北朝鮮のロケット技術に嫉妬丸出しの韓国

北朝鮮が12月に人工衛星打ち上げのためと称し、大陸間弾道ミサイルの発射実験を行ったのは記憶に新しいところです
打ち上げ後、北朝鮮のミサイルの一段目は韓国近海に落下したのですが、韓国海軍がこれを海中から引き揚げ、詳細に研究しているのだそうです
その結果を韓国メディアが記事にしているので紹介します
韓国はロシア製のロケット羅老号を「国産」と称して打ち上げようとし、これまでに2回失敗しています。昨年11月には3度目の打ち上げを試みたものの、直前になって機体のトラブルが発生して打ち上げを断念する事態に至っています
ロケット発射がなかなか成功しない韓国だけに、北朝鮮のロケット技術には羨望と嫉妬の混ざった複雑な感情を抱いているのが記事からも見て取れます


ロケット「銀河3号」の部品は大半が自国製…技術は旧ソ連の6-70年代レベル
韓国「北の技術は貨物車、韓国はKTXだ」
北朝鮮が昨年12月12日に発射したロケット「銀河3号」のほとんどの部品は自国で製造されたものだと分析されたと、国防部が21日明らかにした。
国防部傘下の国防科学研究所(国科研)が西海(ソヘ、黄海)で引き揚げた銀河3号の残骸物を分析した結果、6-10種類は中国など5カ国の常用製品だが、残りはすべて北朝鮮の部品だった。長距離ロケットの独自の技術完成度が非常に高まったということだ。
国科研の関係者は「昨年4月のロケット発射失敗当時の経験を補完したとみられる」とし「国際社会の制裁で技術導入と部品調達が制限されたが、多くの実験を土台に長距離ミサイル技術の完成度を高めた」と評価した。
軍当局は北朝鮮ミサイルの残骸(酸化剤タンク、燃料タンク、エンジンなど1段目)を回収し、先月14日から今月9日まで大田国防科学研究所で、情報本部、情報司令部、国防科学研究所、航空宇宙研究院、米ミサイル専門家らが参加した中、詳細な調査を実施した。
北朝鮮のロケット技術が実物と確認されたのは今回が初めて。
国科研は「北朝鮮の製作技術は進展したが、粗悪な面もあり、精密度は落ちるとみられる」とし「とにかくソウルにさえ行けばよいということで北朝鮮は貨物車に乗って行き、私たちはKTX(高速鉄道)に乗って行くと考えればよい」と説明した。
国防部の関係者も北朝鮮の長距離ロケット技術レベルについて「ソ連の1960-70年代水準」と評価した。
別の関係者は「ノドンミサイル技術水準」と明らかにした。今回の北朝鮮ロケットの核心技術であるエンジンの場合、90年代ノドンミサイル技術を活用したと、国科研は分析した。
27トン級のノドンミサイルエンジン4つと3トン級の補助エンジン4つを束ねた120トン級エンジンであることを、国科研は確認した。補助エンジンはロケットの方向を制御する役割をすることが分かった。
北朝鮮は80年代にスカッドミサイルを開発し、90年代に入りノドンミサイルを開発した。
残骸から発見された外国産部品は直流変換器や温度感知器など電子機器と感知器だった。
国科研の関係者は「外国産部品は旅行に行っても簡単に購入できるものだった」と説明した。北朝鮮がこうした部品を密輸した可能性は低いということだ。


北朝鮮のミサイルを「ソ連の1960年台から70年代水準」と評価するのは妥当なところですが、「そんな古臭い技術レベルから脱していない」と見下しているようなニュアンスが記事からは漂ってきます
そして北朝鮮のミサイルを貨物列車に例え、韓国のロケットは高速鉄道であると自慢しているところが実に痛々しい限りです
韓国自慢の高速鉄道KTXにしても、フランスの高速鉄道技術をそっくり輸入したものであって、独自開発ではありません。そして韓国が打ち上げようと必至になっている羅老号もロシアで開発・製造されたロケットです
そんな借り物の技術を誇って、「北朝鮮には負けていない」と言い張るところが何とも惨めに映ってしまいます
人工衛星を打ち上げるためのロケットというのは新しい技術で開発されたものが優秀、とは限りません。数多くの実践を繰り返して成熟し、完成された枯れた技術の方が安定しており成功率が高いのですから、古い設計・技術のロケットだと見下すのは大きな間違いです
相変わらず韓国は技術というものの本質を理解しておらず、見せ掛けの新しさばかりを良しとする風潮から一歩も抜け出せないのでしょう
近日中に韓国は羅老号の発射に取り掛かるようです
しかし、ロシアが設計し、ロシアが組み立てたロケット(2段目は韓国製ですが)をロシアの技術者の手で打ち上げてもらったところで、それが韓国の手柄になったりはしません(打ち上げが成功すれば韓国メディアは鬼の首を獲ったがごとく自慢しまくるわけですが…)
ロケットエンジンすら作れない韓国が、北朝鮮のロケットを嘲笑するなど実に愚かしい限りです

(関連記事)
韓国「偵察衛星を貸して」と頼むも断られる
韓国のレーダー偵察衛星 8月22日に打ち上げ
2020年に月面着陸を目指す韓国
ミサイル発射で恫喝する北朝鮮は戦略もない?
韓国のロケット、3度目の挑戦で打ち上げ成功
ロケット打ち上げに執念を燃やす韓国
韓国テレビ H2Aロケットから日の丸を削除し放映
韓国衛星「アリラン3号」成功後の韓国の反応
水循環変動観測衛星「しずく」の打ち上げ成功
中国がロケット打ち上げに失敗 残骸が村に落下
日本の偵察衛星打ち上げに神経を尖らせる韓国
日本の情報収集衛星を敵視する中国
日本の観測衛星打ち上げ延期 相乗りの韓国衛星が未完成のため
情報収集衛星レーダー3号機打ち上げ 韓国メディアの反応
日本の宇宙開発を見下す中国メディア
ロシアの火星探査機 航行エンジン作動せず失敗か
中国宇宙ステーション建設へ 目的は謎
情報収集衛星打ち上げに成功
気象衛星打ち上げで日本の鼻を折ったと書く韓国メディア
金星探査機「あかつき」を羨む韓国
予測か妄想か? 20年後の韓国は火星を目指す


こんなにすごかった! 宇宙ロケットのしくみ (PHP文庫)
PHP研究所
2011-08-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by こんなにすごかった! 宇宙ロケットのしくみ (PHP文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル