韓国が国宝復元 でも日本の接着剤使用で批判される

韓国が国宝に指定した崇礼門(通称南大門)はソウルの観光名所の1つですが、管理がされずに放置されたに等しい状態で、ホームレスの溜まり場と化していました。そして2008年に放火により焼失する結果を招いたわけです
その崇礼門を復元するための工事がすすめられているのですが、作業に日本製の接着剤が使用されていると報じられたため、批判が起きているのだそうです


韓国の国宝1号に指定されている崇礼門の復元にあたり、日本製の接着剤を使用していることに対して、問題視する声が上がっている。
文化財庁は「品質のよい日本製の接着剤の使用は仕方ないこと」と説明した。韓国メディアが伝えた。
崇礼門は李氏朝鮮時代の1398年に都の南城門として建てられ、1962年に国宝第1号に指定された。通称南大門の一帯はソウルの観光名所でもある。
08年2月に放火によって木造楼閣の大部分を焼失し、10年2月から復元工事が行われている。
現在、復元工事は瓦を葺く作業と丹青(たんせい)を施す作業を残しており、12月に完成する見通し。
韓国の伝統的な技法による復元を強調しているが、丹青作業で使用する顔料と接着剤は日本から輸入品であることが明らかになった。
これに関して、一部から伝統的な方法による復元作業に外国製を使用することを問題視する声が上がった。
文化財庁は「品質のよい材料を使用するために避けられない選択だった」と説明した。
専門家からも「日本製の接着剤は優れている。国内製ではなく残念だが、国宝で実験はできない」との見方を示した。
韓国の伝統的な接着剤の製造技術は1980年代にすでになくなっており、09年に某大学の教授が再現して作ったが接着力が弱く、崇礼門の復元には使用できなかったという。


伝統的な工法によって復元するとの方針ですが、韓国に伝統的な木造建築の技術が継承されているのかどうか、はなはだ疑問です
木材を接着するには漆や膠(にかわ)といった接着剤が用いられるのですが、その製造方法も失われていると記事では明かしています
となれば、木材の加工技術もどこまで伝統的な工法が用いられているのか疑わしくなるわけです
釘を使わずに柱や梁を組み合わせる技術を日本では宮大工が継承しています
しかし、韓国には宮大工のような専門技術を保有する職人がいないのが実情です
日本では寺社の補修のため、刀鍛冶が和釘を鍛造したり、古い瓦と同じものを陶工が再現する技術があります
しかし、やたらと歴史や伝統を強調する韓国にはそのような文化の継承がなく、いかに底が浅いか露呈しています
この崇礼門復元を巡っては、「すべて国産の材木を使用するべきだ」との意見もあったものの、韓国には樹齢を重ねた太い樹木がなく、柱や梁につかう材木は北米産のものを輸入しています
韓国の山林に樹齢を重ねた樹木がないのは、「日帝がすべて伐採したため」だと主張していますがこれは大間違いで、植林する習慣がなかったためです
材木として使用したり薪にするため山林を伐採しておきながら、植林を怠ってきたため禿山だらけになったのが真相です
あるいは最近までやたら宣伝されていた「韓国伝統の宮廷料理」というものが、実はテレビドラマのための創作料理にすぎず、料理を記録した文献も存在しなければ、その技法を継承している料理人もいないのが真相です
そうした実態こそが韓国の伝統と言えます

(関連記事)
盗難仏像「絶対に日本へ返すな」と沸騰する韓国世論
日本から盗んだ仏像返還を拒む韓国の屁理屈
「韓国起源説」は日本の陰謀だと主張する韓国
「人類の文明は9千年前韓民族が起源」と報道する韓国メディア
映画「道~白磁の人」が日本で爆発的反応と書く韓国メディア
40年間で100億本植樹したとウソを報道する韓国
韓国 新春の珍奇な行事
単なる噂を教科書に載せる韓国 歴史捏造
「桜の起源は韓国だ」と主張する韓国メディア
インチキ韓流ブーム 韓国の呆れた剣術
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
「鋼の錬金術師」から見える日韓歴史観の違い
文化財を返還せよと叫ぶ韓国の珍妙な主張


韓国・伝統文化のたび (叢書・地球発見)
ナカニシヤ出版
岩鼻 通明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 韓国・伝統文化のたび (叢書・地球発見) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル