三角関係でストーカーと化した女教師

「三角関係のもつれ」は珍しくありませんが、中には刑事事件に発展するケースもあります
大阪では公立中学校の女性教師が三角関係のもつれから、ストーカーと化して脅迫の手紙を恋敵の女性に送りつけ、逮捕される事件がありました

三角関係「嫉妬」に狂った27歳女教師の「人望」

逮捕された小西舞被告は、講師として採用されてから1年後には正式に教諭になっているのですから、学校では「熱心な先生」として評判だったのでしょう
産経新聞の記事では「嫉妬に狂った女」という表現です。しかし、単に「女の嫉妬」と決めつけるのではなく、もう少し踏み込んで事件を読み解いてみましょう
小西舞被告は前向きで意欲的、なおかつ行動ができる女性だったようです
それが教師としてはプラスに働いており、「熱心な先生」との評価を得ていたと考えられます
おそらく恋愛に対して前向きで意欲的であり、なおかつ交際相手の男性宅へこまめに足を運ぶタイプだったと見られます
ところが交際相手の男性は他の女性とも同時に交際しており、小西布告はふられてしまったのですが、この結末を受け入れられなかったのでしょう
「男性に対する未練はない」と取り調べでは供述しているようですが、それが本音であるかは疑問です
そこには当然、「自分の嫌がらせによって恋敵である女性が彼と別れれば、彼は自分のところへ戻ってきてくれるはず」との期待が存在するからです
ただ、そうした期待感だけで嫌がらせを繰り返したというのは表面的な見方でしょう
おそらく小西被告は、「彼が自分以外の女性を選んだ」という結果に納得できず、あたかも自分の全存在、自分の人生が否定されてしまったかのように感じ、戸惑い、途方にくれ、怒り狂ったのだと推測されます
小西被告は彼のために十分尽くしていたと自負していたのでしょうから、自分の全存在を否定されたショックは大きかったはずです
他方で、男性の側はそんな小西被告のグイグイと迫ってくる圧力に押し切られていたかのように見えます。そのため別れ話を切り出すのが遅れてしまったという事情があったのかもしれません
「相手を傷つけないように別れる」というのは言葉で書けば簡単ですが、実際は至難の業です。どんな形にせよ相手を傷つけてしまいますし、あるいはお互いが傷つく結果を招きます。それも含めて恋愛なのですが、誰しも不本意な結末をすんなりと受け入れたくなどありません
よって悩んだり、落ち込んだり、誰かに敵意を向けたりするわけです
小西被告がもっとずぼらで、恋愛にルーズであったなら(気が多い女性であったなら)結果は違っていたでしょう
記事に顔写真はありませんが、生徒から評判のよい教師であった小西被告は相当に魅力的な女性であり、彼女に思いを寄せる男性は決して少なくなかったとも考えられます。しかし、彼女はそんな周囲の男性などまったく見えておらず、気にもせず、ただ自分の存在を否定されてしまったという結果だけに打ちのめされ、自分の代わりに彼が選んだ女性に敵意を向けることに執着してしまったと言えます

(関連記事)
「黒子のバスケ」脅迫事件の犯人像 その2
「黒子のバスケ」脅迫事件の犯人像 その1
大学職員がストーカー、同僚を殺害して逮捕
49歳女性の不倫殺人 12歳下の男性を刺す
「火炎瓶を投げつける」と女性教諭を脅した男逮捕
ライトノベル作家を脅迫した男を逮捕
女性教諭が男子生徒にセクハラ 懲戒免職
年下男性に貢いだ挙句殺害された女性教師
年下男性に貢いだ末殺害された女教師 裁判の結果
不倫殺人 人妻と年下の専門学校生の暴走
人妻に横恋慕した不倫殺人 懲役20年の判決
香川の不倫殺人 被告女性が拘置所で自殺
お天気お姉さんの不倫 NHK半井キャスター
東山紀之のマンションに引越した森光子 監視のため?
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
三鷹女子高生殺害を考える1 ストーカー対応
三鷹女子高生殺害を考える2 無職のストーカー
三鷹女子高生殺害を考える3 ストーカー男の余罪
三鷹女子高生殺害を考える4 凶行前の行動
ストーカー殺人 被害者を批判するテリー伊藤
平野区ストーカー殺人 懲役30年の判決
同志社女大ストーカー殺人はW不倫の結果
不倫サイトの顧客情報流出 ハッカーの仕業
小金井アイドル刺傷事件を考える 身近なアイドルという罠
小金井アイドル刺傷事件を考える 誰がストーカーと判断するのか
小金井アイドル刺傷事件を考える SNS書き込みは規制対象外


ストーカー (21世紀カウンセリング叢書)
駿河台出版社
村上 千鶴子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ストーカー (21世紀カウンセリング叢書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル