京都の暴走事故 てんかん患者が運転

京都市東山の繁華街祇園で軽ワゴン車が暴走し、通行人を次々とはねる事故が発生しました。運転手(全身打撲で死亡)はてんかん患者だったと報じられています


京都市東山区の祇園で2012年4月12日に軽ワゴン車が暴走した事故は、運転していた藤崎晋吾容疑者(30)を含む8人が死亡する惨事となった。藤崎容疑者は同市内の藍染め製品販売会社に勤めており、取引先に製品を配達している途中だったという。
藤崎容疑者はてんかんの症状で通院していたことが家族の証言でわかっているが、「事故時に発作を起こしているようには見えなかった」という目撃者の証言もある。京都府警は事故の重大さから、自動車運転過失致死傷ではなく殺人容疑で、4月13日16時ころから藤崎容疑者の自宅や勤務先を家宅捜索している。
「待てコラーと言われた瞬間、すごい勢いで逃げた」
4月12日13時10分ころ、大和大路通を暴走してきた軽ワゴン車が四条通の信号を渡る歩行者の列に突っ込んだ。この事故で歩行者のうち7人が死亡、11人がケガをしたほか、藤崎容疑者も死亡した。
13日放送のフジテレビ系「めざましテレビ」では、事故の検証を行っている。それによると車は大和大路通を走行中タクシーと衝突したが、停止せずに交差点で赤信号を無視、横断中の歩行者をはねた。その後もスピードをゆるめず、最後は電柱に激突して止まった。最初の衝突から停車までにおよそ300メートル走行したという。
藤崎容疑者の家族は取材に対し、本人にてんかんの持病があったことを明かした。
「運転中にてんかんを起こしてしまうことがやっぱり一番怖かったんですね。転職なり、会社に理由を話して、運転せずに販売員として働けないかとちょうどこの3日間ずっと家族で話し合いしていたところだった」
また、本人が通っていた病院は「本人にも、家族にも車に乗ることはだめだとはっきり伝えていた」としている。しかし、勤務先の社長は持病があったことを把握していなかったとし、「車好きで、家でも乗っていると言っていた。時々横に乗ったが、運転も上手だった」と話した。
ここまで聞くとてんかんの発作が事故の原因なのではないかと思われるが、そうとは言い切れない面もあるようだ。番組ではいくつかの目撃者の証言も放送した。
「両手で力強くハンドルを握っていて、(タクシーと)ぶつかった時に目が血走っているというか…タクシーの運転手がすぐ出てきて『待てコラー』と怒った瞬間、すごい勢いでちょっとした隙間を思い切りまっすぐ逃げた」
「運転を見ている限り、発作が起きて意識がなくなってとか体が硬直してというような動きとは100%違いましたね。障害物もきっちりかわしていたので」
(J-CASTニュースの記事から引用)


亡くなった藤崎晋吾容疑者はてんかんで投薬治療を受けていたわけですが、発作による事故であったのか、あるいはタクシーに車をぶつけて気が動転し逃走を図ろうとして暴走したのかは不明です
しかし、いきなり暴走車両にはねられ死亡したり重症を負った被害者にとってはそのどちらであれ、納得出来ない事故です
今回の事故により、「てんかん患者の運転を禁止すべきだ」との声が高まると考えれます
てんかん患者が車を運転する権利を主張しようとも、発作による事故に巻き込まれ命を落とす人がいる事実の前ではその権利も制限せざるを得ないでしょう
少なくともトラックの運転手や営業で車を長時間運転するような職に就くのはどうか、と自分は思います
病気を理由に就職の機会を制限すべきではないとの意見もあるのでしょうが、車の運転によって多数の人の命を奪う危険があるのですから、公益のためにも運転業務を制限あるいは禁止するのは当然です
2011年4月にクレーン車を運転して児童の列に突っ込み、6人ものこどもを殺した柴田将人受刑者の場合、懲役刑はたったの7年です。危険運転致死罪が適応されなかったため、単なる交通事故の扱いでした
てんかんの発作によって意識を失い、大勢の人を車で轢き殺す危険を承知しながら抗てんかん剤の服用を怠るという重大な過失があったにも関わらず、検察は危険運転致死罪で起訴しなかったためです
繰り返しますが、てんかんの発作で車の運転中に意識を失う危険があるのを承知で薬の服用を怠るのは、「人を轢き殺しても構わない」という未必の故意があると言えます
つまりは殺意を秘めていたのと同じです
今回の京都の事故では死亡した藤崎容疑者の体内から抗てんかん剤の成分が検出されています。が、薬を正しく服用していたのかは今後の捜査結果を待たなければなりません
てんかんの持病を持つ方を差別したり貶める意図はありませんが、車の運転中の発作が重大な事故につながるという結果の重さから目をそらすべきではないのは明らかです

(関連記事)
祇園暴走事故 損害賠償請求裁判
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
クレーン車事故 6人殺害して懲役7年の求刑
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 小学校教頭が電話番号を漏らす
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
高齢者の交通事故相次ぐ
観光バスで大事故 立ち入り調査で違反が多数見つかる
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決


交通事故に負けない被害者の本
日本実業出版社
吉岡 翔

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 交通事故に負けない被害者の本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル