美少年天才シェフ ロスのレストラン

「天才美少年シェフ」などと書けば、少女漫画の世界のように思われるかもしれませんが、AFP通信の記事でロサンゼルスの有名レストランに13歳の少年料理人がいると報道しています


赤毛にそばかす顔の、ごく普通の少年。彼こそが米ロサンゼルス(Los Angeles)で最も洗練された高級レストランにやってきた今話題の新顔シェフ、フリン・マクガリー(Flynn McGarry)くん(13)だ。
その口からは「ナスタチウム」や「フェンネル」といった料理素材用語が飛び出し、あどけなさの残る声で自分より3回りも年上のコックたちに指示を出す。
「料理の神童」「米国で最も熱いシェフ」など数々の異名を持つマクガリーくんは、食通の子どもを意味する「クーディーズ(koodies、kidとfoodieを合わせた造語)」の1人として知られる。米テレビNBCの番組「ナイトリー・ニュース(Nightly News)」もマクガリーくんを取材。前週、市内の高級レストラン「プラヤ(Playa)」で料理への熱い思いを語り、見事な包丁さばきや料理の盛り付けを披露する姿を放映した。
プラヤは著名シェフのジョン・セドラー(John Sedlar)氏がオーナーシェフを務めるレストラン。そのセドラー氏から直々にプラヤの厨房をまかされたマクガリーくんは、ポロネギの揚げ物とフェンネル添えのマス料理、野生のフェンネルとナスタチウム(キンレンカ)の料理など、9皿のフルコースを客に振舞った。
「フリンは、かなり変わった少年だね。それに強い情熱を持っている」と、セドラー氏は語る。
■「かなり変わった少年」
一般的な10代の少年の基準から見れば、確かにマクガリーくんは「かなり変わった少年」だろう。何しろ、料理好きが高じて自宅の自分の部屋を料理実験室に変えてしまったほどなのだ。
ビデオゲームや少年野球のトロフィー、映画スターのポスターの代わりにマクガリーくんの部屋にあるのは、フードプロセッサーや鍋、フライパン、まな板など。机もスチール製の調理テーブルだ。この部屋でマクガリーくんは毎月1回、自宅の食堂で開く夕食会「ユーリカ・クラブ(Eureka)」で提供する創作料理を研究する。
早熟な調理人のマクガリーくんは、10歳のときから料理の腕をみがいてきた。キッチンに立つ姿は自信に満ち、手さばきも長けている。
料理に興味を持ったのは母親の手料理がきっかけかと尋ねられたマクガリーくんは、大きな声で「違う!」と5回も繰り返した。母親の簡素な料理からの「自衛策」として自身で料理を始めたところ、料理への情熱に本格的に火がついたのだという。将来の夢は、「ミシュランガイド(Michelin Guide)」の3つ星レストランや世界のベストレストラン番付50位以内に入ったレストランで、キャリアを積むことだと話す。
だが13歳にしてマクガリーくんの履歴書は既に、自身の年齢の何倍も年上のシェフたちよりも立派で印象的だ。たとえば今年の夏休みの予定は、シカゴ(Chicago)の高級レストラン「ネクスト(Next)」と「アリニア(Alinea)」で有名シェフのグラント・アケッツ(Grant Achatz)氏のもとインターン修行を積み、続いてシアトル(Seattle)の料理研究グループ「モダニスト・クイジン(Modernist Cuisine)」の実験レストランで料理を披露したら、無事に学校の8年生を修了する、というものだ。
(AFPの記事から引用)


記事の中でマクガリー君が、自宅で「ユーリカ・クラブ」と称し、創作料理を振る舞う試みをしていると紹介されています
その動画がありましたので、御覧ください

Eureka Opening


料理の手際はまだこどもらしく、危なっかしいようにも映りますが、料理に対する情熱と何よりも楽しそうに取り組んでいる姿がそこにあります
成長期にあるこどもは自分の興味・関心のあるものを見つけると、貪欲に学び吸収しようとします。マクガリー君も数年の間に、「料理好きのこども」から「プロの料理人のたまご」へと変貌しつつあるのでしょう
美少年かどうかは、見る人の判断によります
メディアへの登場も少なくないようで、YouTubeで検索すると彼の登場する動画がいくつも見つかります
それにしてもマクガリーが料理に興味を持ったのは、「母親の手料理がきっかけかと尋ねられたマクガリーくんは、大きな声で『違う!』と5回も繰り返した。母親の簡素な料理からの『自衛策』として自身で料理を始めたところ、料理への情熱に本格的に火がついた」とのエピソードには思わず苦笑してしまいます
おそらく彼のお母さんもスーパーマーケットで売られている出来合いの惣菜を買ってきて、電子レンジで加熱する程度の料理?しかしない人なのかもしれません

(関連記事)
香港人が愛してやまない「日清出前一丁」
英の研究者「アメリカ人の肥満が地球を滅ぼす」
イギリスのわびしい学校給食が話題に
米国人も魅了する「料理の鉄人」
「ゴチバトル」の韓国料理店 「盆栽食わせるつもるか」と評判
辛ラーメンのCM 鍋蓋で食べる姿に批判殺到
猟奇的メニュー「韓国名物さんま寿司」
スケキヨ丼 驚愕の韓国料理
キューピーマヨネーズがアメリカで大評判
海上自衛隊機密漏洩事件 カレーのレシピが
ミシュラン騒動 グルメを巡る争い
天才将棋少女 林葉直子の不倫、借金


ニューヨークこだわりレストラン・ガイド (集英社be文庫)
集英社
福家 成子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニューヨークこだわりレストラン・ガイド (集英社be文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル