「テレビを見なくなった若い世代」というコラム

18歳未満のこどもたちのテレビを見る時間が減少した、との調査結果について取り上げたコラムを読んだのですが、視点がずれている気がします

(引用元の記事が削除されました)

「テレビでは毎日毎日、同じような顔ぶれのお笑い芸人たちがあきもせず同じようにバカ騒ぎを繰り返している。子供のテレビ離れにはインターネットの普及や娯楽の多様化などの背景もあるそうだが、ただ面白ければいいという番組作りが大人だけでなく、子供たちでさえ辟易しているのかもしれない」と書いているのですが、これはこどもたちの視点ではなくあくまで筆者の視点でしょう
さらにこの文章の後に、ワイドショー(情報バラエティ番組を含む)による北朝鮮報道の浮かれすぎを批判しているのですが、それもこどもたちの視点とは異なる話です
要するに筆者が日頃感じている北朝鮮への嫌悪感や、テレビ局への不満を書いているだけで、こどもたちがなぜテレビを見なくなったのかをこどもの視点から考えようとする姿勢が皆無なのです
結局、メディアに携わっている人間が自分の視点でのみ考え、発言しているにすぎません
こんなコラムを書いて何やら重要な事実を指摘した気になって満足しているからこそ、若い世代は新聞さえ読まなくなるのでしょう
「インターネットの普及」と筆者はテレビ離れの理由を挙げているのですが、本当に「インターネットの普及」がなぜテレビ離れをもたらしたのか、根本的なところが理解できていないのかもしれません(あるいは自明すぎてわざわざ説明する必要はないと考えているのかもしれませんが)
インターネットとテレビとの大きな違いは、検索機能にあります
テレビは番組の作り手があらかじめ用意をした情報を提供する仕組みです
視聴者はそれを一方的に受け取るだけの立場です
そのためテレビ局側は、「オレたちが情報を伝えてやっているのだ」との思い上がりってしまうのでしょう
一方でインターネットは利用者が必要とする情報、知りたい話題について検索をかけ、情報を絞り込む仕組みがあります
そこで見出す情報が新聞のウェッブ版であろうとも、インターネット利用者が情報を自分で取捨選択しているわけで、テレビとは違う利用の仕方になります
なにか重大な事件があればインターネットで検索をかけ、事件に関してさまざまな情報を得ようとすることができるわけで、テレビ局が用意した情報のみで満足している視聴者とは違うのです
その極端な例を挙げると、未成年者が起こした事件の場合、テレビはあくまで少年Aとして報道するだけなのですが、インターネットでは少年の氏名や住所までも明らかにされます
氏名や住所まで明かしてどうなるのか、という議論は別にして、「こんな事件を起こしたのはどこの誰なのか?」を知りたいとの欲求が個人情報をインターネット経由で流布される結果につながるのでしょう
結果的にテレビで報道しているのは事件のほんの一部であり、詳細な部分を知るにはインターネットで関連情報を検索するしかないのです
ですからテレビというものは情報を得るための媒体の1つに過ぎないのであり、決してその中心ではないと言えます
以前なら情報を得る手段としてテレビが一番手っ取り早かったのですが、現在では2番手以下になっているのです
こどもたちの関心が集まるゲームについても、月刊のゲーム雑誌よりインターネットの方がはるかに情報が早いのですから、わざわざ雑誌の発売を待つまでもなく、インターネットで情報を得ようとするのは当然です
テレビ離れ、新聞離れ、雑誌離れの背景にはこうした情報獲得手段の構造の変化があるのだと自分は思います
いまさら書くまでもない話ですが、上記のコラムを読んで案外とメディアに従事している人は理解していないのかな、と感じたので言及してみました


1秒もムダに生きない 時間の上手な使い方 (光文社新書 525)
光文社
2011-06-17
岩田健太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1秒もムダに生きない 時間の上手な使い方 (光文社新書 525) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル