「隕石、尖閣に落ちれば」 日テレ不適切発言

日本テレビの報道系番組「真相報道 バンキシャ!」の中で、コメンテーターの中国人コンサルタント宋文洲が、「(隕石は)尖閣諸島に落ちてくれないかと思った。なくなればトラブルもなくなるから」と発言し、日本テレビに抗議が殺到する騒ぎになっています
(引用元記事が削除されました)
番組終了後、宋文洲は反省の色もなくツイッターで、「日中はおもちゃを取り合って喧嘩するようなことをやめてほしい」とか「右翼の一番の欠点はユーモアを分からないこと」など発言しるのだそうです
この発言がユーモアだと思っているのは本人だけでしょう。それこそユーモアを解さない人間の発言です
「あの隕石が北京や上海に落ちたらよかったのに」との発言を耳にすれば、宋文洲は顔を真赤にして抗議するはずです
日本テレビもこのような人物をコメンテーターに起用したのが間違いで、抗議を受けて当然でしょう
報道の自由は尊重されるべきですが、視聴者を不快にさせる発言までが許されるというわけではありません
宋文洲の、「自分は何を発言してもよいのだ。自分の発言に抗議する連中は右翼に決まっている」との感覚には呆れてしまいます
wikipediaによれば、宋文洲は中国の大学を卒業後、北海道大学の大学院に留学生として入り、土木関係のコンピューターソフトを開発して成功した人物なのだそうです。天安門事件があったため中国へ帰らず、日本で生活しているとあります
だからといって特別親日でもなく、在日の中国人という立場を利用してメディアに登場し、中国関連の話題にコメントする役回りを果たしてきたのでしょう(日本語がしゃべれるのですから)
しかし、今回の件で「生放送では使えない人物」と判断され、テレビへの出演機会はなくなると思われます

(関連記事)
尖閣諸島の共有を呼びかけるベネトンのCMに批判
日本を屈服させられず焦りまくる中国の悲鳴
「尖閣棚上げ合意なし」 78年の日中会談
俳優伊勢谷友介「ネット右翼発言」を取り消し謝罪
日米首脳会談をくさそうと必死になる中国メディア
「尖閣に隕石が落ちれば」発言の中国人 開き直る
尖閣上陸の香港活動家 チンピラ集団だったとバレる
「中国は尖閣諸島より民度向上に努めよ」とフィナンシャル・タイムズ
大気汚染も「日本のせいだ」と主張する中国
「日本女性は中国人と結婚したがっている」と書く中国メディア
「日本のソフトパワーは衰えている」と書く中国メディア
中国に利用される鳩山由紀夫の哀れ
世論調査「中国を信頼できず84%」
中国メディア「日本人と韓国人は同じ祖先を持つ」
日本を「アジアの病人」と報じる中国メディア
丹羽中国大使更迭へ 尖閣諸島問題
丹羽大使、「尖閣購入支持する日本人はおかしい」
日中友好40周年記念映画 誰のために作るのか?
市井紗耶香主演日中友好映画 上映中止
尖閣・竹島問題で村上春樹が朝日新聞に寄稿
政治評論家「中国との関係改善の切り札は小沢一郎」
小沢幹事長訪中 625人もゾロゾロと同行
中国各都市が「ゴミ屋敷化」している問題


華僑流おカネと人生の管理術
朝日新聞出版
宋 文洲

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 華僑流おカネと人生の管理術 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル