と述べた。

上記のプーチン大統領の構想自体、特に目新しいものではありません
そして日本には何のメリットもない話であり、実現性は皆無と言えます
前にも書きましたが、これは日本からの投資を呼びこもうとするロシア側の観測気球のようなものです(ロシアの狙いは老朽化したシベリア鉄道の近代化であり、その資金を日本に負担させようという目論見でしょう)
さて、韓国の反応です

●黄金フナ
重要なことはヨーロッパ連結、韓半島を横断する鉄道である。

●ご飯豆
日韓トンネルの建設が急がれます。韓国は鎖国の状態だ。グローバル時代、流通だけが生きる道です。

●オカラット
トンネルが開通しなければ、私たちがグローバル時代に孤立するのですか?
そんな馬鹿な。過去の歴史を直視する、心のトンネルの開通が優先視されなければなりません。

●地球征服K-POP
海底トンネルの必要性、特にないです。

「日韓海底トンネル構想」については過去に何度も当ブログで取り上げ、採算の見込めないムダな事業だと指摘したところです
ロシアとの海底トンネルも同様です
しかし、韓国側にはいまだに日韓海底トンネルを有効な施策だと思い込んでいる人が存在するのには驚きます
そして「重要なことはヨーロッパ連結、韓半島を横断する鉄道である」との意見も出てくるわけです
韓国は大陸に位置しているとはいえ、北朝鮮によって鉄道も陸路も塞がれた状態です。いわば孤立している状態にあるのです
韓国人はそれを痛切に感じているのでしょう
だからこそ、韓国は北朝鮮や中国を経由し、ヨーロッパにつながる鉄道を強く切望し、期待を抱いているのだと思われます(そんな鉄道が物流の中心になったりはしないのですが)
もし日本がロシアとの海底トンネル構想に乗り気な素振りでも示そうものなら、韓国は大騒ぎをして「日韓海底トンネルこそ優先されるべきだ」とのキャンペーンを始めるのかもしれません
日本には迷惑な話です
何度も指摘していますが、日韓海底トンネルは日本がお詫びのために建設費を全額負担し、韓国に頭を下げて建設するものだ、と韓国では勝手に決めつけています
あるいは、「日本の資金と韓国の優れた建設技術があれば実現可能だ」などと妄想しています。韓国には海底トンネルを建設した実績はありませんし、どこに優れた建設技術があるのか不明なのですが

(関連記事)
日韓海底トンネルを煽る投資家
高速鉄道輸出ゼロ 韓国の焦り
韓国 無謀な中韓海底トンネル計画を検討
韓国「シルクロードエクスプレス構想」の虚妄
インドの高速鉄道は「日本の新幹線」導入決定
鉄道インフラ輸出 メイド・イン・ジャパンの逆襲
シベリア鉄道で「みかじめ料」を要求するロシア政府
プーチン首相 「海底トンネルで日本まで鉄道をつなぐ」と構想を語る
日韓海底トンネル 韓国政府が断念
空疎な計画 日韓海底トンネル
日韓海底トンネル計画に妄執する韓国政府
東国原知事「日韓海底トンネル」妄想を語る
無謀な構想「日中韓海底トンネル」を諦めない人たち
日韓海底トンネルを諦めない韓国
対馬市議会が「日韓海底トンネル」推進決議
また蒸し返される日韓海底トンネル