松井秀喜を持ち上げイチローを批判する産経江尻記者

産経新聞のスポーツ担当江尻記者といえば、松井秀喜をとことん持ち上げる記事で有名な人物です
松井秀喜信仰、あるいは崇拝と言うしかないほどの絶賛記事をこれまでに山ほど書いてきた実績があります
しかし、肝心の松井秀喜はメジャーのどの球団とも契約できず、就職浪人確定の状況にあります
そこで江尻節炸裂の記事が登場しましたので紹介しておきます

松井秀喜、今こそ日本復帰を決断する時!浪人なら大ダメージ

江尻記者はさらりと、「永遠のスーパースター、巨人・長嶋茂雄終身名誉監督とソフトバンク・王貞治球団会長の後継者こそ松井である」と断言しています
さらには、記者の質問にまともなコメントを返さない「落合博満前中日監督→清原和博氏→イチロー→ダルビッシュと受け継がれてきた“悪しき伝統”」だといきなりイチロー批判を展開しています。
江尻記者は「『マスコミに口を開かず、斜に構えることがクールで格好いい』という間違ったスター意識が、中村や田中に伝染しようとしているというのだ」と警鐘を鳴らしているのですが、本当にそうなのでしょうか?
落合博満やイチローがマスコミの口を開かず、斜めに構えて「おれってクールだぜ」と自己満足に浸っているように江尻記者には映っているのは、彼の記者としての資質にむしろ問題があるようにすら見えます
落合やイチローが記者の質問に答えないのは、彼らの質問があまちにトンチンカンであり、野球の本質からかけ離れた愚問だからでしょう
松井秀喜は試合後、必ず取材に応じコメントを出します。新聞記者にとっては都合のよい存在ですから、大いに持ち上げたくなるわけです
イチローにすれば時間を割いて取材に応じたとしても、発言の真意は伝わらず記者がでたらめな内容に翻案して記事にされてしまうのですから、取材に応じる気が失せるのも当然でしょう
それくらい野球を取材している記者のレベルが低いところに問題があるのです
江尻記者の上記の記事を読めば、その思考の稚拙さに唖然とするしかなく、江尻記者こそ低レベルな野球記者のエースと呼ぶべき存在でしょう
落合博満やイチローが自身のプレーについてあれこれ説明せずとも、そこを文章で表現するのが新聞記者の仕事です。取材してコメントが取れなければ1行も記事が書けないのでしょうか?
新聞記者としての資質が欠けているというしかありません

(関連記事)
長嶋、松井に国民栄誉賞を 大盤振る舞い?
イチローを腐す日本のメディア
松井秀喜はヤンキースを去るべきか?
祝 イチロー10年連続200本安打
イチローの記録はアメリカで話題になっているか?
イチローを勝手にライバル視する韓国メディア
イチローと小沢一郎の違い
イチロー3500安打達成も祝福セレモニーなし
ダルビッシュが炎上するもデビュー戦で初勝利
DeNA・中村紀の懲罰降格 「ルール守れない人間は…」