日本を「アジアの病人」と報じる中国メディア

ネタの宝庫、レコードチャイナの配信記事を久し振りに取り上げます

日本で発行されている中国系の新聞の電子版が、「中国とは逆にアジアの病人

になりつつある日本」と題する記事を配信していると紹介されています


日本はあとどれくらいで“アジアの病人”になるか―日本華字メディア
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=62846&type=


「20年前の日本は、活力と野心に満ちたパワーあふれる国家であり、プライドも

高かった。しかし経済の長期低迷は日本人から自信を奪い、極度の自我萎縮を

もたらした。少子高齢化の加速する一方で、就職状況は悪化。若者が将来に不

安を覚えるのは当然のことだ。艱難辛苦に耐え、勇猛果敢に突き進む戦闘能力

を失った若者の間には『おたく』や『草食系男子』が増殖している」と現状を分析し

ているのですが、まあ、突っ込みどころだらけです

「オタク」だから病人も同然だとか、「草食系」だから異常だなどと決めつけ、日本

の社会が病んでいると指摘したつもりになっているのでしょう

が、実に浅薄な社会観でしかなく、所詮中国人の社会認識はこの程度でしかない

のかと言いたくなります

また、日本の社会に比べて中国は自慢できるほど健全な社会を維持しているの

でしょうか?

中国の社会がいかに問題だらけで、病んでいるのか、中国のメディアは見て見ぬ

ふりをしているだけでしょう。自国の問題を無視しておいて、「日本はアジアの病人

だ」などと口走るのですから、笑うしかありません

日本の「オタク」がいかに生産性が高いか、なおかつ消費意欲も旺盛なのか、中

国メディアの記者は取材もせずに記事を書いているのは明らかです

そこらの三流社会学者や、メディアの垂れ流す「いまどきの若者論」を拾い合わせ

ただけの稚拙な「日本論」でしかないのです

日本で発行されている中国系メディアですから、この記事を書いた記者は日本に

滞在していると思うのですが、いったいどこを見ているのでしょうか?

その上で、「かつて中国は日本から『東亜病夫(東アジアの病人、アヘンで痩せ細

った中国人への蔑称)』と呼ばれていたが、今の中国は『病人』からは程遠い存在

になっている。そのかわりに、理想もなく目標もない、『草食系』の日本人のほうが

どんどん『病人』に近づいていっているのではないだろうか?」と、何かを指摘した

気分で記事を結んでいます

共産主義などという狂気を信奉し、その奴隷に甘んじている中国人の方がよほど

重篤な病人でしょう。しかも、人を蹴落としてでも利益をせしめようとする社会であ

り、公務員が収賄に狂奔し、チベットやウィグルなど少数民族を平気で殺しまくる

国です

暴動が年に1000件も発生するような中国社会を健全だ、と考える中国人記者の

認識がいかにズレたものであるか、指摘するまでもないでしょう

中国での暴動を伝えるニュースです


(関連記事)
人民日報「日本はドラえもんに学べ」の噴飯記事
http://05448081.at.webry.info/201406/article_1.html
日本を屈服させられず焦りまくる中国の悲鳴
http://05448081.at.webry.info/201310/article_2.html
「中国の民度は最低」 国連報告に揺れる中国
http://05448081.at.webry.info/201309/article_1.html
「金の埋蔵量世界一は日本」と書く中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201308/article_7.html
中国各都市が「ゴミ屋敷化」している問題
http://05448081.at.webry.info/201307/article_26.html
「靖国参拝で中国・韓国・北朝鮮を怒らせるな」とする主張
http://05448081.at.webry.info/201304/article_43.html
「安倍政権も日本社会もヤンキー文化」と説く斎藤環
http://05448081.at.webry.info/201303/article_23.html
政治評論家「中国との関係改善の切り札は小沢一郎」
http://05448081.at.webry.info/201303/article_12.html
小沢幹事長訪中 625人もゾロゾロと同行
http://05448081.at.webry.info/200912/article_21.html
尖閣上陸の香港活動家 チンピラ集団だったとバレる
http://05448081.at.webry.info/201302/article_18.html
大気汚染も「日本のせいだ」と主張する中国
http://05448081.at.webry.info/201302/article_13.html
「中国は尖閣諸島より民度向上に努めよ」とフィナンシャル・タイムズ
http://05448081.at.webry.info/201301/article_31.html
「日本女性は中国人と結婚したがっている」と書く中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201301/article_29.html
中国の暴動デモ 制御不能で中国政府が困惑
http://05448081.at.webry.info/201209/article_25.html
GQ誌「韓流は世界を制するのか」
http://05448081.at.webry.info/201207/article_31.html
コミックマーケットに見る日本の底力
http://05448081.at.webry.info/201008/article_36.html
「国家イメージまで創り上げた日本のアニメ」と報じる中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201203/article_17.html
中国メディア「貧しい漁民に同情しろ」と社説を掲げる
http://05448081.at.webry.info/201202/article_2.html
密漁して開き直る中国漁船団の暴虐
http://05448081.at.webry.info/201012/article_56.html
「日本人は歴史と向き合え」と言う中国の高校生
http://05448081.at.webry.info/201011/article_37.html
世論調査「中国を信頼できず84%」
http://05448081.at.webry.info/201010/article_8.html
インターネット利用者を監視する中国
http://05448081.at.webry.info/200906/article_39.html
麻薬汚染大国 中国
http://05448081.at.webry.info/200910/article_44.html
中国の軍事予算のデタラメ 本当は10兆円超
http://05448081.at.webry.info/201007/article_19.html
毒入り餃子事件 見苦しい中国の逆ギレ
http://05448081.at.webry.info/201004/article_9.html
毒餃子事件 「解決した」と言う中国
http://05448081.at.webry.info/201004/article_14.html
丹羽大使、「尖閣購入支持する日本人はおかしい」
http://05448081.at.webry.info/201206/article_11.html
丹羽中国大使更迭へ 尖閣諸島問題
http://05448081.at.webry.info/201207/article_30.html
中国で一番有名な日本人加藤嘉一 問題発言で袋叩き
http://05448081.at.webry.info/201206/article_17.html
「日本人は島国生活のせいで保守的だ」という説への疑問
http://05448081.at.webry.info/201210/article_13.html
鳩山由紀夫のアジアインフラ投資銀行顧問就任を評価するメディア
http://05448081.at.webry.info/201606/article_27.html
中国主導銀行AIIB 日本は参加せず
http://05448081.at.webry.info/201503/article_28.html
台湾の馬総統「ザ・レイプ・オブ・南京」のアイリス・チャンを絶賛
http://05448081.at.webry.info/201508/article_27.html
日本が中国から金6000トンを奪った」と書くメディア
http://05448081.at.webry.info/201508/article_40.html
北京の抗日勝利軍事パレード 損失は3800億円
http://05448081.at.webry.info/201509/article_14.html
中国株安 時価総額で500兆円消し飛ぶ
http://05448081.at.webry.info/201508/article_29.html
中国指導部もタックスヘブンにペーパー会社設立 パナマ文書
http://05448081.at.webry.info/201604/article_23.html